27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

君津市議会 2015-12-03 12月03日-02号

我が国は法治主義であり、本市もこの原則のもと市政を行っております。その責任者であります市長も、当然法令等に忠実に従い、事務事業を行っております。また、職員については、それぞれの事務について法令等根拠を持ち、上司や職場内でのチェックを徹底することにより、法令等から逸脱することがないよう努めております。 

流山市議会 2015-07-08 07月08日-06号

また、政治家役割重要性も強調するが、それは憲法学者も批判しているように、法治主義に対する人治主義近代に対して中世を対置して独裁政治を標榜するものであり、近代立憲主義への真っ向からの挑戦である。  さらに、国民保護法において自治体が課せられている役割にも負担と人権侵害危険性を強める。  2 採択の立場で討論する。  

我孫子市議会 2014-09-10 09月10日-04号

立憲政体は憲法制定し、統治権を行使するのに三権分立制をしき、法治主義のもとに一般国民を国政、特に立法に参与させる政体であります。法治国家では、一般法律時代に合わなくなったものを国会で法改正しています。憲法だけ時代おくれといって明文改憲もせず、解釈でやっていいのでしょうか。そんなことが許されれば、立法府は要りません。法治主義の大原則に反します。これは阪田雅裕内閣法制局長官の弁であります。 

船橋市議会 2014-09-03 平成26年第3回定例会−09月03日-03号

議員、今お話しされましたとおり、確かに法治主義考えに基づきまして、行政をどのようにして規制していくのか、あるいは行政の活動をどのような形に根拠を置くのかというところの中で、侵害留保説。これにつきましては、市民に義務を課し、あるいは権利を制限する場合は、その根拠は、条例もしくは法令に置かなきゃならないという考え方があったと思います。  

佐倉市議会 2013-12-16 平成25年11月定例会−12月16日-06号

集団的自衛権行使」を明文化した憲法平和主義理念真っ向から対立する法律をつくり、最高法規たる憲法を有名無実化することはまさしく立憲主義法治主義の破壊にほかならない。  さらに、特定秘密保護法は、軍事上の機密以外にも、権力者の恣意によってあらゆる領域の国家情報を「秘密」とすることを可能とし、その秘密の漏洩と取得のあらゆる可能性に対し厳罰を規定している。

市原市議会 2013-09-19 09月19日-06号

法治主義国家で、行政職員の方々は行政法に基づいて、法に基づいて仕事をしているわけです。ですから、法を外れたような判断はできない。逆に言うと、法に適合していたら行政マンはそれでイエスとしか言いようがないと、これが法治主義になっております。そのような中でも、幾ら法治主義とはいえ、また主権にはいろいろな自由度があるとはいえ、一部の人の幸せの上に多くの人の不幸があっては絶対になりません。

市原市議会 2013-09-09 09月09日-02号

役所は、法治主義建前論ですので法律にのっとって言います。しかし、市民は、「千原線は来ない。来ないのだったら、延伸用地を辰巳のまちづくりに活用できないか」と言っているのです。 市長政治姿勢において答弁されておりますように、リーダーシップを持って本問題に取り組まれていただきたいと思います。お考えをお聞かせください。 ○小出譲治議長 佐久間隆義市長

我孫子市議会 2010-09-07 09月07日-03号

地方分権を進め、地域主権を確立していく上で、行政にはこれまで以上に法治主義が求められることは当然です。地方主権とは何か。それは、それぞれのまち憲法である基本構想を羅針盤に法律を読み込み、解釈していくことです。 平成15年から18年にかけて争われた市街化調整区域におけるコンビニエンスストアの開発に関する訴訟で我孫子市は、基本構想土地利用方針を前面に立て、都市計画法運用、解釈し、勝訴しています。

流山市議会 2009-02-25 02月25日-03号

不当要求行為である暴力団等による行政対象暴力により行政が不当な圧力にさらされ、行政の公正、中立性が害されることになれば、暴力団等の勢力の拡大を許すばかりではなく、民主主義法治主義の崩壊にもつながりかねませんことから、不当要求行為の排除には今後も努めてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○馬場征興議長 4番松田浩三議員。     

佐倉市議会 2007-12-13 平成19年12月定例会-12月13日-05号

市民感情から納得を得られるというのも、行政の信頼の基礎でありますので、税や各種手数料根拠法令がそれぞれ異なりますことから、研究してみないとわからないところもございますが、議員ご提言を貴重なものと受けとめ、行政法治主義市民感情という大変重いテーマでございますが、今後国、県及び専門家などと協議しながら研究検討し、可能なものは実務に反映してまいりたいと考えております。  

佐倉市議会 2006-12-12 平成18年12月定例会-12月12日-03号

そして、今教育基本法国会で審議をされる、議論されるということは、これは国民の代表である国会議員がいろいろとご意見を述べて、そして基本法改正をするものであれば改正をしていこうということで、その作業を進めているわけでございますから、法治主義国家ではこのやり方がごく当たり前のことであるということで、これを不当な支配というように決めつけることはできないということで、これはご理解をいただきたいと、このように

野田市議会 2005-09-12 09月12日-04号

本来は法律を変えなくてはいけないにもかかわらず、変えずにそのままやったということは、まさに立法権侵害でもあるでしょうし、いわゆる法治主義ではなくて官治主義、そういったものが言ってみれば白日のもとにさらされたのではないだろうかということです。

栄町議会 2004-09-14 平成16年第3回定例会(第1号 9月14日)

日本国法治主義をとっている国家です。この意味は、国を治める権限の発動は、議会の議決を経た法律によって行われる。すなわち、法律条例によって統治が行われるという意味です。専制君主が恣意的な統治を行った絶対主義国家警察国家ではなく、法のもとに国民の自由と権利を保障しようというものです。法治国家では議会による立法法律による行政及び法律による裁判が条件です。

市原市議会 2004-03-10 03月10日-05号

いずれにしても、行政権力に対しての脅迫行為により公権力の発動を妨害し、利権、利益の要求をして、法治主義をゆがめる行政対象暴力はあってはならないこと、許してはならないことと認識し、毅然と対応することが重要と思います。そこで、行政対象暴力の最初の接点である窓口対応について伺いますが、窓口対応担当部課対応から専門窓口に移行する基準ができているか伺います。

柏市議会 2003-12-10 12月10日-06号

また、近代的な民主主義では、普通選挙基本的人権尊重、法の支配、すなわち法治主義が不可欠の要素と見られております。民主主義とはそのような政治形態を言う言葉だと理解しております。さて、民主主義はこのような形態を備えていても、それが実際にどのように運営されているか否かは国々や地域によって異なり、またその評価も異なるところでございます。

白井市議会 2002-06-21 平成14年第2回定例会(第6号) 本文 開催日: 2002-06-21

法治主義基本原則を採用し、基本的人権尊重基本原理とする日本国憲法は、私人私人関係ではなく、国家国民の間にその効力を有し、国民国家基本的人権の保障を請求する権利であります。  一方、国民として、私人として、個人は、国・地方公共団体統治権に当然に服する一般権力関係として、支配服従関係にあります。

佐倉市議会 2002-06-13 平成14年 6月定例会−06月13日-05号

要綱は、あくまで行政当局限りで作成され、形式的合法性に欠けることにより、法治主義空洞化にもつながる虞があります。日本社会に適合したその役割評価しますが、条例による法整備をすべき時代が来ていると思われますが、どのようにお考えでしょうか。  次に、具体的事例を挙げ、市条例制定可能性、法と条例関係について伺います。先日千葉市内自動車解体会社で火事があり、2人が死傷しました。

千葉市議会 2000-12-11 平成12年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2000-12-11

また,市民参加条例についてでございますが,私は,このような重要な施策の目標と基本方向を定めるような条例制定は,本市として今後検討すべきものと考えておりまして,法治主義原則に基づく条例による行政の実現を図るための有効な手法であるものと存じております。ただし,条例制定に当たっては,具体的施策などの効果を伴うものとなる必要があり,単に理念のみの条例制定する必要がないと考えております。  

  • 1
  • 2