85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-09-30 令和 元年第2回定例会−09月30日-09号

そもそも普天間基地は第二次世界大戦末期沖縄のさなか、アメリカ軍国際法に違反して、県民土地を一方的に接収し建設したものであり、無条件基地撤去閉鎖が当然である。そうした違法状態を許し、迷惑施設である米軍基地県内たらい回しにするというのは、21世紀独立国としてありえない態度である。  

習志野市議会 2019-09-27 09月27日-09号

普天間基地は、沖縄のさなか、米軍国際法に違反して、県民土地を一方的に接収して建設したものであり、無条件閉鎖撤去が当然です。 昨年2月の辺野古埋め立て是非を問う県民投票……、昨年……、ああ、失礼しました、ことし2月ですね。ことし2月の辺野古埋め立て是非を問う県民投票では、反対が7割を超えました。それにもかかわらず安倍内閣は、普天間基地にかわる辺野古基地建設を強行しています。 

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日総務委員会−09月18日-01号

そもそも普天間基地は第2次世界大戦末期沖縄のさなか、アメリカ軍国際法に違反して県民土地を一方的に奪い建設したものであり……奪うというか接収し建設したものであり、無条件基地撤去閉鎖が当然である。そうした違法状態を許し、迷惑施設である米軍基地県内たらい回しにするというのは、21世紀独立国としてあり得ない態度であると批判されなければならない。  

銚子市議会 2019-09-03 09月03日-01号

沖縄について、現地で見て、触れて、感じる貴重な体験をした」、「現地中学生の「歴史は繰り返さないためのもの」という言葉が僕の心に突き刺さった」、「戦争について学び続けていくことが大切」、「平和へのかけ橋になりたい」、参加した4名の中学生がそれぞれの感想と決意を語り、大変私自身感銘を受けました。沖縄派遣で感じたことを家族や友人に伝えるということで、平和への思いは銚子市全体に広がってまいります。

匝瑳市議会 2019-06-24 06月24日-05号

今、議員がおっしゃいました沖縄県の基地の件ですけれども、先ほど議員がおっしゃいました、先日、6月23日が沖縄の終結の日であります。私も重々承知をしております。沖縄県には平和祈念公園がございまして、あそこには房総之塔という千葉県から出征されました軍民の方、そうした方が1,622名、そこでは祭られております。私も毎年、この沖縄県には特別の情を持って訪問させていただいております。

佐倉市議会 2018-09-03 平成30年 8月定例会−09月03日-02号

その1つとして、宜野湾市にある佐喜眞美術館では、丸木夫妻の描いた「沖縄の図」という大変有名な絵画を常設展示し、沖縄の悲惨な情景や臨場感あふれる話を聞くことができます。戦争の悲惨さを伝えるすぐれた平和教育として高く評価され、毎年多くの中学生が訪れています。2015年の議会大野議員も提案しましたが、平和施策の拡充として沖縄訪問についての見解を伺います。 ○副議長森野正) 企画政策部長

千葉市議会 2017-09-21 平成29年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2017-09-21

あとは、国民保護計画ジュネーブ条約に基づくものですけれども、消防だけの問題ではないということは認識しているんですが、やはりああいったものが、想定があってはいけないと思うんですけれども、何かテロですとか、ミサイルとか、もしそういう交戦状況になったときに、例えば、沖縄日本人に非常に被害が出たというのは、兵士一緒に避難して、一緒市民が移動していたというのがあるんですよね。

四街道市議会 2017-09-13 09月13日-07号

四街道市の図書館では、2年前から戦後70年の特別展示コーナーの設置をしていただきまして、ことしは市内在住福田芳生さん作成の色鉛筆で描かれた沖縄の絵の展示がされ、足をとめて見ている方を見受けました。今後ますます戦争体験された方が少なくなっていくことを考えると、戦争体験を風化させないためには、もっともっと広く市民の目に触れるような取り組みをしていかなければと思います。

佐倉市議会 2017-09-05 平成29年 8月定例会−09月05日-03号

現在の浦添は東京ヤクルトスワローズキャンプ地としてとても有名で、美しく、のどかなまちですが、視察の資料から沖縄を題材とした映画ハクソー・リッジの舞台となった場所であることを知りました。  映画の内容は第2次世界大戦激戦地、150メートルの断崖、難攻不落のハクソー・リッジで武器を持たずに1人で75名の命を救った衛生兵の驚愕で感動的な実話です。

佐倉市議会 2017-09-04 平成29年 8月定例会−09月04日-02号

特に議員からご指摘のありました沖縄につきましては、沖縄県民を総動員した地上戦となりましたことから日米両軍の兵士のみならず、多くの一般住民を巻き込んだ戦闘となってしまったという悲惨な歴史がございますので、広島長崎と同様に戦争の恐ろしさや平和のとうとさを学ぶ上で重要な場所であると考えております。  以上でございます。 ○副議長森野正) 久野妙子議員

佐倉市議会 2017-06-13 平成29年 6月定例会−06月13日-03号

昨日、沖縄も経験し、元沖縄県知事大田昌秀さんが92歳で亡くなりました。佐倉にも来て講演をしていただいたこともあります。そして、私は羽田までお送りした際に車の中で1時間ほどお話も伺いました。そのとき、沖縄基地をなくせば観光として経済的には十分自立できる。沖縄については本土の人がもっと自分の問題として考えてほしい。それから、軍隊民間人のことを守らないというようなことを話してくれました。

佐倉市議会 2016-03-14 平成28年 2月定例会予算審査特別委員会−03月14日-01号

それにつきましては、東京空襲のときの話とか、あとは太田で、群馬で軍需工場があったときにそこで被爆された方のお話、そのような形で、またあと平和のパネル展というのも中央公民館とか市役所でやっているのですが、そこでは沖縄パネルを、沖縄資料館のほうからお借りして展示しているというような形で、戦争全般について反戦の啓発はしていきたいと思います。  以上です。 ○委員長櫻井道明) 森野委員

千葉市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2016-03-01

そこで、私は銃剣とブルドーザーで強制的に立ち退きをさせられた基地沖縄の壮絶な戦い、本土復帰の道のり、米軍のたび重なる凶悪な犯罪、危険な基地と隣り合わせで生活する沖縄の苦しみを改めて感じてきました。貴重な辺野古の海を埋め立てて基地建設させてはなりません。政府のアメリカ言いなりをこれ以上続けてはならないと実感してきました。

佐倉市議会 2015-12-21 平成27年11月定例会−12月21日-06号

沖縄最大の教訓は、「軍隊のいるところで住民戦争に巻き込まれて死ぬ」と言うことで、県民は身を持って知っている。耐用年数200年といわれる新基地建設基地強化であり、基地永久化であり、沖縄を再び戦争の惨禍に巻き込む危険性を高めるものだと知っているからこそ、繰り返し反対民意が示された。その沖縄民意を踏みにじって基地建設を強行することは、地方自治の侵害と言わざるを得ない。  

野田市議会 2015-12-10 12月10日-03号

ですから、沖縄の悲惨さを忘れてはならないと訴えたい。二度とあの悲劇を繰り返してはなりません。先月の市議会で、日本共産党織田真理議員に、「日本が戦後最大の岐路に立たされているという危機感はあるか」と質問されました。私は、「危機感がなければここで答弁する必要はなかった」と答えました。数の理論から言えば議会で法案が通ってしまう、それでは困るのです。そういう危機感を持っています。  以上であります。

大網白里市議会 2015-06-29 06月29日-06号

沖縄で犠牲になった20万人以上の人々の遺族のこれまで70年間の悲しみを私たちは決して忘れてはいけません。 最後にあえて、これまで自民党を支えてきた皆さんに一言申し上げたいと思います。 かつては、自民党だから無条件に支持してきたという方が多いんじゃないかと思います。今でもそういう人が多いでしょう。多くの自民党支持者は、自民党の具体的な政策まできちんと理解していないのではないか。

佐倉市議会 2015-06-23 平成27年 6月定例会-06月23日-03号

第2次世界大戦で、沖縄一緒に逃げるお兄さんを目の前でアメリカ軍艦砲射撃で殺され、それを見捨てて逃げ延び、終戦後半年後、死体であふれるガマの中から生還したことを話をしてくださったのは、上座にお住まいのIさんです。結核で救世軍療養所に入院していたにもかかわらず、看護師も戦死、食糧難で1日に雑草のおかゆ3口、病人病人を崩れた壁の中看護した東京空襲の経験を話してくださったのは江原台のHさん。

佐倉市議会 2015-06-22 平成27年 6月定例会−06月22日-02号

この美術館は、丸木位里俊夫妻の描いた「沖縄の図」というとても有名な絵画を常設展示していることで有名ですが、毎年多くの中学生が修学旅行で訪れています。私が行ったときにも神戸から中学生がやってきて、館長の佐喜眞さんの臨場感あふれる沖縄の悲惨な情景、その話に耳を傾けていました。とても衝撃を受けたということです。