336件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

しかし、自殺が 若年層の死因のトップというのは、主要先進国日本だけであります。 自殺総合対策大綱は、自殺対策基本法に基づき、政府が推進すべき自殺対策の指針として定 めるものであります。平成19年6月に初めての大綱が策定された後、平成20年10月に一部改正。 - 58 - 平成24年8月に初めて全体的な見直しが行われました。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

肺炎は、日本人死因の第5位を占める重大な疾病であります。死亡者の約98%が65歳以上の高齢者で、肺炎は高齢になるほど重症化しやすく、がんや脳血管疾患の患者が肺炎になるケースも多く、人口の高齢化に伴い、年々死亡者数も増加しているそうであります。  中でも、市中肺炎において最も多いのが、肺炎球菌性の肺炎であります。ワクチンによる予防が大変重要視されているところでもあります。

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26

がんは死因の第1位を占めて、2人に1人ががんとなり、3人に1人ががんで亡くなると言われております。2006年6月にがん対策基本法成立し、ここから日本のがん対策が本格化しました。新たな課題に対応するために、改正法が2016年12月に成立し、治療と就労の両立支援、緩和ケアの強化、がん教育の推進などが盛り込まれました。  

我孫子市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−03号

また、データによりますと、10歳から30歳代の死因の第1位が自殺となっているというのも出ております。男性においては、20歳未満についても全国は2.2%であるが、我孫子市ではここでも高く3.5%というふうになっており、女性も全国で2.2%であっても、我孫子市では2.7%と、このような状況になっているのに心を痛めております。

松戸市議会 2018-12-10 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

本計画の中で、本市における死因死亡割合が上位であるがんと、心筋梗塞などの心疾患を含む循環器疾患、患者数が増加傾向で重大な合併症を引き起こすおそれがある糖尿病喫煙と関係が深く今後患者数の増加が見込まれている慢性閉塞性肺疾患(COPD)の4疾患を主な生活習慣病と位置付け、対策を図っているところでございます。  対策の内容としましては、主に3点ございます。  

習志野市議会 2018-12-07 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−07号

しかも、死因が、溺死、凍死、自殺など、にわかには信じがたい死因です。警察による検視が行われたのか、労災の申請はなされたのか、事件性はないのか、その闇を明らかにすることは法改正の前提であると思います。  千葉県内でも、外国人実習生の失踪が絶えない状況が指摘されています。これらの問題に真摯に向き合っていき、問題を解決していかなければならないと思います。  

船橋市議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会−11月30日-06号

一方、年齢別の死因順位では、39歳未満の死因第1位が自殺となっていることや、人口10万人に対する自殺率では、全国と比較すると女性はやや高い年代があることもわかりました。  このようなことから、自殺対策計画の策定におきましては、切れ目なく各世代に対応した支援が必要と考えております。  以上でございます。      [松橋浩嗣議員登壇] ◆松橋浩嗣 議員  ご答弁ありがとうございます。  

鎌ヶ谷市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−一般質問−06号

日本では、がんは死因の第1位を占め、先進国の中では日本だけががんの死亡率が増加し続けているという状況にあります。その要因の一つは、検診受診率の低さにあると言われております。厚生労働省は、がん検診受診率の目標を50%と掲げております。なぜ50%なのか、その理由についてはわかりませんが、欧米では受診率が50%に達すると死亡率が減るとのデータがあるそうです。

我孫子市議会 2018-09-25 平成30年  9月 決算審査特別委員会-09月25日−02号

つい最近ですけれども、産後1カ月で産婦のお亡くなりになった方の死因の3分の1が産後うつによる自殺ということで、改めてこの県内初で行っています我孫子市のメンタルケアは有意義なものだということで認識させていただいております。  まず初めに、平成29年度に我孫子市にお住まいの方で出産された方の人数お知らせください。

銚子市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−04号

また、過日の新聞報道によりますと、妊産婦の死因自殺が最多とあり、厚生労働省研究班によると、2年間での死因と人数は自殺102人、がん75人、心疾患28人などとなっており、産後鬱の早期発見が必要と、自治体への産後健診助成を2017年度より始めています。   そこでお答え願います。1つ、銚子市における妊産婦と子どもへの対応はどのようになっていますか。   

松戸市議会 2018-09-04 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月04日−03号

また、今年度から、千葉大学法医学教室と連携し、千葉県子どもの死因究明等の推進に関する研究会の運営に協力し、解剖事例の情報共有をするなど、新たな取り組みをしております。  今後とも、児童虐待防止対策につきましては、子どもと家族の未来のために、事後の対応に加え、予防的な観点を含め、医療機関として何ができるかということを念頭に取り組んでまいります。  以上、御答弁とさせていただきます。      

千葉市議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-06-18

60 ◯32番(段木和彦君) 若年層への周知啓発についても手厚く取り組んでいただいていることがわかりましたが、本市においても自殺については、男性の10歳から39歳まで、女性の15歳から29歳までの死因の第1位となっており、自殺者に占める39歳までの若年者の割合が全国よりも高い状況となっているとのことですので、今後も若年層に対する取り組みについては強化していく

銚子市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会-06月13日−05号

孤立死となる死因は、全体の約半数が虚血性心不全などの循環器疾患で、多くが突然死と思われます。昔は、孝行したいときに親はなしと言われたものですが、現在は年老いるも子はなしというありさまで、独居の高齢者が増加しております。ひとり暮らしで病気になったら、動けなくなってしまったら、誰が世話をするのでしょう。特別養護老人ホームに申し込んでも、入所待ちの待機者が既に数百人で、なかなか入れません。