934件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日建設委員会−06月21日-01号

この木造密集住宅基本方針であるが、木造住宅が密集する地区においては、大規模地震発生時に延焼火災、あるいは、建物が倒壊して避難を妨げるなど、大きな被害を生ずる危険がある。  そのような危険性のある地域市民に周知するとともに、危険性を軽減させる取り組みの実施など、災害に強いまちづくりを進めるための方針である。  詳細については担当部署である都市政策課よりご報告する。

佐倉市議会 2019-03-14 平成31年 2月定例会建設常任委員会−03月14日-01号

7款土木費、1項土木管理費、2目建築管理費、5の既存建築物耐震改修等支援事業の負担金補助及び交付金につきましては、既存の木造住宅マンション耐震診断など耐震化に関する経費の一部を補助する経費と、住宅の浸水被害の防止対策として、住宅地のかさ上げ工事の一部を補助する経費でございます。  続きまして、予算書の285ページをお願いいたします。

千葉市議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-02-15

住宅、住環境の充実については、民間住宅耐震化を促進するため、木造住宅や分譲マンション耐震診断及び耐震改修に対し、引き続き助成いたします。  また、空き家などの利活用を促進するため、新たに、空き家等情報提供制度により、空き家所有者と利用希望者のマッチングを行うとともに、地域課題の解決に資する活用提案を募集いたします。  

野田市議会 2019-01-25 平成31年 建設委員会-01月25日−01号

この事業なのですが、平成19年に発生した能登半島地震で約1,600棟の住家が被災し、その多くは昭和56年以前木造住宅でした。その教訓から平成20年度より耐震補助制度を整備し、地震による建築物の倒壊を未然に防止し、市民安全を確保することを目的木造住宅耐震化を積極的に進めています。市独自の簡易型耐震改修事業に対する補助制度も整備し、さらに期間限定で20万円から30万円の上乗せを行いました。

鎌ヶ谷市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−一般質問−04号

現在市が実施している鎌ケ谷市木造住宅耐震改修促進事業では、国の交付金や県の補助金を活用しておりますが、引き続き新たな補助制度創設など国の動向を注視し、これら交付金等を活用して、耐震改修の促進を図ってまいりたいと考えております。 ○議長(勝又勝議員) 再質問を許します。 ◆4番(佐竹知之議員) はい、議長。 ○議長(勝又勝議員) 4番、佐竹知之議員

袖ケ浦市議会 2018-12-06 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-12月06日−議案質疑、一般質問−02号

今後は、さらなる公共施設木造住宅耐震化の促進、また計画的な河川施設の整備が必要となっております。  地域別につきましては、分野別方針から見た地域的課題等について整理を行っております。また、平成28年度に実施した、まちづくりに関する市民アンケートにおいて市内5地区の意見を取りまとめ、各地区における傾向の把握等を行っております。  

習志野市議会 2018-11-22 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月22日−01号

1、木造住宅耐震診断事業及び同補助事業について、申請者が逓減している理由を伺う。また、同事業の対象となる木造住宅は何軒あるのか。  1、旧保健会館活用の検討状況を伺う。また、公共施設等総合管理計画推進及びPFI検討会議で議論されているのか。  1、農業委員会総会の議事録が平成29年8月分以降、ホームページに掲載されていない理由を伺う。  1、農業委員会総会の開催案内について伺う。

香取市議会 2018-11-01 平成30年 12月 定例会-11月01日−03号

香取市では平成27年度より、木造住宅耐震改修を促進する目的耐震改修工事とあわせて行う住宅リフォーム工事に対して助成を行っているところでございます。  以上です。      (総務企画部長 大堀常昭君登壇) ◎総務企画部長(大堀常昭君) 私からは、公共施設の調査、点検についてお答えいたします。  

館山市議会 2018-09-20 平成30年  決算審査特別委員会-09月20日−01号

◆石井敏宏委員 続きまして、同じ66ページの木造住宅耐震診断補助金、こちら執行額が少ないのと実際にも交付件数が1件しかないというところで、これ総合計画審議会のまた資料を見たら、これは診断が補助金があっても改修の補助金がないと、だから耐震をこうやって受けないんじゃないかという欠点が書いてあったんですけれども、耐震改修への助成制度はつくるんでしょうか。

千葉市議会 2018-09-20 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2018-09-20

また、そのハザードマップのもととなった調査におきましては、建物の耐震化ですとか、家具の転倒防止対策を施すことで、あるいは出火防止対策を施すことで、被害の軽減が図れる、減災につながるということが明らかになりましたので、市の事業としては、本年度から、木造住宅耐震改修助成に係る助成率や助成限度額を引き上げたほかに、密集住宅市街地における感震ブレーカーの無償配布ですとか設置補助を開始するなど、減災に資する

我孫子市議会 2018-09-20 平成30年  9月 予算審査特別委員会-09月20日−02号

◆委員(木村得道君) 予算書44ページ、説明資料21の、これも簡単に確認で済ませていただきますけれども、木造住宅耐震診断補助金分ということで計上されていますけれども、こちらの理由のとおりなんだろうかと思うんですが、5棟ぐらいでこの補正というのは見込みは、この見込みで大丈夫なのか、少し確認させてください。 ○委員長(日暮俊一君) 暫時休憩します。      

松戸市議会 2018-09-20 松戸市議会 会議録 平成30年 決算審査特別委員会-09月20日−03号

これは昭和56年以前木造住宅への補助の業務について執行されているわけですが、説明書にありますと、診断の補助を受けた12件の方がと書いてあります。この内容を少し教えていただきたいのですが、私はもう少し多くてもよかったのかと思っているのですが、少し詳しくお話しいただきたいと思います。  

成田市議会 2018-09-19 平成30年  9月 決算特別委員会-09月19日−02号

また、平成29年度から耐震診断及び耐震改修の補助対象に非木造住宅を加えるとともに、昭和56年以前建築されました分譲集合住宅マンションでございますけれども、こちらの予備診断についても補助の対象といたしました。決算額は337万2,000円でございます。  続いて、右ページ、105ページをごらんください。  道路等補修事業でございます。

鎌ヶ谷市議会 2018-09-19 平成30年  決算審査特別委員会-09月19日−02号

古い木造住宅に対して、耐震診断耐震改修工事費の一部を補助するという制度があります。ところが、決算書にもありますが、3件申し込み申請で交付額が152万円です。助成額が低くて、耐震診断や改修をしても余り耐震にはならないという市民の声も聞きました。市は、これら市民の意見をどのように受けとめられているか、お伺いしたいと思います。

東金市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−03号

具体的には、地震による建物倒壊が物的・人的において最大の被害として想定されますことから、建物の耐震化を進めることが重要であるため、東金市耐震改修促進計画を策定し、民間建築物耐震化を促すため、東金市木造住宅耐震診断補助金、東金市木造住宅耐震改修補助金を用意しております。  

八千代市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−04号

◎加藤剛都市整備部長 本市では、木造住宅に関する耐震診断費、耐震改修費及びリフォーム補助制度について代理受領制度は現在実施しておりませんけれども、導入した場合につきましては、申請者の初期費用の負担軽減が見込まれますことから、今後、国及び県の補助制度の運用や事務処理において支障がないことを確認の上、制度の導入について検討してまいりたいと考えております。 ○西村幸吉議長 立川清英議員