655件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山武市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-06-13

地域資源を活用したCLT等の木材需要拡大、バイオ液肥を活用した農業推進、独自の観光事業の促進など、循環型の回る経済を確立しているとあります。持続可能な都市を、経済環境社会定義されていることがうかがえます。ぜひ、この件についても参考にして、捉えていただければと思います。

船橋市議会 2019-06-10 令和 元年第1回定例会−06月10日-04号

森林環境譲与税の使用用途につきましては、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発活動等の森林整備及びその促進に関する費用に充てなければならないとされております。現在市内の森林において、林業の経営をなりわいとしている方の実態がございませんので、当市では主に木材利用の促進や普及啓発活動に要する必要に充てることが想定されています。  

大多喜町議会 2019-06-01 令和元年第1回議会定例会6月会議

などを行うことによりまし て、森林機能、水源涵養ですとか山地災害の防止、木材の生産というようなことをやってい こうというのが本来の目的でありますので、町として、今年度森林環境譲与税という制度が 始まったばかりで、どこに重点を置いてやっていくかというのがまだはっきり決まっていな い状態なのですが、本来の目的がそのようになっていますので。

船橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-10号

また、木材使用や、環境教育にも使えると思うので、ここはかなり議論の余地があると思う。ただ、陳情を見ると文章の書き方が限定されているところがある。本市に関係している部分として、環境教育に使ってくださいというのはわかるが、放置人工林天然林化支援については、そもそも間伐と皆伐の違いが把握ができていないところと、皆伐が天然林に戻すことに一番直結する方法なのか定かではない。

船橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日市民環境経済委員会-03月12日-01号

市町村においては、使途が限定されており、間伐、人材育成・担い手の確保、木材の利用促進、普及啓発等の使途に限定されており、その使途については公表が義務づけられている。  ちなみに、平成31年度については、全体で200億円……市町村に対しては8割の160億円が案分されて交付される予定となっている。

富津市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日総務産業常任委員会−03月08日-01号

次に提案理由でございますが、森林環境譲与税は法令上使途を定め、市町村が行う間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に要する費用に充てることになっておりますが、限られた財源の中で充当できる施策立案は困難であると考えられるため、新たに基金を設置することにより、譲与額を複数年積み立てることが可能になり、市が行う森林整備及びその促進に要する経費の財源に充てる基金を設置するため

木更津市議会 2019-03-07 平成31年建設経済常任委員会 本文 2019-03-07

最後に4、木更津市森林環境整備基金についてでございますが、森林環境譲与税は県及び市町村に譲与されるもので、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及・啓発等の森林整備及びその促進に関する費用に充てることとされておりますことから、本市では、円滑な森林整備事業を実施するために、まず、平成31年度におきましては、森林環境譲与税を利用して地域の特性に応じた整備方針などの全体計画を県と連携して作成いたします

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

調査を通じて、構造、デザインの観点においては、ガラス木材を多用することのデメリット、想定外のランニングコストの発生や来庁者の利便性等、さまざまな事項を慎重に検討しなければならないことを再認識し、また、市街地活性化の観点においても、駅、商店街、神社を結ぶ拠点としての庁舎の機能に関して、一宮市の状況を調査し、本市においても、庁舎が千葉駅から千葉港の中間に位置する象徴的な建物として、新たな人の流れやにぎわいの

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第1号

この条例は、平成31年度から町に譲与される森林環境譲与税について、森林整 備や木材利用の促進などに充てるための財源を適正に加味し、有効に活用するため に基金を設置するものでございます。 また、この基金をもとに森林整備など、事業化をする時は法律の趣旨に沿った活 用方法を十分検討した上で実施してまいりたいと考えているところでございます。

大多喜町議会 2019-03-01 平成31年第1回議会定例会3月会議

そのほかに、人材育成木材利用の促進、普及啓発、市町村の体制等に係る経費ということで見込んでおり ます。 それから、最も確実かつ有利な有価証券ということにつきましては、主にそのとき最も有 利かつ確実と考えられる国債等を想定しております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。

山武市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-02-20

この財源を、間伐材の森林整備、森林整備を促進するための人材育成、担い手の確保及び木材利用の促進、普及啓発に要する費用に充てるため、山武市森林環境譲与税基金を設置する必要があることから、本条例を制定するものです。  なお、施行期日は、本年4月1日を予定をしております。  議案第21号は、山武市豊岡体育条例の制定についてです。  

茂原市議会 2019-02-20 平成31年 第1号 平成31年2月20日

本案は、林業の成長産業化と森林の適切な管理を両立させることを目的に、森林経営管理法 が平成31年4月1日に施行されることに伴い、今後、市町村が木の間伐や担い手の確保、木材 利用促進などの森林整備等を行うこととなり、その経費の財源に国から交付される森林環境譲 与税を基金として積み立てるため、新たに条例を制定しようとするものでございます。

長柄町議会 2019-02-15 平成31年 第1回定例会 2月15日MB

この譲与税の使途につきましては、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普 及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用に充てなければならないとされていることか ら、本町においては森林経営管理が行われず、機能が低下している人工林の間伐、病害虫 対策などの整備を県及び森林組合など関係機関と連携しながら実施してもらいたいと考えて おります。