運営者 Bitlet 姉妹サービス
272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 鎌ヶ谷市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−一般質問−04号 そのほか、日本赤十字社社会福祉協議会及び千葉県共同募金会におきましても、生活再建に向けた各種の見舞金が支給されることとなります。  また、一定規模以上の自然災害により、その生活基盤に著しい被害を受けた場合、被災者生活再建支援法に基づく被災者生活再建支援事業として、1世帯当たり最高300万円支給されることとなっております。 もっと読む
2018-12-04 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月04日−01号 10月24日に千葉県文化会館小ホールで開催されました平成30年度千葉県献血感謝のつどいにおいて、野田市消防団が長年の献血協力団体として、日本赤十字社千葉県支部長感謝状銀枠を受賞いたしました。   現在、第71回野田市文化祭が行われております。舞台発表の部は11月3日から18日までの間の5日間、文化会館大ホール及び欅のホール小ホールにおいて行われ、総出演者数は1,973人でした。    もっと読む
2018-12-01 長生村議会 平成30年定例会12月会議(第2日) 本文 170 ◯8番【井下田政美君】 3キロから4キロの距離とすると、大人の早歩きでも30分から40分ほどかかると思いますが、ましてや子どもさんの足ですと、もっと時間がかかると思いますが、日本赤十字社医療センターの整形外科センター長、久野木順一先生によると、ランドセルの重さというのは、体重の約15%以下を目安にと注意喚起しております。 もっと読む
2018-09-26 鎌ヶ谷市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月26日−一般質問−05号 ◎市民生活部長(高岡敏和君) 防災倉庫につきましては、各避難所に市が設置しております防災備蓄倉庫、自治会等の自主防災組織において設置している防災倉庫、6地区の社会福祉協議会ごとに設置している防災倉庫、日本赤十字社鎌ケ谷地区が管理する災害救援用物資等保管庫がございます。 ○議長(勝又勝議員) 再質問を許します。 ◆22番(土屋裕彦議員) はい、議長。 ○議長(勝又勝議員) 22番、土屋裕彦議員。 もっと読む
2018-09-18 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-18 まず、平成29年度のバイスタンダーの育成状況と応急手当感謝カードの運用実績についてですが、市民ボランティアや千葉市医師会、日本赤十字社千葉県支部と連携して救命講習を開催した結果、平成28年度、29年度と対人口年間普及率において2年連続政令市日本一を達成しております。  ただ、受講者が直ちにバイスタンダーとなり得るためには、継続的な育成が重要となります。 もっと読む
2018-09-13 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年9月13日 県下各地でお預かりした義援金は642万5385円に上り、7月31 日、日本赤十字社千葉県支部に全額お届けさせていただきました。お子様にお金を渡して募金 - 115 - 箱に入れさせてあげる親御さん、持っていた財布の小銭を全て入れていった中学生や高校生、 複数箇所ある募金箱全てに立ち寄って募金くださった御婦人など、本当に多くの方が協力くだ さいました。 もっと読む
2018-09-13 白井市議会 平成30年第3回定例会(第6号) 本文 開催日: 2018-09-13 ほかには、例えば、日本赤十字社に対する寄附でありますとか、それから、NPO法人に対する寄附でありますとかというものがあって、それを分類をしてふるさと納税分を計算していく形になるんですけれども、これについては、毎年賦課をして6月1日の時点で電算の委託会社のほうにその分の抽出をやっていただいているんですが、この分については、実は委託契約の中の別途契約という形になりまして、今回決算の数字をお示しさせていただいているんですけれども もっと読む
2018-09-10 成田市議会 平成30年  9月 経済環境常任委員会-09月10日−01号 なお、公益財団法人成田市スポーツ・みどり振興財団で販売したうなりくんグッズの売上金につきましては、全額、7月に発生しました西日本豪雨災害への義援金として、日本赤十字社を通して被災地に寄附されました。   もっと読む
2018-09-04 佐倉市議会 平成30年 8月定例会−09月04日-03号 日本赤十字社の植田信策医師は、避難後に亡くなる関連死を問題点としております。その大きな要因は、避難先の整備に時間がかかってしまうこと、トイレも和式、食事も栄養バランスが偏っていることだそうです。 もっと読む
2018-09-03 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−02号 まず、災害時の医療体制でございますが、阪神・淡路大震災を契機として災害医療体制の再構築が進み、東日本大震災では、災害急性期に活動できる機動性を持った医師、看護師等で構成される医療チームでありますDMATや日本赤十字社救護班などが本格的な活動を行ったところでございます。   もっと読む
2018-03-14 鎌ヶ谷市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−一般質問−05号 まず、1点目の献血推進についてですが、年数回日本赤十字社の大型献血車両が市役所に来訪し、市民を初めに、市職員の皆様が献血しているのを見ます。市庁舎耐震改修工事中は、総合福祉保健センター側で献血車両が目に入りませんでしたが、耐震工事改修後は、おとといも多くの来訪者が見える正面ホールに受付を開設し、献血車両が玄関前に停車して活動しておりました。 もっと読む
2018-03-12 野田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−05号 また、市に送付される義援金の受け入れに当たっては、受け入れ口座の開設と管理を行うとともに、日本赤十字社から配分される義援金品を含めて、これらの義援金を被災者の方々に配分するため、災害義援金配分委員会を組織し、被災状況を考慮した配分を行います。以上の施策を展開することで、被災者の皆様の生活の再建を支援し、あわせて市民生活の安定を図ってまいります。   以上です。 もっと読む
2018-03-09 千葉市議会 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-03-09 私も日本赤十字社奉仕団の団員として、3.11を教訓に、私たちは忘れないキャンペーンを行っております。このような災害で亡くなられた方々に謹んで御冥福をお祈り申し上げます。 それでは、通告に従い質問をいたします。  初めに、狭隘道路についてお伺いします。  今の画像、スクリーンに出ています。これは私の地元の幕張なんですけれども、これは幕張の南側、昭和の初めごろはまだ畑だったんですね。 もっと読む
2018-03-09 野田市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−04号 また、平成24年度から県主催の教職員対象救急法講習会に毎年市内から5名程度の教員が参加し、日本赤十字社による基礎講習を受け、認定書をいただいております。平成30年度からは、全教職員を対象に野田市消防本部に講習会を計画しております。   以上でございます。 ◆吉岡美雪議員 御答弁大変ありがとうございます。 もっと読む
2018-02-28 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−03号 本年2月18日に行われました訓練は、日本赤十字社千葉県支部を初めとする14団体、136名が参加いたしました。  その内容につきましては、昨年度までの実動訓練にかわり、一般社団法人災害IT支援ネットワークの柴田哲史氏による災害ボランティアセンターにおけるITの具体的な活用についての講演と、その講演の中で紹介されたITツールの一部を用いた体験型訓練が行われました。 もっと読む
2018-02-27 千葉市議会 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-02-27 本市では、平成26年度から救命バイスタンダー日本一の政令市を目標に、市民ボランティアや千葉市医師会、日本赤十字社千葉県支部と連携し、普及啓発を推進した結果、平成28年度に年間対人口普及率において政令市日本一を達成したところでありますが、さらに普及啓発を推進することにより、応急手当ての実施率を高め、救命率の向上を図る必要があるのではないかと考えます。  そこで、2点お伺いします。   もっと読む
2017-12-13 栄町議会 平成29年第4回定例会(第2日12月13日) 三つとして、第2部演習参加団体及び演習支援団体として、成田市や印西地区消防組合消防本部、八街市や富里市消防団、千葉県警察本部、陸上自衛隊、日本赤十字社千葉県支部などとともに、順天堂大学スポーツ健康科学部、国際医療福祉専門学校及び国際医療福祉大学の学生などを予定しております。   もっと読む
2017-12-08 柏市議会 平成29年  第4回定例会(12月定例会)-12月08日−質疑並びに一般質問−03号 骨髄バンク事業に関しては、国主導のもとに、日本骨髄バンクが主体となり、日本赤十字社や都道府県等の役割分担のもとに進められております。市の役割としては、法律に基づき、市民への普及啓発や理解促進を図ることと理解しております。 もっと読む
2017-09-26 鎌ヶ谷市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月26日−一般質問−05号 その際、被災された方に対し事前に日本赤十字社から配付を受けて市役所に備蓄しております毛布、敷布、ガーゼケット、バスタオル、また被災世帯ごとに当面生活する上で必要と思われますタオルや歯ブラシ、コップなどの日用品セットを必要に応じ配付させていただくなど、支援を行っているところでございます。   もっと読む
2017-09-14 茂原市議会 平成29年会議録 第3号 平成29年9月14日 日本では、公益財団法人日本骨髄バンクが主体とな り、日本赤十字社や自治体の協力によりドナー登録が行われております。平成29年7月末現在、 ドナー登録者数は47万5606人となっております。 もっと読む