運営者 Bitlet 姉妹サービス
121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 大多喜町議会 平成30年第1回議会定例会9月会議 ────────────────────────────────────────── ◎議案第43号~議案第49号、報告第7号~報告第9号の一括上程、 (午後 1時00分) 説明 ○議長(野村賢一君) 日程第 10、議案第 43 号 平成 29 年度大多喜町一般会計歳入歳出決 算認定から日程第 16、議案第 49 号 平成 29 年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計欠 損金 もっと読む
2018-06-14 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年6月14日 当該地の清算後に損金が生じた場合は、申し立てを行った市の負担となり、売却益が生じた場 合には、市の経費を差し引き、残りが国庫へ帰属となります。 ○議長(鈴木敏文君) 山田広宣議員。 ○11番(山田広宣君) では、今回の措置は、市内の他の事例にも展開可能なのかどうかを伺 います。 ○議長(鈴木敏文君) 都市建設部長 大橋一夫君。 もっと読む
2018-03-12 柏市議会 平成30年  第1回定例会(2 月定例会)-03月12日−質疑並びに一般質問、議案説明、請願−09号 それは、税務署は、事業で発生した損失を農業以外の分野ではなかなか損金扱いしてくれないんだけども、農業だったら天候不順だとか災害ということで簡単に損金で落とせるんだと。そして、私はひょっとしてこの方、税金対策として一番うまみのある農業に知的障害者を使うのが目的じゃないのかと思うようになりました。 もっと読む
2017-09-12 木更津市議会 2017.09.12 平成29年総務常任委員会 本文 これは、私が議長のときに追加融資ということで、1億円で、2億円にして、それでまた合併するときに減資ということで、1億円に圧縮させられたんだけど、そういうことの中で、3年ぐらい前から配当金がもらえるようにやっとなったと思うんですが、今までの配当の総額を足していくと、少しはためになっているのか、また全部1億円の損金を埋めるぐらいになったのか。3年ではちょっと無理だと思いますけど。 もっと読む
2017-09-09 木更津市議会 2017.09.12 平成29年総務常任委員会 本文 これは、私が議長のときに追加融資ということで、1億円で、2億円にして、それでまた合併するときに減資ということで、1億円に圧縮させられたんだけど、そういうことの中で、3年ぐらい前から配当金がもらえるようにやっとなったと思うんですが、今までの配当の総額を足していくと、少しはためになっているのか、また全部1億円の損金を埋めるぐらいになったのか。3年ではちょっと無理だと思いますけど。 もっと読む
2017-09-01 大多喜町議会 平成29年第1回議会定例会9月会議 これはほかの住民サービスと違って、民間でもやって いて、しかも利益を上げる事業だと思うのにもかかわらず、非常に甘い計画のもとで、住民 に1,500万もの損金をもたらすものだと私には思われてなりません。そして、既に走ってい -192- る既設バス路線利用者への不公平な対応というのもあると思います。 もっと読む
2017-03-08 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月08日−08号 現行の地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果、これが約3割、現行でございますので、これと合わせると3割と3割で、寄附額の約6割に相当する税額が軽減されると、こういうことになります。  なお、全国における平成28年度の認定事業数は157事業でして、28年度事業費は約126億円というふうになってございます。以上です。 ○議長(木村孝浩君) 佐々木議員。 もっと読む
2017-03-02 八千代市議会 平成29年  3月 文教安全常任委員会-03月02日−01号 移動した人が損金を与えたとかいう問題というのは、副次的な問題として教育委員会は考えたほうが、私はいいんじゃないのかなという思いは、どうしてもするんですよ。その困っている御家庭の、やっぱり生活費に食い込まない、ましてや入学準備金、4万とも5万とも言われているわけですから、やっぱりその家庭にとってはありがたいと思いますよ。   もっと読む
2016-12-08 茂原市議会 平成28年会議録 第3号 平成28年12月8日 地方公共団体 による地方創生のプロジェクトに対し寄附をした企業に税額控除の措置が新設され、従来の制 度では寄附金額が損金扱いとなり、約3割の税の軽減効果でしたが、今回の企業版ふるさと納 税では法人住民税、法人税で寄附額の最大2割、法人事業税で最大1割が控除され、従来の制 度と合わせると最大で寄附額の6割が負担軽減され、税負担の軽減効果が従来の2倍となり、 自主的な企業負担が約4割となりました もっと読む
2016-12-01 千葉市議会 平成28年環境経済委員会 本文 開催日: 2016-12-01 8の指定管理者の概要ですが、設立時期は平成13年4月1日、資本金、出損金のことになりますが、2億円、従業員数は33人でございます。主な事業内容は、産業振興に関する事業、勤労者の福祉に関する事業等でございます。   もっと読む
2016-09-06 九十九里町議会 (第1号)平成28年9月6日(火曜日) 当然ながら出損金ですから出したものは向こうの資産にな ってしまう。そういうことで返ってこないのはわかるんですが、でも、ここに権利という言 葉がある以上は、やはり九十九里町、あるいは九十九里町民が何かしら恩恵を受ける、特典 があるということがあるんじゃないかなと思います。 もっと読む
2016-07-11 野田市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-07月11日−01号 また、前議会でも御報告いたしましたが、平成24年度から平成26年度分の税務調査が行われ、平成24年度に実施したみなし寄附金の損金算入率の誤りと、ひばりコースのコース使用料の消費税課税扱いの誤りが指摘され、本税、加算税及び延滞税で約4,700万円の追徴課税が発生しました。 もっと読む
2016-06-24 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月24日−09号 例えば卑近な例で言いますと、駅の売店や何かで新聞や雑誌が売られていますけれども、これは租税特別措置法によって、新聞や雑誌が売れ残った場合には、その雑誌や新聞を返還することによって全額損金で落とせることになっています。 もっと読む
2016-06-22 鎌ヶ谷市議会 平成28年  総務企画常任委員会-06月22日−02号 いろいろ調べてみますと、法人税法と同じく役員の親族である使用人に対する過大な給与の損金不算入規定みたいなものを所得税法にも設けたりすれば、対処できるのではないかという、そういった意見もありまして、私はこの陳情は妥当なものだと思い、採択とします。 ○委員長(佐藤誠君) ほかに発言はありませんか。            もっと読む
2016-03-16 御宿町議会 平成28年 3月16日 100万円の、町民に損金を与えているんですよ。これがそんなに多少の額なんですか。協議を すると書いてあるから協議をすればいいじゃないですか。総額については協議を受けていませ んよ。 それから、もう一つこの中で、ちょっとこれは事務方に伺います。 もっと読む
2016-03-03 睦沢町議会 平成28年第1回定例会1号 3月3日 それは寄附した全額が損金算入出来る からであります。そこをあえてふるさと納税に回そうとするのは、地域や社会に貢献したい と考えるからではないかと思います。すなわち、物の返礼品よりもプロジェクトなどへの具 体的な貢献であります。 この秋10月に、アクアラインマラソンが行われます。 もっと読む
2016-03-03 東金市議会 平成28年  3月 予算審査特別委員会-03月03日−01号 その前に使っている予算は損金としてやって、新たな方向性を求めていくか、そのまま凍結しちゃうとか、そういうような判断をするんですよ。  これね、私思うんですけれども、本当に決算主義というと極端かもしれないけれども、運用に対してだめだったときにはというところ、この辺はもう少し厳しく執行をとめられる、結局規約みたいなものをつくっていく必要があるのかなというところ。 もっと読む
2016-03-02 野田市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−01号 なお、みなし寄附金の損金算入の誤りにより発生した過少申告加算税及び延滞税につきましては、誤った税務処理により開発協会に損害を与えた会計事務所より、1月5日に賠償金として412万9,700円が開発協会に支払われました。    もっと読む
2016-02-25 市原市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-02月25日−02号 民間の企業会計原則では、発生主義に基づいて日々の取引を借方、貸方の仕訳によって処理し、貸借対照表、損益計算書、財産目録などの財務諸表を作成、引き当てなどの適正な決算修正を加えて、当期剰余金を算出し、その後、益金や損金の算入を求めて、法人税の申告を済ませます。こうした一連の作業を経て、株主に説明責任、アカウンタビリティーを果たしています。   もっと読む
2015-12-02 野田市議会 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月02日−01号 1点目は、平成24年度に行った収益事業から公益事業へのみなし寄附金の損金算入率が20%であるところを誤って100%で算入しているとの指摘があり、改めて計算したところ、3,568万2,300円の追徴課税が発生しました。    もっと読む