42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富津市議会 2021-02-24 令和 3年 2月24日議会運営委員会−02月24日-01号

また、先ほどの押印廃止政策動向というのは、実施主体押印廃止を決めるところでございまして。基本的には法律規定事項もございますが、純粋に執行機関が決めるようなことも、押印についてはあるので。その辺を今、国のほうでは、法案という形ではなくて、直ちにするところは、やっているというようなことをお聞きしております。  以上です。 ○委員長石井志郎君) 1点いい。補足してもらいたいんですけど。

船橋市議会 2021-01-20 令和 3年 1月20日総務委員会-01月20日-01号

オンライン申請先進事例調査とか、あと押印廃止オンライン申請導入可否についての庁内──全庁的に行った調査結果を基にし、順次検証していく。  続いて6ページをご覧いただきたい。  ②のワンストップ市役所に向けた取組である。既に実施している引っ越しや死亡のような、いわゆるライフイベントを起点とした手続を中心に、1度の受付で複数の手続が完結する窓口の拡大に向けて、検討を開始する。

匝瑳市議会 2020-12-16 12月16日-03号

初めに、行政手続における押印廃止書面主義見直しについてお伺いいたします。 中央省庁行政手続押印廃止を強力に推進している河野太郎行革担当大臣は、去る10月16日の会見で、約1万5,000の行政手続のうち99%の手続押印廃止できると明らかにしました。その約1万5,000手続のうち、各省庁押印存続方向で検討したいとの回答をしたのは、僅か1%未満の計111種類とのことです。

鎌ヶ谷市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-06号

それで、ちょっと千葉市の事例を紹介したいのですけれども、千葉市は現在の押印廃止流れよりもはるか前の平成26年には、先ほど質問させていただいた住民手続による押印廃止している、押印廃止先進市なのですけれども、その熊谷市長のブログなのですけれども、役所内の押印廃止についても書かれていたのです。その中で最も問題視されていたのは、決裁文書に必要のない押印が多過ぎるということだったのです。

四街道市議会 2020-12-08 12月08日-04号

4、行政手続における押印廃止書面主義見直しについて。中央省庁行政手続押印廃止を強力に推進している河野太郎行革担当大臣は、去る10月16日の会見で約1万5,000の行政手続のうち、99.247%の手続押印廃止できると明らかにしました。約1万5,000手続のうち、各省庁押印存続方向で検討したいと回答したのは、わずか1%未満の計111種類とのことです。

鎌ヶ谷市議会 2020-12-04 12月04日-一般質問-03号

◆3番(宗川洋議員) 市の基本的な考え方というのは、まず事務で押印が必要なのか必要でないのかをしっかり確認して、さらに将来に備えて安全性を確保しながら押印廃止可否を判断していくことが基本であるということが理解できました。さて、この押印廃止については、報道等福岡市が先行して取り組んでいるということがよく耳に聞くのですけれども、この福岡市の取組について教えていただきたいと思います。

成田市議会 2020-12-03 12月03日-04号

3つ目に、行政手続における押印廃止書面主義見直しについて伺います。 中央省庁行政手続押印廃止を強力に推進している行革担当大臣は、去る10月16日の会見で、約1万5,000の行政手続のうち99.247%の手続押印廃止できると明らかにされました。その約1万5,000手続のうち、各省庁押印存続方向で検討したいと答えたのは、僅か1%未満の計111種類とのことであります。 

白井市議会 2020-12-03 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2020-12-03

項目め行政手続における押印廃止書面主義見直しについて。行革担当大臣は、約1万5,000の行政手続のうち、99.247%の手続押印廃止できると明らかにしました。そのうち、各省庁押印存続方向で検討したいと回答したのは、僅か1%未満の計111種類とのことです。  

印西市議会 2020-12-03 12月03日-04号

(1)、行政手続における押印廃止。去る10月16日の会見河野太郎行革担当大臣は、中央省庁の約1万5,000の行政手続のうち、99.247%の手続押印廃止できると明らかにしました。その約1万5,000の手続のうち、各省庁押印存続したいと回答したのは僅か1%未満の計111種類とのことです。行政手続文書だけではなく、税に関わる他の書類でも押印廃止流れが加速化しています。

長生村議会 2020-12-02 令和2年定例会12月会議(第2日) 本文

中央省庁行政手続押印廃止を強力に推進している河野太郎行革担当大臣は、去る10月16日の会見で、約1万5,000の行政手続のうち、99.247%の手続で、押印廃止できると明らかにしました。その約1万5,000手続のうち、各省庁押印存続方向で検討したいと回答したのは僅か1%未満の計111種類とのことです。

佐倉市議会 2020-12-02 令和 2年11月定例会−12月02日-04号

次に、第2として、行政デジタル化市ホームページ及び押印廃止について質問します。行政デジタル化を目指して国が今取り組んでいますが、地方自治体としてはどのような取組になるでしょうか。オンライン申請電子署名スマホ活用等も含め、お聞きします。 ○議長(爲田浩) 総務部長。 ◎総務部長橋口庄二) お答えいたします。  

南房総市議会 2020-12-01 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 2020-12-01

18: ◯阿部美津江議員 国は自治体対象押印廃止マニュアルの配布も検討しているということですが、待ってから着手するのではなく、早急な洗い出しをお願いしたいと思いますので、よろしくお願いします。  次に、介護人材の確保への影響等人材育成についての質問をいたします。介護福祉士修学資金貸付の概要と人数をお伺いいたします。

佐倉市議会 2020-11-30 令和 2年11月定例会-11月30日-02号

─────┤ │ 5 │藤崎 良次  │1.新型コロナウイルス対策              │市長教育長上下 │項目│(市民オンブ │ (1)新型コロナウイルス対策のこれまで         │水道事業管理者、  │ │  │ ズマンひま │ (2)新型コロナウイルス対策の今後           │関係部長      │ │  │ わり会)  │2.行政デジタル化市ホームページ及び押印廃止