2051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会−03月25日-07号

討論に入ったところ、原案反対の立場で、日本共産党の委員から、「今、本市の状況を見ると、特にゼロ歳児の待機児童が大変需要がある。そのため、小規模保育園が、近隣自治体保育園と連携をとって、地域子育て支援に貢献しているのはそのとおりだと思う。だからこそ、運営に当たっては、一定の基準をきちんと確保することが必要だと思う。  

船橋市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 9日予算決算委員会総務分科会−03月09日-01号

待機児童がその影響で相当数出ていると聞いている。  昨年の9月議会で岩井友子議員総務部長に質問をした、保育士が募集しても集まらない。欠員の状態が改善できないというときに、今、示されている報酬単価、時給に固定されることなく、弾力的な運用を求めるがいかがかという質問に対して、総務部長が、特定の職場で欠員が生じることは極力避けたいと思う。

船橋市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 9日健康福祉委員会−03月09日-01号

認定こども園になると、いわゆる2号認定の保育が必要なお子さんを預かることができる施設となるので、そういった面では待機児童対策の役割を果たす施設となり得るものである。幼稚園から、移行したいという意向があれば、実質的な面からの支援を今後も引き続き継続したいと考えている。 ◆神子そよ子 委員  そういう施設が今のところはまだ出てきていないということか。

船橋市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 5日総務委員会-03月05日-01号

橋本和子 委員  8ページのところの事業の見直しのところで、基本的なことをお伺いしたいが、これは新規適用停止というところで、保育所施設とか、認定こども園とかいろいろとあると思うが、これは新規でこういった適用をしないという部分では……施設がたくさんできていると思うが、今できている施設で、待機児童数に対しては、ある程度カバーができているので、新規の事業に対しては補助しないという考えなのか。

船橋市議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会−03月03日-05号

それからあと、保育がやはり待機児童対策ワースト2になって、そこで職員も本当に頑張りましたけれど、そういった中で、やはり民間事業所に対する補助費等、これ物すごくふえてます。それから、介護、後期高齢の繰出金というような日常生活に密接に結びついてるものがふえてます。  ですから、私は、これを一言でぜいたくだって言って切り捨てるのはおかしいと思ってます。  

船橋市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会−02月26日-03号

私も平成30年第3回定例会で、無償化による待機児童問題への影響、無償化による保育の質の担保人材確保について、無償化による本市の財政負担についてという内容で質問をしましたけれども、今回は実施後の検証という意味も含めまして、また改めて質問のほうをさせていただきたいというふうに思っております。  

船橋市議会 2020-02-25 令和 2年第1回定例会−02月25日-02号

そこで、保育士確保のため、待機児童数悪化を防ぐため、借り上げ宿舎補助期間を5年から10年に延長するよう提起しました。答弁は、国の実施要綱の要件が待機児童数50人以上であるか、または有効求人倍率が国平均を上回っていることとなっており、そのどちらかを満たせば補助期間を10年にできるとのことでした。

船橋市議会 2020-01-21 令和 2年 1月21日広報委員会-01月21日-01号

例えば、コンビニエンスストアの問題が出ているときに、コンビニの話題で、私はこう思うとちゃんと言ったりとか、それこそ保育園の待機児童の季節になって、みんながそこで悩んでいるときにこういう事例があるとちゃんと載せたりとか、関心のあることをちゃんとタイムリーに見といて、発信する。  あとは、ちゃんとリプライする。素早く反応する。それがもちろんネガティブというか、誹謗中傷は無視すればいい。

船橋市議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日総合計画に関する調査研究特別委員会全体会−01月17日-01号

待機児童対策も書いてあるが、ゼロ宣言とかまで書いたほうがわかりやすいし、市長の思いにかなうのではないかなと私は思う。あと、海老川上流とか南船橋駅の開発は書いてあるが、新京成線沿いの話、二和のああいったところとかも市長の公約入られてると思う。そういったところについて入れなくていいか。市長はどういうふうにお考えになっているのか。ご本人いらっしゃらないが。

白井市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第7号) 本文 開催日: 2019-12-19

なお、審査の過程において質疑がなされましたが、主なものを要約して申し上げますと、3款2項1目待機児童対策補助金の内容はとの質疑に対し。  保育士宿舎借り上げ支援事業で、当初見込みより対象者数がふえることなどに伴い増額する内容となっていますとの答弁がありました。  3款2項2目私立保育園等補助事業中私立保育運営費補助金の内容はとの質疑に対し。  

千葉市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-12-06

次に、保育所等の待機児童対策についてであります。  本市では、ここ数年にわたり保育施設の整備に力を入れ、保育定員の拡大を進めてまいりましたが、保育所待機児童数は、本年4月1日時点で4人でありますが、保育所に入ることができない入所待ちのお子さんはいまだ400人以上おり、引き続き、保育施設の整備を望む保護者の声も多く聞かれるところであります。

佐倉市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会-12月05日-05号

一番待機児童の多い1、2歳児を対象外にするなど、看板に偽りありです。現場の保育士子供たちが煩雑と混乱に巻き込まれています。そこで、私からはとりわけ保育園を主題とし、ずばり給食費を徴収すること自体を廃止すること。多くの自治体が今もう始めております3人目からではなくて、2人目から無料にすること、給食費の無料の年収要件、上限を360万円から400万円へ引き上げること、これらをご検討いただきたいのです。