180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鴨川市議会 2019-06-04 令和 元年第 2回定例会-06月04日-02号

この焼却処理については令和3年4月からしばらくの間は、市内の民間事業者に委託し、令和9年4月以降については6市1町で事業推進する新たな広域処理施設で焼却処理する。つまり、令和3年4月から市内で収集した一般廃棄物は、全て市外へ搬出して焼却処分することになるということでございます。

富津市議会 2018-12-20 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号

先ほどの、ごみの広域処理場の話もそうなんですが、事務方を中心に、こういうものが、話が進められてきたと思います。ただ、結果的に、この2月7日に、水道企業議会が開かれるんですけど、これ今回開示していただかなかったら、何もわからないまま行かなきゃいけなかったんです。説明の場もないですし、質疑する場も与えられていませんでした。今まで。

木更津市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第6号) 本文

広域行政特別委員会では、本年11月1日に、香川県さぬき市にあります、香川県東部清掃施設組合において、一般廃棄物の広域処理について、行政視察を実施いたしましたので、ご報告いたします。  香川県東部清掃施設組合は、自治体が抱える、共通したごみ処理施設の問題を解決するために、設立されました。

富津市議会 2018-11-16 平成30年11月16日全員協議会-11月16日-01号

◆11番(石井志郎君) 今、渡辺議員も話していて、候補地ありきというのはいかがという話がありましたけど、この広域処理場というのは工場なんですか。この施設というのは一般的に言う大型の工場みたいな分類になるんですか、なぜかといいますと、設置する場所は、工業用地あるいは準工業用地でないとつくれないんです。  

千葉市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-09-27

まず、仮設処理施設の設置についてですが、災害廃棄物は、市内の清掃工場等の一般廃棄物処理施設で処理することが基本となりますが、発生量が膨大で目標とする期間内で処分できない場合は、協定に基づく市内民間処理施設における処分、市外、県外での広域処理や仮設処理施設の設置について、災害廃棄物の性状や処理可能量、処理期間等を踏まえ検討する必要があると考えております。  

木更津市議会 2018-09-25 平成30年広域行政等特別委員会 本文 2018-09-25

次に、視察先及び調査事項ですが、1日目に、香川県東部清掃施設組合におきまして、一般廃棄物の広域処理について視察をしたいと思います。  香川県東部清掃施設組合は、2市1町で構成されるさぬき市、東かがわ市及び三木町から排出される一般廃棄物の広域処理を、香川東部溶融クリーンセンターにおいて行っております。  

松戸市議会 2018-09-07 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−06号

本市を含めた東葛6市においては、行政広域処理を具体的に推進するため、関係市が相互に連携調整を図ることを目的に、東葛広域行政連絡協議会を設置しております。  協議会におきましては、構成市に関する広域的な行政課題に関し、必要に応じ、国、県、その他関係機関に要請を行う広域行政事業のほか、構成市職員による研究会及び視察等を実施しているところでございます。

君津市議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−03号

◆4番(船田兼司君) それでは、今後、安房地域2市1町と連携して広域処理を行うようになった場合、実際の共同処理、安房地域のごみが君津地域に入ってくる時期、これはいつなのか。これを次期の前に入れたいというような話もちらほら聞かれるんですけれども、今の枠組みの中プラス、2市1町が入ってくる時期、これについて見解を伺います。 ○議長(鈴木良次君) 長坂市民環境部長。

佐倉市議会 2017-03-15 平成29年 2月定例会予算審査特別委員会-03月15日-01号

これは12市1町で下水を広域処理する印旛沼流域下水道事業における処理負担金でございます。  その下の7目減価償却費は16億3,589万9,000円でございます。これは下水道管やポンプ場などの有形固定資産、流域下水道などの施設利用権にかかわる減価償却費でございます。  次に、2項の営業外費用、1目支払利息及び企業債取扱諸費でございます。

松戸市議会 2017-03-02 松戸市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−04号

この分野に、公共施設再編整備という視点を当てるならば、焼却施設建設するに当たっては、ごみの減量を図り、整備する規模を縮小することで建設費を削減したり、広域処理による施設の統合、集約化によって建設費や維持管理費を削減することができると考えます。  公共施設再編整備という視点で捉えて、ごみ処理施設の再構築について、今指摘した点も踏まえた当局の見解をお伺いいたします。

船橋市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会−03月02日-05号

本市の災害廃棄物処理計画の策定につきましては、県が来年度策定を予定します災害廃棄物処理計画での広域処理など、連携した対応を図りながら、災害廃棄物の発生状況や処理方法、また、清掃センターの職員が被災地での収集の応援に行った経験などを含めました収集方法など、実効性のある計画として今後策定していきたいと考えております。  以上でございます。      

流山市議会 2017-02-21 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月21日−02号

この川の水の浄水処理に関し、平成26年12月16日に水の広域処理を行っている北千葉浄水場で高度浄水処理の供給を開始しました。流山市ではこの水を利用していますが、私の周囲でも流山市の水はおいしくなったと多くの方から聞いております。市は、この高度浄水処理の供給の前と後ではどのように市民の評価が変わったと捉えていますか。苦情や問い合わせの推移やエリアごとの違いなどはどうですか。答弁願います。

鴨川市議会 2017-02-07 平成29年第 1回定例会−02月07日-03号

また、委託費用につきましては、市場の状況にもよりますが、一般的に1トン当たりの相場は3万5,000円程度と承知いたしておるところでございまして、2市1町で広域処理をした場合の本市の負担金から推定した1トン当たりの経費が2万8,000円程度であることと比較いたしますと、25%割高でありまして、1年間のごみ排出量を1万1,800トンと想定した場合では、年間で約7,000万円高くなることが見込まれるところでございます

佐倉市議会 2016-03-16 平成28年 2月定例会予算審査特別委員会-03月16日-01号

12市1町で下水を広域処理する印旛沼流域下水道事業における処理負担金でございます。  その下の8目減価償却費は、16億3,183万5,000円でございます。これは、下水道管やポンプ場などの有形固定資産、流域下水道などの施設利用権にかかわる減価償却費でございます。  次に、2項の営業外費用、1目支払利息及び企業債取り扱い諸費でございます。