130件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山武市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-02-26

年次有給休暇については、これまでの臨時職員は、採用から6カ月を経過しないと、付与されませんが、会計年度任用職員勤務条件によって日数に違いはありますが、最大で10日、採用時から付与されます。  これらのことから、これまでの臨時職員と比べると、待遇面でよくなっている制度でございます。

船橋市議会 2019-09-30 令和 元年第2回定例会−09月30日-09号

また、年次有給休暇が繰り越せるようになったため、使い残した有給休暇を翌年使うことができるようになり、安心して働くことができる。さらには今までなかった昇給もあり、6カ月以上任用の場合は、期末手当も出ることになり、職種によっては単価が下がるが、逆に上がる人もいる。現行と同様な働き方であれば実質年収がアップする。

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日総務委員会−09月18日-01号

また、年次有給休暇が繰り越せるようになったため、使い残した有給休暇を翌年使うことができるようになり、安心して働くことができる。また、さらには今までなかった昇級もあり、6カ月以上任用の場合は期末手当も出ることになる。職種によっては単価が下がる人もいるが、逆に上がる人もいるわけである。現行と同様な働き方であれば、実質、年収がアップする。  

富津市議会 2019-09-10 令和 元年 9月10日総務産業常任委員会−09月10日-01号

次に、第24条は、休暇の規定で会計年度任用職員の休暇は、年次有給休暇及び特別休暇とするものであります。  次に、第25条は、年次有給休暇に関する規定で、第1項でその日数について、規則で定めることとしています。規則の規定は、従前の非常勤の一般職職員勤務条件等に関する条例の規定を引き継ぐ予定であります。  

船橋市議会 2019-09-05 令和 元年第2回定例会−09月05日-02号

でも、そういったことがなくなってくるっていったところ、また、年次有給休暇が繰り越せるようになったのでこの使い残した有給休暇を翌年まとめて使うことができるようになったりとか、今までとは違って少し安心して働くことができるようになったのではないかなと思います。  また、今までなかった昇給もあり、さらには6カ月以上任用の場合は期末手当も出ることになりました。  

船橋市議会 2019-06-12 令和 元年第1回定例会−06月12日-06号

また、ことしの4月から、全ての使用者に対して年5日の年次有給休暇の確実な取得が義務づけられました。春休み、夏休み、冬休みのいわゆる三季では、人手不足で休みがとれないなど労働日数がふえて労働時間が多くなってしまうことがあると思います。放課後ルームの支援員さん、補助員さんの働き方改革も行わなければならないと思います。  

栄町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

具体的な例といたしましては、1点目として、時間外勤務の抑制及び年次有給休暇をはじめとした、育児、出産、介護休暇などの各種休暇制度が活用しやすい環境作り。  2点目として、定期健康診断やストレスチェックの実施はもとより、職場全体で心身の健康について取組ができるよう、気付きやセルフケア等に関する研修を実施するなど、早期発見や適切な対応ができるよう健康管理体制の充実。  

睦沢町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会第2号 3月4日

また、一定日数の年次有給休暇の確実な取得のために、10日以上給付される者に対しまし ては、5日について時期を指定して与えること。そして、労働時間の把握の義務化、終業時 間と始業時間の適宜なインターバルの確保、現場レベルの労務改善を進めることによる労働 状況の可視化など、こういった細かな体制作りが求められることとなっております。

白井市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-02-26

また、有給休暇の取得につきましては、労働基準法が改正され、年10日以上の年次有給休暇を付与されている職員に対し、うち5日については使用者が時期を指定して取得させることが必要ということになりました。国においては、年次休暇及び夏季休暇の取得を促進するため、年初に計画表を作成することとしているような状況だと伺っております。市のほうでは、この辺については対応できていないところでございます。  

船橋市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会−12月21日-11号

ぜひ、ミスを減らしていくためにも、年次有給休暇の取得日数が医療センター総務課は平均年8.4日しかない状況を是正していくことが必要だと思うので、増員を改めて求めていきたい。また、同じような職種の方々の支給明細の一覧表があれば、このようなミスに気づくことができたのではないか。ただ、総務部と一覧表について、共有することを協議中であるとのことなので、今後このようなミスがないようにしていただきたい。

白井市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2018-12-03

もう1つ、2019年4月1日からは、年次有給休暇の確実な取得が必要ということで、この年次休暇についても制限が設けられると、このような状況です。さらに、2020年4月1日からは正規雇用労働者非正規雇用労働者の間の不合理な待遇の禁止ということで、これが2020年4月1日から始まります。  

佐倉市議会 2018-06-11 平成30年 6月定例会-06月11日-02号

現在の臨時職員等の年次有給休暇は、労働基準法の規定を踏まえ、週当たりの勤務日数及び継続勤務期間に応じて最大20日までの日数を任用の日から付与しております。新たに導入される会計年度任用職員制度につきましても現行と同じ方法で付与することを予定しております。  以上でございます。 ○議長(櫻井道明) 伊藤議員。 ◆14番(伊藤壽子) 経験年数の積み上げ方をどう評価するかということです。

船橋市議会 2018-04-20 平成30年 4月20日健康福祉委員会−04月20日-01号

◆松崎佐智 委員  関連して、25ページの年次有給休暇の評価率や、超過勤務減少の目標値があるが、ことしから3カ年である。  前年度より10%、年次休暇をふやす、消化率をふやすということだが、現状として消化率がどれくらいになっているかはわかっているのか。 ◎医療センター総務課長 申しわけない。