2740件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富津市議会 2021-03-17 令和 3年度予算審査特別委員会−03月17日-03号

なので、再三昨日からこだわっていますけれども、移住・定住をさらに進めるためには、富津市決してこういった保険税は高くないんだ、むしろ安いんですよということを市内に周知してあげることが、人口減少の抑制にもつながっていくと思いますんで、これは根気よく目立つ形で、富津市の保険税は安いと周知していただきたいと思います。  では、最後の質問です。  

南房総市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-18

次の渇水対策入浴支援事業9,625万5,000円の追加は、入浴が困難となる断水地域について、市内旅館等入浴施設通常よりも安価で利用できるよう支援を行うもので、1人1日1回の入浴に対し500円を助成しようとするものです。  20、21ページをお願いします。一般事務費1,372万4,000円の追加は、嶺南小学校・中学校及び嶺南こども園において、断水対策用消耗品費追加するものです。

柏市議会 2020-12-18 12月18日-08号

また,委員から「大手民間企業が地元の行政の仕事を取っていくことについてどう考えているのか」との質疑があり,当局から「柏市内に請け負える団体があればそれにこしたことはないと考えているが,前回応募があった5団体の所在地は全て市外であったので,今回の募集要項については市内を問わなかった」との答弁がありました。 

白井市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-12-18

歳入については、寄附金に関して、1つ、まちづくり寄附金市内の割合はどういう比率になっていますかという質疑に対して。  答弁まちづくり寄附金については、ふるさと納税として返礼品があるものについては全て市外からのもので、全体では9割以上が市外の方からの寄附になりますとの答弁がありました。  

習志野市議会 2020-12-17 12月17日-06号

PRの手法につきましては、今後も市内を問わず多くの方々の目に触れる機会が増えるよう、さらなる周知を図ってまいりたいと考えております。以上です。 ○議長田中真太郎君) 市瀬議員。 ◆16番(市瀬健治君) はい。先ほど来、答弁には返礼品のよさを、いわゆるそれだけを追求するのではないというお答えをいただきますけれども、最下位から脱する施策というか、方法をどのように考えているかお伺いいたします。

千葉市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2020-12-14

具体的には、寄附の使い道について、パラスポーツ競技用具の整備、ZOZOマリンスタジアム充実ひとり親家庭子供のための教育支援など、27事業のメニューを用意し、幅広く寄附を受け入れているほか、本年9月から10月にかけて発生した台風、大雨で被害を受けた方への支援のため、災害支援寄附金として、市内皆様からたくさんの温かい寄附を頂いておりますとの御答弁をいただいております。  

野田市議会 2020-12-10 12月10日-05号

それを確実なものへと人工巣塔、それもクラウドファンディングで設置の準備を進めるとなれば、市内方々に発信して御協力願わなければなりません。民意の盛り上げをさらに後押しするためにも、市の鳥にコウノトリを指定することをお考えになってはいかがでしょうか。そして、今がそのときではないでしょうか。お伺いいたします。  1回目の質問といたします。

松戸市議会 2020-12-09 12月09日-04号

本市といたしましては、この答申を踏まえ、今後、Park-PFI制度指定管理者制度などの活用により、民間事業者市民団体など多様な主体との連携による新たな管理運営体制を構築し、21世紀の森と広場の魅力価値をさらに引き出し、市内からこれまで以上に多くの人々を呼ぶことにより、本市全体の活性化につなげていく取り組みを積極的に進めてまいります。 以上、御答弁とさせていただきます。     

千葉市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2020-12-09

次に、農業担い手をどのように確保するのかについてですが、これまで、本市首都圏等の大消費地アクセスがよく、販路が確保しやすいなど、稼ぐ農業につながるビジネスチャンスが存在することを広く市内に周知し、個人、法人を問わず、新たな担い手となる人材の確保、育成に取り組んでまいりました。  加えて、農地の確保や経営、技術に関する研修などの本市支援体制も整備し、担い手の定着に努めています。  

野田市議会 2020-12-09 12月09日-04号

野田市の魅力市内の方に効果的に情報発信をすることで、野田市への興味や関心が生まれ、市外在住の方が野田市に来てみたくなるようなホームページを、魅力推進課連携を図り構築していくとともに、市外の方が何のきっかけもなく当市のホームページアクセスするとは考えにくいため、先ほども述べたとおり、フェイスブックやラインなどのSNSで野田市の魅力ある情報を積極的に発信して、そこからより詳しく見られるホームページ

八千代市議会 2020-12-08 12月08日-03号

そのため、若い世代が安心して出産子育てを行うことができる環境や、全ての世代の方が安心して暮らせる生活環境を整備するとともに、地域資源活用したまち魅力創出市内への効果的なシティセールスなどに取り組んでまいりたいと考えております。 ○木下映実議長 三田登議員。 ◆三田登議員 そうですね、若い世代をはじめとした幅広い年代流入定住促進を図る必要がある。

市原市議会 2020-12-08 12月08日-03号

松戸市は、高齢者基礎疾患がある人、保育園・幼稚園・学童保育勤務者小中学校勤務者で、無症状の人が市内を問わず、医療機関PCR検査を受けた場合に、費用上限2万円を3月まで補助する。市川市は65歳以上と心臓、呼吸器など基礎疾患がある60~64歳を対象にして、唾液による無料のPCR検査を実施する方針と決めています。印西市も、同様なことが行われております。

八千代市議会 2020-12-07 12月07日-02号

豊かな自然環境と、都心や千葉県の中心部へのアクセスのよさといった利便性を兼ね備えた都市としての発展を続けておりますが、今後も人口を維持しながら発展を続けていくためには、若い世代をはじめとした幅広い年代流入定住促進を図る必要があることから、安心して子育てを行うことができる環境づくりや、地域資源活用したまち魅力創出市内への効果的なシティセールスなどに取り組んでいきたいと考えております。

松戸市議会 2020-12-07 12月07日-02号

ぜひ近隣他市に先駆けて結婚生活生事業を実施し、結婚、妊娠、出産子育てまでの支援体制本市に構築し、住み続ける価値の高い、若者にも選ばれるまちとして、松戸市の魅力市内にPRしていただくようよろしくお願いいたします。 次に、質問事項2.東部地域の課題について、(1)東部地域における特別支援学級設置について申し上げます。