2503件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-03-19 令和 2年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

全国的な人口減少、少子高齢促進に備えて、居住誘導区域に地権者を誘導し、居住機能を集めようとする方針は理解はできるが、特定集落において開発行為ができる以上、強制的に居住誘導区域への誘導はできないということを、それは慎むべきことであると指摘をさせていただく。居住誘導区域への誘導に当たっては、地権者の誤解を招かないよう、強制ではないことを丁寧に説明することを強く要望する。  

船橋市議会 2020-03-10 令和 2年 3月10日予算決算委員会健康福祉分科会−03月10日-01号

◆岡田とおる 委員  ぜひお願いしたいところであるし、ただ、いろんなイベントが今、中止や延期になっているので、何か違う形でも告知、これ、難しいという表現はあれだが、少子高齢が進んで、社会保障の負担も働き世代頑張ってもらいたい、税金も頑張ってもらいたい、さらにこういう治療に係るドナーだとか血液だとかもみんな若い世代にお願いしていくしかない状況がなってきてて、かなりやっぱり厳しい状況ではあるのだが、いい

長生村議会 2020-03-03 令和2年定例会3月会議(第3日) 本文

146 ◯8番【井下田政美君】 ただいま説明をいただきましたけれども、健康福祉分野のボランティア育成事業、教育分野の青少年健全育成事業、そして、コミュニティ分野における自治会組織拡充事業の達成率が少子高齢社会情勢の変化によって困難ではないかということですけれども、現時点の達成率というんですか、ボランティア自治会加入率については昨日の議会質問の中で49

船橋市議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会−03月03日-05号

その中で、少子高齢への対応とか、人口の偏在ですとか、今回の議会でもご質問がありましたけれども、そういったものをやっていく。また、環境のこととかもありますけども、それで、また新たに今議会でも提案させていただきましたけれども、これからふえていく外国人の方への対応とか、そういったものがあるわけで、必然的にやるべき分野というものが広がってきているというふうに思っています。

長生村議会 2020-03-01 令和2年定例会3月会議(第1日) 本文

さて、地方財政の状況は、「『経済財政運営と改革の基本方針2019』等を踏まえ、少子高齢に応じた人づくり革命や、防災減災、国土強靱化を初めとする暮らしの安全、安心の確保などの取り組みを進めるとともに、今後策定される予定の新たな『まち・ひと・しごと創生総合戦略』のもとにおいても、引き続き地域の実情に応じ、自主性、主体性を最大限発揮して地方創生を推進できるよう、安定的な税財政基盤を確保し、また『新経済

船橋市議会 2020-01-21 令和 2年 1月21日広報委員会-01月21日-01号

どの自治体も同じ問題を抱えていて、いろんな自治体で仕事させていただいているが、ほとんど同じ問題抱えていて、少子高齢の問題と、あとは世代断絶という問題とか抱えている。日本中のほとんどの自治体船橋市例外ではないと思うが、15年後、今の支出のままだったら多分財政的には全自治体パンクする状況にあることははっきりわかってるわけである。しかも、若い人はいなくなる。

船橋市議会 2020-01-17 令和 2年 1月17日総合計画に関する調査研究特別委員会全体会−01月17日-01号

次に、実効性の高い行財政運営については、持続可能な行財政運営に向けた取り組みに対応する考えとなっており、財政の硬直化や今後厳しくなる職員の確保、人口増や少子高齢の進展等に伴う業務量の増加などの現状・課題に踏まえ設定している。  基本構想の修正、追加部分の説明は以上である。  議題の2つ目の主要な取組についてを、説明させていただく。  

船橋市議会 2019-12-12 令和 元年12月12日文教委員会−12月12日-01号

この教育基本法だが、科学技術の進歩、情報化、グローバル化少子高齢など教育をめぐる環境が大きく変化し、家庭地域社会での教育力、子供の学ぶ意欲や問題行動など、教育に対する課題が指摘される中、国民一人一人が豊かな人生を実現し、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会平和と発展に貢献できるよう、平成18年に改正された。  

千葉市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-12-10

また、ことしの4月から働き方改革関連法が順次施行され、国全体の課題である少子高齢に伴う生産年齢人口の減少や働き方の多様化などの社会的変化に、自治体も柔軟に対応していく必要が生じており、そのためにも、現在の業務を見直し、職員の生産性向上に向けた取り組みが求められています。  

船橋市議会 2019-12-06 令和 元年12月 6日健康福祉委員会-12月06日-01号

なので、メッセージ性を持ってもいいし、多分これから本当、少子高齢が進んでいく中で、健康って枠組みだけじゃおさまらない内容、事柄になってくると思うので、先を見据えた何か強いイメージというか、言葉を市民の皆さんに理解してもらえるような内容も考えてもらえるといいんじゃないかなと思って、そんな話をというか、お伺いさせていただいた。

千葉市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-12-06

これから新年度予算編成を迎えるわけですが、今後も市税収入は大幅な増収が見込めない中、少子高齢の進展や老朽化が進む市有施設への対応のほか、さきの台風、大雨被害を踏まえた防災対策の強化など、早急に解決すべき課題が山積しており、予算編成は厳しい作業が強いられるものと推察いたします。  そこで、本市財政を取り巻く環境が厳しい中、どのように新年度予算編成に取り組むのか、見解をお伺いいたします。  

白井市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-12-05

今後少子高齢、厳しい財政運営の中、市が主体となってイベント等に取り組んで継続していくことにはやはり限界がございまして、地域の皆様の主体で運営、開催する機運が醸成されることが望ましいということを考えております。これによりまして、元気な商店会ですとか、強い地域力につながるのではないかと考えております。  

千葉市議会 2019-12-04 令和元年保健消防委員会 本文 開催日: 2019-12-04

まず、(1)あり方検討の経緯ですが、人口減少や少子高齢が進み、人口構造が大きく変化する見通しで、将来の医療ニーズを把握し、その需要に合った対応をしていく必要がある。  海浜病院は、開設後36年目となり、施設、特に給排水設備の老朽化が著しい。また、青葉病院も、開設後16年目となり、今後10年以内に大規模改修の実施等について検討する必要がある。  平成25年度から29年度の市立病院事業の決算は赤字。

長生村議会 2019-12-02 令和元年定例会12月会議(第2日) 本文

109 ◯企画財政課長【木島正人君】 まず、第3次総合計画については12年間、そして、第4次、第5次については10年間の計画期間でございましたが、現在、人口減少、少子高齢を見据えた長期的なビジョンを示すため、基本構想を15年後の令和17年度末を目標年次とし、夢を持たせた将来像を描くこととしたものでございます。