1313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栄町議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4日 9月20日)

このことについては、家庭教育との連携を保護者に周知して、子供家庭生活の適切な管理について協力を求めていきます。  続いて、町教育委員会が独自で行っている教職員向け研修会についてですが、一つとして各学校の主任層を対象とした研修を行っています。研修会の目的は、学校運営の中心となってさまざまな分掌業務を遂行するために、主任として必要な資質や能力を身に付けることです。

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

また、家庭教育学級参加を呼びかけたり、園児の迎えの時間に合わせて保護者参加型の交通安全指導を実施するなど工夫をしている学校もございます。引き続き、保護者参加していただくのは大変重要ですので、ご協力いただきながら交通安全移動教室を進めていきたいというふうに思います。  以上です。 ○副議長(爲田浩) 平野議員

栄町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日 6月14日)

そのため、幼児教育義務教育全体、さらには、家庭教育社会教育とも連携させて、子どもたちの教育を考えることが必要であると考えています。  その一つとして、「栄っこ宣言」を通した連携教育は一つのツールとなり得ると考えています。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(大野 博君) 芝野環境協働課長。 ○環境協働課長(芝野浩一君) 私からは、3項目めの墓地行政についてのご質問にお答えします。  

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

登録した児童は誰でも参加することができますが、家庭教育支援員が宿題や遊びの体験などを支援するとともに、保護者家庭教育相談に乗ることを主眼とした事業でありますので、現時点では時間の延長等につきましては考えておりません。 ○副議長(岩本朗君) 健康福祉部長、島津 太君。 ◎健康福祉部長(島津太君) 健康福祉部に関するものについてお答えをいたします。  

富津市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

この議案は、社会教育指導員及び家庭教育指導員の報酬の額等を見直すとともに、非常勤特別職職員としての家庭教育支援員を設置するほか、水道審議会委員、市税等徴収補助員及び水道料金等徴収補助員を廃止するため、条例の一部を改正するもので、内容について、執行部より詳細な説明を聴取いたしました。  

栄町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

また、教育委員会としては、子育ての悩み相談に家庭教育支援アドバイザーや学校適応専門官、指導主事教育相談員が対応しています。  次に、学校で虐待事案や虐待が疑われる事案が発生した場合には、教育委員会や町部局の福祉・子ども課に情報が上がります。緊急の対応が必要と判断した場合には、学校から児童相談所等の関係機関に直接、通告することがあります。  以上、答弁とさせていただきます。

富津市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-03号

続いて、市内の子供たちへの学習支援施策は家庭教育支援を進めるとの考えから、中央公民館で週に1回行われております放課後ルーム、主に塾に通っていない中学3年生を対象に、社会教育指導員や家庭教育指導員、市民ボランティアによる学習サポート会など、富津市では手厚い対応を行っておられますが、今回、新たに生活困窮世帯子供向け学習支援事業を行われるということなんですが、これはどういった施策内容になるんでしょうか。

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第1号

そ れがまさしく家庭教育。 しかし、小学校の統合により、慣れない環境が原因で子育ての悩みを抱え、情緒 不安定になり、仕事が忙しく、誰にも相談が出来ない、家族保護者に対して、文 部科学省が推進している家庭教育支援チームの設置を望みますが、見解をお伺いい たします。 質問要旨2、地域社会における具体的な方策につきまして、お聞きいたします。

鴨川市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-02号

これらの動きに注視しつつ、虐待防止条例のほか、子どもの権利擁護や家庭教育支援といった観点から、既に条例を制定している市町村を参考としつつ、本市における条例の制定については、そのあり方を含めて検討してまいりたいと考えております。  以上、登壇による答弁といたします。 ○議長(庄司朋代君) 次に、選挙管理委員会委員長、松本鶴松さん。            

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26

学校家庭教育委員会、関係部局、そして関係機関が、より一層連携をし、子どもたちを見ていかなければなりません。  いじめや虐待を認知した後の対応につきましては、今までいろいろ説明がありましたように、さまざまな組織が連携をとり、子どもの命、安全安心を守るために、対応していく仕組みが手厚く構築されております。  本山議員の言われるとおり、人間教育が大変大事なことになってまいります。

富津市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会−02月22日-01号

家庭教育支援をより一層進めるために、現在、中央公民館で週1回開催している「放課後ルーム」をさらに富津地区、天羽地区の2つの小学校でも実施し、児童の体験活動や学習を支援するとともに、保護者が気軽に相談できる機会をふやしてまいります。  また、主に塾に通っていない中学3年生を対象に、社会教育指導員、家庭教育指導員及び市民ボランティアによる学習サポート会を引き続き実施します。  

野田市議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月14日−05号

規範意識育成基本は、学校生活学級経営、家庭教育にあると考えます。学校家庭での生活ルールの徹底、人間関係づくり等にも視点を当てた学級経営について、これからも支援してまいります。   次に、3点目のいじめ実態調査アンケートの形骸化についてお答えします。いじめ実態調査アンケートの一回一回が児童生徒からの大切な声と捉えています。実態把握と素早い対応に向け、今後もこの調査は続けてまいります。

八街市議会 2018-12-14 平成30年 12月定例会 第3号 平成30年12月14日

子どもや若者の支援に関する相談といたしましては、子育て支援課で行っている家庭児童相 -151- 談をはじめ、教育委員会では、学校教育相談、家庭教育相談に応じているほか、健康増進課 や障がい福祉課などでも、育児に関する相談、障害のあるお子さんに関する相談などに応じ ているところでございます。

八街市議会 2018-12-12 平成30年 12月定例会 第1号 平成30年12月12日

核家族化や少子化雇用環境など、 子育て家庭教育を支える地域環境社会構造が変化する中、社会全体での子育ての必要性 はますます高まっています。本市で子育てをしたい、子育てをしてよかったと実感していた だけるよう、各種施策をさらに進め、総合的な視点で子育て支援の充実したまちづくりを目 指してまいります。

鴨川市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号

また、親子コミュニケーションの機会をとることの大切さを家庭教育学級等で啓発するとともに、地域協力を得て、年齢の異なる子どもたちがさまざまな体験活動を行う土曜スクールや、子ども会などの活動も青少年の健全育成に加え、地域の方との交流が図られることから、その充実に積極的に努めているところです。