609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大多喜町議会 2019-06-01 令和元年第1回議会定例会6月会議

防災教育については、学校で行う安全教育として、交通安全、生活安全災害安全の3つ の領域があり、そのうちの災害安全という領域防災教育を行っているところです。 基本的な考え方としては、自助、共助、公助、そして減災というキーワードのもと、小学 校、中学校子供たちの発達段階に応じて実施しているところでございます。

船橋市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会−02月26日-03号

4月の新年度入学を前に、子供の通学路の安全確保や交通安全教育の充実を初め、ドライバーに対しても注意を促していくことが、子供たちあるいはドライバーにも、交通安全意識をしてもらうためにも、非常に重要だと考えます。  そこで伺いますが、7歳前後の児童の犠牲者が多いという傾向について、本市はどのように認識をしているのか、伺います。  次に、情報モラル教育について伺います。

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26

防災教育の現状につきましては、全ての小中学校において、学校安全教育の年間計画に基づきまして、防災教育を実施しております。  内容といたしましては、避難経路の確認及び避難訓練の実施、講師として、消防職員等をお招きしての防災講話や消火器の扱い方等の指導があります。また、小学校4年生では地域安全マップの作成を行っております。  

千葉市議会 2019-02-25 平成31年予算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2019-02-25

132 ◯地域安全課長 今回、拡充という意味では予算額がふえるという意味においては、特段、拡充したところはないのでございますが、これについては、今までの交通安全教育と同様、120万円ぐらいの予算を確保いたしまして、自転車安全利用講習会等をメーンな形で実施するとともに、昨年末に保険会社協定を結びまして、例えば、かなり交通安全教育に関しましてノウハウを持

流山市議会 2019-02-19 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月19日−02号

児童生徒への安全教育の一環として、学校では児童生徒が自分の身は自分で守ることができるよう、警察交通安全協会と連携し、防犯教室交通安全教室を開催しています。   また、通学路の安全対策としては、毎年実施している通学路合同点検において学校、PTA、警察道路管理者、教育委員会、市の関係部署で各学校から要望を受けた調査箇所の点検を行い、安全面及び防犯面に対し必要な対策を講じております。   

千葉市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-12-06

その一方で、人口l0万人当たりの自転車事故死傷者数では、15歳から24歳の若年層が203人で、高齢者の約3.5倍となっていることなどから、今後も年齢層に応じた交通安全教育の充実に取り組んでまいります。  次に、自転車保険加入促進についてですが、本市では、自転車安全利用講習会や各種啓発物などを通じて自転車保険の普及啓発に努めております。

流山市議会 2018-09-19 平成30年  決算審査特別委員会-09月19日−02号

続いて、決算書160ページ、2款1項13目2節(2)交通安全啓発指導事業の中の委託料、交通安全教育チャイルドシート貸与業務委託料について伺います。チャイルドシートの保有台数は平成29年度何台であったのか、乳児用及び学童用それぞれ保有台数をお答えください。また、それぞれの利用状況についてあわせてお答えください。   以上3点お願いいたします。 ○中川弘委員長 遠藤道路管理課長

我孫子市議会 2018-09-18 平成30年  9月 教育福祉常任委員会-09月18日−01号

そして各学校では、その安全マップをもとに、児童・生徒のほうに安全教育を行っております。  また、今お話ありましたハザードマップ等につきましては、先日もある学校では校長のほうから直接子どもたちに啓発、活用のお知らせを行ったり、さらに全ての学校で市が作成しているハザードマップ等の活用を深めていく必要はあると感じております。

船橋市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会−09月13日-05号

1つ目は、歩行者と自転車及び自動車が適切に分離された自転車通行空間の計画的な整備、シェアサイクルの普及・促進、サイクルスポーツの振興、自転車を利用した健康づくり市民参加型のサイクリングイベント、企業への呼びかけ等による自転車通勤の促進、自転車地域をめぐり沿線の魅力を楽しみ体験型・交流型旅行の推進、安全教育交通事故削減を図る自転車交通事故ゼロの推進、災害時における交通困難時の連絡・移動・輸送手段

山武市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-13

山武市においては、これまでも、通学路における安全管理や児童生徒の安全教育を、関係部局が各小中学校で進めてきたところですが、さらなる安全確保強化の徹底をしていく必要があると考えております。  ブロック塀については、大阪での事故発生後、直ちに学校施設や通学路のブロック塀の点検を行ったところでございますが、引き続き、児童生徒の安全確保の徹底に努めていきたいと考えております。  

袖ケ浦市議会 2018-09-07 平成30年 第3回 定例会(9月招集)-09月07日−議案質疑、一般質問−02号

今後も防災防犯交通安全の観点から、道路等ハード面の整備のための働きかけや子供への安全教育等ソフト面の指導の充実に努めてまいります。  最後に、本市における小中学校の統廃合の今後の方向性についてでございますが、近隣市では複式学級を編制せざるを得ない状況等から、これを解消するため、学校の統合が進められております。

佐倉市議会 2018-09-06 平成30年 8月定例会-09月06日-05号

CAPにつきましては、子供がいじめ、虐待、性暴力などから自分の心と体を守るための安全教育及び人権教育のプログラムであると認識しております。現在各学校では人権教育保健指導安全指導を通して性暴力被害等の防止に向けて指導をしているところであります。また、CAPにつきましては一斉に導入する予定はございませんが、引き続き保護者と連携を図りながらさまざまな角度から子供たちの指導に取り組んでまいります。  

松戸市議会 2018-09-04 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月04日−03号

なお、本市では、「この塀が危ない」ではなく、「塀が倒れてくるかもしれない」といった危険予知トレーニング、通称KYTを学校安全教育で推奨しており、今後も、自分の命は自分で守るといった能力のさらなる育成が図られるよう、各校へ働きかけてまいります。御理解を賜りたく存じます。  次に、質問要旨(2)の防犯について。

千葉市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-06-19

まず、高齢運転者による事故を減らすための本市の考え方についてですが、交通事故を防止するためには、法令等による適切な規制とともに、運転者の特性に着目した交通安全教育を充実させることが重要であります。特に高齢運転者の場合、加齢に伴う身体機能の衰えが事故の要因として指摘されていることから、自身の身体機能と運転機能の変化を自覚していただく必要があると考えております。