331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

流山市議会 2024-09-10 09月10日-02号

第5期流山市障害福祉計画に記載する障がい者に対する切れ目のない支援とは、障がい者の生活において学齢、成年期高齢期という年齢変化、もともとの障がいが重篤化あるいは別の障がいになる障がい程度の変化兄弟、姉妹の独立、保護者高齢化等といった家族状況変化保護者が退職をして年金暮らしになるなどの経済状況変化など、ライフステージ変化に対応し、個々の状況に合ったサービスを提供することであり、こうした

柏市議会 2023-12-18 12月18日-08号

こうした中で子供甲状腺に、感受性の強いお子さんの甲状腺に付着しやすいのが放射性ヨウ素でありますので、その検診につきましては予防原則に基づいて行われるべきものであると認識をしておりまして、前回、昨年度学校においてすくすくメール等での周知を図っていただいたという経緯もございますので、今後学齢対象児童生徒に対してはこうした検査を推奨していくことを申し述べ、私の請願4号主旨1の採択を求める討論といたします

柏市議会 2023-06-19 06月19日-06号

公立夜間中学校役割についてでありますが、さまざまな事情義務教育を修了できなかった方や十分な教育を受けられないまま学校配慮等により中学校を卒業した方など、改めて中学校で学び直すことを希望する方に加えまして、国際人権規約の面からも、日本に定住する外国人の方で学齢日本学校に就学することができなかった方や母国で義務教育を修了することがなく、就学年齢を超過した方等に対しましては社会が支えていく必要

柏市議会 2022-12-10 12月10日-05号

就学期学齢、卒業後と課題がありますが、未就学期医療的ケア児に関しては心身負担感が大きくなり、兄弟ケアも必要になってくることから、家庭環境に影響するなどさまざまな課題があります。訪問看護を利用し、医療的ケアを行うこともできますが、予約できる枠の制限や訪問してほしい時間帯の調整が難しいなどの指摘もあります。

柏市議会 2020-12-06 12月06日-03号

質問の3点目、東京都などは子育て世帯向け期限つき入居期限学齢子供が途中で転校しなくてもいいように期限10年ではなくて、18歳になる年の年度末まで、こういうふうに条例改正しました。柏市の条例では、期限は10年になっています。この改正も必要なのではないでしょうか。お答えください。 次に、生活困窮者に対する境界層措置の適用の状況と活用の方向について質問します。6月の議会でも取り上げました。

流山市議会 2020-12-06 12月06日-05号

本市では、子育てのスタートである妊娠初期から子育て世代包括支援センターである子育てなんでも相談室相談支援を初め、その後の乳幼児期学齢、青年期を通じ、子どもの健やかな成長発達を目指し、保護者も含めた切れ目のないサポートを行ってまいりました。  子どもを育む家庭学校生活等の中では、子どもを中心として安心、安全な環境や健やかな生活の構築が優先されることが大切であると認識しています。

銚子市議会 2020-06-14 06月14日-03号

幼少時や学齢、家族生活習慣が人それぞれの健康につながっています。  そこで伺います。1つ若年層への働きかけはどのようにアプローチし、どのような対策を講じていくのかを伺います。  2点目、健康寿命を延伸するための取り組みはどのように行っているのか。  3点目、糖尿病の悪化による糖尿病性腎症は透析に移行するということが多く見られます。

四街道市議会 2020-03-17 03月17日-03号

医療的ケアを必要といたします障害児の現状と課題についての情報を共有いたしまして、医療福祉教育など各分野からの支援学齢から成人期までの成長に合わせた支援を円滑に引き継ぎ、実施できる体制づくりの検討などを行う場としております。また、医療的ケア児等コーディネーターの配置を基本とすることも指針において示されているところでございます。  以上です。 ○森本次郎議長 戸田由紀子さん。

八千代市議会 2020-02-28 02月28日-04号

最近では8050問題の相談もあるとのことですが、長期化・深刻化しているケースでは支援が大変に難しく、いかに若年世代学齢に手を入れられるかがポイントだと学びました。 これまでの不登校支援においてのゴールは復学でございました。学校の先生が何度も何度も通って、学校に行こうよ、保健室でもいいから、校門にタッチするだけでいいからと背中を押してきました。

松戸市議会 2019-12-09 12月09日-04号

小中高生時に不登校から自宅に引きこもるようになり、学齢を過ぎてもその状態が続いているということになります。一方で、40歳から60歳におけるひきこもり状態になったきっかけは、それとはちょっと異なります。調査結果では、退職したことが1位で、次いで人間関係がうまくいかなかった、さらに、病気、職場になじめなかった、就職活動がうまくいかなかったと続きます。

習志野市議会 2019-09-12 09月12日-07号

まず、移行期間に入りまして、外国語を発することへの抵抗が少ない学齢から外国語活動を始められたことによりまして、また、ALTやデジタル教材から聞き取った音声を素直にまねる姿が多々見られる、こういうことでございます。そのほかにまた、発音等音声面での習得が以前より進んでいると、このような現場からの報告を受けております。 

鎌ヶ谷市議会 2019-06-24 06月24日-一般質問-04号

これから質問をさせていただく3つ質問に関しまして、1つ目はさまざまな社会的な背景から、今の世の中では生きづらくなっておられる方々学齢以降のひきこもりの問題です。2つ目は、まだ社会に対してみずからは物の言えない幼い子供たちの問題です。そして、3つ目は高過ぎる保険料のために医療にかかれないという方々の問題です。

松戸市議会 2019-06-12 06月12日-02号

学齢生活習慣の基礎をつくる大切な時期であり、生涯にわたって健康で生き生きと暮らすことができるためにも、学校給食が果たす役割は重要であると認識しております。学校給食は、学校給食法に基づき、教育の一環として児童生徒心身の健全な発達のため、栄養バランスのとれた豊かな食事を提供し、健康の増進、体位の向上を図ることを目的としております。