143件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

野田市議会 2020-07-22 07月22日-04号

小室美枝子議員 私は、教育費に予算がつけられるということは大いに評価したいのですけれども、この内容について、このGIGAスクール構想を聞いたときに1つ思い出したことは、昨年11月に神奈川県の真鶴町で小学校6年生の男の子が高跳びをしていた授業中に、その高跳びの体育用具が不足しているがために、園芸用の支柱を使っていて、そこにぶつけてしまって、左目失明してしまったという、こういうふうな形で教育の現場に

船橋市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会−02月27日-04号

網膜色素変性症は、国指定難病の1つで、暗いところで物が見えにくくなったり、視野が狭くなり、進行が進むと失明のおそれもある進行性病気です。  ことしの箱根駅伝で10区を区間新記録で走り抜いた選手が網膜色素変性症で、走り終えた後のインタビューで、「生まれつき網膜色素変性症という病気で、暗いところだと周囲が見えにくくなる症状があり、冬場は朝の練習ができないなど、苦しいこともありました。

白井市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-11-28

目に入れば失明の危険があり、皮膚に付着すると炎症を起こすほど強力な毒性を持っており、注意をしなければなりません。  また、スズメバチはミツバチを捕食対象、つまり、食べちゃうわけですね。オオスズメバチが数十匹いれば約2時間でセイヨウミツバチ4万匹を全滅させて巣を乗っ取っちゃうとも言われています。

成田市議会 2019-09-05 09月05日-04号

スズメバチ等駆除対策についてでありますが、スズメバチは蜂の中でも攻撃性が高く、人が刺されることによって引き起こされるアレルギー症状アナフィラキシーショックにより、生命にかかわることもあり、また、針で刺してくるだけではなく、針の先端から毒液を放出することもあるため、目に入ってしまうと最悪の場合失明するなど、非常に危険な生物であります。 

松戸市議会 2019-06-13 06月13日-03号

皆様も御案内のとおり、糖尿病重症化しますと、糖尿病性神経障害として末梢神経が損傷して手足などの末端部分の壊死による切断糖尿病性網膜症として網膜の血管が損傷を受け失明、糖尿病性腎症として腎機能が低下して人工透析血液浄化が必要となります。脳梗塞、心筋梗塞については、動脈硬化による障がいや最悪の事態になるなど合併症が起こる恐ろしい病気です。 糖尿病対策はどの自治体も苦慮しております。

いすみ市議会 2018-03-01 03月01日-02号

ことしに入って、1月に市内の高齢の男性から7年間、緑内障疑いというふうに診断をされてきたけれども、7年たって、その間、症状を訴えると年のせいだと言われて十分な診察、治療が行われなく、左目失明してしまった。このような医者がそのまま仕事をされたのでは、私と同じような目に遭う人がいっぱい出てきてしまう。これは許せない。何とか弁護士を紹介してほしいという電話がありました。 

柏市議会 2017-12-08 12月08日-03号

それは、人工透析失明や足の壊疽となり、切断などにもなります。重症化予防の取り組みは重要です。我が国における血液透析患者数は、2014年、ちょっと古いですが、32万人を超え、なお増加の一途をたどっています。人工透析は、本人の苦痛と生活に及ぼす影響や保健、医療にも関係します。生活習慣を改善し、正しい治療をすれば、合併症を防ぎ、普通の人と変わらない生活が送れます。お尋ねします。

船橋市議会 2017-07-12 平成29年第2回定例会−07月12日-08号

緑内障と言えば、ひどくなると失明する恐れがあります。日本眼科学会のホームページを見てみますと、この緑内障は、厚生労働省研究班調査によると、我が国における失明原因の第1位を占めており、日本の社会において大きな問題として考えられています。しかも最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査によると、40歳以上の日本人における緑内障有病率は5%であることがわかりました。

印西市議会 2017-06-07 06月07日-一般質問-03号

ことし1月付で市内在住中途失明現在全盲状態市民からの訴えがありました。これは早急な実施が必要だと考えます。考えはあるか伺います。  4番、わが街事典、印西市くらしの便利帳について。市の紹介や市役所での手続に関する情報医療情報など、市民皆様生活に密着した情報を掲載していますと市長の挨拶が載っている便利帳は、どう日々の生活で活用されているでしょうか。  そこで、伺います。

柏市議会 2017-03-08 03月08日-06号

一、二週間の間に両目が見えなくなり、医師からは失明ですと言われ、もう視力が戻ることはないでしょうと言われたときには絶望いたしました。そのようなときに地域に相談できる場所があることは、とても心強いものとなり、まさか自分がとなったときの心の支えとなります。質問は、市としての電話相談や県の難病相談センター等で対応されておりますが、その中で課題等あればお聞かせください。

船橋市議会 2016-06-02 平成28年第2回定例会−06月02日-02号

例えば第1級は両目失明している、第2級は両下肢を足関節以上で失った者、第3級は両手の手指を全部失った者等障害状態であります。  以上でございます。      [石川りょう議員登壇] ◆石川りょう 議員  ご答弁ありがとうございました。  非常に重い傷病が該当するということがわかりました。

成田市議会 2016-02-19 02月19日-01号

そして、長年の地道な作業と苦労の末に、重症化すると失明することもある感染症の特効薬のもととなる物質を土壌の微生物の中から発見し、この物質から予防薬を開発し、アフリカなどの多くの人々を失明脅威から救うことになりました。 大村さんは山梨の農家に生まれ、祖母からは人のためになることをしなさいと教えられながら育ち、人生の過程で迷ったときは、その教えを思い出し決断してきたといいます。

野田市議会 2015-03-09 03月09日-03号

点字ブロックの由来は、安全交通試験研究センター初代理事長である三宅精一が友人の失明をきっかけに1965年に発明し、1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号、現250号、原尾島交差点周辺に世界で初めて設置されました。その後歩道、鉄道、駅、公共施設だけでなく通常の商店の出入り口付近横断歩道の手前、さらには車道の横断歩道部分にも設置が進んでいます。

船橋市議会 2015-03-02 平成27年第1回定例会−03月02日-03号

中途失明者等にあっては、音声による案内が必要不可欠であるというふうに思いますけれども、設置場所については必要に応じてというふうになっているようであります。  市内主要ターミナルとなる西船橋駅や船橋駅、津田沼駅、また北習志野駅等への設置が望まれるところでありますけれども、具体的な設置場所として、どのような場所を想定されているのかお伺いをしたいと思います。  

船橋市議会 2014-06-06 平成26年第2回定例会−06月06日-06号

緑内障は、眼圧が高くなって視神経が圧迫され、視神経萎縮を起こす病気ですが、失明に至ることもある病気でございます。基本的には、一度失明した視野は回復することが困難で、早期発見治療により、病気進行を抑えることがポイントとされております。  しかし、この病気自覚症状がないまま進行するため、気づいたときには重症となっているケースが多いそうです。