403件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栄町議会 2020-03-13 令和 2年第1回定例会(第4日 3月13日)

そして、合葬墓の形態、規模につきましては、一つとして、納骨袋を用いて直接埋葬して土にかえす方式をとる場合、容積1立方メートルのカロートで約400体の収容が見込める。二つとして、この大きさの場合、町営墓地の4平方メートルの区画に設置することが可能であり、コストの削減を図った整備が可能になるとしたところでございます。  

船橋市議会 2020-03-10 令和 2年 3月10日予算決算委員会健康福祉分科会−03月10日-01号

そして、相続人がいない場合は、やっぱり市が責任を持って火葬埋葬というような事務を進めていかなければならない。そして、相続人がいない場合、その遺骨の管理ということも大変精神的に厳しい事業かと思うが、この管理の仕方、そして、一部民生委員さんがかかわってくることもある。民生委員がかかわったときにどのような事務事業が行われるかということについて、2点お尋ねしたい。

船橋市議会 2019-12-09 令和 元年12月 9日市民環境経済委員会-12月09日-01号

環境保全課長 墓埋法の目的としては、墓地の管理及び埋葬等が、国民宗教感情に適合し、かつ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行うこととなっているが、この市営霊園についても墓埋法に基づいて開設されているので、その趣旨に基づいている。 ◆坂井洋介 委員  墓埋法の趣旨に基づいてということだが、今回、この値上げをすることによって、この墓埋法の趣旨からは外れることはないと言えるか。

八千代市議会 2019-12-04 12月04日-03号

号及び19号に伴う災害救助法の適用市町村に本市がならなかったことにより、国や県から受けられない救助の種類としましては10項目あり、1つ目としまして、避難所及び応急仮設住宅の供与、2つ目が炊き出しその他による食品給与及び飲料水供給、3つ目が被服、寝具その他生活必需品の給与または貸与、4つ目としまして医療及び助産、5つ目が被災者の救出、6つ目が被災した住宅の応急修理、7つ目が学用品の給与、8つ目が埋葬

船橋市議会 2019-12-03 令和 元年第3回定例会−12月03日-08号

また、この遺跡群では、中世戦国時代になっても、埋葬されたものがたくさん出土されてます。近世では、江戸時代の幕府の放牧場、今、議員からお話がありました市の中央部は小金牧の一部である下野牧と呼ばれる幕府の放牧場が設置され、現在野馬土手が残っているというのは、皆さんご承知のとおりでございます。  

栄町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日 6月14日)

市では、当初、ロッカーで20年間安置した後、合葬墓に埋葬する方式をとっておりましたが、平成26年度からは直接、合葬墓に埋葬することも可能としております。また、成田市がこれから検討を始めるとの話も伺っております。  こういった状況から、確かにこれから合葬式墓地を検討することは必要との認識は持っております。

松戸市議会 2019-06-12 06月12日-02号

市川市では、かわいがられていたペットが亡くなった場合、動物専用の炉で火葬し、遺骨を慰霊碑に合同埋葬するなどして手厚く葬っています。ペット家族という認識が一般的になりつつある昨今、市川市の取り組みを評価する声が高まっております。 ここで伺いますが、ペットが亡くなったとき及び飼い主不明の小動物が亡くなったときの松戸市の取り組みの現状について、お答えください。 

船橋市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日総務委員会-03月08日-01号

その中に戸籍の届け出、また埋葬火葬許可という業務が含まれているので、これらの業務についても委託は可能だと認識している。  なので、今後、それについて検討していきたいと考えている。 ◆渡辺ゆう子 委員  ご説明はわかったが、これまでの国の見解は、戸籍にかかわる事務職員でなければならない。なので、その取扱員として、市の職員の位置づけをしてきたわけである。

南房総市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-25

どなたも葬祭を執行する方がいない場合、墓地及び埋葬等に関する法律に基づくこととなり、「死体埋葬又は火葬を行う者がいないとき又は判明しないときは、死亡地の市町村長がこれを行わなければならない」とあり、市において対応することになります。具体的には、死亡届火葬場の手配、火葬の立ち会い、遺骨の埋葬を行うものであり、係る経費についてはご本人の遺留金品を充て、それでも不足する場合は市が負担します。  

白井市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2018-12-03

内容といたしましては、基本情報のほかに、終末期に受けたい医療に関する希望介護に関すること、葬儀埋葬に関する希望、判断力が低下した場合の財産管理の希望などでございます。  基本的には親族の支援が受けられない人が行うべき備えに気づくことができるようにという内容としますが、親族がいる方についても役立つ内容といたします。