運営者 Bitlet 姉妹サービス
31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2016-09-05 佐倉市議会 平成28年 8月定例会-09月05日-02号 これまでの主な例といたしましては、旧堀田邸においてNHKテレビドラマ「」や仲間由紀恵さん、阿部寛さん主演のテレビドラマの撮影が行われたほか、佐倉草ぶえの丘にございます旧増田家住宅において、綾瀬はるかさん主演の映画の撮影などが行われております。 もっと読む
2015-09-08 船橋市議会 平成27年第3回定例会−09月08日-07号 松山市は愛媛県の県庁所在地、道後温泉をはじめ、松山城に、夏目漱石の「坊ちゃん」、俳句の正岡子規の生誕の地、最近では「」の舞台としても有名な博物館もあります。四国4県の中で活気があり、人口も多い。船橋に比べると、あれもこれもとそろっております。そのような自治体でシティープロモーションに力を入れている。大変に興味深く訪問させていただきました。 もっと読む
2014-06-09 君津市議会 平成26年  6月 定例会(第2回)-06月09日−03号 「やよ励めよ」の詩は、明治、大正、昭和、平成と時代の声でありまして、からのメッセージかもしれません。改正教育基本法にある我が国の文化と伝統の尊重のためにも、この唱歌は歌い継がなければならないかと私は思います。  先生と生徒には切れないご縁がございます。同窓会、また結婚式にも数十年たっても出席をされている現況を見るかぎり、「仰げば尊し」の歌の深さがわかります。 もっと読む
2013-09-24 印西市議会 平成25年  第3回定例会( 9月定例会)-09月24日−一般質問−02号 東日本大震災の復興とともに、オリンピックという新たなを目指して日本国民が心を一つにして新しい国づくりに前進していかなければなりません。 もっと読む
2013-06-10 富津市議会 平成25年 6月定例会-06月10日-02号 もっと成長し、もっとよい暮らしをするために、よりステータスの高い職業に就き、よい収入を得たい、そういう、に向かって無我夢中に走っていた時代があったわけです。  ところが、日本は先進国の中である程度トップクラスに入った後、目標が見えなくなってきているのではないかと感じています。教育には人間を変える魔法のような力があります。 もっと読む
2013-03-01 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成25年  3月 定例会(第1回)-03月01日−05号 平成21年度には、千葉県みんなでつくる商店街モデル事業の指定を受け、従来のお休み処を歴史文化交流ギャラリーに改装し、大久保にゆかりのあるNHKスペシャルドラマの主人公の一人である秋山好古や、騎兵旅団に関するギャラリーとして活用されております。 もっと読む
2012-12-06 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成24年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 例えば簡単な例でいえば谷津干潟とか野鳥観察センターとか、あとは「」でもありましたように習志野のそういったところ、名残のある、由緒あるところとかを見てもらう、そういったところ等をぜひともチェックポイントにして、習志野の観光として、まちおこしといいますか、観光としてもぜひとも使っていただきたい。   もっと読む
2012-10-24 船橋市議会 平成24年10月24日総務委員会−10月24日-01号 まさしく、この第1回の企画、こういうものの研究会をしていたときに、21年、22年、23年と「」をやっていた。これは僕も失敗したと自分で思っているが、習志野市はすごく力を入れていた。多分、大久保商店街が発案して、それを習志野市が後援したみたいな形だったが、船橋市で何かそういうものを、これをうまく利用しようという意見は全く出なかったのか。 もっと読む
2012-09-12 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月12日−05号 ちょっと時期はずれましたけれども、「」でも習志野は少し有名になりましたけれども、そういった文化財登録ですとか、郷土史への習志野の活動をもっともっと盛り上げていきたいな、盛り上げていっていただきたい、このように考えております。  先ほど少し出ましたけれども、その前に、登録するには非常に時間がかかると。専門家の調査があって、審議会にかけてと。 もっと読む
2012-06-18 銚子市議会 平成24年  6月 定例会-06月18日−04号 この中見ますとですね、ほとんどが銚子市と似たやつが一気に出てくるわけですね、この海軍さんと港まちの時旅とかですね、を歩く、こんなのもすぐさま猿田神社かなとか思っちゃったりね。あるいはここに小佐々漁師の朝ごはんツアーとかね、これは漁師の朝御飯をそのままいただくツアー、あるいはこういうふうに自然派の時旅、これなんかもジオパークそのままだなと。 もっと読む
2012-06-13 佐倉市議会 平成24年 6月定例会−06月13日-04号 これは、明治の開国以来今日まで、途中大きな困難に直面しながらも、ひたすらを仰ぎ見ながら歩んできた日本の姿を世界の人々がどのように見てくれていたかを端的に物語っていると思います。日本の敗戦を契機に多くの国々が植民地から解放され、独立を果たしたということは紛れもない事実です。あのとき我々の父祖たちが払った犠牲を世界は決して忘れてはいないのです。 もっと読む
2011-12-09 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月09日−04号 NHKで「」が放映されております。その中で「無策の指揮官は殺人者なり」と、明治の軍人、秋山真之は若き将校の前で訓辞を述べました。命を預かる市長は、この思いで指揮をとる覚悟が必要であります。300人近い収容が常時ある1号館は、震度5強で倒壊の危険があります。それがわかっていて「無策であれば、その指揮官は結果殺人者になる」と、真之は言っているのであります。 もっと読む
2011-03-04 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月04日−05号 このことから、デザインを工夫することで、観光振興や名物の知名度向上を目指すことができることから、愛媛県松山市が全国の自治体に先駆け、松山市が舞台となった小説「」をイメージした雲型のナンバープレートを導入したのに続き、長野県上田市が真田家の家紋である六文銭と上田城をイメージしたナンバープレートを導入するなど、現在把握しているところで、46自治体が導入、または導入を予定しているということでございます もっと読む
2010-12-03 印西市議会 平成22年  第4回定例会(12月定例会)-12月03日−一般質問−05号 愛媛県松山市では、山﨑市長の大好きな司馬遼太郎氏の小説「」を軸としたまちづくりを進めております。平成19年7月から全国で初めてとなる雲をイメージしたオリジナルデザインのナンバープレートを導入し、市民の皆様にも広く広告塔として観光、地域振興にご参加いただき、松山の元気を全国に向けて発信しているそうです。 もっと読む
2010-12-02 成田市議会 平成22年 12月 定例会(第4回)-12月02日−04号 さて、だれもが思いもしなかった高齢者の所在不明、相次ぐ幼児虐待、とまらない雇用不安、民主党政権になって何かが変わると思っていたのに、昨今の国政への不満、これらの状況は龍馬伝やで描かれた時代から見ると、今は日本人であることに誇りを持てない世の中になっているんではないでしょうか。   もっと読む
2010-03-15 印西市議会 平成22年  第1回定例会( 3月定例会)-03月15日−議案説明、質疑、討論、採決−10号 私は、今「」のテレビ、いろいろやっていますけれども、あれから思い出すことがあるのです。いわゆる二百三高地の大激戦があって、その後日本が旅順で日ロの旅順契約というものがなされるわけですが、その会談のときに敵の将軍ステッセルが会議につくときに、自分のこういう短剣とか、そういうたぐいのものを外へ置いて会議室に入ろうとした。 もっと読む
2010-03-04 佐倉市議会 平成22年 2月定例会−03月04日-05号 そのほかに武家屋敷と判明いたしました個人住宅のうち2棟の武家屋敷を、さらにNHKの大型ドラマ「」の準主役の住居跡にそれぞれ本年度新たに観光用の解説板を設置いたしました。 もっと読む
2010-02-23 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成22年  3月 定例会-02月23日−01号 今、私はこの場に立ち、若き日に読んだ司馬遼太郎の「」の小説に思いをはせております。この「」の後書きに「前をのみ見つめながら歩く、のぼっていく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼっていくであろう」と記されております。この言葉が前を見つめ、困難を乗り越えていくすがすがしさ、いちずな勇気を与えてくれました。 もっと読む
2009-12-09 銚子市議会 平成21年 12月 定例会-12月09日−03号 ちなみにですね、山形県の天童市ですと将棋のこまの形をしたナンバーですとかですね、今「」ですか、松山市は雲の形をしたナンバーですとか、それから広島県の尾道市ですと船の形をしたナンバーとか、こういったのも非常に地域をアピールする上で有効だろうというような記事が載っていましたんで、参考までに申し上げますけれども、そういった今様のアイデアというのが非常に大事になってくるのかなと。 もっと読む
2009-12-08 富津市議会 平成21年12月定例会-12月08日-02号 というよりも、日本人そのものが戦略的な思考というか、そういった発想ができないのかとは言いながら、今、NHKで「」をやっておりますが、あの秋山兄弟と正岡子規の時代、明治の時代はまだそうではなかった。まだ国家草創期ですから、いろんな組織ができ上がる前の時代、そういったときはいろんな発想があって、いろんな考え方が混在した中で、日新戦争、日露戦争といって立ち上がった。 もっと読む
  • 1
  • 2