572件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-09-25 令和 元年 8月定例会−09月25日-06号

内閣総理大臣国土交通大臣経済産業大臣総務大臣国家公安委員長宛て。  発議案第2号について、案文を読み上げ、提案理由の説明といたします。  発議案第2号 太陽光発電の適切な導入に向けた制度設計と運用を求める意見書。上記議案を佐倉市議会会議規則第13条の規定により別紙のとおり提出いたします。令和元年9月25日。

佐倉市議会 2019-07-10 令和 元年 6月定例会−07月10日-06号

内閣総理大臣国土交通大臣衆議院議長参議院議長宛て。  次は、発議案第8号です。福島第一原発の「汚染水」処分の真摯な議論を求める意見書。上記議案を佐倉市議会会議規則第13条の規定により別紙のとおり提出いたします。令和元年7月10日。提出者、萩原陽子議員、藤崎良次議員、稲田敏昭議員、木崎敏行議員、そして私、五十嵐智美です。佐倉市議会議長、石渡康郎様。  

富津市議会 2019-06-19 令和 元年 6月19日教育福祉常任委員会−06月19日-01号

次に、附則第15条の4の2は、県知事は、当分の間、納付すべき環境性能割について不足額が生じた原因が、偽り、その他不正の手段により、国土交通大臣の認定を受けた事由として、取り消したことによるものであるときは、その申請者を不足額に係る軽自動車の所有者とみなして、環境性能割に関する規定を適用する措置を講ずるため、第2項から第4項を追加するものでございます。  議案等資料36ページをお開き願います。  

白井市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2019-06-14

8番の附則第15条の2の3関係は、軽自動車環境性能割の賦課徴収の特例を規定しており、新たに第2項として、県知事は当分の間環境性能割の非課税及び免除の規定の適用については、国土交通大臣の認定等に基づき判断すること、また、第3項として国土交通大臣の認定等の申請をした者の誤りなどにより環境性能割の納付額に不足額が生じた場合には、県知事は当分の間その申請者またはその一般承継人を当該軽自動車の所有者として環境性能割

鴨川市議会 2019-05-30 令和 元年第 2回定例会−05月30日-01号

また、附則第15条の2の2は、現行の附則第15条の2を繰り下げた環境性能割の賦課徴収の特例についてですが、環境性能割の課税に関する判断は、国土交通大臣の認定等によるものとし、また、不正により燃費性能等に関する認定を取り消されたことなどにより納付不足額が判明した場合等についての規定を整備するものです。  

横芝光町議会 2019-05-01 令和元年5月臨時会

第2項は、県知事は電気軽自動車天然ガス軽自動車などに該当するかどうかの判断は国 土交通大臣の認定等に基づいて行うことを、第3項では、県知事は環境性能割の納付額の不 足を納期限の後に知った場合で、その原因が国土交通大臣へ認定申請した者の偽りその他不 -31- 正の手段によるときは、当該申請をした者またはその一般承継人を軽自動車の取得者とみな して、環境性能割に関する規定を適用するとしています

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

委員もご存じかと思うが、本年、ことしの1月17日に、千葉県知事が国土交通大臣に対して、第二東京湾岸道路を含む新たな道路ネットワークの整備の早期具体化を要望したところである。その際、大臣からは、国が主体となって第二湾岸を中心とした道路検討会を設置して検討加速したいとの答えがあったという報道は、新聞紙上にも流れたところである。ただ、この際、国や県からは、事前にこの件についての説明は船橋市にはなかった。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

その理由といたしましては、改正された踏切道改良促進法では、国土交通大臣が改良すべき踏切を指定し、定められた期限内に対策を行うとされております。市といたしましては、指定された踏切から優先的に改良に着手すべきと考え、まずはそういった踏切から着手していきたいと考えております。      [関根和子議員登壇] ◆関根和子 議員  この計画は策定されていないということは、お認めいただきました。  

千葉市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-02-21

まず、辺野古新基地建設、埋め立て承認撤回の執行停止及び国土交通大臣審査については、関連がありますのであわせてお答えをいたします。  基地問題は、我が国における重大な安全保障問題である一方で、住民の生活に極めて大きな影響を及ぼす問題であることから、国においては、住民の理解と協力が得られるように対応を図ることが重要であると考えております。  

千葉市議会 2019-02-12 平成31年議会運営委員会 本文 開催日: 2019-02-12

行政機関から国民救済するための行政不服審査法を、沖縄防衛局が一国民に成り済まし、国土交通大臣に審査請求承認撤回の執行停止を求めることは、法の趣旨から認められないものであります。基地建設を推進する国機関の双方による自作自演、出来レースなど、批判されていたが、予想通り、公平・中立性を欠く判断が国土交通大臣によって出されたのであります。  

流山市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−06号

2018年12月19日   衆 議 院議長  大 島 理 森 様   参 議 院議長  伊 達 忠 一 様   内閣総理大臣  安 倍 晋 三 様   総 務 大 臣  石 田 真 敏 様   法 務 大 臣  山 下 貴 司 様   国土交通大臣  石 井 啓 一 様   国家公安委員会                        山 本 順 三 様   委  員  長           

流山市議会 2018-12-17 平成30年  つくばエクスプレス沿線整備と新川耕地・周辺特別委員会-12月17日−07号

これはつい先日答申も出ていまして、平成28年、交通政策審議会から国土交通大臣に対して国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークという答申が出ていまして、延伸については比較的国もそういうように動きがあるということで、より強い要望に、要望というか語調になっています。   

佐倉市議会 2018-12-17 平成30年11月定例会−12月17日-06号

内閣総理大臣厚生労働大臣経済産業大臣国土交通大臣宛て。  次は、発議案第9号です。霞ヶ浦導水事業からの撤退を求める意見書。上記議案を佐倉市議会会議規則第13条の規定により、別紙のとおり提出いたします。平成30年12月17日。提出議員、萩原陽子議員、藤崎良次議員、冨塚忠雄議員、そして私、五十嵐智美です。佐倉市議会議長、櫻井道明様。  

千葉市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-05

まず、策定の経緯及び内容についてですが、本年3月の道路法等の一部改正により、平常時、災害時を問わない安定的な輸送を確保するため、国土交通大臣が物流上重要な道路網を指定する重要物流道路制度が創設されました。この指定に当たっては、広域道路ネットワーク等を幅広く検討した上で指定することとされており、これを契機に各地域において策定することとなったものです。  

佐倉市議会 2018-12-04 平成30年11月定例会−12月04日-03号

これらの対策として、佐倉市では市長みずからが国土交通大臣に申し入れを行いましたことに加え、千葉県及び県内25市町村から成る羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会を通じて、国に対し市内の航空機騒音実態把握のための測定局の設置と結果の公表、飛行高度の引き上げや飛行ルートの分散など、早急な騒音対策の実施を求めてまいりました。

山武市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-12-03

263 ◯総務部長(石橋和記君) 空港会社、NAAに確認いたしましたところ、空港周辺対策金の増額を実施するためには、国土交通大臣基本計画の変更や航空法上の許可等の手続を経た上で、騒防法の第1種区域が指定されることが必要となります。そのため、空港等変更許可申請書の申請等の手続を踏まえ、今後の増額時期が決まってくるということでございます。  

流山市議会 2018-10-02 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月02日−06号

土地区画整理事業においては、おおたかの森周辺含めて最後の整備が行われ、ついに平成30年度末の換地処分に向け、土地利用計画の変更について国土交通大臣から変更認可を取得、ラストスパートに入っています。日本全体の経済環境から相対比較すれば保留地の売れ行きは好調であり、これは流山市政が評価を受けたということだろうと思います。   

佐倉市議会 2018-09-26 平成30年 8月定例会−09月26日-06号

内閣総理大臣文部科学大臣総務大臣国土交通大臣宛て。  皆様のご賛同を何とぞよろしくお願い申し上げます。   ─────────────────────────────────────────── △質疑 ○議長(櫻井道明) これより質疑を行います。  質疑はございますか。────質疑はなしと認めます。  質疑は終結いたします。