22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

習志野市議会 2020-12-21 12月21日-08号

こうした中で、平成27年度に策定したJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針におきまして、町のイメージとして掲げている「いいね!駅近 歩きたいまち」の具現化に向けまして、市街地再開発の長期的かつ総合的なマスタープランであります都市開発方針習志野都市計画に位置づけるべく、現在、千葉県におきまして都市計画決定手続が進められております。 

習志野市議会 2020-09-25 09月25日-06号

このようなことに基づきまして、平成27年度には、JR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定する際に、「いいね!駅近 歩きたいまち」を町のイメージとしたところであります。 このように、JR津田沼周辺地域につきましては、公共交通が充実しており、商業機能や文化・教育機能や奏の杜の新たな住宅開発などの地域の強みを生かした歩きたいまちづくり実現に向け取組を開始しております。 

習志野市議会 2020-09-23 09月23日-04号

習志野市は、2016年3月に策定したJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針において、当該地域まちイメージとして「いいね!駅近 歩きたいまち」を掲げ、さらに2017年9月29日付で、モリシア津田沼信託受益権野村不動産株式会社が取得し、そこで、野村不動産は書面で習志野市に協議への協力を求められました。 

習志野市議会 2019-09-13 09月13日-08号

こうした中で、平成27年度にはJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定し、町のイメージを「いいね!駅近 歩きたいまち」といたしました。この町のイメージ具現化に向けまして、昨年度から2カ年の継続事業で、都市開発法規定に基づく都市開発方針策定作業を進めているところであり、最終的には、都市計画決定を行う予定であります。 

習志野市議会 2019-09-11 09月11日-06号

2つ目の「安全・安心「快適なまち」」の取り組みでは、防災行政無線デジタル化中央消防署谷津奏杜出張所建設など危機管理安全対策推進市街化調整区域土地利用意向調査実施JR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定東習志野実籾地域バス本格運行など都市基盤の整備、そして芝園清掃工場延命化対策実施湿地交流やボランティアによる谷津干潟保全活動など自然と調和する環境づくり推進といった施策

習志野市議会 2019-09-10 09月10日-05号

平成28年3月に策定いたしましたJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針では、JR津田沼周辺地域イメージを「いいね!駅近 歩きたいまち」と定め、高度な土地利用及び文化的で活気あふれる駅前空間をつくり、歩きたいまちから訪れたいまち、住みたいまちへと発展させ、高品位かつにぎわいにあふれたまちづくりにつなげることを掲げております。 

習志野市議会 2019-09-09 09月09日-04号

こうした中、平成27年度にはJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定し、町のイメージを「いいね!駅近 歩きたいまち」といたしました。この町のイメージ具現化に向けまして、昨年度から2カ年の継続事業で、都市開発法規定に基づく都市開発方針策定作業を進めているところであり、最終的には都市計画決定を行う予定であります。 

習志野市議会 2018-03-06 03月06日-07号

現行基本構想に掲げたとおり、本市表玄関としてふさわしい駅前空間機能をさらに充実させるとともに、高度な土地利用を図り、文化的で活気あふれる都市空間を目指す本市といたしましては、このような課題が生じ得ることを見据えた中で、平成27年度のJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定において、当該地域の町のイメージを決定し、本年度は都市機能等拡充見直し案検討を進めてまいります。 

習志野市議会 2018-03-05 03月05日-06号

いずれにいたしましても、新たな町が形成されたことを契機に、JR津田沼周辺地域にも仲よし幼稚園跡地の民間による開発を初め、土地利用の動きも見受けられることから、今後につきましてはJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針具現化させ、人々が住みたくなる町を構築することが課題になると考えております。 以上、1回目の答弁とさせていただきます。     

習志野市議会 2017-12-08 12月08日-06号

前回の第3回定例会、私の一般質問にて、持続可能な市民生活安心・安全なまちづくりのために公共施設再生計画は必要不可欠だと認識していますが、習志野市全体の緩やかな再生ビジョンも必要と考えますが、市長はどのように考えているのかとお聞きしたところ、答弁において、平成28年3月に策定したJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針において、当該地域まちイメージとして、「いいね!

習志野市議会 2017-12-06 12月06日-04号

現行基本構想に掲げたとおり、本市表玄関としてふさわしい駅前空間機能をさらに充実させるとともに、高度な土地利用を図り、文化的で活気あふれる都市空間を目指す本市といたしましては、このような課題が生じ得ることを見据えた中で、平成27年度のJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針策定におきまして、当該地域まちイメージを決定し、現在は、都市機能等拡充見直し案検討を進めているところでございます。 

習志野市議会 2017-09-14 09月14日-06号

これにつきましては、平成28年3月に策定したJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針におきまして、当該地域まちイメージとして、「いいね!駅近歩きたいまち」を掲げ、イメージ実現に向けて求められる5つの機能を見出しております。 今年度におきましては、都市機能等拡充見直し案検討に取り組むことを予定しております。 以上、1回目の答弁とさせていただきます。     

習志野市議会 2016-12-05 12月05日-05号

時間もないので、あと、JR津田沼駅前の話は、皆さんの手元にJR津田沼周辺地域まちづくり検討方針というのが今回配られていると思いますけれども、これ、はっきり言ってよくわかりません。答弁は求めませんけれども、現在と将来というのが全くわからない。もう少し具体的な案で示していただきたいと言っておきます。 

  • 1
  • 2