運営者 Bitlet 姉妹サービス
7969件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-13 山武市議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-13 5 ◯議長(加藤忠勝君) 次に、文教厚生常任委員会委員長の報告を求めます。  文教厚生常任委員会委員長、小川良一議員、御登壇願います。  小川議員。 もっと読む
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日予算決算委員会市民環境経済分科会−03月12日-01号 ◎男女共同参画センター所長 厚生労働省の自殺総合対策大綱では、性的マイノリティーの自殺念慮の割合が高いとされている。性的少数者交流会は、10代〜20代の性的指向、性自認に関して悩みを抱える者同士がお互いの気持ちや体験を話し悩みを共有することで孤独感を解消し、自殺予防につなげることを目的に、全部で4回、8月、10月、12月、2月に実施する予定である。   もっと読む
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日予算決算委員会健康福祉分科会−03月12日-01号 ◎地域保健課長 児童相談所全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」は、児童虐待の早期発見、早期介入を目的とした厚生労働省の事業である。子供や保護者自身のSOSを匿名含め受け付けるものであり、児童相談所全国共通ダイヤルを直接介しての連携はできない仕組みである。  しかしながら、児童相談所も含めた関係機関とは従来から連携を図っており、子育て世代包括支援センター設置後も一層の連携強化を図っていく。 もっと読む
2019-03-08 船橋市議会 平成31年 3月 8日総務委員会-03月08日-01号 [渡辺ゆう子議員 席移動]    ……………………………………………… [討論] ◆鈴木心一 委員  【原案反対】厚生労働省の労働政策審議会分科会は、14日、パワハラやセクハラなど、職場におけるハラスメントの防止に向けた対策の報告書を了承した。   もっと読む
2019-03-01 大多喜町議会 平成31年第1回議会定例会3月会議 一般質問の中では、平成33年度人間ドックの助成廃止に関して、今後の広域連合組合での 取り組みの質問がされましたが、厚生労働省の通知にありましたように、平成31年は4分の 3、平成32年4分の2、平成33年はゼロと段階的に廃止していくとの答弁がございました。 もっと読む
2019-02-26 山武市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26 厚生労働省の資料によると、がん検診の受診率は、2007年と2016年で、乳がん検診24.7%から44.9%に、子宮頸がん検診24.5%から42.4%と実施効果を上げています。この法改正の内容を着実に実施するために、第3期がん対策推進基本計画が策定されています。   もっと読む
2019-02-20 山武市議会 平成31年第1回定例会 目次 開催日: 2019-02-20 …………………133  議事日程………………………………………………………………………………………134  開  議………………………………………………………………………………………136  議長報告事項…………………………………………………………………………………136  常任委員会委員長報告        総務常任委員会委員長   小 川 吉 孝 議員……………………136        文教厚生常任委員会委員長 もっと読む
2019-02-18 船橋市議会 平成31年 2月18日健康福祉委員会-02月18日-01号 ただ、私としては、今後、これまでの作業を含めて市立でもやっていくべき、そしてまた、特に28年の児童福祉法の改正で中核市の設置の関係も出てきて、これについては以前、議会でも答弁の中でふれたと思うが、当時の塩崎厚生労働大臣に対して中核市と特別市の9人ぐらいだったと思うが、市長として直接会って、中核市が行っていく際には財源的な措置や、その人員のやり方とか、そういったものを丁寧にやらない限りは難しいので、中核市 もっと読む
2019-01-23 船橋市議会 平成31年 1月23日健康福祉委員会−01月23日-01号 内閣府、厚生労働省、文部科学省、そういったところの大臣の方々の合意事項ということになっている。中身としては、さきの2つを踏まえて、具体的な制度設計の方向性としてはこういう形で行くということが書かれたものである。ただ、実際には大きい骨組みとしては出てきているが、まだ自治体側の実務に落としていくには詳細なところまでは決まっていないという印象、あるいは状況がある。   もっと読む
2018-12-21 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月21日−06号 この問題に対応するため、2012年成立の自民、公明、民主の3党合意による議員立法である社会保障制度改革推進法に基づき国保基盤強化協議会での議論を経て、2015年に厚生労働省は低所得者対策の強化を含む、毎年3,400億円の財政支援拡充による財政基盤の強化と都道府県が国保の財政運営の責任主体となり、制度の安定化を図る方針を決定し、同年持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法の一部を改正する法律 もっと読む
2018-12-20 富津市議会 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号 翌29日に認可申請書提出となっていますが、この日では、4月1日の許可が難しいと厚生労働省から言われておりますので、3月25日に議会を開催する予定としております。   もっと読む
2018-12-20 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−09号 厚生労働省は、制度運用の厳格化を進めてきましたが、基準引き下げには慎重でした。それが2000年以降、常に生活保護制度が改悪の対象となっています。生活保護基準引き下げは、生活保護受給者に影響するだけではありません。生活保護基準は、就学援助制度、社会保険の保険料や利用料などに利用されています。結果的に社会保障水準の引き下げにつながります。 もっと読む
2018-12-14 鎌ヶ谷市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月14日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 ◎健康福祉部長(望月忠君) 児童遊園は児童福祉法に規定されている児童厚生施設の一つであり、児童の健康増進や情緒を豊かにすることを目的として、児童に安全かつ健全な遊び場所を提供する施設でございます。都市公園は、都市公園法に規定されている施設であり、公衆が憩い、また遊びを楽しむために設置しております。 もっと読む
2018-12-14 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月14日−05号 次に、配置基準につきましては、厚生労働省通知により、人口10万人以上の市における1人当たりの担当世帯数は170世帯から360世帯と示されており、野田市の民生委員児童委員で担当世帯の少ない地区では1人当たり238世帯、多い地区では452世帯、平均約330世帯を担当し、野田市全体を担っていただいております。    もっと読む
2018-12-14 山武市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-14 17 ◯議長(加藤忠勝君) 次に、文教厚生常任委員会委員長の報告を求めます。  文教厚生常任委員会委員長、小川良一議員、御登壇願います。  小川議員。 もっと読む
2018-12-13 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月13日−質疑並びに一般質問−07号 続きまして、一方でこの放課後デイサービスについては、放課後デイサービスから厚生労働省は、学童に一部移行していくという方向性も示しています。学童は、障害のある子もない子も、ともに過ごす場でございますので、インクルーシブという視点では有効な側面もございます。こども部としての準備状況について、改めてお尋ねするものでございます。  続きまして、保育環境整備についてお尋ねいたします。 もっと読む
2018-12-13 栄町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月13日) つい先ごろ、10月30日、厚生労働省が平成29年度、我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況、いわゆる過労死等防止対策白書、過労死白書を公表いたしました。  その中で、過労死等が多く発生していると指摘される業種、職種として、医療、自動車運転従事者など共に学校教職員が挙げられてございます。 もっと読む
2018-12-13 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13 町なかでよく見かけるマタニティマークですが、厚生労働省が作成し、全国で使われるようになったそうです。  そこで伺います。  本市では、マタニティマークをいつからどのように配布していますか。 もっと読む
2018-12-12 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第8日目) 本文 開催日: 2018-12-12 273 ◯総務局長(山田啓志君) 本市の障害者雇用率の算定誤りは、職員の自己申告に基づき算定を行っていたことによるものであり、今後は、自己申告と障害者手帳の内容に相違がないか、厚生労働省から示されているプライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドラインにのっとり、しっかりと確認をしていくことで再発を防止できるものと考えています。 もっと読む
2018-12-12 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 文教福祉常任委員会-12月12日−01号 ◆委員(関桂次君) そうすると、準用しているということですから、それは厚生大臣が決定をして、それで準用していることだというふうに思うんですよね。だから、そういうふうに制度的に認められているわけだから、ここで施してさしあげているだとか、こういう表現というのは、私は正当な権利を不当に侵害するような表現だというふうに思いますね。 もっと読む