7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

茂原市議会 2018-09-13 平成30年会議録 第3号 平成30年9月13日

その日本の生産量の約8割は関東ガスを有する千葉県が産 出しており、その意味でもヨウ素はよい視点だと思います。そこで伺いますが、このヨウ素に ついては、市内事業者が地域経済牽引事業計画を申請することでさまざまな支援措置を受けら れる可能性があります。千葉県基本計画策定のいかんにかかわらず、本市が独自に基本計画 を策定することも必要と考えますが、いかがでしょうか。

九十九里町議会 2018-03-01 平成30年九十九里町議会第1回定例会会議録

そういった中で、この関東ガスというのはこの辺周辺です。日本の中でも、7割を占 めていると思います。ですから、ほかの地域に行ってこの税金をといってもできない。対象 鉱物がありませんので。ここは対象鉱物があります。そういった中でヨウ素鉱産税の中に 加える考え方があるのか、まず第1点。

九十九里町議会 2017-09-05 第1号(9月5日)

残念ながらこの千葉県東京関東ガスというのは、水をくみ上げないと いけない。それで昭和36年に東京都はやめた。 これは先ほど町長も言ったけれども、千葉県九十九里地域地盤沈下防止対策、そこの年表 ですよ、これね。昭和47年1月、船橋、市川やめた。この辺に47年に72本、千葉市には井戸 がある、これを全廃する。で、今現在1本ある。習志野市情報公開とりました。

いすみ市議会 2013-08-29 08月29日-02号

神奈川県横浜市川崎市から東京中心部、東京湾岸及び房総半島中北部にかけては、関東ガスと呼ばれるガス田が広がっています。千葉県内では、メタンガスを主とする水溶性天然ガスやかん水の採取が行われ、事業化されています。1931年、昭和6年には、関東天然瓦斯株式会社の前身である大多喜天然瓦斯株式会社が、我が国で初めて天然ガス供給する事業を始めました。

成田市議会 2012-09-04 09月04日-02号

年内12月までに、採算性などを検討した上で、事業の方向性をまとめたいとしていますけれども、先ほどのご答弁にあるように、エネルギー政策国家戦略であり、国が責任を持って決定し実行していくべきものということですが、関東ガスを有する千葉県、そしてこの成田市は非常に恵まれた環境にあります。現在の年間生産量で計算しますと、約600年分の埋蔵量、天然ガスがあるとも言われております。

成田市議会 2012-06-06 06月06日-03号

本当は質問で聞こうと思ったんですけれども、この千葉県成田というのは関東ガスの上にありますから、天然ガスの活用というものも施策として研究課題にされたらどうかなと。現在の年間の採取量でいいますと、600年とも800年とも言われる天然ガスがまだまだ未使用の状態である。確かに再生可能エネルギーの開発も極めて大事なことだと思います。

市原市議会 2007-07-06 07月06日-02号

また、昨年は、東京都北区温泉掘削現場で火災事故が発生しており、市原市も同じ関東ガスに位置することから、同様の事故が発生する危険性をはらんでいるのであります。 市原市内における温泉施設の現状と安全性はどうでしょうか。天然ガス検知器の設置や安全対策はどうなのか。今後の温泉掘削工事温泉施設への安全対策については、ガイドラインを整備する必要があると考えます。

  • 1