1262件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-03-18 平成31年 2月定例会−03月18日-06号

ジェネリック医薬品使用促進や医療データベースの活用など、個人の尊厳医療情報の一元化による個人情報管理に問題があると考え、反対します。また、県の試算によれば、佐倉市の国保税は来年度以降1万5,000円程度引き上げられると予測され、今後広域化による保険税の引き上げは避けられない見込みです。  

流山市議会 2019-03-15 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月15日−06号

今後も被保険者の特性に応じたきめ細やかなデータヘルス計画を推進し、糖尿病などの重症化予防、レセプト点検の充実、ジェネリック医薬品使用促進、特定健診受診率と特定保健指導の向上、脳ドック、人間ドックの推進をさらに図られることを要望する。   2 6点要望し、反対の立場で討論する。   

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

妊婦は、診断が難しい疾患や合併症に見舞われる頻度が高く、また、胎児の発育に悪影響を与える医薬品もあり、診療には特別な注意が必要とされています。そのような中、平成30年度診療報酬の改定において妊婦加算が新設されました。しかし、妊婦加算は、関係者に十分な説明がないまま実施され、運用上の問題が指摘されています。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

この手法は、ジェネリック医薬品処方箋や、大腸がん検診などの各種保険事業において、既に導入をされているところでもあります。東京都中央区では、既に肺がん、大腸がん、前立腺がん、また眼圧、骨粗鬆症、肝炎検査は、特定健診からのオプトアウト方式を導入しているとのことで、受診率においても、特定健診とほぼ同等の数値となっているようであります。

長生村議会 2019-03-01 平成31年定例会3月会議(第1日) 本文

保健事業費については、第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)に基づき、国の補助事業を活用し、健診、予防事業を効果的に実施するとともに、後発医薬品の普及とレセプト点検等に努め、医療費の適正化を図ってまいります。  予算規模でございますが、17億6,030万円で、前年度比10.4%の減となります。  

流山市議会 2019-02-27 平成31年  市民経済常任委員会-02月27日−01号

そして、最後に1点ですが、635ページ、5款2項1目、(4)医療費通知事業、これも昨年も聞いた経過があるのですが、ジェネリック医薬品というものを引き続き推奨していくということは、この医療費の適正化に向けて非常に重要な部分になってくるかと思うのですが、平成31年度の目標ですとか、お薬手帳も含めた、その普及に向けた方策があればお答えいただきたいなと思います。

南房総市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-02-22

支出は、第1款病院事業費用6億3,971万6,000円、第1項医業費用6億2,780万2,000円の内訳は、給与費は病院職員の人件費、材料費は、医薬品、診療材料、給食材料などです。経費は、消耗品、光熱水費、燃料費、修繕費、賃借料、通信運搬費、委託料、保険料などとなります。減価償却費は、建物、構築物、医療機器及び備品などで、資産減耗費は固定資産の除却費などが含まれます。

千葉市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-20

また、医業費用の削減に向けても、各種委託業務の仕様の見直しや医療機器医薬品、診療材料などの調達に際しての価格交渉を積極的に進め、可能な限りの削減に努めてまいります。  これに加えて、長期的な経営改善に向けた取り組みとして、今年度設置した病院事業のあり方検討委員会において、さまざまな視点から検討を進めていくことにしております。  

長柄町議会 2019-02-15 平成31年 第1回定例会 2月15日MB

備蓄品につきましては、食糧飲料水、生活必需品、医薬品及び防災用資機材など、各防 災備蓄倉庫に整備してあります。本部用資機材が配備されています役場敷地内の2つの防災 倉庫を除き、基本的には各防災備蓄倉庫とも備蓄品の配備に大きな違いはございません。 以上、三枝議員の答弁とさせていただきます。 ○議長(月岡清孝君) 訂正があるそうなので。 町長、清田町長。

習志野市議会 2018-12-20 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−09号

1、ジェネリック医薬品でない向精神薬等の処方を無料で受け、違法販売していた生活保護受給者の報道があったが、本市における状況を伺う。  1、外国人生活保護制度の対象外であることが最高裁の判例にあると陳情書に記載されているが、これは事実なのか。  等の質疑があり、当局の答弁を受けました。  

柏市議会 2018-12-12 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号

国の直近のデータによりますと、平成29年9月時点における後発医薬品使用率は全国平均が65.8%でございました。そして、同時期の市立病院は50.4%であり、全国平均を下回っていたところでございますが、使用頻度の高い医薬品から後発医薬品へ切りかえたことにより、市立柏病院の後発医薬品使用率は平成30年10月直近の実績で、74.9%と大きく数字が上がっています。

松戸市議会 2018-12-12 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

そして、今般、厚生労働省にあっては、災害時を想定した平時における燃料等の供給手段の確保について議論が行われ、災害拠点病院については、食料飲料水医薬品だけでなく、燃料についても、複数の業者や地域の関係団体との協定締結により、災害時に優先的に供給される体制を整えることを災害拠点病院指定要件に加えるとともに、特定の業者が被災等で燃料を配送できなくなる事態に備え、平時から協定締結した相手と燃料供給

松戸市議会 2018-12-11 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

茨城県那珂市と薬剤師会が、薬の誤った服用などを減らすのが目的で、医薬品を使わずにため込んでしまう残薬の実態を把握し、処方量を適正化させようと共同検証に乗り出しました。特製のバッグで残薬を薬局に持参し、薬剤師が原因の調査並びに必要に応じて医師にも連絡する仕組みです。医療介護職との連携も視野に入れて、地域ぐるみで残薬対応に取り組みます。  薬の飲み間違いや品質劣化と、リスクも潜みます。

茂原市議会 2018-12-05 平成30年会議録 第2号 平成30年12月5日

市民部長(三橋勝美君) 医療費の適正化としては、レセプト点検及び第三者求償事務の強 化や後発医薬品(ジェネリック医薬品)の差額通知の実施が上げられます。また、保健事業の 充実としましては、特定健康診査の検査項目の追加による健診の充実などが上げられます。 ○議長(三橋弘明君) 飯尾 暁議員

船橋市議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会−11月29日-05号

これと同様の事案は船橋市以外の下水処理場においても発生しておりますが、その原因、ヨウ素131の発生源につきましては、医療行為、これは例えば甲状腺がん等の治療使用する放射性医薬品、これにヨウ素131が使われているということがありまして、これが原因ではないかと考えておりまして、原発事故由来のものではないというふうに考えております。  以上です。      

習志野市議会 2018-11-22 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月22日−01号

1、ジェネリック医薬品の差額通知の実施状況、医療費の削減効果及びジェネリック医薬品の普及率について伺う。  1、国民健康保険の被保険者数が減少した理由を伺う。  1、前年度と比較して、市内の人口がふえている一方で、保険収入は2.5%減少しているが、その理由を伺う。  1、被保険者の異動状況において増加している「その他」の区分の内容を伺う。