5634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-10-09 令和 元年10月 9日健康福祉委員会-10月09日-01号

2番目については、フレイルとは、3点目、本市の取り組みについて、4点目、船橋市医師会との協働について、5点目として、令和2年度以降の高齢者保健事業について、この5つの項目について、順に説明をする。  それでは、資料1ページ目をごらんいただきたい。  まず、1ページ目、1番、健康寿命等の基礎データについてである。

船橋市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日予算決算委員会全体会−10月01日-01号

学校では、発達障害などの支援が必要で、医師の診断が出ている児童生徒が通常学級に895人もいるにもかかわらず、支援員はわずか34人、学校保護者から配置要望があるにもかかわらず、ふやす必要さえ認めようとしなかった。さらに、介護施設等の介護職員不足が深刻な事態で、新たな施設建設に反対する声が事業所から出るほどにもなっているにもかかわらず、介護職員の確保にまともに取り組もうとしてこなかった。

船橋市議会 2019-09-30 令和 元年第2回定例会−09月30日-09号

判断に客観性を持たせるというのは、1つは医師の診断という判断でよろしいか。国立大学法人法改正に伴うものとあるが、何か船橋で影響があるのか──等の質疑がありました。  討論に入ったところ、原案賛成の立場で、公明党の委員から、「欠格事項の削除については、成年後見制度の利用者目線からの見直しとして評価している。

船橋市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日予算決算委員会文教分科会−09月25日-01号

教育支援室長 昨年度、通常の学級に在籍する配慮を要する児童学校からの報告によれば、医師等の診断、相談を受けている者については859名となっている。 ◆岩井友子 委員  支援員は地方交付税の対象になっていたと思うが、この交付基準でいくと、何人ぐらい船橋市は配置されなきゃいけなかったかはわかるか。

船橋市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算決算委員会健康福祉分科会−09月20日-01号

平成31年第1回定例会の一般質問において、委員からの質問にも答えたとおり、小学校等55カ所に医師等の医療従事者が参集して傷病者に対応する現在の体制から、市の二次救急医療を担っていただいている9病院医師等の医療従事者が参集し、病院前でトリアージを行い、軽症者は院内に入れず、その場で治療を実施、中等症者以上の方を院内で治療するという体制──病院前救護所と呼んでいるが、その体制に変更することを地域災害医療対策会議

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日健康福祉委員会−09月18日-01号

当公社は公益目的事業を行う法人として、1に掲げる夜間及び休日における急病患者に対し、応急的診療を行うため、船橋市夜間休日急病診療所条例に基づく指定管理者として、夜間休日急病診療所の管理運営を船橋市医師会、鎌ケ谷市医師会及び船橋市薬剤師会並びに会員の皆様の協力を得て実施した。  なお、平成30年度より、船橋市からの受託事業の胃がん検診事業からの撤退に伴い、健康診断事業を廃止した。  

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日総務委員会−09月18日-01号

候補者のこれまでの取り組みについては、教育委員会議においては議題の審議のほか、医師学校医としての経験や知識を生かしたご意見、またご提案、アドバイス等をいただいている。また、千葉ロッテマリーンズのチームドクターも務められており、スポーツに対する造詣も深いと思っている。  

木更津市議会 2019-09-17 令和元年教育民生常任委員会 本文 2019-09-17

久留米市では、医師会との協働により、かかりつけ医・精神科医連携システムを構築し、うつ病等の早期発見・治療に努めております。また、身近な人の変化に気づき、声をかけ、話を聞き、必要な支援へつなげ、見守ることの意識を持つゲートキーパーを増やす取り組みも行っており、その結果として、自殺者数は減少傾向にあるとのことでございます。  

船橋市議会 2019-09-13 令和 元年第2回定例会−09月13日-08号

また、全ての児相に医師保健師を置き、常に弁護士助言指導を受けられる体制も整えられるとのことであります。さらには、中核市特別区の設置促進のための施設整備、人材確保、育成の支援なども規定をされました。  市独自の児童相談所を計画している本市にとっては、追い風になることは間違いありません。しかし、現場の人手不足は深刻で、質・量の両面の充実に取り組む必要があると指摘をされております。

茂原市議会 2019-09-12 平成31年 第3号 令和元年9月12日

また、最近の医療では、患者医師から治療について十分な説明を受けた上で、同意をもっ て治療を進めていくというインフォームド・コンセントが重視されており、がんは特にインフ ォームド・コンセントが重要な病気であると言われています。 そのような環境の中で、がん患者家族はどのような医療を受ければよいのか。

船橋市議会 2019-09-11 令和 元年第2回定例会−09月11日-06号

また、フェスティバルの内容もペット災害対策動物の適正飼養のパネル展、警察犬訓練士による訓練の実演、専門家による動物の飼い方及びしつけ方相談、動物のお医者さん体験コーナーなど、市の職員の皆さんを初め、関係団体である千葉県医師会、京葉地域医師会、千葉県動物保護管理協会、日本愛玩動物協会のスタッフの皆さんが会場を盛り上げており、動物愛護週間にふさわしい、とても有意義な時間を過ごさせていただきました

白井市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-09-10

2点目、在宅医療介護連携の推進として、在宅医療介護を一体的に提供できる体制を構築するため、多職種連携研修会の開催により、顔の見える関係をつくっていくとともに、市内3病院医師会による在宅医療後方支援体制に関する協定締結し、市内における訪問診療を初めとする在宅医療の推進を図っています。  

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

この検討会の第1回の会合で、多頭飼育問題の解決の難しさは、動物の命が全面に立ち、多頭飼育者への適切な対処やフォローが確立していないところにあるという委員の意見や、多頭飼育問題もごみ屋敷問題も根っこは一緒で、福祉部局が連携しなければならないという、厚生労働省から長野県に出向された医師の方の意見が紹介されました。本質を突いた意見であると思います。  

船橋市議会 2019-09-09 令和 元年第2回定例会−09月09日-04号

ふなばし健康ポイント事業についてですが、医師会、歯科医師会などの協力はどのようにいただいているのでしょうか。また、病院などではふなばし健康ポイントについて紹介をしてくださっているのでしょうか。医師からの勧めは大変効果があると思いますので、状況を伺います。  次に、データの活用についてであります。

白井市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-09-06

私は言語聴覚士でお子さんにかかわっているんですけれども、合理的配慮というのは、医師が根拠を示したらほとんど必ず学校では実行しなきゃいけない配慮なんですが、大人に関してもこのぐらい全ての努力をして、市役所に通う分だけでも増やしてくれないかと8年も頼んでいる方に関して、そういう人がいらっしゃるわけです。  障害者福祉における公平性というのをどう考えますか。

船橋市議会 2019-09-05 令和 元年第2回定例会−09月05日-02号

条例上は、医師弁護士、その他市長が必要があると認める者としておりますが、その他市長が必要があると認める者としましては、福祉関係者や市職員などを想定しております。  全体の構成として6人前後の委員となる組織を考えております。  以上でございます。      [子育て支援部長登壇] ◎子育て支援部長(丹野誠) 保育所等の副食費の実費徴収の周知についてお答えいたします。