700件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八千代市議会 2020-03-19 03月19日-05号

請願者が述べている多国籍化学企業は、農家に対して、種子農薬化学肥料をセット売りし、収穫物の全量買取り委託契約を結ばせ、生産から販売までを一貫して押さえる方式を取った。遺伝子組換え種子使用農薬の多使用につながり、環境を破壊し、市民の食の安全を脅かすことになるという指摘は、まさに的を射た指摘であります。 したがって、請願にある、1、種苗法改正案反対慎重審議を求める意見書を提出してください。

我孫子市議会 2020-03-06 03月06日-04号

次に、計画によりますと、あびこエコ農産物は、無化学合成農薬、無化学肥料で栽培され登録認定機関が認証するJAS有機認証、それから県慣行基準化学合成農薬化学肥料使用量の50%以上削減であり千葉県が認証するちばエコ農産物、それから確認責任者が認証する特別栽培農産物、それと県慣行基準化学合成農薬化学肥料使用中、化学肥料使用量を50%以上減、そして化学合成農薬使用量を可能な限り削減しJAが認証するJA

柏市議会 2020-03-04 03月04日-05号

有機農業とは、化学肥料化学合成農薬使用しないことや遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、環境への負荷をできる限り低減する農法のことであります。柏市の農地は、住宅地に隣接しているところも多くあり、また都市型農業を推進していく上でも環境に優しい有機農業への取組が今後ますます重要性が高まると予想されます。そこで、お尋ねいたします。柏市における有機農業の現状と課題を教えてください。

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。  

木更津市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

学校給食につきましては、引き続き地元食材を取り入れるとともに、農薬化学肥料を一切使用しない木更津産米を提供することにより、地産地消と食育理解を深めてまいります。  青少年健全育成につきましては、子ども居場所づくり地域教育力向上を図るため、地域住民参画による世代間交流やさまざまな体験活動を提供することにより、子どもたち主体性協調性自立性育成を図ってまいります。