364件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会−03月25日-07号

だから、この間、最高裁でもいろいろな判例が出ておりますが、とにかく賭博というのは誰かを不幸にして、その不幸の上に成り立つビジネスだからです。ビジネスととても呼べるようなものでありません。だって、何も生み出さないわけですから。  

船橋市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 9日予算決算委員会総務分科会−03月09日-01号

この判例について船橋市の見解を念のため伺う。 ◎職員課長 市には職員健康を守る安全配慮の義務があるとは考えている。これについて、先ほども申したが、具体的には月々の時間外の状況を見て、職員課、あるいは各部局の人事担当課も所属長と話をその都度しているし、あと保健室のほうでも面談であるとか、あるいは産業医との面談を通じて改善しなくてはいけないことは改善するということで取り組んでいる。

佐倉市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会-12月05日-05号

その中で、私ごとも効率的にこなさなくてはならないというのは当たり前のことでございまして、その市長車の安全な運行、そういったことも考えますと、私事で向かう場所にお迎えに行くというようなことも当然あり得ることでございまして、過去の首長の車移動に関して幾つもの判例があり、その中でも是認されているという内容でございますので、私どももその規範にのっとって運用をさせていただきたいですし、現行今運用が社会通念上も

佐倉市議会 2019-09-11 令和 元年 8月定例会経済環境常任委員会−09月11日-01号

それと、市内全域で3,550カ所にあるごみ集積所でございますけれども、衛生上支障がないように効率的かつ迅速に収集する必要があるため一定の経験が必要ということと、さらには収集運搬業務を随契することについて、平成16年7月15日に東京高裁の判例がございまして、ごみ収集という特殊性のある業務が確実に行える相手方を選定することが、市や市民の利益の増進につながるため随意契約は妥当であるという判例もございますことから

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

それと、有料化についての税金の二重取りについてでございますが、これについては前回の定例会の中でもお話しさせていただいたとこでございますが、有料化についてはやはり過去の裁判の中で、判例等も出ております。  市が行うごみの収集処分については市の責務であるが、住民への役務提供であり、地方自治法に規定する手数料を住民から徴収できるという判例がございます。

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

また、のぼり旗の使用につきましては、判例で示されている当選無効の原因となる違法事由に該当しないこと、選挙管理委員会には法に違反するか否かの判断を行う権限を有していないことから、令和元年6月7日に異議申し出を棄却する旨の決定をしたものでございます。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 藤崎議員

船橋市議会 2019-06-11 令和 元年第1回定例会−06月11日-05号

また、過去の最高裁の判例においても、憲法26条で義務教育は無償という場合の対象は授業料であり、教育に必要な一切の費用まで無償としなければならないことを定めたものではないとのことが示されております。  また、本市では保護者に負担を求めているのは食材費の実費相当分のみです。これは学校給食法の第11条が保護者の負担とすると定めているところであり、適正な負担であると考えております。      

八街市議会 2019-06-07 平成31年 6月定例会 第4号 令和元年6月7日

既に過去の判例には当てはまらないスピードでの少子化や、超高齢化時代が到来しています。 さらには、これからのIoTやAIなどの最新テクノロジーを活用した、「ソサエティ5. 0」の世の中を生き抜いていくためにも、さまざまな産業や業界の垣根を超えて、民間活力 を最大限活用できるような連携を検討、実践されていくことを切に期待をしています。 以上で、やちまた21、小澤孝延の質問を終わります。

船橋市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算決算委員会全体会−03月20日-01号

最高裁の判例において、憲法13条は、国民の私生活上の自由公権力の行使に対しても保護されるべきことを規定しているものであり、個人の私生活上の自由の1つとして何人も個人に対する情報をみだりに第三者に開示または公表されない自由を有するものと解されるとしている。自衛隊による閲覧及び個人情報収集はこの判例に違反していると考えるが、いかがか。

睦沢町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会第1号 3月1日

それで、兼職制限にも触れないとのことですが、区長は町からの仕事を、言うなれば請け 負っている者ですけれども、自治法の請負定義が曖昧で、最高裁でも判断が分かれるとこ ろではありますけれども、最高裁判例でも原則収入の50%以上、それ以下でも場合によって は違法になるとされております。

千葉市議会 2019-02-28 平成31年教育未来委員会 本文 開催日: 2019-02-28

はっきりさせておいたほうがいいと思うところで言いますと、まずやっぱり今回のこの委員会というのは、この後採決というところの中で、可否を決めてやっていくわけだから、どういう条件で、ある意味では賛成するほうからすれば、こういう条件だったから賛成するんだよ、それから、反対するほうからすると、こういう条件だったから反対したんだよという形になるから、やはりこれは後々運用上においては、参考というか、裁判でよくいう言い方をするんなら、判例

八街市議会 2018-12-13 平成30年 12月定例会 第2号 平成30年12月13日

残骨灰につきましては、実際、骨壺の中に納めた以外のものに関しましては、市の所有とな ○経済環境部長(黒﨑淳一君) るという判例が出てございます。 ○小髙良則君 かなり非常に丁寧に遺骨を収集していただいているわけですけど、それでも4.3トンの残 骨灰が出ていると。中には金だったり銀だったり、鉄はないですね。ステンレスだったり、 売却可能なものも含まれているのかなと思うわけですね。

富津市議会 2018-12-12 平成30年12月12日総務産業常任委員会−12月12日-01号

今回その手続について、最高裁判例及び他の地方公共団体の例を参考に、条例に規定することにより、処分手続の迅速化、明確化及び簡素化を図ろうとするものでございます。  3点目は、第3条の改正で、休職期間の通算規定を設けようとするものでございます。  休職期間につきましては、条例の規定で3年が限度となっていますが、続けて3年休職するケースはまれで、実際には休職と復職を繰り返すケースが多くあります。  

船橋市議会 2018-11-26 平成30年第4回定例会−11月26日-02号

参考とすべき過去の判例等に照らし合わせながら、その都度個別に判断してまいりたいと考えております。      [齊藤和夫議員登壇] ◆齊藤和夫 議員  今、過失の度合いや適用となる法令も異なるとか、過去の判例等にも照らしてという話がございましたけれども、今回この2つのケースは、過失の度合いも何も全面的に市にミスがあったわけで、適用法令とか判例に照らすとかという以前の問題だと思います。

白井市議会 2018-10-03 平成30年第3回定例会(第7号) 本文 開催日: 2018-10-03

このようなことが二度とあってはいけない、さらには、やはりそういったことで、今回の陳情された皆様の気持ちといいますか、それは問題というのは非常にもちろん重大であると私も考えておりますが、ただ、私としましては、ちょっと法律的な観点から、一応気になったこととしましては、行政行為が覆ることというのはあくまでも例外中の例外無効といいますのは遡及してなくなるようなことですので、それに関しましては確かに最高裁の判例