75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-03-18 平成31年 2月定例会−03月18日-06号

政府成立させた個人情報にかかわる秘密保護法や共謀は、情報の恣意的な操作を国及び行政秘密裏に利用可能とするものです。これらの上位関連法を考慮すると、本条例は無力であると言わざるを得ません。また、保護する電磁的記録に関して、特定の個人が識別できるものとありますが、いわゆるデータマッチングの技術も進化しており、個人情報収集業者等とのイタチごっことなることを避けられません。

佐倉市議会 2018-03-01 平成30年 2月定例会-03月01日-05号

◆14番(伊藤壽子) さらに、宝塚市では要綱の中で、共謀捜査では管理責任者は画像を提供してはならないと明記しております。裁判所令状による場合はこの限りではないと条件をつけています。  佐倉市で、共謀に関し、情報提供についてどのように対応しますか、伺います。 ○副議長森野正) 市長。 ◎市長(蕨和雄) お答えいたします。  

松戸市議会 2017-12-21 松戸市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月21日−07号

日本国家安全保障会議の設置、武器輸出三原則の見直し、特定秘密保護法、安保関連法、盗聴法改正に共謀、安倍政権が突き進む戦争する国づくりのまさに総仕上げ、本丸が憲法改悪であります。  大戦後、世界最強のアメリカは、続く朝鮮戦争で3万5,000人、ベトナム戦争で4万5,000人、その後も湾岸戦争イラク戦争など多くの戦争戦闘でおびただしい犠牲者を出し続けました。

茂原市議会 2017-12-06 平成29年会議録 第2号 平成29年12月6日

集団的自衛権行使容認の閣議決定安全保障関連法、秘密保護法、共謀法の強行などで米 国の戦争日本が参戦する仕組みが幾つも政策に盛り込まれております。さきに述べたように、 現実的な戦争の脅威と、それを合法化する憲法改正危機が迫っております。しかし、平和を 求める世界の本流は戦争の違法化の実現であります。

流山市議会 2017-09-29 平成29年  議会運営委員会-09月29日−13号

次に、発議第21号「テロ等準備罪(共謀)を新設した改正組織犯罪処罰法の成立抗議し、廃止を求める意見書について」の提出者は、乾紳一郎議員となっております。よろしいでしょうか。                  〔「はい」と呼ぶ者あり〕 ○中川弘委員長 それでは、御了承いただきましたので、よろしくお願いをします。   

流山市議会 2017-09-08 平成29年  議会運営委員会-09月08日−12号

中川弘委員長 次に、日本共産党から提出の「テロ等準備罪(共謀)を新設した改正組織犯罪処罰法の成立抗議し、廃止を求める意見書」について確認します。   小田桐委員、提出者を報告願います。 ◆小田桐仙委員 乾議員でお願いします。 ○中川弘委員長 次に、各会派の意見をお願いします。   まず、流政会からお願いします。野田委員。 ◆野田宏規委員 議場でお願いいたします。

流山市議会 2017-08-29 平成29年  議会運営委員会-08月29日−11号

次に、日本共産党から提出の「米朝の軍事的衝突を回避するためにあらゆる努力を求める意見書」、次に「テロ等準備罪(共謀)を新設した改正組織犯罪処罰法の成立抗議し、廃止を求める意見書」、次に「自己破産を増加させている銀行カードローンの規制強化を求める意見書」、次に「生産現場に立脚した農業振興を求める意見書」、そして最後に「オスプレイの国内飛行訓練等の自粛を求める意見書」。

船橋市議会 2017-08-01 平成29年第2回定例会−08月01日-10号

加計学園問題の真相究明を求める意見│  総務  │  否決  │ │  │        書                   │      │     │ │  │発議案第6号   福島第一原子力発電所事故による自主避難者│  総務  │  否決  │ │  │        に対する住宅支援復活を求める意見書   │      │     │ │  │発議案第7号   組織犯罪処罰法改正法(共謀

船橋市議会 2017-07-14 平成29年 7月14日総務委員会−07月14日-01号

福島第一原子力発電所事故による自│ 否決 │可決= 共産 市民    │ │  │      │主避難者に対する住宅支援復活を求│    │           │ │  │      │める意見書           │    │           │ ├──┼──────┼────────────────┼────┼───────────┤ │ 4 │発議案第7号 │組織犯罪処罰法改正法(共謀

千葉市議会 2017-07-06 平成29年第2回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2017-07-06

その3は、テロ等準備罪法、いわゆる共謀法の強行採決が参議院法務委員会の採決を省略して、中間報告という禁じ手を使った本会議で採決する異常な強行採決を自民、公明、維新が断行したわけであります。  刑法は、犯罪行為処罰が大原則であるのに対し、共謀法は意思や内心を罪にするもので、思想・良心の自由保障した憲法第19条に反する深刻な違憲立法であります。

松戸市議会 2017-06-29 松戸市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月29日−資料

2号加計学園ならびに森友学園に関する疑惑の徹底究明を求める意見書の提出について否決61頁議員提出議案第3号教育勅語等排除に関する決議教育勅語等の失効確認に関する決議を守るよう求める意見書の提出について否決64頁議員提出議案第4号農業者戸別所補償制度の復活を求める意見書の提出について否決66頁議員提出議案第5号憲法尊重擁護義務の厳守を求める意見書の提出について否決68頁議員提出議案第6号いわゆる共謀

松戸市議会 2017-06-29 松戸市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月29日−07号

                      |    | |  +−−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    | |  |議員提出議案|憲法尊重擁護義務の厳守を求める意見書    |    | |  |第5号   |                      |    | |  +−−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    | |  |議員提出議案|いわゆる共謀

佐倉市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会会派代表者会議-06月26日-01号

◆19番(藤崎良次) 私は共謀に反対する意見書を出させてもらいましたけれども、これを出した13日時点では、まだ国会決議がされていませんでしたが、その後、16日ですかね、15日かな、決議されましたので、その辺を変えました。そのために、変えたものをちょっと配らせていただいて説明させていただきたいと思います。 ○議長(櫻井道明) はい、わかりました。

佐倉市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会議会運営委員会-06月26日-01号

共謀」(テロ等準備罪)法の廃止を求める意見書でございます。提出者は、木崎俊行議員、萩原陽子議員、五十嵐智美議員、冨塚忠雄議員、藤崎良次議員でございます。議場にてご提案をいただきますのは木崎俊行議員でございます。  発議案第9号でございます。憲法尊重擁護義務の厳守を求める意見書でございます。提出者は、木崎俊行議員、萩原陽子議員、五十嵐智美議員、冨塚忠雄議員、藤崎良次議員でございます。

佐倉市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会−06月26日-付録

意見書 発議案第3号  ギャンブル等依存症対策の抜本的強化を求める意見書 発議案第4号  雪崩遭難者救助対策の推進を求める意見書 発議案第5号  福島第一原発事故による自主避難者の住宅無償支援打ち切り後の実態把握と、住宅無償支援の復活を求める意見書 発議案第6号  介護保険制度の抜本的な再構築を求める意見書 発議案第7号  主要作物種子法廃止に際し日本の種子保全の施策を求める意見書 発議案第8号  「共謀

佐倉市議会 2017-06-26 平成29年 6月定例会-06月26日-06号

国連の人権理事会が任命する「特別報告者」から安倍首相宛てに書簡が届き、「共謀」(テロ等準備罪)法は「人権を制約する恐れがある」と指摘されるほどの悪法なのです。  「安保法」、「共謀」(テロ等準備罪)法を強行採決したことにより、日本は「戦後」から「戦前」に引き戻される危険性が一層強まったと言えます。子どもたちに平和な未来を手渡すためにも、自由に物が言えない社会など絶対に許すことはできません。