1352件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南房総市議会 2022-02-17 令和4年第1回定例会(第2号) 本文 2022-02-17

また、今後の公共施設の新設・大規模改修解体撤去等についてですが、令和12年度までの各施設方針必要額を盛り込んだ公共施設等総合管理計画及び個別計画策定しています。個別計画については、事業の進捗に合わせ、毎年度見直しておりますが、今後もこの計画に基づき施設再編整備を進め、可能な限り次世代負担を残さない、効率的で効果的な公共施設配置実現に努める必要があると考えております。  

山武市議会 2022-02-15 令和4年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2022-02-15

令和4年度当初予算編成においては、第2次総合計画最終年となることから、目標達成に向け、重点分野及び公共施設等総合管理計画を基点とした資源配分の選択と集中により、財政健全化政策推進のバランスを取る総合計画成果志向型予算編成を、引き続き、実施してまいります。  歳入面においては、普通交付税の合併算定替特例も、令和2年度をもって終了となり、令和3年度からは、山武市として、一本算定となりました。

南房総市議会 2022-02-15 令和4年第1回定例会(第1号) 本文 2022-02-15

南房総市が住み続けたいまち、選ばれるまちになるために、魅力ある仕事をつくる経済施策、安心して子どもを産み育てる福祉施策、選ばれる移住・定住施策に対し継続的、重点的に予算を配分し、前期基本計画の中心的なコンセプトである子育て世代の維持・増加に向け、切れ目なく事業を展開するとともに、将来にわたり健全な財政を堅持し、安心安全な行政サービスを提供するため、公共施設等総合管理計画に基づく施設再編計画的な改修事業

富津市議会 2021-12-15 令和 3年12月15日全員協議会-12月15日-01号

市が目指す将来像を実現するため、行政が持続可能な行政経営を行うことにより、しっかりとした土台を築くこととし、15ページでは、持続可能な行政経営の説明、次の16ページでは、経営資源の強化として「富津職員定員適正化計画」「富津公共施設等総合管理計画」「富津中期財政計画」を着実に実行していくことを記載しております。  17ページをお開きください。  

習志野市議会 2021-12-08 12月08日-06号

サウンディングでいただいた意見は、庁内で旧庁舎跡地活用検討を行っております習志野公共施設等総合管理計画推進及びPFI検討会議にて情報共有いたしました。さらに今年度につきましては、先日実施いたしました市民意識調査において、未利用地及び活用が決まっていない土地を売却や貸付けによって公共施設老朽化対策のための財源確保することについて、旧庁舎一つの例示とする設問を設け、市民意見を伺いました。 

習志野市議会 2021-12-07 12月07日-05号

ただし、習志野公共施設等総合管理計画におきましては、基本方針一つとして長寿命化推進を掲げており、今後再生整備を実施する施設についても、長期にわたる安心・安全なサービス提供に努め、財政負担の軽減と負担平準化を目指すというふうにしてございますので、このことを踏まえ、これまで事業者との交渉に当たっているところでございます。以上です。 ○議長清水大輔君) 谷岡隆議員

富津市議会 2021-12-03 令和 3年12月定例会−12月03日-03号

少子化の進展に伴い入所児童数減少傾向が続く中、子供たち保育環境の向上を図るため、民間活力の積極的な活用公共施設等総合管理計画との整合を図りながら、市立保育所の再配置を進めてまいります。  次に、富津市の民間移管保育所のこれまでの経緯と現状についての御質問にお答えいたします。  

印西市議会 2021-12-01 12月01日-03号

(2)、印西公共施設等総合管理計画、印西公共施設適正配置実施方針との違い。  (3)、印西公共施設等総合管理計画で実施されたものは。  (4)、本計画対象施設から学校教育系施設等を除くとあるが、その理由は。  大きい項目2、学校適正規模適正配置について。  (1)、学校適正規模適正配置計画により、既に複数の小学校が閉校になっているが、現在の考え方推進に対する取組について。  

習志野市議会 2021-09-28 09月28日-07号

公共施設老朽化対策に当たりましては、第2次公共建築物再生計画及び習志野公共施設等総合管理計画による総量圧縮長寿命化財源確保の基本的な考え方に基づき取り組むことが必要であると認識をしております。 本計画財源確保では、機能統合などにより発生した未利用地については、原則売却や貸付けなどにより有効活用することとしております。以上です。 ○議長清水大輔君) 入沢俊行議員

四街道市議会 2021-09-28 09月28日-09号

さらに、今年度から再度動き始めた庁舎整備事業には約55億円の事業費が、また早期着工が求められる次期ごみ処理施設整備事業では、施設建設費と20年間の運営費合計で約260億円もの負担が求められ、そこに公共施設等総合管理計画に基づく毎年の公共施設インフラ更新費用不足額約19億円を加えると、将来の当市の歳入がこれら歳出を賄えるのか、大きな不安を抱くものです。

富津市議会 2021-09-22 令和 3年 9月22日全員協議会−09月22日-01号

「(2)持続可能な行政経営実現に向けて」についてですが、持続可能な行政経営実現していくに当たり、経営資源であるヒト、モノ、カネについて強固な基盤を築くため、富津定員適正化計画富津公共施設等総合管理計画、富津中期財政計画の3つの計画を着実に実行していくものとしております。  27ページを御覧ください。  2として、「施策のテーマと基本方針」について記載しております。  

南房総市議会 2021-09-22 令和3年第3回定例会(第4号) 本文 2021-09-22

また、公共施設等総合管理計画に基づき、三芳小学校及び三芳中学校校舎改修工事、旧南小学校跡地活用した貸事務所整備事業、富山ふれあいスポーツセンター規模改修事業など、公共施設長寿命化経済振興施設整備は、人口減少少子高齢化が進む中、将来世代負担低減地域経済活性化に重要かつ不可欠な取組であります。これら施策が昨年度に引き続き積極的に展開されていることについても評価をいたします。  

四街道市議会 2021-09-09 09月09日-04号

公共施設配置計画、その上位計画であります公共施設等総合管理計画そちらの趣旨といたしましては、今後50年間で施設保有量の20%以上を削減することを目的として策定しておりますので、各施設におきましても、その廃止のということの施設については、こちら各所管課での検討となりますけれども、管財課FM推進室、そちらのほうもその中に入って今後の在り方について検討を重ねて、その利用についての判断をしていきたいということで

印西市議会 2021-08-31 08月31日-01号

令和2年度決算参考資料一般会計貸借対照表から見る資産に対する負債につきましては、比率が低いほど負債返済能力が高いことから、市の財政は健全な状況であると言えますが、公共施設等総合管理計画及び公共施設適正配置アクションプランに基づき、既存施設の大規模改修等が見込まれることや、各一部事務組合におきましても施設の新築、改修等を予定しているなど、今後起債を行うことが考えられますので、一時的に将来負担増加