1400件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-07-03 令和 元年第1回定例会−07月03日-10号

NPMって2000年代最初によく出てきたニュー・パブリック・マネジメント──民間企業における経営手法などを公共部門に適用、徹底した競争原理の導入などの考え方だというんですけども、こういう専門家の方を招くと、ますますやはり公共サービス産業化を進めていくようなご意図がおありなんではないかなというふうには思います。  

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

地方公共団体には公共サービスを実施する責務があるとされ、住民の各種のニーズに対応して、各地方公共団体ごとに異なるサービスを行っております。選ばれる佐倉市になるには、他市よりも充実した子育て支援、他市よりも充実した子供たちへの教育環境整備、他市よりも充実した福祉医療介護サービスを提供しなければなりません。

船橋市議会 2019-06-18 令和 元年 6月18日総務委員会−06月18日-01号

ただ、これの人口推計の結果は、人口構造が変わるということで、子供の数は減るけど高齢者がふえるといったら、それは高齢者がふえるなりの市民サービス公共サービスというのは当然あるべきであって、公共施設、要するに……学校を例に出してあれだが、例えば、学校子供の数が減ったときに、空き教室高齢者の方の施設に転用するというのは、当然これは我々行政としては考えていかなくてはいけない話だと思う。

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

環境省地域経済循環分析2013年版では、産業別付加価値額により市内の中で所得を稼いでいる産業については、電気業、公共サービス、対個人サービス、一般機械の順となっており、全体の50%以上を占めている状況でございます。 ○議長平野明彦君) 8番、渡辺 務君。 ◆8番(渡辺務君) ありがとうございます。  

鴨川市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会−03月20日-05号

住民の安全・安心を守り、公務公共サービスの拡充・向上を図る上で、自治体の臨時・非常勤職員身分の安定、地位の向上は重要な課題となっていることから、地方公務員法地方自治法改正の趣旨により、臨時・非常勤職員の待遇改善を行っていただくとともに、そのために要する財源の確保について、国会附帯決議に基づき、速やかに国の十分な財政措置を求める意見書を提出したいものでございます。  

流山市議会 2019-03-15 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月15日−06号

特に会計年度任用職員制度の導入は、自治体の非正規職員の低処遇の改善を建前としており、地方公務員公共サービスの担い手の上に生じる大改革です。市長は、16年前の就任時以来、市職員の働き方については殊のほか強い関心を示してきました。だとするならば、この自治体版働き方改革についても相応の関心を示して、率先して取り組まなければならないはずです。

佐倉市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会総務常任委員会−03月11日-01号

◆委員(木崎俊行) 文書表上の「住民の安全安心を守り、公務、公共サービスの拡充、向上を図る上で、自治体の臨時、非常勤職員身分の安定、地位の向上は重要な課題となっています」というところは非常にごもっともなことだと思います。この陳情は、採択すべきものだというふうに思います。 ○委員長(村田穣史) ほかにご意見ございますか。  伊藤委員。 ◆委員(伊藤壽子) 伊藤です。

佐倉市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-05号

これまでのまちづくりは、行政があらゆる公共サービスを担い、市民サービスの受け手という形で展開されてまいりました。しかしながら、少子高齢化の進展、市民のニーズや価値観が多様化、複雑化してきている現状におきましては、行政だけの力で地域の課題にきめ細かく対応することが困難になってまいりました。  

鴨川市議会 2019-02-22 平成31年第 1回定例会−02月22日-01号

住民の安全・安心を守り、公務公共サービスの拡充・向上を図る上で、自治体の臨時・非常勤職員身分の安定、地位の向上は重要な課題となっていることから、地方公務員法地方自治法改正の趣旨により、臨時・非常勤職員の待遇改善を行っていただくとともに、そのために要する財源の確保について、国会での附帯決議に基づき、速やかに国の十分な財政措置を求める意見書の提出を求めます。  付託委員会総務常任委員会。  

流山市議会 2019-02-21 平成31年  3月 定例会(第1回)-02月21日−04号

本市では、平成18年7月施行の競争の導入による公共サービスの改革に関する法律の趣旨に民間が担うことができるものは民間に委ねる観点が盛り込まれていることから、アウトソーシングを推進してきました。   アウトソーシングの進め方については、平成19年3月、総務省地方公共団体における民間委託の推進等に関する研究会の報告書を取りまとめており、当該報告書の中で委託できない業務範囲を5点挙げております。

富津市議会 2019-02-13 平成31年 2月13日全員協議会-02月13日-01号

公共サービスをとめることができない市と融資の返済を滞らせることはできない金融機関が、ともに事業を安定的に継続させるため、直接協定締結するための支援業務でございます。  なお、金融機関へは財政面でのモニタリングと事業再建の役割を期待するものとなります。  概算事業費は704万円です。  3つ目が、維持管理・運営モニタリング支援業務です。  

野田市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月21日−06号

指定管理者による公共施設の運営は、民間の知恵と活力で公共サービスの向上に寄与し、加えてコストの削減という相反する運営が求められており、民間であればさまざまな付加価値をつける等の工夫もあろうかと思いますが、福祉の分野ではそれがなかなか難しいのが現実です。その対象が福祉の対象となる施設である場合の指定管理には反対しております。

我孫子市議会 2018-12-14 平成30年 12月 総務企画常任委員会-12月14日−01号

それから、公務員労働基本権の回復によって、やっぱり行政というのも民主的で透明な公務員制度改革を進めることにもつながるんだろうな、そして市民にとっても質の高い公共サービスの提供には、やっぱりそこで働く人たちが働きがいを持って、そして活躍できる、そういう職場の労働条件労働環境の確保が必要であると私は本当に思っています。

松戸市議会 2018-12-12 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月12日−05号

イエローカードである早期健全化段階に陥るのは、将来、住民に対して安定的に公共サービスを提供する上で支障を来す可能性があると判断される場合であり、レッドカードである財政再生段階ともなれば、もはや自力で再生することが困難であるほどに財政が悪化した状態と言えます。すなわち、イエローカードやレッドカードに該当しない団体だからといって、全て財政状況が健全であるとは言えないことになります。  

鎌ヶ谷市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−一般質問−04号

こちらに関しては、官民連携で公共サービスを行うと。しかも民間の資金を活用した官民連携ということでございます。通常の仕組みではないということでございますけれども、このソーシャル・インパクト・ボンドの鎌ケ谷市の見解について伺いたいと思います。 ○議長(勝又勝議員) 答弁を求めます。 ◎総務企画部長(皆川寛隆君) 議長総務企画部長。 ○議長(勝又勝議員) 皆川総務企画部長

千葉市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-07

また、民間が有するノウハウを生かして施設設備長寿命化を念頭に置いた予防保全を含めた計画的な修繕や効率的な人員配置により、配送を含む調理運営業務を確実に実施していることなどから、PFI事業として当初期待した効果が得られ、良質な公共サービスを提供できているものと評価しております。  

佐倉市議会 2018-12-06 平成30年11月定例会-12月06日-05号

そのような中、行政による公共サービスの提供に支障を来すこともあり、サービスの担い手を企業や住民、NPOなどと行政協働して行う方法が求められました。一方で、中央集権的な行政運営を分権的な市民自治を強化することになるという側面もあります。しかし、住民からすれば、行政財政危機の中で困難になっているサービスの提供を住民に肩がわりさせようとしているとの疑念が生じているところもあります。