128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

館山市議会 2021-09-05 09月05日-03号

地方紙を初め、全国地方版でも大きく報道されたこの問題は、館山市議会議長にも匿名の市民から8月2日受付で新聞報道を見ての問題提起がなされております。その内容は、次のようなものです。「まずは、突然の無礼をおわびいたします。同封いたしました房日新聞記事につきましては、ごらんのとおり館山市長指定暴力団組員の宴席に出席していることが記載されています。

鴨川市議会 2018-06-28 平成30年第 2回定例会−06月28日-05号

また、10日ほど前ですか、もっと前になりますか、全国鴨川市の国保病院について掲載がございました。私はかねがね、鴨川市あるいは安房全体での地域医療構想について現在策定中なのに、鴨川市がどうも拙速して物事をやっている。当初は少し急いで進んでいるという、あるいは走って進めているということを答弁の中で多々出てきておりますが、走っているどころか、スピード違反当然のような現在事態でございます。

船橋市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会−06月08日-08号

このことはテレビ全国に大きく取り上げられました。  本市でも部活動とまでは言わなくても、このように地域と生徒のきずなを深める活動を、本市の中学校ではできないかどうか、伺います。      [学校教育部長登壇] ◎学校教育部長筒井道広) 中学生が災害時に地域において大きな力となることから、各学校において地域の特性を考慮し策定した防災計画をもとに、自助、共助を育む防災教育を行っております。  

銚子市議会 2017-09-13 09月13日-03号

全国であります朝日新聞、2017年6月27日報道によると、国は全国自治体地震で地すべりを起こすおそれがある大規模盛り土造成地の場所の調査と公表を求めているが、半数以上の団体が公表できていないことがわかった。阪神・淡路大震災や新潟県中越地震を教訓に、国は2006年から対応を求めているが、費用負担の重さや地価下落への懸念などから対応が後手に回っていると伝えております。

我孫子市議会 2017-09-04 09月04日-02号

いわゆる2学期が始まる9月1日ということが、全国にもいろいろな形でその問題についていろいろと書かれておりました。これまでも悲しい事例なども全国的にはいろいろあったりとかしております。

流山市議会 2017-06-21 06月21日-03号

全国各社も批判、否定的な社説を掲載しています。「朝日」、「毎日」はもとより、「日経」は「教育勅語は個々の徳目の当否以前に、天皇が臣民に説諭する『語りの構造』自体が国民主権を原理とする現憲法になじまないことは明白」と。また、「読売」も「道徳などで教育勅語を規範とするような指導をすることは厳に慎まなければならない」と指摘しています。  

館山市議会 2017-03-01 03月01日-02号

その自民党が出した文章、1986年の5月22日の全国広告を出しました。自民党が出した広告です。ちょっと読み上げます。民営分割御期待ください。全国画一からローカル優先のサービスに徹します。明るく親切な窓口に変身します。楽しい旅行を次々と企画します。民営分割御安心ください。各社間をまたがっても乗りかえもなく、不便になりません。運賃も高くなりません。ブルートレインなど長距離列車もなくなりません。

白井市議会 2016-12-16 平成28年第4回定例会(第7号) 本文 開催日: 2016-12-16

まだまだ論議すべきだということを提案した日に、参議院委員会審議を終わって、可決成立参議院ではなったというときに、その直後に5つの全国、読売新聞日経朝日毎日等が、五大紙世論調査を直後に実施したところ、やはり過半数の人たちの反応が、とりわけ依存症対策が全く見えてこない、心配だということが最も多い声として上がったのではないかと、私は久しぶりに読売新聞を読みましたが、ああ、読売もすごいね、論陣

松戸市議会 2016-09-09 09月09日-06号

本市も、よもやこれらをしていないかと確認のために通告しましたのですが、この問題は全国で取り上げられており、既に85市に本市が含まれていないことが確認できましたので、アの質問は取り下げます。 イの、今後このような違法ではないが不適切と見られる会計処理に対する姿勢につきまして市長のお考えを一言、確認のため御答弁いただければこの上ない幸いです。イだけお願いします。

鴨川市議会 2016-09-07 平成28年第 3回定例会−09月07日-02号

議員からお話のございましたイセエビ漁記事のほか、最近では、関東で一番早い稲刈りの様子が、テレビ全国などで紹介されたところでございますが、これも、日ごろからの情報発信を背景とした、早場米産地という地域ブランド地元農家協力によるシティプロモーション一つの例であろうと存じておりまして、こうした、広報機能重要性に鑑み、これまで、市議会定例会ごとの開催とさせていただいておりました定例記者会見

佐倉市議会 2016-06-16 平成28年 6月定例会−06月16日-05号

今年度中に利用者意向調査結果をまとめ、新年度から取り組む予定と全国に掲載されたことで、大きく反響を呼んでおります。佐倉市も子育て支援充実待機児童解消のために今後近隣自治体との保育連携も必要と考えますが、そのことについてどのように考えているか、お伺いいたします。 ○副議長村田穣史) 健康こども部長。 ◎健康こども部長青木和義) お答えいたします。  

袖ケ浦市議会 2016-03-14 03月14日-04号

ことし1月22日、全国朝刊1面にこの袖ケ浦市で行われている土地区画整理事業記事が掲載されました。多くの方がこの記事ごらんになったと思いますが、その内容は余りにも衝撃的であり、本当に安心で安全な土地なのか、区画整理事業は正しく進んでいるのか、誰もが心配をしている状況だと思います。この区画整理事業にかかわる経緯は、先ほど茂木議員が詳しくお話をしていただきましたので割愛をさせていただきます。