4144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-11-12 令和 元年11月12日健康福祉委員会−11月12日-01号

多分、僕が見た感じだと、設備で何と何の部屋を設けなさいという基準はあるやに伺うが、その部屋の温度の管理だとか、その中の内装だとか、そういったことに関しては特段基準がないので、何度になったら運動停止だとか退避だとか、そういった基準はないという理解でいいか。 ◎地域子育て支援課長 今、委員が説明されたとおりになる。

船橋市議会 2019-10-04 令和 元年第2回定例会−10月04日-10号

これでGさんの収入保護費を上回って保護停止となります。停止になれば、直ちに社会保険料ですとかさまざまな支払いが今度はGさんは必要になってきたと思われます。  この翌月に船橋市はGさんと連絡がとれなくなって、半年以上たってからGさんのアパートが解約されていることを確認いたしました。保護もさかのぼって廃止といたしました。  

船橋市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日予算決算委員会全体会−10月01日-01号

まず第1に、当てにならない将来財政推計で、財源不足を起こすと脅し、行財政改革という名目で、自治体の仕事である住民福祉を増進させることへの思考停止職員にも市民にも振りまいたことは非常に罪深いことだと言える。  第2に、市民負担をふやし、市民サービスを低下させた。家庭系可燃ごみの収集回数を週3回から2回に削減し、市民サービスの低下、公衆衛生の悪化を招いた。

船橋市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日総務委員会−10月01日-01号

同時に使用料見直せとか、指定管理のこと考えろとかって道筋をつくってしまうと、そこで各部各課とも考える上である種思考停止してしまって、例えば、使用料に関し条例改正を予定する施設とか一つ一つ見てくと、もう設置から何十年もたっていて、設置目的から見直したほうがいいのではないかというような……どれとは言わないが、ある気がする。

船橋市議会 2019-09-30 令和 元年 9月30日予算決算委員会全体会−09月30日-01号

生活保護開始の時点で執行停止の手続を行ったが、もっと早い段階で猶予措置や執行停止をしていたら、健康を害さずに、仕事をやめることもなく、担税力のある社会生活を送ることができた方である。  昨年、債権管理課で行われた給与の差し押さえ件数は832件に上るが、本人の実情を把握し、窮迫しないよう留意をしていたのかどうか伺う。      

船橋市議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日予算決算委員会文教分科会−09月25日-01号

議会で母子家庭の方に対しての訴えの提起から和解されてという報告が議会にあって、そのときにも貧困な母子家庭が3世帯裁判にかけられるというような状況があって、訪ねていったら、もうそこには住んでいなかったり、1件はネグレクトだったり、そういう深刻な状況があって、そういう世帯に対して裁判しなきゃいけないのかというのは非常に疑問を感じたが、それをしなくても、例えば、その世帯の実態によって、制度としては徴収の停止

船橋市議会 2019-09-19 令和 元年 9月19日予算決算委員会総務分科会−09月19日-01号

裁判訴えなくても執行停止にすることができるはず。それをやらないで裁判にかけていく、しかも、裁判にかけたとしても、結局また納付が滞っているわけだから、効果が、この方については根本的な解決になっていないわけである。やはりこうした方法だけで取り立てを進めていくっていうだけでは住民の、その人の生活を応援するっていうことはできないから、これは改めるべきだと意見とする。

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日総務委員会−09月18日-01号

オートローテーションというのは、仮に回転翼機のエンジンが、例えば2機あるうち2機とも停止した場合に、当然落っこちてくる。落っこちてくると、相対的に上昇気流が発生するのと同じことになる。そのことによって、エンジンとプロペラ、ローターを切り離すことによって、ローター自身が相対的に発生する上昇気流によって回転し、揚力が生まれ、多少の危険性はあるにしても、ほぼ安全に着陸することができる。

船橋市議会 2019-09-13 令和 元年第2回定例会−09月13日-08号

重度心身障害者医療費助成は、65歳以上の新規適用を停止するとしました。当事者には大打撃です。高齢者には、はり・きゅう・マッサージなどの補助、敬老行事での記念品の購入券、敬老行事交付金の削減、ひとり暮らし高齢者のお風呂券の廃止は貧困世帯への負担増のみならず、経営が厳しい銭湯を追い詰め、廃業を進めます。災害時に銭湯は活躍いたします。全市的な損失ではないでしょうか。  

船橋市議会 2019-09-12 令和 元年第2回定例会−09月12日-07号

また、倒れる瞬間を目撃された心停止の中でも約半数は心肺蘇生を受けておらず、さらにAEDによる電気ショックが行われたのはたったの4.7%とのことです。  そこでいま一度現在の船橋のAEDの状況について確認させていただきます。本市でのAEDの使用状況、設置環境はどのようになっておりますでしょうか。      [健康・高齢部長登壇] ◎健康・高齢部長(野々下次郎) お答えいたします。  

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

ただし、深刻ないじめを繰り返し行う児童生徒に対しては、他の児童生徒の教育を受ける権利保障するという観点から、やむを得ない措置としての出席停止を含む毅然とした厳しい指導が必要な場合があると認識しております。      [高橋けんたろう議員登壇] ◆高橋けんたろう 議員  はい、わかりました。  加害者へ出席停止制度というものがあります。これは、いじめ防止対策推進法第26条にも明記されております。

船橋市議会 2019-09-05 令和 元年第2回定例会−09月05日-02号

生活保護受給者の方は、執行停止により滞納額が消滅している場合には補助を受けることは可能でございます。  以上です。      [小川友樹議員登壇] ◆小川友樹 議員  はい、以上でございます。ありがとうございます。    …………………………………………… ○議長(日色健人) 今仲きい子議員。      [今仲きい子議員登壇] ◆今仲きい子 議員  無所属の今仲きい子です。  

船橋市議会 2019-09-04 令和 元年 9月 4日会派代表者会議−09月04日-01号

また、現在、紙資料の配付を希望されている方、今議会からまた一時的に復活させるわけだが、実際もらってみて、やはり紙資料が不要であるよという方がおられたら、会派代表を通じ、お申し出いただければ随時、配付を停止するので、会派の皆さんにお伝えいただくようお願いをする。      [「はい」と呼ぶ者あり] ◆岩井友子 代表  反対の場合はどうか。 ○議長(日色健人) やっぱり欲しいという場合か。

木更津市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第5号) 本文

その人がどうやら横断歩道を渡ろうとしている、そう感じたら、車は停止をして、歩行者の横断が完了するまで止まっていてくださいね。これが法律で決められたルールですが、実際には多くのドライバーがそのルールを忘れており、横断者は車が途切れるのを待っているのが現状です。これを本来あるべき姿に戻そうと千葉県警が中心となって取り組んでいる運動、それがゼブラストップ運動です。  

横芝光町議会 2019-09-01 令和元年9月定例会

事故の概要といたしましては、令和元年6月22日午前10時45分ごろ、横芝光町横芝地先、 銚子丸付近の国道126号路上におきまして、千葉方面へ向けて走行していた横芝光町職員が、 右折待機していた車両の後方に停止していた2台の車両のうち最後方の車両に追突し、追突 された車両がその前方の車両に追突するという玉突き事故でございました。

船橋市議会 2019-07-31 令和 元年 7月31日総合計画に関する調査研究特別委員会健康福祉分科会-07月31日-01号

周辺で心肺停止傷病者が発生した場合に、夜間や休日等時間帯や曜日にかかわらず、市民がいつでも町なかでAEDを使用することが可能となった。  市民による心肺蘇生法実施の機会が拡大されることにより、さらなる救命率の向上を目指す事業となっている。  AEDを設置しているコンビニエンスストア各店舗の協力内容としては、設置場所を提供いただくとともに、AEDを借りに来た方への受け渡しを行っていただいている。