運営者 Bitlet 姉妹サービス
2415件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 銚子市議会 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号 攻めと守りを常に帯同させながら、一つ一つの事業を確実に成功させていくことができなければ、会社は倒産してしまうからです。これは、市政に置きかえても同じことです。経済の状況が刻一刻と変化するように、行政を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。この厳しいと言わざるを得ない環境下で生き残っていくためにも、市民が今必要としているのは、先見の明を持ったリーダーシップです。 もっと読む
2018-12-05 鴨川市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 なぜなら、財政調整基金がマイナスになるということは、家庭で言えば破産、そして企業で言えば倒産に向かっていくことになる話だからです。もし、万が一、そういう方向になってしまえば、市の執行部を初め、職員の皆さん、そして我々議員の責任は重大です。また、市民の皆さんにとっても、行政サービスの低下やブランドイメージの低下など、大変な日常が待ち構えています。 もっと読む
2018-09-20 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月20日-01号 ◎産業振興課長(鈴木研悟) 委員のおっしゃるとおり、市内企業がどれだけ潤って産業振興を発展させるかということが命題になっておったわけですが、平成29年度につきましては、やや景気回復の傾向もありまして、倒産件数ですとか、あと融資の状況も落ちついてきているという状況でございます。 もっと読む
2018-09-18 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月18日−質疑並びに一般質問−04号 倒産件数の3倍以上の企業が休廃業、解散を選択し、黒字にもかかわらず、事業を停止する事例がふえております。その中の大半が中小企業で、多くの理由は人材難です。後継者がいれば存続する企業は少なくありません。また、新規事業の立ち上げで障害となるのも適切な人材がいないことです。質問は、市内の中小企業の状況をお聞かせください。 もっと読む
2018-09-01 大多喜町議会 平成30年第1回議会定例会9月会議 ○企画課長(米本和弘君) これは出資のお話をさせていただいたときに、マイナビのほうで 過半数を超える出資金を出すということの中で、その理由として、まずマイナビのほうで責 任を持ってこの会社の運営をやっていきますというような形でお話をいただいておりますの で、赤字というのは単年度の赤字を指していうのか、それともその赤字が累積して会社が、 要するに倒産とか、そういう形になった場合にどうするのかという もっと読む
2018-06-20 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月20日−06号 保険料減免については、大きく分けて、災害により住宅等に著しい損害を受けた場合、世帯の生計を主として維持する人が失業、倒産、解雇、雇いどめ等により収入が著しく減少した場合、生活が著しく苦しい場合の三つの制度がありますが、昨今の年金カットなどに伴って、この3点目の生活が著しく苦しい世帯が増加傾向にあると言われております。   もっと読む
2018-06-20 千葉市議会 2018.06.20 平成30年第2回定例会(第7日目) 本文 また、少子化の進行に伴い、学校統廃合など教育のあり方が変化し、私立学校の倒産や統合を招くことになります。未来社会の担い手が減少することは、結果、経済の縮小を進行させることになります。さらには、高齢化の進展により、社会保障費が一層増大し、税収減とあわせて、国や自治体の財政運営に大きな打撃を与えることになります。 もっと読む
2018-06-15 君津市議会 平成30年  6月 教育福祉常任委員会-06月15日−01号 続きまして、第24条の2第2項、特例対象被保険者等に係る申告についてですが、まず特例対象被保険者等の意味でございますが、倒産などの会社都合などにより退職となった方のことでございます。 もっと読む
2018-06-13 銚子市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−05号 睦沢でもそういった点で、なかなか顧客が広がらないというのが大きな課題になっておりまして、そのために本当にわかりやすいチラシを作成いたしまして、例えば新電力が万が一倒産した場合であっても、電力がとまるということはないですよといったような、本当の素朴な疑問に対する不安感を払拭するようなチラシをつくって、デメリットだなというふうに思われている部分を解消していくというような試みをしているということを伺っております もっと読む
2018-06-12 鋸南町議会 平成30年第3回定例会_ そもそも論はですね、あそこの 採石場の跡地をですね、そのまま放置されて、そして倒産をしたと。そこに原因があってですね、 町が買わざるを得ない。 もっと読む
2018-06-12 成田市議会 平成30年  6月 経済環境常任委員会-06月12日−01号 中小企業の業況は回復傾向にありますが、依然として労働生産性は伸び悩んでおり、大企業倒産も拡大傾向にあります。また、中小企業が所有する設備は老朽化が進んでおり、生産性向上の足かせとなっている状況にあります。   もっと読む
2018-06-12 四街道市議会 平成30年  教育民生常任委員会-06月12日−04号 2点目ですが、会社の倒産や解雇などで失業した方が国保税の軽減を申請する際に、必須としていたハローワーク発行の雇用保険受給資格者証について、マイナンバー連携による内容確認でも可能とすることにより、申請者の利便性向上につながる改正を行うものでございます。   以上が四街道市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の内容でございます。ご審査のほどよろしくお願い申し上げます。 もっと読む
2018-06-05 成田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月05日−02号 中には、人材不足による廃業、そして黒字倒産という会社もあります。現在、国民総人口の減少、少子高齢化の影響による生産年齢人口の低下が懸念されております。  生産年齢人口は、GDPに影響しGDPの低下は経済成長が滞ってしまうおそれがあり、国を含めて対策に乗り出しておりますが、抜本的な解決策は見出せません。 もっと読む
2018-06-05 栄町議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月 5日) また、この改正にあわせ、倒産や解雇などによる非自発的失業者に係る保険税軽減措置の申告の際、個人番号制度により情報を取得できる場合は、雇用保険受給資格者証等の提示が不要であることを明らかにする改正を行ったものでございます。  以上、簡単ではございますが、議案第4号の提案理由及び内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご承認くださいますようお願い申し上げます。     もっと読む
2018-06-01 横芝光町議会 平成30年6月定例会 特例対象被保険者等とは、非自発的失業者とも言われ、倒産や解 雇、雇いどめなどにより失業した被保険者のことで、この非自発的失業者は、国民健康保険 税の所得割の計算や軽減判定に用いる前年の給与所得額が2年間30%で計算されるという特 例が受けられます。 この特例を受けるには申告をしなければなりませんが、第2項で申告に当たって必要とな る書類について規定しています。 もっと読む
2018-05-15 佐倉市議会 平成30年 5月臨時会全員協議会−05月15日-01号 自己都合ということでございますが、この軽減の制度につきましては、いわゆる企業の倒産等による整理解雇等、疾病あるいはそういったやむなき、本人の意思と反する事情によりということでございますので、自己都合の場合は対象にならないというところでございます。  以上でございます。 ○議長(櫻井道明) 間野課長。 もっと読む
2018-03-23 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月23日−06号 また、中小企業については毎年約3,000件ぐらいの事業所が設立、倒産、廃業などで入れ替わる不安定な状況にあることを伺いました。景気は緩やかに回復している兆しがあらわれていると言われますが、市民の暮らしの困難さは変わらず、歳入の面から見ても、市民の暮らし優先を市政に貫くことを強く求め、一般会計予算への反対討論といたします。   もっと読む
2018-03-15 千葉市議会 2018.03.15 平成30年第1回定例会(第8日目) 本文 総合事業が進み、報酬単価が低く倒産、縮小する事態となっています。市内で約4,000人も介護人材が不足をしており、処遇改善を含めた抜本改善を求めます。  次に、こども未来局です。  子どもルームの待機児童は、2月末時点で734人と、子供を預けられず困るという声が寄せられております。緊急3か年計画を見直し、さらなるルーム増設を求めるものです。 もっと読む
2018-03-14 佐倉市議会 平成30年 2月定例会予算審査特別委員会-03月14日-01号 3年間佐倉市もじっと我慢して、中小企業、倒産件数は依然として多いですから、応援していく、新しい施設、機械を入れたら、その固定資産税をゼロにするとてもいい法案だと思うのですが、いかがですか。 ○委員長(押尾豊幸) 産業振興課長。 もっと読む
2018-03-14 千葉市議会 2018.03.14 平成30年議会運営委員会 本文 そしてもう1項目ですが、民間による都市開発などが円滑に行える制度の検討、この中でもただし書きとして、一方でニーズとして、恒久的な利用が想定されることから、憲法により財産権が保障される中、営利企業を含めた民間事業者による恒久的利用によって個人の所有権を制限することに国民の理解が得られるか、また事業者の倒産リスクにどう対応するのか、慎重な検討が必要であるということが述べられております。   もっと読む