運営者 Bitlet 姉妹サービス
7609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日健康福祉委員会-03月12日-01号 そして、黒ポツ4つ目、検査キットやワクチンの供給量を鑑み、対象となる男性にはクーポン券を発送する順位が決められている。これは後ほど市の実施体制のところでも説明する。  4ページ目をごらんいただきたい。黒ポツ1番上である。いわゆる各医療機関から市町村への実績報告、委託料の請求については、都道府県単位で設置されている国民健康保険団体連合会が代行する。 もっと読む
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日予算決算委員会市民環境経済分科会−03月12日-01号 スズキやホンビノスガイなど、水産物についても子供たちに食してもらう機会を設けたいと考えているが、水産物は特に供給方法──生ものなので配送に課題もあるので、漁業組合などと慎重に協議し、農産物と同様に進めたいとは考えている。 ◆藤代清七郎 委員  了解した。   もっと読む
2018-12-20 鴨川市議会 平成30年第 4回定例会−12月20日-05号 電力は市民生活や企業活動等を支える重要な社会基盤であり、国は福島第1原子力発電所の事故以降、電力の安定供給を図るためのエネルギー政策として、純国産のエネルギー源である太陽光、風力、水力、バイオマス等の再生可能エネルギーの導入拡大を推進してきました。 もっと読む
2018-12-20 富津市議会 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号 ◎業務課長(神子和好君) 9月議会の規約のときに少し御説明させていただきましたけども、各市の規模がそれぞれ違いますので、給水人口割、企業団の用水供給事業に対しましては、各構成団体1名ずつとしております。末端給水事業、水道事業のほうは、県はかかわってないので、県は除いて、4団体の中で規模の違い、給水人口の違いで算出して、用水供給事業と末端供給事業を足した数で選出議員の数を構成しました。 もっと読む
2018-12-19 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月19日−委員会報告、質疑、採決−08号 市営住宅は福祉の側面が強くなっていくと思うが、需要に対して供給は適切かとの問いかけに、柏市当局は市営住宅の数を中核市で比較すると柏市は少ない。理由として、他の自治体と比較するとURの賃貸住宅が多いことが挙げられる。供給に関して市営住宅単体で見ると、多少ではあるが、URと合算した数字で見ると適正な供給であると考えていると答えています。 もっと読む
2018-12-13 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月13日−質疑並びに一般質問−07号 このことから、空き家についても単体で考えていく施策に加えまして、面的な視点で空き地も含めた地域資源として捉え、時代や需要に応じた住宅供給、流通のほか、地域に不足する生活利便施設や交流施設としての利活用、またあるいは若い人向けに、空き店舗も含めたリノベーション等で、コワーキングであったりテレワーク、それからコミュニティビジネスの環境整備といった利活用がなされることについて、その行われる地域や団体、支援 もっと読む
2018-12-12 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号 北海道胆振東部地震において発生したブラックアウトは、地震発生時に北海道電力の供給の約半分を担っていた苫東厚真火力発電所3基が緊急停止したことにより、供給のみが急激に落ち込み、不安定な状態での電力供給を避けるため、道内の各発電所が停止し、北海道電力管内のほぼ全域で停電、ブラックアウトが起きたものですが、こうしたケースは今回が初めてと言われております。 もっと読む
2018-12-12 我孫子市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 共同購買によるコスト削減・管理コストの分担・電力融通によるインバランスリスクの低減、これは電力の需要量と供給量の差が大きく生じてしまった場合に、PPSが系統管理者、一般電気事業者ですけれども、にペナルティーを支払うリスクのことなんでありますが、こういったことなど自治体間連携によるメリットについての理解を深め、検討を行い、急ぎ我孫子市でも取り組むことが必要です。お答えいただきたいと思います。 もっと読む
2018-12-11 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月11日−質疑並びに一般質問−05号 柏市は、東京のベッドタウンとして急激な人口増加に伴い多くの住宅が供給され、計画的な排水施設の整備が追いつかない時期がありました。そのような状況下において迅速な地域排水管の整備が求められ、本来なら公共用地等に布設する排水施設が一部民有地などを通過する状況になっている箇所が見受けられます。現在その施設は、地域にとってはなくてはならない施設となっています。 もっと読む
2018-12-10 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−04号 大綱1、住宅供給施策について、細目1、マンション供給について質問いたします。  住宅として戸建てを希望する人もいれば、マンションがいいという人もいます。利便性の高い土地にマンションを建設することは効率的な土地活用であり、定住人口をふやすために必要な事業です。木更津市においては、国の優良建築物等整備事業制度を使い、民間事業者が2棟のマンション建設を進めています。 もっと読む
2018-12-10 我孫子市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−02号 それで、原発についても先ほど申しましたけれども、やはり社会的な安定供給というものをきちんと踏まえた上で、経済がとまらないように、そしてまたこの前も大きな停電がありましたけれども、この停電も含めたいろんな形での今現在の社会状況、社会生活においては、市民の負担にならないようなきちんとした電力供給というものを考えながら、滑らかに移行していくべきなんだろうというふうには思っています。 もっと読む
2018-12-07 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 今の現状は、民間に宅地の供給というのは依存している状況でありますから、今できる施策としては、こういったところの取り組みが再度検討する必要があるのではないかと思っております。  以前の施策で、1年間に平均すると800人強が、1年間、持ち家をしたということになっております。 もっと読む
2018-12-07 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月07日−質疑並びに一般質問−03号 また、介護人材不足が課題となっている中、施設整備と人材の確保、供給は一体的に捉えなければならないものと認識しております。そのため市といたしましては、特養の整備に当たり既存施設の利用状況の確認や待機者の精査、長期的な需要の推計、各種医療介護サービスの利用見通し等により、必要な整備数を可能な限りしっかりと見きわめていく必要があると考えております。 もっと読む
2018-12-06 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 ということで、やはり大切にしていくことは何なのか、そして、この35万人が利用している利水、供給されるこの水について、これから本当に考えていかなければいけないことだというふうに考えております。市としても、それから議会としても、今なすべきかと、何をなすべきか、そんなことを考えていきたいというふうに考えていますので、トップセールス、大変ありがとうございます。よろしくお願いします。   もっと読む
2018-12-06 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月06日−質疑並びに一般質問−02号 都市部地域、特に市街化区域内の生産緑地地区農地につきましては野菜などを生産、供給するだけではなく、防災空間や緑地空間など多面的な機能を有する限られた貴重な資源であり、農業従事者の減少、また高齢化が進む現在、これらの機能を発揮させていくために、農地所有者以外の方であっても農地を有効に活用されるための貸し借りが円滑に行われる仕組みとして、本年9月に都市農地の貸借の円滑化に関する法律が施行されました。 もっと読む
2018-12-06 富津市議会 平成30年12月定例会−12月06日-02号 全国的には、集中豪雨や大型台風、記録的な猛暑などの異常気象により、農地の崩落や農作物の著しい生育不良が見られ、安定した生産供給が行われない地区があると報道されているところであります。  富津市では、水稲については平年並みでしたが、一部では玄米が白く濁ったり、カメムシによる被害など、猛暑による影響が見られました。 もっと読む
2018-12-06 鴨川市議会 平成30年第 4回定例会−12月06日-03号 なるべく長期間にわたり安定供給ができる体制を整備することが重要だろうと存じております。  まず、高品質の維持、平準化は、農産物のブランド化、そしてブランド力の維持という面で必要不可欠な取り組みでございます。農産物については、個々の生産者の技術力や意識の違いによりまして、品質にばらつきが出ることも多く、こうした状態が続くと、ブランドそのものの価値を損なってしまうおそれもございます。 もっと読む
2018-12-06 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日 この中で、地元の住民からは、開発面積のうち、 水の流れは、赤目川流域の4倍の水が阿久川流域に流れることなどから、再生土の供給量や監 視カメラの設置など、再生土に関する質疑や要望が多くなされたところです。 もっと読む
2018-12-06 袖ケ浦市議会 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-12月06日−議案質疑、一般質問−02号 ◎総務部長(小泉政洋君) 民間福祉事業者との防災対策における連携としましては、民間福祉施設との災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協定や福祉用具供給協会との災害時における福祉用具等物資の供給協力に関する協定など協定を締結しまして防災対策の強化を行っております。 もっと読む
2018-12-03 山武市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-12-03 県では、侵食防止のため、人工的に砂を供給する養浜、砂浜から海に突き出したヘッドランドというT字型の堤防、あるいは、沖合に海岸と平行して設置する離岸堤などの設備が必要と聞いております。  そこで、県では、九十九里浜全域での対策は、どのように行っているのかお伺いします。 もっと読む