1410件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白井市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-24

白井はこれをすごく大きく取り込んで、将来像を住民参加で快適な健康文化都市と改めて、健康基本としたまちづくりを本格的に稼働し始めたという経緯があります。  中村、前の前の前の市長のときですね。これが実は施策自体が横串になっていて、かつ、施策の評価が政策の評価にまでつながっていくという、すごい構想だったのはもう十分御存じと思うんですけれども、例えば、防犯についての施策を取り組みました。

白井市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-19

何が違うかといいますと、私が37年間やった中では、数々の市民の皆さん、市民団体の皆さん、そして、大学関係者の皆さんとネットワークを持っておりますので、さらにこういう人たちの力をかりて、もっと住民参加なり、協働のまちづくりを進めていきたいと思っております。  以上です。

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

そのためには、茂原市基本構想の中でうたわれております「共生」と「共創」のまちづく りの一環として、住民参加公園づくりが必要ではないかと考えます。さまざまな立場の住民 が参加することで、自分たちのまちに対する誇りや愛着も強くなるとともに、自主的な管理が 行われやすいという研究結果もございます。そこで、住民参加公園づくりの取り組みについ て伺います。

睦沢町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会会議録 3月1日

また、住民参加という点では、私は加入するというだけではなくて、こうした地域の人々 が経営にも参加出来る地産地消、そして地域経済に貢献出来るような仕組みでの発展も必要 ではないかと考えておりますが、見解をお聞きしたいと思います。 次に、再生可能エネルギーの推進と環境保全、住民合意を明確にすべきではないかという ことについてお聞きをします。

千葉市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第8日目) 本文 開催日: 2018-12-12

電子市役所を推進するに当たっては、アクセシビリティの向上、市役所サービスの利用しやすさの向上、ワンストップサービス、ノンストップサービスなどや、オープンデータビッグデータの活用、ネットワークによる住民参加等々の視点があると思われますが、今回は主に電子申請を中心に伺いたいと思います。  まず、日本一の電子市役所の具体像と進め方について伺います。  

袖ケ浦市議会 2018-12-06 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-12月06日−議案質疑、一般質問−02号

次に、策定に向けてですが、都市計画マスタープランは、市の上位計画でもある総合計画千葉県都市計画区域マスタープランに即して計画を進めていくことであり、さらには市町村主体的に独自性を発揮して住民参加のもとに作成するものとされ、その策定に当たっては必ず住民の意見を反映させるために必要な措置を講じることが求められています。そのようなことから、次のことについて質問します。  

富津市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会−12月06日-02号

建設経済部長宮崎一行君) 参考事例といたしましては、住民参加による清掃活動に対し、清掃にかかる機械借り上げ費や業者への委託費など経費の一部を補助したり、人件費について上限を設け一部負担する補助制度を設けている自治体などの事例がございます。 ○副議長(岩本朗君) 12番、藤川正美君。

八千代市議会 2018-11-13 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月13日−03号

併設される利便施設につきましては、落札事業者である日本GLP株式会社から、具体的な計画は示されておりませんが、日本GLPと地元との利便施設の考え方に差が生じており、現在、地元自治会住民参加型の意見交換会を、日本GLPと定期的に開催しており、広く住民意見を聞き、集約を図っているところでございます。  

船橋市議会 2018-10-10 平成30年第3回定例会−10月10日-09号

この間、塚田連合自治会に対しての説明会など、地域住民参加の説明会も行われてきたが、町開きが近づくにつれて、さまざまな案件も出てくると思うので、引き続き必要に応じて説明会をしていただくこと、特に危惧されている塚田駅から諏訪神社までの交通量増加に伴う対応など、小学校の通学路の問題も含めて、きちんと対応していただくよう要望する。  

白井市議会 2018-10-03 平成30年第3回定例会(第7号) 本文 開催日: 2018-10-03

そもそも使命を終えた組織を閉じるということなので、反対ということは言えませんが、今回閉じることとなる附属機関がたまたま現状を象徴する巨大事業、市役所庁舎と給食センターと2つが並んでいるということで、この2つを見比べていろいろと思い返しているところですが、市役所庁舎については、十分な多くの市民委員を入れたり、部会を設置して細かく専門的な計画策定を行ったりするなど、住民参加の件で大変すぐれたお手本とも言

千葉市議会 2018-10-01 平成30年第3回定例会(第8日目) 本文 開催日: 2018-10-01

次に、本年3月には、千葉港中央港地区の千葉ポートパークからケーズハーバー周辺が港を核としたまちづくりが進み、住民参加による地域振興が継続的に行われる施設の登録制度に従い、「みなとオアシス千葉みなと」として、国土交通省により登録がなされました。  一方で、千葉みなと周辺におけるにぎわい創出としては、千葉市みなと活性化協議会が中心となって検討がなされていると聞いております。  

鎌ヶ谷市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月25日−一般質問−04号

後期基本計画策定時に大変な苦労をされたように、住民参加による政策形成はその意思決定手続に膨大な時間と労力が必要とされると思います。しかし、先代たちの思いをさらに引き継いでいただいて、この50年間に子供たちに何を残せたのか、このため、先の50年後、100年後の未来の子供たちに何を残せるのか、改めて市民とともに次期総合基本計画の策定に臨んでいただきたいという願いがあります。