7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

船橋市議会 2019-05-21 令和 元年第1回臨時会−05月21日-01号

また、そこに書かれていることだけでなく、会議の運営には各種の会議原則、議事法、先例申し合わせ等さまざまな決まり事がございます。こうしたものにのっとって、公正中立な議会運営に徹したいと考えております。  また、当然私1人では全ての決まり事について網羅できるとは到底思っておりません。船橋市議会には優秀な議会事務局のスタッフがおられます。

印西市議会 2018-03-20 03月20日-議案説明、質疑、討論、採決-08号

議会においては、さまざまな会議原則があり、その一つに議長、委員長の中立、公平の原則というものがあります。そして、そこから派生する現状維持の原則というものがございます。この現状維持の原則というのは、議員の皆様は当然ご存じかと思いますが、議案を可決するということは現状を変えるということであり、可否同数ではなく、現状を変えるのであれば、もっと大きな数で行うべきであるという考え方であります。

船橋市議会 2017-02-17 平成29年 2月17日広報委員会−02月17日-01号

(朝倉幹晴委員「1年以内」と呼ぶ)  だとしたら、この委員会の特殊性みたいなものもあるが、会議原則の最たるものだと思う。一事不再議。  なので、一度決めたものを、その都度ころころ変えるというのはあり得ない話なので、少なくともこの委員会の任期、2年目が終わるまではそういう提案はなしにしてもらわないと、その都度、その都度、そういうふうに一度決めたことを取り上げていたら切りがない。

船橋市議会 2014-08-08 平成26年 8月 8日議会運営委員会-08月08日-01号

いわゆる会議原則にのっとった形の中での1つの形としてこれまで従来方式という部分があったわけでありますので、その、登壇する回数だとか、そういう部分については改良の余地はあろうかと思いますけれども、基本的にはそういう方向でやるほうがより理解が進むんじゃないかというふうに思います。

船橋市議会 2007-12-18 平成19年12月18日議会運営委員会-12月18日-01号

先ほどは、「会議原則なんだ」と説明があったが、これを読む限りでは、会議原則ととらえることはできなかった。(笑声)  私たちは、議会における議員は、市民に対して、なぜそのような態度表明をするのかの説明責任をは負っていると思うし、それが重要な会議原則だと認識している。  

船橋市議会 2007-06-08 平成19年 6月 8日議会運営委員会-06月08日-01号

多数決の原則があるので、会議原則規則で制約することになってしまうので、ちょっと問題があるというお話であった。それぞれの議会が、議会の内部で申し合わせとか運用として行う分では、それはそれで差し支えないというお話であった。  もう1つ、地方議会研究会の野村氏の話であるが、この改正は、委員会の活性化を目指すものであって、委員会の所管事務調査は議案立案のために行うものとされている。

白井市議会 2006-06-08 平成18年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2006-06-08

会議原則精神というものは、1)議事公開の原則、2)定足数の原則、3)過半数議決の原則、4)議長表決権不行使の原則、5)会期不継続の原則、6)一事不再議の原則、7)一事件一議題の原則、8)現状維持の原則、9)審査独立の原則、討論1回の原則、10)討論交互の原則、11)議長の公正指導の原則、12)議員平等の原則、13)発言自由の原則など、ほかにもたくさんございます。  

  • 1