16205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-07-10 令和 元年 6月定例会−07月10日-06号

市民が納めた税金を支出する立場として、増額分が元請企業にとどまることなく、目的に沿って建設労働者に支払われたことを確認する責任を果たすよう強く求めます。  最後に、請願第3号です。地下室ではなく、明るく使いやすい佐倉図書館に建て替えるよう求める請願については、請願の内容に賛成し、委員長報告に反対の討論です。現在建設が予定されている美術館前の駐車場は、佐倉図書館の建てかえ場所としてベストでしょうか。

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

さて、安倍政権のもと、この間、元気で笑顔になっているのは、資料の4、5にあるように大企業と富裕層なのです。所得1億円を超えると税負担率は下がっていく。しかも、その原資は株の売買です。点々で下のほうにあるのが株式の売買ですね。大企業は、内部留保を440兆円以上ため込んで体力万全です。市長、ご感想はいかがでしょうか。

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

これらに対するアプローチにつきましては、企業向けには商工会議所など経済団体の広報誌などを通じたPR、また大学のサークルやゼミ合宿などに向けては近隣の大学生協等との連携を通じた周知活動などを進めてまいりたいと考えております。  

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

市長との面談につきましては、近隣自治体の首長を初め国や県が所管する団体の代表者、民間企業の代表者など市政の運営に当たりご協力をいただいている団体などを中心に順次スケジュールを組み、調整を行っているところでございます。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 五十嵐議員。

佐倉市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会-06月24日-02号

水道事業の広域化についてでございますが、平成29年度より、印旛地域7市1町1企業の水道担当部課長及び印旛郡市広域市町村圏事務組合の水道企業部長で構成する印旛地域末端給水事業統合研究会を設置し、検討を進めております。当市といたしましては、本検討を通して、佐倉市にとってどのようなメリットがあるかを検証し、周辺自治体とも積極的に議論してまいりたいと考えております。  

茂原市議会 2019-06-20 平成31年 第5号 令和元年6月20日

認可外施設は、事 業所内の企業主導型や居宅訪問型などを含め、5カ所ある」との答弁がありました。 また、委員より、「国が規制緩和を進め過ぎ、保育の質の低下を招くおそれがあるため、反 対である」との意見がありました。 以上の審査経過を踏まえ、採決の結果、議案第5号については、賛成者多数により可決する ことと決定しました。

茂原市議会 2019-06-14 平成31年 第4号 令和元年6月14日

○福祉部次長(花沢春雄君) 1点目でございますけれども、現行の条例では、家庭的保育事 業者等は、利用乳幼児の卒園後の受け皿を確保するため、保育所、幼稚園または認定こども園 を連携施設として確保することとなっておりますが、それらの施設と連携することが著しく困 難な場合は、連携協力の相手として、一定の要件を満たす企業主導型保育事業、または認可外 保育施設を認めるなど、弾力的に事業運営ができるよう

茂原市議会 2019-06-13 平成31年 第3号 令和元年6月13日

次に、県営茂原にいはる工業団地の進出企業についてですが、6社の企業が今、建設中です が、茂原市企業立地促進条例における企業立地奨励金及び雇用促進奨励金の交付申請対象事業 者は何社あるのか、お尋ねいたします。 次に、最近、高齢者による重大交通事故が発生して、大勢の人の被害が起きております。

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

次に、項目としては最後の質問になりますが、JDI、ジャパンディスプレイと沢井製薬及 び新規企業誘致についての質問をさせていただきたく存じます。 初めに、JDIのこれからについて質問いたします。市内には数多くの企業が操業しており、 雇用と人口の維持、そして茂原市の財政を支えてくださっていることに深く感謝しております。

茂原市議会 2019-06-05 平成31年 第1号 令和元年6月5日

中小企業への支援につきましては、中小企業融資制度により、事業に必要な資金を低金利で 融資し、あわせて利子補給を行っております。4月から、この利子補給率を、設備資金は貸付 利率の75%、運転資金は貸付利率の60%に引き上げました。 今後も制度の充実を図り、中小企業の経営の安定化に努めてまいります。

富津市議会 2019-06-04 令和 元年 6月 4日全員協議会-06月04日-01号

◆11番(石井志郎君) 最後に、前回、かずさ水道広域連合企業団のときに、我々が知らない内容のことが木更津市議会に結構、内容が開示されていたんですね。木更津市議会、木更津市といろいろな話し合いをしていたというのは、途中からいろいろお話を聞いたんですけど、流れというものが非常に、我々としてみれば、悪い流れになったんじゃないかなと思っていたんですけど。  

長生村議会 2019-06-02 令和元年定例会6月会議(第2日) 本文

質問の第4は、零細企業への支援の課題です。村で取り組んできた住宅リフォーム制度とLED補助制度は高く評価されてきましたが、これらのこれまでの年別実績の推移をお尋ねします。年々減額されていますが、もっと拡充すべきだと思うが、見解を伺います。この事業は利用する村民が助かるのみでなく、村の零細業者が潤うという一石二鳥も三鳥も効果のある事業だと思います。

長生村議会 2019-06-01 令和元年定例会6月会議(第1日) 本文

この間この場でお話をしてきましたけれども、私ども日本共産党が全国的に提案している1兆円の公費投入による国保税の軽減という政策は、従来の政策の枠組みを乗り越えて国民健康保険税を中小企業の労働者が加入する協会健保の保険料の水準まで引き下げようという提案です。この提案は、医療保険間の負担の公平を図ろうというものであります。  この大きな1点目。国保世帯の現状についてであります。  

富津市議会 2019-05-28 令和 元年 5月28日議会運営委員会−05月28日-01号

市内のある意味、一大企業でもある市役所としては、やはりこの撲滅に向けて、もう一歩踏み込んだことをお願いしまして、意見とさせていただきます。  以上です。 ○委員長(渡辺務君) ほかに質疑ございますか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(渡辺務君) それでは、ないようですので、次に移ります。           

鴨川市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会−03月20日-05号

監査委員から、平成31年1月分の一般会計、特別会計、基金会計、及び企業会計の現金出納検査の結果報告がありましたので、ご報告いたします。  以上で、諸般の報告を終わります。           ──────────────────────── △各常任委員長報告 ○議長(庄司朋代君) 日程第2、今定例会において各常任委員会に付託した案件について、各常任委員長の報告を求めます。

船橋市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算決算委員会全体会−03月20日-01号

提案理由として、安倍政権による大企業、大資産家優遇と社会保障削減の政治のもとで格差と貧困が拡大し、市民の生活が苦しめられている。さらにことし10月より低所得者ほど負担が重くなる消費税の増税が計画されており、市民の暮らしがますます追い詰められることが危惧されている。

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

そこの本当の根源的なところにもう少しちゃんとメスを入れて考えて、考えにメスを入れて、それで、民間の企業と行政の公的な責任というのはどういうかかわりでなければ成り立たないかという点を、ちゃんと考えてもらわないと間違えてしまうと思う。考えていて、今、どうなっているか。      [副市長登壇] ◎副市長(山崎健二) 確かに、おっしゃるとおり、民間は株式会社、それはまさに利益を追求する企業である。