運営者 Bitlet 姉妹サービス
8962件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 栄町議会 平成30年第4回定例会(第3日12月14日) ○12番(戸田栄子君) 15ページの総務費で人材育成費29万円、人材育成事業費というこの事業のこれは29万円、金額的には30万円弱ですけど、どういう事業でしょうか。ちょっと教えてください。 ○議長(大野 博君) 古川総務課長。 ○参事兼総務課長(古川正彦君) こちらにつきましては、職員の採用試験に要する経費でございます。  以上です。 ○議長(大野 博君) よろしいですか。   もっと読む
2018-12-13 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月13日−質疑並びに一般質問−07号 新しい機能を担うのであれば、職員の人材育成が求められると思いますが、今回の検討ではどのような議論がされているのでしょうか、お示しください。指定管理者について質問いたします。 もっと読む
2018-12-13 栄町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月13日) 三つとして、学校を支援する人材の確保として、平成30年度より、教職員が行う授業準備や校内掲示物の作成、集金作業などの事務作業、特別な支援を要する児童・生徒の指導等を行う教員アシスタント職員を配置いたしました。   もっと読む
2018-12-13 茂原市議会 平成30年会議録 第5号 平成30年12月13日 3つ目は、市の行政改革路線による市職員の非正規化や人件費の削減には拍車がかかり、臨 時職員の多様化、図書館や給食センターの民営化や、窓口業務や、一部事業にシルバー人材セ ンターへの委託切り替えなど、職員犠牲、そして市民サービスの低下への強行であります。 もっと読む
2018-12-12 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号 また、司書については、これまで職員の中に司書資格を持っている人材もいるので、配置の際に参考にしていくとの御答弁もありましたが、司書として採用すべきだと考えます。司書として募集することで、やる気があり、また優秀な人材を採用できる可能性が高まります。この点についての御見解もお聞かせください。 もっと読む
2018-12-12 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−資料 えているか   ②これからのうなりくんについて (3)児童生徒の不登校が増えていることについて   ①全国的に過去最高レベルとの声もあるが、本市の現状は   ②いじめとの関連について   ③教育支援センターへの通所状況と成果について 10.一山貴志君……………………………………………………………………………131 (1)2020年オリンピック・パラリンピックの取り組みについて   ①都市ボランティア人材 もっと読む
2018-12-12 富津市議会 平成30年12月12日総務産業常任委員会−12月12日-01号 常勤職員が臨時職員と同じ仕事をしているように見えても、例えば管理職になるために、今の仕事を経験しているケースもあり、また現時点では同じ仕事をしていても、常勤職員はその経験を経て役職を持ったり、異動したりなど長い目で見た人材育成、活用の点で臨時職員とは異なるものでございますので、差があってしかるべきだというふうに考えてございます。   もっと読む
2018-12-12 我孫子市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−04号 こちらのメリットといたしましては、限られた優秀な人材を地域に多く排出する、そして職員といたしましては、地域問題について積極的にかかわることで問題解決能力が高まるというメリットもございます。例えば、職員の方がサークルを開いたり、またはNPO団体などに所属したりして能力を高めることもできます。   もっと読む
2018-12-11 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月11日−質疑並びに一般質問−05号 今後こうした不祥事が起きないよう職員一人一人が自分自身の問題として認識し、意識改革として知識やスキルの向上を促していくこととあわせ、組織、職場としても管理職のマネジメント力の強化と、それからOJT等を通しての人材育成を進めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-12-10 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−04号 本市の奨学金制度につきましては、経済的な理由により就学困難な方に対して、予算の範囲内において就学上必要な資金を貸し付け、有為な人材の育成に資することを目的とするものでございます。家庭の経済事情によらず、意欲、能力のある方が学費の心配をせずとも学べるようにするためには必要な施策であり、本制度が利用者にとって利用しやすいものとなるよう努めていく必要があります。   もっと読む
2018-12-10 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月10日−質疑並びに一般質問−04号 これは、条例が受益者負担適正化を図るために見直した料金であること、また指定管理者が適正な収入を得ることで安定的な運営が図られ、施設の適正な維持管理や効率的な運営、従事する職員の雇用の安定や計画的な人材育成などが可能となり、それが利用者への質の高いサービスの提供につながるものと考えているためでございます。 もっと読む
2018-12-07 袖ケ浦市議会 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-12月07日−一般質問−03号 また、消防団においてもなかなか人材の確保が難しいという状況があるのも理解しています。そういう中で、消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律に基づいて、今いろいろやっていると思いますが、それにおいて災害発生時に非常に重要な役割を果たす、また安心の源である消防団の機能強化、人員確保というのは現在どういうふうになっているでしょうか。 ○副議長(佐藤麗子君) 消防長、古川和行君。 もっと読む
2018-12-07 茂原市議会 平成30年会議録 第4号 平成30年12月7日 初めに、人材の育成についての中で、管理職として果たすべき役割は何かとの御質問でござ います。管理職として部下職員の能力を最大限に引き出すためには、日常的に職員とのコミュ ニケーションを図り、対話することにより、職員の心身の状況や仕事に対する考え方等を把握 し、適切な指導を行うとともに、公平な評価を実践することが重要であると考えております。 もっと読む
2018-12-07 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 さらに、目指すべき職員づくりや人材マネジメントの推進を、これまで以上に迅速かつ的確に進めていく必要があり、限られた職員数で対応するためには、職員一人ひとりの能力を向上させ、企画力や交渉力といった自治体経営に必須の能力を備える必要があります。   もっと読む
2018-12-07 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月07日−質疑並びに一般質問−03号 2点目、柏市では、人材確保について介護職員の初任者研修受講料の2分の1の助成を行っています。千葉県では、介護福祉実務者研修受講資金貸付制度で20万円以内無利子で貸し付けし、千葉県内で実務者研修を修了した日から1年以内に介護福祉士の資格を取得し、介護の業務に以後2年間以上従事すれば返済不要という事業を行っています。 もっと読む
2018-12-06 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 活力ある産業のまちづくりには、産業を支える人材や商店などが重要であることから、就農相談や君津市産業支援センターによる事業承継、設備投資などの支援を、今後も充実させてまいります。   もっと読む
2018-12-06 睦沢町議会 平成30年第4回定例会会議録 12月6日 このように、それぞれの立場での熟議を重ね、経て、意見集約を行い、園小中一貫教育の 教育目標を自己の生き方を考え、広く郷土の発展に主体的にかかわれる人材の育成とし、子 供たち、保護者、地域住民を含む子育てにかかわる全ての人がイメージしやすい15歳の姿と して、自ら一歩を歩み出す15歳といたしました。 もっと読む
2018-12-06 富津市議会 平成30年12月定例会−12月06日-02号 農商工連携につきましては、まずは各事業者の経営安定が図られることが最重要と考えており、創業支援事業、事業継承支援事業及び農業次世代人材投資事業等により支援してまいりたいと考えております。 ○副議長(岩本朗君) 再質問に入ります。4番、高木一彦君。 ◆4番(高木一彦君) 御答弁ありがとうございます。  それではまず、富津市の防災についての再質問に入らさせていただきます。   もっと読む
2018-12-06 鴨川市議会 平成30年第 4回定例会−12月06日-03号 また、集落支援員制度を活用し、地域の実情に詳しく、集落対策の推進に関してノウハウ、知見を有した人材を自治体が集落支援員として委嘱し、地域の状況の調査、課題の把握、住民と行政との連絡調整、地域の活性化に係るコーディネートなどを行い、地域コミュニティーの推進に取り組んでいるという事例もございます。   もっと読む
2018-12-06 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日 そこで、ひきこもりサポート事業を効果的に活用するためには、都道府県で実施されているひ きこもり支援が適切に行える人材を養成するひきこもり支援従事者養成研修などを通してサポ ートする専門家の養成が求められると思います。 もっと読む