8887件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-07-10 令和 元年 6月定例会−07月10日-06号

本来の配備先である佐賀空港での受け入れ交渉が難航している中、オスプレイ部隊の新編も本年度内に予定されていることから、木更津基地への配備は既定の事実と判断せざるを得ない。  まず問題とするべきはきわめて事故率の高いオスプレイの安全性である。普天間基地所属の24機のうちすでに2機が墜落大破、死者3名を出している。

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

地権者との交渉を初め市長みずからぜひ過去の議員経験を生かし、近隣市町村との関係性の改善、そして対策を早急に進めてもらいたいと思います。また、四街道井野線のように今後もしばらくは利用のめどが立っていない場所では、何十年も放っておかれている使われていない土地の活用なども進めていただきたいのですが、どのように検討しているか、お伺いいたします。 ○議長(石渡康郎) 市長。

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

現在の交渉の進捗状況につきましては、6月20日に佐倉警察署との現場立ち会いを行い、横断歩道を移設するに当たり必要な事項を確認したところでございます。今後は移設時期などの詳細について、警察と協議を進めてまいります。なお、現場立ち会いの中で、夏休み中の実施等のお願いがありましたので、それに向けて警察と今後協議を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長(爲田浩) 玉城議員。

佐倉市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会-06月24日-02号

まずは、この方針で土地所有者と交渉を行い、その経過を見ながら計画の見直しなどについて検討してまいります。詳細につきましては、担当部長より答弁いたします。  次に、ふるさと広場から草ぶえの丘へのアクセスについてお答えいたします。

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

○2番(石毛隆夫君) 子供たちの安全のため、事業計画の継続と粘り強い交渉をお願いいた します。また、幼稚園や保育所と周辺と、子供たちが集まりやすい公園も含めたパトロールの 強化も、あわせてお願いをいたします。 次に、新茂原駅・本納駅周辺の環境整備について伺います。

富津市議会 2019-06-04 令和 元年 6月 4日全員協議会-06月04日-01号

入札公告を8月上旬から9月上旬に変更し、優先交渉権者、建設候補地の決定を令和元年12月から令和2年3月中旬に変更し、事業契約の締結を令和2年の3月から令和2年の6月下旬に変更をさせていただきます。これらに伴い、環境影響評価の手続が事業契約締結後の令和2年6月下旬となります。  それから、入札公告から優先交渉者決定までの手続に必要な事項を追加いたしました。  

船橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-10号

JRの姿勢が変わるのを待っていられない状況もあるので、JRの設計図面をつくるところまでやっていただき、船橋市民と市川市民の両方が利用しているので、自治体間で協力して、基本的な費用は自治体側が中心に負担をすることを考えて、JR側に伝えるべきだと思うので、採択とする」、  日本共産党の委員から、「市としては、JRとさらに交渉を進め、バリアフリー化に当たって、その金額の積算をした上で、市が100%補助できるのか

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

そしてもう1つ、今、財源の話、県がやらないのであれば市のほうから交渉すべきだというお話があった。これについては、改めてそういった機会も設けたいとは思うが、ただ、これまでの経緯からしても、非常に県のほうの方向性としては難しいと考えているが、改めてその辺はお話をさせていただく。ただ、非常に可能性は、私としては厳しい状況だと思っている。      

流山市議会 2019-03-15 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月15日−06号

しかし安倍首相は、「70年間、領土問題が動かなかった」「日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速する」とし、自らの任期中に日ロ領土問題に「終止符を打つ」と繰り返している。   首相の方針を「2島先行」と見る向きもあるが、「2島の返還」で領土問題を終わりにし、それ以上の領土要求を放棄することが懸念されている。

南房総市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-14

退学した者もいますが交渉して返還していただいていますとの答弁がありました。  次に、館山や鴨川へ就職している人の貸付金の返還額について質疑があり、当局から、南房総市以外の安房管内は半額の返還になりますとの答弁がありました。  次に、議案第8号について次のとおり質疑・答弁がありました。  

佐倉市議会 2019-03-14 平成31年 2月定例会建設常任委員会−03月14日-01号

あと、用地取得できない場所に関しての状況がございますが、海外にいらっしゃる方が交渉相手でございまして、正直直接会ったことがございませんので、現在メールのやりとりでやっておりますが、再三コンタクトを、会いたいということをお願いしているのですが、相手のご都合が合わなくて全く進展していないという状況が実際にはございます。  以上です。 ○委員長(爲田浩) 冨塚委員。

船橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日予算決算委員会健康福祉分科会−03月11日-01号

今のここの部分をあいている、この部分を交渉しているという詳細について説明は差し控えたいと思う。 ◆岩井友子 委員  今、3月11日で、例えば学校の教室を使わせてもらう、臨時的に4月から使わせてもらうところができるのかどうかというのは、もう今の時点で相談ができてなければ、実施は難しくなるのかなという感じがする。

船橋市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算決算委員会総務分科会−03月08日-01号

これは従来の各課による施設設備ごとの保守点検発注業務を一括して行うもので、その詳細は優先交渉権者と協議する形、これはデザインビルドというみたいだが、それで決定をするということである。これは、管理業務委託に加えて、プラスアルファのサービスも受けて、そのサービスは日常点検プラス修繕サポートを含む定期巡回も組み込んでいるということである。

富津市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日総務産業常任委員会−03月08日-01号

大規模災害への対応、重要な政策に関する条例の立案、国や他団体との重要な交渉その他の重要な業務であって、特に緊急に処理することを要すると任命権者が認めるもの、いわゆる特例業務に従事する職員に対しては、上限時間を超えて超過勤務を命じることができるようにいたします。  

佐倉市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-05号

井野・酒々井線の約400メートルの未開通区間につきましては、今後も引き続き早期開通に向け、地権者との交渉を進めてまいります。議員よりご提案のありました整備済みの区間を活用した供用開始につきましては、今後地権者との交渉状況を踏まえる中で検討していく必要があると考えております。

富津市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-04号

平成12年度から、納税交渉の結果、分割納付となったもの、また金融機関の減少や高齢等で納付困難な状況の方などを3名体制で臨戸徴収しておりましたが、平成21年度から、コンビニ収納の開始、口座振替、月末の夜間窓口開設など、自主納付の推進を行ってまいりました。また、滞納処分の強化等により、臨戸対象者の減少となったことから、平成31年度末には、徴収補助員を廃止する方針ということで検討進めておりました。

佐倉市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-04号

現在交渉中のほかの2名の地権者につきましては、個々の事情により用地取得までには時間を要する見込みでございますので、早期に対応できるよう無償での借地による仮排水路の確保も視野に進めております。  なお、上流側につきましては、民有地間の境界が確定しないため、用地交渉には着手できない状況でございます。  以上でございます。 ○議長(櫻井道明) 山本議員。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

どのような施設整備がされるのか、いつ基本構想が交渉されるのかと、市民は待ち望んでいました。ところが、ここに来て、事業期間は平成33年度から38年度、供用開始は平成39年4月予定に変更されたと伺いました。当初計画からすると、事業開始で3年おくれ、供用開始で2年おくれになります。

富津市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-03号

その他、富津市内に在住もしくは別荘に滞在されるなど、市に縁のある著名な方々につきましては、取材交渉や知名度向上への御協力をお願いしてまいります。  なお、女優の浅田美代子さんに交渉いたしまして、来年度から観光大使への就任を承諾いただいております。ギャランティーにつきましては、今後検討させていただきます。 ○議長(平野明彦君) 7番、平野英男議員。 ◆7番(平野英男君) いい知らせですね。

佐倉市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会-03月04日-02号

現在は多目的広場用地の取得に向けた交渉を行っているところでございます。  次に、法定外道路及び水路、いわゆる赤道、青道の部分の境界確定の進捗状況でございます。現在河川や水路及び長期にわたり人の手入れが行われておらず、立ち入りが困難な区域以外の部分につきましては、境界確定が終了しているという状況でございます。  以上でございます。 ○副議長(森野正) 伊藤壽子議員。