運営者 Bitlet 姉妹サービス
2333件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 鴨川市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-04号 自分も保育園のとき育ちましたので、少し時間をいただいて、遊んでいるときに友達が井戸におっこって、先生が一生懸命引き上げたとか、自分も遊んでいるときに、どういうわけか、あそこに肥だめみたいなのがあって、そこにおっこっちゃったとか、あるいは、あそにニッキの木があって、それを食べたら、腹に虫がわいちゃったとか、余りいい思い出はないのですけど、いずれにしても、あそこに行ったら、庭を見て、子どもたちが遊んでいるところが もっと読む
2018-12-07 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 主な改善対策でございますが、新たな排水管と集水管の設置、その上で揚水井戸によってたまってしまった内部保有水を強制排水する。そして、遮水シートにより埋立地を被覆する、こういうようなものが対策となっております。  以上でございます。 ○議長(鈴木良次君) 船田兼司君。 もっと読む
2018-12-06 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 これは2008年環境省の平成名水百選に選ばれた久留里自噴井戸からの水であります。今後は、このペットボトルのデザインを変えて一般販売を検討しているということです。このトップセールスということで考えてみてはどうかなというふうに考えておりますが、ご意見をいただきたいと思います。 ○議長(鈴木良次君) 河野経済部長。 ◎経済部長(河野孝夫君) お答えいたします。   もっと読む
2018-12-06 袖ケ浦市議会 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-12月06日−議案質疑、一般質問−02号 また、説明会の参加者の方からは、イベント時の交通渋滞のことや地下水利用による井戸への影響などについて質疑等があったというふうに伺っているところでございます。 もっと読む
2018-11-01 香取市議会 平成30年 12月 定例会-11月01日−03号 第3点目、山田地区における防災井戸の現状と今後の管理方法について伺います。  旧山田地区には、平成8年度、避難場所施設整備事業として耐震性防災井戸飲料取水装置が山倉小、第一山倉小、府馬小、八都小、山田中の5カ所に整備されました。この施設は、残念ながら3.11大震災においては飲料水不適とされ、使用されませんでした。   もっと読む
2018-10-23 香取市議会 平成30年 12月 定例会-10月23日−01号 調整池整備工事) 議案第16号 専決処分の承認を求めることについて        (専決処分第4号 平成30年度香取市一般会計補正予算(第4号)) 議案第17号 字の区域の変更について                一般質問通告 宇井正一議員  1.再生土処分場禁止・規制条例の制定について 市長 生活経済部参事  2.古内残土処分場の違法状態の現状と指導方針について 生活経済部参事  3.山田地区における防災井戸 もっと読む
2018-09-26 佐倉市議会 平成30年 8月定例会−09月26日-06号 利根川に流れてくるこの表流水を多量に購入する義務があるため、現在使っている井戸からの取水を減らさなければなりません。おいしい水が飲めなくなる上に、料金値上げが想定される事業への支出は市民の不利益となるため、反対します。  ふるさとまちづくり応援寄附推進事業に924万5,157円を支出していますが、佐倉市が受ける寄附より他自治体への寄附額が大幅に上回り、住民税を失う結果となっています。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 次に、5の農業用用排水対策885万4,000円は、農業用水源対策補助として、井戸151本に対する電気料補助を千葉市長作土地改良区ほか32団体に行いました。  次に、180ページをお願いします。  6の優良農地保全集積1,949万5,000円ですが、1の農業経営基盤強化促進対策45万1,000円は、経営感覚にすぐれた認定農業者を確保、育成するため、経営改善の取り組みを支援いたしました。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会都市建設分科会 本文 ですので、もともと水源は、基本的には井戸ということで、水を持っていないというところで、今、現状先ほど話がありましたとおり、県から水を買っているというところでございます。  95%がという話、さっきもありましたけれども、うちのほうは5万人程度の人口に給水をしておりますけれども、市域としては30%というところで、調整区域等で、非常に効率が悪い。 もっと読む
2018-09-20 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月20日-01号 ◎上下水道事業管理者(椎名哲) 水源井戸の取り扱いについて、みなし井戸8本、それから暫定井戸24本、この取り扱いについて市長が千葉県知事に対して要望したのが平成29年2月、日にちは忘れましたけれども、それ以後いろいろな意味で直接、県の水質保全課とか、あるいは市の環境部とか、そういうところと協議を重ねてまいりまして、基本は水源井戸を廃止するのではなくて、くみ上げ量で調整をする。 もっと読む
2018-09-18 袖ケ浦市議会 平成30年  建設経済常任委員会-09月18日−議案審議、討論、採決−03号 ◎水道局次長(根本正雄君) 大口径利用者に負担を強いることになりますと、今まで上水道を使っていただいたにもかかわらず、工業用水とかですね、井戸とかへ切りかえる可能性がありますので、その辺のところは考慮しております。 ○委員長(鈴木憲雄君) 励波委員。 もっと読む
2018-09-18 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月18日-01号 ◆委員(萩原陽子) これから災害対応は重要な課題なのですが、決算書の101ページの防災井戸の維持管理ですね、これは内郷小学校は井戸の水質が悪くて使えないということが大分前からわかっているのですよ。地区からも要望が出ているのですが、この避難場所を変更するとか検討状況はどうですか。 ○委員長(山口文明) 菅沼次長。 もっと読む
2018-09-10 四街道市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月10日−05号 平成31年度に予定されている八ッ場ダムの完成や平成35年度に予定されている霞ケ浦導水の完成により、新たな水源が確保された場合、印旛郡市広域市町村圏事務組合の構成団体である本市においては、その確保水量に見合う暫定井戸の削減が求められることとなります。 もっと読む
2018-09-01 横芝光町議会 平成30年9月定例会 災害用の井戸の確保や、長時間の停電による断水で生活が困らないように、ポンプを 動かすことのできる発電機の確保が必要と考えます。どのように考えているのかを伺います。 防災無線の戸別受信機は、台風や集中豪雨のときに避難指示に役立つことには間違いあり ません。屋外スピーカーは、風や雨音で打ち消され、役に立ちません。戸別受信機の設置を、 希望者に無償貸与できる制度を求めるものです。 もっと読む
2018-08-30 四街道市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-08月30日−02号 しかしながら、栗山残土汚染に見られるように、一たび残土汚染や地下水汚染が起これば、持ち込まれた残土の撤去は行われず、今も場内の5本の観測井戸の数値を見る限りでは、条例違反が続いております。しかも、環境財団からの改善計画でさえ実行されてはいない状態です。職員の皆様には、問題解決に向けて一層のご努力をお願いいたします。    もっと読む
2018-06-29 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月29日−資料 発言順位12 通告者 ◆諸角由美 (本文掲載頁160頁~169頁) △1 災害協力井戸の登録制度について (1) 登録制度がスタートし1年が経過するが、登録状況と市民の声はどうか。 (2) 登録者に対して、停電時でも使用するには、手動ポンプの設置や発電機が必要になるが、購入助成への検討状況を伺う。 もっと読む
2018-06-22 四街道市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−08号 次に、③、八ッ場ダム完成に伴う暫定井戸の廃止の方針と水道審議会の答申についてお聞きをいたします。四街道のおいしい水は、市民の自慢ですし、誇りでさえあると思います。高くてまずい八ッ場の水を無理やり買わされる、多くの市民が心配をしております。何とか四街道の安全でおいしい水を守れないか、守る方法はないかと願っております。 もっと読む
2018-06-22 君津市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−04号 執行部から、当該事業計画については、事業者はこれまで一貫して久留里地区の自噴井戸の帯水層と第3期処分場計画地の地層は異なるため、仮に処分場の保有水が地下水を汚染した場合であっても、久留里地区の地下水には影響を与えないと説明してきたが、平成30年4月5日に事業者が県に提出したボーリング調査の計画書では、県アセス委員会及び県廃棄物審議会の中で出された「地下水は上下の移動もあるため、地層が異なっても地下水 もっと読む
2018-06-21 千葉市議会 2018.06.21 平成30年第2回定例会(第8日目) 本文 また、現状では観測井戸での月1回の水質検査と、鉛及びその化合物の含有量が基準を超えている地点での飛散防止対策を行っていると伺いましたが、旧北谷津清掃工場の近隣には民家や公共施設等があり、井戸水を飲用しているため、汚染物質の環境影響、周辺住民の健康への影響が大変心配されます。 もっと読む
2018-06-20 館山市議会 平成30年  建設経済委員会-06月20日−02号 ◆今井義明委員 交差点の改良のほうに戻りますけれども、塩井戸橋、あれは何か私の認識としては何か文化財にはなっていないけれども、非常に古いアーチ橋で、何かすごく価値のあるものだというふうに地元の人から聞いているんですけれども、あのアーチ橋は価値が古いものなのか。 もっと読む