運営者 Bitlet 姉妹サービス
38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-06 柏市議会 平成30年  第1回定例会(2 月定例会)-03月06日−質疑並びに一般質問−05号 夫婦や事実関係にある男女だけでなく、同居する恋人からの暴力にも保護対象が広がりました。国、地方公共団体に対して1、国民への教育、啓発、2、加害者の更生や被害者の健康回復の方法に関する調査研究、3、被害者を保護する人材養成、資質向上、4、民間団体への援助を努力義務としております。昨年11月25日、第25回柏市男女共同参画フォーラムがパレット柏にて開催されました。 もっと読む
2017-09-28 千葉市議会 2017.09.28 平成29年第3回定例会(第9日目) 本文 近年では、価値観の多様化から、婚姻という形にとらわれず、事実や同性婚など、多様なパートナーシップが浸透しつつありますが、いずれにしても、形はどうであれ、男性が一人では子供を産むことはできません。 もっと読む
2017-09-05 印西市議会 平成29年  第3回定例会( 9月定例会)-09月05日−一般質問−03号 また、同年3月に行われた厚生労働省の人口減少社会に関する意識調査の集計結果では、15歳から79歳までの事実、離婚、死別を除く未婚については31.3%となっております。公的な婚活支援に対する意見としても、ある程度取り組むべき、40.0%と最も多く、次いで、最低限必要な範囲にとどめるべきは23.6%、積極的に取り組むべきは19.6%という結果となりました。 もっと読む
2016-12-07 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−02号 現行の休暇制度においては、同性同士のカップルでは民法上の婚姻関係がなく事実とも見なされないため、男女の婚姻関係に基づき利用できる休暇制度の対象とはなりませんでした。しかし、これを同性同士のカップルでパートナーシップを形成したものの共同生活を支援するという観点から、今後事実と同様に取り扱うこととし、休暇制度が適用となるようです。 もっと読む
2016-12-01 酒々井町議会 平成28年12月定例会 あと、もう一点なんですが、配偶者の関係で、括弧書きの中でございますけども、届け出をしないが 事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むというところでございますが、今回一部の条例改正につき まして、この内容については従前と変わらないというところでございますけども、私のほうで詳細にど うかと、具体的なところはちょっと承知してございませんで、ここに読めるところで、事実であると いうところを想定されているというふうに もっと読む
2016-09-21 四街道市議会 平成28年  決算審査特別委員会-09月21日−03号 あと、おっしゃったように、考えられるのは、ひとり親でなくなってしまったとか、事実が判明したとか、そういったような形などもあるかと思います。   以上です。 ○関根登志夫副委員長 西塚委員。 ◆西塚義尊委員 ありがとうございました。   それでは、次の質問に移らせていただきます。102ページになります。170番の生活保護給付事業です。 もっと読む
2016-02-25 香取市議会 平成28年  3月 定例会-02月25日−02号 まず、新婚新生活支援補助金、詳しい要項ができると思うんですけれども、そうしますとその中でいわゆる申請制度になるのかとかいうこと、申請しなければ出ないのかということとか、あるいは私たちの年代ではちょっと考えられないことですけれども、今の若者の考え方として、事実というようなことも多うございますけれども、そういうのが認められるのかなどなど、ちょっと細かいことですけれども、もうそこら辺まで定まっているのでしたら もっと読む
2015-09-10 木更津市議会 2015.09.10 平成27年決算審査特別委員会 本文 その理由につきましては、例えば遺族年金や障害年金、こういう公的年金を受給されまして、児童扶養手当の受給要件に該当しなくなった方、それから戸籍上はひとり親家庭なんですが、実際は夫婦、要は事実のような方がいた場合、そういう場合は要件を満たさないので、返還をしていただいております。  以上です。 ◯委員長(近藤 忍君) 渡辺委員。 もっと読む
2015-09-09 木更津市議会 2015.09.10 平成27年決算審査特別委員会 本文 その理由につきましては、例えば遺族年金や障害年金、こういう公的年金を受給されまして、児童扶養手当の受給要件に該当しなくなった方、それから戸籍上はひとり親家庭なんですが、実際は夫婦、要は事実のような方がいた場合、そういう場合は要件を満たさないので、返還をしていただいております。  以上です。 ◯委員長(近藤 忍君) 渡辺委員。 もっと読む
2015-06-17 鎌ヶ谷市議会 平成27年  総務企画常任委員会-06月17日−02号 それでは、次にこちらは配偶者ということで、結婚のあり方についてもさまざまな現状の中でいろんな婚姻のあり方というのが示されているのではないかなというふうに思うのですけれども、こちらは事実というか、婚姻届を出さないでいる方もきっと想定しているのではないかなというふうに思うのですけれども、この辺の婚姻のあり方としての制度の適用というのはどのような考え方なのか、お聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2015-06-12 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月12日−04号 返還金の主な発生事由につきましては、手当受給中における事実上の婚姻状態に当たる事実や、さかのぼりの所得の修正申告等によるものでございます。  返還につきましては、御本人との協議により一括返還が困難な場合は、返還計画を立てまして分割での納付をお願いしているところでございますが、所得の低い方も多く、計画どおりに納付が進まない状況にございます。 もっと読む
2014-12-05 柏市議会 平成26年  第4回定例会(11月定例会)-12月05日−質疑並びに一般質問−03号 また、改正DV防止法は、夫婦や事実関係にある男女に限った保護対象であったが、同居の恋人同士においても事件にエスカレートする前に介入することが可能になりました。デートDVと呼ばれる恋人間のDV発生もふえてきております。以上のことを踏まえ、3点質問いたします。質問の1点目、デートDVを含む相談体制の充実が必要と考えるが、過去3年間の相談件数と今後の課題についてお聞かせください。 もっと読む
2014-03-13 館山市議会 平成26年  文教民生委員会-03月13日−01号 今まで配偶者の中に事実の方は含まれておりました。今回拡大されるのは、事実だけではなくて事実というと、どういう意味かといいますと、結婚の意思を持って一緒に共同生活するというのが事実だそうです。結婚の意思がなくても一緒に共同生活をしている関係の相手からの暴力とか被害、そういったものを救済するために今回法律が改正されたというふうに伺っております。 もっと読む
2014-02-20 印西市議会 平成26年  第1回定例会( 3月定例会)-02月20日−一般質問−03号 外国の実態はどうなのかということですが、かつては婚外子に厳しい差別を行ってきた欧米諸国ですが、人権意識の高まりと事実の増加を考慮し、差別規定を撤廃しています。ドイツやフランスでも法改正が行われてきました。そのため、日本は国連人権委員会などから再三の勧告を受けるなど、婚外子差別撤廃について国際社会の強い要請を受けてきたところでございます。    もっと読む
2013-12-12 千葉市議会 2013.12.12 平成25年第4回定例会(第8日目) 本文 今、世論は、婚外子への不利益な扱いをしてはならないが圧倒的でありますし、事実やシングルマザーが増加している社会的背景もあります。厚生労働省の婚姻に関する統計によっても、出生に占める婚外子の割合の国際比較は、年度差はありますが、日本では今2.0%と言われておりますが、フランスは47.4%、スウェーデンは何と55.4%、イギリスは42.3%、アメリカは35.8%とされております。 もっと読む
2013-07-09 千葉市議会 2013.07.09 平成25年第2回定例会(第8日目) 本文 第二の問題点は、国内における事実と婚外子の増加につながる可能性が大きいということであります。既に選択的夫婦別姓制度を導入しているスウェーデンでは、2人に1人が婚外子であります。事実と法律婚を同一の扱いとした弊害がここにあらわれています。どの家族母体にも属さない婚外子は、先祖の墓に手を合わせることもできません。 もっと読む
2013-06-11 大網白里市議会 平成25年  第2回定例会-06月11日−03号 さて、時間もないので早速質問に移りたいと思いますが、本日、1番目は市制施行と人口政策、子育て支援というこの間、私のテーマとしているものの一環の一つとして、少子化対策及び事実と婚外子への行政サービスについてという、この2点について質問通告をしております。   もっと読む
2010-12-22 印西市議会 平成22年  第4回定例会(12月定例会)-12月22日−議案説明、質疑、討論、採決−10号 別居・離婚後の共同親権・共同監護の法制化と支援を求める意見書   離婚後の子どもの養育について定めた民法第766条には、別居親との面会交流の規定がなく、多くの親子が別居や離婚、事実の解消を期に、親子の関係が断たれているという現実がある。裁判所での調停や審判を経て、面会交流の取り決めがなされても、法的な強制力がないため、決定自体が監護親によって反故にされ、守られない事例も少なくない。    もっと読む
2010-06-16 流山市議会 平成22年  市民経済常任委員会-06月16日−02号 改める必要がないというのが18.8%ということで、若い人の間ではかなり事実みたいなものも今結構ありますので、そんなに抵抗はないのかなというふうに思います。   次に質問なのですが、私はやっぱり法律だとか条例とかの角度から、憲法とかと、民法上は今のことで別に問題はないのだけれども、憲法だとかということでいうとどうなのかということを、ちょっと見解をお聞きしたいなと思う。 もっと読む
2010-06-07 富里市議会 平成22年  6月 定例会(第4回)-06月07日−03号 なお、父子家庭の状況としましては、本籍地での戸籍による確認や事実関係等の確認が困難な状況でありますことから、概算として60世帯から80世帯の対象を見込む必要があると考えております。   もっと読む
  • 1
  • 2