1577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

昨年、明石市の先進事例を視察に行ってきたのですけれども、例えば離婚後の子供養育支援、保育料の第2子以降の完全無料化、小学1年生で1クラス30人以下の少人数学級の実施、ことし4月には、中核として3例目となる児童相談所が設置され、2013年以降、人口は増加し続け、特に子育て世代が急増し、合計特殊出生率も伸びており、大変注目されています。  

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

それは、法が変わって、中核も設置が可能だということにはなったが、義務ではない。その上で、県から頼まれて、県が財政大変だからやってくれと言われたわけでもない。そうすると、ここはいまだに市長は、県に対して、論立てとしては県が事務主体であるべき児童相談所を県ができないならば、なぜかということをきちんと問いただしてもらうこと。

船橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日予算決算委員会健康福祉分科会−03月12日-01号

だから、船橋市も中核だから都道府県同様に最低基準をつくるし、入所の判断も、それは福祉事務所がするということだから船橋市もやるということである。  こういう理解で、とりあえず確認だが間違っていないか。 ◎生活支援課長 生活保護の方ということでよろしいか。 ◆松崎佐智 委員  はい。

船橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日予算決算委員会健康福祉分科会−03月11日-01号

◎家庭福祉課長 中核市長会として国に対して財政的支援をもっとするようにということで、これは強力に要請している。 ◆岩井友子 委員  それは一般的には、ほかの都道府県も一緒だからわかるが、船橋市と千葉県との関係で、もし千葉県が独自に、これまでどおり県としての児童相談所を設置するとなれば、千葉県が支出するわけである。

船橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日健康福祉委員会−03月11日-01号

民生委員さんの業務量を考えると、もっと中核の場合は、民生委員さんの1人当たりの配置基準は170人から360人までということですよね。マックスの360をとらなくて、200人に1人とか、そういうふうにしたほうが民生委員さんの仕事としては、やりやすくなるんじゃないかと思うが、何で360を採用しているのか。

船橋市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算決算委員会総務分科会−03月08日-01号

◎財政課長 財源調整基金を中心に積み立てを行っており、中核等と比較すると、特定目的の基金の数が非常に少ない。年度間の財源を調整する機能として財源調整基金を中心に運用しているというところできているので、他市と比べると、財源調整基金からの繰り入れ額、予算計上額は多くなっているという状況が1つ理由として考えられる。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年 3月 5日会派代表者会議−03月05日-01号

中核以外でもマスコミ等の報道からわかったところについては、こちらの資料に一緒に、豊見城市や嬉野市などはマスコミ報道でわかったところを直接聞き取ったという資料である。 ○議長(鈴木和美) 配付資料を参考に、各会派で引き続き協議をしていただきたいと思う。また、今後の協議については、来期に申し送ることとして、よろしいか。      

船橋市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会−03月01日-06号

言い方は悪いかもしれませんけれども、この今回のいじめのような村八分のような状況、人口63万人を超える中核がこんなことでよいのでしょうか。防犯灯の管理を市へ移管するべきと考えますが、いかがでしょうか。      [市民生活部長登壇] ◎市民生活部長(杉本浩司) お答えいたします。  

船橋市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会−02月28日-05号

市といたしましても、新たに必要となる費用負担については国による地方への適切な財政措置が必須であると、このように考えておりまして、中核市長会等を通じて適切な財源措置を求める旨の要望を上げているところでございます。      [松崎佐智議員登壇] ◆松崎佐智 議員  市長会だけでなくて、ぜひ市としてご要望していただきたいというふうに思います。  

船橋市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会−02月27日-04号

AEDの屋外設置につきましては、中核、近隣市、屋外設置をしている自治体など、18の自治体の状況を調査しましたところ、幾つかの自治体において、小中学校の屋外に設置している状況が確認できました。この調査において、24時間利用可能な台数等もあわせて質問したところ、人口、面積で比べましても、本市は充実した状況となっていることがわかりました。  

船橋市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会−02月19日-02号

その後も人口の拡大は続き、本市は、今では中核の中では最も多い、63万人を超える人口を擁する大都市に発展しています。  これまでを振り返ると、船橋市は、どの時代においても、それぞれの時代ごとの諸課題を解決するために、多くの市民の皆様が努力されてきたことで、確実な歩みを続けてくることができました。  

船橋市議会 2019-02-18 平成31年 2月18日健康福祉委員会-02月18日-01号

大きな動きとして、平成28年6月3日に児童福祉法が改正され、附則において、政府はこの法律の施行後5年を目途として、中核及び特別区が児童相談所を設置できるよう、その設置に係る支援、その他の必要な措置を講ずるものとすると規定され、中核及び特別区における児童相談所設置拡大を図る方向が示された。

船橋市議会 2019-02-15 平成31年 2月15日議会運営委員会−02月15日-02号

そのときの記録もちょっと読み返したいなと思っているが、その後、どういう動きがあったかとか、それから、県児相と、県児相との中核児相の違いなんかもちょっともう一回復習しないと、いろんなことが多分進んできてる中で市長のご発言があったんだと思うので、そこのギャップをちょっと自分自身で埋めないと市長に失礼になると思うので、市長はもうそういうこと……何ていうか、オンデマンドというかオンタイムというか、ずっと最新情報

柏市議会 2018-12-19 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月19日−委員会報告、質疑、採決−08号

市営住宅は福祉の側面が強くなっていくと思うが、需要に対して供給は適切かとの問いかけに、柏市当局は市営住宅の数を中核で比較すると柏市は少ない。理由として、他の自治体と比較するとURの賃貸住宅が多いことが挙げられる。供給に関して市営住宅単体で見ると、多少ではあるが、URと合算した数字で見ると適正な供給であると考えていると答えています。

船橋市議会 2018-12-17 平成30年12月17日予算決算委員会全体会−12月17日-01号

特別職の期末手当の改定について、特別職報酬等審議会に諮るなど、第三者の意見を聞くべきではないかといったようなご質問だと思うが、先ほども申し上げたとおり、国も同様に、一般職の給与改定にあわせて特別職も改定していること、また、他の中核においても、この趣旨に沿って、期末手当を特別職報酬等審議会の審議対象とほとんどしていない。しているのは、平成29年時点で、中核48市中3市しかない状況である。

柏市議会 2018-12-13 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月13日−質疑並びに一般質問−07号

柏市は中核であることから、児童福祉法に基づく実地監査の権限を有しております。議員御指摘のとおり、指導監査の対象施設は年々ふえておりますが、現在柏市では年に一度の実地監査を認可外保育施設を含む全ての保育施設に対して実施しております。これまでの各施設に対する監査におきましては、重大な違反に伴うような事案はなく、柏市全体でおおむね安定的かつ安心・安全な保育が提供できているものと認識しております。

柏市議会 2018-12-12 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号

本年6月に第8次地方分権一括法が成立し、今後国から地方公共団体または都道府県から中核の事務権限の移譲や地方公共団体に対する義務づけ、枠づけの見直し等の法整備が行われます。人口減少社会の到来、超高齢化の進行など、社会経済が大きく変化する中、地方公共団体が担う役割や事務は、より一層増大することが予想されます。

習志野市議会 2018-12-07 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−07号

現在、政令市や中核を中心に、動物の正しい飼い方や飼うための心得を明文化した独自の動物愛護条例を制定していることは認識しているところでございます。現在のところ、本市では、動物愛護に関する条例制定の考えはございませんが、動物の正しい飼い方等について、千葉県と連携を図りながら周知に努めてまいりたいと、そのように考えています。以上です。 ○副議長(荒木和幸君) 佐野正人議員。