4995件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-06-27 令和 元年第1回定例会−06月27日-09号

これまでの審議過程では議事録も公開され、専門性・客観性・透明性が確保されてきたが、民間の認定機関からのJIS案の作成過程では、パブリック・コメントの募集に留まり、JISへの信頼が損なわれ、これまでJISを設立してきた中小企業にも悪影響を及ぼす。こうしたことから共産党は反対した。  

南房総市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-27

2015年度の法人税の実質負担率は、中小企業が19%前後であるのに対し、大企業は12%しか負担していません。連結納税法人の場合は5.6%です。内部留保が400兆円を超えている大企業中小企業と同じ割合で税金を払えば、年間4兆円の財源が確保できます。社会保障の財源は、大企業や富裕層への行き過ぎた減税を見直すことで確保すべきです。

白井市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-25

現在の国内の経済情勢につきましては、内閣府の令和元年5月期月例経済報告では、景気は輸出や生産の弱さが続いているものの緩やかに回復していると発表され、直近の経済産業省中小企業景況調査2019年1月から3月期の調査では、中小企業の状況は一部業種に一服感が見られるものの緩やかに改善しているとされています。  

船橋市議会 2019-06-20 令和 元年 6月20日市民環境経済委員会-06月20日-01号

戸籍及び住民基本台帳について、②地域振興について、③市民生活の安全について、④男女共同参画について、⑤環境保全について、⑥廃棄物について、⑦環境衛生について、⑧商工業及び農水産業について、⑨中小企業の振興及び消費経済について、⑩地方卸売市場事業について、⑪所管に係る市の重要な計画についてを調査事項とし、所管事務調査を行うことを議長通知し、また、閉会中継続調査の申し出をしたいと思う。

山武市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-14

本市では、企業支援施策につきましては、平成30年の4月に施行されました中小企業振興基本条例に基づき、現在、市内事業者の大多数を占めます中小・零細企業への支援を中心に、展開をしているところでございます。  その中の主な事業について、簡単に触れさせていただきます。  創業の準備のためのセミナー等を実施している創業支援事業がございます。  

船橋市議会 2019-06-12 令和 元年第1回定例会−06月12日-06号

働き方改革で時間外労働の上限規制が、大企業ではことしの4月から、中小企業では来年度から始まります。また、ことしの4月から、全ての使用者に対して年5日の年次有給休暇の確実な取得が義務づけられました。春休み、夏休み、冬休みのいわゆる三季では、人手不足で休みがとれないなど労働日数がふえて労働時間が多くなってしまうことがあると思います。

長生村議会 2019-06-01 令和元年定例会6月会議(第1日) 本文

この間この場でお話をしてきましたけれども、私ども日本共産党が全国的に提案している1兆円の公費投入による国保税の軽減という政策は、従来の政策の枠組みを乗り越えて国民健康保険税を中小企業労働者加入する協会健保の保険料の水準まで引き下げようという提案です。この提案は、医療保険間の負担の公平を図ろうというものであります。  この大きな1点目。国保世帯の現状についてであります。  

白井市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2019-03-22

1つ、中小企業の活性化支援事業について、零細事業者や目指す人の支援についてという質疑に対して。  この融資については、商工会にも随分と協力をいただいているところで、個人事業主も利用できるという制度になっていますとの答弁がありました。  続きまして、都市建設部所管分を申し上げます。  1つ、法定道路現況調査委託料の赤道の現状と予算化の内容はという質疑に対して。  

富津市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

企業中小企業並みの法人税負担を求め、富裕層の株取引に欧米並みの課税をすれば、消費税を上げなくても社会保障の財源はつくれます。  私は、消費税の増税に反対ですので、この議案に反対いたします。 ○議長平野明彦君) 次に、賛成討論ございますか。                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長平野明彦君) 討論もないようでございますので、討論を終結し、直ちに採決いたします。  

佐倉市議会 2019-03-18 平成31年 2月定例会−03月18日-06号

債務負担行為の所管部分については、中小企業融資損失補てんについて設定しようとするものであります。  採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。  議案第4号は、平成31年度佐倉市農業集落排水事業特別会計予算であり、2,063万1,000円を計上しようとするものであります。主な内容は、処理場の維持管理、起債の元利償還等に要する経費であります。  

茂原市議会 2019-03-15 平成31年 第5号 平成31年3月15日

「大企業への多額の補助金支給、スマートインターチェンジ設置事業への予算を増額する一 方で、中小企業への資金融資等に対する予算が乏しい。内水対策関連事業の継続や小中学校の 空調設備設置等、評価すべき点はあるものの、全体として市民要望に十分応えているものでは - 182 - ないことから、本予算案には反対する」というものであります。

富津市議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会−03月13日-02号

UIJターンによる起業・就業者創出事業につきましては、移住・定住促進事業の一つでありますが、その一定の要件といたしましては、東京23区に5年以上居住していた者、または、東京圏、東京都神奈川県埼玉県になりますが、東京圏に5年以上居住し、23区に通勤していた者で、その方が千葉県が今後開設いたします求人サイト、マッチングサイトに掲載をされております中小企業等の法人に就業した者に対する補助となります。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

また、地域経済活性化の推進のため、中小企業や創業者支援の充実を図り、クラウドファンディング活用促進を実施するほか、トライアル発注認定商品をさらに広くアピールするなどの取り組みについて評価します。  農業の成長産業化については、経済部と農政部が一つの局にある利点を生かし、連携を密にしながら取り組みを進めていただけるよう要望します。

佐倉市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-04号

しかし、平成31年度、市内商工団体の見解では、大企業を中心とする景気の回復は見られても、中小企業への景気回復の実感はいまだないとありました。非常に率直で勇気ある発言だったと、私思います。そこでお伺いいたします。消費税10%への増税を含むアベノミクスは、市民生活にどのような影響があったのか。そして、これからあるのか。市長の見解をお伺いいたします。  以降は自席より質問いたします。