1837件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

流山市議会 2025-12-04 12月04日-03号

また、耐震診断及び木造住宅耐震改修補助事業においては、倒壊が多数発生するリスクが高いとされるハザードマップにおける危険地区中心実施件数を向上させるための新たな取り組みを行われたいとの要望事項について、平成30年度に策定した流山住宅耐震化緊急促進アクションプログラムにより、旧耐震基準で建築された住宅地中心普及啓発等を図り、さらなる耐震化に取り組んでまいります。  

銚子市議会 2023-09-17 09月17日-05号

昨年7月の西日本豪雨で多くの方が犠牲になった岡山県倉敷市真備町では、浸水した地域のほとんどがハザードマップ危険性が予測されていたにもかかわらず、住民の多くがハザードマップ内容を十分に理解していなかったといいます。住民への周知を急ぐとともに、社会全体の防災教育のあり方を改め、住民がお互いを助け合う力をふやしていく必要があります。

柏市議会 2022-12-10 12月10日-05号

今年度江戸川区のハザードマップが改定され、ここにいてはだめですという表現に対して大きな反響がありました。この秋の台風被害を機に、江戸川区初め江東5区の住民区外避難せざるを得ないということが多くの人の知るところになりました。実際にアミュゼ柏にも都内からの避難者があったと聞いております。台風19号でJRが計画運休していなければもっとふえたかもしれません。

四街道市議会 2022-06-13 06月13日-03号

また、防災無線補完事業である防災行政無線情報提供サービスやよめーる等の活用を推奨しており、ホームページ防災ハザードマップへの掲載、区、自治会等防災訓練出前講座でその有効活用について啓発を行っております。なお、今後も引き続き防災行政無線難聴地域の解消に努めてまいります。  私からは以上です。 ○戸田由紀子議長 環境経済部長麻生裕文さん。    

柏市議会 2021-12-11 12月11日-06号

国土交通省は9月、10月の台風で、降った雨を排水処理し切れないことなどによる内水氾濫が各地で起きたことを受けて、全ての都道府県と市区町村に対し、浸水想定区域を示した内水ハザードマップ作成を進めるよう通知をいたしましたが、内水氾濫による浸水河川氾濫による浸水よりも頻度が高く、発生までの時間が短いのが特徴であります。

銚子市議会 2021-12-10 12月10日-05号

それでは、この冠水浸水被害に関してなんですけれども、市のハザードマップ今まで津波浸水ハザードマップで、今後は土砂災害等も含めた総合的なハザードマップをおつくりになるというようなお話をお伺いしましたけれども、こちらに関して、例えば利根川の増水、氾濫で上流から下流に水がというようなときのものも含めたハザードマップこういったものの作成になるのかどうかお伺いしてもよろしいでしょうか。

四街道市議会 2021-12-06 12月06日-04号

③の冠水箇所のうち、みのり町のアンダーパスであったり栗山新町、緑ケ丘三差路、旧二葉食品前、四街道西中周辺、今宿、鹿放ケ丘などは、内水氾濫のため、防災ハザードマップ浸水想定区域には示されておりません。ゲリラ豪雨時にいつも冠水する場所は、地元に住んでいる方はよいのですが、わからない方は無理して水没してしまいます。冠水ポイントは、もう少しわかりやすい表示方法等はできないものでしょうか。

四街道市議会 2020-12-10 12月10日-06号

ハザードマップは実態に合っていないことが判明しましたが、今回のことを入れ込んだものをつくり直す予定はないですか。  ⑬、暴風雨に対する補強として、家屋の耐震工事普及促進は、市民の命を守るという立場から最優先で進めてほしい。今回は強風だったが、大地震も予測されており、被害を少なくしていく減災には耐震工事普及促進が重点になるのではないか伺います。  

柏市議会 2020-12-09 12月09日-04号

水害予防取り組みは、この適応策の一つの取り組みとして位置づけており、例えばハザードマップ等による災害リスク周知防災講習訓練実施等といった水害予防被害の軽減につながる施策を初め、排水施設改修による機能改善宅地開発時の貯留浸透施設設置指導などによる流出抑制機能の強化というような集中豪雨リスクを軽減するための施策などといった適応策を講じていくべきと考えております。

柏市議会 2020-12-06 12月06日-03号

12月1日号の広報かしわ洪水ハザードマップ確認活用市民に呼びかけていました。柏市では、利根川の決壊に備えて洪水ハザードマップ作成しているほか、内水氾濫対策として内水ハザードマップ作成し、市民注意喚起を行っています。しかし、10月の大雨の際には、このハザードマップ危険箇所とされていない河川で越水がありました。書画カメラに切りかえてください。柏市の内水ハザードマップです。

流山市議会 2020-12-03 12月03日-02号

そして、ウ、内水浸水ハザードマップ改善の検討はなされているのでしょうか。  これは、先月行いました市内4カ所議会報告会などでも市民の中から内水浸水ハザードマップは、ちょっと言葉悪いですけれども、貧弱だなと、そういう声が聞かれたのですけれども、バージョンアップ、このことについてお考えを持っているかどうか。  それと、(2)です。台風による暴風がもたらす被害への認識とそれへの対策について問う。