1993件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

そのため佐倉市でも年に1回、スポーツイベントなども開催していますが、こうしたイベントに合わせて市民を対象にスポーツテストなどを実施するのも一つのアイデアではないでしょうか。各世代スポーツテスト平均値を市民に提供し、テストを実施し、結果を毎年比較することで、現状の自分の立ち位置や体力年齢を知ることができれば、日ごろから何かスポーツをしようという意欲や関心につながると思います。  

睦沢町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会第1号 6月14日

これは平成29年度全国学テスト学習状況のデータを、補完的に 実施した保護者調査のデータと結合させ、家庭的背景による学力格差の状況を明らかにした ものであります。 まず、学力の面では、所得を始めとした家庭社会経済的背景と学力には明らかな相関関 係が見られ、家庭経済事情が生徒の学力に影響を及ぼし、進学をも左右する要因になって いるとのことでした。

茂原市議会 2019-06-13 平成31年 第3号 令和元年6月13日

片や中学校、中間テスト、期末テストが ある。とても大変だと思いますよ。どうですか、この1点。 - 129 - ○議長(三橋弘明君) 教育部長 久我健司君。 ○教育部長(久我健司君) そこの点も含めまして、業間等の取り扱い、または校舎を分ける などで対応していくことと考えております。以上です。 ○議長(三橋弘明君) 飯尾 暁議員

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

本来は、本格的なものはテストピースを抜い て、つぶしてみたりとか中性化とか、そういったものをやって診断するものですけども、簡易 ですので、見落としとか、突発的な事故もあり得るのではないかなと思っております。日ごろ からの見守りをよろしくお願いします。 また、大きな費用負担が続く中で、新市民会館建設への影響が出ないよう、整合性を図って やっていっていただきたいと思います。

白井市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2019-03-22

残業を減らすため、読み取り作業の効率化が期待されるとするテスト中のソフトをDSKから提供させ、上司に報告することなく、実際の申告書を使用して試行したこと。このことが原因で入力作業が間に合わず、誤記載の通知書が業者から納入されたことを知りながら、上司に報告しないまま発送業務を行ったことは、看過することはできない初歩的かつ重大なミスである。業務遂行の上での課内の意思疎通の欠如とも言える。

富津市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日全員協議会-03月20日-01号

学力に関しては、小中学校学力テストの結果が23区内で低位だったため、どのような家庭環境でも将来に希望が持てるよう、基礎学力を定着させることに取り組みました。  健康に関しては、区民の健康年齢東京都平均よりも2歳短かったため、健康貧困は連鎖するものと考え、子供への食育を通し、野菜の重要性を説くことで、家庭に同居している高齢者糖尿病の重症化を防ぐ啓発にも取り組みました。  

千葉市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-05

今後は、大会の開催がいよいよ来年に近づく中、おもてなしの最前線となる都市ボランティア育成を行うとともに、各種国際大会やテストイベントの開催支援、機運のさらなる醸成を図るなど、全庁的な取り組みはもとより、県や経済界等と連携しながらオール千葉で取り組んでまいります。

白井市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-02-27

早いところは4月の下旬にはついてしまうということですけれども、そうすると、7月1日から稼働だけれども、早目について、早くに試運転をする分については、それは特に費用を請求されることなく、どんどんテストしていくということでいいのかどうか。どうも早目になりそうですね、この話だと。それでいいのかどうかを確認します。  それから、多分殺到していると思うんですね、こういう状況、全国的に。

船橋市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会−02月26日-03号

情報モラル教育は、道徳教育と似た面があり、テストなどで理解を検証していくことがなかなか難しいため、学習の後に感想を書かせたり、話し合いや体験的な学習活動の様子を観察したりする中で、児童生徒の理解の状況を把握することに努めてまいります。また、より効果的な情報モラル教育を実践していけるように、研修を充実させていくとともに、学習資料などを提供していきたいと考えております。  

千葉市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-20

その結果、本年1月には、システム開発にも必要な開催事務フロー全体案が完成し、本市を含めた関係者全員が参加するフロー全体を通した確認作業が実施されたほか、1月23日には、伊豆ベロドロームにおいて、250競輪の実際のレース運営を想定した第1回250テストレースが公益財団法人JKA主催のもと、本市と日本写真判定株式会社が共催する形で、現役プロ選手も参加し、開催されました。  

松戸市議会 2018-12-25 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月25日−07号

今、日本学校現場では、学力テスト再生のもと、子どもたち一人ひとりの成長発達を大切にすることよりも、型にはめるスタンダードが浸透し、子どもたちに生きづらさをつくり出しています。宿題、家庭学習の多さやいじめ、不登校の増加などにもあらわれているのではないでしょうか。  

八街市議会 2018-12-14 平成30年 12月定例会 第3号 平成30年12月14日

学校に行きたくない理由について、「疲れる」「朝起きられない」のほか、「授業がよくわ からない」「授業についていけない」「テストを受けたくない」が多く、家庭や友人関係よ りも体調面や学業的理由が目立っています。 「自分が学びたいと思える場所」を複数回答で聞きますと、「自分の好きなこと、追及した いことを突き詰められる」、これが58.1パーセントです。

山武市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-14

学力については、意欲の部分とテスト等の数値的な部分があると考えられますが、数値的な学力とICTの関連性については、今後検証していきたいと思いますという回答がありました。  次に、青少年派遣事業について、応募者数が定員数を下回ったとのことだが、周知の方法について伺いますという質疑に対して、昨年度は市内の中学校、高校へチラシを配布したほか、防災無線、市の広報紙へ掲載し、周知を図りました。  

栄町議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第2日12月13日)

いつも気になるのは、3月議会だったか、大野課長のご答弁の中で、全国学テストの結果、国語読解力に課題があるというふうなご答弁があったので、指導要領で外国語をやれやれと言うのはいいけども、とにかく国語基本になって外国語ができないと、とりわけよく外国語英語ですね。英語を話して、国際人になると。何のために英語を話せるようになるのか。

野田市議会 2018-12-13 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月13日−04号

総務部長(佐賀忠) 昨日の小椋議員の一般質問でも答弁させていただきましたが、新元号への準備状況につきましては、現在市で導入しているシステムに市単独で開発し、導入したシステムはなく、パッケージシステム基本に導入しておりますので、パッケージシステムの開発事業者が主体となりカスタマイズ部分も含め改元に係るシステムの影響範囲を分析し、改修作業に着手しており、プログラムの改修、テストを経て、来年5月1日から

野田市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月12日−03号

大東市では、当初学力診断テストの結果から、学力向上を図るための取り組みを強化してきましたが、保護者が安心して子育て教育を行うための支援、家庭教育支援を行うことにより、家庭における教育力の向上を図り、そして学校家庭地域社会がそれぞれの教育の役割を果たしながら、相互に連携し、調和のとれた教育の実現、子供の健やかな成長に必要な教育環境の充実により学力向上を図ることを目的とした家庭教育支援事業に取り組

松戸市議会 2018-12-11 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

単なる体操教室ではなく、教室実施前後の状態を比較するために体力測定認知テストを行い、取り組みの結果を見える化して、参加者にフィードバックすることで、より改善の意識を高めるような働きかけを行っている教室もございます。このような取り組みは好事例として、地域包括支援センター間での共有を図り、体操教室の質の向上を図っております。