1639件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

ですから、健康寿命という観点から見ましても、市営コミュニティバスの担う役割は大きいのです。また、市営コミュニティバスの充実により運転免許自主返納が進めば、高齢者ドライバー自身だけでなく、市民の安心安全にもつながります。  今月1月に、佐倉市にも運転免許自主返納優遇措置が施行されました。まずは、施行されたことに、ほっとしているところでございますが、その内容について質問をさせていただきます。

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

現在、運転免許証自主返納者が佐倉市内で受けられる優遇措置につきましては、佐倉市で実施している佐倉市コミュニティバスの乗車運賃半額のほか、ちばグリーンバスの乗車運賃半額、川村記念美術館の入館料の割引やイオンでの買い物を自宅まで届けるイオン即日便の割引などが千葉県警察本部のホームページで紹介されており、警察本部では協賛企業などを随時募集している状況でございます。  以上でございます。

白井市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-24

また、市内バス交通の1つとして市が運行しているコミュニティバス、ナッシー号については、現在民間路線バスとの重複区間が多く、運行が非効率となっていることから、お互いの役割分担と相互連携により改善を図ることとしており、路線バス地域間を結ぶ幹線的な交通を担い、コミュニティバス路線バスを補完して交通空白地域を解消する支線的な交通を担うものとし、効率的で利便性の高い交通網を構築することとしています。  

船橋市議会 2019-06-10 令和 元年第1回定例会−06月10日-04号

最後に、二和グリーンハイツのコミュニティーバスの運行についてお尋ねします。  昨年、年間4万人の市民の方々が利用していた二和グリーンハイツへのコミュニティーバスが廃止されました。通勤通学や高齢者、若いお父さん、お母さんが買い物や通勤のための足の確保を図るため、施策がとられておりません。

佐倉市議会 2019-03-18 平成31年 2月定例会−03月18日-06号

主な内容は、コミュニティバス運行業務委託料を含む地域公共交通対策事業や放置自転車等処理事業であります。  土木費の所管部分は、27億1,413万円を計上しようとするものであります。主な内容は、道路維持管理事業、公園施設維持管理事業及び下水道事業会計への繰出経費であります。  債務負担行為の所管部分については、コミュニティバス運行事業のほか3件について設定しようとするものでございます。  

佐倉市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会経済環境常任委員会−03月13日-01号

産業振興課長(鈴木研悟) そのアクセスの課題というのはやはりずっと懸案になっているところでございますが、やはり2次交通を考えていくということで、今コミュニティバスが出ておりますけれども、本数もかなり限られておりますので、これをどうやっていくかということを検討していきたいということが1つと、あとは車でおこしになられる方がやはり飯野台、上の部分とふるさと広場印旛沼の部分、下の部分が遠回りを今している

佐倉市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-05号

公民館の有料化とか敬老会の中止、それからコミュニティバス運賃値上げなど、やはり市民の声が届いていない、耳を傾けていただけていないという、そういった感想を持っている市民がふえています。  それから、さらに今佐倉図書館の建てかえです。これまでのワークショップでのいろいろな議論が吹き飛ばされて、突如地下図書館なるものが出てきました。またもやトップダウンという声が多く出ています。

富津市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-04号

小さな拠点は、小学校区などの複数の集落が散在する地域において、商店、診療所などの日常生活に不可欠な施設、機能や地域活動を行う場所を集約、確保し、周辺集落とコミュニティバス等の交通ネットワークで結ぶことで、人々が集い、交流する機会が広がっていく集落地域の再生を目指す取り組みであり、協働のまちづくりの一つの手法と認識しております。 ○議長平野明彦君) 4番、高木一彦君。

佐倉市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会-03月04日-02号

また、交通空白地域の解消を目指し、コミュニティバスの本格運行を開始いたしております。  3つ目の次世代を担う青少年育成では、中学生を被爆地へ派遣する平和使節団を倍増し、平和教育の進展を図りました。また、全ての小中学校の校舎、体育館の耐震補強工事の予定を前倒しいたしまして、平成27年度に完了いたしております。

千葉市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-02-21

デマンドタクシーは、健康増進、地域経済活性化に寄与することから、デマンドタクシー制度化と敬老乗車券の復活を求めるとのことですが、デマンド型乗り合いタクシーの運行に当たっては、路線バスとの役割分担など、課題もあることから、持続可能な公共交通の形成に向け、今後策定する地域公共交通網形成計画の中で、現状の地域や各交通事業者が抱える課題等を十分に調査するとともに、既存の地域参画型コミュニティバス等運行支援制度

富津市議会 2019-02-13 平成31年 2月13日全員協議会-02月13日-01号

それはコミュニティバスを運行しようということは議会でも再三再四提案していますけど、さっき言った、そういう基本構想だとか基本計画だとか、市民がどのようにこれから利便性のある生活をするかってことを考えていかなくて、ただ単に一番最後のコストということで、それはコスト大事ですよ。で、人口密集地に住んでいる人はいいですよ、関係ないですよ。

松戸市議会 2018-12-25 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月25日−07号

これからは、多くの予算のかかる道路建設ありきでまちづくりを進めるのではなく、住民の要求の大きい生活道路の改善やコミュニティバスを走らせるなどの方法で、まちづくりを進めていくべきではないでしょうか。車優先の社会から人優先の社会へ、松戸市でもそのような視点で、今後のまちづくりを進めていただきたいと思います。