運営者 Bitlet 姉妹サービス
1862件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-19 船橋市議会 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号 今、具体的な名前も飛び出した、地域も出たが、私が知っているところでも、固有名詞を挙げると何だが、日本のガラスの生産とその技術の高さでは結構評判だったヤマヤガラスというのがある。あそこが成り立たなくなって、今、どうなっているかというと、あれは工業団地だったところである。それが今マンションじゃないか。あの周辺全部マンションでしょう。 もっと読む
2019-03-01 東庄町議会 平成31年3月定例会 議事日程第2号 その他営業費用につきましては5,004万4,000円で、前年度と比較して9 48万7,000円の増となっており、減圧弁の交換、小南配水場の窓ガラスの修 繕工事等によるものでございます。 次に、営業外費用は807万7,000円で、前年度と比較して81万9,00 0円の増、率で11.3%の増となっております。この内容につきましては、消費 税の増額によるものでございます。 もっと読む
2018-12-20 富津市議会 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号 でも、ガラス割れると、すぐ入れてくれと言われるんです。それって、うちで入れたサッシじゃないんだよと言うんだけど、それだと、けんかになっちゃうんですよね。それって、地元がやるしかない。そんなところがあると思うんです。地元の企業というのは、そういうところで地域を守るという意識があってやっているんだと思うんです。これ建設屋さんもそうだし、水道屋さんもそうだと思います。 もっと読む
2018-12-14 栄町議会 平成30年第4回定例会(第3日12月14日) 四つとして、資源物への分別の推進として、平成29年度から、粗大ごみのうち、木・鉄製品について、回収業者が自己処分場へ搬入して資源化を図る事業を開始し、平成30年度より、さらに不燃ごみのうち、金属製品・ガラス・陶器類等の資源化を実施しております。なお、平成29年度の回収量は37.6トンとなっております。   もっと読む
2018-12-14 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月14日−05号 そこで5点目として、台風に対する避難所の対策について、特に窓ガラスなのですが、お伺いいたします。   以上、よろしくお願いします。 ◎市民生活部長(牛島修二) 3項目めの避難所施設の受け入れ体制について御答弁申し上げます。    もっと読む
2018-12-06 船橋市議会 平成30年12月 6日総務委員会-12月06日-01号 ◆長谷川大 委員  撮影についての確認だが、僕1回夜間に地下から入ろうとしたときに、ガラスが割れていて、何か撮影者とトラブったとか……ガラスは割れたことないんだっけ。 ◎財産管理課長 この件に関してガラスが割れたというのは聞いていない。 ◆長谷川大 委員  地下の通用口で何回か撮影しているようなことがあったが、本庁舎でも撮影をしていたのか。 もっと読む
2018-12-05 茂原市議会 平成30年会議録 第2号 平成30年12月5日 この圏央道の茂原区間はパーキングがない ことから、道の駅を設置することで道の駅が備えるパーキング機能と茂原市が有する恵まれた - 71 - 地下資源の天然ガスを活用したガラス工房、茂原市に在住のN様と連携、これは世界で有名な 先生だそうですけれども、足湯所、あるいは陶芸などの観光拠点としての好条件により、多く の需要を生み出す可能性があると言えます。 もっと読む
2018-12-03 白井市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2018-12-03 家庭系ごみは日常生活に伴って生じた廃棄物で、生ごみや汚れた紙などの燃やすごみ、ガラスや鉄などの燃やさないごみ、タンスやいすなどの粗大ごみなどです。  家庭ごみの減量につきましては、市では平成27年3月に改定したごみ減量化、資源化基本方針行動ガイドラインにおいて、ごみの減量化などに向けたさまざまな取り組みを掲げており、中でも減量効果が大きい取り組みを3つの重点項目として定めております。   もっと読む
2018-12-03 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−03号 また、ごみ処理をする際に、不燃物が高温で溶融されまして産出される溶融物、これをスラグとかメタル、いわゆるスラグというのはガラス成分でほぼできていますけれども、メタルというのはこの名前のとおり鉄成分、金属ですね、できるもの、これを確実に再資源化しております。   もっと読む
2018-11-30 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−05号 回収方法の選択肢としましては、回収ボックスを公共施設に設置して回収するボックス回収、小型家電の収集区分を新たに設けて回収するステーション回収、既存の分別区分で収集されたものから処理施設で選別して回収するピックアップ回収などがありましたが、市民の皆様の排出の手間や収集に係る経費などの検討を重ねた結果、金物・陶磁器・ガラス類の黄色い袋で排出していただき、不燃物を扱うリサイクルプラザでの選別作業時に対象品目 もっと読む
2018-11-28 野田市議会 平成30年 議会運営委員会-11月28日−11号 本件は、平成30年10月1日未明、梅郷駅西土地区画整理事業地内の野田市山崎1859番地の5地先において、歩行者専用道路に設置していた注意看板が台風24号による強風のため飛ばされ、隣接する賠償相手方が所有する建物に当たり、建物の外壁及び窓ガラスを破損させたものでございます。    もっと読む
2018-11-27 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月27日−02号 隣接区域の住民からは、ガラスを厚いものに交換したことによりサッシの消耗、また壊れてしまうということも伺ってはおります。このようなことからも、ぜひとも市におかれましても、隣接区域についてもサッシの部品交換を初め、さらなる対策の改善、また基準日についても見直しをしていただき、現在対象となっていない住宅についても救済、また対策が施されるようにお願いいたします。   もっと読む
2018-11-12 野田市議会 平成30年 環境経済委員会-11月12日−07号 一気に全部やるという発想ではなく、少しずつ広げていくという発想でも活性化ができるのだなということが新たにわかったことが新鮮でありましたし、あと特にガラス産業という、もともとその地域の産業ではないものからスタートするという新しい発想というのは、やっぱり明確な目標とかがあれば何とでもなるというのは強い意思が重要なのだなというのを感じておりました。    もっと読む
2018-10-05 袖ケ浦市議会 平成30年  環境・災害対策特別委員会-10月05日−議案審議−04号 週明け早々ですね、知人からはカーポートが飛ばされたとか、または飛来物で車のガラスが割れたといった報告が早朝より入ったりしておりまして、私個人的にはですね、設置してある看板をちょっと見回ったところ、2カ所、1カ所はちょっと足が1本折れちゃっていまして撤去しながらですね、もう一カ所はワイヤが少し緩んで、それをちょっと補強をしてという形で、早朝よりちょっと忙しい思いをしたわけでございますが、皆様におかれましては もっと読む
2018-09-27 鎌ヶ谷市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−一般質問−06号 また、危険物の有無や外壁等のひび割れ、窓ガラスの飛散など、2次的被害の確認も必要となるものでございます。 ○議長(勝又勝議員) 再質問を許します。 ◆17番(三橋一郎議員) はい、議長。 ○議長(勝又勝議員) 17番、三橋一郎議員。 ◆17番(三橋一郎議員) 言いたいところは、住民との信頼関係の上で住民に預けたらどうですかというような意見がありましたよね。 もっと読む
2018-09-26 佐倉市議会 平成30年 8月定例会−09月26日-06号 特に、学校関係では、158名に及ぶ児童生徒が重軽傷を負い、1,200を超える学校で校舎等の天井・ガラス等の破損、壁のひび割れ、断水等の物的被害を受けた。  なかでも、学校施設のブロック塀が倒壊して下敷きになって児童が死亡したことは大変痛ましく、二度とこのようなことがあってはならない。 もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-09-25 こういった電気が遮断された場合の備えとしまして、懐中電灯や足元灯の照明器具、このほかにガラスの破損とか考えられますので、スリッパの常備、あるいは分電盤の操作のための台座、こういったものを備えていくように留意するように啓発しているところでございます。   もっと読む
2018-09-21 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月21日−質疑並びに一般質問−07号 建設当初から遮熱フィルムをガラスに張ることなども提案されていたと聞きました。そもそも直営でスタートした施設であり、今回の暑さ対策については、柏市としても対応していくことを求めます。さきの答弁では、2階から4階のガラスに遮熱フィルムを張るとありましたが、1階のプラザも高温です。こちらへの遮熱フィルムも必要と考えますが、どのようなお考えでしょうか。  最後に、柏の経済についてです。 もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2018-09-21 瓶もちょっと種類がいろいろあるんですけれども、例えば、無色のカレット、透明なガラスの場合ですと、平成24年度、約3,200トン、平成25年度、約3,500トン、平成26年度、約3,300トン、平成27年度、約3,400トン、平成28年度、約3,300トン、平成29年度、約3,200トンと、おおむね3,000トンの前半台、こちらで推移しております。  缶になりますと、例えば、アルミ缶。 もっと読む
2018-09-19 鎌ヶ谷市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月19日−02号 次に、運営委託費について、14校に設置している運営委員会への委託費となっており、主に学校開放事業に関連する体育館のモップやワックス、校庭の砂などの消耗品や体育館の窓ガラスなどの簡易修繕などに充てております。 もっと読む