1721件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白井市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-25

家庭系ごみは、一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物で、生ごみや汚れた紙などの燃やすごみ、ガラスや鉄などの燃やさないごみ、タンスや椅子などの粗大ごみなどです。  これらの家庭系ごみの過去3年間の排出状況は、平成28年度は1万1,369トン、平成29年度は1万1,384トン、平成30年度は1万1,378トンです。  

船橋市議会 2019-06-18 令和 元年 6月18日総務委員会−06月18日-01号

◆松嵜裕次 委員  ということは、ここでも無線のイメージした図が示されて私たちには配られているが、例えば建材を通過するときに、材質によっては電波を大きく減衰するようなものが今、特にこのような特定小規模施設自動火災報知設備については言われているが、例えばラス材が入ったモルタル壁だとか網入りガラスとか、そのようなものについてそういう電波が大きく減衰すると思われるような建材があるようである。  

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

今、具体的な名前も飛び出した、地域も出たが、私が知っているところでも、固有名詞を挙げると何だが、日本ガラスの生産とその技術高さでは結構評判だったヤマヤガラスというのがある。あそこが成り立たなくなって、今、どうなっているかというと、あれは工業団地だったところである。それが今マンションじゃないか。あの周辺全部マンションでしょう。

栄町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4日 3月15日)

次に、粗大ごみのうち、木及び鉄製品の資源化を図るため、また、不燃ごみのうちの鉄製品、ガラス及び陶磁器資源化を図るため、中間処理委託事業を計上している。  更に、新たな取組として、ごみ分別アプリシステム導入事業を計上している」との答弁がありました。  次に、「イベント広場整備事業について、イベント広場とは何か。

佐倉市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会文教福祉常任委員会−03月12日-01号

大部分がガラス壁なので、直接日が入らないように遮ったりしているのでしょうけれども、なかなかその温度が下がらないという中で、ほぼ空調は夏場の間フル回転で動かしているのではないかということで、そういった負担が果たしてその機器に影響がなかったのかどうかというのもあるし、電気代も含めて、省エネに向けた手法をとれなかったのかと、それがすごくいつも気になるところなのです、実は。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

調査を通じて、構造、デザインの観点においては、ガラス木材を多用することのデメリット、想定外のランニングコストの発生や来庁者の利便性等、さまざまな事項を慎重に検討しなければならないことを再認識し、また、市街地活性化の観点においても、駅、商店街、神社を結ぶ拠点としての庁舎の機能に関して、一宮市の状況を調査し、本市においても、庁舎が千葉駅から千葉港の中間に位置する象徴的な建物として、新たな人の流れやにぎわいの

富津市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-03号

旧環南小学校では、議員がおっしゃるとおり、環南みんなの楽校として、地元の住民による地域活動が行われているほか、年度ごとの契約ガラス製造製品研究施設及び市内進出企業倉庫として貸し出しをしております。  今後の方針につきましては、平成28年3月に策定いたしました公共施設等総合管理計画に記載のとおり、売却を検討することとしております。 ○議長平野明彦君) 2番、諸岡賛陛君。

長生村議会 2019-03-02 平成31年定例会3月会議(第2日) 本文

ここでは、3ヘクタールぐらいを、イチゴ、それから、メロンとか、そういうガラス温室を建てて生産をする。そして、露地ではミカンを植えて生産をする。そして、道の駅みたいなものを、隣に建物を建てて観光客にもぎとりをさせて、そして、お土産などにも買ってもらって帰ってもらいながら、非常ににぎやかな形でお客様がいっぱい来ておりました。これは、露地で栽培をしているミカンだそうであります。

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第2号

その他営業費用につきましては5,004万4,000円で、前年度と比較して9 48万7,000円の増となっており、減圧弁の交換、小南配水場の窓ガラスの修 繕工事等によるものでございます。 次に、営業外費用は807万7,000円で、前年度と比較して81万9,00 0円の増、率で11.3%の増となっております。この内容につきましては、消費 税の増額によるものでございます。

富津市議会 2018-12-20 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号

でも、ガラス割れると、すぐ入れてくれと言われるんです。それって、うちで入れたサッシじゃないんだよと言うんだけど、それだと、けんかになっちゃうんですよね。それって、地元がやるしかない。そんなところがあると思うんです。地元の企業というのは、そういうところで地域を守るという意識があってやっているんだと思うんです。これ建設屋さんもそうだし、水道屋さんもそうだと思います。

栄町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第3日12月14日)

四つとして、資源物への分別の推進として、平成29年度から、粗大ごみのうち、木・鉄製品について、回収業者が自己処分場へ搬入して資源化を図る事業を開始し、平成30年度より、さらに不燃ごみのうち、金属製品・ガラス・陶器類等の資源化を実施しております。なお、平成29年度の回収量は37.6トンとなっております。  

船橋市議会 2018-12-06 平成30年12月 6日総務委員会-12月06日-01号

◆長谷川大 委員  撮影についての確認だが、僕1回夜間に地下から入ろうとしたときに、ガラスが割れていて、何か撮影者とトラブったとか……ガラスは割れたことないんだっけ。 ◎財産管理課長 この件に関してガラスが割れたというのは聞いていない。 ◆長谷川大 委員  地下の通用口で何回か撮影しているようなことがあったが、本庁舎でも撮影をしていたのか。

茂原市議会 2018-12-05 平成30年会議録 第2号 平成30年12月5日

この圏央道の茂原区間はパーキングがない ことから、道の駅を設置することで道の駅が備えるパーキング機能と茂原市が有する恵まれた - 71 - 地下資源天然ガスを活用したガラス工房、茂原市に在住のN様と連携、これは世界で有名な 先生だそうですけれども、足湯所、あるいは陶芸などの観光拠点としての好条件により、多く の需要を生み出す可能性があると言えます。

白井市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2018-12-03

家庭系ごみは日常生活に伴って生じた廃棄物で、生ごみや汚れた紙などの燃やすごみ、ガラスや鉄などの燃やさないごみ、タンスやいすなどの粗大ごみなどです。  家庭ごみの減量につきましては、市では平成27年3月に改定したごみ減量化、資源基本方針行動ガイドラインにおいて、ごみの減量化などに向けたさまざまな取り組みを掲げており、中でも減量効果が大きい取り組みを3つの重点項目として定めております。  

習志野市議会 2018-12-03 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−03号

また、ごみ処理をする際に、不燃物が高温で溶融されまして産出される溶融物、これをスラグとかメタル、いわゆるスラグというのはガラス成分でほぼできていますけれども、メタルというのはこの名前のとおり鉄成分、金属ですね、できるもの、これを確実に再資源化しております。