1005件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏市議会 2023-12-18 12月18日-08号

安倍政権の掲げたアベノミクスは7年になります。しかし、失敗は明らかになり、今ではアベノミクスの言葉も聞かなくなりました。バブル崩壊以降の実質賃金は、OECD加盟国の主要国と言われる国の中では日本だけが下がりっ放し、追い打ちをかけるように消費税が5%、8%と2度にわたり引き上げられました。

柏市議会 2023-09-18 09月18日-04号

それから、アベノミクスの終えん後に来る国の地方財政政策と大型開発についてに対する影響について質問いたします。安倍総理の任期は、もうあと2年です。2年後に新しい政権ができます。特異な経済運営をしたアベノミクスの功罪について、これから議論が闘わされることになると思います。アベノミクスとは何だったかということを一言で言うと、わずかばかりの名目的経済成長のために物すごいコストをかけた。

柏市議会 2021-06-17 06月17日-04号

例えば今アベノミクスで国が国庫支出金をじゃぶじゃぶ流しています。これを当て込んで柏駅周辺にさまざまな大型事業が構想されていますが、この事業が完成するまでアベノミクスが続く保証は何もありません。平成30年という比較的短い期間の間にも国と地方財政が何度も大きく変わったということを明らかにして、我々はもっと長いスパンで物事を考えなければならないことを訴えます。平成は、政治改革のうねりで始まりました。

流山市議会 2020-12-18 12月18日-06号

現在の日本の経済は、アベノミクス効果でデフレ脱却どころか、リーマンショックの再来におびえながら、野放図な財政出動と超金融緩和の延命装置によってようやく命をつないでいる状態です。おまけに消費税の10%への増税は個人消費の低迷を招いて、その延命装置さえ役立たなくさせようとしています。このままでは働く人々の実質賃金の低下の連続がさらに更新されそうな状況です。

船橋市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会−03月25日-07号

地域創生ということで、アベノミクスの中でも目玉商品というような形で導入をされている中身ですが、IRと名前を変えようが中身は賭博です。人生をめちゃくちゃにするような方たちは、まだたくさんいらっしゃいます。その依存症対策も十分に行われないまま、どこの自治体にやるっていう話だけが先行する。これを押しとどめたいというのが野党の皆さんの同じ思い、そして、IRというのが汚職の温床になってしまった。

東金市議会 2020-03-23 03月23日-06号

これは、よく我々は、安倍内閣アベノミクスについて批判的な言動、お話をさせていただきましたが、GDP、世界の第3位を占めた国の中で、いわゆる貧困層と一般的に言われている300万円未満が納税者2万9,000人の中で2万5,700人という、87.2%という現実は結構重い--結構という言い方はないですね--大変厳しい状況に置かれているかと思います。

柏市議会 2020-03-06 03月06日-07号

2点目、市長が期待し続けたアベノミクスは成功だったのでしょうか。今回の消費税増税に伴う景気対策は、効果を上げているのでしょうか。3点目、市長が必要性を認めた柏市独自の地域経済活性化対策はどうなったのでしょうか。現状を厳しいと判断するのであれば、今こそリーダーシップを発揮して、市民の暮らしと地元業者を応援する政策を打ち出すべきです。いかがでしょうか。以上で第1問を終わります。

九十九里町議会 2020-03-04 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録

国の令和2年度予算編成の基本方針は、その基本的な考え方について、アベノミクスの推 進により、デフレではない状況をつくり出す中で、GDPは名目、実質ともに過去最大規模 に達し、雇用所得環境も改善し、地方における経済は厳しいながらも好循環の前向きな動 きが生まれ始めているが、消費税率引上げ後の経済動向を注視するとともに、台風等の被害 からの復旧・復興の取組をさらに加速し、併せて米中貿易摩擦など

大多喜町議会 2020-03-01 令和2年第1回議会定例会3月会議

安倍政権になって、アベノミクスの名 の下に平均収入は1人15万円も減っております。平均的家庭収入もしかりです。こういうこ とが発表されています。こういう住民を取り巻く厳しい経済状況をきちんと把握し、次年度 予算は住民の福祉増進、住民の暮らし、命を支える町政にしたいという姿勢が、この冒頭の 文章には見られないことは残念です。

我孫子市議会 2019-12-24 12月24日-04号

今現在は五輪、また、アベノミクス効果で都内の土地が上がっているというタイミングでございますが、我孫子市の地価に関してはワーストを持続しているという状況でございます。住宅という一つの不動産価値というものが、我孫子の場合は悪いままでおるという、やはり市民感情としては、こうした我孫子市の状況を許しがたいものと思われると私は思います。 

松戸市議会 2019-12-20 12月20日-07号

安倍政権の経済政策アベノミクスにより、所得格差、資産格差がますます拡大しています。急激な人口減少と高齢化、価値観ライフスタイルの多様化など、誰もが経験したことのない変化を迎えるに当たり、税のあり方も、またその変化、つまり所得格差や資産格差が拡大していることに対応するものでなければならないと考えています。

茂原市議会 2019-12-12 平成31年 第5号 令和元年12月12日

アベノミクスによる貧困格差の拡大で、市民生活が悪化の一途をたどる中、本市では当該 年度予算執行で、大企業に対する年間2億円の立地奨励金の支給が終了し、この5年間で合計 10億円が支給されましたが、それにもかかわらず、経営難やリストラの危機が表面化している のが現状です。この政策は、雇用地域経済への貢献の面からして、その効果には疑問が残り ます。

九十九里町議会 2019-12-03 令和元年第4回九十九里町議会定例会会議録

アベノミクス成長戦略として掲げられた内容の一つに農業改革があります。そしてそこ には、農地の集積等により農業を成長産業にする目標が掲げられております。またある資料 によると、政府は、現在の計画の中で、6年後には全農地の8割を担い手に集積する目標を 立てているということであります。

松戸市議会 2019-09-30 09月30日-07号

改憲アベノミクスに突き進む安倍政権の暴走政治からどう市民の暮らしを守ってきたのかの観点から、審査に臨みました。時間の関係上、評価できる点は省きまして、特に課題と感じる問題についてのみ申し上げます。 まず初めに、認定第1号、一般会計についてです。 総務費について。冒頭議論したのは、市長の退職金に係る税金問題についてです。市長は、昨年11月9日に退職金2,368万8,000円の支給を受けました。

習志野市議会 2019-09-27 09月27日-09号

安倍政権によるアベノミクスのもとでは、大企業や富裕層の懐が豊かになるだけで、勤労者の賃金は上がっていないことのあらわれです。 内閣府が発表した、ことし4-6月期の国内総生産GDPの改定値でも、消費の低調さや所得の低迷を改めて示しました。GDPの前期1-3月期に比べた実質の伸び率は0.3%と、8月に発表された速報値より0.1ポイント低下しました。0.1ポイント低下しました。

佐倉市議会 2019-09-03 令和 元年 8月定例会−09月03日-03号

安倍政権は、データ改ざん年金問題、賃金下落など、アベノミクスの失敗や目前に迫る消費税増税といった諸課題から国民の目をそらそうとするかのように日韓対立を利用し支持率を上げています。しかし、アジア平和を構築するためには日本と韓国は対立ではなく、対話を重ねていかなければなりません。