大多喜町議会 > 2020-03-01 >
令和2年第1回議会定例会3月会議

ツイート シェア
  1. 大多喜町議会 2020-03-01
    令和2年第1回議会定例会3月会議


    取得元: 大多喜町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-06-20
    令和2年第1回大多喜町議会定例会 3月会議会議録 令 和 2 年 3 月 3 日 開 会 令 和 2 年 3 月 1 7 日 散 会
    大 多 喜 町 議 会
    令 和 二 年 第 一 回 定 例 会 〔 三 月 会 議 〕 大 多 喜 町 議 会 会 議 録 令 和 二 年 第 一 回 定 例 会 〔 三 月 会 議 〕 大 多 喜 町 議 会 会 議 録 令 和 二 年 第一回定例会〔三 月会議〕 大 多 喜 町 議 会 会 議 録 令 和 二 年 第一回定例会〔三 月会議〕 大 多 喜 町 議 会 会 議 録 令和2年第1回大多喜町議会定例会3月会議会議録目次 第 1 号 (3月3日) 出席議員…………………………………………………………………………………………………1 欠席議員…………………………………………………………………………………………………1 地方自治法第121条の規定による出席説明者……………………………………………………1 本会議に職務のため出席した者の職氏名……………………………………………………………1 議事日程…………………………………………………………………………………………………2 開議の宣告………………………………………………………………………………………………3 行政報告…………………………………………………………………………………………………3 諸般の報告………………………………………………………………………………………………5 会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………9 諮問第1号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………………9 同意第1号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………………10 同意第2号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………………15 一般質問…………………………………………………………………………………………………17 麻 生 剛 君…………………………………………………………………………………17 志 関 武良夫 君…………………………………………………………………………………30 山 田 久 子 君…………………………………………………………………………………43 吉 野 僖 一 君…………………………………………………………………………………59 根 本 年 生 君…………………………………………………………………………………72 散会の宣告………………………………………………………………………………………………92 第 2 号 (3月4日) 出席議員…………………………………………………………………………………………………93 欠席議員…………………………………………………………………………………………………93 地方自治法第121条の規定による出席説明者……………………………………………………93 本会議に職務のため出席した者の職氏名……………………………………………………………93 議事日程…………………………………………………………………………………………………94 開議の宣告………………………………………………………………………………………………96 議事日程の報告…………………………………………………………………………………………96 議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………………96 議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………………97
    議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 105 議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 106 議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 108 議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 109 議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 111 議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 114 議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 116 議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 119 議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 121 議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 123 議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 125 議案第22号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 126 議案第23号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 145 議案第24号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 148 議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 150 答弁の訂正…………………………………………………………………………………………… 152 議案第26号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 153 議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 155 散会の宣告…………………………………………………………………………………………… 160 第 3 号 (3月5日) 出席議員……………………………………………………………………………………………… 161 欠席議員……………………………………………………………………………………………… 161 地方自治法第121条の規定による出席説明者………………………………………………… 161 本会議に職務のため出席した者の職氏名………………………………………………………… 161 議事日程……………………………………………………………………………………………… 162 開議の宣告…………………………………………………………………………………………… 163 議事日程の報告……………………………………………………………………………………… 163 議案第28号~議案第34号の一括上程、説明………………………………………………… 163 散会の宣告…………………………………………………………………………………………… 197 出席議員……………………………………………………………………………………………… 199 欠席議員……………………………………………………………………………………………… 199 地方自治法第121条の規定による出席説明者………………………………………………… 199 本会議に職務のため出席した者の職氏名………………………………………………………… 199 議事日程……………………………………………………………………………………………… 200 開議の宣告…………………………………………………………………………………………… 201 行政報告……………………………………………………………………………………………… 201 諸般の報告…………………………………………………………………………………………… 202 議事日程の報告……………………………………………………………………………………… 202 議案第28号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 202 日程の追加…………………………………………………………………………………………… 231 発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決…………………………………………………… 232 議案第29号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 237 議案第30号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 238 議案第31号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 243 議案第32号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 245 議案第33号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 247 議案第34号の質疑、討論、採決………………………………………………………………… 249 日程の追加…………………………………………………………………………………………… 252 議案第35号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 253
    日程の追加…………………………………………………………………………………………… 256 議案第36号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………… 257 日程の追加…………………………………………………………………………………………… 259 発議第2号の上程、説明、質疑、討論、採決…………………………………………………… 260 休会について………………………………………………………………………………………… 261 第 4 号 (3月17日) 散会の宣告…………………………………………………………………………………………… 261 署名議員……………………………………………………………………………………………… 263 第1回大多喜町議会定例会3月会議 ( 第 1 号 ) 令和2年第1回大多喜町議会定例会3月会議会議録 令和2年3月3日(火) 午前 9時30分 開議 席議員(11名) 2番 志 関 武良夫 君 3番 渡 辺 善 男 君 4番 根 本 年 生 君 5番 吉 野 僖 一 君 6番 麻 生 剛 君 7番 渡 邉 泰 宣 君 8番 麻 生 勇 君 9番 吉 野 一 男 君 10番 末 吉 昭 男 君 11番 山 田 久 子 君 12番 野 村 賢 一 君 席議員(1名) 1番 野 中 眞 弓 君 方自治法第121条の規定による出席説明者 町 長 飯 島 勝 美 君 副 町 長 西 郡 栄 一 君 教 育 長 宇 野 輝 夫 君 総 務 課 長 古 茶 義 明 君 企 画 課 長 米 本 和 弘 君 財 政 課 長 君 塚 恭 夫 君 税 務 住 民 課 長 多 賀 由紀夫 君 健 康 福 祉 課 長 長 野 国 裕 君 建 設 課 長 吉 野 正 展 君 産 業 振 興 課 長 西 川 栄 一 君 環 境 水 道 課 長 和 泉 陽 一 君
    秋 山 賢 次 君 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 所 長 会 計 室 長 吉 野 敏 洋 君 教 育 課 長 小 高 一 哉 君 生 涯 学 習 課 長 宮 原 幸 男 君 会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 麻 生 克 美 書 記 山 川 貴 子 書 記 市 原 和 男 -1- 出 欠 地 本 事日程(第1号) 日程第 1 会議録署名議員の指名 日程第 2 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について 日程第 3 同意第1号 教育長の任命について 日程第 4 同意第2号 大多喜町教育委員会委員の任命について 日程第 5 一般質問 議 -2- ───────────────────────────────────────────────── ◎開議の宣告 ○議長(野村賢一君) おはようございます。 本日は、令和2年第1回議会定例会を招集しましたところ、議員各位をはじめ、町長及び 執行部職員の皆様にはご出席をいただきまして、誠にご苦労さまでございます。 本日、1番野中眞弓議員から、体調不良のため欠席する旨の通告がありましたので、報告 します。また、野中議員からは、母の葬儀に関しては皆様に大変ありがとうございましたと いうことをお伝えくださいということも伝言がございましたので、ご報告申し上げます。 ただいまの出席議員は11名です。したがって、会議は成立しました。 ただいまから、令和2年第1回大多喜町議会定例会を再開します。 これより3月会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── (午前 9時30分) ◎行政報告
    ○議長(野村賢一君) 日程に先立ち、町長から行政報告があります。 町長。 ○町長(飯島勝美君) おはようございます。 令和2年第1回議会定例会3月会議の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。 本日は、令和2年第1回議会定例会3月会議を招集いたしましたところ、議長をはじめ議 員の皆様方には大変お忙しい中ご出席をいただきまして、誠にありがとうございます。 行政報告につきましては、お手元に配付をさせていただきました報告書のとおりでござい ますので、これによりご了承をいただきたいと存じます。 また、ここ数週間で新型コロナウイルスの感染が千葉県内おいても拡大している状況でご ざいますが、本町におきましては、2月26日に新型コロナウイルス対策本部を設置して、感 染拡大に備えるための体制を整えるとともに、議会から提出されました新型コロナウイルス による風評被害対策等に関する要望事項についてを勘案しながら、対応をしてまいりたいと 存じますので、議員の皆様のご協力をお願いいたします。 なお、町内小中学校におきましても、感染拡大を防止するため、本日3日から14日までを 休校とする措置を講じたところでございます。 さて、本日から始まる第1回議会定例会3月会議でございますが、令和2年度の各会計の -3- 当初予算を提案させていただきますので、予算編成方針などについて若干ご説明をさせてい 内閣府の令和2年度の政府経済見通しによると、我が国の経済の先行きについては、雇 用・所得環境の改善が続いており、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが見 ただきます。 込まれるとしております。 その一方で、先行きのリスクとして、通商問題が世界経済に与える影響や海外経済の不確 実性、消費税率引上げ後の消費者マインドの動向、令和元年台風第19号など、相次ぐ自然災 害の経済に与える影響に十分留意する必要があるとしています。 国の令和2年度の予算編成は、消費税増収分を活用した社会保障の充実、総合経済対策の 着実な実行、歳出改革の取組の継続により、経済再生と財政健全化の両立を図るとしており ます。 このような中、本町の令和2年度一般会計予算は、第3次総合計画前期基本計画の最終年 を迎え、着実な推進を図るため、歳入については、課税客体の的確な把握、滞納整理の促進、 受益者負担の適正化など、あらゆる面から歳入を見直し、財源を確保すること。歳出につい ては、全ての事業について、その必要性、緊急性、費用対効果を十分に検討するとともに、 昨年の台風等により被災した農林水産施設及び公共土木施設の復旧を優先とすることなどを 予算編成の基本としました。 令和2年度の歳入における自主財源については、町税の減及び保育の無償化に伴う児童福 祉施設費負担金の減額などを見込みましたが、ふるさと納税が増加傾向であることによる寄 附金の増額及び中央公民館施設改修等に係る事業、面白峡遊歩道整備事業等への充当財源と して、基金からの繰入金の増額により、自主財源の総額は前年度とほぼ同額の19億8,000万 円となりました。 依存財源については、地方消費税交付金の増額、昨年秋の豪雨災害に係る公共土木施設災 害復旧費の増による国庫支出金の増額などを見込み、依存財源の総額は前年度より1億 9,300万円増額の32億900万円となりました。 一方、歳出において、総務費は、千葉県知事選挙、大多喜町議会議員選挙、定住化対策事 業、高速バスの運行経費補助等の交通政策事業、ふるさと納税における返礼品等経費、ふる さと基金積立て等を計上しました。 民生費は、高齢者及び障害者福祉費、少子化対策、子ども医療費助成、児童手当支給、保 育園運営費、児童クラブ運営費、国民健康保険等の特別会計への繰り出し等を計上しました。 -4- 税等を計上しました。 事業等を計上しました。
    した。 衛生費は、がん検診、住民健診、乳幼児健診、予防接種事業、産後ケア事業、子育て応援 ヘルパー派遣事業、子育てタクシー委託事業合併処理浄化槽設置補助、ごみ収集及びごみ 処理委託料、上水道高料金対策補助、斎場の運営事業等を計上しました。 農林水産業費は、保全計画策定及び橋梁耐震化計画策定等基幹農道整備事業、有害鳥獣対 策として、猿、鹿、猪、キョン等の駆除や有害獣関連各種補助金事業、集落の農地維持活動 を支援する多面的機能支払交付金事業、間伐等森林保全のための森林環境譲与税、譲与事業 商工費は、面白峡遊歩道整備事業、空き家を利用した起業支援事業、観光まちづくり推進 土木費は、橋梁長寿命化事業、国土調査事業、大中西線などの町道改良事業等を計上しま 消防費は、広域常備消防負担金、消防団運営事業、小型積載ポンプ更新及び移動系防災行 政無線機器の更新などを計上しました。 教育費は、学校施設管理、小中学校の送迎バス運行費、給食費の無償化、中央公民館の施 設改修工事、海洋センターの施設改修工事を計上しました。 災害復旧費は、昨年秋の台風被害等に係る農林水産施設災害復旧費及び公共土木施設災害 復旧費を計上しました。 一般会計の予算総額は、前年度より3.9パーセント増の51億9,000万円となりました。 特別会計と企業会計は、それぞれの会計の目的に沿った予算編成を実施しました。 令和2年度の予算の一般会計と特別会計の合計額は、前年度より2.5パーセント増の78億 円となりました。 以上、令和2年度当初予算編成について申し上げさせていただきましたが、新型コロナウ イルスの世界的な感染拡大により、今後の経済に悪影響を及ぼすことが懸念され、国の方針 も不透明なところであり、提案しました各会計当初予算には新型コロナウイルスの影響は反 映させておりませんが、今後の状況により必要な予算を措置するなどの対応をしてまいりた いと存じますので、各議案とも十分にご審議をいただき、可決くださいますようお願い申し 上げ、行政報告に代えさせていただきます。 ○議長(野村賢一君) これで行政報告を終わります。 ───────────────────────────────────────────────── ◎諸般の報告 -5- ○議長(野村賢一君) 次に、諸般の報告でありますが、令和2年第1回議会定例会1月会議 以降の議会関係の主な事項は、お配りしました印刷物によりご了承願いたいと思います。 なお、このうち、2月14日に第1回夷隅郡市広域市町村圏事務組合議会定例会が開催され ました。この件につきまして、10番末吉昭男君から報告願います。 10番末吉昭男君。 ○10番(末吉昭男君) 令和2年第1回夷隅郡市広域市町村圏事務組合議会定例会が、2月 14日10時から開かれまして、議長、副議長、私と3人で出席しましたので、報告させていた だきます。 まず、議案第1号 会計年度任用職員の給与及び費用に関する条例の制定についてでござ いますが、これは地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が、令和2年4月1日 から施行されることに伴い、新たに創設された会計年度任用職員の給料、諸手当及び報酬な どの給与制度を整備する必要があるため、制定するものでございます。 続いて、議案第2号の地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関 係条例の整備に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本条例が 令和2年4月1日から施行されることに伴い、所要の規定の整備を行う必要が生じたために 議案第3号の一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、 令和元年の人事院勧告及び千葉県人事委員会勧告に準じて、所要の改正を行うものでござい 行うものでございます。 ます。 議案第4号は、令和元年度夷隅郡市広域市町村圏事務組合一般会計補正予算(第1号)に ついては、給料、勤勉手当等の増額及び人件費の組替え並びに入札による事業費の減に伴う
    地方債の減額でございます。 議案第5号につきましては、令和2年度夷隅郡市広域市町村圏事務組合一般会計予算につ いてでございますが、皆様のお手元に配付させていただいたところでございますが、一般会 計の予算規模は21億1,692万8,000円で、対前年比0.8パーセントの増となっております。 主なものといたしまして、地域医療体制の充実で、病院群輪番体制や在宅当番医制及び24 時間電話相談事業の継続で8,410万円を計上してございます。また、新たに高規格救急自動 車、連絡車、普通ポンプ自動車購入に1億3,680万円を計上、その他、ちば消防共同指令セ ンターの運用経費負担金で2,027万6,000円、デジタル無線維持管理負担金として1,010万 1,000円を計上しておりまして、全議案とも全員賛成で可決されたところでございます。 -6- また、議会終了後、夷隅郡市広域ごみ処理施設の対処方針について説明があり、平成27年 11月に中止となっておりました計画については、東京オリンピック開催以降も建設費が下が らないことが予想され、併せて、構成市町の人口減少による地方交付税及びその他の税収の 減少や、医療、福祉、介護への費用の増額が予想されることから、令和2年1月31日の正副 管理者会議での話合いにより、広域ごみ処理施設の建設は中止すべきとの結論に至ったとの ことでございます。 以上で報告を終わります。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 次に、2月17日に第1回千葉県後期高齢者医療広域連合議会定例会が開催されました。 この件につきましては、11番山田久子君から報告願います。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私からは、令和2年第1回千葉県後期高齢者医療広域連合議会定例 会の報告をさせていただきます。 議案8件が上程され、一般質問は3名の方が行いました。 主な議案は、千葉県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部を改正す る条例の制定についてで、これは2年に一度改定される保険料の令和2年度及び令和3年度 に係る保険料を改定するとともに、保険料軽減措置の規定を改正するものでございます。 概要は、所得割率を現行の100分の7.89から100分の8.39とすること、被保険者均等割額を 現行の4万1,000円から4万3,400円とすること、国の制度改正による保険料の賦課限度額を 現行の62万円から64万円とすること、所得の少ない者に係る保険料の減額として、被保険者 均等割額の5割軽減、2割軽減される被保険者の条件の拡大をするものでございます。 保険料算定は、令和2年度、3年度の医療給付費等の費用の見込額、国、県、市町村負担 金、後期高齢者交付金等の収入の見込額に照らし、2年間を通じ財政の均衡を保つことがで きるように保険料を定めているとのことでございます。 そのほかの主な提出議案は、千葉県後期高齢者医療広域連合第三次広域計画の改定につい てと、令和元年千葉県後期高齢者医療広域連合一般会計補正予算、特別会計補正予算につい て、令和2年度千葉県後期高齢者医療広域連合一般会計予算、特別会計予算についてなどで、 提出議案は全て可決されました。 また、これに先立ちまして令和2年1月30日に開かれました全員協議会で、千葉県後期高 齢者医療広域連合議会の申合せ事項の変更が決定いたしました。主な変更点は、議長、副議 -7- 長は議席番号順の輪番制を導入し任期を2年とすること、議会選出監査委員は千葉市選出議 員の固定とすることなどです。 これにより、大多喜町は令和3年度、4年度に副議長職が輪番予定となっておりますこと を申し添えさせていただきます。 以上、簡単ではございますが、報告とさせていただきます。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 次に、2月28日に第1回夷隅環境衛生組合議会定例会が開催されました。 この件につきましては、4番根本年生君から報告願います。 ○4番(根本年生君) 令和2年2月28日に第1回夷隅環境衛生組合議会定例会が開催されま
    4番根本年生君。 した。 議案は7つであります。 第1号議案として、夷隅環境衛生組合会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例 の制定について、第2号議案として、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の 施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、第3号議案 夷隅環境衛生組合特 別分担金徴収条例を廃止する条例の制定について、第4号議案 夷隅環境衛生組合廃棄物の 処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について、第5号議案 夷隅環境衛 生組合一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、第6号議 案 平成31年度夷隅環境衛生組合会計補正予算、第7号議案 令和2年度夷隅環境衛生組合 関係予算、以上が上程されまして、全員一致で全て可決されました。 その中で特に感じましたのは、今後夷隅地域のやっぱり人口減少に伴ういろいろな面で大 変な状況になってくる中で、この衛生組合についても今後みんなで協力して、適正な維持管 理ができるように頑張りましょうということで終わったものと考えております。 なお、詳細については議会事務局のほうに議案を置いてありますので、見ていただければ と思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 次に、監査委員から、2月26日に実施しました例月出納検査の結果の報告がなされていま す。お手元に配付の報告書の写しによりご了承願います。 以上で諸般の報告を終わります。 -8- 次に、本3月会議の審議期間ですが、本日から3月17日までとします。本会議の審議は本 日と明日4日、5日、そして17日とし、この間、10日と11日に総務文教、福祉経済合同の常 任委員会協議会を開催する予定です。10日は総務文教常任委員会所管事務、11日は福祉経済 常任委員会所管事務について、新年度予算の内容説明を受けることとしています。 執行部の皆様にはよろしくお願いしたいと思います。 議員の皆様に申し上げます。 事前に議案とともに配付した参考資料ですが、これはあくまでも議案を審議するための参 考資料ですので、議案書により質疑されるようお願いします。 それでは、お配りしています議事日程に従い、議事を進めてまいります。 ───────────────────────────────────────────────── ◎会議録署名議員の指名 ○議長(野村賢一君) これから日程に入ります。 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、会議規則第126条の規定により、 8番 麻 生 勇 君 9番 吉 野 一 男 君 を指名します。 ───────────────────────────────────────────────── ◎諮問第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第2、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題と します。 町長。 本件について、提出者の説明を求めます。 ○町長(飯島勝美君) それでは、議案書の1ページをお願いいたします。 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について、次の者を人権擁護委員の候補者として 推薦をしたいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでご 住所、大多喜町三又553番地、氏名、磯野幸子氏、生年月日、昭和27年4月3日生まれ、 ざいます。
    現在67歳でございます。 提案理由でございますが、現在総元地区の人権擁護委員として唐鎌良枝委員にお願いをし -9- てございますが、唐鎌委員におかれましては、令和2年9月30日をもちまして任期満了とな り、再任を固辞されておりますので、新たに後任者の推薦をお願いするものでございます。 候補者の磯野幸子氏につきましては、昭和50年4月から平成25年3月まで38年間、大多喜 町役場職員として勤務されました。現在は大多喜町民生委員推薦会委員をされております。 人格、見識も高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解と熱意のある方でありま すので、ぜひ議員の皆様のご承認を賜りたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。 以上で提案理由の説明を終わらせていただきます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから諮問第1号を採決します。 お諮りします。 本件については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本件は、被推薦人を適任者と認めることに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、諮問第1号は、被推薦人を適任者と認めることに決定しました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎同意第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第3、同意第1号 教育長の任命についてを議題とします。 教育長、宇野輝夫君の退席を求めます。 (教育長 宇野輝夫君退場) ○議長(野村賢一君) 本案について提案者の説明を求めます。 町長。 -10- ○町長(飯島勝美君) それでは、議案つづりの3ページをお開きいただきたいと思います。 同意第1号 教育長の任命について、提案理由を申し上げます。 本議案は、本年3月31日をもって任期満了となります教育長を任命したいので、地方教育 行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでご ざいます。 教育長に任命しようとする方は、住所、大多喜町森宮174番地、氏名は宇野輝夫氏、生年 月日、昭和30年9月30日でございます。 宇野氏は、平成28年4月に教育行政の豊富な知識と経験を基に、教育委員会委員として歴 任され、翌年4月から教育長として青少年健全育成をはじめとする教育行政の推進にご尽力 をいただいております。 また、この任期中には西中学校と大多喜中学校の統合や、千葉県町村教育長協議会会長を 務めるなど、人格は高潔で、教育行政に関し識見を有しており、教育長として引き続き任命 したいと考えますので、ご同意をいただけますようお願い申し上げ、提案理由の説明を終わ らせていただきます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。
    質疑はありませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。 この件につきまして今、提案理由がございました。人格、高潔である等の云々がありまし た。 一つご質問したいと思うんですけれども、私は平成29年3月にはこの件については同意い たしました。しかし、この間の任期中での小学校教員による生徒・児童に対するセクハラ事 件に対する対応のまずさ、この問題についてはどういう評価をして新たに再選に任命してほ しいということなのか、その辺をお尋ねしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 今ご質問いただきました件につきましては、現在裁判中でございます。 それで、今その裁判についてしっかり対応していただいております。また、その経過につき ましても、教育長につきましては全力でそのことにつきまして、事に当たっていただいてお りますので、私は今の教育長を任命したいと思っております。 -11- ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 今、町長のほうから再びというその理由が、甚だ納得し難いことです。 なぜならば、三権分立なのであります。いわゆる司法の場でやっていることと、私ども行政、 そして立法府である議会は別途であります。 特に、生徒・児童の方の学習権をさえ脅かされる事態に至ったこの問題は、教育の最高責 任者が取らずして、誰が取るんですか。私は確かに平成29年3月には同意いたしました。そ れは、新たな教育長として期待感と、そしてこれからきちっとやってくれるだろうという思 いで同意いたしましたけれども、その間、これだけの問題を起こして再び自ら町長が任命し、 そして我々の議会に同意を求めるという、これは甚だ疑問と思わざるを得ません。 もう一度町長、申します。私は前回の教育委員のときに、前教育長はなかなかの人材であ る、いい方は長くやっていただきたいと思いました。しかし、それは任期中きちっとした対 応をしたからであります。しかし、今回はかなり、個人の問題ではないんです。教育行政と いうことに対して、こういう不祥事が起こったことに対しては、致し方ないけれども責任を 取るのがトップたる使命だと思いますけれども、その辺に関して、大多喜町の最高行政責任 者である飯島町長より、もう一度お尋ねしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 先ほども申し上げましたけれども、今現在裁判を進めているところで ございます。そして、今その全体のことはまだまだ裁判の中で明らかになっていくことであ りまして、今、両者の言い分というものが、今これから争われるわけでございます。 そういう中で、宇野輝夫氏はやはり両者の立場に立ってしっかりと対応していただいてお ります。やはり何よりもこの裁判をしっかりと最後まで見届けていただきたいと思っており ます。 6番麻生剛君。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 ○6番(麻生 剛君) これが最後の質疑になります。 私は飯島町長に申したいと思います。教育行政に関しましても、一般行政に関しても、結 果責任というものが問われるのであります。その方の信条、人格、これは申し分ない方かも しれません。それはもう各人各様そうでありましょう。しかし、事に当たってもし失敗して しまったら、それはすみませんでは済まない。それは、公的立場にある者の責任なのであり ます。その辺をしっかりと認識して、私どもは1票を投じなくてはいけない。 -12- 今回の問題は、学校現場で起こり、そして教育委員会が預かり、しかしながら、全く対応 のまずさにより、司法の手まで借りなくてはいけなくなった。これは大多喜町の教育行政に おいて、大きな汚点であります。このことに対して、目をつぶれというわけにはいきません。 その辺をよくよく考えて、私は再考することを望みます。
    以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本件については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「賛成でいいですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 賛成でも構いません。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 私、この同意に対して賛成の立場から発言させていただきます。 教育長の宇野様におかれましては、過去任期の間、英語教育に大変に熱心でございます。 いろいろな、様々なところで英語教育の大切さを本当に自分で発言して、行動も伴っている ところだと思います。 それと、大多喜高校の存続の会議においても、やはり宇野教育長は積極的に前向きな意見 をたくさん出されています。やっぱりこの方の意見がないと、大多喜高校の存続も難しいの かなというところも非常に感じるところです。 さらに、大多喜中学校の習志野高校のブラスバンドの生徒たちが来てやるところ、あと、 幕張高校の合唱、この宇野教育長の力があるからこそ、こういった本当の超一流の高校が大 多喜中学校に来て、生徒たちに一流のものを見せるということができているんだという、多 くの方々からそういった意見を聞いているところでございます。 やはり今後とも、任期満了でございますけれども、今後ともぜひ教育長を務めていただい て、大多喜町の教育行政に関して力を振るっていただきたいと思っております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「はい」の声あり) -13- ○議長(野村賢一君) あなたは討論はやったでしょう、質疑で。同じような討論じゃまずい ですよ。 6番麻生剛君。 きます。 と思います。 ○6番(麻生 剛君) 議長のご指導もありましたので、討論は1点、2点に絞らせていただ 私は、教育行政というのは小さな児童や生徒が明るく、そして学校に通い、学習をできる 環境が整っている、それが侵されてしまったということは、どんなに繕おうが駄目なことだ よく今、賛成討論の方は言いました。私は表面的なことではなくて、内面の充実でありま す。最も大切なことは、生徒自身が次の活力になることを目指せるかどうか。それをあたか もあのセクハラ行為という、最もおぞましいことをきちっと対応できない。これはいかに同 僚、同じ世界にいる人間だからこそ、あえて泣いて馬謖を斬る、それが本来トップの姿勢で あります。 いたずらにかばうこと、それは議会であってはなりません。私は、常に町民レベルの、町 民の目線に立って闘う議員として言います。子供がかわいいのはみんな親御さんを持った人、 あるいは私のように里子、里親でやっている者なら分かっております。だからこそ言います。 その愛情をきちっと表現できない、愛情を育てられない教育行政であってはならないと、そ の立場で、私は今回の同意案件には反対の立場を取らせていただきます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 以上であります。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私は賛成の立場で討論させていただきます。 今、町長のほうからもありましたけれども、裁判中ということでもございます。今のご意
    見を踏まえましても、これからもしっかり教育長には教育をただいたずらにかばうというこ とではなく、しっかりと子供の目線で正しい裁判結果を導いていただけるように、これから もご尽力をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから同意第1号を採決します。 -14- お諮りします。 本件は、これに同意することに賛成の方は挙手願います。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 したがって、同意第1号については、同意することに決定しました。 教育長、宇野輝夫君の退席を解きます。 (教育長 宇野輝夫君入場) ○議長(野村賢一君) ただいま町長から提案のありました教育長の任命について審議しまし たが、議会として同意することに決定しましたのでご報告申し上げます。 ここで、教育長からご挨拶を頂戴したいと思います。 宇野教育長。 ○教育長(宇野輝夫君) 一言ご挨拶させていただきたいと思います。 ただいま2期目の教育長の選任議案ということで、議員の皆様方にご同意をいただいたと いうことでございます。教育長としての職責を改めて痛感しておるところでございます。 さて、学校教育では、令和2年度からは小学校で、令和3年度からは中学校で、それぞれ 新学習指導要領の完全実施となり、まさに教育の転換点を迎えようとしております。このよ うな時期だからこそ、幼児教育から小中学校での学校教育における学びの継続性を柱に、ま た社会教育や家庭教育などの充実発展のために、町長が設置する総合教育会議の趣旨を尊重 するとともに、議員の皆様方のご理解、ご協力をいただきながら全力で取り組んでまいりた いと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。 甚だ簡単でございますけれども、私の挨拶とさせていただきます。 ───────────────────────────────────────────────── ◎同意第2号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第4、同意第2号 大多喜町教育委員会委員の任命についてを議 本件について、提出者の説明を求めます。 題とします。 町長。 ○町長(飯島勝美君) それでは、議案つづりの5ページをお開きいただきたいと思います。 同意第2号 教育委員会委員の任命について、提案理由を申し上げます。 本議案は、教育委員会委員の中村康之氏が3月31日をもって任期満了となることから、新 -15- たに教育委員会委員を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第 2項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。 教育委員会委員に任命しようとする方は、住所、大多喜町小田代405番地1、氏名、中村 俊夫氏、生年月日、昭和30年1月13日でございます。 中村氏は、昭和52年4月に千葉県立東金商業高等学校教諭として勤務されて以来、市原高 校、茂原高校、大多喜高校、東金高校などを歴任され、平成27年3月に定年退職されました。 その後も、再任用講師としてこの3月31日をもって5年間の職務を務め上げられました。 中村氏は、人格は高潔で教育に豊富な経験と識見を有していることから、本町の教育委員 会委員として任命したいと考えますので、ご同意をいただけますようお願い申し上げ、提案 理由の説明を終わらせていただきます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。
    これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから同意第2号を採決します。 お諮りします。 本件については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本件は、これに同意することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、同意第2号は同意することに決定しました。 ここで5分間休憩したいと思います。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前10時16分) -16- ───────────────────────────────────────────────── (午前10時22分) ◎一般質問 ○議長(野村賢一君) 日程第5、一般質問を行います。 一般質問は通告順に従い、本日5名を予定しています。 の質問時間のみ録音を許可したので、ご承知願います。 通告順に発言を許します。 なお、議会報編集のため、議会事務局職員による一般質問中の写真撮影及び質問者の自己 ───────────────────────────────────────────────── ◇ 麻 生 剛 君 ○議長(野村賢一君) 初めに、6番麻生剛君の一般質問を行います。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) マスクを取らせていただきます。6番麻生剛です。議長のご指名によ り、通告に基づき一般質問に入ります。 2月上旬に、一般質問の通告を執行部に渡させていただきました。今その当時よりも本当 にすさまじいことが起こっています。今日も私どもも、そして傍聴の皆様方も、新型コロナ ウイルスの対応をめぐって、本当に不安で、先の見えない恐怖に打ちひしがれていると思い ます。本当に大変な事態であります。 しかし、この中にあって、私は明るく頑張ってきた隣の勝浦市の決断、そして、ホテル三 日月の誠意ある態度、これらに対して、地方自治体の一翼を占める人間として高く評価いた します。人道的観点、一地方自治体の首長として、人員を受け入れた勝浦市長の決断は、私 どもの先祖である日本、メキシコ、ドン・ロドリゴ一行を助けた大多喜藩主、本多出雲守忠 朝と同じように、歴史に残る偉業であったと改めて後世に伝えしものと存じます。 さて、同じようにまちづくりを任されている大多喜町執行部に対して、本当の意味での住 民のためになるまちづくりとは何なのか。住民の目線に立つまちづくりとは何なのか。私た ちは常に、後世の歴史に耐え得る評価にさらされている立場です。 ただいまより、質問に入らせていただきます。 今より半世紀近く前、上総大多喜城本丸跡に、白亜の天守閣が再建されました。大多喜お 城まつりは、築城記念、房総を代表する歴史絵巻を再現させた祭りであります。武者行列や 神輿渡御、これは圧巻であります。最近発刊されました「長生・夷隅の昭和」写真集、これ
    -17- には我がふるさとの活気が満ちあふれ、周囲の人々が集う当時の様相が生き生きと伝わって まいります。 だが、今はどうでしょうか、現状は。中心街は古い家屋がいつの間にか取り壊され、更地 になっております。そして、商店はシャッターが閉じられている。観光立町をうたい文句に、 交流人口を増やそう、関係人口を増やすといった施策は、今や掛け声ばかり。もはや、言い 過ぎかもしれませんけれども、死の町、ゴーストタウンと言っても過言ではないでしょう。 町のあちこちに、NHK大河ドラマ誘致といった旗があります。果たして、これがこの状 況の中で歴史的に耐え得る国民ドラマをつくれるのか、甚だ疑問と言わざるを得ません。だ からこそ、いま一度原点を見詰め直し、当町には何が必要なのか考えるべきであります。 今存在するものや、伝承しているのに着目し、忘れ去られていても価値があるものを掘り 起こす、そして光を当てる、これが求められるのではないでしょうか。そのことは、公的な 文化財指定、あるいは未指定、無指定には関わりません。存在する多くの歴史的建造物や文 献、史跡、遺構の数々が挙げられます。これらは私たち町民共有の財産であり、宝でありま す。そして、町の品格を高め、内外に図れるものであります。当然、後世に伝えていく義務 と責任があるのであります。そのことを周知、表示することが大切です。 さて、これらのことにつきまして、担当課である生涯学習課長よりお伺いしたいと存じま す。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 らお答えをさせていただきます。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 新たな文化財の掘り起こしについての質問に、生涯学習課か 現在、大多喜町には国指定文化財が1件、国登録文化財が11件、それから県指定文化財が 8件、町指定文化財が169件あり、近隣の市町村の中でも有数の文化財を有しておるところ でございます。 文化財の指定に当たりましては、いずれの場合も所有者からの申請に基づき、指定を協議 することになりますので、所有者の意向が最も重要ということになります。 ご質問の歴史的建造物や文献、史跡、遺構については、文化財指定されていないものが多 く存在しているというふうに認識しております。近代建造物につきましては、平成9年度か ら始まりました国登録文化財制度によって、当町でも大屋旅館をはじめ11件の指定を受けて おりますが、今後の指定につきましては、登録の趣旨や他市町の例なども併せて検討する必 要があるというふうに考えております。 -18- また、近代の絵画につきましては、絵画を文化財としている例は県内にはなく、美術品と しての価値、あるいは認知度ということになりますが、大多喜町の歴史や文化に深く関わる 内容であれば、将来的に指定物件の対象となる可能性はあると考えております。 また、図書館所蔵資料については、大英百科全書など、明治期の貴重本が多く含まれてお りますが、その価値は類例の存在や遺存状況などを勘案して、総合的に判断する必要がある と考えます。 史跡の指定につきましては、人車鉄道を例に挙げますと、茂原から長南町に至る軌道跡の 一部と人車そのものが遺存しますが、現在指定に至っておりません。将来的に、近代遺産と して認知される可能性はありますが、停車場のみならず、付随する施設や資料の発掘などが 必要になるというふうに思われます。 甲冑など歴史資料の指定につきましては、来歴が明らかで、かつ保存状況がよく、その地 域の歴史と深く関わる人物所有のものであれば、指定されている例が見受けられております。 このように、現在指定に至っていないものであっても、時代の移り変わりや、さらなる調 査等によって、今後指定される可能性は十分秘めておるというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 担当課長も具体的に自らの足で、そして自らの目でよく見て、調べて いると思います。しかしながら、私は思うんです。あまりにも、町民の関心度がない。町民 が知らな過ぎる。ということは、町民に対する啓蒙活動が不足しているということでありま
    す。ここに私は大きな危機感を持つものであります。 よく他町の方、近隣の方も含めまして、よく申します。大多喜は宝の持ち腐れだよ。確か にそうかもしれません。先ほども言いました、文化財指定とか未指定、そして文化財指定に 関しては、所有者の意向を尊重する、これは確かに必要かもしれません。しかし、所有者の 方が、もしかしたら気づいていないのかもしれない。そうしたら、その所有者の方に問いか ける。価値あるものが存在しているんだと。それは、建造物だけではありません。史跡や遺 跡などもそうです。 私、町中に目を向けて、アトランダムに、それを皆さんに披露したいと思います。当然、 担当課もその点のことはよく知っていると思います。 まず、大多喜八景という、古くから伝わるものがあります。たしか私が以前この庁舎が建 てる前には、この庁舎の1階というか、2階というかに存在しておったと思います。今でも どこかにあるでしょう。そこにはあの新丁にある寿恵比楼亭、旧寿恵比楼亭です。あそこか -19- ら見た三口からの大多喜城、今でもこれ、観光スポットだと思います。 というのは、私たちの先祖の方々は、既に当町の誇れるものを8つ持っていたわけです。 よく南総里見八犬伝とかいろいろ言われていますけれども、大多喜八景、歴史に残るもので す。あの三口より見る大多喜城。三口には当時、蛍が飛び交っていた。そんなようなことが 私が新丁寿恵比楼亭を挙げましたのは、そこは有名なつげ義春さんの定宿だったんです。 あそこで長く逗留し、そして数々の作品、大多喜の作品も書いてあります。そういうことを 言われています。 一つ掘り下げていく。 あるいは、もうこれは私が言うまでもないです。こちらは正岡子規の房総「かくれみの」 紀行、これは本当は漢文体で難しいんですけれども、非常に平易に作られている、元大多喜 高校の教諭の関宏夫先生が作ったやつですけれども、ここには載っておらないんですけれど も、実は私調べたところ、ちょうど正岡子規が明治24年3月、大多喜に訪れます。ちょうど、 今日いらっしゃっている方もいらっしゃいますけれども、小土呂坂のところを下ってくるん です。 そのときに詠んだ句があります。ちょうど3月です。3月の菜の花が一面に咲き誇った頃 です。そこで何をしたか。「菜の花の露ひいやりと尻をうつ」と。これはなぜか。非常に面 白いことなんです。当時、公衆トイレありませんから、非常にもよおしてきた。そして、菜 の花の中に入って用を足しましたと。人に見られてどうかなと、それもなかったからよかっ たというようなことが、あの小土呂坂から始まるんです。 大多喜の始まりは、あの小土呂坂から入ってきます。その間、正岡子規は大多喜城の跡地 に行ったり、様々な南総里見八犬伝の遺構のところを行ったり、様々な句を詠んでおります。 しかし、忘れてはならないのは、そういう大多喜というのは、当時の正岡子規から非常に 魅力ある土地であったということを頭に入れていただきたいと思います。そして、これもも う担当課の方は存じ上げていると思います。外廻のところにあるあの宇佐美邸を忘れてはな らないでしょう。 宇佐美二三男さん、行栄さん夫妻のあの偉業というのは、特に二三男さんに至っては、い わゆる高校の現代国語の教科書に採用されたんです。大多喜で一市民の方が書いたものが、 高校の現代国語に採用された。あの芥川賞作家、これはもう私が言うまでもないでしょう。 金原ひとみさんはお孫さん、そしてご子息はよく大多喜に来てくださっていたバイオリニス トとして著名な宇佐美豊さんであります。 -20- こんな文化芸術一家の生家跡を、今は末裔のマコトさんが恐らく管理していると思います。 この方々の厚意にすがっていていいのか、私はこれをもう一度考えていただきたいと思いま す。ああいう立派な日本の文学史に残る作家を生み出した生家があった。そのことをしっか りと知らしめることが必要じゃないか。 同様に、先ほどいみじくも生涯学習課長が申しました。人車鉄道、これはどうでしょうか。 交通史の中で今新たな注目されている、いわゆる燃料がかからないわけです。なぜならば、
    人が車を押すんです。これは恐ろしいことなんだけれども、いわゆる自転車と同じです。非 常にエコロジーなんですね。この人車鉄道が大多喜にあったと。その停車場跡が、恐らく船 子の丸スタンドさん辺りと思われます。そういうような交通の要衝、そして大多喜が非常に 交通網で悩んだ時代に作られたものであります。 そして、そのほかには伝説や民話の里と言われています。これは私も前に取り上げたと思 います。当然、担当課も存じ上げていると思うんですけれども、大多喜には刀工村正がいた。 村正といったって、これ代々いろいろな方が名前を襲名していきます。その師匠である正宗、 これも代々襲名します。今、私が関与した刀剣博物館というのが非常にいろいろな刀、これ は日本の文化であるということで、非常に盛況を極めております。 その村正の池、三日月の池というものが、今でも形だけは存在するんです。形だけです。 どうでしょうか、これを機会に関係各位に働きかけ、周辺整備も含めてあそこに鎌倉の五山 文学にも匹敵する、そして円照寺という本多家の次の次ですか、大多喜城主になった松平家、 大河内家の菩提寺であった。そんな遺構を復活させる、復興させる、その手助けをする。こ 近くにも、金比羅様というのがあります。これもどうでしょうか。大多喜の一つの誇りで れも行政の仕事ではないでしょうか。 もあります。 そして、あの近くには、今日は檀家総代の方もいらっしゃっておりますけれども、長楽寺 という秘仏殿がある。その秘仏はまだ今の住職は見ていない。ということは、いわれがある らしいんです。前住職の若松さん、私もよく存じ上げて尊敬しておりましたけれども、若く してこの世から旅立っていかれました。あの若松さんが生きておったら、あの秘仏殿もまた 大多喜の一つの名所になったと、そういうふうに思っております。 また、どうでしょうか。先ほど来、生涯学習課長もお伝えしてくださったように、近代絵 画、小髙豊先生の作品が大多喜には数多く残っております。あの中央公民館にも、むき出し のまま、これはすごいことですよね。あの小髙豊先生、日展入選、数多くの日本の展覧会で -21- 席巻した、偉大な油絵画家です。 私、この間たまたま財政課長やその課の皆さんと総元小を見学行った際に見たときに、何 と小髙豊先生の初期の作品、ありました。それは本人がただ単なるイニシャルをやっただけ です。しかし、こんなに偉大な画家の作品が、町中の至るところにあるんだなと。すごいよ その人が、宝の持ち腐れと言うのはよく分かります。 どうしてかというと、私はたまたま小髙豊先生の教え子という方に、東京の荒川区でお会 いしました。荒川区は大多喜町と非常に親しい関係のある都市であります。私もたまたま荒 川区で仕事をする機会が多くありましたので、荒川区、当時はあった尾久小学校というのが あります。荒川区尾久国民学校時代に、小髙豊先生に私は教わりましたと、そんな生徒さん、 児童さん、もうその頃、私ぐらいの年になっていたでしょうか、そのときに小髙先生にはお 世話になった、いつか大多喜の地に足を踏み入れたいと申しておりました。私は早速、その 年にバスツアーを企画いたしまして、大多喜に連れてまいりました。 つまり、あれだけの偉大な画家が、ふるさと大多喜ではもしかしたら忘れ去られているか もしれないけれども、東京の荒川区ではその教え子たちが小髙豊先生の名前と、そして作品 と、そして生まれ故郷である大多喜にいつか行きたいと、死してなお大多喜に人を寄せつけ るその魅力たるや、何とすばらしいことでありましょうか。これが小髙豊先生の業績であり ます。 そのほか、これはよく今活用されております、久保にある郵便局の跡地、あるいは新丁に ある郵便局跡地、これは活用されておりません。そのほか、旧ドレメ跡の建物、これはどう でしょうか。前回私もフィルムコミッションということを、ここの議場のところで質問した こともあります。あれは時代背景が大変よく分かる、その建造物なんです。この辺をよくよ く執行部としても、あるいは担当課としても、手を差し伸べてみる必要があると思います。 特に、旧ドレメ跡は、ご存じのように旧ミヤタ自転車、戦前のある面で軍需工場かもしれ ません。ミヤタ自転車の工場、そして事務所、その遺構の一つでもある。大多喜の近代遺産 の一つでもあるということを、これはまた伝えていく必要というのは多くあるのではないか
    なと思います。 そして、図書館天賞文庫、企業による社会貢献活動に伴う、日本最古の起源を誇る近代図 書館であります。近代図書館というのは、図書室ではない。図書館法に基づく図書館です。 そこには多くの蔵書があります。この中で特筆していただきたいのは、大英百科全書、TB Sブリタニカ、これはどこよりも古い、日本では最古のものがあるということです。国会図 -22- 書館よりも古いものが現存している。 私は、どうしてかというと、あるヨーロッパに詳しい方々がお話ししてくださったことを 知っております。図書館というのは、ヨーロッパではこの大英百科全書、これがあるかどう かが一つの決め手であるという、そこなんですよ。レストランでいえば三つ星なんです。そ れが大多喜町にはあるんだと、このことをしっかりと生涯学習、あるいは小学校、中学校、 高校の皆さんでしっかりと検証してみる必要があると思います。 その辺のことについて、もし生涯学習課長よりご意見ありましたら、もう一度お願いした いと思います。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ただきます。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまの質問に、生涯学習課のほうからお答えをさせてい 文化財指定されていないのであっても、町内外に誇れるものは町内に多く現有していると 思われますし、また、文化に関わる史実など、形のないものについても、町内には多く残さ れていると考えております。 これまで町民に知られていない歴史的な建造物や文献、史跡、遺構などについても、今後、 所有者の意向を受けて、町においても調査研究を行い、何らかの形で記録に残していく必要 があるのではないかというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) それでは、今後を期待し、次の質問に入らせていただきます。 観光立町と称する、それならば本来どうでしょうか。見やすく、分かりやすく、魅力ある ものに、町内の看板にしても、ある程度の工夫を凝らしてみることではないでしょうか。不 特定多数の方が分かり得るものを作製することが急務と思われます。国際交流も考え、多国 語、多国籍語表記も必要であります。 よく映画ではありませんけれども、未知との遭遇、見知らぬ地を訪れ、夢と希望に胸を躍 らせながら大地に一歩を踏み出す、このときめきの一瞬を大切にしたいものであります。多 くのロマンあふれる里でありながら、そのことを広くPRすることができず、埋没していく 現状を見過ごすわけにはいきません。灯台下暗しであってはならないのです。どうでしょう か、所管である産業振興課長より所感を伺いたいと存じます。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ただいまのご質問に、産業振興課からお答えさせていただき -23- ます。 初めに、町で設置している観光案内看板の状況についてご説明させていただきます。 現在、観光案内看板の設置数でありますが、総数で101か所に看板が設置されており、そ の内訳は、町内が97か所、町外が4か所となっています。また、町内に設置された97か所の 看板の地区別の設置状況は、老川地区が26か所、西畑地区1か所、総元地区2か所、大多喜 地区67か所、上瀑地区1か所となっています。また、町外に設置された4か所の看板の設置 箇所ですが、木更津市2か所、君津市1か所、鴨川市1か所となっています。 次に、看板の表示内容でありますが、行き先案内看板が32か所、名所等の由来を説明する 看板が16か所、注意喚起を促す看板が14か所、観光地図を表示した看板が11か所、施設の名 称を表示した看板が11か所、施設の名称と由来の両方を表示した看板が9か所、施設の名称 と行き先の両方を表記した看板が4か所、宣伝広告用の看板が1か所、その他の表示が3か 所となっています。 ご質問のありました国際交流、いわゆるインバウンドを考えた観光案内看板についてであ
    りますが、行き先を案内する看板については一部で英語表記をしており、対応できている部 分があるものの、全般的には対応が不十分であります。 担当課としましては、観光案内看板については、今後、多言語表示は必要と考えておりま すので、新たに整備するものや改修を行うものについては、可能なものであれば英語表記等 を行う方針で考えております。 また、埋もれている観光資源のPRというような形のご質問でございますが、町内には観 光資源として活用できるものがまだまだ多くあるものと思われますので、情報提供をいただ き、その中で観光資源として活用できるものについては、所有者の承諾等をいただきながら、 PRを行えればと考えております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 産業振興課長が看板等の設置、そして看板等の内容について、いま一 度考え、そして多国籍に対応できるように持っていく、国際社会に向かって生きる、国際観 光都市を目指す、そういう意気込みが伝わってまいりました。 私はもう一度、バックしたいと思います。それは大多喜の繁栄している状況がよくよく分 かるものが、私たまたま成田山、そして、そこの大多喜図書館に行ったときにございました。 それは昭和5年です。あの戦争の前ですかね、松井天山さんという人が鳥瞰図を残してお -24- ります。これは大多喜がすごいんですね。ちょうど、あそこは船子、そして泉水、そして上 原、西部田、あの辺まで含めて全て網羅されている。その状況を見たときに、よく江戸八百 八町と言われますけれども、大多喜というのは昭和の戦前初期はもうすごいんだなと、そう いう人の流れる場所であるからこそ、いわゆる鉄道では木原線もその後できたんだなと、そ んなふうに感じました。 これはぜひ、今言ったように何を訴えたいのか、何を伝えたいのか、そういうヒントが先 ほど来言った大多喜八景、そして今回の松井天山の鳥瞰図にも私は出ていると思います。一 度ぜひ検討してみてください。 それから、私は先ほどの看板の中で、町がやる看板も一生懸命やってくださっているのは よく分かる。そこで、ある方が昔、滝を発見しました。幻の滝という滝です。その件の内容 については、私も今日、このいなかっぺという本を持参しました。この中で、あの大多喜の 小沢又の幻の滝のことが載っております。いわゆる小林進さんが、たまたまこの大多喜に来 た。そのときに、山菜取りに来たんだけれども、何か言い知れぬ音がする。その音を頼りに 発見した、高さ30メートル、落差30メートルの滝であったと。 そういう内容なんですけれども、私はこの方が既に鬼籍に入っておりますけれども、生前、 私の恩師である上条末夫先生の研究室でゼミを開きまして、そのときに講師として招いたこ とを、よくよくこの方から聞きました。誰も相手にしない。しかし、自分にとってはこの滝 こそ命なんだと。私はこの滝を幻の滝、そして命の滝にしていきたいんだと。その情熱は、 若い大学の生徒たちをこの大多喜というところに目を向けさせました。今でも合宿等で大多 喜に来てくださっている研究室です。 そんなことを、人の心をときめく、思わず魅了する。そこに私はロマンがあると思います。 そして、看板も何と、幻の滝、今よみがえるという、そういうキャッチフレーズで作ったと 思います。今はその方も鬼籍に入ってしまいましたので、その後は言い伝える方も少ないと 思いますけれども、そういうような実話の中に、もしかしたら大多喜のまちづくりの何かが あるんじゃないかなと思います。 また、私は非常に大多喜に著名な方がちょっと尋ねてくる機会がありまして、これは一昨 年です。都内より、ハーブ園というところに視察に参りました。ご存じのようにハーブ園と いうのは、にんべんの高津一族の流れを組む方が作りました。しかし現在は、経営は別形態 と聞いております。 しかしながら、ハーブというのは今や国民食なんです。日曜の休日ということもあって、 -25- もう人が混雑して、昼にちょうど入りましたけれども、昼飯は1時間半待ちだよと、こう言
    われてしまいました。 そこで、私どもはぶらぶら散歩しながら、近くの小さなあすなろという、地元の方のやっ ている食堂に入りました。一行はその食堂の定食に思わず舌鼓を打った次第です。皆が感激、 感動したんです。どうでしょうか、建物のレトロ感もしかり、ここに私は今求めている感性 の違い、感性の鋭さ、感性の磨き方を再発見しました。私たちが何気なく地方の小さな食堂 だと思っていたものが、都内のある程度いろいろな味を知っている方が、ああここはうまい、 そしてこの昭和レトロ感は最高である。そして、ご存じ翌年再び訪れたのは言うまでもあり ません。 皆さん、そして今後考えていただきたいのは、大多喜再生のヒントというのはそのように 町中の至るところにあるんだということを分かっていただきたいと思います。そして、その ことが分かるような、そんな表示も必要かもしれません。私はこのあすなろさんあたりで、 正岡子規定食とか、正岡子規春の膳とか作ったらまたいいかなと思いました。そんなことを 思う日々が重なっております。 それでは、時間でもありますので、最後の質問に入らせていただきましょう。 白亜の天守に金のしゃちほこ、天然の要塞の地であり、自然水利を活用した築城術、今か ら430年前、1590年、当時としては関八州に名をとどろかせ、房総最大の城下町であり、併 せて、宿場町、門前町の様相であったことが随所にかいま見られます。知る人ぞ知る歴史と 文化の宝庫であり、ロマンあふれる里であります。東京工業大学藤岡研究室による、復興天 守として再建されたものです。四国にある宇和島城を模した建造物です。宇和島城とはご存 じ、あの築城の名手と言われた藤堂高虎が造った城です。県内では、同じような博物館機能 としては、関宿城も一瞬、大多喜城かと思うような感動を受けます。 このように、大多喜には大多喜城のみならず、その城下を形成する歴史的資源、城下特有 の鍵型十字路、格子戸の家屋、土蔵造りの家屋、多くの民話と伝説の伝わる名所旧跡、これ らは町のシンボル大多喜城中心に城下町の再生を図り、文化の掘り起こしを通して、我がふ るさとを見つめ直す一つの材料ではないでしょうか。 先ほど来、私が度重なるように松井天山の鳥瞰図、大多喜八景の額絵しかり、これらの文 献をひとつ精査して、学術的にも、観光的にも、現実のまちづくりに活用する方向性、これ をひとつ考えてみていただきたいと思います。 生涯学習課長に、大多喜城をはじめ、まちづくりの根幹についての所感をもう一度お願い -26- したいと存じます。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) お城のことについてで……。 ○6番(麻生 剛君) お城です。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまの質問に、生涯学習課のほうからお答えをさせてい ただきます。 大多喜城につきましては、議員おっしゃるように昭和50年に東上総の地域博物館といたし まして、房総の城と城下町をテーマとする総南博物館が設置されました。平成16年度から有 料化され、平成18年度に中央博物館の分館となり、大多喜城分館と改称されました。城郭型 の博物館として、中世から近世の武器、武具資料を中心に約2,000点を収集しております。 これまでの資料の展示に加えまして、大多喜町のシンボルとして、観光利用とともに大多 喜お城まつり等の地域イベントにも寄与してまいりました。また、旧大多喜藩に係る町指定 文化財の保管や、夷隅長生地域の文化財展の開催など、文化財の普及啓発の役割も担ってま いりました。 令和2年2月までの入館者数はおよそ523万人、年間入館者数は平成28年度の10万6,906人 をピークに、その後減少傾向にあるというふうに伺っております。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 大多喜城が開館して、そして近代、復興天守としてよみがえって半世 紀になりました。当時のあの繁栄ぶりは、私が先ほど言いましたように、長生夷隅の昭和、 あの写真集の中にも載っております。ぜひまたご参考にしていただければと思います。
    そして、私も先年、ちょうど暑い夏でありましたけれども、あそこに登らせていただきま した。というのは、ある内閣官房の方が、大多喜城は知らなかったんです。本多忠勝は知っ ておりました。本多忠勝の造った城がこんな近くにあるんですかと。そうなんですよと。皆 さん姫路城には行くんです。姫路城、本多家ゆかりです。しかし、大多喜城になかなか本多 家ゆかりの方々は足を踏み入れない。しかし、私は当時、柳原在住の小高勉先生が一生懸命 一生懸命PRして、随分本多家の方も来るようになりました。 そして、私が知っているのでは、福島本多の流れを汲む本多キエモン先生が、大多喜城に 来た。みんな本多家、江戸時代はあれ、大多喜は10万石かもしれませんけれども、全部合わ せると加賀前田の100万石に匹敵する、本多家全部で100万石だそうですね。それぐらいすご い城主が来た。その城主の菩提寺が良玄寺にあるんです。これも私もちょうど議員に復帰し -27- た、平成29年ですか。たまたま良玄寺を参拝しました。議員各位の皆さんもそうだと思いま す。あのときに、地元の方が非常にすばらしい史跡を整備していらっしゃる、ああいうこと はこれから大多喜城の中で一つ一つ続いていくでしょう。 それで今日は、私はいろいろと質問事項を挙げさせていただきました。そして、担当課も 足しげく現場を見て作っていただきました。そんな中で、現実にどう今大多喜は評価されて いるのか。そのことを申したいと思います。 実は、私が大使館と非常に交流のあったベトナム人留学生、昨年八十有余名、ちょうどゴ ールデンウイークのときに連れてまいりました。今年はこのコロナウイルスの問題で中止に なってしまいましたけれども、レンゲ祭りや二十八市などのイベントに参加、あれは喜ぶん ですよ、お金がかからないから。そんなことで、非常に喜んだその足で、いよいよ大多喜城 に連れていきました。彼らは大多喜城というのは、本当はコンクリートなんですけれども、 もう昔からあると、こう思いまして、そこでの鎧着用の体験、すごい感動したんですね。 つまり、訪日外国人にとって何に興味を持つか。それは、一つは宮殿である大多喜城なん ですよ。ですから、今大多喜城が危機的状況にある。しかし、来館者数も頭打ちである。こ れは認識しております。細かな問題については、後ほど根本議員が皆さん方に問うと思いま す。私はそのソフトの面、中身の面を問いたいと思います。 つまり、私が申したいというのは、あの大多喜城があることによって、大多喜というのは 城下町であった。そして、大多喜城があることによって、城下を成形した町並みが生きてく る。今から百数十年前に、今や世界遺産となっている姫路城、あれは廃城の危機があったん です。あの姫路城が壊されそうとしていた。民間に払い下げようとしていた。二束三文で売 られようとしていた。これは当時の価値観です。 明治維新という、ご維新ということで、古いもの、とりわけ幕府の権威は、殿様の象徴は 全て無用の長物、みんな破壊してしまうんです。大多喜は、旧制大多喜町中学ができたりし て、かろうじて遺構は残りました。あそこにある薬医門も、私が在学中に復活しました。皆 さん、薬医門があんなにきれいに、そして、あのリズミカルな様相をそのまま残しているの は、大多喜だけなんです。水戸一高にありますよ、天下の水戸城の薬医門、それも立派です。 しかし、大多喜のは華麗さがあるんです。その辺をしっかりと認識していただきたい。 そして、大多喜高校校内には大井戸があります。大井戸、あんな大きい井戸は、どこへ行 ってもないですよ。日本一の大井戸です。あれに滑車をつけたり、いろんなことをして、少 し、どうでしょうか、手を加える。そういうこともアドバイスしたり、やっていく。それが -28- 一つは観光まちづくりになるんじゃないでしょうか。看板しかり、そして、少し手を加える。 それはそうですよ。どんなにいい木造建築であろうが、長年やはり風雪に耐えて雨漏りもす るでしょう。それは直さなくちゃいけない。 それと同じように、大多喜のあの優れた遺構を今に生かすには、しっかりとしたサポート 体制をつくる。その辺を皆さん、今、日本国は世界に対して、自らの文化を売る時代です。 あの明治ご維新のときに、姫路城さえ破壊しようとしたこの国民性を、また再び大多喜城は 人が来ないから、大多喜城は耐震構造ができないから、そんな理由だけで無用の長物としよ うとする、そんな千葉県の行政に対してしっかりと提言して、しっかりと異を唱えていく。
    その姿勢は飯島町長はじめ、執行部の皆さんは同じだと思います。 ですから、私は文化行政に対して、飯島町政、そして今の県執行部の皆さんは同じ考えで あると思っておりますので、再び私なりにいろいろと提言をさせていただきます。よく私も 言われます。厳しいことを言うな。しかし、厳しいことを言うというのは、一緒になって仕 事をするからであります。一緒になってよくしたいという気があるからであります。そうで なければ何もしません。そうすれば、敵はできませんから。敵ができるというのは、正しい ことをやろうとすれば、そこにあつれきが生じるんです。 でも、私たち議員の職責というのは、ある面で厳しいことを言うのがその職責であります。 きれいごとを言っては、議員の職は成り立ちません。あえて言います。今、政治は信なくん ば立たずと、先ほど来申しています。それは、政治というのは、決断したら実行しなくては いけません。絵に描いた餅であってはならないんです。必ず皆さん方と一緒に目指す道、ベ クトルの方向は同じですから、一緒になってやっていく。 そこでどうでしょうか。お互いにやるのであれば、お互いにもっともっと、私はこの一般 質問でも言いますけれども、ある面でお互いに協議機関を設け、その中で切磋琢磨し、そし てつくり上げていく。それが大多喜町の本当の意味でのまちづくりになっていくと思います。 今日は、私は多数の方からご意見をいただこうと思って列挙させていただきました。しか し、担当課長である生涯学習課長、そして産業振興課長、この方々が真摯な姿勢で捉えてい る、それはキャッチしました。そして、全員協議会の中で、飯島町長をはじめ、執行部の諸 君が大多喜城をしっかりと守っていく、その決意を私は受け止めさせていただきました。 だったら後は、行動あるのみであります。共に行動し、そして、この町にとって決して後 悔のない時代をつくっていこうじゃありませんか。6番麻生剛、これにて一般質問を終了さ せていただきます。ご清聴ありがとうございました。 -29- ○議長(野村賢一君) 以上で6番麻生剛君の一般質問を終わります。 ここで休憩したいと思います。 次は、11時25分から会議を再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前11時16分) (午前11時25分) ───────────────────────────────────────────────── ◇ 志 関 武良夫 君 ○議長(野村賢一君) 一般質問を続けます。 次に、2番志関武良夫君の一般質問を行います。 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私は3点ほど質問通告をさせてもらっております。それにつきまし て、まず、9月の議会の中でも私は言わせてもらいましたが、人口減少についての取組など を皆さんにお願いしたところでございますが、今大多喜町にとって何が一番大事なのか、そ ういう何が一つ重大な需要として取り組まなければいけないのかということを考えますと、 今は人口減少と、これしかないと私は思っております。 それで、前にも一般質問させていただきましたが、一向に前に進まず、何を考えているの か、今すぐにも取り組まなければならないのではないかと思っておりますが、住みやすい環 境、住みやすい環境整備とはどういうことなのか、これを考えてみてくださいということで お願いしておきました。 その点についてまず1点、どういう環境が住みやすい環境なのか、執行部のほうで議論し てくださいということでお願いしてありますが、それをちょっと言ってください。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) ただいまの質問に、企画課からお答えをさせていただきます。 住みやすい環境はどういったということなのかということでございますけれども、住みや すい環境というものは人それぞれのいろいろな考え方があると思いますが、一般的には交通
    の利便性であったり、治安のよさであったり、生活のしやすさ等が挙げられると思います。 第3次総合計画では、まちづくりの基本といたしまして、町民が将来にわたって安全・安 心、快適に暮らしていける環境を保持するために、地域と行政が一体となってまちづくりを -30- 進めることが必要であるとしております。このまちづくりの基本理念に基づきまして、前期 基本計画では施策項目ごとに基本目標を掲げ、各種の施策を推進しているところでございま す。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私もこの第3次総合計画の事案について、私も分かっておりますが、 まず、人口減少に歯止めをかけるためには、今の町として第一に、若い人たちに大多喜町に 居住していただいて、子供さんたちを育てていただくためにも、そういう環境が必要なんじ ゃないかと。そういうふうに思うから私は前にも言ったわけですけれども、今の若い人たち には、子供さんたちを遊ばせるところがないと、大多喜町にはない。 よそには広い公園、子供さんたち、老人の方々も一堂に会して、そういったところで楽し むような、そういうところがない。そういうことについて、私はそういう公園のような、そ ういうところもあってよろしいんじゃないだろうかというふうに思って今言っているんです が、その点についてはどうお考えでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 公園等の環境整備ということだと思いますけれども、このことに つきましては、12月会議におきましても志関議員からのご提案をいただき、答弁させていた だいたところです。 まず、公園等の整備につきましては、第一に総合計画におきまして、施策の位置づけが必 要でありまして、そのためには施設整備計画、用地取得費、設計費や施設整備費等の概算事 業費、さらには財源の確保が必要となってまいるところでございます。 このため、今後の後期基本計画の策定に当たりまして、住民アンケート、住民公聴会や各 種団体との懇談会等の意見等を基にいたしまして、総合的に判断をしてまいりたいというふ うに考えております。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 今、企画課長が言われましたとおり、確かにその環境をつくり上げ るのには土地の買収、そういったものも確かに必要であるというふうに私も認識しておりま す。これをやらなければ、できるわけじゃないんですから。しかしながら、給食の無償化と か、そういうものをやったからといって、我々は子供さんたち、若い人たちの環境整備がで きたのかというと、そうではないと私は思っております。 よそにやっぱり若い人たちが居住する、大多喜町から出ていって居住するということは、 -31- やはりそれなりの環境が整っているからこそ他町、他市、近隣のそういったところに行って 生活をするんじゃなかろうかと。何ぼ一生懸命に我々がここで言っても、行動に移さないと 一向にそういった環境づくりというものはできない。 やはり思い切った事業計画を立てて、そういったものをやっていく必要があるんじゃない か。そういうことをやることによって若い人たちが、また大多喜町のよさを認識するのでは なかろうかというふうに私は思いながら、大多喜町の将来のことを考えながら、そういった 環境もぜひつくっていただいて、皆さんが楽しめるような、そういう環境をつくってもらい たいというふうに思って今言っているわけですから、ぜひ口だけで言うんじゃなくて前向き に検討して、そういったものをつくり上げるような方向で考えてくださいよ。 そうでないと、いつまでたっても、ここで私が言う、そっちから回答する、そういうやり 取りだけで、何回やってもこれでは結論出ない。やはり真剣に執行部の方々がそういったも のに取り組むような姿勢を持っていかないと、若い人たちも大多喜町に住んでもらうという ことはなかなか難しくなってくる。そう私は思うんですが、皆さんはどういうふうに思うか 分かりませんけれども、よその近隣の市町村をちょっとずっと見てみてください。 そういう子供さんたちを自由に遊ばせるところが、皆持っとるんですよ。大多喜町にはそ
    ういったところがないんですよ。だから、結局はそういう若い人たちの環境に合わない。子 供をつくっても、ちょっと遊ばせに行くようなところがない。土日になって休みがあっても、 よその町に子供を連れて遊びに行く。そういうことがされているんですよ。 だから、大多喜町としてもやはり将来のことを考えるのであれば、そういったことも真剣 に考えて、思い切った事業をやる考えを持つようにしていただきたいというふうに思います が、その点についてどうですか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) ただいまの志関議員の、若い世代の皆さんがこの町に住み続けられる ような、そういう子育てのためのやはり遊び場所、そういう公園等、そういったものを造る 必要があるというようなご質問でございます。 これは私ども第3次総合計画の中で、先ほど課長も答弁されましたけれども、まさに子育 て世代の皆さん方、または、そういう若い世代の方のここのところの意見交換会等でも、大 変そういうご意見をいただいております。また、志関議員さんにも昨年の議会においてもそ ういうご質問をいただいております。 また、過去にほかの議員さんからもそういうご質問をいただいておりまして、当時、県民 -32- の森に遊具等の遊び場を造るという計画も一旦はいたしましたが、これも県のほうでその敷 地に造ってはまずいということで一回流れてしまった経緯があるわけでございます。しかし ながら、それから大分時間もたっていることもございまして、やはり議員のおっしゃるとお そういうことで、町のほうも今、課長会議等を通じまして、これから進めるべき一つの事 業の中にこの子供の遊び場所、こういったものを進めていこうということで今既に話し合っ りであろうかと思います。 ているところでございます。 ただ、先ほど課長の答弁にもありましたが、土地の買収、あるいはその規模をどういう程 度にするとか、いろいろそういったものをこれから計画しなければなりませんが、とにかく 進めていくという方向で私どもは考えておりますので、よろしくご理解いただければと思い ます。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 公園を一つ造るにしてもどこでも構わないと、空いていればどこで も構わないというようなことではございません。公園にはやはり環境とか、そういったもの も十分考えながら、公園としてふさわしいような場所というようなところを考えながら検討 していく必要があるんじゃないかというふうに私は思っております。 ぜひそういう点についても、今、町長のほうから答弁がありましたけれども、議員の方々 もそういうことについては賛成してくれるというふうに私は思っておりますので、ぜひ議会 と執行部がそういう知恵を絞って、いい環境の中でそういうものが建設されるように、ひと つ努力していただきたいというふうに思います。よろしくお願いします。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 2つ目といたしまして、埋立ての件で前にも質問をさせていただき ました。埋立て事業の周辺土地所有者等の承諾については、条例から規則で定められている 地形やその場所によって、非常に不備が生じると思われ、ただ単に条例の中で500メートル 範囲ということで、山、川、そんなこと関係なく地図に丸く円を描いて、それで許可をもら うと。そういうようなことを地権者の方にもらってこなければ許可は下ろせませんよと、そ ういうようなことでは、私は町のために、発展のためにはならないと思うんですよ。 不備なところは不備なように、やはりそれは町長の権限の中で判断をして、そういったも のを解消できるか、できないのか、そういったものも考えながらやってもらわないと、そう いうものが記載されているからといって、それに準じて言うということは、一つも町民のた -33- めにならない。苦労するだけだ、町民が。 そういうことであってはならないと思うし、また、その条例の中の厳しさ、そういうもの もなくちゃいられない。これは地域の方々に害を及ぼすような、そういうような状況では困
    るわけですから、そういうことも十分考えながら、不備なところは町民のためになるような 方向で議論していただいて、そういったものを十分執行部のほうでも検討していただいて、 それでやってもらいたいというふうに思います。 それと、現在田んぼであって、それを田んぼだって、畑とか田んぼある。そこに埋立てす る。その田んぼ、畑の地質調査をしなきゃいけないというのは、それは聞いたんですけれど も、それは何のためやるんですか。埋立て残土じゃないですよ。残土じゃない。 ○議長(野村賢一君) 環境水道課長。 ○環境水道課長(和泉陽一君) 志関議員の質問に、環境水道課のほうからお答えさせていた だきます。 埋立ての残土ではなくて、そこの埋立てを予定しているところに。 ○2番(志関武良夫君) 今まで造っていたところ。 ○環境水道課長(和泉陽一君) ところの地質調査をやるということで、何でかということで よろしいんですかね。 そちらにつきましては、まず仮に埋立てをする元となる土砂を持ってくると思うんですけ れども、そちらにまず埋めた場合ですね。仮に何か出た場合に、その原因がどこにあるのか、 それをまず確かめなきゃいけませんので、まずその元となるところがもともと何もなかった のかというのが確認しないといけないので、そこの部分については最初に地質調査をやって もらって、ちゃんとした土壌ですよというのを確認した上で、ほかから土砂のほうを持って きていただくために、元となるところの地質について調査するものであります。 ○議長(野村賢一君) 課長、もう少し、今の答弁を聞いていてもよく分からないんですけれ ども、もう少しはっきりした答弁はできないの。 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) それはへ理屈だよ、へ理屈。理屈に合っていないんだよね。今まで 造っていた田んぼとか畑があって、そこを埋めるのに何でそこの土と畑の土を検査しなきゃ いけないの。俺、検査をするところの会社の人を知っているから、地主に言われて私が頼ん でやったら、そうしたら何て言われたと思う。大多喜はうるさくて終わらないから調査、そ れはできないと、断られたんだよ、それ。 -34- だけれども、私がこういうわけでこうだから、私も前に頼んでいるからね。だから、その 人に私は事情を話をして、それでやったら、じゃ、仕方ない。じゃ、やりましょうというこ とでやってくれたんだけれども、あまり大多喜は前回まではそんなにうるさくなかったと。 今回変わってから、去年4月から変わってから非常にうるさくなったと。それはどういうこ となのと聞かれたから、いやいや、そこのところは私のほうで何とかカバーしますからひと つお願いしますよということで頭を下げてやってもらうようにしたんですけれども、現在の 耕作している田んぼとか畑があって、その畑の土を検査をする。持ってきて埋める土を検査 するんなら、この話は分かるんですよ。どんなものを持ってきて埋めるのか、その検査の結 果をだって出してやるわけでしょう、残土を埋める土の検査を。不純物があるか、ないか、 その検査を出してやる。 今現在、畑として使っていたり、田んぼとしてやっていたりする、その土質の検査を5か 所穴ほじくってやるって、それはただじゃできないのよ。お金がかかるんですよ。大変なお 金がかかる。 ○議長(野村賢一君) 志関議員、ちょっとよろしいですか。 質問の事項にはその土質検査のことは入っていないので、それで、だから担当課長も質問 事項にないのであれだと思うんですけれども、ちょっと話変えてもらえますかね。 ○2番(志関武良夫君) 入っていないんだけれども、これは重要なことだから、だからちょ っとね。担当課長もまごついているのかなとは思うんだけれども。 ○議長(野村賢一君) すみません。 町長。 ○町長(飯島勝美君) 先ほど担当課長のほうがお答えしましたのは、分かりやすくお話を申 し上げますと、農地ばかりじゃなくて、工場の跡地とかいろいろありまして、埋める場合に
    必ず埋めた土砂の検査もされるわけです。 ですから、そのときにまず、埋める前の土地が汚染されていないかということを、まず把 握するということがまず一つ前提にありまして、そこがまず汚染されていないということで あれば、今度は埋めてきた土砂の採取をして、その土砂が汚染されていないかどうかという ことの、2段のこの調査になるものだと思います。 ですから、そんなに深くではなくてある程度、そんなに大きな、1メーターか2メーター ぐらいの掘削だと思いますが、そして、そのまず埋める以前の土地の汚染の状態を確認して、 その上で埋めていただくと。それで、埋めた泥が今度はそれが汚染されていないかというこ -35- とで、そういうチェックの形の中でやるということになるので、大変面倒で申し訳ございま せんが、ひとつご理解をいただければと思います。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 議長のほうから指摘受けましたけれども、町民の中では本当に真剣 に考えていることであって、今まで1年半もかかってもまだ許可が下りないというようなこ とで、町民の方々も非常に何やってんだなんてことになっているんですよ。だから、重要な ことだから、ちょっと今付け加えて聞かせてもらいました。 そういう点についても、埋立ての検査を厳重にやっているわけですから、残土の検査はね。 だから、そういう点についても、理解できるところは今までなかったようなんですけれども、 理解できるところは理解していって、なるべく簡素化の方向で考えてやってくださいよ。お 願いしますよ。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 次に、高速バスの件についてお伺いします。 高速バス、大多喜から羽田経由の品川行きの高速バスが出ておりますが、これは大多喜町 にとっても非常に大事な事業の一つであることは間違いないんですが、皆さんもご承知のと おり、この高速バスが今、大多喜町のためになっているのかどうか。 個々の考え方や見方によっては異なりますが、これらの現状をよく見極めて、初心のバス を走らせるときの目的、そういうものも十分考えながら判断をしていかなければいけないと 思うんですが、今までの運行の結果を見ましても、決してよい状況ではない。確かに、乗車 人口は増えてきております。しかしながら、全体的の結果としては、よい状況ではないと思 います。運行経費も年々上昇しております。こういうことでは、いつまでたっても黒字の方 向に持っていくということは非常に難しい。 京浜急行さんがこの3月いっぱいで契約はもうしませんということで、5年間の契約を打 ち切りました。そういう中で、残ったのは非常に苦しい状況に置かれている小湊バスだけ。 一番の京急さんのほうは、羽田、それから品川、そういった方面の構内権を持っております。 それに乗じて、小湊のバスが運行されていたというようなことでありますので、小湊さんは その構内権を持っていないために、非常に苦しい状況になっているということは間違いない と思うんですね。 皆さんもこの契約、5年間の契約が切れた段階で白紙状態に、白紙の状況になるのかどう か、その点についてちょっと一言言って、お願いします。 -36- ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) ただいまの質問は、これまで京浜急行バスと小湊バスと大多喜町 とで協定を結んできたわけでございますけれども、それが切れたことによって4月以降は小 湊さん1社の運行となるような、現在のところそういう方向で進めておりますが、先ほど言 われましたその京急の撤退によって、羽田、品川の構内権というようなお話もございました けれども、ここら辺につきましては京急さんのほうの撤退の文書を頂いた中では、そういっ た部分については、引き続き京浜急行のほうで責任を持って継続できるような形で進めてい きたいというようなお話もいただいておりますので、そういった面では引き続き運行できる ものというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。
    ○2番(志関武良夫君) ただ、3月いっぱいの契約が終わった時点では、これ、5年間の契 約は打ち切られるわけですから、継続契約じゃないですよね。だから、白紙の状態だという ことですね。そうでしょう。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) この協定につきましては、協定を今後結ばない場合は3か月前に 申し出て、撤退するなりの意思表示をしてもらうということになっておりますので、京急さ んについてはそういった意味では撤退をされるという形になります。 小湊さんについては、引き続き協定についての内容については、引き続きやるというふう な方向で今のところお話をいただいておりますので、引き続いていくような形になると思い ます。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私が聞いたのは、3月いっぱいで5年間の契約をしてやったのが切 れた時点では、それはその時点で白紙の状態なんでしょうということを聞いたんですよね。 そうでしょう。 (「そうです」の声あり) ○2番(志関武良夫君) 皆さんもご承知のとおり、2月22日の千葉日報新聞に、4月から9 月まで往復3便を走らせるという発表がされました。この時点では私も新聞に出るとは思わ なかったんですが、内容的にも詳しく細かく書いてあったんですよね。 そういう点について、その内容をよく知っている人が発表したのかなとは思いますけれど も、4月から走行をさせるについては、新契約、新しい契約の下、条件を整えて走らせるの -37- が適当かなというふうに思っております。バス会社の意向に沿って走らせるんじゃなくて、 こちらのほうで条件を整えて、それで走らせるというのが筋だと思うんですね。その点につ いて、どういうふうに考えていますか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) ただいまの質問については、協定がこの3月をもって切れること によって新たな契約を締結すると。それに当たっては、バス会社の意向に沿ったやり方をす るのではなくて、町の方針というものを出して、協定を進めていくべきではないかという、 そういうご質問でしょうか。 ○2番(志関武良夫君) そうそう。 ○企画課長(米本和弘君) それは当然そういった意味では、そういう形で進めていきたいと 思います。ただし、先ほども言われましたけれども、バスを運行するに当たりましては、向 こうに入るターミナルとか、そういった部分もございますので、そういった中で時刻等の設 定等もいろいろ検討していかなければいけないと思いますので、そこら辺は運行事業者と十 分話し合いながら、今後進めていくことになると思います。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 今の答弁の中でも、経費の削減がされない中で、今までと同じよう な状況の中、その中で運行される、そういういうふうに小湊さんのほうでは受け止めている 今までのやってきたそういう契約、5年間の契約の中、そういうものの中で運行するとい んじゃないですか。 うことになっているんじゃないですか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) この件につきましては、全員協議会でもお話を申し上げたんですが、 契約としては確かにこの3月いっぱいで一旦打切りということになりますので、高輪口が9 月までは今までのように入れるということでございますので、9月いっぱいについては残り 6か月なんですが、これについては何とかそこは小湊さんは維持しましょうということのお 話をいただきましたので、町としてもその間につきましては、何とかその継続の中でお話を させていただいたところでございます。 ただ、10月以降につきましては、正式にやはり今の場所にはもう入れませんので、これを また新たにまたご提案しなければいけない話になるわけでございますけれども、取りあえず
    そういう中で予算も上げさせていただいているところでございますが、取りあえず京急さん -38- は撤退になりますが、小湊さんだけは残り半年間については従来どおり動けるということで ございますので、継続をさせていただきたいということでのご提案でございます。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私もこの運行については、当初のそういう目的、大多喜町のよさを 外部の人たちによく知ってもらって大多喜町に居住してもらう、そういう大きな目的があっ たわけですね。そういうことをすることによって、人口の減少に歯止めをかけることができ ると、町長もこれは同じだと思うんですね。私もそれを考えて、それをやってきました。 出費についても町が保障する、その運行については保障する。その辺についても、そうい うものが達成される目的を持ってやるについては、私は赤字であってもそれは仕方ないんじ ゃないかというような、そういう考えがありました。 しかしながら、その年間5,000万以上のバス会社に助成をするということでありましたの で、それで経費の削減、これは私、担当課長にも、町長にも言いましたけれども、削減がで きるんだから削減の方法を考えてやりましょうよということを私は言ったと思うんですよ。 私が、例えば私がやったとすれば、必ず私はこのバスの運行についての削減は必ずやりま す。やります。できるんだからやりますよ。だけれども、今の状況で運行したら、これはで きません。そういう難しいところがあるんですよ。 時間でいいですか。 ○議長(野村賢一君) うん。 ○2番(志関武良夫君) そういうことがあるので、私は強いてお聞きしているんです。この 経費の削減、これは私のほうでも昨日かな、先ほどもらった資料の中にも、3月現在の、昨 年度の3月いっぱいからの乗車率の書いたのがありましたけれども、5.8とか、そういった ものを提示してありますけれども、やはりその中で削減できるものがやっぱりあるんですよ。 だから、そういったものをバス会社のほうに言って、それで、そういうものをやることに よって、少しでも町の経費を軽減するとしていくということをやっていかないと、町民にこ れは説明がつかないですよ、今のままの状況でやっていると。 だから、私は少しでもそういう削減方法をこういうふうにやって、それは執行部も、町の 議会も一緒になって、削減方法に議論して、こういった方法で努力していますから、ひとつ 町民の皆さんもご理解していただきたいというような、そういう説明ができるようにしてい く必要があるんじゃないかなと思うんですよね。今までのような条件でやったら、これは説 明がつかないですよ。 -39- だから、そこのところをもっと議論して、そして条件を整える、そういう努力をしていく 必要があるんじゃないかというふうに思っておるんですが、担当課長、どうですか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) ただいまのご質問ですと、経費面でもっと削減できるような部分 があるんではないかというふうなお話でございますけれども、これは当然、高速バスを定期 の路線として走らせるには、それなりの許可を得て運行をするものでございますので、そう いった中では、バス事業者につきましては必要な運行の経費、そして、それらをうちの町と してもバス事業者からは提示を受けているわけでございまして、そういった内容を今ご指摘 ございましたけれども、今後も内容についてはバス事業者のほうとも精査して、経費につい ては考えていきたいというふうに思います。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私も前の会社ですから、知っている人もこの辺いっぱい今、重役の 方々、ほとんど知っている。私は違った立場にいましたけれども、知っている人がいます。 その中で聞いてみると、条件は今までと同じだよというような、そういう返事をもらったん そういうことを、こっちでそれはできるものやらないと、そのままそういう赤字額の大き い、負担の大きい、そういうままやるということになると、ちょっとどうかなというような ですよ。
    考えは持っています。 その点、あまりここで追及すると課長もちょっと答弁に困るんじゃないかなというふうに 思いますので、そういった点についても十分これから検討していただいて、できるものなら やはり経費の削減に努力して、町のためになるバスの運行をやっていきましょうよ。ひとつ お願いしますよ。 それと、よろしいですか。 ○議長(野村賢一君) はい。 ○2番(志関武良夫君) 京急さんが撤退するという連絡があった時点で、1社だけ残るのは もう分かっているわけですから、緊急性を感じ取って議会の招集とか、そういうものもして、 議員の皆さんの意見を聞く、そういう中で検討していくということを私はやるべきだったん じゃないかなというふうに思っているんですね。 これは議会の皆さんのご理解を得ないと、なかなかやはり難しい問題でありますので、黒 字になっていればそんなことを一々言わなくたって黒字だから、それはそれでいいんですよ。 -40- いいんだけれども、赤字で大きな投資をするわけですから、だから議員の皆さんにもそうい う京急さんから話があった時点で、緊急性を持った中で判断していくべきだったんじゃない かなというふうに思いますが、その点について。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 今の緊急性につきまして、議会とのお話ということで今ご質問いただ いたんですが、私ども、京急バスさんのほうからご連絡をいただいて、それで即全員協議会 のほうにお話を申し上げたところでございまして、私どももお話を伺ってからずっとためて いたわけではなかったところでございますので、特に、小湊バスさんと京急さんは、その前 に、事前に1回話し合っていたようでございます。そして、その結果を京急さんが私どもの ほうに持ってきていたということでございます。ですから、いただきましたところで即座に、 私どもは全員協議会でお話をさせていただいたところでございます。 そして、先ほども4月から9月までの半年間については、従来どおり品川グースが何とか 使えるということでございますので、そこは何とか継続をさせて走らせていただきたいとい うことは、私どものほうお願いをしてきているところでございます。 そして、経費につきましては、小湊バスさんそのものは年間で約2,000万ぐらいなんです ね。ですから、実はやはり人件費が物すごく上がってきまして、やはり働き方の改革も含め まして、人件費がどんどん上がってきたということで、なかなかその経費の削減とはいきま せんでしたが、小湊さんについてはもうずっとその従来の数字でやっていただきましたので、 大体は半期で、これから4月から9月までの半期につきましては約1,000万ということにな ります。 それで、4,000万のやはり予算を計上いたしましたのは、この昨年9月から今年3月まで の予算が3,000万入っているということでございまして、4月から9月は1,000万ということ で、4,000万の計上をさせていただいているところでございます。 特に、やはり京急さんが撤退の大きな理由は、何よりも運転手がまず基本的にいないとい うことで、私どもも品川の区長さんのところにもお伺いいたしまして、いろいろとお願いも してきていたんですが、やはり京急さんにつきましては運転手がいないということで、非常 にいろんな路線を撤退していると。それで、品川でも黒字路線も撤退されたということで、 いろいろお話を聞いております。 京急さんは黒字、赤字ではなくて、人員削減の中で、羽田横浜線もやっぱり減便をして撤 退しているということで、運転手に合わせてやっているということでございますので、特に、 -41- 京急の社長とお話をお伺いしたときに、何よりも会社の中でやっぱり労働基準監督署への通 報があって、立入りという中にあって、やはり非常に厳しい状態であったということで、国 土交通省のほうからも、やはりその辺の改善ということで、免許の問題も話が出られたとい うことで、京急さんそのものはやはり本当に何とか会社運営ということの中で、路線をやむ なく撤退しているというところでございます。
    そういうことの事情がありまして、今回の原因になったわけでございますが、私どももお 話を伺ってから即全員協議会でお話をそのことを申し上げてきたところでございますので、 ご理解をいただければと思います。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) このバスを走らせるということについては、やはりもう一度この走 らせる趣旨ですね。そういうものを振り返ってみる必要もあるんじゃないだろうかというふ うに考えております。 当初は、先ほども言いましたけれども、大多喜の知名度、それから若い人たちの交通網の 整備、そういったものの中で非常に大切な交通機関であるというふうな認識を持っておりま した。その中で私も賛成したわけですけれども、やはりもう一度よく考えて、そして経費の 削減ができるのであればそういうものをやって、町民に説明のできるような状況をつくり上 げていくということが私は大切じゃないかなと思います。 ただ単に、赤字だと分かっていて今後も走らせるということは、町民からいえば、じゃ、 誰のためにこれは走らせるんだと。今そのデータを見ても、乗車の推移は大して変わってい ないじゃないかと、横ばい状態じゃないかというような意見が出てくるわけですね。 そのためにも、やはり知恵を絞って、そういうできるものはやっていくと。やって少しで も町の経費の削減に役立てるというような考えを持っていかないと、私は非常に難しいんじ ゃないかなと。 それで、10月に入っても、今のところ工事が10月から始まりますね。その期間中の走行の、 どこに泊まって、どこで下ろすのかもまだ分かっていないわけでしょう。課長、どうですか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 今回お願いをいたしましたのは、3月で打ち切られます京急の、それ から4月から9月までのこの間を何とか継続でお願いする話なんですが、特に、やはり3便 でも何とか走らせなければいけないなと思いますのは、やはり学生さんが朝の1便で大変今 大学に通ったり、または通勤でも使われておりまして、そういう意味で、やはりこれは大変 -42- 大きな、若い方々にとって大きな打撃になるということで、私どもは何としてもこれはお願 いしているところでございます。 そして、10月からにつきましては今いろいろと進めているところでございまして、これは また話が進めていく中で、また議会にもお話を申し上げてまいりたいと思いますので、取り あえず9月までは、何とか今の現行の中での継続ということの中で、やはり学生さんの皆さ んが急に足がなくなるということは、やはり皆さんが今度は大多喜からやはり東京へ住むと いう形になりますので、そういったことをいろいろ通学している皆さんからもご意見を伺い ながら、3便の運行については今お話をしているところでございますので、ご理解をいただ ければと思います。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 町長の答弁もいただきました中で、一般の町民はそういう目に見え ないものはなかなか分からないわけですけれども、数字的なものだけやっぱり見ているわけ ですね。そうすると、何だ大して乗っていないじゃないかというようなこと、我々は大多喜 の知名度、それから、そういう交通網の利便性、そういったものも十分考えながら判断して いるわけですから、そういったものは必要かなとは思いますけれども、しかしながら、でき ることはやりましょうよ。やっていきましょうよ。 そういうことで、私のほうからはお願いして、私の質問を終わりたいと思います。よろし くお願いします。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 ここでしばらく休憩します。 午後は、午後1時20分から会議を再開しますので、よろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を続けます。 (午後 零時19分)
    (午後 1時20分) ───────────────────────────────────────────────── ◇ 山 田 久 子 君 ○議長(野村賢一君) 一般質問を続けます。 次に、11番山田久子君の一般質問を行います。 11番山田久子君。 -43- ○11番(山田久子君) 11番山田久子でございます。議長のお許しをいただきましたので、 通告に従いまして一般質問をさせていただきます。 本日は大綱3点にわたり質問させていただきます。よろしくお願いいたします。 初めに、大綱1、電線や道路近くの森林整備についてお伺いをいたします。 昨年秋に相次いだ台風豪雨では、本町でも多くの被害が発生をいたしました。被災された 皆様の一日も早い復旧を願うところでございます。特に、倒木等に関係する停電は、想像以 上の影響を及ぼしました。国や県では未整備の森林で倒木が相次ぎ、電線に接触して停電原 因となったことを受け、来年度予算等で電線や道路近くの森林整備事前伐採と片づけの費用 を負担する措置を設け、減災対策に取り組むようでございます。 これらを受け、大多喜町町内を通っている国道、県道における対策と影響はどのように関 係が出てくるのか、お伺いをしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 山田議員のご質問に、産業振興課からお答えさせていただき ます。 初めに、国や県から示された国道、県道等の施設周辺の森林の防災・減災対策及び被害対 策に関する補助事業について、ご説明をさせていただきます。 まず、対象となる森林でございますが、地域森林計画の対象となっている森林となります。 また、対象となる重要インフラ施設については、道路、鉄道、送配電線設備となっています。 次に、補助事業の種類でありますが、防災・減災事業として、森林環境保全直接支援事業 があり、事業内容は下刈り、枝打ち、除伐、間伐等に対する補助となります。 次に、令和2年度には重要インフラ施設周辺森林整備が新設される予定であります。重要 インフラ施設周辺森林整備は、道路、鉄道、送配電設備の重要インフラ施設周辺の森林につ いて、風倒木等による施設への被害を未然に防止するために行う間伐や造林等に対する補助 となる見込みであります。また、被害対策の事業として被害森林整備があり、事業内容は、 保育間伐等を行う際に、台風等の気象により被害を受けた木の搬出、集積等に対する補助と なっております。 ご質問のありました、町内の国道、県道における森林整備の対策と影響についてでありま すが、町では現在これらの補助事業を活用した事業の実施予定はございませんが、昨年は台 風や大雨等による風倒木が大きな被害をもたらしていることから、今後、町内の国道、県道 周辺の森林で特に整備が必要な場所等について、役場内あるいは関係者と協議していきたい -44- また、来年度県が事業主体で行う町内での森林整備については、現在実施予定はないとの と思っております。 ことでございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 町でも今後検討していただけるということでございましたけれども、今の県のほうで来年 度、実施予定がないというところで回答があった部分において、町として県のほうに申入れ をしたほうがいいんじゃないかと思うような場所というのはありますか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ちょっと今のところ幾つか浮かぶということはないんですけ れども、一番大きなところで私の身近なんですけれども、小土呂の市部に行くところがかな り被害を受けたという印象がありますので、まずそこは一つそういう対象にしてもいいのか
    ほかにもきっとあるんでしょうけれども、ちょっと今頭に浮かぶのは、そういうところで なとは考えております。 ございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私も今、課長の答弁がありましたように、千葉の雪害もありまして、 いつも小土呂のあそこの国道の脇ですね。それと、弓木から勝浦に抜けるところもいつもや はり同じような形で、毎回というように起こっているところがあります。 ほかにもあるかも分からないんですけれども、こちらは役場のもしかしたらほかの課の皆 さんのほうも含めましてご存じかと思いますので、ご検討いただいて、ぜひまた県のほうに 申入れ等をしていただけるとありがたいかなと思うんですけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 今後、庁内または国とか県の管理者と協議していきたいと思 っておりますので、そういう中でお話をしていきたいなというふうに思います。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) よろしくお願いいたします。 次に、この国、県の動きを受けまして、町は町道ですとか農道の電線や道路近くの森林整 備について、今後どのように考えていくお考えでいるのか、お伺いしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 -45- ○産業振興課長(西川栄一君) 山田議員のご質問に、産業振興課からお答えさせていただき ます。 町道や農道、または電線で重要インフラ設備に該当する場合は、先ほどご説明しました重 要インフラ施設周辺森林整備により整備し、重要インフラ施設の周辺に該当しない場合は、 森林環境保全直接支援事業や森林環境譲与税、あるいは森林経営管理法に基づいた森林整備 など、複数の事業を活用することにより、道路等の重要インフラ施設周辺の整備が可能では ないかと考えております。 しかしながら、重要インフラ施設周辺森林整備は、道路等の重要インフラ施設を風倒木等 による被害を未然に防ぐことが目的でありますが、森林環境保全直接支援事業や森林環境譲 与税、あるいは森林経営管理法に基づいた森林整備は、森林を整備することが目的となって おりますので、道路等の重要インフラ施設を災害から守ることを第一の目的として活用する ことは難しいため、活用する際は慎重な対応をしていきたいというふうに考えております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) その中で、町道の関係で、やはりこれは早めに対応したほうがいい と思っておられる場所というのは、町としてはどのようなところを認識されていらっしゃい ○産業振興課長(西川栄一君) 町道のほうは、また管理している建設課のほうとまた協議し ますでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 て、その辺十分検討していきたいなと思います。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 これも、私が住んでいるところの近くということで大変恐縮なんですが、田代から会所へ 抜けますあの町道も、毎回のように大きな倒木の被害が起こっております。それから、場合 によりましては中野から老川さんに抜けるところのあそこは、県道になりますかね。ああい うところもありますし、聞くところによりますと、こちらのほうの山間部のほうでも起こっ ているようでございますので、しっかりと町のほうでも精査をしていただきまして、お取組 をまた検討していただくことができればと思いますので、よろしくお願いいたします。 また、近年、基幹農道の倒木や崩落が、以前にも増して起こっているように感じておりま す。竹も一緒に倒れてくるということもあるかと思いますし、木自体はそのままずれ落ちる -46-
    ような形の被害とかというふうにも起きているわけなんですが、この辺については町はどの ように今後対策というのは考えていく考えでいらっしゃるのか、お伺いすることができれば と思います。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 基幹農道ということでございますが、基幹農道ですと平沢か ら田代に抜ける向ける途中、せせらぎ橋を過ぎて田代に向かう途中で、1か所ちょっと崩落 するような場合がありますので、その辺今回の事業が使えるのかとか、そういうのは検討し ていきたいなというふうに考えています。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ぜひよろしくお願いいたします。たしか、あそこは緊急避難道路と いうような指定もある中で、ちょっとなかなか厳しい状況があるのかなと思っております。 毎回の崩落が起こります。そういうところもありますし、最近では大雨では今まで起きなか ったところが、今も申し上げましたように大きな木が倒れたり、ずれ落ちたりということも 起こっておりますので、全体的な部分でまた注意をしていただきながら、ご検討いただけれ ばと思います。 ここはもしかすると山という部分にもかかってくるかと思いますので、先ほど課長のほう でもお話ありましたが、森林の整備ということで、来年度予算から森林環境譲与税も2倍に なるということで、前倒しで少しずつお金も来るようになっておるようでございますので、 こちらの活用も含めて検討いただくことができればと思います。よろしくお願いいたします。 それと、実は2月26日の千葉日報に、千葉市さんと東電さんが災害時の早期電力復旧へ基 本協定を結ばれたという記事がちょっと掲載されておりました。ご覧になられた方も多いと 思うんですけれども、そこには具体的な内容を盛り込んだ協定は全国で初めてだということ で載っておりました。 新聞によりますと、電線に関わる倒木処理は、これまで安全の観点から東京電力の作業員 が行ってきたが、覚書を受け、東電の立会いで市でも倒木の撤去作業が可能になり、復旧の 加速が期待できる。また、電力施設に被害が与えられると見られる街路樹なども、市と東電 が連携して、予防的に伐採する。連絡調整員は、東電が市の災害対策本部に派遣し、復旧見 込みや作業の進み具合などの情報を共有、電源車の覚書は、福祉施設や医療施設など、市の 希望先に優先的に配置してもらえるように、東電に直接要求できることが明文化されたと載 っておりました。 -47- 先ほども申しましたが、本町は雪害の影響も発生します。町としても、町に適した内容で 東電さんやNTTさんと協定を結んで、早めの対応ができるようになることができないかと 思うんですが、町長、この辺多分お考えになったこともあると思うんですが、いかがでしょ うか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) ただいまの台風による倒木等によりまして長期の停電ということで、 台風19号、15号でも大変記憶にまだあるわけでございます。そういう中で、町のほうも今回 の倒木につきましては、特にサンブスギといいますかね、それが非常に芯が既に腐っていて、 それは倒木しやすいということと、もう一つはやはり大多喜町の地形からしますと、地盤が 非常に泥岩の非常に固い層の上に表層が乗っているということで、非常に根が張りにくいと いう欠点がありまして、それがやはり倒木に非常に大きく影響したのかなと思っております。 そういう中で、私どもは担当課ともいろいろ協議をしておりますが、国県道は今そういう ことで一旦進めておりますが、町道として、やはり民地がたくさんございますので、そうい ったことも含めまして、どういうふうに進めていくかというのはいろいろと今検討している ところでございます。 特に、参考になりましたのは、九州とか向こうの台風の、要するに毎年来るようなところ では、民地も既にみんないわゆる伐採をしているということで、そういう倒木による電線の 被害はないというお話もお聞きしましたので、そういったことを参考にしながら、町として 町道、あるいは農道にはどういうふうなことがいいのかというのは今、検討しているところ
    でございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) よろしくお願いいたします。 いつもこの質問に対しては、本当に重ね重ねのお願いになりますが、町のご努力をよろし くお願いしたいと思います。 次に、大綱2、大多喜町木材利用促進方針の策定についてお伺いをさせていただきます。 日本では造林された人工林が資源として利用可能な時期を迎える一方、木材の手入れが十 分に行われず、国土保全など森林の多面的機能の低下が大いに懸念される事態となっており ます。 災害に強い森林であるためにも、木を切って植え、森を育てる循環が必要とのことです。 そして、その切った木を使うことにより、地球温暖化の防止、林業、木材産業の振興、森林 -48- 整備の促進などに資することにもなってくると言われております。 このような中、国において平成22年に公共建築物等における木材利用促進に関する法律が 成立し、同年10月1日より施行されております。この法律を受け、千葉県では千葉県の木材 利用促進方針を平成23年5月に策定しております。この中で、県は木材利用の目標として、 概要を次のように示しています。 1、低層、これは2階建て程度のことを言うようでございますが、低層の公共建築物につ いて、原則として木造化を図ることを目標とする。2、高層、低層にかかわらず、内装等の 木質化を図ることが可能な部分については、極力内装等の木質化を促進する。3、備品、消 耗品としての木材利用や、木質バイオマスの利用、公共土木工事における木材利用を促進す る。4、木材利用の促進に当たっては、可能な限り県産木材の使用に努めるとありました。 この木材利用促進方針は、千葉県内54市町村のうち39市町村で策定されており、72パーセ ントの策定率となっております。未策定の市町村は都市部が多いように感じられますが、大 多喜町も策定がされていないことを知りました。本町では、校舎建設などに木材を活用する など、積極的に取り組んでおられると思っておりましたことから、意外でございました。 林野庁のホームページによりますと、全国的にも令和元年11月30日現在で、1,741市町村 中、1,595市町村で木材利用促進方針が策定され、策定率は92パーセントとのことでした。 大多喜町は町の約7割が山林であり、木材利用の促進はSDGs、持続可能な開発目標の観 点からも大切なものであると考えますことから、質問をさせていただきます。 今まで大多喜町が木材利用促進方針を策定してこなかった理由は何か、お伺いをいたしま ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 山田議員のご質問に、産業振興課からお答えさせていただき す。 ます。 木材利用促進方針につきましては、公共建築物等における木材利用の促進に関する法律が 平成22年10月1日に施行されたことを受けて、地方公共団体は国の施策に準じて木材の利用 の推進に関する施策を策定し、木材利用の促進を実施するよう努めることとされたことから、 各自治体が地域の木材を利用し、公共建築物等の木造化・木質化等を推進することにより、 地球の温暖化や林業の振興、森林整備の促進などに資することを目的としたものであります。 ご質問の木材利用促進方針を策定してこなかった理由でございますが、本町では木材利用 促進方針は策定されていないものの、味の研修館、商い資料館、観光本陣、養老渓谷観光セ -49- ンター、街なみ整備事業で整備したあずまやや案内看板、大多喜、田丁、横山等の町営住宅 及び旧老川小学校や大多喜小学校等の木造化・木質化を、法律が施行される前から木材利用 の促進に対する取組を積極的に行っておりましたので、木材利用促進方針を策定してこなか ったところでございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私も大多喜町が積極的に木材を利用してくださっているというのは 本当に感じているところでございます。その中でも、このように国、県でも策定を求めてい
    るところでございますので、本町でもこの木材利用の促進方針の策定をして、より一層公共 物等に関わる木材の利用を進めて、かつバイオマスの利用等も考えながら、関係事業者間の 連携促進に取り組んでいってはどうかと考えるんですけれども、この辺町のほうでは策定を するお考えはないかどうか、お伺いしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 山田議員のご質問に、産業振興課からお答えさせていただき ます。 昨年度より、森林経営管理法や森林環境譲与税が施行されるなど、森林の整備について国 を挙げた取組が強力に進められております。特に、これらの取組の中で、森林環境譲与税の 使途については、森林整備、人材育成や担い手の確保、そして木材利用の促進及び普及啓発 等について活用することとされております。 森林環境譲与税の活用や森林整備を推進する上でも、木材利用の促進は重要な施策の一つ となることから、今後、木材利用促進方針の策定について役場内で協議していきたいと考え ております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 前向きなご答弁をいただいたとは思っているんですけれども、町有施設の建設とか、改修 というのは毎年度どこかで起こっているものだと思っています。できるだけ早い策定をして いただくことがよろしいのかなと思うんですけれども、その辺はどのようにお考えでしょう か。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 早い時期にということでございますが、協議をしていく中で できるだけ早い対応ができればというふうに考えています。 -50- ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) よろしくお願いいたします。 多くの行政区でも策定ができているということは、ある程度骨子のようなものというのも 固まっているものもあるのかと思いますので、参考にしていただきながら本町に合った形の ものをぜひ早めにつくっていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。 次に、大綱3、地籍事業の考え方についてお伺いをいたします。 申し上げるまでもなく、地籍調査事業はまちづくりプラン、公共事業、災害復旧等に欠か せない事業でありますが、大きな費用や住民等の協力も必要となるなど、長期にわたる事業 となっております。 国においては昭和26年から実施しているとのことで、平成30年度末時点での進捗率は52パ ーセントとのことですが、都市部や、特に山間部では、地籍調査は進んでいないようです。 本町でもご努力をいただいておりますが、土地所有者の高齢化や不在化が進行しており、 また、これに併せて山林の荒廃や田畑の耕作放棄地なども進んでいることから、土地の境界 に必要な人物や物証が失われつつあります。このため、少しでも早い地籍調査の進展が必要 になってきていると感じておりますことから、質問をさせていただきます。 初めに、町の長期計画から見た現在の地籍調査事業の進捗状況はどのようになっているの か、お伺いをいたします。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 山田議員の質問に、建設課からお答えをさせていただきます。 本町の地籍調査事業は、平成27年11月に作成した事業計画により進めております。この計 画に記載されている平成27年度から平成30年度までの現地一筆調査における計画面積は8.18 平方キロメートルで、実績面積は7.21平方キロメートルであります。 比較をいたしますと、0.97平方キロメートルの減、計画面積に対します進捗率は88パーセ ○11番(山田久子君) それでは、遅れてしまっている原因というのは、どのようなことが ントとなっております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。
    考えられるのでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 遅れている原因といたしましては、町から要望している要望額で すかね。それに対します国からの配分額、これが若干少なくなっているのかなというふうに -51- 考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 国からの配分率が少なくなっているということでございますが、そ のほかの、お金の部分以外での遅れの原因というのは特段考えられないということなんでし ょうか。ないというふうに考えていいのかどうかということでございます。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 地籍調査に関しましては、宅地であったり、田んぼ、畑、そのよ うに見通しのよいところ、また、山間部が多いと見通しが悪かったりいたします。そういう ような地形の形状の在り方といいますかね。そういうものでもかなり影響を受けるのではな いかなというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 分かりました。 それでは、先に国のほうの負担金が変更になったというところでお伺いをしたいんですけ れども、配分が変わったということですが、内示率はどのように変わられたんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 地籍調査事業の負担割合、これを初めにお答えさせていただきた いと思いますけれども、この事業は国が50パーセント、県が25パーセント、残りの25パーセ ントを町が負担して事業を進めております。この負担割合につきましては、事業当初から変 更はございません。 続きまして、内示率の経過についてご説明をしたいと思います。平成27年度から令和元年 度までの要望額に対します配分額、この割合ですけれども、平成27年度は86.6パーセント、 28年度も同じく86.6パーセント、平成29年度は75.2パーセント、平成30年度は66.9パーセン ト、令和元年度につきましては77.7パーセントとなっており、5年間の要望額に対します配 分額、これは76パーセントとなっております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 そうしますと、この後に出てくる本年度予算の補正予算では、国土調査事業費としてマイ ナス3,481万円ほどありましたけれども、この分が要望よりも減ったという部分の解釈とい うことでよろしいでしょうか。 -52- そうすると、このように毎年減ってきている理由というのは、どういうふうなことが原因 で減ってきているんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 国の配分額が少なくなっている理由としましては、先ほど議員も おっしゃったとおり、国土調査事業、地籍調査事業ですけれども、これはかなり有効といい ますか、それをやることによって道路を造る際の境界の確定、また、今回のような災害等に おけます復旧、これにも迅速に対応できるものというふうに考えております。 そういう有効性から、全国の自治体でも進めていこうというようなことを考えている自治 体も多いかと思います。ということで、全国でそういう自治体が増えることによっては、現 在やっている、そういう団体が増えることによって、各自治体への配分額も、これも少なく なってくるのかなというふうには考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 手を挙げる方が多くなってきたことによって、全体の中からの取り 合いで減ってきているというような解釈をさせていただいてよろしいかなというふうに考え
    ました。 町としては、本当に少しでも大きなお金をもらって、どんどん進めてもらいたいなという 思いもあるんですけれども、その中で、ちょっと私が調べていましたときに、国が支出して いる地籍調査の推進に係る国庫負担金の中に、地籍調査費用負担というのと、社会資本整備 総合交付金(社会資本整備円滑化地籍整備事業)というのがありました。 多分、地籍調査費負担金というのが今私がお話しさせていただいている部分なのかなと思 ったんですが、もう一つこの社会資本整備総合交付金(社会資本整備円滑化地籍調査整備事 業)というのはどのようなもので、どんなことに使うことができるものなのか、ちょっと調 べたんですが私分からなかったので、お伺いできたらと思うんですけれども、ご回答いただ けますでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 社会資本整備円滑化地籍調査事業、この事業はどういうものかと いうようなご質問だと思いますけれども、地籍調査事業に係る国の補助金につきましては、 先ほど申しました地籍調査費負担金、通常のもの、これのほかに平成28年度から社会資本整 備円滑化地籍調査整備事業というものが、これが創設をされました。 この社会資本整備円滑化地籍調査整備事業は、社会資本総合整備計画区域内で、この社会 -53- 資本総合整備総合交付金事業、この事業に先行、または併せて実施する地籍調査事業で、通 常の負担金とは別に交付をされるもの。例えば、社会資本整備総合交付金の計画にある道路 改良工事、こういうものがその社会資本整備総合交付金の計画にあるとすれば、その交付金 の計画に計上されている事業があれば、それに先行、または併せてこの地籍調査を行うとき に対象となると。 いわゆる国の社会資本整備総合交付金事業と、これのいわゆる国庫補助事業ですね。それ があるところのエリアに対して、この地籍調査をやる場合には、それはまた別で交付される ものというふうな事業内容というふうになっております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) すみません。ちょっと私には難しくてついていけなかったんですけ れども、この今の総合交付金も、大多喜町で地籍調査に使えないのか、使えたらいいなと思 ったもので伺ったんですが、これは大多喜町では使うことができない形のものというふうに 解釈させていただいていいのか、それとも、何かこういうふうにすれば使えるんですよとい うものがあるのか、もう少し私に分かるように説明してもらえますか。すみません。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 申し訳ありません。ちょっと細かな説明になりましたけれども、 現在、社会資本整備総合交付金につきましては、今現在、町では橋梁の点検、またはトンネ ルの点検、いわゆる重要インフラの点検、これと、それに係る補修、修繕の工事、これが社 会資本整備総合交付金、これを活用しております。 そのほかにも、町のほうで道路改良、いわゆる国庫補助事業の対象となり得る道路改良事 業にも手を挙げておるんですけれども、なかなか国のほうではこの重要インフラである橋梁 の点検、それから修繕、トンネル点検、修繕、こちらのほうに趣を置いてありまして、なか なか町の国庫事業でやるべく実施したい事業にはなかなか配分が回ってこないというような 状況です。 ですから、そういうのがそういうこの社会資本整備総合交付金の対象となるものであれば、 対象となるのかなと思いますけれども、現段階ではなかなか活用できない事業というふうに 考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 分かりました。 -54- 今日は地籍調査ということで質問させていただいておりますので、この事業はちょっとな かなか地籍の調査に直接ということでは難しいということで、教えていただいたというふう に思います。
    それで、これは町としては国とか、県とかへこの事業費をもっと増やしてほしいみたいな 要望とかというものも行ったりとかはなさっているんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 私はここ2年ほど建設課に在籍させていただいておるんですけれ ども、その間ではちょっとないのかなと思いますけれども、ただ、以前にはこの地籍調査に 関しまして、国に、また県のほうに要望に行ったようには記憶しているんですけれども、申 し訳ないです。ちょっとそこら辺は定かではございませんので。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 先ほど課長からお話がありましたように、予算が減額になることに よって、なかなか予定どおり進まないというお話がありました。それは本当に大多喜町だけ じゃなくて、ほかの市町村さんもこの事業を使いたいということなので、十分理解できると ころではあるんですが、先ほども申し上げましたように本当に高齢化、または人がいなくな ってしまう中で、やはり少しでもこの事業を早めに実施してもらう必要があるのではないか と思いますので、ぜひ機会がありましたら町、もしくは関係する行政区さんとかと、皆さん でもっと国に出してもらえるような、要望というものなんかもしていただくことが大事なの かなというふうに思うんですが、その辺というのは、そういう機会というのがあるのかどう かという部分も含めていかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 国への要望につきましては、これまでも町村会ですとか、そうい う団体で、県で取りまとめをいただいてやっているものも現在ありますので、その辺に関し ましては、庁内の中でいろいろ協議させていただいて、そういうものができるのかどうか、 また議論していきたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ぜひよろしくお願いいたします。 町が悪いわけでも全然ないんですけれども、やはりここ、お金がないと進まないという部 分があるようでございますので、何とぞよろしくお願いいたします。 それと、先ほど予算以外に地形の問題があるというようなお話もありました。場所によっ ては町なかの地籍調査、それから山間部のほうの地籍調査とかというふうになってくると思 -55- うんですけれども、この山間部の地籍調査に関しては、やはり国としても非常に進まないと いうような考え方を持っているようでございまして、ちょっと先日あるところで見つけたも のなんですが、実証実験という形で行われたというものが載っておりました。 やっぱり山村部における地籍調査の進捗をどうしても、進捗の加速をしなければいけない ということの中で、山の中に入っていくとか、そこの中に入って立会いをしてもらうとかと いうのは、なかなか難しいということのようでございます。 その中で、実証実験されたのが新しい手法で、現地に行っていた測量作業を、空中写真等 から解析したリモートセンシングデータを用いて、机の上で行うことが可能になったという ことらしいんですね。そうすると、立会いにわざわざ山の中に入らないで、そこにデータと してあるものを見ながら皆さんで協議をしていただいて、立会いと同じような形でやってい ただくというものが実証実験をされたということで、この手法が今後進むことによって、山 間部の地籍調査が進んでいくのではないかというような期待が持たれているようなんですが、 課長、この件について多分ご存じだと思うんですが、どのように町はお考えになられますで しょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 山田議員のおっしゃっておりますのは、今、国では地籍調査の迅 速化のための手続の抜本的な見直し、いろいろ協議されているようでございます。 その中に、今言われているリモートセンシングデータ、いわゆる空中写真、または航空レ ーザ等の測量データを活用して、現地に入らずに調査しようというものが検討されておりま す。 この山間部におけるリモートセンシングデータを活用した地籍調査につきましては、幾つ
    かの実施主体で試行的に導入されているというような話を伺っておりますが、まだ国土交通 省では手法の確立までは至っていないというのが現状のようでございます。 ただ、こういう新しい技術を活用したものが国等のほうで認められてくるのであれば、そ ういう手法を用いることで効果的な現地立会い、現地に行かないから現地立会いとは言いま せんけれども、そういう調査ができるのであれば、それは効果的なものであると思いますの で、国等の動向を見ながら、導入できるものであれば町のほうもその導入できるかどうか、 見定めていきたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 分かりました。 -56- 地籍調査はまだまだ長く続く事業だと思いますし、いろいろな部分でそういった山間部の 問題も出てくることかと思いますので、新しい手法なども出た場合には検討をいただきなが ら、また進めていただければと思います。よろしくお願いいたします。 次に、最後に町は今後、地籍調査事業計画の計画推進について、どのように考えているの か、お伺いしたいと思います。 予定は立てていただいているんですけれども、予定が減ってきていて、少しずつやっぱり 進まなくなってきている。だけれども、私たち町民からしますと、いや、むしろ前倒しでや ってくれ、やってもらわないと困るんだよねというぐらいの思いがあるんですが、町はこの 辺をどのように進めていくお考えでいるのか、お伺いできればと思います。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 山田議員の質問に、建設課からお答えをさせていただきます。 令和2年度は、新たな国の第7次国土調査事業十箇年計画がスタートする年となります。 今申しました、国では地籍調査の迅速化のための手続の抜本的な見直しとともに、都市部や 山間部における新しい技術を活用した調査の効率化に向けた検討がされてまいりました。そ れは、今申しましたリモートセンシングの話であります。 この第7次国土調査事業十箇年計画につきましては、今国会で関係法案の審議が行われ、 その後、都道府県等との協議終了後、策定されるものと思われます。これを受けて、都道府 県計画が策定され、県内の国土調査事業実施自治体に十箇年の計画事業量が示されることと なります。 現在、町では平成27年11月に策定した事業計画により進めております。令和2年度には、 国及び県から計画が示されますので、県から示されました事業量に併せ、町の計画の変更を 行い、地籍調査事業を推進してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 県等との絡みもありますので、大変難しい状況ではあると思うんで すが、これ、国土交通省が示されている地籍調査状況マップの中の大多喜町の調査状況マッ プで、進捗率、大多喜町は19パーセントということになっております。 先ほど、全国では五十何パーセントということの中で、かなり前から地籍調査は行われて おりますので、年数的にはまだ大多喜町は浅いほうなのかもしれないんですけれども、何度 も申し上げて申し訳ないんですが、本当にこれは大変重要な事業で、かつ大変地味な事業だ と思います。粘り強く実施をしていただきたいと思いますし、県等の意向も踏まえるとは言 -57- いながらも、町としてどのようにしっかり取り組んでいくのかというところも踏まえていた だいて、計画がさっきも求めました遅れるのではなくて、可能であれば前倒しでできるくら いの計画策定をお願いして、進めていただくことができたらありがたいと思うんですが、そ の辺いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) この地籍調査事業につきましては、住民の方からできるだけ早く というようなお声も大変いただいておるところでございますので、町としてできる限りそう いうことの期待に応えられるように頑張っていきたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 町長、一言どうですか、今の。
    ○町長(飯島勝美君) ただいま課長が答えたところでございます。ただ、確かに19パーセン トという、非常にまだまだ進捗率が全体から見ると低いというお話にあるわけでございます けれども、これも全国の自治体というのは全部一律の面積ではございませんので、大多喜町 は千葉県の町村では一番広い面積を有しておりまして、ですから、非常に狭い面積の20キロ 平方とか、30キロ平方のところは早く終わるんだと思いますけれども、そういう意味では非 常に大多喜町は大変面積が広いので大変ではございます。 ただ、少しでもやはり国の予算づけをいただきながら進めているわけでございますが、そ の中にも、また今は全国で始めておりますので、また、いわゆる測量する事業者の人手の問 題もやっぱりそこに関わってきまして、お金だけあれば進められるかというと、なかなかそ うでもないということで、そういった両面をしっかりとまた進めていかなければいけないと 思いますが、一日も早い地籍調査を進めて、完了に近づけられればと思っています。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 町長、よろしくお願いいたします。 そして、最後にもう1点だけお聞きしたいんですが、この地籍調査の外での測量以外に、 中での事務作業というんでしょうか、そういったものも大変量的にあるというふうな話も伺 っております。 以前の決算か何かのときに、登記というんですか、それがちょっと遅れていますみたいな お話を伺ったことがあるんですけれども、そのときに伺ったところでは、なかなかやはり専 門性があってなかなか難しいというんですか、慣れるまでにも時間かかってというようなと ころもあったように伺います。 こちらのほうは今後どのような形で人材を育てていくというんでしょうか、その辺はどの -58- ような感じで考えていらっしゃるのか、お伺いできればと思います。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 地籍調査ですけれども、今年、現地の一筆調査が終われば、翌年 度にその成果を閲覧、その後国、県の認証を経て登記というふうな流れになっていきます。 その際に事務手続、いわゆる閲覧までは委託の事業者さんにお願いして、その後事務作業 となっていきますけれども、ここの職員につきましても、いろいろ研修とか、そういうもの もありますので、そういうものを活用しながら、先ほど議員の言われた人材育成等について も進めていければというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 来年度予算にも職員の研修費のようなものも、地籍調査事業の中で も設けてくださっていたかなというふうにも、私はちょっと見させていただいたんですけれ ども、もしこの中でこの人材育成がもうちょっと研修として必要であれば、本当に増やすと いうような柔軟な考え方もしていただきながら、人材育成に対応していただくことができれ ばと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 以上で一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 ここでしばらく休憩したいと思います。 なお、2時25分から会議を再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を行います。 (午後 2時12分) (午後 2時25分) ───────────────────────────────────────────────── ◇ 吉 野 僖 一 君 ○議長(野村賢一君) 一般質問を続けます。 次に、5番吉野僖一君の一般質問を行います。 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 議長さんのお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただき
    ます。 初めに、より住みよい町をつくることについてお伺いします。 -59- 飯島町長さんの3期目の公約として、「共に築こう、自立と緑の大多喜町!! 地域資源を 活かした協働のまちづくり」として、8つの項目を挙げております。つきましては、本公約 の経過報告についてお伺いします。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) ただいま吉野議員のほうから、住みよいまちづくり、それに伴いまし ていろいろ私が申し上げてきたことについての経過報告ということでございますので、今ま で進めてきたことについてお話を申し上げたいと思います。 私は町長になりましてからもう既に3期目、10年を過ぎたところでございます。今年で11 年目になるわけでございます。私は当初からずっと申し上げてきましたのは、やはり財政基 盤の安定強化というのが町政運営の基本にあるということを、私は常々申し上げてきている わけでございます。これは住民の皆さん方にも、また議会でも度々こういうお話をさせてい ただいております。 やはり財政基盤の安定をしていくということ、健全化ということは、様々な事業をする、 進めていく上で、やはり非常に大事なものでございまして、やはり私がいつも申し上げてお りますのは、入りを量っていずるを制するということをお話を申し上げております。 これは何を申し上げますかというと、収入に対して支出というものはバランスよく、やは り収入に上回るような支出をしないようにということが、常に財政基盤の安定、あるいは健 全化の中で重要であるということを申し上げて、常に職員にもそのことをしっかりとお話を してきているところでございます。 そして、財政基盤の強化の部分につきましては、やはり我々地方自治を預かる者として、 住民福祉の増進が本旨であります。住民福祉の増進を進めていく上で、やはり収入というも のがなければ、なかなかできないわけでございますので、収入を増やしていく、いわゆる財 政基盤を強化していくということで、常に私の町政運営の基本というのは、財政基盤の安定 強化というのを掲げて、これは10年間ずっと同じようなお話をさせていただいております。 それで、この財政基盤のいわゆる安定強化ということにつきましては、これを進めていく 上で一番大事なことは、これはやっぱり人が実行していく上で、これは人が必要であると、 人がなし得るものであるということをお話ししております。ですから、人材の育成というこ とを掲げているわけですね。 ですから、人材というものを育て、なお次の時代を担う皆さん方に育てて、それで、次の 時代を担っていただくということでございます。それで、特にその人材育成の中では、子供 -60- さんを含めて、将来の大多喜町を担う子供さんたちに、教育というものにもしっかりと光を 当てて、財源を投じながら、やはり育てていく。それが大多喜町の将来を担っていただくわ けでございますので、その人材育成の基本に教育があるわけでございます。 また、教育にかかわらず、我々も含めてやはり成長していかなければならないわけでござ います。そういうことで、町のいわゆる町政運営の基本であります財政基盤の安定強化を進 める、実行していく上に、やはり人材の育成というのは非常に大事であるということは申し 上げて、これは常々申し上げているわけでございます。そういったことで、私の町政運営は 10年間変わらず進めてきているところでございます。 また、一方で大多喜町の今の現状というものを捉えたときに、何が課題かといいますと、 人口減少でございます。先ほども質問がございましたけれども、この人口減少をどう止める かということが最大の問題であると思っています。少子高齢化と言われて久しいわけでござ いますけれども、やはりその人口減少の最大のものは、やはり若い方が減少しているという この状況、これが少子化を生んでいるわけですね。それが人口減少に拍車をかけているとこ ろでございます。 最近の人口減少の状況を見ていますと、社会動態と自然動態というのがございます。社会 動態というのは、転出、転入というものでございます。自然動態というのは、出生と亡くな
    られる方、この2つがあるわけですね、人口減少の。それで、社会動態の転出、転入につい ては、ほぼ縮まってきておりまして、大きな差がなくなってきておる状況でございます。 しかしながら、やはり自然動態の出生と亡くなられる方の差がどんどん開いているという ことで、非常にこれが今、人口減少の大きな要因になっているわけでございます。しかし、 その要因の元は少子化にあるわけですね。亡くなられる方に対して、出生は本当に2人、3 人ということで、その差がどんどん開いて、今、人口減少の大きな原因になっています。 そういうことで、若い方の定住化というのが今、町の最大のやはり課題であり、若い方が 大多喜町に住み続けることができる、そういった施策というものを今は様々進めているとこ ろでございます。 そういうことで私も10年間、様々な施策を進めてきているわけでございますが、その経過 ということで、今まで進めてきたことにつきましては、それぞれ所管課のほうから進めてき たことについて、それぞれ発表させていただきたいと思いますので、それぞれの所管課のほ うからお答えさせていただきます。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 -61- ○5番(吉野僖一君) 今るる細かく説明ありがとうございました。 ただ、当初の8項目の中で、歴史文化の薫るまちづくりということで、NHKの大河ドラ マの誘致活動ということで、一生懸命皆さんやっております。 それで、前回も一応質問したことなんですけれども、大塚山にNHKの車がまだ置きっ放 しなんですよね。それは何か予算ついて、近々工事やるということであるんですけれども、 やはりNHKの車だからイの一番に下ろしてやらないと、大河ドラマのやっぱり誘致という こともあるので、できるだけ早めに対処してほしいということで、その辺があれですね。そ の辺について、大河ドラマの誘致活動ということの進捗状況は、その後どうなっていますか。 急なあれで。これは8項目の一応、公約の中に誘致ということで出ている。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 でご説明のほうをさせていただきます。 ○産業振興課長(西川栄一君) 産業振興課から、歴史と文化の薫るまちづくりというところ 産業振興課で、歴史と文化の薫るまちづくりに関して取り組んできた事業といたしまして は、城下町の街なみ整備、城下町案内人や手づくり甲冑教室に対する支援、お城まつりの開 催、NHK大河ドラマ誘致活動に対する支援、釜屋の改修等がございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) それで、今回の一連のコロナウイルスのことで、いろいろイベントが 中止になっちゃっているんですけれども、これは決定ですかね。ちょっと今、質問のあれに あれかもしれないですけれども、大きなイベントがるる何かホームページを見ると、中止に なっているということで。 ○議長(野村賢一君) 吉野議員、これは通告外じゃないでしょうか。イベントの話は。 ○5番(吉野僖一君) 一応だから、そういうまちづくりということでやっているので、完全 に中止ということがあるかないか、その辺の。 ホームページを見ると、みんな中止になっちゃっているんだけれども、その辺見直しが効 くかどうか、その辺だけでいいです。現時点では中止。 局長。 ○議長(野村賢一君) 資料はない……。 ○5番(吉野僖一君) 分かった。じゃ、現時点ではホームページ掲載どおりということで、 全て中止ということですね。今後、見直すあれはない。 -62- ○議長(野村賢一君) 今朝、皆さんのところに、イベントの中止のあれは行っていますよね。 ○5番(吉野僖一君) うん。だから、見直し、今後どうなるか分からないけれども、それは 完全に、もう完璧に全部全て中止ということですか。その辺を。 ○議長(野村賢一君) 全部が全部じゃないでしょう。時期があるでしょう。
    ○議長(野村賢一君) 現時点で予定されているイベントが中止になるということですか。 (「はい」の声あり) (「はい」の声あり) ○5番(吉野僖一君) 了解。 ○議長(野村賢一君) 俺が答弁しちゃうのはないよな。 ○5番(吉野僖一君) すみません、ちょっと脱線しちゃって。 そういうことで今、一生懸命飯島町長頑張っておりますので。 この中で、やっぱり福祉の拡充と充実ということであるんですが、確かに高齢化社会で本 当に人がいなくなっちゃって、西畑のほうは特にそういうことで、非常に厳しい状態ですよ ね。 実際に、うちもスタンドをやっているんですけれども、高齢者のために頑張っていたんだ けれども、やっぱり免許返納とかなんとか、そういうことでやっぱり営業というか、継続が できないような状態になってきている。 そういうことで、今後そういうこともいろいろとはあると思うんですが、飯島町長さんも、 職員もみんな頑張っているのに、私のできることが何かあるかなと思って、今すごく悩んで いるところなんですが、おかげさまで西中のことは、三育さんがこの4月からということで、 一応活気づくと思うんですよね。 そういうことで、昔から大多喜町は観光と教育の町ということでやっておりますので、こ ういうシルバー人材、子育て支援、福祉の拡充と充実、雇用促進、歴史と文化の薫るまちと、 1番の財政健全化、地元産業の育成、地域資源を活かした協働のまちづくりということで、 一生懸命私もフォローしてやっておるのですが、なかなか町の活性化というのは、いわゆる 難しいというか、人がいなくなっちゃうというのは、本当に子供もいなくなってきちゃうし ……。 ○議長(野村賢一君) 吉野議員、下向いて何しゃべっているとわけ分からないんだけれども、 答弁。それで、1から8までありますよね。 ○5番(吉野僖一君) そうですね。 -63- ○議長(野村賢一君) それで、町長も先ほど答弁しましたけれども、担当課もその回答をで きるらしいので、だから聞いてもらってください。 ○5番(吉野僖一君) すみません。町長さんがみんな答えてくれちゃったので。じゃ、すみ ません、順序よく。申し訳ない。 ○議長(野村賢一君) じゃ、1の地域資源を活かした、それからだね。 ○5番(吉野僖一君) じゃ、1つ目、地域資源を活かした協働のまちづくりについて、お伺 いします。担当課長からあれば。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) それでは、地域資源を活かした協働のまちづくりについて、 産業振興課からお答えさせていただきます。 観光面や産業面で本町にある地域資源として考えられるものとして、まずは大多喜城と養 老渓谷が代表的なものとしてございます。そのほかに、城下町、麻綿原高原、大塚山、蛍、 いすみ鉄道、タケノコ等の農産物、たけゆらの里や、やまびこセンター、地域で活動する団 体や人など、多くの地域資源があると考えております。 このような地域資源を活用し、産業振興課では地域資源と地域住民等と協働し行ってきた 事業として、街なみ整備、城下町案内人、遊歩道等の観光施設の管理や整備、町を挙げての お城まつりの開催、葵の会や下大多喜レンゲ祭り実行委員会との協働によるイベントの実施、 関係区や関係団体と協働による紅葉まつりやホタルウォッチングの実施、地域住民が農地や 里山の持つ多面的機能を維持発揮するための活動に対する支援の実施、地域や関係団体と取 り組む有害獣対策等がございます。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ます。
    ○健康福祉課長(長野国裕君) ただいまのご質問に、健康福祉課からお答えさせていただき 保健福祉サービス等を効果的に実施するために、地域の関係団体との協力、連携が不可欠 であり、そのための体制づくりを進めていく必要があります。民間の福祉活動の中核的団体 である社会福祉協議会、民生委員・児童委員、ボランティア連絡協議会、自治会及び関係団 体との連携を強化し、地域の保健福祉サービスの充実を図っているところでございます。 特に、介護予防を目的とした地域のボランティア活動は各地域において活発であり、高齢 者がいつまでも住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けることができるようにと、 -64- 国が進める内容と一致する部分も多く、活動が評価され、国及び県から表彰を受けた団体も あるところでございます。 今後も、保健福祉サービスを効果的に実施するためにボランティア団体への支援を行い、 活動しやすい体制をつくるなど、大きな地域資源であるボランティア団体の協力をいただき ながら、協働のまちづくりを進めてまいります。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 次は、財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) 財政の健全化について、財政課からお答えさせていただきます。 飯島町長の公約の一つである財政の健全化については、先ほど町長のほうからも説明して いただきましたが、大多喜町第3次総合計画及び実施計画の基本目標の中で、行財政運営に もあるとおり、大多喜町の財政を将来にわたって持続可能なものとするため、経費の節減と 予算の厳正な執行に努め、事務事業の情報化及び計画的、効果的な行政運営を推進し、健全 な財政基盤の確保に努めるものです。 総合計画では、成果指標として5つの指標を設定してありますので、それぞれの指標の目 標値及び平成30年度決算における実績値を報告させていただきます。 まず1つ目に、実質公債費比率、こちらの目標値6.5パーセントに対し、実績値5.2パーセ ント、これは低いほうがいいというものです。次に、将来負担比率、目標値60パーセント、 実績値21.4パーセント、こちらも低いほうがいいというものです。経常収支比率、目標値90 パーセント、実績値90.3パーセント、こちらはほぼ目標値どおりです。次に、町税の収納率 の現年分、目標値98.3パーセント、実績値98.4パーセント。最後に、給与所得者に係る個人 住民税の特別徴収の実施率、こちらは町税の収納率を上げるためのものです。目標値が75パ ーセント、実績値75パーセント。以上、各指標におきまして、ほぼ達成の見込みとなってお ります。 また、町債の残高については、平成21年度のときには約48億5,000万円ありましたが、平 成30年度決算では約44億円と減少しております。基金についても、平成21年度には約19億 6,000万円だった基金残高が、平成30年度決算では25億7,000万円となっております。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 歴史と文化の薫るまちづくりにつきまして、生涯学習課のほ 以上です。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 うからお答えをさせていただきます。 -65- これまでも芸術・文化活動の拠点施設の整備といたしまして、中央公民館ホール棟のトイ レの改修など、利用しやすい施設の改修に努め、また、文化団体連絡協議会への活動支援な ど、町民が芸術・文化活動を実践する場所、芸術・文化に直接触れる機会や環境の充実を図 また、本町には県下でも有数の文化財が残されております。これを次世代に確実に継承す るため、文化財保護に係る団体や、町民の皆さんと町が一体となって、適切な保護、保存に ってまいりました。 努めてまいりました。 これからも住民ニーズに対応できるよう、活動施設の整備、充実を図るとともに、町民が 自らの活動を発表する場の充実と、文化活動への町民参加の促進等、さらなる芸術・文化活 動の活性化を図ってまいりたいと思います。 また、文化財は町民が郷土に対する誇りや愛着を創出するものであること、同時に、観光
    資源としても十分に生かすことのできる地域資源であることから、利活用を促進させるため 計画的に取り組むとともに、町の内外に効果的に発信し、活用してまいりたいというふうに 考えております。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 えさせていただきます。 ○産業振興課長(西川栄一君) 雇用促進のための新たな開拓について、産業振興課からお答 雇用促進のための新たな開拓に関して取り組んできた事業といたしまして、株式会社グラ ンブーケ大多喜や有限会社藤井商店の誘致、株式会社ハマイや神保電器株式会社等の工場拡 張、施設園芸農家等に対する支援による経営規模の拡大に伴う雇用の創出、大多喜町観光協 会への支援や連携に伴う雇用の創出、その他に雇用の促進につながる事業として、町内企業 の雇用促進パンフレットの作成及び配布を行っております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 せていただきます。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 福祉の拡充と充実について、健康福祉課のほうからお答えさ 少子高齢化の進んだ現在、高齢者が住み慣れた地域で、健康で安心して暮らしていける環 境の整備及び高齢者の健康づくりの取組を支援し、健康寿命の延伸を図るとともに、心身と もに健康に暮らせるまちづくりが求められています。 今後、高齢化がさらに進展し、高齢者が在宅での生活及び介護が困難となることが想定さ -66- れる状況において、介護環境の充実を図るため、高齢者福祉施設等の整備推進を行いました。 一つとして、施設への通いを中心に、利用者の選択に応じて自宅への訪問や短期間の宿泊 を組み合わせるなど、多機能なサービス利用が可能な小規模多機能型居宅介護施設であり、 本年度中に開設予定でございます。 さらに、常時介護が必要で、自宅での生活が困難な人が入所して、日常生活上の支援や介 護の提供を受けることが可能な介護老人保健施設、いわゆる特別養護老人ホームですね。こ ちらについても整備及び運営事業者を決定し、令和4年3月中の開設予定で準備中でござい 今後も、介護を受ける方一人一人のニーズにマッチングしたサービスが受けられるように、 ます。 福祉サービスの充実を図ってまいります。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 次は、教育課長。 せていただきます。 ○教育課長(小高一哉君) 教育課から、子育て支援と教育環境づくりにつきましてお答えさ 給食費無償化につきましては、子育て家庭の負担軽減の施策の一環として、大多喜町第3 次総合計画の前期基本計画に位置づけし、平成28年度に中学生の給食費無償化、平成30年度 に小学生の給食費無償化を実施し、現在も引き続き無償化を行っております。 続きまして、小中学校教室へのエアコンの設置につきましては、学校関係施設の充実の施 策の一環として、こちらも第3次総合計画の前期基本計画に位置づけし、小中学校全普通教 室へのエアコン設置工事を平成30年度に事業着工し、令和元年6月下旬に事業完了、本格的 な夏を迎える前の7月上旬から使用できることになりまして、快適な条件で授業を受けられ る環境となりました。 続いて、保育園、小学校、中学校と連続した英語教育の推進につきましては、特色ある保 育の実施と子供教育の一環として、こちらも大多喜町第3次総合計画の基本計画のほうに位 置づけをしまして、地域人材の積極的な活用として、三育学院大学のALTによる園児を対 象とした英語教育、小中学校全学年では外国語活動を取り入れ、英語を介したコミュニケー ション能力の充実を図っております。 また、平成30年度からは英語教育支援アドバイザーをコーディネーターとして、保育園、 小学校、中学校までの英語教育に関わる連続性を考慮した年間計画の作成や、授業に関わる 指導、助言や、講師及び教員への研修会などを実施しているところです。
    -67- 以上です。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) シルバー人材の活用促進について健康福祉課からお答えさせ シルバー人材の活用については、主に大多喜町社会福祉協議会のシルバー人材センターが 担っているところでございます。平成21年のシルバー人材センター設置以降、取扱作業数、 登録者数及び受注数は着実に増加し、近年は事業規模1,200万円前後で推移しているところ ていただきます。 でございます。 シルバー人材センターは、会員に働く機会を提供することを通じて、会員の生きがいの充 実や生活の安定、地域社会の発展や現役世代の下支え、人手不足の解消を図ることを目的と していることから、今後もさらなる充実を図ってまいります。 以上です。 続いて、質問をどうぞ。 ○議長(野村賢一君) 吉野議員に申し上げます。これで8項目の答弁は終わったと思います。 ○5番(吉野僖一君) 本当にすばらしい大多喜町になる、チーム一丸となってまちづくり、 これを本当にもっとオープンにしたほうがいいような、大多喜町ではこういうふうにやって いるんだということを、やはり選挙のときじゃなくて、ふだんやっぱり大多喜町はこうやっ てやっているんだというものを、情報化社会で、こういう英語教育とか、そういう皆さん一 生懸命教育から、福祉から、産業から、地域おこしということで、それぞれ本当にチームプ レーで、みんな各課長頑張っております。また、議員もこれに賛同して、まちづくりに頑張 っていきたいと思っております。今後ともよろしくお願いしたいと思います。 続きまして、予約制乗合タクシー事業について、先ほども言いましたように、福祉の充実 ということで、高齢者ということで答弁がありました。 これについて、当初はやはり地区が決まっていて、学校のスクールバスの空いた時間にこ の乗合バスを稼働するということで、火曜日と水曜日と金曜日ですか。A地区、B地区、C 地区、D地区、E地区とあるんですが、ただ、この中で駅から1キロ内の方は利用できない というのがちょっと、やっぱり公平性を欠くのではないかと。いすみ鉄道の利用促進もある んですが、やっぱりこれだけ高齢者、免許の返納者が出てくると、その1キロというのはや はり外して、公平にやっていただきたいということを要望というか、町民の声ということで、 いすみ鉄道は100円で、これは400円ですか、片道。両方ともね。町内であればということな -68- んだけれども、この辺の見直しについて、町長さん、どうですかね。担当課長でもいいし。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 課からお答えをさせていただきます。 ○企画課長(米本和弘君) それでは、予約制乗合タクシー事業についてということで、企画 平成30年10月1日から運行開始いたしました予約制乗合交通、いわゆるデマンド交通でご ざいますけれども、運行後1年5か月が経過しようとしておるところです。初めに、これま での利用状況を説明させていただきますと、この予約制乗合交通を利用するには利用者登録 が必要で、現在29名の方が登録されております。 この登録者数の内訳を見ますと、老川地区が22名、西畑地区が7名という状況でございま す。利用実績につきましては、平成30年10月から本年1月までの乗車人数は722人となり、 一月平均45人、1日平均2.3人の乗車状況となっております。利用者の内訳は、老川地区が 608人で全体の84.1パーセント、西畑地区が115人で全体の15.9パーセントとなっております。 ご承知のように、この予約制乗合交通は当初運行に当たりまして、大多喜町地域公共交通 活性化協議会の議案として審議をいただき、運行時から3年間の検証運行として運行区域、 運行ダイヤや利用運賃等について承認を得た上で、運行をスタートしたものでございます。 鉄道から1キロ以内に居住する住民の方については、公共交通機関であるいすみ鉄道との 競合を考慮し、利用対象区域から除いたものでございます。この内容で地域公共交通活性化 協議会での承認を得ておりますので、3年間の検証期間中は現状での運行としていきたいと
    いうふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 今、課長さんからるる説明ありましたけれども、やはり中野駅もタク シーが今ない状態で、やはり免許返納者がすごく増えたということで、できればもう少しこ の利用促進ということで、一応その決めは決めですよね。ルールはルールなんですけれども、 ある程度見直しをしてほしいというのが町民の声でございまして、できれば1キロとかそう いうあれは、もうそういう利用者数もそんなにいっぱいというわけじゃないみたいで、予約 制ということなので、確かにいすみ鉄道もシニア会員制度ということで1回100円ですか、 そういうことでやっているということで、それはそれでいいんですが、できるだけこれから 高齢化ますます、行く行くは私たちもそういうあれになっちゃうので、できればもう少し町 民の利便性を考えて、1キロというのはなくしていただいて、一応初めの事業でありますか ら、それはそれとして、今後見直しをぜひしてほしいというのは町民の声でございます。そ -69- の辺どうですかね、見直しは。町長さん。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) このデマンドのタクシーにつきましても、これはいろいろ協議をした 中での決定で、これは運行しているところでございますけれども、特にこの協議をしている 過程の中で、大多喜町には様々な公共交通がございます。そういう中で、いすみ鉄道につき ましては、国の補助を含めて、県の補助、あるいは市町村の補助があるわけですね。そうい う中で、既存の交通を圧迫することのないようなことということが一つの中に入っておりま す。 そういうことで、その1キロというのが一つの条件、1キロが条件ではないんですが、や っぱりそれを全部取り払って、全部それをデマンドで走りますと、そうすると、いすみ鉄道 を圧迫するということで、そういうことの中で、この今の1キロというのはある程度決めら れてきたところではございます。 ですから、やっぱり大多喜町の公共交通、すべからく赤字でございます。黒字のものは何 もございません。そういう中でも、特にいすみ鉄道については膨大なやっぱり援助がされて おります。それで、国の負担も入っております。そういうことで、既存交通を圧迫しないよ うにというのは、一つ決められた一つの条件であろうと思っております。そういうことでご 理解いただければと思います。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 重々分かりました。 ただ、身体障害者とか、いろいろあるんですよね。歩いて駅まで行きたいんだけれども、 歩けないというか、そういう人もいますので、そういう面も考慮して、今後改善するところ は改善してやっていただきたいというか、タクシーもあれもあるけれども、タクシーは今の 流れにないんだよね。だから、そういったこともあるから、そういうことでちょっとどうで すかね、課長さん。 ○議長(野村賢一君) 今、質問ですか。 ○5番(吉野僖一君) うん。身体障害者とか、そういう人もいるので。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) ただいまのご質問の中にありました身体障害者等ということ ですけれども、そちらにつきましては、例えば外出支援サービスですとか、あるいは福祉タ クシーなどの対象になる場合もございますので、そちらのほうをご利用いただければと思い -70- ます。 以上です。 ○5番(吉野僖一君) 分かりました。次にいきます。ありがとうございました。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 続きまして、マイナンバーカードの利用促進についてお伺いします。 マイナンバーカードの利用促進について、次のことについてお伺いします。今現在の町の
    マイナンバーカードの普及率はどのくらいですか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 町のマイナンバーカードの普及率についてということで、 税務住民課からお答えをさせていただきます。 マイナンバーカードの普及率についてということでございますが、本町における令和2年 1月末現在の人口8,943人に対し、交付件数は1,066件となり、普及率で11.9パーセントとな っております。 また、前年の同時期との比較では、交付件数で162件、普及率では2.27パーセント増加し ており、徐々に普及してきている状況でございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) ありがとうございます。 これも町の取得に係る普及促進の対応についてということで、国がやはりその普及をする ために、マイナンバーカードに国民健康保険のあれを付加して、これが来年4月からという ことなんですけれども、その辺は町民も、前年も一般質問してあるんですが、その辺でもっ あと、ホームページとかよく、町だよりとか、よくそういう説明をして、普及促進する考 とこう普及できないでしょうかね。 えはどうなんですか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) マイナンバーカードの町の取得に係る普及促進の対応につ いてということでございますので、お答えをさせていただきます。 マイナンバーカードの普及促進の対応についてということですが、これまで国を中心とし まして、各種メディアを利用した広報がされてきております。また、申請については郵送で の送付のほか、パソコン、スマートフォンからのオンライン申請など、様々な普及策が取ら -71- れてきております。 国においては、マイナンバーカードの多様な活用方策の検討などが進められていることか ら、今後は活用の範囲がさらに広がっていくことが期待されるものと思われます。 本町におきましても、窓口封筒や広報おおたき及びホームページに掲載し周知するほか、 受付窓口や各出張所にパンフレット等を常備し、周知を図っているところでございます。さ らに、確定申告相談会場にマイナンバーカード普及促進窓口を設け、住民からの問合せ等に 対応し、普及促進を図っております。 今後も、国や県などからの情報収集や情報の発信に努め、マイナンバー制度を広く住民の 皆様にご理解いただくことにより、マイナンバーカードのさらなる普及促進に努めてまいり たいと考えております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) このマイナンバーの利用促進を、課長さんが答弁してくれたんですけ れども、やはりいろんな付加価値をつけてあげればまた違うかなという思いであります。持 っていてよかったなというようなカードにしないとなかなか普及は難しいということで、そ ういう国民健康保険証とか、そういうものも早くドッキングして、多機能なカードにしてい ければ、今後ともすごく普及するんじゃないかと思います。 以上で私の一般質問を終わります。本当にありがとうございました。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 ここでしばらく休憩します。 なお、3時20分から再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を続けます。 (午後 3時08分) (午後 3時20分)
    ───────────────────────────────────────────────── ◇ 根 本 年 生 君 ○議長(野村賢一君) 一般質問を続けます。 次に、4番根本年生君の一般質問を行います。 4番根本年生君。 -72- ○4番(根本年生君) 根本です。通告に基づきまして、質問をさせていただきます。 私は今回、統合のおそれがある大多喜城分館の今後の在り方について、若者の定住化を図 るために良好な住宅地の確保が必要であることの件について、大多喜町の土砂災害警戒区域 の指定及び急傾斜地法に基づく急傾斜地崩壊対策工事について、次に、品川行き高速バスを 運行するに当たり町民に十分な説明を行う必要性があるのではないかという件について、質 問をさせていただきます。 大多喜町は本当に去年の台風から始まりまして、人口減少問題とか、本当にいろんな面で 大変な時期に来ているのかなと、非常に思っております。ここはやはり一、二年が非常に勝 負の年ではないかと思っているところでございます。その件について、私は今回の4つの件 について質問させていただきます。 まず最初に、統合のおそれがある大多喜城分館の今後の在り方について。県教育長は、第 13期千葉県生涯学習審議会の第2回会議を、令和元年12月18日に開催しました。その後、2 月4日に第3回の会議が行われております。 その中で、中央博物館への機能集約と強化、また、中央博物館大利根分館、中央博物館大 多喜分館、関宿城博物館、現代産業科学館、以上の4施設については、県による指導管理者 制度の導入ではなく、存続や活用に当たっては、基本的に地元での利活用等を優先させて考 えることが望ましいとの結論に達しましたとの記述があります。これは第1次、第2次答申 も踏まえて、そのようなことが書かれております。 そこで質問します。千葉県では個々の見直し方針、平成28年7月21日に決定されて以降、 現在まで何回も会議を開き、一貫して博物館機能の集約化、地域の博物館は指定管理者制度 及び地元市町村への移譲方針の下、検討してきています。そして、第2次答申が行われ、教 育委員会もこれに賛同し、多分そのとおりなのではなかろうかと思っています。その間、平 成28年に決まって以降、町は県に対してどのような方針に基づき、どのような行動を取って きたのか伺いたい。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 千葉県の公の施設の見直し方針が示されて以降、町はどのよ うな方針に基づき行動してきたかとのご質問に、生涯学習課のほうからお答えをさせていた だきます。 千葉県では、議員おっしゃるように平成28年7月21日に行政改革推進本部で、公の施設の 見直し方針が決定されました。これを踏まえて、博物館・美術館の現状の分散型の施設配置 -73- を見直し、機能の集約化と個々の施設への指定管理者制度の導入、地元自治体への移譲を検 討することとされました。 その後、平成29年12月から4回の生涯学習審議会を重ねまして、平成30年8月に第1次答 申が示されました。第1次答申では、県立博物館・美術館の今後の在り方のうち、基本的な 考え方が示されましたが、施設整備の方向性などは引き続き審議することとなりました。 その後、平成31年2月から3回の生涯学習審議会を開催、令和元年9月に審議会内に博物 館・美術館部会を立ち上げ、博物館・美術館部会は令和元年9月から4回の部会を開き、令 和元年12月18日に、生涯学習審議会に答申をいたしました。 県に確認しましたところ、生涯学習審議会では部会の答申を受けて同日開催された審議会 において、第2次答申の素案を検討したということでございます。 町ではどのような方針に基づいて行動してきたかということでございますが、県からは担 当レベルでの説明を受けておりますが、町といたしましては、全員協議会でお示しをさせて いただきました意見書の内容で、県に対して施設の存続と、引き続き県においてこれまでど
    おり維持管理をしていただけるよう、強く要望してまいったところでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) じゃ、その間、県の担当課のほうから、こういった方向性で動いてい るということの説明を受けていたということでよろしいですか。すると、その間は当然、町 も大多喜城分館は非常に大切なものでしょうから、ある程度町の考え方に基づいて、県のほ うとも折衝とか、町の考え方とかを述べて、町のほうとしてはこのように考えているんだと いうような折衝等はしなかったと、担当者から話を聞いただけで、そうですかということで 終わっていたということですか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまご回答しましたとおり、説明を受けました。その中 で、それに対して町としての考え方として、県のほうで引き続き管理、維持管理をお願いし たいと、そういうことでお願いしてまいりました。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ですから、県と交渉するのに、個人的ですけれども、早めに町の方針 を決めて、町の意向を率直に伝えるほうがよかったのではないかと思っています。それはそ れで私の考えですので、これでいいです。 続きまして、次の質問にいきます。県の要請に基づき、11月20日付で県に対して町の意見 -74- を回答しましたが、その内容については、全員協議会でその内容の文書は配付されましたけ れども、どのような手続を取って、どのような手順を取ってこのような回答文書が出来上が ったのかお聞かせください。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ただきます。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまの質問に、生涯学習課のほうからお答えをさせてい 令和元年11月15日付で県立博物館・美術館の利活用についての照会文書を受理いたしまし た。内容は、平成28年7月に公の施設の見直し方針で、博物館の現状の配置を見直し、機能 の集約化を検討するとともに、博物館について指定管理者制度の導入や市町村への移譲の可 能性を検討していること。また、平成30年8月に生涯学習審議会から示された第1次答申で は、全県域を俯瞰する役割の博物館について機能強化を進めること、地域史と特定テーマを 扱う博物館は、長期的な視点で地元での活用を含め、現状の県運営の在り方を見直すとされ ておりました。 このことを踏まえまして、県教育委員会から現段階での県立中央博物館大多喜城分館に係 る大多喜町の利活用の可能性について、意向の確認があったものでございます。 回答につきましては、大多喜町文書管理規程の規定に基づきまして、町長まで決裁を受け、 回答したところでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) その際、そうすると、担当課である生涯学習課で起案して、町長の決 裁を受けて回答したということでよろしいですか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) はい、そのとおりでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 正直に言って、本当に大多喜城は大多喜町にとって非常に大事なもの です。回答するに当たって、議会の意見とか、関係団体、商工会さんとか、観光協会さんと か、そのほかにも非常に関係する団体があると思います。その辺の意見も聞きながら、この 回答文書を出すという考え方はなかったんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 事前に相談がなかったかということでよろしいですかね。事 前に相談がなかったかというご質問かと思いますが、全員協議会のときにでもお話をさせて -75- いただきましたが、回答期間が非常に短く、また時間的に余裕がなかったことから、議会に
    つきましても、事後報告をさせていただいたところでございます。 時間的な余裕があれば、当然関係者との協議も重要であったんじゃないかと認識しており ます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 時間がある、ないの問題ではないと思っています。回答する前に、少 なくともこういった形で回答するよといった内容の説明があってもよかったんじゃないかと。 大多喜城分館は本当に町民挙げて、行政だけじゃなくて議会も挙げて、本当によりよいもの にしてかなくちゃいけないという観点からすれば、時間がある、ないにかかわらず、ある程 度こういったのが来たんだよという報告なり、相談なりがあってもよかったんじゃないです か。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 時間がなかったからということで申し上げたんですけれども、 その間、非常に期間が本当に短くて、間に議会も入っておりました。言い訳になりますけれ ども、事後報告をさせていただいたところでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ってもらいたいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 副町長。 ○4番(根本年生君) 今後はいろんな面で多くの人たちに意見を聞いて、いろんなことをや ○副町長(西郡栄一君) 確かに議員さんのおっしゃるとおり、いろいろな方の意見というの は非常に大切なものだというふうに認識しております。ただ、今回の文書というのは、先ほ ど担当課長のほうからお話ししたように、施設の存続と引き続き県においてこれまでどおり やっていただきたいというような内容ですので、これは多分いろいろな方が集まっても同じ ような答えになるということで、町のほうでそういうお願いをしたというようなところでご ざいます。 その後のまた、ほかの話はまた別として、とにかく今のままそのまま存続するんだとして いただきたいんだというのがこの町の趣旨でございますので、それについてはいろいろな団 体の方、議会の皆さんも同じようなお考えの下で進んでいただけるということで、回答した ところでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 -76- ○4番(根本年生君) 今後は、いろんな方面の意見を聞いてやっていただければと思います。 続きまして、千葉県生涯学習審議会については、公開され、傍聴も可能でした。また、第 2次答申の中に、大多喜城分館の今後の在り方についての記述があります。その記述の内容 はどのようなものなのか。また、公開され、傍聴も可能だということでした。これには、傍 聴に行ったんでしょうか。お伺いします。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ます。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまの質問に、生涯学習部からお答えをさせていただき 12月18日に開催されました生涯学習審議会は、公開であったことは承知しております。当 日は、生涯学習審議会から第2次答申がなされたわけではなく、博物館・美術館部会からの 答申が素案という形で生涯学習審議会に提出され、それを審議したものと伺っております。 また、素案の中で、大多喜城分館に関する記述があるかとのご質問でございますが、大多 喜城分館につきましては、これまでの実績や地域における役割に鑑みて、引き続き地域振興、 観光振興等の面で活用できる可能性が高く、地元からも同趣旨の意向が示されていることか ら、地元町における有効利活用に向けた協議を進めることを望みます。その際、耐震性、バ リアフリーに課題があるため、早期に結論を出すよう努める必要があると考えられますとの 記述がございました。 最後に、今後も地元自治体や関係機関等と協議を踏まえながら、在り方検討を具体的に進 めることが必要であるとまとめられておりました。 それで、傍聴の件なんですが、傍聴については当日は行ってございません。その理由につ
    きましては、既に意見書を提出しておること、また、統一意見などを求められる場ではなか ったということから傍聴はしておりません。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 傍聴は抽せんだから、そこで抽せんに当たるかどうか分かりませんで しょうけれども、やっぱり大多喜城は非常に大事なものなので、傍聴に行けばそれなりの、 どんな意見が出て、どういった審議会だったのかということがすぐ分かるわけですよ。する と、すぐ対応もできるわけなんです。もし町の意向と大幅に違うような意見でも出ていれば、 それについては早急な対応もできると。多分この傍聴に行かないと、あとは議事録を県が公 表するまで待つということになりますかね。2週間か3週間ぐらいかかりますでしょうか。 -77- だから、やっぱり熱意を持って、ああ、大多喜町は傍聴に来たんだな、熱意があるんだな というところをやっぱり見せると同時に、一刻も早く情報を得ることが必要ではないかと思 いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) 情報を得る必要があったのではないかということでございま すが、私どもとしても事前に意見書のほうを提出してございます。その内容については、一 応県のほうからも確認がございました。その内容で進めるというような話でございましたの で、当日は傍聴をしておらないということでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) じゃ、今後このような会議があったときには傍聴に行きますか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) この大多喜城の問題につきましては、今課長もいろいろお答えしてお りますけれども、県のほうは、町のそれぞれ設置してある町の意向を無視して進めることは まずないわけでございます。必ず協議をして進めるということでございます。 その中で、私どもも地元の県議、小高県議、または小路県議にも、ちょうど小路県議がそ の委員会の委員長でございます。そういうことで、十分その辺も、旨もお話をしてございま す。そして、大多喜の意向はこうであるよということもお伝えをしておりまして、ですから、 当然県のほうは、町とそれから十分な協議の中で、両者の合意のいく上の中で、やっぱりい ろいろ決定されてくるものと思っておりますので、まだこれから県の方向としては、一つは 千葉の中央博物館のほうに全て一本化するということは、この前の全員協議会でもお話を申 し上げましたけれども、全国に博物館はあるんだけれども、県で4つも5つもあるというと ころは千葉県だけしかないんだと。 ほかはみんな1個であるということでございまして、県の方針はそこにまとめるという方 向ではもう決まってきておりまして、それはもう我々が意見を言って変える余地のものでは ないわけですので、これから今私どもは県と協議することは、町の考え方と県の考え方、そ れをこれから踏まえながら、先ほどそこにもありましたけれども、まずはそこに耐震化がご ざいません。耐震化がないところでございます。 そして、バリアフリーをどうするか。また、屋根の瓦等も、あれは普通の瓦じゃないんで すね。ですから、全体的に5億円以上かかるということでございます。そういった問題もこ れから話し合っていかなければならないわけでございますので、いずれそういう話を受ける -78- にしても、指定管理にするにしても、その辺が完成しない限り、あの建物は耐震化のないも のは使うわけにはいきませんので、そういったことをこれから協議の中に入ってくるわけで ございますので、その都度また議会とも協議をしながら進めますが、または、町が移譲を受 けるということになれば、またその段階でまたそれぞれの団体の皆さんとも協議をしなけれ ばならないと思います。 そういうことで、まだ今は県とはこれからそういうまず莫大なお金をかけるところをどう するかというところの話合いからまず入っているところでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。
    ○4番(根本年生君) 今後は県の来るのを待っているのではなくて、積極的に町のほうで、 町の意向を早めに伝えて、町の少しでも有利な条件で移譲が受けられるように、町のほうが 積極的に動くべきではないかと。向こうである程度形が決まってきちゃうと、なかなか言い 返すことは難しいと思うので、早めに町のほうの考え方を示して、早急にやっていただけれ 続きまして、城下駐車場有料化については、大多喜城分館では入場者の減少につながるの ではないかと大変危惧していました。有料化になってからも大変危惧しているところでござ 有料化については、理解を得ることができたのか伺いたい。また、議会でもトイレの利用 者はどうなんだ、物産店の利用者はどうなんだ、物産店の利用者、お店をやっている人に聞 きましたところ、お城に行かないお客でも、そこの物産店に食事に来てくれる方が結構いた そうです。そうすると、城に行かなくても、そこでおそば、仮に500円のものを食べるとき に、200円の駐車料金を払って食べてもらうのが非常に心苦しいというような意見も出てい その辺も含めて、やっぱり物産店さんとかも含めて、有料化についてはやっぱり十分な説 明をして、了解を得るべきだと思います。お城とか、物産店の人たちには理解を得たのでし ばと思います。 います。 ます。 ょうか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ただいまのご質問に対し、産業振興課よりお答えいたします。 有料化について理解を得ることができたのかにつきましては、大多喜城分館とは、昨年の 1月までに館長と3回説明をさせていただき、県の本課とは、昨年の2月と3月に説明をさ せていただき、理解をいただいたと認識しております。 -79- 次に、トイレのみ利用者と物産店を利用する方への説明でありますが、これらの方につい ては、利用者が特定できないため、特に説明をしておりません。また、物産センターに出店 している方については、平成30年10月に、それぞれ店舗または自宅に伺い、駐車場の有料化 についてご説明をさせていただき、その時点ではご理解をいただいたと認識しております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 理解を得たという、これは役場の多分一方的なあれじゃないですか。 我々が言ってもあそこは町がやることですからね。誰も何も言えないわけですよ。借りる人 にしても、町がやることについて、そうですかと聞くしかないんですよ。やめてくれと言っ ても、なかなかそれは自分のものじゃないんだから言えない。お城にしても、町がやること に対して、県が嫌だよということは言えないですよ、表立ってね。聞くでしょうけれども、 分かりましたとは言うでしょうけれども、表立っては私、言えない立場だと思います。 それで、何かのときにその条件に同意を得なければ何事もできないというものは、同意を 得るために一生懸命やるでしょう。同意を得なくてもできるものもたくさんあると思います。 その際は、余計同意を取るよりは、もっと丁寧な説明があって、それで同意を得るようにし てやったほうが、今後、私はお城ができるときから仕事柄携わっていましたけれども、県と 町は本当に一体となって、駐車場がなければどうするんだとか、いろんな面で協議しながら 進めてきたものだと思います。 県が大多喜町に大多喜城を造ってくれること自体、本当に今で見ると奇跡的なことなんで すね。それは、町と県が一緒にタッグを組みながら、お互いの信頼関係をつくりながら一緒 にやってきたものだと思っていますので、今後はお城とか、あの出店者の方々とも十分話し 合って、駐車場のことを決めることができるのかどうか。それと、物産店の前の駐車場です ね、5件ありますよね。そこは、無償でとめられるような券とか、何か考え方はあるでしょ うか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 駐車場の運営につきまして、今後何か変えるようなことがあ りましたら、当然指定管理者のほうと、また、物産店ですとか、お城等と必要な協議はして、 今議員さんがおっしゃるとおり、これまで以上に丁寧な説明、また理解を得られるような説
    明をしていきたいというふうに考えています。 また、その物産店の前に5つとか、そういうものというのは、ちょっと今場所的にはもう そういうスペースがございませんので、新たに設けるというようなことはちょっと難しいか -80- なと考えています。 物産店だけを利用する方がいらっしゃるということなんですけれども、ちょっと離れてい ますけれども、公民館の駐車場ですとか、そういうところをちょっと利用していただくよう な形であれば、ちょっと無料でできるのかなと考えておりますので、その点はちょっとなか なか難しいなというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 城下の有料化については、様々な意見があることをご存じだと思いま す。やはり事業をやるからには一人でも理解者を増やして、一人でも多くの方の賛成の下に やっていただければと思います。 続きまして、大多喜城は大多喜町にとってかけがえのないものです。これはもう誰もが町 民であれば思っていることだと思います。大多喜城なしでは町の活性化を図ることはできま せん。来年度は、正式な、この間全員協議会のときに行政側の説明で、今後は観光協会とか、 商工会とか、関連する団体と議会も含めて、その対策について協議会とか何かそういったも のをつくって対応していくんだよと、様々な人の意見を聞いて、県に対して対応していくん だよという発言があったものと思っています。 もしそれをやるのであれば、来年度はそれなりに協議会とかできれば、当然お金がかかり ます。ある程度の予算づけが必要ではないかと思います。会合を開いたり、どこかへ行けば 旅費もかかる、チラシを作ればチラシ代もかかる。やはりある程度予算づけして、町のやる 気を見せて、町は本当に本格的にその対策について取り組むんだという姿勢を見せるべきだ と思いますけれども、来年度はどのような予算づけが行われるんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ○生涯学習課長(宮原幸男君) ただいまの質問に、生涯学習課のほうからお答えをさせてい ただきます。 大多喜城は町のシンボルであり、大多喜城がなくなることは避けたいという思いは、根本 議員さんはじめ、皆さん同様であるというふうに考えております。 今後、県の生涯学習審議会で第2次答申が示されることで、県との協議が始まることが想 定されますが、12月の全員協議会でも説明をさせていただきましたとおり、町執行部だけで なく、議会、商工会、観光協会など、関係者のご協力をいただき、多方面からの意見を集約 して協議に臨んでいきたいと考えております。 これからも存続に向け、議員の皆さんはもとより、関係者や地域住民の方々の思いも合わ -81- せて、県のほうに届けていければというふうに考えております。 予算につきましては、当初予算には計上しておりませんが、今後、対応策等に対するご意 見などを伺う中で、必要に応じて予算措置をさせていただきたいというふうに考えておりま す。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 新年度予算の当初予算には入っていないということですけれども、私 は大多喜城は非常に大切なもので、大多喜町の命運がかかっていると言っても過言じゃない と思っています。それを当初予算に計上しない、必要があれば補正予算で計上する。 補正予算とは、急に突発的な事故があったときに、緊急的にお金がないので補正するとい うのが一般的じゃないでしょうか。当初から予定されているもの、当初からこれは何とか町 民挙げて努力してやっていかなくちゃいけない事柄で分かっていることであれば、やっぱり ある程度会議費ですからそんなにかからないでしょうけれども、20万か30万か分からないけ れども、当初から予算を組んで町が積極的にやるんだという姿勢を見せるべきだと思います けれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。
    ○生涯学習課長(宮原幸男君) 当初予算で取る必要があるのではないかということでござい ますが、先ほども申し上げましたとおり、議会の皆さん、商工会、観光協会など関係者の皆 さんにご協力をいただくような形の中で、よりよい意見を集約していきたいというふうに考 ○4番(根本年生君) じゃ、当初予算には計上しないけれども、補正予算では見る予定だよ ○生涯学習課長(宮原幸男君) 先ほどの繰り返しになってしまいますけれども、皆さんのご 意見などを伺う中で、必要に応じて予算措置をさせていただきたいというふうに考えており えております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ということでいいですか。 ○議長(野村賢一君) 生涯学習課長。 ます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 私は一番ちょっと心配しているのは、大多喜町との協議が調わないう ちに、県のほうでどんどん先行されちゃって、大多喜町の意見が通らないということがある と非常に困るかなと。それには町の熱意と情熱をあれして、本当に予算も計上をつけてやっ -82- ているんだということを、やっぱり内外的にも示すべきだと思いますので、ぜひよろしくお 続きまして、若者の定住化を図るために良好な住宅地の確保が必要であるという件につい て。令和元年の出生数は17人であると思われます。今年も同様の内容だと、大変なことにな ります。少子高齢化に歯止めがかかりません。若者定住化が喫緊の問題である、その件で伺 願いします。 いたい。 今までほかの議員の一般質問の中でも、定住化は非常に喫緊の課題だという行政の答弁も たくさんありました。それで、1月の広報を見てみると、1月の出生者数ゼロとなっていま すよね。本当にそれを見て、ちょっとどうかなという、やっぱり本当に早急に対応しなきゃ その件で質問します。令和元年の婚姻数は何組か、また、そのうち町内に居住している新 ならない問題だと思っています。 婚夫婦は何組あるんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 令和元年の婚姻数は何組か、また、そのうち町内に居住し ている新婚夫婦は何組あるかのご質問について、税務住民課からお答えをさせていただきま す。 昨年中の町の婚姻受理件数は17件でございます。また、そのうち町内に居住している新婚 夫婦は何組あるかについてのご質問でございますが、受理後の婚姻届については法務局で保 管することになっております。町から1か月ごとに法務局に送付してしまうことから、婚姻 後の居住については把握はしておりませんので、ご理解をよろしくお願いいたします。 ○4番(根本年生君) 去年17組婚姻したということですけれども、これは例年に比べてどう ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 例年に比べてというご質問でございますが、現時点で昨年 の婚姻数についてはちょっと把握はしておりませんけれども、後ほどお答えということでよ ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 なんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ろしいでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) いいです。私は感覚と周りの状況を見ていると、本当に結婚しても大 多喜町に住まなくて、茂原とか、市原とか、君津とか、千葉とか、そっちのほうに住んでい -83- る方が多いような気がしてならないんです。 17組結婚したら周りに1組か2組ぐらい新婚夫婦がいてもいいのかなと思うんだけれども、 ちょっと感覚的に半分ぐらいしかいないんじゃないかなということを思っていますので、今
    後地元に住んでもらうようにするために、いろんな施策を広げたらどうかなという思いで質 問しました。 次にいきます。これまでの施策では、若者の定住化は図れないと思われます。人口対策は、 私は土地政策、住宅政策であると考えています。若者が住みやすい住宅地の確保が急務であ ると思います。やっぱり若者定住化は喫緊の課題です。今年度ですか、あの丸スタンドの脇、 分譲して4棟、あっという間に売れました。その前、町がやったやつもあっという間に売れ ました。それで、丸スタンドの脇は4軒のうち3軒が近隣の市町村から移住してきた人たち だということでございます。 やっぱり大多喜町、ほかの地区に比べて、学校は近くにある、高速バスが走っている、シ ョッピングセンターがある、本当に便利なところだということは聞くんです。しかし、住む 住宅地がないんです。若者が住む住宅地がないんです。若者は、古民家とか中古の住宅には ほとんど住みません。特に新婚世帯は、モデルハウスというんですか、ハウスメーカーのモ デルハウスを見に行っちゃうと、やはりどうしても新築一戸建てのほうに憧れちゃうんです ね。それにはやっぱり土地がないんです。 やはり計画的に土地を造成してやらないと、いろいろ助成金、うち建てたら100万円とか、 いろんな助成金もあるんでしょうけれども、それだけではうちに、大多喜に住まないと思う んですよね。一番はやっぱり土地であると。睦沢のほうにも土地が、住宅地が、これは新し くできました。あそこに大多喜の人たちも何件か行っているということも聞いています。 やはり計画的に、住宅地の確保が急務であると思います。今、城見ヶ丘できています。あ と、まだ何件か残っているでしょうけれども、今は城見ヶ丘の団地がなかったら、どうなっ ていたかと思うと、非常に暗い気持ちになっちゃうんですね。 ですから、やっぱり計画的に住宅地の確保が必要だと思います。これについては早急にや るべきだと思います。いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ます。 ○企画課長(米本和弘君) ただいまの質問に、企画課からお答えさせていただきたいと思い 第3次総合計画の前期計画では、基本構想に掲げる本町の将来像、「ひと まち みど -84- り 未来に光り続けるふるさと 大多喜」を実現にするために、基本構想に示された分野ご とに、基本目標の達成に向けて取り組むべき具体的な施策を定めるとともに、それらを推進 するための指針としているものでございます。 この前期基本計画では、定住促進プロジェクトとして住宅政策を掲げ、土地の有効利用に 向けた取組を進めるとともに、良質な住宅や宅地の供給を促進することとしておるところで す。このような政策目標に基づき、町有地を活用した宅地の販売や、企業向け住宅の整備等 を実施してきたところでございます。 根本議員も言われるように、住宅地の確保というものは急務であるとの認識は同じでござ いますので、今後も住宅地の確保を図ってまいりたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ぜひやってください。住みやすい住宅地があるだけで、それだけで本 当に、よっぽど効果があると思うんですよね。お城が見えて、本当にこんなところはないな という方が多いですから、やっぱり計画的にそれをやっていかないと、ミニ開発がぼんぼん 行われちゃうと、余計おかしなものになっちゃうので、やっぱりある程度計画をつくって、 それで一度にその計画をやらなくてもいいと思うんですよ。 やっぱりここに幹線道路を造る、ここに道路を造る、ここにどうするという計画をつくっ て、それで今年はここの区画をやるんだ、次はこの区画、それで、町で全部やる必要もない と思います。民間と提携して、民間の事業者にやってもらう。町は地主とその民間企業の間 に入って、いろんなお手伝いする。やっぱりいろんなやり方があると思うんです。町が直接 やることもいいでしょう。ただ、町で直接やるとなると、いろんな負担面の大変なこともあ るでしょうから、やっぱり民間企業と提携してやるなど、いろんな方法があると思いますの で、ぜひ検討していただきたいと思います。
    続きまして、いきます。大多喜町の土砂災害警戒区域の指定及び急傾斜地法に基づく急傾 斜地崩壊対策工事について。県では、令和2年5月末に指定率50パーセント、令和3年5月 には土砂警戒区域の指定を100パーセント完了させるということが新聞記事、県議会でもそ のような答弁が行われています。 大多喜町においても今後、土砂警戒区域の指定が大変多くなると思います。県が土砂警戒 区域の指定完了時期を示したことについては、どのように思いますか。また、その対策は進 んでいますか。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 -85- ○総務課長(古茶義明君) ただいまのご質問に、総務課のほうからお答えをさせていただき ます。 現在指定されております土砂災害警戒区域に加えて、新たに土砂災害警戒区域が指定され ることによりまして、ハザードマップなどによる住民への周知、また、災害の発生するおそ れが生じた際、その区域住民への周知及びまた避難について対応していくことが必要である と考えております。町といたしましては、危険箇所が明確になることにより、住民の安全を 確保する上で大変有効であるというふうに考えております。 追加指定されることへの対策でございますが、今までの指定区域と同様の対応に加えて、 指定箇所の増加に伴い、災害の危険が切迫した場合における居住者等への安全な避難先を確 保するために、指定緊急避難場所の見直しと、住民への周知について、共に進めてまいりた いというふうに考えております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) よろしくお願いします。 続きまして、②、③はちょっと一緒の内容なので、一緒にやっちゃいます。 今後は、今はソフト面のことは説明がありました。やはり今後はハード面の対策、この辺 についてどうするのかということが急務であると思います。それで私、議会などで何回も言 っています。急傾斜地崩壊対策工事を実施するための進捗状況、ハード面は、やっぱりこの 急傾斜地崩壊対策工事を行うのが一番ベストではないかと思っています。この進捗状況はど のようになっていますでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 根本議員の質問に、建設課からお答えをさせていただきます。 本町の土砂災害警戒区域の指定箇所は、令和2年2月20日現在22か所で、今後指定される と思われる基礎調査完了箇所は194か所であります。この全てをハード対策で実施すること は、膨大な時間と費用がかかることから難しいと考えております。 議員もご存じのとおり、土砂災害警戒区域等における災害防止対策の推進に関する法律、 いわゆる土砂災害防止法では、このような全ての危険箇所を対策工事、いわゆるハード対策 により安全な状態にしていくには、膨大な時間と費用が必要となることから、土砂災害から 国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域について危険の周知、警戒避難体制の 整理等のソフト対策により推進していくものと考えております。 -86- また、急傾斜地崩壊対策工事の実施のための進捗状況ですけれども、現在は想定される全 体事業費を捉え、それに係る町の負担額、地域住民受益者の負担額と歳出など、関係課を交 えて協議をしているところでございます。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 前回の議会でも、関係課と協議しているという答弁だったと思います。 いつ分担金条例ができて、分担金条例ができた後はどのような流れに沿って、少しでも早く 急傾斜地の崩壊対策工事ができるのか教えてください。 ○議長(野村賢一君) 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) いつまでにその分担金徴収条例の改正をするのかということです
    けれども、現在、負担割合や負担方法等について検討しておりますので、できるだけ早期に 決定できるように協議をしております。 また、分担金徴収条例制定後の流れというようなことでよろしいですかね。急傾斜地崩壊 対策事業の実施までの流れということですけれども、県の土木事務所のほうにお聞きしまし たところ、急傾斜地崩壊対策事業実施に係る区域指定がされると思われる所有者等から、区 域指定がされることに対します同意書、また、要望書を町に提出され、町はこの要望書を受 け、町から県に対し、事業実施に係る要望書を県に提出することとなります。 その後、県により現地調査や危険性の判定、事業決定前の測量が行われ、指定区域の決定 となるという流れになろうかと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) やはり少しでも早く、大雨のときは逃げられるけれども、地震があっ たときにはもう逃げられませんので、早急な対応をお願いしたいと思います。 続きまして、いきます。品川行き高速バスを運行するに当たり、町民に十分な説明を行う 必要性について。品川行きの高速バスの運行が大変厳しい状況になっています。今後、5年、 10年と安定的に運行するには、抜本的な改善が必要であると考えます。その件で伺いたい。 公共交通、一番重要なことは安定的に継続して、5年、10年、20年走らせるということで す。今回、京急さんが撤退してしまって、当初はそんなこと考えていなかったでしょう。だ けれども、撤退して、便数も半分になりました。やはり、これについては今までのことを反 省して、いいところはもっと伸ばす。工夫しなくちゃいけないところは工夫して、5年後、 -87- 10年後、20年後も安定的に走らせるような体制をつくらないと、事業者にとっても、大多喜 町にとっても非常に不安な面が出てくるんじゃなかろうかと思っていまして、その件につい まず、1番と2番はちょっとこれは同じようなことなので、一緒にやります。当初の運行 目的はどのような内容でしたか。また、それは達成されたと思いますか。当初5年以内で黒 字にすると計画を立案したが、黒字にするには程遠い状況です。その原因はどこにあるんで て質問します。 しょうか。 当初、議会のほうに説明があった当初計画の中には、ゴルフ場のお客が何人、観光客何人、 それで5年で黒字にするよという、こういった計画があります。その計画どおりにいかなか ったから、京急さんも撤退してしまったのではないかということも、ちょっと危惧していま す。目的とその内容は達成されたのか。それで、黒字にできなかった理由は何でしょうか。 教えてください。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ます。 ○企画課長(米本和弘君) それでは、根本議員の質問に、企画課からお答えさせていただき 品川線高速バスは、通学者、通勤者、地域住民、観光客等の利便性の向上及び交流人口の 増加を図ることにより、地域振興及び定住化の促進を目的に運行しておりますが、その達成 につきましては、まだまだ道半ばであるというふうに考えております。 また、これまでの実績といたしましては、平成27年12月の運行開始以来、本年1月までに 6万8,137人、昨年2月からの直近1年間では年間2万4,217人の方に品川線高速バスをご利 用いただいております。年間2万人強の方が品川線高速バスにより、大多喜町と都心等を行 き来していただいているということは、運行目的である利用者の方々への利便性の向上や、 地域振興に大いに寄与しているものであると考えております。 また、当初計画との差の原因ということですが、当初計画では計画最終年の今年度の乗車 人員は5万6,761人、1日当たり155.1人、1便当たり12.9人、運行収支では170万2,000円の 黒字というような計画でございました。しかしながら、現状では補助年度ベースで今年度の 乗車人員は2万3,233人、1日当たり63.6人、1便当たり5.3人、運行収支は5,123万6,000円 この原因につきましては、まず乗車人員が見込みどおりに増加しなかったことが一番に挙 の赤字となっている状況です。
    げられるというふうに考えております。 -88- ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) この件については、また後で触れたいと思います。 続きまして、運行以来の赤字補塡額の総計は幾らになるのか。この間、表が来ましたけれ ども、また改めて。また、運行するに当たり、様々な経費が発生していると思います。定期 券の補助金、広告宣伝費、道路、駐車場の整備等、その合計金額は幾らになりますか。教え てください。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 品川線高速バスの運行維持に関する補助金は、運行後に確定した 赤字に対して、補助金で補塡をしているところでございますが、補助年度でいいますと、前 年の下半期と今年の上半期の運行に対して、補助金を交付しているという状況でございます。 補助金額が確定している運行開始の平成27年12月から令和元年9月までの運行に関わる補 助金の合計では、2億1,328万1,000円です。また、品川線高速バス運行に関わる補助金以外 の事業費、これは定期券とか回数券の費用の部分でありますが、これが1,381万円となり、 事業費全体では2億2,709万1,000円というふうな額となります。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 公共交通ですから、全て黒字になるというわけにはいかないでしょう。 しかし、これから大多喜町の財政状況は非常に厳しい状況に来ます。町長も盛んに財政基盤 の安定と強化ということもうたっています。やはり乗客を増やす努力、経費の節減、これに ついてはぜひ取り組んでいただきたいと思います。 次にいきます。乗客数は公表されていますが、その内訳はどのようになっていますか。今 後、乗客を増やすには、観光客が何人とか、ゴルフ場が何人とか、通学客は何人、そういっ たのがないと今後対策が立てられないと思っています。私が平成28年、今だと5年前ですか、 1週間かけてやったデータはありますけれども、その後そういった内訳等は調査とかして把 握しているんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) そういった個々の乗車人員の調査というものは行っておりません。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 先ほど言いました、これから経費節減と、あと乗客数をいかに伸ばす かということですね。大勢乗っている人たちは余計乗ってもらわなくちゃいけない、当初予 定した人数より少ないところは今後乗ってもらうように努力しなくちゃいけない。やはりそ -89- れには、実態が分からないと対策は練られないんじゃないですか。 やはりそういったことを、実態を把握して、今後とも安定的に走らせていくとか、そうい うためにいろいろ考えていかないといけないので、実態はすぐにでも調査すべきじゃないで すか。いかがですか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) まず、現在の乗客数が公表されていれば、その内訳はというよう なことだと思いますけれども、まず、乗車人員については先ほどお話ししたとおりでござい ますが、その内訳については先ほども言いましたけれども、期間を設けて調査を行って把握 をしているというようなことはしておりません。 補助金として助成をしている内容からの推計となりますが、そういった利用者数について 報告させていただきますと、通学登録者数が令和2年2月末現在で109人おります。直近1 年間の回数券等を定期券購入者から推計しますと、回数券利用者が1,740人、定期券利用者 が1,440人で、合計3,180人というような数字になります。全体の13.1パーセントとなること になります。 あと、ゴルフ場利用客につきましては、ゴルフ場のほうから申請等は上がってきますので、 その人数について把握ができておりますので、平成30年度で414人となりまして、全体の1.9 パーセントの利用というような状況となっております。
    ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ぜひ実態調査をして、交通量調査とか、道路なんかもよくやるんです けれども、大体平日1日、土日1日やると、統計的には大体つかめるということになってい ますので、2日間やれば大体の目安がつくと思っていますので、よろしくお願いします。 続きまして、ちょっと時間の都合で、幾つかすみません、飛ばさせていただきます。5番 のほうは、ちょっとすみません、飛ばさせていただきます。 7番、減便することにより利用者の利便性はどうなるのか。昨日ですかね、ホームページ に時間表がやっと出てきました、3便の。それで、これだけでは利便性は全然計れないと思 うんですね。朝6時に学生が行っても帰る時間が品川行きはありません。利便性は当然下が ると思います。その辺はどのように考えて、利便性を上げるつもりですか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) ただいま議員がおっしゃられましたように、1日6往復12便から 京浜急行が運行していた3往復6便の減便により半減となるわけですが、減便となる時間帯 -90- の品川線の高速バス利用者にとっての利便性というのは低下するものというふうに思われま すが、なお、通学利用者につきましては、品川線の高速バスに合わせて、東京線の高速バス についても同様な補助を実施することによって、利用者への利便性の低下というものを可能 な限りで防いでいきたいというふうな考えをしております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) すみません、私の時間の配分の悪さでちょっと押し迫っちゃってきて、 最後に、私12番、一番言いたかったことをやります。 今後も路線を変更して運行するとのことですが、5年後、絶対に今回のようなことがあっ てはなりません。絶対になりません。そうすると、もし5年後、万が一今回のように3便が またもっと減便になる、最悪なくなっちゃうということがあることはいけないので、それに は十分に精査された実施計画が必要です。 住民に説明できる、5年間このくらいの赤字が出るよ、乗客数はこうなるよ、走らせるこ とによってこれだけ町が活性化するよ、それと周辺の整備、駐車場の増設とか整備、裏山が 崖地の問題が問題になっていますよね。あと、東京行きの停留所の一本化、あと、2次交通 網も非常に大切だと思っています。 そういったことを踏まえて、しっかりとした実施計画、9月以降、品川駅にはもう入れな いということです。それをどうするんだと。今の段階だと、何もほとんど決まっていないよ うな気がしてなりません。 もう3月です。利用者にとっては、もう4月から新しい人は4月から、これで行こうかど うか非常に迷っていますよ。早くそういった計画も発表して、十分に精査された実施計画を 立てて、5年後、10年後、安定的に走らせていくためにつくるべきだと思います。ぜひつく ってもらいたいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 今年度をもちちまして、京浜急行バスが高速バス品川線から撤退 するということは、社会構造の変化等による会社側の経営判断というようなことでございま また、運行バス会社との協定期間が満了後ではありますが、町としても非常に残念であり ますし、また、利用者の方に対しましても、大変ご迷惑をおかけし、申し訳なく思っている した。 ところでございます。 それから、10月以降の高速バスの運行につきましては、現在バス会社等といろいろと協議 -91- をしているところでございますけれども、利用者の方の利便性を最優先に考えまして、路線 や運行の方法等を決定してまいりたいというふうに考えておりますので、運行計画につきま しても過去5年間の品川線高速バスや、東京線高速バスの運行実績を基に、それらを十分考 慮し、策定してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。
    ○4番(根本年生君) 今、計画をつくるということでしたけれども、それはいつ頃つくるん ですか。もう早急につくってもらわないと困ると思いますけれども、いつ頃つくって発表す るんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 今、協議中ということをお話をさせていただきましたので、それ ら協議のある程度方向性が出た段階で、そういったことも考えていきたいと思いますが、今 現在いつだという答弁は現段階ではちょっとできません。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 議員としても、町民に説明しなければなりません。高速バスの件、今 度また運行、賛成する、反対するにしても、町民に説明しないといけないんです。説明する 材料が今何もありませんので、ぜひ精査された実施計画書をつくって、町民に説明できるよ うにしていただきたいと思います。 以上で終わります。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 ───────────────────────────────────────────────── ◎散会の宣告 ○議長(野村賢一君) 以上で本日の日程は全部終了しました。 明日4日は午前10時から会議を開きます。 本日はこれで散会します。 (午後 4時21分) -92- 第1回大多喜町議会定例会3月会議 ( 第 2 号 ) 令和2年第1回大多喜町議会定例会3月会議会議録 令和2年3月4日(水) 午前10時00分 開議 席議員(11名) 2番 志 関 武良夫 君 3番 渡 辺 善 男 君 4番 根 本 年 生 君 5番 吉 野 僖 一 君 6番 麻 生 剛 君 7番 渡 邉 泰 宣 君 8番 麻 生 勇 君 9番 吉 野 一 男 君 10番 末 吉 昭 男 君 11番 山 田 久 子 君 12番 野 村 賢 一 君 席議員(1名) 1番 野 中 眞 弓 君 方自治法第121条の規定による出席説明者 町 長 飯 島 勝 美 君 副 町 長 西 郡 栄 一 君 教 育 長 宇 野 輝 夫 君 総 務 課 長 古 茶 義 明 君 企 画 課 長 米 本 和 弘 君 財 政 課 長
    君 塚 恭 夫 君 税 務 住 民 課 長 多 賀 由紀夫 君 健 康 福 祉 課 長 長 野 国 裕 君 建 設 課 長 吉 野 正 展 君 産 業 振 興 課 長 西 川 栄 一 君 環 境 水 道 課 長 和 泉 陽 一 君 秋 山 賢 次 君 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 所 長 会 計 室 長 吉 野 敏 洋 君 教 育 課 長 小 高 一 哉 君 生 涯 学 習 課 長 宮 原 幸 男 君 会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 麻 生 克 美 書 記 山 川 貴 子 書 記 市 原 和 男 -93- 出 欠 地 本 日程第 3 議案第11号 大多喜町議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する 条例の制定について 日程第 4 議案第12号 大多喜町印鑑条例の一部を改正する条例の制定について 日程第 5 議案第13号 大多喜町職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例 の制定について 日程第 6 議案第14号 情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の 向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続 等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正 する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定につ いて 日程第 7 議案第15号 大多喜町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に
    関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について 日程第 8 議案第16号 大多喜町障害者計画等策定委員会条例の制定について 日程第 9 議案第17号 大多喜町健康づくり推進協議会条例の制定について 日程第10 議案第18号 大多喜町斎場運営委員会条例の制定について 日程第11 議案第19号 大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会条例の制定につ いて 日程第12 議案第20号 大多喜町水道事業運営委員会条例の制定について 日程第13 議案第21号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理 に関する条例の制定について 日程第14 議案第22号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15号) 日程第15 議案第23号 令和元年度大多喜町国民健康保険特別会計補正予算(第4号) 日程第16 議案第24号 令和元年度大多喜町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2 号) 日程第17 議案第25号 令和元年度大多喜町介護保険特別会計補正予算(第4号) 日程第18 議案第26号 令和元年度大多喜町水道事業会計補正予算(第5号) -94- 日程第 1 議案第 9号 指定管理者の指定について 日程第 2 議案第10号 指定管理者の指定について 事日程(第2号) 議 日程第19 議案第27号 令和元年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計補正予算(第 4号) -95- ───────────────────────────────────────────────── ◎開議の宣告 ○議長(野村賢一君) 皆さん、おはようございます。 昨日の会議に引き続き大変ご苦労さまでございます。 本日、1番野中眞弓議員から体調不良のため欠席する旨の通告がございましたので報告申 し上げます。 これから会議を開きます。 ただいまの出席議員は11名です。したがって、会議は成立しました。 (午前10時00分) ───────────────────────────────────────────────── ◎議事日程の報告 ○議長(野村賢一君) 本日の議事につきましては、既に配付の議事日程(第2号)により進 めてまいります。よろしくお願いします。 また、事前に議案とともに配付しました参考資料ですが、これはあくまでも議案を審議す るための参考資料ですので、議案書により質疑されるようお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) これから日程に入ります。 日程第1、議案第9号 指定管理者の指定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 財政課長。 す。 ○財政課長(君塚恭夫君) 議案第9号 指定管理者の指定について説明をさせていただきま 議案づつり7ページをお開きください。 本文の説明の前に提案理由の説明をさせていただきます。 もみの郷会所交流体験施設につきましては平成13年3月に50年余り続きました分校が閉校 となり、この分校を活用して活力ある地域づくりを支援するための施設として平成16年度に
    整備したものでございます。その後、平成17年10月以降、会所区を指定管理者としまして今 日に至っております。恵まれた自然環境の中、そば打ち体験教室、もみの木庵の運営をはじ め、会所高原もみじ祭りの開催など、施設や自然を有効に活用した事業展開が図られている -96- ところでございます。町としましても区民の皆さんが主体的に管理運営に関わり、積極的に 事業に取り組んでいること、安定した利用人員、収入が見込まれ、施設管理が適正に効率的 に運用されていることなどから、今後も引き続き会所区を指定管理者として指定したいので、 議会の議決を求めるものでございます。 それでは、本文の説明をさせていただきます。次の者を指定管理者として指定することに ついて、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求める。 1、管理を行わせる施設。名称、大多喜町もみの郷会所交流体験施設。位置、大多喜町会 所154番地。 2、指定管理者。名称、会所区。代表者、会所区長鈴木正隆。 3、指定期間、令和2年4月1日から令和7年3月31日まで。 以上で説明を終わらせていただきます。 よろしくご審議くださるようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第9号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第9号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決 -97- ○議長(野村賢一君) 日程第2、議案第10号 指定管理者の指定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 議案第10号 指定管理者の指定について。 議案つづり9ページをお開きください。 初めに、提案理由及び指定管理者の候補者について説明をさせていただきます。 大多喜町商い資料館につきましては、民間の管理運営ノウハウの導入により利用者に対す るサービスの向上や経費の削減等が期待できる指定管理者による管理ができるよう、議会1 月会議で大多喜町商い資料館の設置及び管理に関する条例の一部を改正させていただいたと ころでございますが、その後指定管理者の公募を行い、指定管理者選定審議会の審査を経て、 一般社団法人大多喜町観光協会が指定管理者の候補者として決定したことから、一般社団法 人大多喜町観光協会を大多喜町商い資料館の指定管理者として指定したく、今回の議案を提 案したものでございます。なお、指定管理者の候補者であります一般社団法人大多喜町観光 協会の概要は、設立が平成25年10月25日、役員23人、会員151人、従業員17人となっており ます。
    それでは、本文に入らせていただきます。 により議会の議決を求めるものでございます。 1、管理を行わせる施設、大多喜町商い資料館。 次の者を指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定 2、指定管理者、夷隅郡大多喜町大多喜270番地1、一般社団法人大多喜町観光協会、代 表理事富澤清行。 3、指定の期間、令和2年4月1日から令和5年3月31日まで。 以上で指定管理者を指定することについての提案説明を終わります。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。この件につきまして、1点お尋ねしたいと思います。 まず、公募という手続きをお取りになったということなんですけれども、どの程度の参加者 -98- ○産業振興課長(西川栄一君) 公募の件数でございますけれども、今回、議案に出しました があり、その内容について教えていただければと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 一般社団法人大多喜町観光協会の1者でございました。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 再び入らせていただきます。 以前、あちらのほうは開いているときに大多喜町の方を、シルバー人材だと思いますけれ ども、雇用しておりました。その後いろんなことがあってなかなか、閉店とか閉鎖とか、い ろんな状況があったでしょう。今後、その点、1つお尋ねしたいんですけれども、雇用が喪 失するということは経済が活性化しません。当然、所得も伸びなくなります。そういう面で、 雇用の面では今までやってきてくださった方々への配慮、あるいは今後はどうなのか、その 辺の方向性についてお尋ねしたいと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 今までシルバー人材の方がやっていたということで、その方 たちへの配慮ということでございますけれども、一応、今やっていただいている方たちにつ きましては3月末で町の管理は終わり、4月1日以降指定管理になりますということでお話 のほう、させていただいてあります。その後のことについては、指定管理者の公募の中で、 できるだけ地元雇用に努めることというような条件を定めさせてもらってございますので、 今後運営する中で地元雇用をできるだけ推進してもらえるような協力はお願いしたいと思っ ております。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 度々この件について私、苦慮していることあるんですけれども、今、 課長のほうの答弁、口頭において地元雇用、地元の方々を働かせていただけるようにお伝え したということです。そこで、この件に関してただ口頭だけなのか、あるいはそれをきちっ とした申合せ事項として文書で残してあるのか、その辺が最も大切だと思います。今、働き 方改革とは申しているけれども、最も大切なのはシルバーの方々、高年齢の方々にとって働 く場所というのは非常にまだまだ狭まっています。その中で、今まで働いて、その中から幾 -99- らかでも生活の糧になっていたという方々の生活圏を奪うことになってしまっては町の本来 の姿とは違うと思います。課長に申したいのは、口頭で申したということは分かりました。 これを文書として相手方に申合せ事項として記載されているのか、その辺をもう一度お尋ね
    したいと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 議員の皆様に申し上げます。 質疑に当たりましては簡明にお願いしたいと思います。また、会議規則により質疑に当た っては自己の意見を述べることができないとされています。意見を述べる際は、この後の討 論において発言されるようお願い申し上げます。 ほかにございませんか。 (「今の答え」の声あり) ○議長(野村賢一君) ということで、討論でやってくれればありがたいと思いますけれども。 今、指定管理者、議題については指定管理者の指定について今やっています。雇用とかそ ういう離れた意見になると、もう観光協会のことを話ししていただければいいと思いますけ れども、どうでしょうか。今、課長もそのように答弁したと思います。 (「課長は申合せの中で、私はそれを文書として残したかという質問を したんです。ですから、文書としては残していないなら、ないと答え てください」の声あり) ○議長(野村賢一君) そこで観光協会との関係が、もう指定管理者はこれからの。 (「まだ、なってないですよ。今、議会で承認したらなるんで、まだな ってないのに」の声あり) ○議長(野村賢一君) だから、なってないとか、そういう問題じゃないですよ、私が言って るのは。 (「議長の意見を求めているんじゃないです。私は執行部側でどういう 経緯があって行ったので、そのときは文書で残したのかどうかという ことを聞いているんです。それに対してイエスかノーか答えればいい じゃないですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 今は経緯なんて一言も、あんた言ってないよ。この経緯は一言も言っ てないよ、質問は。質問に経緯なんて言ってないよ。言った。 (「要するに、答えていただきたい。それだけですよ」の声あり) -100- ○議長(野村賢一君) じゃ、はい。 ○産業振興課長(西川栄一君) シルバーのほうの雇用を進めるようにということで文書で残 したかということなんですけれども、文書で残したというよりも、指定管理者の公募をした 際の仕様の中に地元地域住民の雇用に努めることということで記載させていただいてありま すので、文書で残したというよりも仕様の中で示させてもらってあるというようなことでご ざいます。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 11番山田久子君。 (「ありがとうございました。以上です」の声あり) ○11番(山田久子君) 私は指定の期間についてお伺いをしたいと思います。この議案第10 号の前の議案第9号の大多喜町もみの郷会所交流体験施設では指定期間が5年間になってお ります。今回、この商い資料館においては指定期間が3年間ということになっているんです けれども、この年数の違いの考え方というのはどういうことからきているのかお伺いできれ ばと思います。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 指定管理の期間を3年とした理由ということでございますけ れども、今回、大多喜町商い資料館の指定につきましては初めて指定管理でやるということ で、施設自体を指定管理でやることが本当にいいのかどうかというのを見直すことも必要で あるということで、5年だとちょっと長いのかなと。通常ですとこのような施設であれば5 年程度がほとんど多いんですけれども、今回初めてということで、適正かどうかというのを 見る上でも3年とさせていただいて、また、それより短いと今度は指定管理者が応募するに 当たって中期的な計画なんかを立てる上で1年、2年だとあまりにも短過ぎるということで
    3年ということで今回させていただきました。次回以降は、指定管理がいいだろうというこ とで判断できれば5年とかということも考えられるかと考えています。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 先ほど商い資料館のことで口頭というか、契約となると、やはり文書 で、書類で残さなくちゃいけないと思うんで、その辺は配慮願いたいと思います。いかがで すか。 -101- ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 書類で残したらどうかということなんですが。 (「契約でしょう」の声あり) ○産業振興課長(西川栄一君) 契約じゃなくて、あくまで指定管理者を公募する際の仕様と いうものをつくりまして、その中に地域住民の雇用に努めることということで記載させてい ただいてありますので、指定管理者がその仕様に沿ってできるだけやってもらいたいという ような町の考え方をそこで示しております。だから、それが必ずしも指定管理者が絶対、地 域シルバー人材の方を雇用しなきゃいけないというようなものを縛るものじゃございません ので、できるだけ町の意向を酌んだ指定管理の運営をしてもらいたいというようなことで仕 様書を作っております。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 今までずっと長く閉まっていたところがきれいになって何らかの形で 使えることは、うれしいことだと思います。そこで、ちょっと幾つか質問させていただきま す。まず、公募の期間が1月30日から2月12日という大変短い公募の期間です。それで、建 物をまだ工事中の状況の中で、応募する業者にとっては大変厳しい状況での公募ではなかっ たかと思っております。その辺はどのように、やっぱり応募していた方には観光協会さん、 今度応募してくださったということで、うれしいんですけれども、かなりの負担をかけた部 分があるんじゃなかろうかと思いますけれども、この公募の短い期間。 それと、あと人件費その他の指定管理料が893万円、2か所の指定管理、建物をするのを 果たしてこれで十分なのか、あそこでは、利益を上げるような施設じゃございませんので、 それで指定管理を受ける中、良好な運営ができるのか、その辺はどのようにお考えかという ことですね。あと、自主事業を当然、何らかの形でやっていかないといけないと思うんです けれども、どのようなことを考えているのか、中に多種多様なお店も周辺地区にあります。 当然民営の圧迫になってはいけないと思いますので、この自主事業というのはどのようなこ とを考えているのか。 あともう1点、すみません。仕様書の中に地域住民及び地域に関係する団体と良好な関係 を維持することとあります。当然、周辺地域の方とうまく調和を保って仲よくやって、共に 町の活性化に努めてもらわなければいけないと思っています。地域住民と地域に関する団体 と良好な関係を維持するということは具体的にはどのようなことを考えているのか、教えて -102- ください。 ○議長(野村賢一君) 根本さん、もう少し少なめに質問してください。 ○4番(根本年生君) はい、すみません。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 初めに、公募の期間が短いのではないかということでござい ますが、確かに今回、公募の期間が約2週間ということで短いようなことになってしまいま したが、条例の整備等が実際に遅くなってしまった関係で期間のほうもちょっと短くなって しまったというようなことがございます。 その点で公募される方については短期間での書類の作成とかということでちょっと大変だ ったのではないかなというふうなことは考えております。
    それから、人件費のほうがこれで十分かというようなことでございますが、人件費の算出 に当たりましては、あの施設のほうが商い資料館と釜屋の2つございます。通常そこの施設 を管理するにはそれぞれ1人ずつ人が張りついて最低でも運営しなきゃいけなくなりますけ れども、どうしても週5日勤務ですと残り2日は勤務できない日がありますので、両方の施 設を合わせると4日間勤務できない日が出てきますので、そうするとどうしても3人、人が 必要になってまいります。そういうようなことから、実際運営する中で人は最低でも3人必 要になってくるだろうということで、人件費については町のほうの会計年度任用職員のフル タイムの方の人件費を2人分、それから会計年度任用職員のパートタイムで1人分というこ とで町のほうでは算出した中で、指定管理料のほうの設定をしてあります。その他には需用 費ですとか委託料、そういうのが含まれておりますが、全体で893万3,000円ということで指 定管理料のほうは設定してございます。ということで、一応人件費的には大丈夫じゃないか なというふうには考えております。 それから、自主事業のほうですけれども、指定管理者の公募の中の書類に自主事業の計画 書というものをつけるようにしてありまして、その内容を見ますと、釜屋のほうでは二十八 市との連携、手作り甲冑の展示、五月人形の展示、それから土産の販売、商い資料館ではお 茶席をやったり、琴の演奏、自動販売機を設置したりというような自主事業を考えていると いうような提案がございました。地域との良好な関係、地域住民との良好な関係というよう な部分では、このような事業の中で、例えば二十八市をやる際には葵の会と連携して事業を やりたいということで考えているということでございまして、今まで商い資料館、釜屋さん のほうは葵の会の方が二十八市のときにあそこの施設を使ってやったりなんかしていたとい -103- うこともあってのことだと思うんですけれども、二十八市の際は葵の会と連携して事業をや りたいというようなことでございます。 また、五月人形の展示ということでございますが、これについては地域の方も含めて町民 の協力を得て五月人形等を集めて、そういう展示もやりたいなというような考えでいるとい うようなことでございます。土産物の販売については、これはなるべくというか、地域の方 との競合がないようなものを独自の、釜屋ですとか商い資料館に合った商品を開発して販売 したいというような考えがあるというようなことをおっしゃっておりました。あと、お茶席 とか琴の関係ですと、これはお茶をやっている会ですとか大正琴の会と連携して事業をやっ ていきたいというようなことで考えているということでございました。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ありがとうございした、ご丁寧な説明。 それと、あと、まだ工事中の段階です。指定の期間がもう4月1日からになっています。 間に合うのかなと。やっぱりもう僅か、今日ここで議会で議決、仮にされたとすれば、それ から具体的な準備に入るようなことも多数あると思うんですけれども、果たして今の状況で 4月1日から良好な指定管理ができるのか、非常に心配しております。その辺は、ある程度 融通、取りあえず開けて、本格的にやるのはちょっと後になるようなということも考えられ るんでしょうか、それとも4月1日から本格的にやるということでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ただいまのご質問ですけれども、商い資料館については工事 をやっておりませんので4月1日から普通にオープンはできるかと思います。ただ、釜屋さ んのほうは工事のほうが3月末までに終わる予定になっておりますので指定管理が、指定管 理自体は一応4月1日からということでは考えておりますが、この後、議会のほうで可決し ていただければ指定管理者と協定を結ぶ手続きに入りまして、その中でいろいろ協議しなが ら協定を結ぶんですけれども、釜屋のオープンについては指定管理自体は4月1日からお願 いしたいんだけれども、オープンについては準備の状況というんですか、指定管理者のほう の準備の状況等を勘案しながら、その辺はオープンがいつになるかというのは、ちょっと柔 軟に対応できればというふうに考えております。ただ、指定管理自体は1日からということ で考えております。
    (「ありがとうございました」の声あり) -104- 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第10号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第10号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第3、議案第11号 大多喜町議会政務活動費の交付に関する条例 の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 総務課長。 ついて。 ○総務課長(古茶義明君) それでは、11ページをお開き願いたいと思います。 議案第11号 大多喜町議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定に 本文説明の前に提案理由を説明させていただきます。 政務活動費は、地方自治法第100条第14項から第16項の規定に基づき交付の対象額及び交 付の方法並びに経費の範囲について町条例で定めております。この政務活動費は町政の課題 と町民の意思を把握し町政に反映させるために必要な経費であり、今まで以上に議会からの 情報発信、また、町民からの声を聞くなどの情報収集を行い、議会を活性化するための環境 整備の一環として政務活動費の金額を令和2年4月1日から改正しようとするものでござい ます。 -105- それでは、本文の説明に入らせていただきます。 大多喜町議会政務活動費の交付に関する条例の一部を改正する条例。 大多喜町議会政務活動費の交付に関する条例(平成25年条例第1号)の一部を次のように 改正する。 第4条及び第5号中「月額3,500円」を「月額7,000円」に改める。 附則。この条例は、令和2年4月1日から施行する。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議いただけますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。
    これから議案第11号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第11号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第4、議案第12号 大多喜町印鑑条例の一部を改正する条例の制 定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 税務住民課長。 -106- ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 議案つづり13ページをお願いいたします。 議案第12号 大多喜町印鑑条例の一部を改正する条例の制定について。 初めに、提案理由の説明をさせていただきます。 本案は、成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化を図るための関係法律の整備に 関する法律の施行に伴い印鑑登録証明事務要領の一部が改正され施行されました。この改正 を受け、大多喜町印鑑条例における登録資格について成年被後見人は登録をすることができ ないと規定しておりますので、「成年被後見人」を「意思能力を有しない者」に改正するた め、本条例について改正を行うものでございます。 それでは、本文の説明をさせていただきます。 大多喜町印鑑条例の一部を改正する条例。 大多喜町印鑑条例(昭和50年条例第30号)の一部を次のように改正する。 第2条ただし書中「成年被後見人」を「意思能力を有しない者」に改めるものでございます。 附則。この条例は、公布の日から施行する。 以上で議案第12号 大多喜町印鑑条例の一部を改正する条例の制定についての説明とさせ ていただきます。 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第12号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) -107- ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第12号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第5、議案第13号 大多喜町職員の服務の宣誓に関する条例の一
    部を改正する条例の制定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) それでは、議案つづり15ページをお開きください。 議案第13号 大多喜町職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例の制定につい て。 本文説明の前に提案理由のほうを説明させていただきます。 本条例は地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が平成29年5月17日に公布さ れ、令和2年4月1日から施行され、新たに会計年度任用職員制度が創設されることに伴い 会計年度任用職員が地方公務員法第31条の規定が適用されることとなったため、本条例の一 部を改正し、会計年度任用職員の服務の宣誓についてを定めようとするものでございます。 それでは、本文の説明に入らせていただきます。 大多喜町職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例。 大多喜町職員の服務の宣誓に関する条例(昭和29年条例第11号)の一部を次のように改正 する。 第2条に次の1項を加える。 第2項、地方公務員法第22条の2第1項に規定する会計年度任用職員の服務の宣誓につい ては、前項の規定にかかわらず、任命権者は、別段の定めをすることができる。 附則。この条例は、令和2年4月1日から施行する。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) -108- ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第13号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第13号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第6、議案第14号 情報通信技術の活用による行政手続等に係る 関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における 情報通信の技術の利用に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に 関する条例の制定についてを議題とします。 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) それでは、議案つづり17ページをお開きください。 議案第14号 情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行 政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する 法律等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、本 文説明の前に提案理由を説明させていただきます。
    本条例案は、情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行 政運営の簡素化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する 法律等の一部を改正する法律が令和元年5月31日に公布され、令和元年12月16日施行される 分の行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律及び住民基本台帳法の一部が改 正されたことに伴い、大多喜町手数料条例及び大多喜町行政不服審査関係手数料条例の一部 を改正する必要があるため、一括して改正しようとするものでございます。 -109- それでは、本文の説明に入らせていただきます。 情報通信技術の活用による行政手続等に係る関係者の利便性の向上並びに行政運営の簡素 化及び効率化を図るための行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律等の一部 を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例。 第1条、大多喜町手数料条例(平成12年条例第15号)の一部を次のように改正する。 別表住民基本台帳の項中「住民票」の次に「又は除票」を、「戸籍の附票」の次に、「又 は戸籍の附票の除票」を加える。 この一部改正は住民基本台帳法の一部改正により、今まで同法により定めのなかった住民 票の除票及び戸籍の附票の除票の運用について明確に定められたことに伴い改正するもので ございます。 本文に戻ります。 に改正する。 第2条、大多喜町行政不服審査関係手数料条例(平成28年条例第7号)の一部を次のよう 別表写しの交付を受ける場合の項中「行政手続等における情報通信の技術の利用に関する 法律」を「情報通信技術を活用した行政の推進等に関する法律」に、「第4条第1項」を 「第7条第1項」に、「同項」を「同法第6条第1項」に改める。 この一部改正は大多喜町行政不服審査関係手数料条例で引用している法律の題名の改正及 び条項等の改正に伴い本条例を改正しようとするものでございます。 附則。この条例は、公布の日から施行する。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) -110- ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第14号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第7、議案第15号 大多喜町特定教育・保育施設及び特定地域型 保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とし ます。
    教育課長。 本案については提案理由の説明を求めます。 ○教育課長(小高一哉君) それでは、議案つづり19ページをお開きください。 議案第15号の説明をさせていただきます。 本文の説明に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 本案は、昨年の10月1日に施行されました幼児教育・保育の無償化の実施等のため国の関 係法令、子ども・子育て支援法、子ども・子育て支援法施行令、特定教育・保育施設及び特 定地域型保育事業の運営に関する基準が改正されることに伴い所要の改正を行うものです。 主な改正点は2つございます。 1つ目としては、幼児教育・保育の無償化の対象者について今回の無償化で対象とならな い保育所の副食費、これはおかず代です。こちらについてこれまで保育料に含まれていたも のを別途副食費として保護者から徴収できるよう規定を整備するとともに、新たに副食費の 免除規定を設け、年収360万円未満相当世帯や第3子以降の子供等、免除の範囲を定めるも 2つ目としまして、先ほどの国の関係法令の改正に伴いまして用語の変更や条項ずれを整 のです。 理するものです。 それでは、本文の説明をさせていただきますが、条文の朗読を省略しまして改正の概要に ついて説明させていただきますので、あらかじめご了承ください。 -111- 大多喜町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の 一部を改正する条例。 大多喜町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の 一部を改正する条例(平成26年条例第19号)の一部を次のように改正する。 第2条の改正は用語の変更及び新しい用語の定義を定めるものです。 次のページをお開きください。 第3条の改正は、子ども・子育て支援法の基本理念の改正に合わせて改正するものです。 次に、第5条から第11条までの改正は用語の変更及び条項ずれの整理を行うものです。 次に、第13条の改正は用語の変更及び食事の提供に要する費用の取扱いの変更を定めるも のです。 議案22ページをお開きください。 第14条、第16条から第21条まで、第24条から第28条まで、第30条、第32条及び第34条の改 正は用語の変更及び条項ずれの整理を行うものです。 次に、第35条。次のページをお開きください。第35条及び第36条の改正は用語の変更及び 用語の規定を定めるものとなっております。 次に、第37条及び第38条の改正は用語の変更を行うものです。 次に、第39条から第42条までの改正は第2条により追加された定義への変更を含め用語の 変更を行うものです。 次に、第43条の改正は利用者負担額に関する部分を規定から削除するものです。 続きまして第46条、次のページをお開きください。第46条及び第47条及び第49条の改正に つきましては用語の変更を行うものです。 第50条の改正は読替規定を定めるものです。 次に、第51条及び第52条の改正は用語及び読替規定を定めるものです。 議案28ページをお開きください。 附則第2条の改正は、用語の変更を行うものです。 附則第3条の改正は、無償化に伴い本経過措置の必要性がなくなったため削除するもので す。 以上で説明のほうを終わらせていただきます。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 -112-
    これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ご丁寧な説明ありがとうございました。 すみません、ちょっと勉強不足で文字数が多くてなかなか把握できないところが多くて質 問させていただきますが、この改正によって父兄の負担増というんですか、そういったのは 増えるのか増えないのか、ちょっと勉強不足で分かりませんけれども、父兄の負担を減らす ためにこういった改正が行われるものなのか、その辺をお聞かせください。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) 今回、この改正につきましては昨年の10月1日から保育料の無償 化ということがあります。3歳から5歳までの保育園児の無償化ということなんですけれど も、これに伴いまして、この改正につきましてはそこで副食費というのが今度は別に実費分 ということで4,500円、現在徴収しているんですけれども、そちらの部分、3歳から5歳の 保育料が無償化になりまして、別個に副食費を今回こちらのほうで改正するものとなります。 ですから、その分費用のほうの負担は減っているということになります。 ○議長(野村賢一君) よろしいですか。 ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第15号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第15号は原案のとおり可決されました。 -113- ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第8、議案第16号 大多喜町障害者計画等策定委員会条例の制定 についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 議案つづり31ページをお開きください。 議案第16号 大多喜町障害者計画等策定委員会条例の制定について。 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 大多喜町障害者計画及び障害福祉計画策定委員会は本町の障害福祉施策の方針及び障害福 祉サービスの提供体制の確保に関し総合的に検討するため、大多喜町障害者計画及び障害福 祉計画策定委員会設置要綱により設置しています。また、地方自治法第138条の4第3項の 規定により、地方公共団体は条例の定めるところにより附属機関を置くことができるとなっ ております。さらに、障害福祉計画策定時に障害児福祉計画についても同時策定することと なりますので、名称を大多喜町障害者計画等策定委員会として本町の附属機関に位置づける ため本条例を制定しようとするものでございます。 それでは、本文の説明をいたしますが、条文の朗読を省略し、条文の概要を説明させてい ただきます。 大多喜町障害者計画等策定委員会条例を次のように制定する。
    まず、第1条では大多喜町障害者計画等策定委員会の設置について規定されております。 第2条では所掌事務について定めるものです。 第3条では本委員会の組織について定めるものでございます。 第4条は、委員の任期について定めるものであります。 第5条は、委員長及び副委員長の選定方法及び職務について定めるものです。 次の第6条は、会議の招集、開催するための出席委員の人数、議事の決定方法等を定める ものです。 第7条は、庶務について定めたものです。 第8条は、委任規定について定めたものでございます。 次に附則でございます。 本条例の施行期日は令和2年4月1日となります。 -114- また、本条例の制定に合わせて、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す る条例の別表中の「障害者計画及び障害福祉計画策定委員」を「障害者計画等策定委員会委 員」に改めるものでございます。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 質問させていただきます。 福祉関係の計画書というのは、そのほかにも多種あると思います。福祉計画とか何かほか にも計画あると思います。今この関係と関連するような計画はどのようなものがあって、そ れとの整合性はどのように図っていくつもりなのか教えてください。 ○議長(野村賢一君) 根本議員に申し上げます。 ただいまの質問については本条例の一部改正に係る議題外と判断しますけれども、いかが でしょうか。 ○4番(根本年生君) 福祉計画、障害者の福祉計画だけを取り上げてもどうなのかなという 思いがあります。やっぱり全体的な中でこの障害者の福祉も関連づけていくべきではないか と思っていますので、ほかに関連する福祉計画ありましたら、それも教えていただいて、そ れとの整合性を図っていくのかどうかということを質問したいと思っています。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) まず、町のほうの計画については障害者基本計画、あと、第 5期の障害福祉計画、ごめんなさい、失礼しました。先ほどの、もう一度、第4次と言った ところ、第3次障害者基本計画、あと第5期の障害福祉計画、あと第1期の障害児計画がご ざいます。もちろん、こちらの計画は全て国のほうの障害者基本計画、現在、第4次の計画 になっておりますけれども、それにのっとった計画になっております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 -115- これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第16号を採決します。 お諮りします。
    本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第16号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第9、議案第17号 大多喜町健康づくり推進協議会条例の制定に ついてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 議案つづり35ページをお開きください。 議案第17号 大多喜町健康づくり推進協議会条例の制定について。 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 大多喜町健康づくり推進協議会は町民の総合的な健康づくり対策を推進するため町長の諮 問に応じ、健康づくり事業について審議する組織で、大多喜町健康づくり推進協議会設置要 綱により設置しています。また、地方自治法第138条の4第3項の規定により、地方公共団 体は条例の定めるところにより附属機関を置くことができるとなっております。 つきましては、大多喜町健康づくり推進協議会を本町の附属機関に位置づけるため本条例 を制定しようとするものであります。 それでは、本文の説明をいたしますが、条文の朗読を省略し条文の概要を説明させていた だきます。 大多喜町健康づくり推進協議会条例を次のように制定する。 まず、第1条では大多喜町健康づくり推進協議会の設置について規定されております。 -116- 第2条では所掌事務について定めるものです。 第3条では本協議会の組織について定めるものでございます。 次、第4条は、委員の任期について定めるものであります。 第5条は、会長及び副会長の選定方法及び職務について定めるものでございます。 第6条は、会議の招集、開催するための出席委員の人数、議事の決定方法等を定めるもの また、経過措置として大多喜町健康づくり推進協議会設置要綱の規定により委嘱され、任 命されている現委員を本条例において委嘱任命されたものとみなすものでございます。 でございます。 第7条は、庶務について定めたものです。 第8条は、委任規定について定めたものです。 次に附則でございます。 本条例の施行期日は令和2年4月1日となります。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議くださいますようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。 35ページの第3条、協議会は委員10人以内をもって組織する。このことにつきましてボラ ンティアの代表という形で載っております。 このボランティアの代表という中でどのようなものを意味しているのか、あるいは内容的 にどの程度まで解釈していいのか、その辺、もし所感が伺えたらお願いしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 今現在、町内にはいろいろ健康づくりについていろいろ活動 いただいているボランティアさん、あるいは食育等を進めていただいている食会さんとか幾
    つもございますので、その中から、あるいは身体障害者ですとか、そちらのほうのボランテ ィアをしていただいている多数ボランティアございますので、その中から選出というか、さ せていただくことになるかと思います。 以上です。 -117- (「ありがとうございました」の声あり) 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第17号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第17号は原案のとおり可決されました。 ここでしばらく休憩します。会議は11時10分から再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を続けます。 (午前11時00分) (午前11時10分) ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 大変恐縮ですけれども、昨日の一般質問で根本議員の質問に対して、 税務住民課長から答弁がございますので、よろしくお願いします。 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 昨日の根本議員からの一般質問につきまして、税務住民課 前年の婚姻の受理件数は何件ですかということでございますが、平成30年中の婚姻の受理 からお答えをさせていただきます。 件数は16件でございます。 以上です。 (「ありがとうございます」の声あり) -118- ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第10、議案第18号 大多喜町斎場運営委員会条例の制定について ○環境水道課長(和泉陽一君) 議案第18号 大多喜町斎場運営委員会条例の制定につきまし を議題とします。 環境水道課長。 本案について提案理由の説明を求めます。 て、ご説明いたします。 議案つづり39ページをお開きください。 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 この条例の制定につきましては、斎場運営委員会は本町の斎場運営に関し、町長の諮問に 応じ運営等について審議する組織で、現在、規程に基づき設置しています。 また、地方自治法138条の4第3項の規定により、条例の定めるところにより附属機関を 置くことができるとされていることから、附属機関としての位置づけを明確にするため、今
    回条例を制定するものです。 それでは、本文に入らせていただきます。 条文については、朗読を一部割愛させていただきますので、ご了承ください。 大多喜町斎場運営委員会条例を次のように制定する。 大多喜町斎場運営委員会条例。 1条は、運営委員会の設置について規定するものです。 2条は、所掌事務について定めるものです。 3条につきましては、本委員会の組織について定めるものです。 4条については、委員の任期について定めるものでございます。 5条につきましては、委員長及び副委員長の選任方法及び職務を定めるものです。 次のページをお開きください。 第6条は、会議の招集、開催するための出席委員の人数、議事の決定方法などを定めるも 7条につきましては、庶務について、斎場の管理運営を担当する課において処理すること のです。 を定めたものです。 8条につきましては、委任規定になります。 -119- 附則第1項につきましては、本条例の施行期日を令和2年4月1日と定めたものです。 附則第2項については、経過措置を定め、現在委嘱されている委員は、本条例第3条の規 定により委嘱されたものとみなし、任期については旧委員としての残任期間と同一の期間と するものです。 以上で、議案第18号 大多喜町斎場運営委員会条例の制定についての説明を終わります。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 斎場運営委員会、今までも委員会はあったと思います。今回、これを 含めかなり委員会の条例の制定が行われるようです。何かこの運営委員会の条例に格上げす る事由というんですか、先ほど附属の機関として置くことができるということで、その規定 は多分前からあったんじゃないかどうかと思います。何で今回この運営委員会、斎場の運営 委員会も含めて条例の制定が多数上がっているのか、それを教えてください。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) 今回、条例の制定が何本かございますが、これについては地方公 務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が令和2年4月1日から施行されることに伴い まして、特別職非常勤職員の整備と分類、また振り分けについて明確化されたことにより、 本町の特別職の非常勤について見直しを行い、制度的にも附属機関としての位置づけを明確 にするために条例化しているものでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) そうしますと、今までの委員会で活動している内容と、条例に格上げ されても内容的には同じということで考えていいですか。 ○議長(野村賢一君) 環境水道課長。 ○環境水道課長(和泉陽一君) そのとおりでございます。内容については、同じでございま す。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 5番吉野僖一君。 -120- ○5番(吉野僖一君) 今、名簿がここにあるんですが、任期は来年の3月31日ということな んですが、4名ありまして、議会代表でこれは大多喜町じゃなくて、これはいすみ市ですか。
    1人の方は黒須さんというのかな。4名全部大多喜町の人が委員になっていますか。 ○議長(野村賢一君) 環境水道課長。 ○環境水道課長(和泉陽一君) 吉野議員ご指摘のとおり、現在、斎場は旧夷隅町と、あと大 多喜町でやっておりますので、この4名のうち2名は、いすみ市のほうの方から出ていただ いております。 以上です。 (「ありがとうございました」の声あり) 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第18号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第18号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第11、議案第19号 大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員 会条例の制定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 議案つづり41ページをお開きください。 -121- 議案第19号 大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会条例の制定について。 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会は、公的介護施設等を整備する事業者を適 正に選定するため、大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会設置要綱により設置して います。 また、地方自治法第138条の4第3項の規定により、地方公共団体は条例の定めるところ により附属機関を置くことができますとなっています。 つきましては、大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会を、町の附属機関として位 置づけるため本条例を制定しようとするものであります。 それでは、本文の説明をいたしますが、条文の朗読を省略し、条文の概要を説明させてい 大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会条例を次のように制定する。 まず、第1条では、大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会の設置について規定さ ただきます。 れております。 第2条では、所掌事務について定めるものです。 第3条では、本委員会の組織等について定めるものでございます。 42ページをお開きください。 第4条は、委員の任期について定めるものであります。 第5条は、委員長及び副委員長の選定方法及び職務について定めるものです。 第6条は、会議の招集、開催するための出席委員の人数、議事の決定方法等を定めるもの です。
    第7条は、庶務について定めたものです。 次の第8条は、委任規定について定めたものでございます。 次に附則でございます。 本条例の施行期日は令和2年4月1日となります。 また、経過措置として、大多喜町公的介護施設等整備事業者選定委員会設置要綱の規定に より委嘱され任命されている現委員を、本条例において委嘱任命されたものとみなすもので ございます。 以上で、説明を終わります。 よろしくご審議くださいますようお願いいたします。 -122- ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第19号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第19号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第12、議案第20号 大多喜町水道事業運営委員会条例の制定につ いてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 環境水道課長。 制定につきましてご説明いたします。 議案つづり45ページをお開きください。 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 ○環境水道課長(和泉陽一君) それでは、議案第20号 大多喜町水道事業運営委員会条例の この条例につきましては、水道事業運営員会は水道事業に関し、町長の諮問に応じ運営等 について審議する組織で、現在、規程に基づき設置しています。 また、地方自治法138条の4第3項の規程により、条例の定めるところにより附属機関を 置くことができるとされていることから、附属機関としての位置づけを明確にするため今回、 -123- 条例を制定するものです。内容については、現在の規程と同じ内容になっております。 それでは、本文に入らせていただきます。 条文につきましては、朗読を一部割愛させていただきますので、ご了承ください。 大多喜町水道事業運営委員会条例を次のように制定する。 大多喜町水道事業運営委員会条例。 第1条は、運営委員会の設置について規定するものです。 第2条は、所掌事務について定めるものです。 第3条につきましては、本委員会の組織について定めるものでございます。 4条につきましては、委員の任期について定めるものでございます。
    5条につきましては、次のページをお開きください。委員長及び副委員長の選任方法、職 6条は、会議の招集、開催するための出席委員の人数、議事の決定方法などを定めるもの 7条については、庶務について、水道事業を担当する課において処理することについて定 務を定めるものです。 です。 めたものです。 第8条については、委任規定になります。 附則第1項につきましては、本条例の施行期日を令和2年4月1日と定めたものです。 附則第2項につきましては、経過措置を定め、現在委嘱されている委員は本条例第3条の 規定により委嘱されたものとみなし、任期については旧委員としての残任期間と同一の期間 以上で、議案第20号 大多喜町水道事業運営委員会条例の制定についての説明を終わりま とするものです。 す。 以上です。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 -124- 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第20号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第20号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第13、議案第21号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴 う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) それでは、議案つづり47ページをお開きください。 議案第21号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例 の制定について、本文説明の前に提案理由を説明させていただきます。 本条例案は地方自治法の一部を改正する法律(平成29年法律第54号)が平成29年6月9日 に公布され、令和2年4月1日から施行されることにより、その一部を引用している条項が 繰下げになることに伴い関係する条例を一括して改正しようとするものでございます。 それでは、本文の説明に入らせていただきます。 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例。 第1条、大多喜町水道事業設置条例(昭和43年条例第23号)の一部を次のように改正する。 第5条中「第243条の2第8項」を「第243条の2の2第8項」に改める。 第2条、大多喜町監査委員条例(平成12年条例第37号)の一部を次のように改正する。 第2条中「第243条の2第3項」を「第243条の2の2第3項」に改める。
    第3条、大多喜町特別養護老人ホーム事業設置に関する条例(平成22年条例第9号)の一 部を次のように改正する。 -125- 第5条中「第243条の2第8項」を「第243条の2の2第8項」に改める。 附則、この条例は令和2年4月1日から施行する。 以上で説明を終わります。 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第21号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第21号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第22号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第14、議案第22号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15 号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 財政課長。 説明をさせていただきます。 49ページをお開きください。 ○財政課長(君塚恭夫君) 議案第22号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15号)の 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15号)は、次に定めるところによる。 -126- 歳入歳出予算の補正。 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,116万9,000円を減額し、歳入歳出 予算の総額を歳入歳出それぞれ53億4,314万7,000円とする。 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳 出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 第2条、繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。 第3条、地方債の追加及び変更は、「第3表 地方債補正」による。 それでは、第2表、繰越明許費から順次ご説明させていただきますので、53ページをお開 第2表、繰越明許費、追加は表内の事業を翌年度に繰り越して事業を実施しようとするも 繰越明許費の補正。 地方債の補正。 きください。 のでございます。 款5農林水産業費、項1農業費、事業名農業振興事業2,075万円は、昨年の台風15号によ り被災した農業用施設などの復旧について国・県の補助を受け、被災者の復旧費用に対する 補助金でございます。農業施設等の被害が甚大であったために、被災状況の確認や対応する
    業者の確保などに時間を要し、年度内完了が困難なため翌年度に繰り越すものでございます。 同じく、款5農林水産業費、項1農業費、事業名土地改良関係団体事業811万8,000円は、 昨年9月に補正予算で措置させていただいたもので、馬場内地先の農業用排水路の改修工事、 昨年の台風15号、19号及び21号に伴う10月25日の大雨により、地元調整などに不測の日数を 要したため、年度内の完了が困難となったために翌年度に繰り越すものでございます。 款7土木費、項1土木管理費、事業名国土調査事業7,931万円は、同様に昨年の台風や大 雨により、調査区域内でも土砂崩れなどが発生したために、土地の境界の確認などに不測の 日数を要し、年度内の完了が困難となったため翌年度に繰り越すものでございます。 款7土木費、項4住宅費、事業名被災住宅修繕支援事業255万円は、昨年の台風15号によ り一部損壊した住宅の修繕などに係る費用で、住宅被害が多く広範囲にわたるなど、業者の 確保及び修繕などが年度内の完了困難となったために翌年度に繰り越すものでございます。 款9教育費、項2小学校費、事業名小学校情報化整備事業2,803万1,000円と、次の項3中 学校費、事業名中学校情報化整備事業1,556万4,000円は、学校教育の情報化の推進に関する 法律の中のGIGAスクール構想の実現に向け、校内通信ネットワークを整備するものでご -127- ざいます。この事業は財源を今年度の国の補正予算により、事業費の2分の1が国の補助金、 補助残につきましては補正予算債により実施するもので、この3月補正で予算を計上し、翌 年度に繰り越して実施するものでございます。 款10災害復旧費、項1公共土木施設災害復旧費、事業名道路橋梁災害復旧事業329万7,000 円は、昨年10月25日の大雨及び本年1月29日の豪雨により被災した板谷地先の町道の水路と、 下大多喜の田代地先の沢田橋の護岸の復旧工事に係るもので、年度内の完了が困難なために 翌年度に繰り越すものでございます。 合計2億7,990万2,000円は、既に繰越明許費を設定させていただいた1億2,228万2,000円 に、今回の追加額1億5,762万円を加算した額でございます。 次に、その下、第3表、地方債補正。 1、追加。起債の目的、義務教育施設整備事業債、限度額2,170万円は、繰越明許費で説 明させていただいた町の小学校と中学校の情報化整備事業に充当するもので、国の補正予算 債でございます。今年度普通交付税で元利償還金の60パーセントが措置されるものでござい ます。起債の方法、利率、償還の方法については、表に記載のとおりでございます。 2、変更。起債の目的、過疎地域自立促進特別事業債は、限度額4,570万円を20万円増額 し、4,590万円に補正するもので、過疎対策事業のソフト分として充当する事業の実績の見 込みなどにより増額するものでございます。 次の観光施設整備事業債は限度額5,400万円を3,670万円減額し、1,730万円に補正するも ので、施設整備事業の実績による減額でございます。 次の道路整備事業債は限度額8,480万円を1,340万円減額し、7,140万円に補正するもので、 道路改良事業の実績による減額でございます。 次の消防施設整備事業債は限度額950万円を100万円減額し、850万円に補正するもので、 事業の実績により減額するものでございます。 臨時財政対策債は、限度額1億5,000万円を2,430万円減額し、1億2,570万円に変更する もので、こちらは普通交付税の算定結果によるものでございます。 公共土木施設災害復旧事業債は、限度額2,800万円を1,930万円増額し、4,730万円に補正 するもので、昨年の台風などにより被災した町道の復旧事業に充当するもので事業の実績等 により増額するものでございます。起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同様でござい ます。 次に、事項別明細書により歳入歳出予算の説明をさせていただきますので、56、57ページ -128- をお開きください。 ○議長(野村賢一君) 財政課長、座ってやってください。 ○財政課長(君塚恭夫君) すみません、座って説明のほうを続けさせていただきます。 2、歳入。
    款1町税、項2固定資産税、目1固定資産税1,135万円の増額補正は、償却資産に係る固 定資産税の実績見込みによる増でございます。 款2地方譲与税、項2自動車重量譲与税、目1自動車重量譲与税300万円の増額補正は、 実績見込みによるものでございます。 款8自動車取得税交付金、項1自動車取得税交付金、目1自動車取得税交付金260万円の 減額補正は、実績見込みによるものでございます。 款12分担金及び負担金、項1負担金、目2衛生費負担金108万円の減額補正は、いすみ市 からの斎場無相苑運営費負担金の実績見込みによる減でございます。 款13使用料及び手数料、項1使用料、目5土木使用料100万4,000円の減額補正は、節及び 説明欄の各施設の使用料の実績見込みによるものでございます。 款14国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金31万3,000円の増額補正は、実 績見込みなどによる障害者自立支援給付費等負担金の増と、国民健康保険基盤安定負担金の 減でございます。 目4公共土木施設災害復旧費国庫負担金2,784万3,000円の減額補正は、昨年の台風被害な どの災害復旧に係る国の補助で、国の災害の査定及び事業の実績などによる減額でございま 項2国庫補助金、目1総務費国庫補助金4,466万2,000円の減額補正は、観光まちづくり推 進事業の実績などによる地方創生推進交付金の減と、個人番号カード交付事業の実績による 国庫補助金の増でございます。 目2民生費国庫補助金125万2,000円の増額補正は、事業実績見込みによるものでございま 目3衛生費国庫補助金49万2,000円の増額補正は、実績による合併処理浄化槽設置整備事 業費補助金の減と、昨年の台風被害により発生した災害ごみの処分費に対する補助金の増で す。 す。 ございます。 目4土木費国庫補助金605万9,000円の増額補正は、事業の実績見込みによる社会資本整備 総合交付金の増減と、次のページをお願いします。昨年の台風などで被災した公共土木施設 -129- で、国の補助事業として災害復旧工事を実施するための設計などに係る補助金の増でござい ます。 目5教育費国庫補助金2,179万6,000円の増額補正は、繰越明許費でも説明させていただき ました小中学校の通信ネットワーク設備整備に係る補助金でございます。 款15県支出金、項1県負担金、目2民生費県負担金719万2,000円の減額補正は、事業の実 績見込みによるものでございます。 節6災害救助費負担金は昨年の台風15号、19号及び21号に伴う10月25日の大雨時の災害対 応に要した経費に対する負担金でございます。 目4土木費県負担金2,799万8,000円の減額補正は、地籍調査費負担金の交付決定よるもの でございます。 項2県補助金、目2民生費県補助金60万4,000円の増額補正、次の目3衛生費県補助金254 万9,000円の減額補正は、それぞれ事業の実績等によるものでございます。 目4農林水産業費県補助金1,396万2,000円の減額補正は、それぞれの事業の実績などによ るものと、節19被災農業者支援事業補助金は、繰越明許費で説明させていただいた台風15号 により被災した農業施設などの復旧に係る支援に対する補助金の増でございます。 目6土木費県補助金169万8,000円の増額補正も、繰越明許費で説明させていただいた台風 15号により被災した住宅の修繕の支援に係る補助金の増でございます。 款16財産収入、項1財産運用収入、目2利子及び配当金5,000円の増額補正は、基金利子 でございます。 次のページをお願いします。 のでございます。 款17寄附金、項1寄附金、目2一般寄附金25万円の増額補正は、一般寄附の実績によるも 款18繰入金、項1基金繰入金、目1財政調整基金繰入金8,000万円の減額補正は、昨年の
    台風被害の復旧に係る事業の財源として充当した繰入金の減額で、その後の事業費の減や国 の補助金などにより財源の充当ができましたので減額するものでございます。 次の目3公共施設整備基金繰入金852万8,000円の減額補正、目6ふるさと創生基金繰入金 179万7,000円の減額補正、目8福祉基金繰入金772万円の増額補正、目11道路整備推進基金 繰入金2,000万円の減額補正は、充当事業の実績によるものでございます。 款19繰越金、項1繰越金、目1繰越金2,543万6,000円の増額補正は、前年度繰越金でござ います。 -130- 款20諸収入、項4受託事業収入、目1後期高齢者医療広域連合受託事業収入61万円の増額 補正は、後期高齢者健康診査に係るシステム改修費用に対するものでございます。 項5雑入、目2雑入1,166万1,000円の増額補正は説明欄記載のとおり、それぞれの実績及 び実績見込みに伴う増減でございます。 款21町債、項1町債、次のページにかけてですが、合計3,420万円の減額補正は、第3表 の説明と重複しますので、説明を割愛させていただきます。 次に、歳出予算の説明をさせていただきますので、64、65ページをお開きください。 歳出予算につきましては、各事業の実績見込みによる補正など一部割愛して説明をさせて いただきますので、あらかじめご了承ください。 3、歳出。 款1議会費、項1議会費70万1,000円の増額補正は、議会車のタイヤと議会会議録作成用 の録音機器コントロールユニットの購入でございます。 款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費72万1,000円の減額補正は、災害により中 止となった行政連絡員研修に係る補助金の減でございます。 目2文書広報費4万1,000万円の増額補正は、会計年度任用職員制度の施行や、マイナン バー制度等法改正の増による法規集の追録に係る増でございます。 目5財産管理費3,614万3,000円の増額補正は、公共施設整備基金、庁舎管理基金への積立 てでございます。 目6企画費938万7,000円の減額補正は、各事業の実績見込みによる減額でございます。 目8諸費491万円の減額補正は、外国人技能実習生の受入れ実績による繰出金の減と、前 年度実績の精算による国・県支出金の返還金でございます。 次のページをお開きください。 項3戸籍住民基本台帳費、目1戸籍住民基本台帳費49万5,000円の減額補正は、実績見込 みによる臨時職員賃金の減と、個人番号カードと関連事務費の増減でございます。 項4選挙費、目3参議院議員選挙費27万3,000円の減額補正は、実績による減額でござい ます。 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費123万7,000円の減額補正は、説明欄記 載の各事業の実績見込みによる増減でございます。 目3老人福祉費39万6,000円の増額補正は、実績見込みによる外出支援サービス委託料の 増額と、実績による敬老祝事業の減額でございます。 -131- 目5介護保険事業費317万5,000円の減額補正は、実績見込みによる介護給付費繰出金の減 目6後期高齢者医療費781万5,000円の減額補正は、後期高齢者医療特別会計への基盤安定 額でございます。 繰出金の決定による減額でございます。 項2児童福祉費、目1児童福祉総務費は地方債の減額に伴う財源内訳の補正でございます。 目2児童手当費630万円の減額補正は、実績見込みによる減額でございます。 目4児童福祉施設費657万8,000円の減額補正は、次のページをお願いします。実績見込み による保育園、児童クラブ、地域子育て支援センターの臨時職員の賃金の減でございます。 款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費は、国・県補助金の減額に伴う財源内 目2予防費196万8,000円の減額補正は、実績見込みによる予防接種委託料の減額と、新年 度から変更となる後期高齢者健康診査の質問票の変更に対応するためのシステム改修経費の
    目3環境衛生費748万7,000円の減額補正は、各種補助金の実績見込みによるものでござい 訳の補正でございます。 増額でございます。 ます。 目4母子保健事業費84万1,000円の減額補正は、実績見込みによる健康診査委託料の減と、 健康診査結果などの情報連携のためのシステムの改修経費の増額でございます。 目5火葬場費267万円の減額補正は、実績による減額でございます。 項2清掃費、目2塵芥処理費1,030万2,000円の増額補正は、環境センターの備品の修繕と、 実績見込みによる各ごみ処理委託料及びいすみクリーンセンターのごみ処理負担金の増額な 款5農林水産業費、項1農業費、目1農業委員会費119万円の減額補正は、実績見込みに どでございます。 よる農業委員報酬の減額でございます。 次のページをお開きください。 目3農業振興費117万3,000円の増額補正、目5農地費155万1,000円の減額補正、目6農業 施設費42万円の増額補正は、事業の実績及び実績見込みによる増減でございます。 項2林業費、目1林業総務費1,412万4,000円の減額補正は、有害鳥獣駆除対策の実績見込 みによるものでございます。 款6商工費、項1商工費、目3観光費8,947万6,000円の減額補正は、養老渓谷観光協会が 行う環境整備に係る補助金の増と、大多喜駅前の天然ガス記念館のカーテン設置工事の増と -132- 実績などによる観光まちづくり推進事業の減でございます。 款7土木費、項1土木管理費、目1土木総務費141万円の減額補正は、実績による賃金、 委託料の減と、次のページをお開きください。 道路整備基金への利子分の積立てでございます。 目2登記費21万5,000円の減額補正、目3国土調査費3,481万円の減額補正は、それぞれの 事業の実績見込みによるものでございます。 項2道路橋梁費、目1道路維持費270万9,000円の減額補正は、実績見込みによる減額でご ざいます。 目2道路新設改良費3,010万5,000円の減額補正は、実績見込みによる減額で、道路改良工 事は町道大中西線、新坂泉水線、弓木西下線などでございます。 目4橋梁維持費145万6,000円の減額補正は、橋梁補修工事の実績による減でございます。 項4住宅費、目1住宅管理費313万2,000円の増額補正は、実績見込みによる委託料の減と、 繰越明許費で説明させていただいた台風被害による被災住宅の修繕の補助金で、申請の実績 や申請前の相談等により不足見込額を増額するものでございます。 款8消防費、項1消防費、目2非常備消防費30万5,000円の減額補正は、実績によるもの 目3消防施設費120万6,000円の減額補正は、次のページをお開きください。実績によるそ でございます。 れぞれの事業の減額でございます。 目4災害対策費101万7,000円の減額補正は、実績による自主防災組織に対する備品の購入 費及び災害用の発電機などの減額でございます。 款9教育費、項2小学校費、目1学校管理費2,843万5,000円の増額補正は、小学校の消防 設備の修繕と、繰越明許費で説明させていただいた国の補助金と、今年度の補正予算債を活 用して実施する学校教育の情報化を推進するための校内ネットワーク設備工事でございます。 項3中学校費、目1学校管理費1,556万4,000円の増額補正は、小学校費に同じく校内ネッ トワーク設備工事でございます。 項4社会教育費、目2公民館費、目3図書館費、目4文化財保護費、計897万6,000円の減 額補正は、各事業の実績及び実績見込みによる減額でございます。 項5保健体育費、目2体育施設費23万4,000円の増額補正は、海洋センター野球場駐車場 の照明灯の修繕でございます。 目3学校給食費51万円の増額補正は、調理用のミキサー及び野菜等の洗浄用の移動式シン
    -133- クの購入でございます。 次のページをお開きください。 款10災害復旧費、項1公共土木施設災害復旧費、目1道路橋梁災害復旧費3,380万5,000円 の減額補正は、事業実績見込みによる委託料工事費の減と、復旧工事に必要な機械の借上料 の増でございます。 目2河川災害復旧費82万8,000円の減額補正は、実績による委託料の減額でございます。 項2農林水産施設災害復旧費、目1農地災害復旧費、目2農業施設災害復旧費、計118万 円の減額補正は、実績による委託料工事費の減額でございます。 次のページ以降の給与費明細書につきましては、説明を省略させていただきます。 以上で議案第22号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15号)の説明とさせていた だきます。よろしくご審議くださるようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 ここで、しばらく休憩します。 この間に昼食をお願いして、午後は1時から会議を再開します。 よろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を続けます。 (午前11時55分) (午後 1時00分) ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 議案第22号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第15号)を議題 とします。 執行部の財政課長からの説明が終わりました。 これから質疑に入りますが、1回1問でやっていただければありがたいと思います。1回 に2問、3問だとなかなか答弁がうまくいかないといけませんので、質疑については1回の 質疑で複数に及ばないように、次項の質問がないように、1つ簡明にされるようお願い申し 上げます。 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 -134- 4番根本君。 なお、ページ数を明らかにしてやってください。お願いします。 ○4番(根本年生君) 特に気になったところが、50ページの国庫支出金とか県支出金、繰入 金、基金からの繰入金がマイナスになっています。それで、この補正予算を全体的に見て、 義務的経費とか災害は致し方ないかなと思いますけれども、政策的経費がほとんどマイナス になっています。単費ではなかなか政策的経費は事業ができないでしょうから、必ず国庫支 出金とか県支出金、それと基金からの繰入金というのも単年度では予算が取れないので、何 かのときに毎年毎年基金に積んでおいて、何かやりたい事業があったときに、基金から繰り 入れてやるものだと思っています。しかし、見てみると、かなりの県支出金、国庫支出金、 繰入金、減少になっています。私も議員7年目ですけれども、必ず年度末にこういった補正 予算をやられていると思います。こんなに三角がついている補正予算を見たことがありませ ん。やはりこれは、なぜこのようになってしまったのか、その辺の理由を説明してください。 ○議長(野村賢一君) 財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) ただいまの今回の3月補正がマイナスが多いということについて、 財政課のほうから大きなところで、ざっと説明させていただきます。 まず、歳入の面で、国庫支出金、県支出金、特に、あと基金の繰入金が大きくマイナスに なっているのが、50ページでお分かりになるかと思います。 国庫支出金の国庫負担金、50ページで見ますと2,753万円となっておりますが、こちらは
    災害復旧に係る国の負担金が主なものとなります。こちらは、昨年の度重なる災害の対応と いうことで、災害復旧後の予算を計上するに当たりまして、その予算措置について事業費の 詳細な積算というのを待つことができず、早急に対応することが必要だったために計上した、 それに伴う国庫負担金というようなところでの減額が実績見込みにおいて大きくなったもの と思われます。 次の県の負担金のところになりますが、こちらについては、昨日、一般質問でもあったよ うに、国土調査に関係するものが大きなところとなっております。当初予算で、国土調査、 地籍調査を予定していた中で、県の実施の内示を受けたところでのその差額、そこに対する ものがおよそ2,800万ほどあるので、それが大きなものになっているかと思います。 繰入金につきましては、先ほどの説明の中でもちょっと触れさせていただきましたが、災 害復旧の復旧事業費を上げるに当たりまして、財政調整基金のほうでも、その予算として 8,000万追加しておりました。それにつきましては、その後の事業費の減少や、国の補助金、 -135- もしくは災害復旧事業債の活用というところで充当ができるようになったので、その減額が 約8,000万円ありますので、それが大きなものとなっております。 同様に、歳出につきましても、災害の関係であったり、国土調査事業の内示による事業費 の減であったりというようなところで、今回の3月補正は全体的にマイナスが大きくなって いるというところでございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 今のご説明だと、やりたいことはできていると、仕方ないんだと、災 害とか国土調査とか。特にマイナスで気になるのが、有害獣の駆除対策事業が1,400万。観 光まちづくり事業、ページは71ページですけれども、8,900万。あと、多面的機能もマイナ スになっています。これは一例です。ですが、今の答弁だと、やりたいことはできているん だというような答弁のように聞き取れました。じゃ、なぜ政策的経費がマイナスになった、 やりたいことはやっていると。そうすると、当初この減額になるのは、やりたいことはでき たんだけれども、経費の削減に努めたので減額になったというような解釈でよろしいですか。 ○議長(野村賢一君) 財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) やりたいことができたということではなくて、実績の見込みによ るものというところでの減額ということでございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) これで最後にしますけれども、最初言ったように、町の単費では今、 町の事業はやりたいことを何もできないと思うんです。それで、県とか国の支出金をできる だけ有効的に使って、何か事業をやらないといけないと思っています。その点で、何か事業 をやろうと思ったけれども、できなかったのでこういったマイナスになっているということ だと、どうなんでしょうかと。一般的に補正予算って、私の一般的な考え方だと、事業をや ったんだけれども、お金がないから急に補正で見てくださいというのが私は一般的ではない かと思っているんです。こんなに三角が多いことはどうなんだろうかという単純な疑問で言 っています。それが問題ないということであれば、それでいいんですけれども、もう一度、 この三角が多いということについては問題ないんだということでよろしいですか。 ○議長(野村賢一君) 財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) 政策的なもので、単費でやらなければいけないことをやらなくて、 -136- 経費の削減によるものでマイナスが多いんだ、これについては必要なことは全てやったんだ から問題ないのかと言われますと、そういうふうな予算の減額ではないところも多いので、 確かにおっしゃられるように、政策的なもので事業の見直しによってマイナスになるところ もあります。ですが、そのうち要は半分以上というか、多くについては、事業の実績によっ て、もしくは昨年の災害関連の災害があったことなどによる状況によって減額したものもあ るということで、ご理解いただければと思います。
    (「分かりました、ありがとうございます」の声あり) ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私は75ページ、小中学校の情報化整備事業についてお伺いをしたい と思います。 校内のネットワーク設備工事ということで、小学校と中学校のほうで予定はされているよ うですが、これは学校のどの範囲にこのネットワークを張る予定でいるのか、もし差し支え がなければ、簡単にGIGA構想についても説明していただけるとありがたいんですけれど も、よろしくお願いします。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 答えさせていただきます。 ○教育課長(小高一哉君) それでは、今の山田議員のご質問に対して、教育課のほうからお まず、GIGA構想というのを若干説明をさせていただきたいと思います。このGIGA スクール構想は、昨年の12月に閣議決定されたものなんですけれども、こちらのほうは、主 は学習用パソコンを生徒1人1台に整備するということが目標ですけれども、そもそも今後 ICTといいますか、情報化時代の中を生きる中で、子供たちに今後パソコン、そういう情 報化のものが必要だということでICTの整備ということでなったんですけれども、この2 つありまして、先ほど言った生徒1人に1台が1つの事業でありまして、もう一つのほうは、 その生徒1人1台を配布する上で、それを十分使えるようなネットワークの構築をしなさい という2つの事業があります。 今回はどのようなネットワークを整備するかということなんですけれども、今現在、学校 のほうに整備されているネットワークというのが、この示された1ギガ構想というものがあ るんですけれども、それをクリアできる今のネットワークの構造ではありません。どのよう なふうにするかといいますと、将来的に生徒1人1台が全部インターネットにつないだ場合、 -137- これが固まることなく、全てがスムーズに画像とか動画をパソコンのほうに全部映るような 仕組みということで、それを整備しなさいと、そこから生徒1人1台ずつ整備していきなさ いよということです。 ですから、今回、先ほど言ったように、今の小学校と中学校のほうについては、その整備 はしてあるんですけれども、その対応にはなっておりません。ですから、そちらを今回、予 算を取りまして、全部、今回のGIGAスクール構想に合ったネットワーク構造に変えると いう事業を行うということになります。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 それで、ちょっと私、分からなくて申し訳ないんですが、それは、例えば学校の中、教室 とか特別教室とか体育館とかあると思うんですけれども、それはどこで使っても接続ができ るような形のスタイルにもなるということなんでしょうか。今回のこのネットワーク設備を していただいた場合、設備を工事をやっていただいた場合ということで伺いたいんですが。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) 今回こちらのネットワークの整備につきましては、校舎内ですか ら、体育館はちょっと要綱のほうで除かれてしまいます。先ほど言った普通教室、特別教室、 校舎の中、そちらのほうで使えるようなシステムのネットワークの構築となります。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 今、体育館が除かれてしまうというのは、このGIGAスクール構 想の対象としては体育館が除かれるということになるんでしょうか、それとも体育館も含め ようと思えば含めることができるのかというところで、再度お伺いしたいんですけれども、 なぜ体育館をお話しさせていただいているかというと、やはり今回の災害のときの避難所と かにも、これから体育館とかが使われるような形になります。そうしますと、皆さんスマホ で、いろいろ検索とかをしたりするので、もしできるんであれば一緒に、このWi-Fiの 設備というか、そういうものも整備したらどうなのかなと、ちょっとそういう思いがありま
    して伺うんですけれども、体育館はこの条件の中には入らないという形になるんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) 国からの要綱によりますと、体育館のほうには、俗に言うWi- Fiというものなんですけれども、そちらのほうの設備のほうはつけられませんが、校舎の ある程度近くであれば、体育館のほうは使えます。実際、受信はできると思われます。先ほ -138- ど山田議員がおっしゃっていたように、災害のときのスマホとか、そういうのは、今回は学 習用のパソコンというふうに限っておりますので、そちらのほうの、申し訳ありません、通 信のほうについては、これはできないようなことになっておりますので、ご理解ください。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 今の説明で、コロナウイルスで昨日あたりから休校になっていて、ニ ュースで、先生が子供とネットでやっているというか、そういう家庭と学校との、そういう あれはどうなんですか。それは対応できるんですか。学校内だけですか。今、昨日のニュー スあたりを見ていると、各家庭と学校の先生と一人一人でネットでやっているニュースが出 たんですけれども、それは対応できるんですか、大多喜の場合は。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) 先ほど私のほうがご説明したとおり、学習用パソコンのネットワ ークということですので、そちらのほうには対応しておりません。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。 それでは、ページ数は71、観光まちづくり推進事業、このことです。何事も原因があり、 結果があります。因果律です。観光立町を掲げている、その中で、こういう形になった原因、 結果、これを詳細に教えてください。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 今回このような結果になった原因ということでございますけ れども、原因のほうは、昨年、全員協議会等でご説明しましたとおり、事業の見直しを行い ました。それの一端としては、出資会社のほうの理事者のほうが減額とかいうような、減資 というような処理がありましたので、そういうのも含めた中で、事業全体を見直して、今回 補正を、本年度見送る分と来年度に送る分という形で事業を見直して、今年度できなかった 分については減額という形でさせていただいております。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 課長のご説明、全員協議会の件もあったということで、要するにこう いうことだと思うんです。1大手企業が手を引いたことによって、崩壊してしまったと。そ れに至ることを、きちっと町民に提示しなくてはいけない。今の話を聞いていると、何か蚊 -139- に刺されたような感覚を受けてしまいます。これだけ9,000万近いものができなかったとい うのは、1つは失政であります。その件に関して、もう一度言います。どうして歯止めをか けられなかったのか、これはどうでしょうか。町長からひとつお願いできたらと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) この減額につきましては、要は当初の計画の中で、今のは、今日は予 算のほうをお話ししてありますけれども、いわゆる商い資料館あるいは今の釜屋さんですか、 あれを宿泊施設という考え方の中で予算を組んでおりました。しかし、この宿泊施設につき ましては、仮に今のように1企業がやって多分採算を取ることは難しいだろうということの 中で、1つありました。 それと、もう一つは、釜屋というのは本当に昔の建物で、宿泊施設にするのに穴を空けた りなんかすると、まず耐震強度がほとんど難しいと。そういうものの中で、そういう改造は 難しいということで、今回もいわゆるその指定管理の話もさせていただきましたけれども、 要は現実的にあの建物が使えるように、また、一般的にあそこで販売とか、そういうものの
    ほうが現実的であろうということで、あそこ2つを宿泊の施設にしても、1日1組限定でと いう中で、これはなかなか、やはり将来採算が取れないときに、その後どうするんだといっ たときに、これは今度は町にとっても非常に大きな負担になりますので、そういうことでは なくて、やっぱり考え方を変えてもらったと、そういうことでございます。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 町長、そして産業振興課長も、恐らく企業のことに振り回されてしま ったという本音を言えなかったんだと思います。私は、町長も産業振興課長もだまされた、 それに関しては本当に同情いたします。しかし、町民から見れば、そういうような、やはり 企業を設定した、それでは納得がいかないのが事実であります。今後のことに関して言えば、 産学官民というものは私は正しいと思います。しかし、もう一度申します。産学官民をやる 前に、民の立場、草の根の一般の方々にお声をかける、そういう姿勢が必要だと思います。 その件に関して、再度、飯島町長よりご見解をお聞きしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 今回の、いわゆるわくわくカンパニーにつきましては、これは国の、 先ほどかなり減額が多いという話もありましたけれども、要は国の補助金を、本当に1か月 の中で申請をして、それで書類を作るという大変厳しい中で、それはいろいろ皆さんにお話 を聞くことはいいんですが、それではもうその申請は間に合わないということで、やはり国 -140- の地方創生交付金というのは、いわゆる国のほうで決めると1か月以内ぐらいに出さなけれ ば、それは採択されないという事情がありまして、企画のほうも相当踏ん張って、ほとんど 休みも取らずにその書類を上げて、国のほうに申請しているという状況です。ですから、皆 さんと話をしていれば、その話はもうないということになりますので、それはご理解をいた だきたいと思います。 そういう中で、ご提案をされて、いただいた内容につきまして、いわゆる我々も検討して いきますと、やはりあれを宿泊施設で採算が取れるかと。1日1組限定で、人件費で食われ てしまうと。ということになって、最後に撤退されたときに、今度は町がそれをどうするか という話になりますので、そういうことのいろいろな判断の中で、それはやはりこのほうが 撤退したほうがいいだろうと。ただ、全部撤退するんじゃなくて、そのお金の全額を返すん じゃなくて、それを今、用途を変えて、今回、今改修もやったりなんかしているわけですね。 ですから、全部返しているわけじゃありませんけれども、そのついた補助金は、今の改修工 事等に充てているわけでございます。 (「ありがとうございました」の声あり) ○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 69ページ、予防接種事業委託料ということですが、これが減額にな っている理由をお伺いしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 の減に伴う減額でございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 健康福祉課のほうからお答えさせていただきます。 やはり子供さん等の減少によって、接種する人数が大幅に減ったことに伴う減額で、実績 ○11番(山田久子君) そうしますと、はしかで対象者の方が受けていないとか、そういう ことではなくて、あくまでも子供さんが減ったための理由ということでいいんでしょうか。 何が聞きたいかというと、本来、予防接種を受けなければいけない対象者の方が、受けない ことによって減額になっているということであれば、これはやっぱり何か対応策を、今回の コロナじゃないですけれども、必要なのじゃないかなと思いましたもので、ちょっと伺って いるところです。子供が減ったということであれば、それで結構です。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 -141- ○健康福祉課長(長野国裕君) そのとおりでございます。受けなければいけない子供さんが、
    特に多く受けなかったとかということではございません。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 67ページの少子化対策事業、これは子供さんが生まれたときに払う報 償金だと思います。170万減になっています。これは、当初予算は何人で幾らだったんでし ょうか。それで、結果として何人で幾らになって170万の減額になったんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 健康福祉課からお答えさせていただきます。 当初予算は40名の出生、そして金額が560万円、それがまだ現時点での予定という、今年 度の予定ということになりますけれども、16名ということになります。390万を見込んでお ります。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 先ほど午前中の会議の中で、税務住民課長のほうから、前年度が結婚 17人ですか、その前は16組ということで、ほとんど結婚している人の数は変わらないわけで す。それで、子供の数が当初40人予定していたのが16人に、もう半分以下になっちゃうと。 やはりこれは予算の減額、単純な、前にも私は言いましたけれども、結果としてこうなっち ゃったということじゃなくて、どこに原因があるのかというのを、金額だけじゃなくて、な ぜこうなったかということも精査して、補正予算を上げてくるべきじゃないかと思っている んですよ。結果としてですね。ただ、単純な金の積み重ねだけじゃなくて。それで、少子化 対策は、非常に大事なことです。喫緊の課題、最重要課題と言っても過言じゃありません。 ですから、私が個人意見を言うのはおかしいと言うか分かりませんけれども、だから町内に 住む方が、結婚しても少ないんじゃないかということで、結婚している人は考えるんだけれ ども、そうかどうかは分かりませんよ。ですから、単純な減額、お金の積み重ねじゃなくて、 どうしてこうなったかという結果も踏まえて精査して、補正予算を上げるべきではないかと 思います。この件についてはいかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 難解な答弁になります。お願いします。 副町長。 ○副町長(西郡栄一君) 確かに議員さんのおっしゃるとおり、少子化対策というのは町の喫 -142- 緊の課題だということで認識はしております。ただ、その少子化に対する、逆にこの少子化 のほうからの補助金の減額に合わせて何かをやれというときに、やはり1つの予算というも のをしっかりと込まなくちゃいけないということで、人口増対策というのは、決してこれだ けで人が増えているわけではないというので、町も推進しております。ですから、今やって いる中で、それぞれの各課で、いろいろなところで、いろいろな政策をやっておりますので、 そういったものを充実させていきながら、なおかつまた新しいものを今、庁内でも十分議論 しているところでございます。全く何もしていないわけではないということでですね。ただ、 この3月の議会で、ここで、この減額した分をどこかですぐ効果を出せというのは非常に難 しい話でありますので、その辺についてはご理解をいただきたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ですから、少子化対策、喫緊の課題で、じゃ、どこに数字が出てくる のか、何人子供が生まれたかということですよね。そうすると、ここに、この数字がプラス、 お金が足らないから、200万、300万増えたらうれしいことですよね。大変うれしいことです よ。ただ、結果として、ここに数字として出てくるのは、これが一番明確じゃないかと思っ て言いました。先ほど言いましたように、3月まだ半ばですから、今後検討するということ でしょうけれども、補正予算に当たっては、前に言いましたように、金額だけの積み重ねじ ゃなくて、どうしてそうなったのかという精査をして補正予算を上げてもいいんじゃなかろ うかと。それはなかなか時間的に難しいかも分かりませんけれども、やはりその辺もお金の 積み重ねだけじゃなくて、内容についても少しあれしてもらえればうれしいかなと思ってい ます。
    以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 61ページ、雑入の上から2番目、公有建物災害共済金。これは多分、 昨年の秋の関係で、公有の建物に被害があって、それが保険金で下りきたのかなというふう に、私、個人的に解釈したんですが、それでいいのかどうか。その場合、これはどこの何に 対して下りたものなのか教えていただければと思います。解釈が違っていましたら、違いま すということで教えていただければと思います。 ○議長(野村賢一君) 款20諸収入、項5雑入のところですか。 ○11番(山田久子君) 61ページです。はい、雑入のところの。 -143- ○議長(野村賢一君) 61ページの、今言った款20諸収入、項5雑入の説明欄のところですね。 ○11番(山田久子君) はい。 ○議長(野村賢一君) 誰かな。 財政課長。 す。 ○財政課長(君塚恭夫君) 今の山田議員の質問に、財政課のほうから答えさせていただきま 今おっしゃられたように、この雑入のところにつきましては、公有建物の災害共済金とし て、昨年の度重なる台風などによって被害を受けた公有建物などの共済金でございます。一 番大きなところでは、大多喜小学校の屋内運動場の脇のところの欠損であったり、あと破風 板であったり、大多喜中学校の柔道場の屋根、それと、あと町で整備してある光ファイバー ケーブルが町内で被害を受けた、それに対する共済金が大きなところでございます。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) ありがとうございます。 それで、この保険というのは、各地域にある消防機庫というのがあると思うんですけれど も、その機庫に、災害等で被災した場合、対象はならないんでしょうか。うまく聞けていな い。 ○議長(野村賢一君) 財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) これは、あくまで公有建物という、役場で所有のある建物でござ います。最近、町で整備した消防の機庫、船子であったり、そういうものは町で保険を掛け てありますので、それは対象になります。地元で管理しているものについては、地元の消防 団、区とかで要は保険を掛けてあるところと、あと掛けていないところがあるようでござい ます。 以上です。 (「ありがとうございました」の声あり) ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 5番吉野僖一君。 一般寄附金というのは。 ○議長(野村賢一君) 財政課長。 -144- ○5番(吉野僖一君) 60ページの17で、寄附金とあります。これは個人ですか、団体ですか、 ○財政課長(君塚恭夫君) こちらの寄附金25万円の増額補正は、2団体からの寄附になりま す。 (「2団体の」の声あり) ○財政課長(君塚恭夫君) はい。 ○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。
    ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第22号を採決します。 お諮りします。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第22号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第23号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第15、議案第23号 令和元年度大多喜町国民健康保険特別会計補 正予算(第4号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 議案つづり89ページをお願いいたします。 議案第23号 令和元年度大多喜町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につきまして、 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 補正予算の主な内容でございますが、歳入では国民健康保険税の税率の引下げ及び被保険 者数の減による減額、療養給付費等普通交付金の変更決定による減額、保険基盤安定繰入金 の交付決定に伴う減額のほか、前年度繰越金等の確定による増額でございます。 -145- また、歳出では、一般被保険者療養給付費、一般被保険者療養費、一般被保険者高額療養 費の増額、国民健康保険事業費納付金の確定による減額、平成30年度の特定健康診査等負担 金の事業実績により返還金が生じたことによる諸支出金の増額及び翌年度への繰越金が見込 めるため、繰越金の一部を財政調整基金に積み立てるものでございます。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和元年度大多喜町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによ る。 歳入歳出予算の補正。 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,297万円を追加し、歳入歳出予算の総 額を歳入歳出それぞれ13億3,982万3,000円とする。 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳 出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 なお、詳細につきましては事項別明細書によりご説明いたしますので、94、95ページをお 願いいたします。 初めに、歳入からご説明いたします。 款1国民健康保険税、項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税、補正額 443万9,000円の減額補正は、本年度当初予算では、税率について改正前の税率で計上してお りましたが、令和元年6月に税率の引下げを行ったことに伴い、減額補正を行うものでござ います。 款4県支出金、項1県補助金、目1保険給付費等交付金、補正額6,566万4,000円の減額補 正でございますが、県からの変更交付決定による交付金の減額でございます。 款5繰入金、項1他会計繰入金、目1一般会計繰入金、補正額152万円の減額補正でござ いますが、内訳につきましては95ページをご覧ください。 節1保険基盤安定繰入金、保険税軽減分は、県が4分の3、町が4分の1を負担するもの で、98万3,000円の減額でございます。節2保険者支援分は、国が2分の1、県が4分の1、 町が4分の1を負担するもので、87万4,000円の減額は、いずれも実績による減額補正でご ざいます。節5財政安定化支援事業繰入金は、国保財政の健全化のため繰り入れるもので、
    補正額33万7,000円の増額補正でございます。 款6繰越金、項1繰越金、目2その他繰越金、補正額1億446万1,000円の増額補正は、補 正財源として前年度繰越金を充てるものでございます。 -146- 款9国庫支出金、項1国庫補助金、目1国民健康保険制度関係業務事業費補助金、補正額 1万8,000円の増額補正は、国庫総合システム改修に係る補助金でございます。目2社会保 障・税番号制度システム整備費補助金、補正額11万4,000円は、オンライン資格確認のシス テム改修に係る補助金でございます。 引き続き歳出についてご説明いたしますので、96、97ページをお願いいたします。 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費、補正額の財源内訳の13万2,000円は、12 月補正で財源が確定していなかったため、一般財源で計上しておりましたが、歳入の款9国 庫支出金で、ただいまご説明したとおり、国庫支出金の特定財源の充当となりますので、財 源内訳の補正を行うものでございます。 款2保険給付費、項1療養諸費、目1一般被保険者療養給付費、補正額2,780万6,000円、 次の目3一般被保険者療養費、補正額67万1,000円の増額補正は、それぞれ実績見込みによ るものでございます。 款2保険給付費、項2高額療養費、目1一般被保険者高額療養費、補正額686万9,000円の 増額補正は、実績見込みによるものでございます。 款3国民健康保険事業費納付金、項1医療給付費分、目1一般被保険者医療給付費分、補 正額2,170万3,000円、それから目2退職被保険者医療給付費分、補正額34万8,000円の減額 補正は、納付額の確定に伴うものでございます。 項2後期高齢者支援金等分、目1一般被保険者後期高齢者支援金等分、補正額863万6,000 円、目2退職被保険者後期高齢者支援金等分、補正額34万5,000円の減額補正は、納付額の 項3介護納付金分、目1介護納付金分、補正額172万7,000円の減額補正は、納付額の確定 確定に伴うものでございます。 に伴うものでございます。 次の98、99ページをお願いいたします。 款6諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1一般被保険者保険税還付金、補正額8万 9,000円の増額補正は、年金支払額変更に伴う所得更正によるものでございます。 目5保険給付費等交付金償還金、補正額29万4,000円の増額補正は、平成30年度分特定健 康診査等負担金の実績に伴う国・県への返還金でございます。 款8基金積立金、項1基金積立金、目1財政調整基金積立金、補正額3,000万円の増額補 正は、翌年度への繰越金が見込まれるため、不測の事態等に備え、繰越金の一部を基金とし て積み立てるものでございます。なお、現在の基金保有額につきましては、8,156万6,000円 -147- でございます。 以上で令和元年度大多喜町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)の説明とさせていた だきます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第23号を採決します。 お諮りします。
    本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第23号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第24号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第16、議案第24号 令和元年度大多喜町後期高齢者医療特別会計 補正予算(第2号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 議案つづり101ページをお願いいたします。 議案第24号 令和元年度大多喜町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、 本文に入る前に提案理由の説明をさせていただきます。 補正の主な内容でございますが、歳入では保険基盤安定繰入金の減額及び繰越金の増額、 また、歳出では実績見込みにより後期高齢者医療広域連合納付金を減額するものでございま -148- す。 よる。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和元年度大多喜町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところに 歳入歳出予算の補正。 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ764万9,000円を減額し、歳入歳出予算 の総額を歳入歳出それぞれ1億2,459万5,000円とする。 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳 出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 なお、詳細につきましては事項別明細書によりご説明いたしますので、106、107ページを お願いいたします。 初めに、歳入からご説明いたします。 款3繰入金、項1一般会計繰入金、目2保険基盤安定繰入金、補正額781万5,000円の減額 補正でございますが、繰入れ金額の確定によるものでございます。 款4繰越金、項1繰越金、目1繰越金、補正額16万6,000円の増額補正につきましては、 前年度被保険者からの納付がありました保険料で、後期広域連合に納付されていない保険料 の繰越しをしたもので、歳出でご説明申し上げます広域連合納付金の財源とするものでござ います。 引き続き歳出についてご説明いたしますので、108、109ページをお願いいたします。 款2後期高齢者医療広域連合納付金、項1後期高齢者医療広域連合納付金、目1後期高齢 者医療広域連合納付金、補正額764万9,000円の減額補正につきましては、被保険者から納付 された保険料及び基盤安定繰入金を後期高齢者医療広域連合に納付するもので、実績見込み によるものでございます。 以上で令和元年度大多喜町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の説明とさせてい ただきます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 -149- これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。
    (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第24号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第24号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第17、議案第25号 令和元年度大多喜町介護保険特別会計補正予 算(第4号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 議案つづり111ページをお開きください。 議案第25号 令和元年度大多喜町介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明さ せていただきます。 本文に入ります前に、提案理由の説明をさせていただきます。 今回の補正は、保険料の特別徴収者及び第7段階被保険者の増に伴う保険料の増加、滞納 繰越分の普通徴収保険料の収入の増額、介護給付費全体の減に伴う国・県支払基金の介護給 付費負担金交付金の減額、各負担金交付金及び介護給付費繰入金の減額による分について、 介護給付費準備基金繰入金を増額する必要が生じたため、補正を行うものであります。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和元年度大多喜町介護保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算の補正。 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,117万5,000円を追加し、歳入歳出予算 の総額を歳入歳出それぞれ11億9,481万8,000円とする。 -150- 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳 出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 それでは、事項別明細書によりご説明いたしますので、116、117ページをお開きください。 まず、歳入からご説明いたします。 款1保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料477万8,000円の増額補正は、特 別徴収保険料の増、普通徴収保険料の減、滞納繰越分普通徴収保険料の増に伴う補正でござ います。 款4国庫支出金、項1国庫負担金、目1介護給付費負担金1,189万1,000円の減額補正は、 介護給付費負担金交付申請に基づき補正するものであります。 項2国庫補助金、目4保険者機能強化推進交付金190万7,000円の増額補正は、市町村の自 立支援重度化防止等の取組を支援するための交付金であります。 款5支払基金交付金、項1支払基金交付金、目1介護給付費交付金1,947万3,000円の減額 補正及び款6県支出金、項1県負担金、目1介護給付費県負担金420万1,000円の減額補正に つきましても、交付金の変更交付申請に基づき補正するものでございます。 款7繰入金、項1他会計繰入金、目1一般会計繰入金317万5,000円の減額は、介護給付費 の減に伴い、介護給付費繰入金を減額するものです。 項2基金繰入金、目1介護給付費準備基金繰入金755万6,000円の増額補正は、国・県支払 基金の介護給付費負担金交付金の変更交付申請に伴う減額分を補うためのものでございます。 款8項1目1繰越金3,567万4,000円の増額補正は、前年度繰越金の精算に伴う補正でござ います。 歳入については以上でございます。 続きまして歳出についてご説明いたしますので、118ページ、119ページをお開きください。
    款2保険給付費、項1介護サービス等諸費、目1居宅介護サービス給付費3,991万円の減 額補正は、主に訪問介護、訪問入浴及び通所リハビリ等の実績減に伴う補正でございます。 目3施設介護サービス給付費2,155万4,000円の増額補正は、施設利用者の1人当たりの給 付費の増によるものでございます。 次に、中段、項2介護予防サービス等諸費、目1介護予防サービス給付費272万6,000円の 減額補正及び120ページ、121ページの項6特定入所者介護サービス等費、目1特定入所者介 護サービス費431万7,000円の減額補正は、実績減に伴う補正でございます。 次に、一番下段になります。 -151- 款6項1基金積立金、目1介護給付費準備基金積立金3,657万4,000円の増額補正は、前年 度繰越金の精算に伴い基金に積み立てるものであります。 なお、それ以外の予算額に増減がないものについては、財源内訳の変更によるものでござ います。 以上で令和元年度大多喜町介護保険特別会計補正予算(第4号)の説明を終わります。よ ろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第25号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第25号は原案のとおり可決されました。 会議の途中でございますが、ここでしばらく休憩します。 2時10分から会議を再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を続けます。 (午後 1時56分) (午後 2時10分) ───────────────────────────────────────────────── ◎答弁の訂正 -152- ○議長(野村賢一君) 先ほど山田議員の質問で、款9教育費の中の目、学校管理費のところ で、ネットワーク設備工事の件で、教育課長から訂正の答弁がございますので、教育課長よ ろしくお願いします。 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) 先ほど山田議員ほうから、ネットワーク整備の対象施設というこ とで、教室、特別教室、体育館ということでご質問があった件なんですけれども、体育館の ほうにつきましては、事業で活用する計画であれば対象となるというふうになっております ので、修正をさせていただきたいと思います。 ○議長(野村賢一君) よろしいですか。 (「はい、ありがとうございます」の声あり)
    ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第26号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第18、議案第26号 令和元年度大多喜町水道事業会計補正予算 (第5号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 環境水道課長。 正予算(第5号)についてご説明いたします。 議案つづりの123ページをお開きください。 ○環境水道課長(和泉陽一君) それでは、議案第26号 令和元年度大多喜町水道事業会計補 説明に入ります前に、今回の補正の内容ですけれども、まず水道料金の実績見込みによる 減額、それから伊保田地先に予定している低区配水池建設工事について、翌年度に実施する こととなったための減額の補正となります。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和元年度大多喜町水道事業会計補正予算(第5号)。 第1条、令和元年度大多喜町水道事業会計の補正予算(第5号)は、次に定めるところに よる。 収益的収入及び支出。 第2条、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。 収入。第1款水道事業収益、項1営業収益ですが、453万8,000円を減額し、補正後の営業 収益の総額を3億1,013万3,000円とするものです。 -153- 第3条、資本的収入及び支出。 収入。款1資本的収入、項2、次のページをお願いします。 企業債ですが、1億1,400万円を減額し、企業債の総額を7億円とするものです。 支出。款1資本的支出、項1建設改良費ですが、1億542万2,000円を減額し、建設改良費 の総額を9億3,221万9,000円とするものです。 第4条、企業債。予算第6条に定めた企業債の限度額の総額を8億1,400万円から7億円 詳細につきましては、水道事業会計補正予算積算基礎資料によりご説明しますので、126 収入。款1水道事業収益、項1営業収益、目1給水収益453万8,000円の減額は、水道料金 に変更するものです。 ページをお開きください。 収益的収入及び支出。 実績見込み減によるものです。 次のページをお願いします。 資本的収入及び支出。 収入。項2企業債1億1,400万円の減額は、伊保田地先に予定している低区配水池建設工 事について、翌年度に実施することとなったための減額となります。 次に、支出ですけれども、款1資本的支出、項1建設改良費、目3配水施設費1億542万 2,000円の減額は、伊保田地先に予定している低区配水池建設工事について、翌年度に実施 することとなったための減額です。 以上で、議案第26号 大多喜町水道事業会計補正予算(第5号)の説明を終わります。ご 審議のほどよろしくお願いいたします。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。
    ご異議ありませんか。 -154- (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第26号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第26号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第19、議案第27号 令和元年度大多喜町特別養護老人ホーム事業 会計補正予算(第4号)を議題とします。 本案について提案理由の説明を求めます。 特別養護老人ホーム所長。 ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) それでは、議案第27号 令和元年度大多喜町特別 養護老人ホーム事業会計補正予算(第4号)について説明させていただきます。 議案つづり131ページをお開きください。 本補正予算につきましては、主に実績見込みによる補正でございます。 それでは、本文に入らせていただきます。 議案第27号 令和元年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計補正予算(第4号)。 第1条、令和元年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計の補正予算(第4号)は、次に 総則。 定めるところによる。 収益的収入及び支出。 第2条、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を、次のとおり補正する。 収入。科目、第1款特別養護老人ホーム事業収益、補正予定額4,352万9,000円の減額、計 1億8,841万1,000円。科目、第1項営業収益、補正予定額3,893万8,000円の減額、計1億 6,965万1,000円。科目、第2項営業外収益、補正予定額459万1,000円の減額、計1,876万円。 支出に入ります。 支出。科目、第1款特別養護老人ホーム事業費用、補正予定額1,047万5,000円の減額、計 -155- 2億6,871万3,000円。科目、第1項営業費用、補正予定額1,047万5,000円の減額、計2億 6,821万2,000円。 資本的収入及び支出。 額を次のとおり補正する。 第3条、予算第4条本文括弧中「3,123千円」を「3,270千円」に改め、資本的支出の予定 収入。科目、第1款資本的収入、補正予定額28万5,000円の減額、計はゼロになります。 科目、第1項繰入金、補正予定額28万5,000円の減額、計はゼロになります。 支出。科目、第1款資本的支出、補正予定額22万円の減額、計318万8,000円。科目、第1 項建設改良費、補正予定額22万円の減額、計318万8,000円。 議会の議決を経なければ流用することができない経費。 第4条、予算第7条中「204,202千円」を「197,213千円」に改める。 続きまして、詳細につきましては、積算基礎資料により説明をさせていただきます。 142ページ、143ページをお開きください。 収入。第1款特別養護老人ホーム事業収益、第1項営業収益、第1目介護報酬収益、第1 節施設入所介護費収益3,062万6,000円の減額、第2節短期入所介護費用収益224万円の減額、 第2目介護負担金収益、第1節施設入所負担金収益482万7,000円の減額、第2節短期入所負 担金収益124万5,000円の減額、いずれも施設利用者減少及び利用者の負担割合等の変更によ
    るものでございます。 第2項営業外収益の一般寄附金及び雑収益の増額は、いずれも実績によるものでございま す。一般会計繰入金490万3,000円の減額補正は、外国人技能実習生の来日が予定より遅れた ことによる補助金の減額でございます。 次に、支出です。 第1款特別養護老人ホーム事業費用、第1項営業費用、第3目居宅介護事業費85万7,000 円の減額で、内訳は法定福利費2,000円と賃金85万5,000円の減額、いずれも臨時職員1名分 で、実績によるものでございます。 第4目施設介護事業費436万の減額で、内訳は、法定福利費115万4,000円、賃金111万 6,000円の減額、臨時職員17名分の人件費で、実績によるものでございます。手数料11万円 はクリーニング代、使用料15万円はおむつ代、賄い材料費183万円の減額は、いずれも実績 によるものでございます。 第5目減価償却費、第1節有形固定資産減価償却費17万2,000円の増額は、固定資産の増 -156- によるものでございます。 第7目外国人技能実習生受入事業費543万円の減額で、内訳は法定福利費31万6,000円、こ れは実習生社会保険料ほかでございます。賃金354万6,000円は実習生の賃金、使用料37万 5,000円は実習生の居室使用料、負担金115万8,000円はJITCO国際研修協力機構監理団 体等の負担金でございます。保険料3万5,000円は、実習生の総合保険料分でございます。 この減額は、実習生の来日が遅れたことによる実績によるものでございます。 次に、144ページ、145ページをお開きください。 資本的収入及び支出になります。 まず、収入ですが、第1款資本的収入、第1項繰入金、第1目他会計繰入金28万5,000円 の減額補正は、実習生受入れに伴う備品等の支出がなかったため、一般会計からの繰入金も 減額補正するものでございます。 次に、支出になります。 第1款資本的支出、第1項建設改良費、第1目設備整備費22万円の内訳は、工事請負費8 万2,000円の減額、これは実績による減額でございます。備品購入費14万7,000円の増額は、 居室エアコン1台の故障によるため、交換のための増額補正でございます。外国人技能実習 生受入事業費28万5,000円の減額は、実績がなかったための減額補正となります。 以上で、大多喜町特別養護老人ホーム事業会計補正予算の説明を終わらせていただきます。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑ありませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 131ページ。既決予定額が、収入が約2億3,000万、支出が約2億 8,000万。ここで、当初5,000万の赤字と言っていいのかどうかちょっと分かりませんけれど も、5,000万の差が出ています。それで、補正予定額をやって、計、収入が1億8,800万、支 出が2億6,800万、この差額は約8,000万です。単純に、これが全て赤字になるのかどうか。 仮に赤字が出た場合には、どこかから補塡しなくちゃいけないはずですので、それは留保資 金というのか、積立金というのか、基金というのか、よく分かりませんけれども、どこから どのような形で、これを補塡していくんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 特別養護老人ホーム所長。 -157- ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) 今のご質問ですが、131ページの収入、この事業 収益1億8,841万1,000円から支出の2億6,871万3,000円、これを引いた額が赤字になるのか というご質問ですが、あくまでもこちらに関しましては支出のほうは予算上で見てあります ので、これが全額支出されることはまずないと思われますので、これはあくまでも予算であ りまして、実績は、まだ実際のところ、はっきり分からないというのが実情でございます。
    それから、足らない分ということですが、それにつきましては昨年度からの繰越金で補塡を するということになります。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) じゃ、今、想定で、まだ年度の途中でしょうから想定の段階でしょう けれども、年度末でどのくらいの赤字が予定されるのか。先ほど言いました繰越金であると いうことです。繰越金から補塡すると、繰越金はあとどのくらい残っているんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 特別養護老人ホーム所長。 ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) 今現在の見込みの赤字額ということになりますが、 はっきり言って、今のところまだ分からないところが多くあります。8,000万以下というこ とになるかと思います。実際に、今現在、幾らのお金があるかということですが、2億のお 金が、現金がございます。 (「8,000万を引いて2億ですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 今2億ぐらい。それは、8,000万を補塡した残が2億円残っていると いうことですか。 それで、これで最後の質問になっちゃうので、もう一つ付け加えて、すみません。 このまま、仮に2億残って、年間8,000万ぐらいの赤字だと、3年もたたないうちに留保 金というか、基金というか、繰越金がなくなってしまうわけですね。そのときにどうするか ということも考えていかないと、あともう2年、3年のうちには大変なことになっちゃうわ けですから、そういった検討というんですか、今後どうするのかという検討も早急に始めて、 前も話したように、勝浦は総野園というのがありましたけれども、あそこはもう何年か塩田 病院さんと協議して、結局、塩田病院さんのほうに全部譲っちゃいましたよね。日本全国見 ても大体、もうほとんど、こういった公的と、市町村でやっているところはほとんどありま せん。あるところは、北海道とか九州とか本当の僻地で民間の企業さんが来てくれないとこ -158- ろ、そこは仕方なく町営でやっているところはあると思いますけれども、関東近辺とかで、 まして東京にこんなに近いところではほとんどありませんので、それも併せて、今後検討し ていく必要があるんじゃなかろうかと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) ご指摘のとおりだと思います。それで、今それをどうするかというの は、今いろいろと、いろんな角度から、どういうふうな方向にするかというのは今いろいろ 検討しているところでございます。ただ、どちらにいたしましても、今は大多喜町にあるの はあの1施設でございます。ですから、それは何とか、やはり今の1施設の段階では、やは りしっかりと維持しなければならないと思いますが、なかなかこの施設で黒字を出すという ものをいろいろ試算をしておりますが、なかなか厳しいところがございます。そういうこと で、それらも含めまして、いろいろ検討を進めているところでございますが、いずれにいた しましても、大多喜町に、やはりこういう施設、1つはなければ困りますので、そういう中 で今進めているところでございます。いずれある程度方向性が出た段階には、またご報告を したいと思っています。 特に、この今の入所者につきましては、やはり高齢化の中で、いすみ医療センターにも老 健施設がございます。それで、やはり入所者が高齢化のために病院に入りますね。そうしま すと、それがもう、その間は空き家になりますから、これは入れられませんので、そういう ことで、なかなかやはりその辺が厳しい。ですから、実際のその施設に対して90パーセント の稼働率というのが、やはり最低の採算ラインということになるんですが、なかなか90パー セントの稼働というのは難しいわけです、現実では。そういうことで、今いろいろな角度で、 委員長も含めて、いろいろお話もし、検討もしているところでございます。 (「議長、もう一回まずいですよね」の声あり) ○議長(野村賢一君) 何。4回目。 (「4回目」の声あり)
    ○議長(野村賢一君) 何の質問ですか。 (「今の町長の答弁に対して」の声あり) ○議長(野村賢一君) じゃ、どうぞ。 ○4番(根本年生君) すみません。 恐らく入所者がいますから、すぐ今日のあしたと言ったらなかなか難しい。民間に移譲す るなり自分でやるなりにしても、やっぱり協議するのに2年、3年、楽にかかっちゃうと思 -159- うんですよ。すると、早く方向性を打ち出して、それで当然民間で受け取っているところが なければ町がやらざるを得ないので、協議に2年、3年かかると思いますので、早く方向性 を打ち出して、お互いに条件に合う民間の企業があったら民間の企業さんに譲り渡すと。で すから、なるべく早く協議を始めないと、あと、先ほども言いましたように基金があと本当 に、基金というか繰越金があと僅かですので、早めに始めていただければと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) それはご提言ですね。 (「はい、すみません」の声あり) ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 本案については討論を省略し、これから採決したいと思います。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第27号を採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第27号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎散会の宣告 ○議長(野村賢一君) 以上で本日の日程は全部終了しました。 明日5日は、午前10時から会議を開きます。 本日はこれで散会します。 (午後 2時34分) -160- 第1回大多喜町議会定例会3月会議 ( 第 3 号 ) 令和2年第1回大多喜町議会定例会3月会議会議録 令和2年3月5日(木) 午前10時00分 開議 席議員(11名) 2番 志 関 武良夫 君 3番 渡 辺 善 男 君 4番 根 本 年 生 君 5番 吉 野 僖 一 君 6番 麻 生 剛 君 7番 渡 邉 泰 宣 君 8番 麻 生 勇 君 9番 吉 野 一 男 君 10番 末 吉 昭 男 君 11番 山 田 久 子 君 12番 野 村 賢 一 君
    席議員(1名) 1番 野 中 眞 弓 君 方自治法第121条の規定による出席説明者 町 長 飯 島 勝 美 君 副 町 長 西 郡 栄 一 君 教 育 長 宇 野 輝 夫 君 代 表 監 査 委 員 滝 口 延 康 君 総 務 課 長 古 茶 義 明 君 企 画 課 長 米 本 和 弘 君 財 政 課 長 君 塚 恭 夫 君 税 務 住 民 課 長 多 賀 由紀夫 君 健 康 福 祉 課 長 長 野 国 裕 君 建 設 課 長 吉 野 正 展 君 産 業 振 興 課 長 西 川 栄 一 君 環 境 水 道 課 長 和 泉 陽 一 君 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 所 長 秋 山 賢 次 君 会 計 室 長 吉 野 敏 洋 君 教 育 課 長 小 高 一 哉 君 生 涯 学 習 課 長 宮 原 幸 男 君 会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 麻 生 克 美 書 記 山 川 貴 子 書 記 市 原 和 男 -161- 出
    欠 地 本 日程第 1 議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算(提案説明) 日程第 2 議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算(提案 説明) 日程第 3 議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算(提案説明) 日程第 4 議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算(提案説明) 日程第 5 議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算(提案説明) 日程第 6 議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算(提案説明) 日程第 7 議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算(提案説 明) 事日程(第3号) 議 -162- ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 皆さんおはようございます。4日の会議に引き続き大変ご苦労さまで 本日、1番野中眞弓議員から体調不良のため、欠席する旨の通告がありましたのでご報告 ◎開議の宣告 ございます。 申し上げます。 ただいまの出席議員は11名です。したがって、会議は成立しました。 これから会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── (午前10時00分) ○議長(野村賢一君) 本日の議事につきましては、既に配付の議事日程第3号により進めて ◎議事日程の報告 まいります。よろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第28号~議案第34号の一括上程、説明 ○議長(野村賢一君) これから日程に入ります。 日程第1、議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算から日程第7、議案第34号 令 和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算までの各特別会計予算及び各事業会計予 算まで一括議題とします。 なお、各議案は議事日程にお示ししたとおり、本日は提案説明までとします。 議案第28号から順次説明を求めます。 なお、説明員の皆様には、着席にて説明することを許可します。 初めに、日程第1、議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算について説明を願いま す。 財政課長。 させていただきます。 お開きください。 ○財政課長(君塚恭夫君) それでは、議長のお許しをいただきましたので着座にて説明をさ せていただきます。また、声が籠もってしまうと思われますのでマスクのほう外して説明を それでは、令和2年度大多喜町予算書に沿って説明をさせていただきます。1ページ目を -163- 令和2年度大多喜町一般会計の予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。 算」による。
    第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ51億9,000万円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予 継続費。第2条、地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額 は、「第2表 継続費」による。 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表 地方債」による。 一時借入金。第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの 最高額は1億円と定める。 歳出予算の流用。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の 各項の経費の金額を流用することができる場合は次のとおりと定める。 各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同 一款内での、これらの経費の各項の間の流用。 次に、7ページをお開きください。 第2表、継続費。款6商工費、項1商工費、事業名、面白峡遊歩道整備事業、総額1億 5,810万円。年度及び年割額は、令和2年度6,230万円、令和3年度4,480万円、令和4年度 5,100万円で、面白峡の遊歩道を令和2年度から令和4年度までの3か年で整備するため、 継続費を設定するものでございます。 款10災害復旧費、項1農林水産施設災害復旧費、事業名、農業施設災害復旧事業、総額 9,649万2,000円。年度及び年割額は、令和2年度4,288万円、令和3年度5,361万2,000円で、 昨年の台風21号に伴う大雨で被害を受けた下大多喜地先のため池の復旧工事で、令和2年度 と3年度の2か年で実施するため、継続費を設定するものでございます。 第3表、地方債。表内の起債の目的及び限度額は、過疎地域自立促進特別事業債6,910万 円。この起債は、大多喜町過疎地域自立促進計画に計上した事業のうちソフト事業に係るも ので、内容としては、出産祝金、住宅取得奨励金、住宅リフォーム補助金、空き家改修事業 補助金、外出支援サービス委託料、子ども医療費、不妊治療費、高速バス補助に充当するも のでございます。観光施設整備事業債1,390万円は、観光まちづくり推進事業で実施する観 光施設等の整備に充てるものでございます。道路整備事業債8,100万円は、辺地対策事業と -164- して宇野辺当月川線に600万円、過疎対策事業として町道増田小土呂線、大中西線に5,900万 円、老川橋などの橋梁長寿命化事業へ1,600万円を充当するものでございます。消防施設整 備事業債4,960万円は、電波法の改正に伴い更新が必要となる、防災行政無線の移動系の機 器等の更新事業に充当するものでございます。社会教育施設整備事業債5,280万円は、大多 喜町中央公民館のエレベーターの設置など、施設の改修工事へ充当するものでございます。 農林水産施設災害復旧事業債470万円は、下大多喜地先のため池の復旧事業に充当するもの でございます。公共土木災害復旧事業債2,550万円は、昨年の台風などにより被災した町道 など13か所の復旧事業に充当するものでございます。臨時財政対策債1億2,000万円は、地 方交付税の不足額に対応するために許可されている地方債を見込み計上しました。 起債の限度額の合計は4億1,660万円でございます。 なお、起債の方法、利率、償還の方法については、表のとおりでございますので説明を割 次に、事項別明細書の歳入をご説明させていただきますので、予算書12ページをお開きく 愛させていただきます。 ださい。 歳入につきましては、科目と本年度予算額を中心に説明させていただきます。 款1町税、項1町民税の計は3億6,582万6,000円で、目1個人は景気の低迷、納税義務者 の減少を見込み、目2法人は税率の改正を含め実績を見込み計上しました。 次の項2固定資産税の計は6億2,589万9,000円で、目1固定資産税の現年課税分は、課税 対象物件の変動や実績を見込み計上いたしました。 次の項3軽自動車税は、税法の改正により、新たに環境性能割、種別割と区分され、経過 年数が長くなる重課税分の増と軽減措置の終了などにより、昨年度より300万円ほど増額と なる3,693万8,000円を見込み計上しました。
    次の項4たばこ税は、実績を見込み7,700万円を計上しました。 項5鉱産税200万円、項6特別土地保有税10万円、項7入湯税600万円は、それぞれ前年度 款2地方譲与税の項1地方揮発油譲与税1,700万円は、実績見込みなどから前年度と同額 と同額を見込みました。 を見込みました。 次のページをお開きください。 見込みました。 -165- 項2自動車重量譲与税4,250万円は、実績や国の財政情報などから前年度200万円の増額を 項3森林環境譲与税は、平成31年度から新たに譲与が始まったもので、国の予算において 剰余金の総額が倍になったことから、前年度の倍の759万円を見込みました。 款3利子割交付金45万円から、款4配当割交付金350万円、款5株式等譲渡所得割交付金 300万円までは、財政情報や実績を見込み計上いたしました。 款6法人事業税交付金550万円は、令和2年度から新たに地域間の税源の偏在性を是正し、 財政力格差の縮小を図るために交付されるものでございます。 款7地方消費税交付金2億700万円は、消費税率の改正により2,700万円の増額を見込みま した。 款8ゴルフ場利用税交付金は、近年の実績などから9,800万円を見込みました。 款9環境性能割交付金350万円は、令和元年10月1日の消費税率の改正により、自動車取 得税の廃止に伴い自動車税に新たに課税され、税収の100分の95のうち100分の47が市町村に 交付されるものでございます。 款10地方特例交付金694万円は、個人住民税の住宅借入金等特別控除による減収補塡と、 新たに自動車税と軽自動車税として課税される環境性能割が、昨年の10月1日の消費税率の 改正から今年度9月30日までの取得分について、税率が軽減されることによる減収補塡でご ざいます。 次のページをお開きください。 款11地方交付税は15億8,010万9,000円、前年度2,032万円の増額で、新たな算定項目や単 位費用の見直し状況などを見込み計上いたしました。 款12交通安全対策特別交付金150万円は、前年度と同額を見込みました。 款13分担金及び負担金、項1負担金、目1民生費負担金2,519万円は、前年度2,613万 5,000円の減額で、減額の主な要因は保育料の無償化によるものでございます。 目2衛生費負担金430万2,000円、対前年度141万3,000円の減額。これは斎場無相苑の委託 経費の減額による、いすみ市からの負担金の減によるものでございます。 目3農林水産業費負担金48万6,000円は、小土呂寺の谷ため池の年度割の拠出金でござい ます。 目4教育費負担金と目5給食費負担金は、節欄及び説明欄記載のとおりでございます。 目6災害復旧事業費負担金1,442万2,000円は、昨年の台風被害による農地・農業施設災害 復旧事業の負担金でございます。 次の款14使用料及び手数料、項1使用料、目1衛生使用料、目2農林水産業使用料。 -166- 次のページをお開きください。 目3商工使用料、目4観光使用料、目5土木使用料、目6教育使用料までの項の合計は 5,565万2,000円で、内訳は、節及び説明欄に記載してあるとおりでございます。 項2手数料、目1総務手数料、目2民生手数料、目3衛生手数料、目4農林水産業手数料、 目5土木手数料までの項の合計は3,750万1,000円で、前年度233万2,000円の減額で、主な要 因は、目3の衛生手数料のごみの収集運搬手数料指定袋分の減額で、内訳は、節及び説明欄 記載のとおりでございます。 款15国庫支出金、項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金と、次のページをお開きくださ 目2衛生費国庫負担金は、それぞれ節欄及び説明欄記載のとおりでございます。 次の目3公共土木施設災害復旧費国庫負担金8,709万8,000円は、昨年の台風などにより被
    害を受けた町道などの災害復旧に係るものでございます。 項2国庫補助金、目1総務費国庫補助金2,463万3,000円は、マイナンバーに係る補助金と、 観光まちづくり推進事業に係る地方創生推進交付金でございます。 目2民生費国庫補助金、目3衛生費国庫補助金は節欄のとおりでございます。 目4土木費国庫補助金2,934万3,000円は、橋梁長寿命化事業で実施する橋梁の定期点検業 務及び橋梁の補修工事、町道のトンネル修繕設計に充当するものでございます。 目5教育費国庫補助金707万3,000円は、小中学生の遠距離通学補助が主なものでございま い。 す。 次に項3国庫委託金、目1総務費委託金と目2民生費委託金の計275万8,000円は、それぞ れ節欄に記載の事務に対する委託金でございます。 次のページをお開きください。 款16県支出金、項1県負担金、目1総務費県負担金、目2民生費県負担金、目3衛生費県 負担金、目4土木費県負担金、目5教育費県負担金は、それぞれ節欄及び説明欄記載のとお 項2県補助金、目1総務費県補助金218万円は、それぞれ節欄及び説明欄記載のものでご りでございます。 ざいます。 目2民生費県補助金2,243万4,000円は、前年比較3,724万3,000円の減額で、これは、介護 施設整備事業の完了による補助金の減が主な要因でございます。 目3衛生費県補助金1,492万6,000円は、次のページをお開きください。 -167- 内訳について、節欄記載のとおりでございます。 目4農林水産業費県補助金9,823万1,000円は、内訳は、節欄及び説明欄記載のとおりでご ざいます。 目5商工費県補助金。 次のページをお開きください。 目6土木費県補助金、目7消防費県補助金、目8教育費県補助金、こちらはそれぞれ節欄 及び説明欄記載のとおりとなっております。 目9農林水産施設災害復旧費補助金は、昨年の台風被害等による農地・農業施設の災害復 旧事業の補助金でございます。 項3県委託金、目1総務費委託金、目2民生費委託金、目3土木費委託金、目4消防費委 託金、合計3,228万4,000円は、それぞれ節欄及び説明欄にある事業の委託金でございます。 款17財産収入、項1財産運用収入、目1財産貸付収入。 次のページをお開きください。 目2利子及び配当金、項の合計が4,238万1,000円の内訳は、節及び説明欄に記載のとおり 項2財産売払収入、目1不動産売払収入2,699万1,000円は、城見ケ丘団地2区画、大戸分 款18寄附金、項1寄附金、目1指定寄附金9,200万円は、ふるさと納税の現状の推移を見 でございます。 譲地1区画の分譲を見込みました。 込み計上いたしました。 次の款19繰入金、項1基金繰入金の合計は3億7,364万4,000円で、対前年度2,788万1,000 円の増額でございます。内容としては、目1財政調整基金繰入金1億8,269万9,000円は、財 源不足を補うための繰入れで、目2減債基金繰入金は公債費の元金の償還に充当するもので 目3ふるさと基金繰入金の増額は、面白峡遊歩道整備事業への繰り出しが主な増要因でご 目4公共施設整備基金繰入金は、海洋センターの施設改修工事に充当するものでございま ございます。 ざいます。 す。 目5東日本大震災復興基金繰入金から目11道路整備推進基金繰入金までは、各基金の設置 目的に応じた事業に充当するために繰り入れるものでございます。
    項2特別会計繰入金、目1国民健康保険特別会計繰入金135万2,000円。 -168- 次のページをお開きください。 目2後期高齢者医療特別会計繰入金1,000円、合計135万3,000円は、各特別会計から節欄 及び説明欄に該当する場合に繰り入れるものでございます。 款20繰越金は、前年度からの暫定的な繰越金として1億円を計上しました。 款21諸収入、項1延滞金、加算金及び過料50万円は、税金等の延滞金収入でございます。 次の項2町預金利子9,000円は、歳計金の預金利子を見込み計上しました。 次の項3貸付金元利収入100万円は、高額療養費貸付償還金を計上しました。 次の項4受託事業収入、目1後期高齢者医療広域連合受託事業収入407万9,000円は、後期 次の項5雑入、目1滞納処分費2万1,000円は、インターネット公売による町税の滞納処 高齢者の健康診査委託金でございます。 分費でございます。 目2雑入5,770万5,000円は、説明欄記載のとおりでございます。対前年度216万8,000円の 減額でございますが、減額の主なものとしては、説明欄の中段あたりの高速バスの回数券販 売代と、次のページをお開きください。 上から6行目、7行目の金物や古紙、アルミ等の売却代金及び説明欄にはありませんが、 昨年度完了した土地改良施設維持管理適正化事業交付金の減で、説明欄最後の行の地域海洋 センター修繕助成金が増となった分差し引いて200万円程度の減でございます。 款22町債、項1町債は、節の区分で第3表において説明させていただきましたので、説明 を割愛させていただきます。 目1総務債から目7臨時財政対策債の計は4億1,660万円でございます。 次の自動車取得税交付金は、令和元年10月1日に消費税率が改正されたことにより廃止と なりましたので、令和2年度からは廃款となります。 次に、歳出予算の説明をさせていただきますので、次のページをお開きください。 3、歳出。 款1議会費、項1議会費7,678万3,000円で、議員人件費、議会事務局職員の人件費、会議 録の作成、政務活動費の補助金、議会関係団体の負担金が主なものでございます。 款2総務費、項1総務管理費、目1一般管理費は3億4,621万1,000円で、この目は特別職 及び総務企画職員人件費、次のページの、財政会計関係職員の人件費、一般事務費としては 行政連絡員などへの報酬、共済費は追加費用の負担金、宿直業務の委託料、その他関係団体 への負担金や補助金でございます。 -169- 次のページをお開きください。 一般事務費の管財管理費は、事務用の消耗品が主なもので、その次の職員研修事業や電子 調達の管理事業は、入札の関係の経費でございます。それと男女共同参画推進事業などでご 目2文書広報費971万4,000円は、文書管理事業として需用費は法規集の追録代などの経費 ざいます。 でございます。 次のページをお開きください。 ージのシステム使用料でございます。 広報おおたき発行事業は、広報おおたきの印刷製本費、ホームページ管理事業はホームペ 次の目3財政管理費615万1,000円は、財務関係の事務経費を計上したもので、財務会計シ ステムの借上料が主な経費となっております。目4会計管理費160万9,000円は、会計関係の 事務経費でございます。 節11の役務費の手数料は、指定金融機関の派遣手数料でございます。 目5財産管理費2,710万9,000円のうち、公有財産管理事業は、町有車両、町有建物の保険 料や町有財産として財政課で管理している旧総元小学校などに係る経費でございます。 次のページをお開きください。 庁舎管理費は、役場庁舎の光熱水費、各種委託料や使用料、借上料、町有林の管理事業は、
    町有林の保険料や管理委託料などでございます。 次の目6企画費は、前年度比較2,011万8,000円減額の3億4,407万2,000円でございます。 企画事務費は、次のページをお開きください。 郡市広域市町村圏事務組合の負担金など、企画関係団体の負担金、まちづくり提言事業の 助成金が主な内容となっております。 総合戦略推進事業は、総合戦略推進会議の経費で、定住化対策事業は、空き家改修事業と 家財道具撤去、U・I・Jターンによる起業・創業者創出に対する補助でございます。 お試し居住事業は、お試し居住用住宅の消耗品や修繕などの維持管理経費、地域おこし協 力隊事業は、現在の隊員3人分と新年度委嘱予定の5人分を加えた報酬と活動経費を見込み ました。 次のページをお開きください。 協働のまちづくり推進事業は、住民のまちづくりへの参画意識を醸成し、協働のまちづく りを推進するために実施するものでございます。 -170- 地域情報通信基盤維持管理事業は、光ファイバー網の保守管理費、東京電力やNTT柱へ のケーブル添架料などでございます。 大多喜ダム対策事業は、大多喜ダム跡地の環境管理事業の補助金。 地域公共交通対策事業は、次のページをお開きください。 路線バス、いすみ鉄道関連経費及び地域公共交通活性化協議会補助金とデマンド型の地域 交通の運行経費などでございます。 公共交通政策事業は、高速バスの運行に関する事業費で、通信運搬費は、役場で販売する 高速バスの回数券などの購入代、高速バス運行補助金は、令和元年度の後期分と令和2年度 の前期分の補助額を計上させていただきました。 ふるさと納税事業は、町のふるさと納税の返礼品の経費やシステムの保守委託料、代理収 納システム利用料などでございます。 ふるさと基金積立事業は、ふるさと納税を基金に積み立てるものでございます。 次のページをお開きください。 大多喜高校支援推進事業は、大多喜高校支援の助成金でございます。 結婚活動支援事業は、婚活イベントの開催など、結婚を支援するものでございます。 総合計画策定事業は、大多喜町第3次総合計画後期基本計画を令和元年度、2年度の2か 年で策定するものでございます。 次の目7電子計算費6,524万7,000円は、電子計算機の運用に係る費用で、印刷用消耗品、 ネットワーク回線料、電子計算機の保守委託料や借上料などでございます。 目8諸費は1,991万5,000円を計上しました。 総合賠償保険事業は、町主催行事の賠償保険や公金の損害保険で、次のページをお開きく ださい。 交通安全対策事務費は、交通安全協会補助金が主なもの、防犯対策事業は、防犯灯関連経 費と特殊詐欺対応電話購入補助金など、防犯関連経費でございます。 外国人技能実習生受入事業は、現在受け入れている外国人技能実習生の経費についての繰 出金を計上してございます。 税務事業の還付費は昨年度と同額を計上しました。 令和2年度は大多喜高校の120周年記念式典が開催予定となっておりますので、大多喜高 校記念式典協賛事業を新たに計上いたしました。 次の項2徴税費、目1税務総務費6,404万7,000円は、税務関係職員人件費と税務総務事務 -171- 費で、関係団体への負担金などでございます。 次のページをお開きください。 目2賦課徴収費1,924万5,000円は、町税の賦課徴収業務に係る事務費で、令和元年度は固 定資産の評価替えのために不動産鑑定委託料がありましたが、それが減額となったために、 前年度に比較して約600万円の減となっております。
    項3戸籍住民基本台帳費4,842万2,000円は、戸籍関係職員の人件費と戸籍システムの保守 委託料や借上料などで、次のページをお開きください。 住民基本台帳ネットワークシステム事業は、パソコンの借上料及び個人番号カード等関連 項4選挙費、目1選挙管理委員会費68万1,000円は、選挙管理委員報酬や定時登録事務処 経費が主な内容でございます。 理委託料が主なものでございます。 次のページをお開きください。 の執行経費でございます。 議会議員一般選挙経費でございます。 次のページをお開きください。 ございます。 目2千葉県知事選挙費740万5,000円は、令和3年4月4日任期満了に伴う千葉県知事選挙 目3大多喜町議会議員選挙費693万8,000円は、令和3年1月24日任期満了に伴う大多喜町 項5統計調査費、目1統計調査総務費589万1,000円は、統計関係職員の人件費と事務費で 目2各種統計調査費620万5,000円は、説明欄記載の各統計調査経費でございます。令和2 年度は国勢調査実施のため増額となってございます。 次のページをお開きください。 項6監査委員費、目1監査委員費47万5,000円は、監査委員の報酬、研修に係る経費など 款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費4億3,249万4,000円は、社会福祉関係 でございます。 職員の人件費、社会福祉事務費。 次のページをお願いします。 社会福祉関係団体助成事業は、町社会福祉協議会の補助金が主なもので、障害者福祉事業 は、介護給付費と扶助費が主なものでございます。 次のページをお開きください。 -172- 民生委員活動事業は、民生委員の活動に対する報償費が主なもので、高額療養費貸付事業 は、前年度と同額を計上しました。 戦没者追悼式関係事業は、戦没者追悼式に関する経費、国民健康保険特別会計繰出金は、 国民健康保険特別会計への法定繰出金でございます。 少子化対策事業は出産祝金でございます。 目2国民年金費511万1,000円は、国民年金関係職員の人件費と事務費でございます。 目3老人福祉費2,113万3,000円は、高齢者在宅生活支援事業では、次のページをお開きく ださい。 緊急通報システム業務や外出支援サービスの委託料が主な経費でございます。敬老祝事業 は、敬老祝品等の報奨費が主なもので、老人福祉団体助成事業は、老人クラブなどへの助成 事業、加えて老人日常生活用具給付事業、地域ボランティア事業補助金、介護予防事業に係 る委託料、老人ホーム入所判定委員の報酬と老人保護措置費を計上してございます。 目4青少年女性対策費51万9,000円は、青少年相談員への報酬や活動費の補助。 目5介護保険事業費2億1,756万円は、対前年度2,145万9,000円の減、減額の主な要因は 介護施設等整備事業が完了したことによるものでございます。事業としては、地域包括支援 センター運営事業は、予防ケアマネジメント業務委託料。 次のページをお開きください。 社会福祉法人等利用者負担軽減事業、介護保険特別会計繰出金は、介護保険特別会計への 法定繰り出しでございます。次期介護保険事業計画等策定事業は、令和元年度と2年度の2 か年で計画を策定するもので、低所得者保険料軽減繰出金は、介護保険特別会計への繰り出 し、地域包括支援センター運営協議会事業は、協議会の委員報酬でございます。 目6後期高齢者医療費1億8,253万6,000円は、人間ドックの補助金や後期高齢者医療に係 る負担金や医療給付費、後期高齢者医療特別会計への繰出金でございます。 次の項2児童福祉費、目1児童福祉総務費3,325万9,000円は、子育て支援関係職員の人件
    費や子供の医療費。 次のページをお開きください。 子ども・子育て支援事業でございます。 目2児童手当費8,775万7,000円は、児童手当の支給に係る扶助費などでございます。 目3母子福祉費54万8,000円は、独り親家庭等医療費等助成金でございます。 目4児童福祉施設費2億9,415万8,000円は、保育園関係職員の人件費と保育園2園の施設 -173- 管理費のほか、賄い材料費、送迎バスの委託料が主なもので、次のページをお開きください。 次の児童クラブ運営事業は、運営に係る人件費、需用費と車両借上料が主な経費でござい ます。 い。 地域子育て支援センター運営事業は、関係職員の人件費など、次のページをお開きくださ 特徴のある教育の展開事業は、英語教室に加えサッカー教室や音楽などの情操教育、親子 英語教室に係るものでございます。 款4衛生費、項1保健衛生費、目1保健衛生総務費1億1,433万4,000円は、衛生関係職員 の人件費、保健衛生事務費では、国保国吉病院負担金など、養育医療給付事業は、発達が未 熟な子供の入院費を助成する扶助費が主な内容でございます。 目2予防費4,072万3,000円は、がん検診事業では、がん検診の委託料、予防接種事業は、 風疹、高齢者のインフルエンザ及び肺炎球菌ワクチン接種の助成金、健康増進事業は、健 接種委託料と、次のページをお願いします。 康診査委託料が主なものでございます。 犬病予防法に基づく予防経費でございます。 感染症予防対策事業は、消毒作業用の動力噴霧器の保守経費などで、防疫対策事業は、狂 骨髄移植ドナー支援事業は、骨髄移植ドナー登録者の増加を図るため、ドナー及びドナー が勤める事業所に対する補助金でございます。 次の目3環境衛生費5,846万3,000円は、環境関係職員の人件費と、次のページをお開きく 環境衛生事務費は、夷隅環境衛生組合負担金が主な内容でございます。 水道未普及地域対策事業は、上水道未普及地域等の家庭用飲用井戸などの整備に対する補 ださい。 助金でございます。 環境保全事業は、不法投棄監視員謝礼や住宅用太陽光発電設備導入促進補助金、合併処理 浄化槽設置整備事業は、合併処理浄化槽整備の補助金、面白峡発電所管理運営事業は、環境 基金の積立金が主な内容でございます。 次のページをお開きください。 空家等対策事業は、対策協議会の開催経費でございます。 次の目4母子保健事業費588万5,000円は、子育て世代包括支援センター運営事業では、乳 幼児相談の医師報酬や報償費、各種健康診査委託料、妊娠・出産包括支援事業は、妊産婦等 -174- が抱える妊娠・出産や子育てに関する悩みなどについて包括的に支援する事業で、妊婦、乳 児の健康診査委託料、新生児の聴覚検査や不妊治療費に加え、新たに子育て応援ヘルパーの 派遣や子育てタクシーなどを計上いたしました。 次の目5火葬場費1,309万7,000円は、斎場無相苑の燃料費などの施設運営費と、次のペー ジをお開きください。 火葬炉運転業務委託料と火葬炉改修工事が主な内容でございます。 次の目6地域し尿処理施設管理費215万5,000円は、城見ケ丘団地のコミュニティプラント 項2清掃費、目1清掃総務費3,168万8,000円は、清掃関係職員人件費と環境センターの管 目2塵芥処理費1億3,880万7,000円は、環境センターの運営経費で、次のページをお開き ごみの収集委託料、粗大ごみ処理委託料、いすみクリーンセンターの塵芥処理負担金が主 の維持管理経費でございます。 理経費でございます。
    ください。 な内容となっております。 の繰出金でございます。 次の項3上水道費、目1上水道費7,000万円は、上水道高料金対策として水道事業会計へ 次に、款5農林水産業費、項1農業費、目1農業委員会費1,622万2,000円は、農業委員会 事務局職員の人件費や農業委員会委員の報酬、事務経費などでございます。 目2農業総務費4,841万4,000円は、農業関係職員の人件費と、次のページをお開きくださ い。 農業総務事務費は、農家組合長への報償費及び事務費が主な内容でございます。 目3農業振興費860万円は、農業再生協議会補助金や農業次世代人材投資資金など、農業 関連団体などへの補助金が主なものでございます。 目4畜産業費33万8,000円は、畜産関係団体への補助金でございます。 目5農地費7,750万1,000円は、対前年度比1,119万円の増額で、鉱毒ダム対策事業は、平 沢ダムと八声観測所の維持管理経費、次のページをお開きください。 基幹農道整備事業は、農道のトンネルの電気代や保険料、調査設計業務委託料は、基幹農 道の3つのトンネルと橋梁の点検調査などでございます。 土地改良関係団体事業は、ため池ハザードマップの作成、補修用原材料費、関係団体負担 金などでございます。 -175- 多面的機能支払交付金は、集落の農地維持、共同活動及び農業用施設の維持管理への支援 交付金でございます。 中山間地域等直接交付金事業は、活動している4組織に対する交付金、環境保全型農業直 接支払交付金事業は、1組織、374アールに対する交付金でございます。 目6農業施設費878万円は、基幹集落センター味の研修館及び農村コミュニティーセンタ 次のページをお開きください。 ーの運営経費などでございます。 次のページをお開きください。 項2林業費、目1林業総務費6,132万5,000円は、林業関係職員人件費、事務費などと、猿、 猪、鹿、小動物の捕獲報奨金や、有害獣被害防止実施団体補助金、イノシシ棲み家撲滅特別 対策事業補助金など、有害鳥獣駆除対策事業でございます。 目2林業振興費781万円は、県単森林整備事業委託料及び竹粉砕機の修繕料と保険料、そ れと森林環境譲与税の事業などでございます。 次のページをお開きください。 款6商工費、項1商工費、目1商工総務費3,893万8,000円は、商工関係職員人件費及び事 務費でございます。 目2商工業振興費2,578万4,000円は、大多喜町商工会補助金、中小企業経営改善資金等利 子補給金や商い資料館の管理委託料、就職情報案内事業。 次のページをお開きください。 空き家等を活用した起業支援事業補助金でございます。 目3観光費1億3,647万9,000円は、観光施設管理事業として、公衆用トイレの維持管理経 費、公園管理などの経費、観光センター管理運営事業は、観光本陣の維持管理費用、観光振 興事業は、次のページをお開きください。 お城まつり実行委員会や町観光協会大河ドラマ誘致実行委員会など、関係団体への補助金 が主なもので、天然ガス記念館の管理運営経費と観光推進広域連携事業は、地方創生の広域 連携事業として、市原市、君津市と、渓谷や里山の豊かな自然環境やローカル鉄道といった 共通の地域資源を生かし、新たな人の流れや観光需要を創出しようとするものでございます。 観光まちづくり推進事業は、観光総合戦略、観光活性化基本計画の策定、養老渓谷観光セ ンターの改修や城下町通りの整備などでございます。 面白峡遊歩道整備事業は、令和2年度から3か年で実施するものでございます。 -176-
    次のページをお開きください。 款7土木費、項1土木管理費、目1土木総務費5,723万8,000円は、土木関係職員の人件費 と事務経費のほか、道路台帳の更新業務委託料、関係団体の負担金、国・県道維持補助金な どでございます。 目2登記費1,350万3,000円は、登記関係職員の人件費。 次のページをお開きください。 登記の推進に係る用地測量や嘱託登記委託料などでございます。 目3国土調査費1億6,805万7,000円は、地籍調査の関連経費で、調査対象地区は、石神、 大戸、八声、堀之内、粟又地区を予定しております。 目4道の駅管理費355万2,000円は、道の駅の維持管理経費でございます。 次のページをお開きください。 項2道路橋梁費、目1道路維持費3,575万6,000円は、町道の維持管理に係るもので、町道 の除雪作業の委託、舗装打換工事、道路補修用材料など、測量設計委託料の700万円は、ト ンネルの修繕の設計業務でございます。 目2道路新設改良費1億194万7,000円は、職員の人件費と、工事請負費は町道増田小土呂 線の歩道の整備工事、町道宇野辺当月川線、大中西線の道路改良工事などでございます。 目3交通安全対策費195万4,000円は、道路区画線の工事費、カーブミラー、ガードレール など交通安全対策用原材料費などでございます。 次のページをお開きください。 目4橋梁維持費4,450万円は、町道に架かる86の橋梁の調査設計業務と老川橋及び百鉾橋 項3都市計画費、目1街路事業費309万2,000円は、街なみ整備助成事業補助金でございま の補修工事でございます。 す。 項4住宅費、目1住宅管理費2,304万9,000円は、町営住宅に係る修繕料や借地料、戸建て 住宅の耐震診断費用補助金、横山住宅の管理などに係るものでございます。 次のページをお開きください。 次の目2宅地造成費1,136万8,000円は、城見ケ丘団地分譲地の仲介手数料、地盤改良工事、 城見ケ丘団地定住化補助金が主なものでございます。 次の目3住宅助成費1,300万円は、定住化対策として、住宅取得奨励金、住宅リフォーム 補助金でございます。 -177- 款8消防費、項1消防費、目1常備消防費2億2,101万6,000円は、広域常備消防に係る負 担金でございます。 目2非常備消防費3,054万8,000円は、消防団員の報酬と消防団員の費用弁償、健康診査委 託料、退職報償金支給事務負担金などでございます。 次のページをお開きください。 目3消防施設費996万4,000円は、消防車両などの車検修繕料や燃料費、備品購入費は、小 型動力ポンプ購入が主なものでございます。 目4災害対策費5,963万3,000円は、防災会議委員等の報酬、災害時の職員時間外勤務手当、 久保排水機場などの管理委託料。 次のページをお開きください。 防災行政無線維持管理費は、防災行政無線の維持管理に係る経費で、備品購入費は、電波 法の改正により、更新が必要な防災行政無線移動系の機器の購入でございます。 次の款9教育費、項1教育総務費、目1教育委員会費101万1,000円は、教育委員報酬、そ の他教育委員会に関係する経費でございます。 目2事務局費7,667万7,000円は、教育長や職員の人件費、登下校待機児童支援員や特別支 援教育支援員や学校用務員の報酬。 次のページをお開きください。 小中学校の校外学習などの移動用車両の借上料、教育関連団体への負担金及び補助金、委 員会施設管理経費が主なものでございます。
    項2小学校費、目1学校管理費4,597万6,000円は、小学校管理事務事業は、小学校医、薬 剤師の報酬、送迎バスの委託料が主なもので、次のページをお開きください。 小学校施設管理事業は、小学校2校分の電気水道料などとパソコン使用料などが主なもの で、学校管理事業の西小、大小は、小学校2校の学校管理事務経費や施設管理経費などでご ざいます。 次のページをお開きください。 目2教育振興費3,072万6,000円は、小学校2校の教育活動で使用する教材費やクラブ活動 助成補助金、遠距離通学費補助金、英語教室業務委託料、学校給食費の無料化に係る補助金、 要保護・準要保護児童学用品費等補助金などでございます。 項3中学校費、目1学校管理費2,320万7,000円は、学校医、薬剤師等の報酬、通学用の送 迎バス委託料。 -178- 次のページをお開きください。 パソコン借上料や学校管理事務経費や校舎等の施設管理経費などでございます。 目2教育振興費2,849万円は、中学校の教育活動で使用する教材費。 次のページをお開きください。 クラブ活動助成費補助金、中学校遠距離通学費補助金、外国語指導助手の委託料、学校給 食費の無料化に係る補助金などでございます。 項4社会教育費、目1社会教育総務費4,968万6,000円は、社会教育関係職員人件費、社会 教育委員の報酬や事務経費。 次のページをお開きください。 関係団体への補助金などが主なものでございます。 目2公民館費6,527万5,000円は、中央公民館の光熱水費や施設警備委託や清掃管理業務委 託などの施設管理費と、令和2年度は、中央公民館のエレベーターの設置などの施設改修工 事を計上してございます。 次の目3図書館費905万9,000円は、次のページをお開きください。 光熱水費や施設警備委託などの施設管理費とパソコンの借上料、図書の購入費のほか、大 多喜の冊子発行事業は、「あてら」を年2回発行する経費でございます。 次の目4文化財保護費95万8,000円は、文化財審議会委員報酬や文化財に関係する補助金、 次の目5視聴覚教育費29万2,000円は、いすみ市・夷隅郡視聴覚教材センターの負担金で 次の項5保健体育費、目1保健体育総務費2,526万9,000円は、保健体育関係職員人件費や、 スポーツ推進員報酬や町体育協会補助金、郡体育協会への負担金などでございます。 次の目2体育施設費4,193万2,000円は、海洋センター管理運営事業は、プール、体育館、 負担金でございます。 ございます。 次のページをお開きください。 武道場に係る維持管理運営経費。 次のページをお開きください。 施設改修工事は、海洋センターの体育館の屋根及びトイレなどの改修工事でございます。 海洋センター屋外施設管理運営事業は、海洋センター屋外施設である多目的広場、野球場、 テニスコート、旧総元小と旧上瀑小の体育館の光熱水費や施設管理業務経費でございます。 目3学校給食費1億20万3,000円は、学校給食に関する経費で、学校給食センター関係職 -179- 員の人件費や光熱水費、給食の材料費、給食の配送委託、施設修繕工事などが主なものでご ざいます。 次のページをお開きください。 次の款10災害復旧費、項1農林水産施設災害復旧費、目1農地災害復旧費637万5,000円は、 昨年の台風などにより被災した農地3か所の復旧工事でございます。 目2農業施設災害復旧事業5,028万円は、昨年の台風21号に伴う大雨で被害を受けた、下 大多喜地先のため池の復旧工事と基幹農道の災害復旧工事でございます。
    項2公共土木施設災害復旧費、目1道路橋梁災害復旧費1億1,403万7,000円は、昨年の台 風21号に伴う豪雨により被害を受けた、町道など16か所の災害復旧工事でございます。 目2河川災害復旧費2,053万9,000円も、昨年の台風21号に伴う豪雨により被害を受けた河 款11公債費、項1公債費の計は、4億6,029万3,000円で、町債償還の元金及び利子でござ 川の災害復旧工事でございます。 います。 款12予備費、項1予備費は、前年度同額の500万円を計上させていただきました。 次の136ページから147ページまでの給与費明細書は、説明を割愛させていただき、148、 149ページをお開きください。 この調書は、継続費に関する調書で、表内、款2総務費、項1総務管理費、事業名、総合 計画策定事業、全体計画の年割額は、令和元年度418万円、令和2年度464万2,000円、計882 万2,000円で、財源は一般財源でございます。年割額のとおりの支出見込み予定額で、進捗 率は記載のとおりでございます。 次の款3民生費、項1社会福祉費、事業名、次期介護保険事業計画等策定事業、全体計画 の年割額は、令和元年度112万2,000円、令和2年度356万4,000円、計468万6,000円で、財源 は一般財源でございます。年割額の当時の支出見込み予定で進捗率は記載のとおりでござい ます。 次の款7土木費、項2道路橋梁費、事業名、道路新設改良費、この事業は、町道大中西線 の改良工事でございます。全体計画の年割額は、令和元年度3,258万2,000円、令和2年度 4,887万3,000円、計8,145万5,000円、財源内訳は、道路整備事業債と道路整備推進基金繰入 金でございます。年割額のとおりの支出見込み予定で、進捗率は記載のとおりでございます。 次のページをお開きください。 この調書は、債務負担行為に関する調書で、限度額、前年度までの支出見込額、当該年度 -180- 以降の支出予定額、財源内訳を記載したものでございます。 次のページをお開きください。 この調書は、地方債に関する調書で、区分ごとの年度末の現在高及び現在高の見込みに関 するもので、令和2年度末現在高は、表の右端の欄の合計43億3,400万9,000円の見込みでご ざいます。 以上で、令和2年度大多喜町一般会計予算の提案説明とさせていただきます。 よろしくご審議くださるようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 ここでしばらく休憩したいと思います。11時15分から会議を再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前11時02分) (午前11時15分) ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 次に、日程第2、議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業 ○企画課長(米本和弘君) それでは、着座にて説明させていただきます。 議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算の提案説明をさせて 基金特別会計予算について説明願います。 企画課長。 いただきます。 予算書の155ページをお開きください。 この会計は、夷隅郡市2市2町からの拠出金や負担金等を基に設けられた基金を、適正に 管理するための会計で、必要に応じていすみ鉄道に交付金として支出をし、鉄道経営の安定 を図ることが目的でございます。 令和2年度予算では、基金から生ずる利息分相当額についての歳入の受入れと、基金への 積立金を予定しております。
    それでは、内容についてご説明させていただきます。 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計の予算は、次に定めるところによる。 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ15万円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予 -181- 次に、歳入歳出の内容につきまして、事項別明細書によりご説明させていただきますので、 款1財産収入、項1財産運用収入、目1利子及び配当金15万円を、基金の利子として計上 算」による。 162、163ページをお開きください。 歳入。 いたしました。 次のページをお開きください。 3、歳出。 款1鉄道経営対策事業費、項1鉄道経営対策事業費、目1事業費15万円を計上いたしまし た。これは、歳入で受け入れた基金利子を基金に積み立てるものでございます。 以上で、議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算の提案説明 とさせていただきます。 よろしくご審議くださるようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) これで、議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別 次に、日程第3、議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算についてを 会計予算の説明を終わります。 説明願います。 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) それでは、着座にて説明させていただきます。 議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算についてご説明いたします。 予算書の167ページをお願いいたします。 歳入歳出予算の総額は12億6,013万7,000円となり、前年度と比較し5,179万4,000円の減で ございます。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。 算」による。 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億6,013万7,000円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予 なお、詳細につきましては、事項別明細書によりご説明いたしますので、174、175ページ -182- をお願いいたします。 初めに、歳入からご説明いたします。 款1国民健康保険税、項1国民健康保険税、目1一般被保険者国民健康保険税2億2,037 万8,000円、目2退職被保険者等国民健康保険税20万1,000円、合計で2億2,057万9,000円で ございます。これにつきましては、被保険者数の減及び令和元年度収納見込みにより、前年 度と比較し1,312万6,000円の減でございます。内訳につきましては、175ページに記載のと 款2項1目1一部負担金につきましては、前年度と同額の1,000円でございます。 款3使用料及び手数料、項1手数料、目1督促手数料は、前年度と同額5万5,000円でご おりでございます。 ざいます。 款4国庫支出金、項1国庫補助金、目1社会保障・税番号制度システム整備費補助金61万 2,000円は、国保オンライン資格確認等の実施に伴うシステム改修費でございます。 款5県支出金、項1県補助金、目1保険給付費等交付金9億2,284万8,000円、内訳につき ましては、175ページ記載の普通交付金9億435万1,000円で、これは出産育児一時金及び葬
    祭費以外の医療費について、県から全額交付されるものでございます。また、特別交付金に つきましては、特定健康診査や保険者努力支援の交付金となります。 次の176、177ページをお願いいたします。 款6繰入金、項1他会計繰入金、目1一般会計繰入金9,485万4,000円、内訳といたしまし て、177ページになりますが、節1保険基盤安定繰入金保険税軽減分3,869万3,000円は、県 及び町からの繰入金で、負担率は県が4分の3、町が4分の1でございます。節2保険基盤 安定繰入金保険者支援分2,091万5,000円は、国、県及び町からの繰入金で、国が2分の1、 県が4分の1、町が4分の1でございます。節3職員給与費等繰入金2,712万3,000円は、人 件費及び事務費に対する繰入れ。節4助産費等繰入金196万円は、出産育児一時金の3分の 2相当の繰入れ。節5財政安定化支援事業繰入金392万7,000円は、国保財政の健全化及び保 険税の負担の標準化に対する繰入れ。節6特定健康診査等事業繰入金223万6,000円は、特定 健康診査の追加健診項目に対する繰入れでございます。 款7繰越金、項1繰越金、目1療養給付費交付金繰越金1,000円、目2その他繰越金2,068 万5,000円は、前年度繰越金を見込むものでございます。 款8諸収入、項1延滞金及び過料、目1一般被保険者延滞金1万円、目2退職被保険者等 延滞金1,000円につきましても、それぞれ前年度と同額でございます。 -183- 款8諸収入、項2雑入、目1延滞処分費から目5退職被保険者等返納金につきましても、 前年度と同額をそれぞれ計上いたしました。 目6療養給付費等負担金、目7療養給付費等交付金1,000円については、前年度分の精算 によるものとなります。 目8雑入37万6,000円は、特定健康診査時徴収金を見込むものでございます。 続きまして、歳出についてご説明いたします。 次のページ178、179ページをお願いいたします。 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費2,849万3,000円の主な内容につきましては、 179ページ説明欄記載のとおり、職員3名分の人件費及び主な事務費といたしまして、基幹 系システム大量一括処理委託料、レセプト電算処理委託料、レセプト点検業務委託料、また、 関係団体助成事業として県国保連合会への負担金等でございます。 項2運営協議会、目1運営協議会費6万3,000円は、国民健康保険運営協議会委員9名分 の報酬でございます。 款2保険給付費、項1療養諸費、目1一般被保険者療養給付費7億7,220万4,000円、前年 度と比較しまして4,342万9,000円の減でございます。目2退職被保険者等療養給付費10万円、 前年度と比較しまして413万9,000円の減でございます。目3一般被保険者療養費684万3,000 円、前年度と比較しまして14万1,000円の減でございます。 次のページ180、181ページをお願いいたします。 目4退職被保険者等療養費2万5,000円は、前年度と同額でございます。 療養給付費等につきましては、過去3か年の医療実績等を基に算出し、計上をいたしまし 目5審査及び支払手数料174万9,000円は、レセプト審査手数料となり、手数料単価は前年 療養諸費の合計は7億8,092万1,000円となり、前年度と比較し4,770万9,000円の減でござ た。 います。 度と同額でございます。 次に、項2高額療養費、目1一般被保険者高額療養費1億2,323万円、前年度と比較し440 万4,000円の減でございます。目2退職被保険者等高額療養費5万円、前年度と比較し75万 4,000円の減でございます。目3一般被保険者高額介護合算療養費及び目4退職被保険者等 高額介護合算療養費につきましては、前年度と同額の5万円でございます。 高額療養費の合計で1億2,338万円、前年度と比較し515万8,000円の減でございます。高 -184- 額療養費につきましても、過去3か年の医療費実績等を基に算出し、計上をいたしました。 次に、項3移送費、目1一般被保険者移送費及び目2退職被保険者等移送費とも、前年度
    次に、項4出産育児一時金、目1出産育児一時金294万円は、1件42万円の7件分及び目 と同額の5万円でございます。 2審査支払手数料2,000円でございます。 次に、項5葬祭費、目1葬祭費125万円は、1件5万円の25件分でございます。 次のページ、182、183ページをお願いします。 款3国民健康保険事業費納付金、項1医療費給付分、目1一般被保険者医療費給付分2億 320万4,000円、目2退職被保険者医療給付費分14万円で、合計2億334万4,000円。項2後期 高齢者支援金等分、目1一般被保険者後期高齢者支援金等分6,823万4,000円、目2退職被保 険者後期高齢者支援金等分1,000円で、合計6,823万5,000円。項3目1介護納付金分2,535万 4,000円の、これら事業納付金については、県から示され県へ納付する納付金となります。 款4項1目1共同事業拠出金2,000円は、国保連合会へ支払うもので、退職者医療制度対 象者把握のための事務処理拠出金でございます。 款5項1目1保健事業費453万6,000円は、183ページ説明欄に記載のとおり、需用費は、 ジェネリック医薬品啓発用消耗品、国保制度パンフレット等で、役務費は、ジェネリック差 額通知代、負担金補助及び交付金数は、人間ドック経費補助金95件分の399万円が主な内容 となります。 款5保健事業費、項2特定健康診査等事業費、目1特定健康診査等事業費1,726万5,000円 は、183ページ及び185ページ説明欄記載のとおり、特定健康診査委託料及び特定保健指導委 託料等の経費が主な内容でございます。 款6諸支出金、項1償還金及び還付加算金でございますが、目1一般被保険者保険税還付 金120万円、目2退職被保険者等保険税還付金5万円、目3療養給付費等負担金償還金1,000 円、目4療養給付費等交付金償還金1,000円、合計125万2,000円は、前年度と同額でござい 款7項1目1予備費300万円も、前年度と同額でございます。 以上で、令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算についての説明を終わらせていた ます。 だきます。 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 -185- これで、議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算の説明を終わります。 次に、日程第4、議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算について 説明願います。 税務住民課長。 予算についてご説明申し上げます。 予算書の199ページをお願いいたします。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計 本文に入る前に、令和2年度の予算編成状況につきましてご説明させていただきます。 本予算は、医療保険者であります千葉県後期高齢者医療広域連合で賦課されます保険料等 の数値を基に予算編成をさせていただきました。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算。 算」による。 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億4,433万9,000円と定める。 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予 なお、詳細につきましては、事項別明細書によりご説明させていただきますので、206、 207ページをお願いいたします。 初めに、歳入からご説明いたします。 款1後期高齢者医療保険料、項1後期高齢者医療保険料、目1特別徴収保険料7,593万 9,000円は、年金からの特別徴収による現年度分保険料でございます。目2普通徴収保険料
    3,101万円は、現年度分及び滞納繰越分保険料でございます。合計で1億694万9,000円にな り、前年度と比較し1,632万9,000円の増でございます。 款2使用料及び手数料、項1手数料、目1督促手数料2万円は、前年度と同額でございま す。 款3繰入金、項1一般会計繰入金、目1事務費繰入金94万円は、事務費に係る繰入金でご ざいます。目2保険基盤安定繰入金3,585万5,000円は、保険料の軽減状況に応じて県が4分 の3、町が4分の1を負担する繰入金となり、合計で3,679万5,000円でございます。 款4項1目1繰越金10万円でございますが、前年度よりの繰越金でございます。 款5諸収入、項1償還金及び還付加算金は、目1保険料還付金47万4,000円、目2還付加 -186- 算金1,000円、合計で、前年度と同額の47万5,000円でございます。 引き続き、歳出についてご説明いたしますので、208、209ページをお願いいたします。 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費64万円は、209ページ説明欄記載の事務的 経費で、主なものは、基幹系システム大量一括処理委託料44万円でございます。 項2徴収費、目1徴収費32万1,000円は、説明欄記載の徴収事務経費として、需用費及び 役務費でございます。 款2項1目1後期高齢者医療広域連合納付金1億4,290万2,000円は、被保険者から納付い ただきました保険料と基盤安定繰入金を合わせて広域連合に納付するものでございます。 款3諸支出金、項1償還金及び還付加算金、目1保険料還付金47万5,000円は、転出や所 属構成等により保険料が減額となった方の還付金でございます。 項2繰出金、目1他会計繰出金1,000円は、前年度と同額でございます。 以上で、令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算の説明を終わらせていただきま ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 これで、議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算の説明を終わりま 次に、日程第5、議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算について説明を す。 す。 願います。 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 着座にて説明させていただきます。 議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算案につきまして、提案説明をさせ ていただきます。 予算書211ページをお開き願います。 令和2年度予算案につきましては、第7期介護保険事業計画に基づき算出した介護保険料、 介護保険サービスに係る保険給付費及び地域支援事業費等により予算編成を行い、前年度比 3,159万7,000円、2.7パーセント増の12億537万9,000円の予算額を見込みました。 それでは、本文に入らせていただきます。 令和2年度大多喜町介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億537万9,000円と定める。 -187- 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予 算」による。 第2条、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額 を流用することができる場合は、次のとおりと定める。 第1号、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内で 詳細につきましては、事項別明細書によりご説明いたしますので、218、219ページをお開 の、これらの経費の各項の間の流用。 きください。 初めに、歳入からご説明いたします。
    款1保険料、項1介護保険料、目1第1号被保険者保険料につきましては、基準月額 5,100円の保険料に基づき、所得段階に応じた9段階の保険料率及び推計した第1号被保険 者3,791人を基に2億1,077万7,000円、前年度比2.1パーセント減で計上させていただきまし 款2分担金及び負担金、項1負担金には、介護予防教室事業参加者負担金として、前年度 款3使用料及び手数料、項1手数料には、事務手数料5万4,000円、督促手数料4万円を 款4国庫支出金、項1国庫負担金には、介護給付費負担金として1億9,156万5,000円を計 た。 同額18万円でございます。 計上いたしました。 上いたしました。 項2国庫補助金につきましては、調整交付金として8,604万4,000円、地域支援事業交付金、 包括的支援事業・任意事業分として848万2,000円、地域支援事業交付金、介護予防・日常生 活支援総合事業分として395万6,000円を、こちらは前年度からの事業であります保険者機能 強化推進交付金については177万2,000円を計上いたしました。 款5項1支払基金交付金には、介護給付費交付金として3億171万4,000円、地域支援事業 支援交付金として427万3,000円を計上いたしました。 款6県支出金、項1県負担金には、介護給付費県負担金として1億7,160万7,000円を計上 いたしました。 次に、220ページ、221ページをお開きください。 項2県補助金には、地域支援事業交付金、包括的支援事業・任意事業分として424万1,000 円を、地域支援事業交付金、介護予防・日常生活支援総合事業分として197万8,000円を計上 -188- いたしました。 款7繰入金、項1他会計繰入金につきましては、一般会計繰入金として2億840万3,000円 でございます。内訳は、介護給付費繰入金が1億3,968万3,000円、地域支援事業繰入金、包 括的支援事業・任意事業分が424万2,000円、町法定負担分となります。職員給与費等繰入金 が2,867万1,000円、事務費繰入金が1,441万7,000円、低所得者保険料軽減繰入金が1,354万 1,000円、地域支援事業繰入金、介護予防・日常生活支援総合事業分が784万9,000円、町法 次に、項2基金繰入金につきましては、介護給付費準備基金繰入金として996万7,000円を 定負担分となっております。 計上いたしました。 款8繰越金は、前年度からの繰越金として2,000円を計上いたしました。 款9諸収入、項1延滞金、加算金及び過料には、延滞金1,000円を計上いたしました。 項2雑入には32万3,000円を計上させていただき、内訳は、生活保護者の介護認定調査等 手数料、予防給付介護負担金及び介護予防ケアマネジメント負担金として32万1,000円、第 三者納付金が1,000円、介護給付費返還金が1,000円となっております。 以上が歳入でございます。 引き続き、歳出の説明をさせていただきます。 222ページ、223ページをお開き願います。 款1総務費、項1総務管理費、目1一般管理費は、介護保険関係職員4名分の人件費 2,644万2,000円、介護保険業務に係る事務費401万4,000円を合わせ、前年度比114万6,000円 増の3,045万6,000円を計上いたしました。 項2徴収費でございますが、介護保険料の賦課徴収に係る事務費として111万7,000円。 項3介護認定審査会費でございますが、目1介護認定調査等費に介護認定調査に係る調査 員の報酬及び主治医意見書作成手数料などで636万7,000円。 224ページ、225ページをお願いいたします。 目2介護認定審査会共同設置負担金に、夷隅郡市2市2町で設置する介護認定審査会の設 置運営に係る負担金として278万5,000円でございます。 項4運営協議会費でございますが、介護保険運営協議会の開催に係る委員12人分の報酬と して12万6,000円を計上いたしました。前年度比4万2,000円の増となっておりますが、本年
    度は第8期介護保険事業計画策定年のため、協議会が3回開催されることによるものでござ います。 -189- 項5選定委員会費でございます。介護老人福祉施設等の募集に係る審査を行う公的介護施 設等整備事業者選定委員会委員4名分の報酬として1万4,000円を計上いたしました。 次に、款2保険給付費でございますが、第7期介護保険事業計画の策定に際し、推計した 数値に基づき予算計上させていただきました。 項1介護サービス等諸費でございますが、要介護1から5の認定を受けた方の居宅介護、 地域密着型介護、施設介護、福祉用具購入、住宅改修、居宅介護サービス計画等に係る給付 費として、合計で10億1,744万7,000円を計上いたしました。 項2介護予防サービス等諸費でございますが、要支援1、2の認定を受けた方への在宅介 護、地域密着型介護、福祉用具購入、住宅改修、居宅介護サービス計画等に係る給付費とし て、2,423万1,000円を計上しました。 次に、226、227ページをお開きください。 項3その他諸費につきましては、介護報酬の審査支払いに係る手数料として69万4,000円 を、項4高額介護サービス等費につきましては、利用者負担の上限額を超えた場合に支給す るもので、高額介護サービス費と高額介護予防サービス費を合わせ、2,307万円を計上いた しました。 項5高額医療合算介護サービス等費につきましては、医療費と介護給付費の自己負担額の 合算が年間の限度額を超えた場合に支給されるもので、高額医療合算介護サービス費と高額 医療合算介護予防サービス費を合わせ、224万4,000円を計上しました。 項6特定入所者介護サービス等費につきましては、低所得の方が施設に入所した場合の食 費と居住費の自己負担を軽減するために支給されるもので、特定入所者介護サービス費と特 定入所者介護予防サービス費を合わせ、4,977万4,000円を計上いたしました。 228、229ページをお開きください。 款3地域支援事業費でございますが、保険給付費と同様に、第7期介護保険事業計画の策 定に際し、推計した数値に基づき予算計上いたしました。 項1包括的支援事業・任意事業費、目1任意事業費でございますが、介護給付費等費用の 適正化に係る経費、寝たきりの高齢者等へのおむつの支給及び成年後見人制度の利用者支援 などに係る経費として297万2,000円を計上させていただきました。 目2包括的支援事業でございますが、地域包括支援センター職員3名分及び会計年度任用 職員の人件費や事務費等で2,035万2,000円を、目3包括的支援事業、社会保障充実分は124 万8,000円を計上いたしました。内訳としまして、生活支援体制整備事業に包括的支援セン -190- ターに配置する、生活支援コーディネーターに係る報酬及び手当、認知症初期集中支援推進 事業では、認知症初期集中支援チームの医師に係る相談業務委託料として2万2,000円を計 上いたしました。 項2介護予防・日常生活支援サービス事業費につきましては1,852万1,000円、内訳として、 要支援者等に係る訪問介護、通所介護の経費として1,680万円、ケアプラン作成経費として 152万1,000円、総合事業高額介護予防サービス費として20万円を計上しております。 項3その他諸費につきましては、介護予防・日常生活支援サービスの報酬の審査支払いに 係る手数料として5万9,000円を計上いたしました。 230ページ、231ページをお開きください。 項4一般介護予防費、目1一般介護予防事業費につきましては329万9,000円、内訳として、 介護予防普及啓発事業に脳トレ教室やいきいき塾による介護予防の普及啓発に係る経費とし て107万4,000円を、地域介護予防活動支援事業には、住民主体の介護予防活動の育成や支援 などを行う経費として192万5,000円を、地域リハビリテーション活動支援事業には、地域に おける介護予防の取組を強化するため、住民主体の介護予防活動へのリハビリテーション専 門職を派遣するための経費として30万円を計上いたしました。 款4諸支出金につきましては、過年度保険料の還付金及び保険給付費や地域支援事業費に
    係る、国・県支出金等の法定負担金の精算に伴う返還金として50万3,000円を計上いたしま した。 次に、232、233ページをお開きください。 款5予備費につきましては、前年度と同額の10万円を計上させていただきました。 以上で、令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算案の説明を終わらせていただきます。 よろしくご審議くださるようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 これで、議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算の説明を終わります。 ここでしばらく休憩します。この間昼食をお願いして、午後は1時から会議を再開します のでよろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を続けます。 (午前11時54分) (午後 1時00分) -191- ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 次に、日程第6、議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算 について説明願います。 環境水道課長。 ○環境水道課長(和泉陽一君) それでは、着座にて説明させていただきます。 議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算につきましてご説明いたします。 別冊の水道事業会計予算書、1ページをお開きください。 第1条、令和2年度大多喜町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。 第2条、業務の予定量としまして、給水戸数3,820戸、年間総給水量102万3,085立方メー トル、1日平均給水量2,803立方メートルを予定しております。 第3条、収益的収入及び支出の予定額ですが、収入としまして、款1水道事業収益で、項 1営業収益、項2営業外収益と合わせまして5億5,773万2,000円を予定しています。 続きまして、支出ですけれども、款1水道事業費用で、項1営業費用、項2営業外費用、 項3予備費を合わせまして、総額4億7,722万8,000円を見込んでおります。 第4条、資本的収入及び支出の予定額ですが、収入としまして、款1資本的収入で、項1 負担金、項2企業債、項3固定資産売却代を合わせまして、総額8億5,212万3,000円を見込 んでいます。 次のページをお開きください。 支出ですが、款1資本的支出としまして、項1建設改良費、項2企業債償還金を合わせま して、総額9億8,524万5,000円を予定しています。 第5条、企業債。起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還方法を定めたもので、そ れぞれ3事業の総額8億5,000万円で、起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりです。 第6条、一時借入金。一時借入金の金額を2億8,000万円に定めました。 第7条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費で6,920万 9,000円と定めるものです。 第8条、一般会計からの補助金ですが、金額を7,000万円と定めました。 第9条、棚卸資産購入限度額ですが、227万8,000円と定めました。 続きまして、9ページをお開きください。 令和2年度大多喜町水道事業会計予定キャッシュ・フローになりますが、令和2年度中の 業務活動、投資活動、財務活動の現金預金の流れを記載したもので、資金の令和2年度末の -192- 残高は2億7,538万円となる見込みです。 10ページから19ページまでは、職員の給与費明細で、記載のとおりでありますので説明は 割愛させていただきます。 次に、20ページ、21ページをお開きください。
    7,000円と定めたものです。 次のページをお願いします。 継続費に関する調書で、面白浄水場更新工事に係る経費で、年割額総額を9億4,332万 債務負担行為に関する調書で、水道料金システム賃借料の限度額を1,092万3,000円、期間 を令和2年度から令和4年度まで、会計システム賃借料の限度額を591万1,000円、期間を令 和2年度から令和6年度まで定めたものです。 次に、25ページをお願いいたします。 令和元年度水道事業予定損益計算書となり、令和元年度の水道事業諸活動の経営成績の見 込みを表したものであり、経常利益は530万7,000円を見込み、当年度未処分利益剰余金が 4,119万5,000円になる見込みです。 次に、26、27ページの令和元年度大多喜町水道事業貸借対照表(前年度分)、28、29ペー ジの令和2年度大多喜町水道事業貸借対照表(今年度分)につきましては、それぞれの年度 末現在の財務状況を表したものです。 次に、32ページをお開きください。 次に、30、31ページは、注記としまして、重要な会計方針についての記載となります。 令和2年度大多喜町水道事業会計予算積算基礎資料についてご説明いたします。 初めに、収益的収入及び支出の収入ですが、款1水道事業収益、項1営業収益の予定額を 3億1,712万8,000円と、目1給水収益の水道料金収入が主な内容です。 項2営業外収益の予定額2億4,060万4,000円は、目2他会計補助金の一般会計補助金、目 3県補助金の県水道総合対策補助金、目6の消費税還付金が主な内容です。 次のページをお開きください。 支出になりますけれども、款1水道事業費用、項1営業費用の予定額4億4,886万6,000円 は、目1原水及び浄水費の職員給料、会計年度任用職員のパートタイム雇用の職員報酬、水 質検査等委託料、浄水場に係る動力費、南房総広域水道企業団への受水費、目2配水及び給 水費の職員給料、フルタイム雇用の会計年度任用職員の給料、浄水場に係る修繕費、舗装本 復旧に係る路面復旧費、各加圧所動力費。 -193- 次のページになりますけれども、目3総係費の職員給料、各システムの委託料及び各賃借 料。 次のページ、目4減価償却費の建物等の有形固定資産減価償却費、目5資産減耗費の構築 物等の固定資産除却費が主な内容です。 項2営業外費用の予定額は2,796万2,000円で、目1支払利息の地方公共団体金融機構等の 企業債利息が主な内容です。 項3予備費の予定額40万円は、前年度と同額です。 次のページをお願いします。 資本的収入及び支出の収入ですが、款1資本的収入、項1負担金の予定額211万2,000円は、 目1加入負担金の水道加入者負担金が主な内容です。 項2企業債の予定額8億5,000万円は、目1企業債の配水管布設替工事等の企業債となり ます。 次のページをお願いします。 続きまして、支出になりますけれども、款1資本的支出、項1建設改良費の予定額8億 9,003万8,000円は、目2浄水施設費の横山浄水場ろ過器塗装工事、目3配水施設費の職員給 料、布設替工事材料費、舗装本復旧工事、低区配水池更新工事の工事請負費、目4固定資産 取得費の水道メーター交換に係るメーターの費用、目6面白浄水場更新費の面白浄水場更新 工事に係る工事請負費が主な内容です。 項2企業債償還金の予定額9,520万7,000円は、目1企業債償還金で、財務省17件、地方公 共団体金融機構44件分の企業債償還金となります。 以上で、令和2年度大多喜町水道事業会計予算の説明を終わります。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 以上です。
    ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 これで、議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算の説明を終わります。 次に、日程第7、議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算につ いて説明願います。 特別養護老人ホーム所長。 ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) それでは、議案第34号 令和2年度大多喜町特別 養護老人ホーム事業会計予算について説明させていただきます。 -194- 別冊の大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算書の1ページをお開きください。 第1条、令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算は、次に定めるところによ 総則。 る。 業務の予定量。 第2条の業務の予定量は、利用定員、施設介護サービス80人、居宅介護サービス4人、年 間利用予定者数、施設介護サービス2万75人、居宅介護サービス1,224人。 収益的収入及び支出。 第3条の収益的収入及び支出の予定額は、収入は、営業収益と営業外収益の合計した特別 養護老人ホーム事業収益2億3,073万9,000円で、支出、特別養護老人ホーム事業費用は2億 8,289万9,000円を見込みました。 資本的収入及び支出。 第4条、資本的収入及び支出の予定量は次のとおり定める。 資本的収入額が資本的支出に対して不足する額1,043万円は、過年度分損益勘定保留資金 で補塡するものといたします。 次に、資本的収入及び支出予定額の資本的収入については見込んでおりません。資本的支 出は、建設改良費の1,043万円となります。 次ページをめくっていただきまして、一時借入金。 第5条、一時借入金の限度額は1,200万円と定める。 予定支出の各項の経費の金額の流用。 第6条の予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、第1項営業費用と、 第2項営業外費用との相互とします。 議会の議決を経なければ流用することができない経費は、職員給与の2億1,222万5,000円 です。 ます。 5ページから7ページは、令和2年度予算計画書で、目別の昨年度との比較となっており 続きまして、9ページをお開きください。 9ページは、令和2年度予定キャッシュ・フロー計算書で、業務、投資活動による1年間 の現金、預金の流れを表しております。 資金増加額は5,659万8,000円の減、資金期首残高2億3,702万2,000円、資金期末残高1億 -195- 8,042万4,000円となる見込みです。 続きまして、10ページから19ページは、職員の給与明細等でございます。 21ページは、令和元年度予定損益計算書で、業務、投資活動による1年間の資金の流れを 表しております。経常損失は4,065万9,000円となり、当年度未処理欠損金は1億5,188万 22ページ、23ページは、令和元年度予定貸借対照表、24ページ、25ページは、令和2年度 予定対策対照表になりますが、これらにつきましては、記載のとおりですので説明を省略さ 5,000円となる見込みです。 せていただきます。 続きまして、予算の明細について、予算積算基礎資料により説明をさせていただきます。 28ページ、29ページをご覧ください。 初めに、収入ですが、特別養護老人ホーム事業収益のうち、営業収益は、施設利用者の介
    護報酬となり、前年度比100.6パーセントの2億987万円を見込みました。 次に、営業外収益の予定額は、前年度比89パーセントの2,086万9,000円で、前年度との相 違点としまして、外国人技能実習生受入れに伴う経費について、現年度の実績を踏まえ、一 般会計からの繰入金を前年度比77パーセントで計上いたしました。 総務管理費の予定額1億7,199万1,000円は、職員25名分の給与、各種手当、法定福利費、 健康診断等の委託料、各種システム類の使用料となり、前年度比99パーセントとなっており 次のページをご覧ください。 支出。 ます。 次のページをご覧ください。 第2目施設管理費の予定額2,035万8,000円は、前年度比92パーセントとなり、内容は、介 護用消耗品や医薬材料費、ボイラーの燃料代、エレベーターや浄化槽等の点検委託料、電気、 水道、ガス料の光熱水費等でございます。 第3目居宅介護事業費の予定額270万5,000円は、前年度比119パーセントで、会計年度任 用職員1名分の法定福利費と賃金で、臨時職員から会計年度任用職員に変更になることから 増額となっております。 次に、第4目施設介護事業費の予定額6,118万4,000円は、前年度比112パーセントで、主 なものとしまして、会計年度任用職員19名分の賃金と法定福利費、嘱託医の報酬、協力医委 託料等の委託料、給食の賄い材料費等となります。こちらも、臨時職員から会計年度任用職 -196- 員に変更になることから増額となっております。 次のページをご覧ください。 第5目減価償却費の予定額1,672万7,000円は、前年度比97パーセントとなっております。 第7目外国人技能実習生受入事業費942万3,000円については、外国人技能実習生の賃金、 法定福利費や受入れに関する経費で、前年度比74パーセントで計上いたしました。 営業外費用及び予備費の予定額は、前年度と同額でございます。 次のページをご覧ください。 資本的収入及び支出です。 資本的収入につきましては、本年度は見込んでおりません。 続いて、資本的支出ですが、施設整備費1,043万円は、工事請負費23万円、電気工事等の 施設修繕に係る工事請負費、備品購入費1,020万円は、寝台特殊入浴装置の老朽化に伴う更 新費968万等の備品購入費となっております。 以上で、説明を終わらせていただきます。 ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 これで、議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算の説明を終わ ります。 以上で、一括議題とした議案第28号から議案第34号までの令和2年度大多喜町一般会計予 算、各特別会計予算及び各事業会計予算の提案説明を終わります。 ───────────────────────────────────────────────── ◎散会の宣告 ○議長(野村賢一君) 以上で本日の議事日程は、全て終了しました。 なお、既に皆様に通知したとおり、新年度予算案の細部説明及び議案調査のため、来週3 月10日及び11日の午前9時から、合同での常任委員会協議会が、この場所で開催されますの 3月10日は、総務文教常任委員会が所管する事務について、また3月11日は、福祉経済常 で、よろしくお願いします。 任委員会が所管する事務となります。 また、最終日である3月17日は、午前10時から本会議を開きますのでご参集願います。 これをもちまして本日の会議を閉じます。 本日はこれで散会とします。
    -197- 長時間にわたりご苦労さまでございました。 (午後 1時23分) -198- 第1回大多喜町議会定例会3月会議 ( 第 4 号 ) 令和2年第1回大多喜町議会定例会3月会議会議録 令和2年3月17日(火) 午前10時00分 開議 席議員(12名) 1番 野 中 眞 弓 君 2番 志 関 武良夫 君 3番 渡 辺 善 男 君 4番 根 本 年 生 君 5番 吉 野 僖 一 君 6番 麻 生 剛 君 7番 渡 邉 泰 宣 君 8番 麻 生 勇 君 9番 吉 野 一 男 君 10番 末 吉 昭 男 君 11番 山 田 久 子 君 12番 野 村 賢 一 君 席議員(なし) 方自治法第121条の規定による出席説明者 町 長 飯 島 勝 美 君 副 町 長 西 郡 栄 一 君 教 育 長 宇 野 輝 夫 君 総 務 課 長 古 茶 義 明 君 企 画 課 長 米 本 和 弘 君 財 政 課 長 君 塚 恭 夫 君 税 務 住 民 課 長 多 賀 由紀夫 君 健 康 福 祉 課 長 長 野 国 裕 君 建 設 課 長 吉 野 正 展 君 産 業 振 興 課 長 西 川 栄 一 君 環 境 水 道 課 長 和 泉 陽 一 君 秋 山 賢 次 君 特 別 養 護 老 人 ホ ー ム 所 長 会 計 室 長 吉 野 敏 洋 君 教 育 課 長
    小 高 一 哉 君 生 涯 学 習 課 長 宮 原 幸 男 君 会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 麻 生 克 美 書 記 山 川 貴 子 書 記 市 原 和 男 出 欠 地 本 -199- 議事日程(第4号) 日程第 1 議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算(質疑~採決) 追加日程第 1 発議第 1号 議案第28号令和2年度大多喜町一般会計予算に対する附 帯決議について 日程第 2 議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算(質疑 ~採決) 日程第 3 議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算(質疑~採決) 日程第 4 議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算(質疑~採 決) 日程第 5 議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算(質疑~採決) 日程第 6 議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算(質疑~採決) 日程第 7 議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算(質疑~ 追加日程第 2 議案第35号 大多喜町行政組織条例の一部を改正する条例の制定につい 採決) て 追加日程第 3 議案第36号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号) 追加日程第 4 発議第 2号 大多喜町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定につ いて -200- ───────────────────────────────────────────────── ◎開議の宣告 ○議長(野村賢一君) 皆さん、おはようございます。 町長及び執行部職員の皆様には、ご出席をいただきまして誠にご苦労さまでございます。 本日は審議期間の最終日となりますが、よろしくお願いしたいと思います。 ただいまの出席議員は12名全員です。したがって、会議は成立しました。 ───────────────────────────────────────────────── (午前10時00分)
    ◎行政報告 ○議長(野村賢一君) 日程に先立ち、町長から行政報告があります。 町長。 ○町長(飯島勝美君) おはようございます。 令和2年第1回議会定例会3月会議の最終日に当たりまして、一言ご挨拶申し上げます。 本日は議長はじめ議員の皆様方には、年度末の大変お忙しい中ご出席をいただきまして、 誠にありがとうございます。 行政報告につきましては、3月会議初日以降のものでございますので、お手元に配付をさ せていただきました報告書のとおりでございますので、これによりご了承をいただきたいと 存じます。 また、日本国内ではいまだに新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、国からも引き続 き今までの体制を継続するよう要請されている状況で、本町におきましても、感染拡大に備 えるための体制を継続をするとともに、町内小中学校におきましても、今月24日まで休校を 延長する措置を講じたところでございます。なお、今後の感染拡大の状況により必要な対策 が生じた場合には、即時対応してまいりたいと存じます。 さて、本日の会議は、令和2年度当初予算に係る質疑と採決となっておりますが、先般の 議会初日で予算編成方針を説明をさせていただき、先週の常任委員会協議会において、関係 各課から各種事業の説明もさせていただいたところでございます。 令和2年度一般会計予算は、第3次総合計画前期基本計画の最終年を迎え、着実な推進を 図るための各施策や、昨年の台風等により被災をしました農林水産施設及び公共土木施設の 復旧費等を盛り込んだ予算とさせていただいております。 議員各位におかれましては、ご審議の上、可決くださいますようお願いを申し上げ、行政 -201- 報告に代えさせていただきます。 ○議長(野村賢一君) これで行政報告を終わります。 ───────────────────────────────────────────────── ◎諸般の報告 ○議長(野村賢一君) 次に、諸般の報告でありますが、3月3日以降の議会関係の主な事項 は、お配りしました印刷物によりご了承願いたいと思います。 以上で諸般の報告を終わります。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議事日程の報告 ○議長(野村賢一君) これより日程に入ります。 本日の会議は、既に配付いたしました議事日程(第4号)により進めてまいりますので、 よろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第28号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第1、議案第28号から日程第7、議案第34号までの令和2年度大 多喜町一般会計予算、各特別会計予算及び事業会計予算については、既に一括議題として、 提案理由の説明が終わっております。 3月5日の会議に引き続き、これより各会計ごとに質疑、討論、採決を行います。 議員各位には、既にご承知のとおり、事前に配付されている予算に係る予算説明資料など は予算審議を円滑に進めるための参考資料ですので、質疑に当たっては、令和2年度の各歳 入歳出予算書から質疑されるようお願いします。また、質疑に当たっては、歳入については 全般にわたって、また歳出においては款ごとに行います。 なお、質疑の際は予算書のページを必ずお示ししていただくとともに、質疑に当たっては 議題外にわたりまたその範囲を超えることのないようご留意願います。また、質疑について は1項目につき3回までとし、1回の質問で複数に及ぶような質疑がないよう、一つずつ簡 明に質疑されるようお願いします。 それでは、これより質疑に入ります。
    議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算の質疑を行います。 歳入については全般としますが、歳出事業の充当に係る財源とします。歳出の質疑につい ては、初めに款1議会費、款2総務費の質疑を行います。 -202- 質疑ございませんか。 4番根本年生君。 てお聞きします。 ○4番(根本年生君) 私、ページ41ページのホームページ管理業務、この予算の中身につい 役場のホームページは、大変重要なものだと考えています。住民の情報源ではなくて、常 に新しい情報を掲載して、町の情報を発信しなければならないと思っています。 そこで私、今日ちょっとこのホームページを開かせていただいて、見させていただきまし た。その中で、最新の常に新しい情報が載っているのかということで見たところ、全部見た わけじゃないんですけれども、「高速バスをご利用の場合」という大多喜町のアクセスとい うところがすぐ左の上にあって、右のほうに品川行の高速バスのところをクリックすると高 速バスの内容が出てます。 その中で、羽田空港・品川⇔大多喜への「直通」高速バスというところがありまして、そ こをクリックすると、3月までは今までどおりなんですけれども、4月以降の情報が一切載 ってないんです。外部の人、大多喜町内の人はともかく、外部の人がこのページを最初に見 るときに、アクセスしたときに、4月以降の情報が全然載っていない。 東京行きもたしか一部ダイヤ改正がありました。3月の初めダイヤ改正があって、それは ダイヤ改正がありますよという情報が早くから載ってます。 どうして、高速バスだけじゃないかも分からないけれども、最新の情報が載ってないのか。 それから管理業務の中に、そういった新しい情報を載せるに当たって費用が伴うものがあっ た場合には、その辺の費用もこの中に入っているのか。そして、ホームページの管理という のは実際上どういった形で、最新の情報を載せるのはどこの課が、どういった責任を持って やっているのか、教えてください。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 答えさせていただきます。 ○総務課長(古茶義明君) 初めにホームページの掲載の手順といいますか、それについてお もともとのシステムの、ホームページに載せるですとか、そういうシステムの管理につき ましては、総務課のほうで行っておりますが、各課の情報については、各課に依頼をして最 新情報を載せるようなことでやっておりますが、で、最後にその情報について載せるかどう かという判断を、総務課のほうで承認をして、実際に載せているところでございます。 以上です。 -203- ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) じゃあ、最新の情報を載せるに当たって、仮に費用がかかるような場 合があるかないか分かりませんけれども、そういった場合はこの使用料及び賃借料の中に含 それと、先ほど言いましたように、最新の状況が載っていないんじゃないかと、私は思っ ています。特に高速バスについてはですね。私、本当今朝ほど見ただけであれなんですけれ ども、4月以降の情報が、ホームページをクリックしただけでは一切載ってきていないんで まれるのか。 す。 やはり4月以降ダイヤが変わるわけですから、他市町村、東京とか遠くの人たちが見たと きに、4月以降3便になるよということも載ってないし、時刻表も載ってない。 やはりこれホームページは、常に新しい情報を載せるためにやっていかなくちゃいけない。 そのために費用がかかるのであれば、その費用も当然見なくちゃいけないと思うんですけれ ども、それについて詳しく説明してください。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) ホームページをアップする分については、費用はこの委託の中で
    賄われておりますので、件数については制限はございませんので、各課のほうで載せる、載 せないの判断をしているところでございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) そうすると、載せる情報については各課に任せっ切りで、どこでこう いった情報があるのに何で載せていないんだとか、そういったことはどこでも管理していな いし、各課に任せっ切りであると。 特に、高速バスについては4月以降大幅に変わるわけですよね。東京とかの人たちについ ては、4月以降も変わることを知らない人が多いかも分からない。やはり、その辺のところ ある程度徹底して、予算がかかるのであればその予算も見て、ホームページを運営していく べきだと思いますけれども、その辺はどうなんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 予算につきましては、ただいま総務課長のほうからお話があった とおりでございます。 ホームページへの時刻表アップについては、3月の上旬にホームページに載せてあるとい -204- うふうに、私は思っておりますので、再度確認してみますけれども……。 (「スケジュールだけは載ってたんだけれども」の声あり) ○企画課長(米本和弘君) 時刻をですね、これについては、運行事業者であります小湊バス のほうもホームページのほうに載せてございます。 それと併せまして町のほうも合わせた、というふうに聞いておりますので、再度確認はし てみます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 5番吉野僖一君。 うことで、回答されました。 ○議長(野村賢一君) ページ数は何ページでしょうか。 ○5番(吉野僖一君) 49ページかな。 ○5番(吉野僖一君) せんだっては、高速バスの定期券が、学生が2人で勤め人が1人とい そのときに割引回数券というのがあるんですけれども、それは今何人くらい。何か質問し た後で、係の人が割引回数券の人が相当いるという話なんですけれども、その数字がどのく らいか教えていただけますか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長、大丈夫。 ○企画課長(米本和弘君) 今言われたことは、委員会のときに後から回答するというような ○5番(吉野僖一君) 係の人がね、定期券は3人しかいないんだけれども、割引回数券の人 はいっぱいいるというふうに言われたんだけれども、その人数が分からないので分かるだけ ○企画課長(米本和弘君) 学生さんのその回数券の割引をしている人数ということでよろし 企画課長。 …… でいいから。 いでしょうか。 ○5番(吉野僖一君) 定期券は2人と言ってたよ。 ○企画課長(米本和弘君) そのときに回数券も登録者の人数を七十……。 ○5番(吉野僖一君) 1冊8,000円か、1万円のところを2,000円。 ○企画課長(米本和弘君) ではあの、細かい人数をまた後ほど、説明させていただきます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 6番麻生剛君。 -205- ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。 ページ数は49ページ。すみません、マスク取らせていただきます。 公共交通政策事業、高速バス運行補助金について質問したいと思います。
    協定書の締結当時、この担当課長は、現在の副町長である西郡さんであります。一番中身 を知っている立場だと思いますので、お答えいただきたいと思います。 私も、この一連の数字的な根拠、それから担当課長からのいろんな説明、町長からの説明 も聞かせていただきました。しかし、協定書の中身を熟知するところ、全くの不平等条約で あります。本来、協定書、契約とはお互いが対等の立場で結ぶはずです。品川行きの件が再 開発後は残れない、京急は撤退、そもそも私どもが聞いていたこととは全く違います。つま り、当初の約束、前提が全く守られていません。 再開発後は、大多喜は残れる、いわば先行投資である、品川はリニアで一大拠点になる、 今から入っておくことが既得権益であると。このことを一体、あなた自身が担当課として事 務方のトップとしてやって、その後どうなったのか。当然、契約条項、協定書の特約条項と して文書で記載するのが普通であります。これをどうしてやらなかったのか、この責任とい うものは、事務方トップとして免れないんじゃないかな。 このことについてご質問いたします。 ○議長(野村賢一君) 副町長。 ○副町長(西郡栄一君) 確かに、品川行の高速バスを運行したときには、私が担当しており ました。このときには不平等というよりも、運行するに当たっての条件ということで、双方 が納得する形で運行していただけるということで、そういう条件のもとで協定を結んでおり ます。 その後、その段階ではもちろんこれは5年で終了するとか、そういうのは全くない話であ って、双方にそういう疑義は全くなかったような状況でございます。 ところが、今までもお話しされているように、京浜急行バスの急遽予測もしないような、 人手不足によるまさに会社自体の存続に係るような事例が生じてしまいまして、今回やむを 得ず京浜急行が撤退するというようなことで、3便ということで、やむを得ずこの4月から 運行せざるを得ない状況でございますけれども、あくまでもこの目標というのは、やはり交 通の便をよくして、この市町村の公共交通政策を充実させていくんだというような目的でご ざいます。 また、若い人たちが、先ほど来お話があるように、東京へ通学ができる、そして通勤がで -206- きるようなものをつくっていくんだということで、当初、皆さんにお願いをした中で、この 運行が決定したものだというふうに理解しております。 まさに結果論だけで言いますと、確かにこの京浜急行バスの撤退というのは、非常に大き な問題ではございますけれども、ただ小湊鉄道さんのほうではまだ運行を続けていただける ということですので、この公共交通については、今までのこの5年間を十分に検証しながら さらによいものになるように、これからも町全体として取り組んでいかなければならないも のだというふうに認識しております。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 副町長の答弁、分かりました。 しかし、私はまだその当時は議員職では、この場にはおりませんでしたけれども、あなた 方が説明したことは一体何だったんでしょうか。 品川は将来確かに日本の大動脈である、リニアの拠点で一大発展する、これは誰が見ても 分かります。当然、その甘い話に、この大多喜町議会の議員各位にも理解を求め、やった。 ゴルフ場の問題もあります。しかし、京急の問題は全くの、これは絵空事であったというこ とは、今回のことで分かったと思います。 誰もあなたが誠意を持ってやらなかったとは言いません。しかし、詰めの協議の甘さ。事 務方として町長はじめ、やはりこの大多喜町をどうするのかという形で、相手方と協定を結 ぶに当たっては、当然相手がもし、そういう今回のような状況になるんであれば、ペナルテ ィーを課すようなことも要求しなくてはいけない。なぜならば、私どもが一方的に赤字を補 塡する。相手がどんなに経営努力をしているのかもしれない、しかしそれは分からない。赤 字の額は全部補塡するわけですから。そのことを許したということは、町民の大切な血税を
    投入している。 いろんなことが言われました。明るいバラ色の未来がある、確かにそういう夢を見たいと 思います。しかし夢を見るには、それに併せてきちんとした背景を、あなたがやらなくて誰 がやるんですか。事務方というのはそういう大切なことなんです。よく外交交渉でもそうで すけれども、事務方でもいろんなことが積み重ねで、トップ同士の明るい顔で握手した姿が のるわけであります。 私は、今回一連のことで、あなたが優秀な役人であることは認めます。しかし、今回のこ の問題に関しては、どうですか。毎年5,000万近くを投入し、そして5年間たっても全くで -207- きない。そしてあろうことか、今後努力する。いかにも役人答弁じゃありませんか。 政治家というのは結果責任が問われます。このような希望的観測で、この議会である場で 述べることではないと思います。具体的にこういう内容で、こういうことがあって、こうい うことがあるんだと。 私はこの大手企業、直接はお付き合いしておりませんけれども、似たような日本の名立た る企業ともお付き合いさせていただきました。彼らはもう開発ルールがあって、それにはど ういう状況があるかというシミュレーションを全部やっております。大多喜にも当然そのこ とが公開され、そして大多喜にも要求されたと思います。しかし全て破綻した。この問題の 責任は、事務方として協定書締結時の細部にわたった交渉者としてのあなたの責任は免れな い。このことはしっかりと肝に銘じていただきたい。 私は今回、町民の方々から、私なりの調査をさせていただきました。もう目を覚ましてほ しい。5年間赤字の垂れ流し、全然回復もしない、この状況を役場の執行部の皆さんはどう 考えているんだ、そう言われました。議会において、町民の声を代弁せずして誰が代弁する んですか。 あなた自身、このことに関して、甘く希望的な観測ばかりやるんではなくて、そうなるん であれば具体的に何か挙げていただきたい。 ○議長(野村賢一君) 麻生君、恐縮ですけれども、もう少し簡明に短く質問してください。 自己の意見が入りつつある。 町長。 ○町長(飯島勝美君) ただいまの高速バスのご質問にお答えしたいと思います。 先ほど、副町長がお答えした内容でございますけれども、それはそのとおりでございまし て、まず間違いなく、やっぱり職員は一生懸命、町の人口減少をどう止めていくか、また若 い方々にどう定住していただけるかといういろんな中で、公共交通政策というのは非常に重 要であるという中で、この事業を進めてきていることは間違いございません。 そしてそれは、運行するに当たりましては、やはり私どもだけの意見で通るものではなく て、先方さんもやはりそれは事業として成り立つかどうか、それで走らせるか、走らせない かということでありまして、それは両方が合意をした中で進めるわけですね。ですから、そ ういう中で運行しているわけでありまして、決して絵空事でやっている話ではないわけでご ざいます。 そして、公共交通につきましては、高速バス以外にもたくさんございます。いすみ鉄道だ -208- ってしかりなんです。また、町内を走っている交通も全部そうなんです。すべからく皆、赤 字になってきているわけでございますが、しかしやはり地域にとって、人口減少、定住化と いう中で、やはり何が何でも、この皆さんのいろいろ要望等、町民のアンケート等、いろい ろ取りますと、やはり公共交通が非常に重要であると、だからぜひということで、そういう 意見があるわけです。 ですから我々は、そういう地域の皆さん方がやはり必要とするものはやはり進めていく、 これは町としてやるべきであると、そういう中でまた皆さん方へもご理解をいただいて進め てきているところでございます。 今の一つの赤字でこの交通施策をやめるとなれば、いすみ鉄道を含めてあらゆる交通施策 が皆そういうことに関わってくるわけでございます。やはり地域にとって公共交通というの
    は、人口減少を止めていく、或は若者が住み続けるために必要なものであるという中で、町 として、やはり進めることは進めていかなければならないと思っているところでございます。 ○議長(野村賢一君) 6番麻生剛君。簡明にお願いします。 ○6番(麻生 剛君) 簡明にやらせていただきます。 町長が部下を思う気持ちは、よく伝わってきました。 しかし、町長が最も思わなくてはいけないのは、町民各位であります。町民の方が、この 一方的に大手企業優位のこの協定書の内容について、ノーとほとんどの世論が言っておりま す。町長、もうこの政策は失敗したんです。 私は思います。確かに公共政策、交通政策というのは、必ずしも全て黒字になるわけでは ない。しかし、それはあくまで公共の福祉に反しない範囲であります。ここまで5年という 猶予を与えて、一向に改善されなかった。そして、次に当たって何とか努力する、見ててく れ、これではもう納得できないわけであります。 町長、どうでしょうか。あなたの部下を思う気持ちは分かる。あなた、なかなかそういう ところは非常に優しい男であります。 しかし、最もあなたがやらなくてはいけない町民に対する説明、具体的にどうできるのか。 これは、今回はもう一度あなたに聞きたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 今先ほど、私がお答えしたとおりでございます。 やはり、地域の皆さんがやはり求めているものは、若い方々が、常にアンケート等を取り ますと、公共交通政策というのは非常に重要な位置にあります。またその就業の場所であり、 -209- または住宅の問題であります。そして子育ての問題もあります。しかし、必ず若い方々がこ の町に定住するために必要な条件の中に、必ずこの公共交通が入っております。 先ほど申し上げましたけれども、やはり収益が出れば民間の会社がもう黙ってやるんです。 ですけれども、それができないところに公共が入るものなんですね。もちろん、いすみ鉄道 もしかりなんです。これだってもう既に、もう本当に50億以上入れております。それでもや はり大多喜町にとって必要な政策なんですね。 ですから、そういうことで公共交通というのは、やはり皆さんが、若い方がやはりこの町 に住み続ける中でそれを求めていることは、もう間違いないわけで、アンケートでもそうい う重要な要件の中に入っているわけです。 町としては、やはりそういう政策の中で、人口減少をどう止めていくか、やはり人口の減 少をどんどん進めていくということは、やはりこの自治体の運営という最終的なものに影響 するわけですね。 ですからそれは、私は何度か政策の中でお話ししておりますが、このことによって町が財 政破綻を起こすということであれば、やはりこれはやめるべきだと、私は思っています。だ けれども、私は大多喜町の財政というのは健全化を保っておりますし、この間も議員のご質 問にもお答えしましたように、非常に健全化をどんどん進めてきておりまして、そういう揺 るがすようなものではないものでございます。 ですから、やはり町は、これから挑戦しなければいけないところには、やはり挑戦してい く。そして、やはり町の発展のために必要なものは、やっていかなければならないと思って います。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) すみません。ページ、49ページのいすみ鉄道事業増大対策事業補助金。 これも大切な公共交通の一つです。公共交通ですから、何らかしらの赤字が出るのはしよ うがないなと思っています。その赤字が出る原因は利益追求じゃなくて、利用者の利便性、 町民のためを思って走らせるから、多少赤字でもいいということだと思います。 これ508万9,000円ですかね。説明の中で、久我原から三育学院の生徒さんが乗ってくれる、 大変うれしいことです。あと残りの金額、三育学院さんのほうへいくのが幾らなのか。 あと、そのほかのイベントの補助金が幾らなのか。イベントというか、利用増大対策費、
    その内訳と来年度はどのような補助金をどのような形で支出するのか。当然、支出の割合と -210- いうんですか、いすみ鉄道さんのほうから要望が来て、町のほうで予算づけしているものな のか、その辺を教えていただけると。 ○議長(野村賢一君) 根本議員、これ常任委員会で、結構質疑やっていると思いますけれど も、取りあえずこっちに議事録ありますので。 ○4番(根本年生君) じゃあ、簡単に。すみません。 ○議長(野村賢一君) でも、せっかくの質問ですから。 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) それでは、いすみ鉄道の利用増大対策事業補助金の508万9,000円 の内訳ということですので、まず保育園生、それから小中学校の団体利用助成というような 形で、38万5,000円を見込んでおります。それから三育中学校の生徒さんが、週1回程度の いすみ鉄道の利用、チャレンジ通学というような形で利用していただけるというような形で、 その分として170万程度を見込んでおります。 それから、利用増大のイベントの経費というようなことで、これは従来からいすみ鉄道が 実施しております各種のイベントに対して、町のほうから補助をしている分として300万円、 というような形で計画をしているところです。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) それで49ページの、高速バス利用増対策事業補助金67万4,000円。こ れもやはり非常に大切な公共交通であると。この増大事業の補助金が67万4,000円。 先ほどすみません、ちょっとダブっちゃったと言いましたけれども、いすみ鉄道の補助金 が500万出ているわけです。やはり利用者を増やす、利便性を高めるためには、やはり少な くともいすみ鉄道さんに対する補助金500万とか出して利用者を増やす、利便性を上げる、 そういったお金を高速バスの補助金とは別途に支出して、少しでも利用者を増やすような取 り組みをするべきだと思いますけれども、この67万4,000円は定期代とか回数券のお金だけ で、特別に、何というんですか、いすみ鉄道さんみたいにイベントの補助とか、何かそうい ったことはやらないようです。 やはりその辺を、増大の費用、補助金をあげて、高速バスの利用者を少しでも増やすよう な対策を取るべきだと思いますけれども、この67万4,000円だけで利用者の増大が図れるん でしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 -211- ○企画課長(米本和弘君) この利用増大の補助金の内訳といたしましては、先ほどちょっと 話に出ましたけれども、学生さんの通学に使用します回数券への補助金が、一番の補助金と なっております。これで約33万円ぐらい見込んでおります。 それからあとは、法人の登録事業者さんのほうで高速バスの利用増大というようなことで、 これはやはり回数券の20パーセントを補助するというような形で、登録されている事業者さ んのほうに助成をしている分でございます。 それからあとは、通勤の補助というようなことで、15万円ほどを見込んでおります。通勤 も現在おりますけれども、現在、補助申請というような形では出ていないという形になって おります。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 根本年生君。 ○4番(根本年生君) 以前は、高速バスを利用した町主導で蛍のツアーをやってみたりとか、 東京の人たちを乗せて利用してもらうために、いろんなことを企画していたような気がして ならないんです。 そして東京のほうにも、東京のほうでアルバイトというんですか、臨時の職員を雇って、 その人と役場の職員の方が一緒に、東京いろんなところでぐるぐる回って週1回とか2回く らい行っていたんですかね。いわゆる利用増大に向けてある程度の費用を出して、やはり利
    用者を増やす努力をしないといけないんじゃないかと思うんですけれども、今の話ですと、 いすみ鉄道さんはイベントとかやって補助をしているけれども、高速バスについてはそうい った補助金はないということですので、ぜひ高速バスの利用増大対策の中に、何らかのイベ ントなりいろんな事業をやって利用者を増やす努力というんですか、するべきだと思います けれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) 高速バスの運行につきましては、実施自体はバス事業者さんのほ うにお願いして運行していただいているところでございますけれども、こういった利用増大 等のことにつきましては、町のほうで、今、例えば職員については高速バスを使って東京へ の出張をやるとか、職員の研修旅行とかも高速バスを使うとか、それからほかの外部でいき ますと、農協の旅行さんなんかも高速バスを使っていただいた場合には助成をしているとい うような部分がございます。 確かにイベント等をやってさらに利用増大を図るというようなことは、根本議員がおっし -212- ゃるように効果はあることだと思いますので、今後ともそういったイベント等についても検 討はしていければというふうに考えております。 ○議長(野村賢一君) 根本年生君。 ○4番(根本年生君) 利用増大を図るということで、私、高速バスの運転手さんともちょっ と何回か話したことがあるんですけれども、要するに夏休みなんかになるとお子さんをある 程度無料で、夏休みの期間中無料で招待しているとか、子供が来れば親も来るわけですから。 それがどうか分かりません。要は利用増大に向けて、やはり何らか目に見える形でアピール する、何か事業を行う必要があるんじゃなかろうかと思います。 この件、町長、もうちょっとお金を使って、赤字の補塡だけではなくて、やはり利用者の 利便性を高めること、利用者を増やすためにある程度の予算を使って、企画してやっていか ないと、なかなか利用者が増えるのは難しいんじゃないか。まして今度3便になっちゃうわ けですから、6便から3便になって利用者が増えるのかなというところを、非常に危惧して いるので、もっとお金を使って何か利用者を増やすようにするべきだと思いますけれども、 いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 根本議員さんには、非常に積極的なご意見、ありがとうございます。 町も利用のためにいろいろやっていまして、特に蛍につきましては非常に好評であって、 いすみ鉄道もやっておりましたし、また高速バスのほうの利用もやったんですが、実は平沢 のほうの蛍がいなくなってきまして、なかなか二、三年前からあまり飛ばなくなっちゃって いまして、だからあんまりそれはまずいものですからやらなかったんですけれども、そのほ かにも、今の議員のご質問のとおり、何かやはりいろいろ企画を立てながら増便、増員にな るように、また進めていければと思いますが、またその時点ではご提案させていただきたい と思います。 ○議長(野村賢一君) 議員の皆様に、私からお願いでございます。 先ほど、私からも質疑に関してはいろいろ言いましたけれども、できれば本当に尊重して いただければ幸いだと思っていますので、よろしくお願いいたします。 ほかにございませんか。 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) ちょっと座ったままで、すみません。 今9月までということで、町長、9月以降はどういうふうに考えているんですか。 -213- ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 取りあえず9月以降については、今これから事業者さんといろいろな 話をさせておりまして、まだまだ決まっているわけではございません。 ただ、小湊バスさんについては、大多喜にとってこの事業が非常に重要であろうというこ とで、今事業者さんでは一生懸命いろんな形でプランを練っていただいているところでござ
    いますので、またその辺がある程度見えてくれば、また当然議会のほうに諮ることになりま すので、そういうことで事業者さんのほうには今いろいろお願いしてございます。 ○議長(野村賢一君) 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 計画はすばらしいことなんで、私もいろいろ勉強して調べたんですけ れども、品川駅の今ホテルのほうへやってますけれども、南口ですか、路線バスのバスター ミナル、こうぐるっと回ってバス停がいっぱいあるんですよね。その近くに東京都の交通局 の品川自動車営業所というのがありまして、両サイドにバスの駐車場がある。 そういう品川区とも、大鍋を持っていったりして産業の交流をやってますよね。品川区を 間に入れて、そういう南口とか、今後、駐車場、東京都の交通局の品川自動車営業所、品川 駅のすぐ近く、すぐそばなんですよ。そういうところにこう車を待機するとか、そういう経 営努力というか、そういう交渉は今までしたことがあるんですか。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) 大分内容が違ってきておりますけれども、お答えさせていただきたい と思います。 これは先ほどもお答えしましたけれども、これは私どもが動いて全て決まるものではなく て、相手もあるわけですね。それで私は何度か議会でもお話ししてございますけれども、高 輪口が、今これから10月から7年間の改修工事に入るということで、高輪口は全てもう入れ ないわけですね。それが、今大多喜町が入っている部分ですね。 港南口につきましては、改修はしませんので入れますけれども、これはもういろんな事業 者が入っていて、もう入る余地がないということでございます。そして、東京都のほうの考 え方は、これ以上あまりバスを入れるということについては、ある程度規制に入っておりま して、ですから私どもが何度も申し上げておりますように、ある程度既得権というものが必 要であろうということでございます。 新規の路線というのは本当にこれから難しくなってきているというのが現実でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 -214- (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 歳入及び款1議会費、款2総務費の質疑をこれで終わります。 次に、款3民生費、款4衛生費の質疑を行います。 質疑ありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 73ページの保育園管理運営費の中で、事業費一番下に、賄い費用 1,440万9,000円が計上されています。 保育園の保育料は無料にする、無料にするという大宣伝を国はしました。ところが実際、 蓋を開ける段階になったら、保育料は無料にするけれども給食費は取るよということで、ま たパンチを食らった感じがします。 出席できなかったんですが、今度の議会の一般質問で、町として保育園の給食費も無料に すべきだ、少子化対策もあります。残念なことに休ませていただいちゃったんですけれども、 町の方針としては、今年度も含めてどういう方針でやっていくのか、お聞かせください。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ただきます。 ○教育課長(小高一哉君) ただいまの野中議員の質問に、教育課のほうからお答えさせてい 昨年の10月1日から国によりまして、幼児教育・保育の無償化に伴う食材費の取扱いを受 け、町では10月以降も副食費については実費徴収をしているところであります。この取扱い につきましては、今後も変更を考えておりません。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) もしもやるとすれば、1年間どのくらいの経費がかかるんですか。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。
    ○教育課長(小高一哉君) 現在の状況でご説明をさせていただきます。 現在は、副食費を徴収している人数は99名おります。そちらを毎月4,500円かかりますの で、一月大体約45万円になります。それの12か月分ですので、全部で540万ほどになります。 以上です。 4番根本年生君。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 -215- ○4番(根本年生君) すみません。ページ、65ページの町社会福祉協議会補助金。 これ全員協議会のときに、私、これで十分なのかということで質問させていただいて、何 とかなるよみたいなご発言だったと思います。 それで2,502万5,000円、この補助額というのはどのような経緯、どのような基準で2,500 万という数字が出されているのか、その辺の基準を教えてください。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 健康福祉課のほうからお答えさせていただきます。 補助金の額については幾つか事業がございますので、事業によって町からの依存度といい ますか重要度に応じて、割合を変えて算出しているところでございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 今、事業費の内容によって割合を変えているということでした。 その事業費の内容によって割合を変えるというのは、ですから、どのような基準に基づい て割当てを、要綱とか規則とか何かあって、それに基づいてこの補助金の額が決められてい くのか。 それとも、そのときの社会福祉協議会と担当課さんのほうで、この補助金は実際何かやろ うと思ったときに300万かかるっていうものが半分でいいだろうとか、7割でいいだろうと か、そういった形で決められていくものなのか。 やはり、その辺ある程度基準、課長さんたちが替わっても社会福祉協議会の所長さんとか が替わっても、ある程度明確な基準がないと、後々の方が、何でこれこういうふうに決まっ ているんだということになってくるんじゃないかと思うんですけれども、その辺の決め方の 基準というんですか、それは何か明確なものがあるんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 確実な基準というか、以前からの率というのはあるんですけ れども、何かにうたわれているということではなくて、例えば、社会福祉協議会は社会福祉 法においてもうたわれているとおり、社会福祉協議会の経費については、市町村である程度 支援をする必要があるということになってございますので、町でできない、かといって民間 にもちょっとお願いするのが難しいような事業等について、その重要度、先ほども申し上げ たとおり重要度、町からお願いしなければいけない重要度に応じて、その率を高くしたり低 くしたりして、額のほうというか、割合を決めて算出している状況です。 -216- ○議長(野村賢一君) 私から再度お願いがあります。 (「先ほどからある程度の……」の声あり) ○議長(野村賢一君) ちょっと待ってください。 この件も、多分先日の質疑においてやっていると思います。 先ほど私から、質疑については、先日の新年度予算に係る合同による常任委員会協議会で、 詳細な質疑、説明をされておりますので、お一人様各会計について3回までとして、併せて 1回の質問で複数に及ばないようにとお願いをしました。 そこら辺も含めて、もう一度、4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) すみません。私の認識として、全員協議会でやったときは、全体の額 がこれで足りているんですかというようなご質問で、細かい内容については質問はしなかっ たものですから。この間の全員協議会の回答を受けて、また再度自分なりに考えて今回質問 させていただいてます。
    ですから、先ほど言いましたように、私の考え方としては、やはり補助金を出すというこ とであれば、ある程度の明快な基準、そのときそのときの感覚で決めるのではなくて、やは りある程度明確な基準をつくって、この事業に対しては幾ら、この事業に対しては幾ら、と いうような基準を受けて、補助額を決めてやったほうがいいんじゃなかろうかと思いますけ れども、そういった基準を設けるような考え方はございますか。 ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) 補助率は、具体的に0.5から1パーセントの範囲で、その事 業ごとに決まっております、以前から。 先ほどから委員会でも申し上げたとおり、確かに経営状況は決して潤沢ではございません ので、経営努力をして運営している状況でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 款3民生費、款4衛生費の質疑を終わります。 ここで10分間休憩します。 11時5分から会議を再開しますので、よろしくお願いします。 ───────────────────────────────────────────────── (午前10時53分) -217- ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 先ほどの根本議員と吉野僖一議員の質問に対して、企画課長から答弁 (午前11時05分) がございます。 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) すみません、それでは初めに、根本議員からありましたホームペ ージの掲載の件でございますけれども、3月2日にホームページの中央部分にお知らせとい う項目があると思います。そちらのほうに載せてございまして、右側にありますバナーのほ うの高速バスのところは、確かにそちらのほうは近日中にという話、文字を書かせてありま したので、そちらにもリンクされていなかったものですから、そちらのほうは早速リンクす るようにして分かりやすくいたしました。 それから、吉野議員の高速バスの利用者、回数券の利用者ということですが、まず学生さ んの登録が109人で、回数券の利用者が77人、定期が3人ということでございます。 ○議長(野村賢一君) それでは、次に款5農林水産業費、款6商工費、款7土木費の質疑を 以上です。 行います。 質疑ございませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 97ページの商い資料館のことについて伺います。 管理委託料893万3,000円が計上されております。全員協議会も出られなくて大変申し訳な いんですけれども、釜屋さんのほうを物品販売ができるようにするということを耳にしまし たが、もしそうだとしたら、ここで売り上げたものというのはどこのものになるんですか。 もしそういうことであれば、管理運営費というよりか釜屋さんについては、店舗として賃料 を取って貸し出すとか、そういう形にしたほうが、町財政としてはすっきりするんじゃない かと思うんですけれどもいかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ただいまのご質問に産業振興課よりお答えいたします。 小物類を販売できるというようなことになっているということでお話がありましたけれど も、これは指定管理者の自主事業の中でそういう販売もしていくというような事業の計画が -218-
    ございまして、販売については金額的なものはちょっと分かりませんけれども、自主事業で 売上げをしたものについては指定管理者の収入とするという形で、今回指定管理者のほうを 募集してございます。 指定管理料を払うのではなくて、賃料を取ってというようなことでございますが、あの建 物自体が、建物と釜屋自体が収益を上げるような施設ではございませんので、仮に町のほう が職員を置いてやるような場合、1人では当然管理できませんので、2人以上の職員を置い てやるような形になってくると思います。それと商い資料館も、今回併せてということでご ざいますので、実際には3人以上の職員を配置するような中で指定管理料を考えさせていた だき、ほとんどが人件費の部分になりまして、逆に賃料をもらえるような施設というような ことで考えておりません。逆に人件費等をお支払いして、お願いして管理していただくよう な施設ということで認識しております。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) すみません、99ページの遊歩道維持管理委託料と、あとこの関連につ いてちょっと聞きたいんですけれども、107ページの町道維持管理事業。この遊歩道維持管 理委託料というのは、中瀬遊歩道は町道になっているということですので、中瀬遊歩道の管 理については町道維持管理事業の中で行うのか。 それともう一つ、今後、遊歩道が新しくできると思いますけれども、それは今度やっぱり 町道になって建設課が管理するのか、それともそれ以外で。中瀬遊歩道は今、産業振興課さ んで管理していると思うんですけれども、町道であってほかの課が管理するということは、 普通であれば町道であれば建設課さんが管理するべきなんだと思っていますけれども、ここ はなぜそういった取扱いになっているのか、それ以外に町道になっていながら建設課じゃな くてほかの課で担当しているところがあるのか、分かったら教えてください。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) ただいまのご質問に産業振興課よりお答えさせていただきま す。 観光施設管理事業の遊歩道維持管理委託料につきましては、粟又の滝めぐり遊歩道と中瀬 遊歩道の維持管理ということで、主に台風ですとか大雨があった後の遊歩道沿いにある流木 ですとかごみ等の撤去をやるのを目的としたものでございます。全般的に産業振興課のほう -219- で両施設を管理しておりますけれども、町道であるかというよりも観光施設であるというと ころで、産業振興課のほうで中瀬遊歩道については管理させていただいております。 今回、去年は災害等ありましたけれども、そういうときについて建設課の協力をいただき ながら管理している部分もございます。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 建設課長。 ○建設課長(吉野正展君) 今、町道認定のお話が出ましたので、先ほどありました中瀬遊歩 道のところについては、町道の認定はされております。 どういう経緯かというのは、昔からのお話なのでちょっと今の時点ではよく分かりません けれども、現在の町道認定の基準では幅員が3メーター以上という規定がございますので、 その辺は、今町道認定というのはなかなか難しいのかなというふうには、今のところ考えて おります。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) それと、町道でありながら産業課さんのほうで遊歩道維持管理委託料 63万9,000円ということで、いろんな面があって、結構最近の台風とかいろんな災害がある 中で、この63万9,000円という額で果たして対応できているのかどうか。 もうちょっと金額を増やさないと今後は対応できないんじゃないかと、ちょっと最近崖崩
    れとか起きる可能性もあるし、その都度、地元の人が対応してやってくれているのか、観光 協会が対応しているのか分かりませんけれども、やはりこの63万9,000円という額はちょっ と、遊歩道を管理する上ではちょっと少な過ぎるんじゃなかろうかと思っています。 その辺は、この額で十分管理ができているんでしょうか。要するに、誰かほかの方々にい ろんなご負担をかけているようなことがあるんじゃなかろうかと思っていますけれども、い ○議長(野村賢一君) あり得るかどうかだけ簡単に言えば。あまり長い回りくどい質問だか かがでしょうか。 ら。 ○産業振興課長(西川栄一君) 委託料のほうがこれで足りているかどうかということでござ いますけれども、今これ観光協会のほうに委託して、観光協会のほうで2名の方の協力をい ただいて年間の管理のほうをいただいております。そのほかは、うちのほうの課の職員も必 -220- 要なときには協力しているような形でやっております。 以上です。 1番野中眞弓君。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 ○1番(野中眞弓君) 101ページの観光まちづくり推進事業について伺います。 これも高額の4,343万5,000円という予算がついております。その中で、まず委託料ですが、 どういう内容のものをどういうところに委託するのか、説明願います。 それから、工事請負費の施設改修工事、設備改修工事、これも2,910万円という多額の工 事が出ていますけれども、説明をお願いします。 それから、観光まちづくり会社補助金280万円出ています。この観光まちづくり会社わく わくカンパニーは、メインであるマイナビがほぼ撤退に近いような状況で、新しい組織とし てやるんだろうと思いますけれども、この新しい会社のことが、社長が町長だということ以 外には、私には見えないんです。会社組織はどうなっているのか。それからその会社の見通 し、どういう見通しをつけて進めようとしているのか伺いたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 野中さん、常任委員会いなかったから、そこら辺含めて答弁してくだ さい。 産業振興課長。 ○産業振興課長(西川栄一君) 観光まちづくり事業のそれぞれの委託料、工事請負費負担金 についてご説明をさせていただきます。 観光総合戦略策定業務委託料につきましては、大多喜町の観光の指針となる観光の総合的 な計画を策定するもので、今年2年目で来年度が3年目になります。来年度策定ということ で考えておりまして、現在も千葉銀行さんにこれは委託してやっているもので、来年度も引 き続きそのような形になるかと思います。 それから、観光活性化基本計画策定業務委託料540万円につきましては、これは養老渓谷 エリアの観光活性化基本計画の策定業務でございまして、養老渓谷を中心とした観光の活性 化の基本計画を策定するもので、これは来年度になりまして事業社を決定することになりま す。 それから、まちづくり業務委託料でございますが、これは城下町通りの夜のナイトエコノ ミーを演出しようということで、竹灯籠等を設置して集客等を図り宿泊につなげようという ような事業の委託料でございまして、LEDによる竹灯籠等を町の観光施設等に、商い資料 -221- 館とか釜屋さんとかそういうところに設置して、今いすみ鉄道で竹灯籠のイルミネーション をやっておりますが、ああいうような形でできればというふうに考えておりまして、それの 委託料となっております。 それから、工事請負費のほうでございますが、これは1,080万円につきましては、養老渓 谷観光センターの周辺の自然環境等を活用して、グランピングですとかキャンプですとかそ ういうのができないかということで、そういうものの整備のほうを計画しております。 それから、もう一つの施設整備工事1,830万円につきましては、粟又の滝のアイタップで
    すとか城下町通りの再整備事業、これについては屋号看板ですとか観光案内の看板を設置、 改修しようというもので、今後また地域の方と協議しながらこの辺の整備のほうを進めてい いきたいと考えております。 それから負担金のほうでございますが、観光まちづくり会社補助金、これにつきましては、 観光まちづくり会社DMCの経営人材として活動する人材に関する経費ということで120万 円です。それから、町内の観光スポットの2次交通のテスト運行を実施しようとするもので、 これが60万円でございます。それからICTを活用した情報発信の仕組みづくりの補助金と して100万円で、これはDMCのホームページの観光コンテンツのほうを今まで以上に充実 しようということで、SNSアカウント等の開設、多言語化の対応等をしていこうとするこ とに対する補助金となっております。 ○1番(野中眞弓君) 会社の組織と見通し。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) わくわくカンパニーのほうの会社の運営の方針ということですけ れども、マイナビのほうは11月21日をもって株のほうの減資をいたしました。それをもちま して、事実上、町が筆頭の株主という形になっております。その後につきましては、当初ハ ードを活用したいろんな事業展開を予定しておりましたけれども、そうではなくてソフト面 に重点を置いた形で事業のほうを展開させようとしているところです。 今現在については、駐車場の指定管理を受けておりますのでそういった面の収入、それか ら今後イベント等の開催等を計画した中で、会社のほうの収入のほうを進めていきたいとい うふうに会社のほうでは考えているところです。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 1番野中眞弓君。 -222- ○1番(野中眞弓君) 町の補助金の中にはDMCの経営人材費が含まれているということで すけれども、どういう組織でこれは運営されているし、これからするつもりでいるんですか。 ○議長(野村賢一君) 企画課長。 ○企画課長(米本和弘君) わくわくカンパニーは、株式会社として経営しておりますので、 組織的には会社として運営をしているところでございます。マイナビのほうは、減資した後、 専門の人材ということでそれまでマイナビのほうの社員の方がおりましたけれども、今現在 空白になっておるそういった席について新たに専門的にやっていただく方を採用させていた だきまして、その方の人件費ということで、会社と町で半分ずつ持って会社のほうに運営を 図っていくという考え方でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 私にとっては、幽霊会社みたいな気がして、本当に経営人材ってどう いう人がどういう経歴でどういう能力を持った人が当たるのか。町はどうやって、この会社 のお財布代わりになっているだけみたいなね。町はどうやって関わっていくのか、お金の面 だけではなくて経営に。何か初めから突貫工事で始まって、そうそうきちんとした計画も、 町としての計画もないような中で進められたような気がしてしようがないんです。 この間、私が学んだことは、民間はもうけがないとなると、うまい汁がないとなると逃げ 足が速いということですけれども、行政も私はそういう点で町民に負担をかけるようなこと があったら潔く事業を停止するという態度も必要ではないかという気がするんです。 その辺で、この会社組織、どうなのか。どういう人が経営に当たっているのか、当たらせ ようとしているのか、伺いたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 町長。 ○町長(飯島勝美君) このわくわくカンパニーにつきましては、今、企画課長がお答えした 内容でございますけれども、官民の会社という考え方で立ちますと、営利追求が全てではな くて、まず何よりも自立できる、赤字を出さないような事業体であれば私はいいと思ってい ます。 そして、やはりその官民という会社の利点というのは、やはり地域の経済の活性化あるい
    はこれは大きくは観光地づくりということの中で設立されておりますので、新体制の中では 個々の施設を造って利益を云々ではなくて、もっと大きな視点でそれぞれの地域にとって経 済に活性化できるように、または観光地づくりということの中で今これから進めていくとこ ろでございますので、今、先ほど野中議員からお話もありましたように、改めるところは改 -223- めて、やはりハード中心ではなくてソフトという部分に移行していくことによって、やはり 投下資本も大分違ってきますので、そういう中でやはりハードにお金をかけるということは 今度はそれを回収するということになりますので、それはなかなか厳しい。 そういうことで、むしろハードを少なくして、ソフトの部分でやっぱり町民と皆さんのお 力をお借りしながら、官民の会社の利点というものを生かしながら運営していくと、そうい ○1番(野中眞弓君) 答えになっていない。どういう人材が当たるのか、考えているのかと う方向で今進めてございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 いう。 ○議長(野村賢一君) 町長。 から進めていきたいと思っています。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 5番吉野僖一君。 ○町長(飯島勝美君) 今お答えしたように、そういう方向でその人材を求めていきますので、 やっぱり官民という会社の特徴というものをしっかり捉えた中での人材というものを、これ ○5番(吉野僖一君) 釜屋さんの今工事をやっています。それで、一応契約は今月の23日が 工期というか完成。23日までということで、予算が2,700万円ですか、改修費。順調にいっ ているんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 予算書に沿った内容で質問などをしてもらいたいなと思っています。 ○議長(野村賢一君) それは後で産業振興課長から言います。 よろしいですか。 (「はい」の声あり) ○議長(野村賢一君) それでは、款5農林水産業費、款6商工費、款7土木費の質疑を終わ 次に、款8消防費、款9教育費、款10災害復旧費、款11公債費、款12予備費の質疑を行い ります。 ます。 質疑ありませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) すみません、123ページの教育振興事業、大多喜中、需用費の食糧費 -224- 6万3,000円。幕張高校と習志野高校の生徒さんたちが来たときの昼食代を補助するという ことだというふうな説明を受けたんですけれども、もう一度それを言っていただくと同時に、 大型バスで幕張とか習志野のほうから来ると思うんです。やっぱり大変有意義な活動だと思 って、見た人は非常に感動して本当にすばらしいなということで生徒と保護者、先生も含め て大変な評判のいい事業です。 これが6万3,000円の費用以上に、私はすばらしい事業だと思っているんですけれども、 そのほかのバスで来ているので、もうちょっと費用を出して幕張高校とか習志野高校のほう に負担を少しでも和らげて、毎年来てもらうように予算の処置をもう少し検討するというこ とは考えられないでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(小高一哉君) ただいまの習志野高校と幕張総合のバスのほうなんですけれども、 教育のほかの予算のほうでそちらのほうは計上してございます。バスのほうは借り上げ料と して計上してございます。 以上です。
    (「今の関連で」の声あり) ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) バスというと、それでは、どこの何ページのどういった項目で来てい るのかということと、バス代の何割の補助なんですか。123ページの食糧費というのは、あ くまでもお弁当、食糧費と書いてあるからお弁当ということでしょうか。それで先ほど言っ たバスの借り上げというのは、どこの何ページのどういったところで幾らぐらい補助してい ○教育課長(小高一哉君) 詳細につきまして、ちょっと調べて後で報告させてもらってもよ るんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ろしいでしょうか。すみません。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (発言する者なし) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 款8消防費、款9教育費、款10災害復旧費、款11公債費、款12予備費の質疑を終わります。 これで令和2年度大多喜町一般会計予算の質疑を終わります。 これから討論を行います。 -225- 討論はありませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 6番麻生剛です。 議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算に対して、反対の立場より討論します。 私は、基本的には予算は人質に取らないという立場であります。しかしながら、歴史の法 廷の証言台に立つという重い責務から、そして住民の貴い血税をいかに住民目線の立場に立 って計画し実行させるかを、しっかりと見届ける権利から討論させていただきます。 執行部職員や議員各位においては、しっかりと聞いていただきたいと思います。 今回の予算編成では、町民の暮らし向きはよくなりません。どうでしょうか。町なかを見 渡せば、空き地、空き家の急増であります。町にこいのぼりのはためく姿は皆無と言っても いいでしょう。不幸のお知らせの捨て看板はよく見かけることと対照的であります。 このままでは、我がふるさとに夢と希望のともしびが点灯しない。現在の政府の行ってい る経済財政政策の根底にあるものは、新自由主義の理念に基づいたトリクルダウン理論です。 言わば、一部の特定の勢力が先に行き、そこから次に続く勢力を引っ張るという理論。ただ、 このことは既に破綻したのは言うまでもありません。なぜならば、富める者はより富める者 に、貧しき者はより貧しき者に、勝ち組と負け組に国民を分断させた政策であります。格差 社会を助長し、格差の固定化を促した間違った政策であります。 当町の予算編成も国と同様、かつて、竹中平蔵氏の唱えた向こう岸理論の遂行に当たりま す。 第一に、公共交通政策事業、高速バス運行補助金はいかがなものでしょうか。既に品川駅 再開発に伴い、京急からは撤退することが告げられました。当町の町民との約束も守れない、 大多喜町の思いも通せない。これも今思えば、あくまでも再開発後も残れるという希望的観 測であったということが判明したのは、先ほどの質疑で言うまでもないでしょう。ここに至 っては、これ以上の赤字の垂れ流しは百害あって一利なし。早期の撤退をより有効に生かす 道を探るべきであり、今こそかじを切るべきではないでしょうか。 執行部は、議員各位と全員協議会での要望、つまり車両の小型化や停車場の増設といった 削減案、これすら行おうとしない。この現状では、全く明るい見通しは立たないのではない でしょうか。泥沼にはまりにっちもさっちもいかないのが今の現状であります。そのことは よく分かっているでしょう。この5年間の時間を使い果たし、政策に失敗であったのは明白 であります。政治は結果責任であります。間違いをこれ以上続けることは許されません。 -226- 次に、観光まちづくり会社についても同様であります。一部の特定の方々のみが行うこと、 これがいいでしょうか。ましてや、大手企業に裏切られてもまだ目が覚めないのですか。し
    かるべき信用の置ける相手先を見つけるべきではないでしょうか。そして最も大切なことは、 一般の町民に広く門戸を開放してまちづくり会社を再編成し、本当の意味でのまちづくりを 行うべきではないでしょうか。 町の公金を投入するということは責任があります。このまま黙って見過ごすわけにはいき ません。今こそ、議会とは何か、議員とは何かが問われています。権力の暴走を止める役割 が議会にはあります。行政への監視機能です。このまま町当局の暴走を許していては、この 私どもの愛するふるさと大多喜町がレールから外れて転覆してしまうのであります。 私が、昔習った社会科学者マックス・ウェーバーは、社会の蹄鉄師になれと申しました。 これは書物から学んだことであります。議会議員に託された遂行するときでありましょう。 やらなければ、私たちは議会の死を意味します。 思い出してください、あのバブルのときのことを。日本中が狂ってしまったこと、証券会 社の元本保証、住専の問題、あのとき歴史は私たちに何を教えてくれたのかをよくよく思い 出してください。歴史は繰り返すと申します。悪夢を再び、町民に見せていいのでしょうか。 当然、議員各位は分かっていることと思います、私たちの役目は何であるかということを。 町民の目線で活動するということです。 私、プロシア、ドイツのことを専攻した関係がありまして、ビスマルクという方が、賢者 は歴史に学び愚者は経験に学ぶと申しました。今再び、バブルの時代のように行け行けどん どんの動きにストップをかけなければなりません。今こそ歯止めをかける、この役目が私た ち議会の役目です。ふるさと、愛する大多喜町を間違った方向に進めてはいけないんです。 私は、再三再四、警鐘を鳴らしております。今なら傷口は最小限にとどめられます。後世の 方々から決して後ろ指の指されない選択をしようではありませんか。そのことが明るい未来 のまちづくりをつくり上げることなんです。 よく、10年先を考えるなら木を植えなさい。100年先を考えるなら人を植えなさいと申し ます。教育は、国家100年の礎を築く大切なことであります。この大事な教育現場で起こっ た不祥事をどう考えているのか。その解決策として何にも手を打たず、あろうことか予算に まで計上された訴訟費用、弁護費用とは何なのか。かけがえのない大切な子供の人権を救え ない、現行の町の教育界に対して失望しております。 声を出せない被害者の方に寄り添うのが教育者の立場です。セクハラは重大犯罪です。抵 -227- 抗できない児童に対して、狂犬のごとき教師を野放しにしたことは教育界の罪であります。 任命責任と監督責任は問われます。今回のように、その小心な子供や関係者が勇気を上げた 声を無視しようとする、そんな裁判訴訟は直ちにやめるべきだと思います。弱者の身になれ ない、そんな予算計上に対しては断固反対します。 以上の観点より、町民に成り代わり、令和2年度一般会計予算案、反対討論といたします。 議員各位に至りましては、良心に基づき、この件についてご採択いただくことをご祈念申 し上げまして、終了させていただきます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかに賛成者の方はいらっしゃいますか。 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) ただいまは、麻生議員のほうから反対の討論がされましたが、その 内容についても深い意味がある点もないとは言われませんが、私は今予算についての賛成の 立場より申し上げます。 今予算については、個々の責任ではなくいろいろと問題点がないわけではありませんが、 しかし大多喜町の事業にとってとても大事な案件であります。高速バス運行等については、 先を見ますと非常に不安な状況に置かれていると思いますが、大多喜町にとって人口減少に 歯止めをかけるためにも、過疎地域から脱皮するためにも、交通の利便性、若い人たちの居 住を勧める中で、非常に大きな事業の一つであることは間違いないと私は思います。 この人口減少を食い止める上で、やるべきことはやっていただくことによって、今後の大 多喜町のために、今は数字的には赤字であっても経費の削減等を実行していくことで、まち にも光を見いだすことができると私は確信しております。
    町民の理解を得ることが大事と考え、町長はじめ町執行部の皆さん方にも、事業を成功さ せることが町民の理解を得るために必要ではなかろうかと思います。どうか議員と執行部が 一丸となって、この町の事業について成功させるために努力していく必要があるというふう に考えます。 私は、こういうことから、ぜひ執行部の皆さん方にも大いに議会と議論していただいて成 功させるように、ひとつ力をお貸しいただいて賛成の討論といたします。 ありがとうございました。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 1番野中眞弓君。 -228- ○1番(野中眞弓君) 私は、議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算に反対の立場で 地方自治の本旨は、いつも言うように地方自治法に述べられていますが、住民の福祉を増 進することにあります。住民の暮らし、命、安全、財産を守ることです。そのためには、住 民の置かれている状況を正しく捉え、住民の声に耳を傾ける姿勢が町政には求められていま 討論します。 す。 令和2年度の当初予算の概要の冒頭では、内閣府の経済見通しをそのまま引用し、雇用、 所得、環境の改善が続いており穏やかな回復が期待されるとのどかな判断をしています。果 たしてそうでしょうか。 内閣府の出したこのGDP国民総生産や雇用率は、安倍政権得意の勝手に計算方法を変え て政権に都合のいいようにはじき出された数字であることが明らかになっております。3月 9日、同じく内閣府より発表された去年10月から12月期の国内総生産の改定値、決定値です ね、2月に発表された速報値よりもさらに下がって、年率換算で7.1%の減少になっていま す。1年間で経済が7.1%下がる計算になります。大変なことです。景気下降局面での、昨 年10月より始まった消費税増税が家計を冷え込ませ、企業の設備投資を落ち込ませたという ことですが、全く納得します。 この時期は、町にとって予算編成の真っ最中です。安倍政権になって、アベノミクスの名 の下に平均収入は1人15万円も減っております。平均的家庭収入もしかりです。こういうこ とが発表されています。こういう住民を取り巻く厳しい経済状況をきちんと把握し、次年度 予算は住民の福祉増進、住民の暮らし、命を支える町政にしたいという姿勢が、この冒頭の 文章には見られないことは残念です。 3月9日は、もう印刷が間に合わないよと思われるかもしれませんけれども、2月の数字 が出されたときには、まだコロナも始まったばかりでこの概要の文章を変えることもできた 時代です。公式見解で住民の生活ぶりに配慮が現れないことを残念に思います。 もう1点、改めていただきたいことがあります。まちづくりに対する姿勢です。まちづく りの主体は住民です。役場が全部お膳立てして、さあどうぞ、こんな事業をやりますから集 まってくださいと住民を動かせばできるものではありません。今までほとんど、それで破綻 しているような気がします。住民の求めているもの、町の地域資産が何なのか、粘り強く聞 き届け、まとめ、構想が共有できたところで事業化、予算化すれば時間はかかるけれども、 まちづくりの王道ではありませんか。 -229- 先ほど、町長がまちづくり会社のところで、ハードではなくてソフトを充実させていくと おっしゃいましたけれども、まさにそのとおりで、しかもそれは職員の手で行ってこそ継続 が効くものだと思います。ところが、ここ数年の町のやり方は、補助率が高いとか、ふるさ と納税を使うからとかいうことで、不要不急の事業が予算承認の直前まで住民の代表である 我々議会議員にすら諮られずにごり押し的に進められ、税金が住民のために使われたのか、 職員の労力や技力は報われたのか、疑問に思うことが間々見受けられます。 民主主義の理念、地方自治の理念に基づき、住民の願いに耳を傾け、税金の無駄遣いから は民間会社のように素早く手を引き、住民の暮らし、安全、財産を守る町政の実現に、真面 目に働けば誰でも安心して暮らせる町政、若い人は安心して子育てができる町政を目指して
    具体的には、来年度まちづくり会社及び品川行きのバスの真摯な検討を希望して、私の反 ほしいと思います。 対討論とします。 以上です。 3番渡辺善男君。 きます。 ○議長(野村賢一君) 次に、ほかに討論ございますか。 ○3番(渡辺善男君) 私は、令和2年度大多喜町予算、賛成の立場から討論をさせていただ 先ほどから出ておりますが、高速バスについては、3便に減少することや今後の運行の不 透明さを懸念することも分かりますが、大多喜町として過疎、人口減少を脱却するには交通 政策というものは大変重要なものであります。3便の運行についても、事業者の事情による ところであり、単に赤字を批判するだけでなくもっと大きな将来を見据えるべきで、公共交 通に対しての補塡は必要であると感じております。ただし、当然のように補塡額を減少する 方向へ執行部も努力していただき、本事業を実施いただきたいと思います。 また、DMCの関係もございました観光まちづくり推進事業については、国の地方創生推 進交付金を受けて、大多喜DMCを核とした観光まちづくりとして実施する地方創生事業で す。本町の観光資源を基に、人と人をつなげる、住んでよし、訪れてよしを目指すため、地 域の事業者や住民を巻き込んで地域全体の動きにして取り組んでいく事業であり、本町の重 要課題である人口減少問題や地域の活性化の起爆剤としても、取り組まなければならない事 業と認識しています。 昨年度の事業内容や会社の運営等については、期間がなく準備や計画そのものに不備があ -230- ったとは反省していただきたいと思いますが、本事業を通じて産業を活性化し、地域の特性 を生かしたまちづくりを実現するためにも必要な予算と考えます。 そのほかにも本年度予算については、総合計画をはじめ、それぞれの計画に基づき予算化 されたもので、有害鳥獣対策、子育て、教育、水道未普及地域対策など、重点を置いた予算 であり、私はこの予算に賛成するものであります。 また予算全体を見渡してみますと、これまで長い年月をかけて積み上げてきた事業、また 災害対策等、近々の課題でありますことも地域と話し合い、いろんなことを吸い上げて、そ れができる限り盛り込まれているというふうに評価しております。 以上の理由をもちまして、私は本案を賛成したいと思います。どうか議員の各位にもご賛 同いただきたいと思います。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかに。よろしいですか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) これで討論を終わります。 これから議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算についてを採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 (「幾つですか」「何対幾つですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 8対3。反対3、賛成8。 よろしいですか。 (「了解しました」の声あり) ○議長(野村賢一君) したがって、議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算について ───────────────────────────────────────────────── は原案のとおり可決されました。 ◎日程の追加 ○議長(野村賢一君) お諮りします。
    ただいま、志関武良夫君外4名から、発議第1号 議案第28号令和2年度大多喜町一般会 計予算に対する附帯決議についてが提出されました。 -231- この発議第1号を日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議題と よって、提出された発議第1号を日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、 したいと思います。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 直ちに議題とすることに決定しました。 事務局職員から議案を配付いたします。 (議案配付) ○議長(野村賢一君) 議案の配付漏れはございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 配付漏れなしと認めます。 ───────────────────────────────────────────────── ◎発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 追加日程第1、発議第1号 議案第28号令和2年度大多喜町一般会計 予算に対する附帯決議についてを議題とします。 本案について、提出者の説明を求めます。 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 私は、議会を代表して、発議第1号 議案第28号令和2年度大多喜 町一般会計予算に対する附帯決議についてを申し上げます。 上記の議案を、大多喜町議会会議規則第14条の規定により、別紙附帯決議案を添えて提出 します。 提案理由の説明を行います。 高速バスの運行については、10月以降の事業運営が不透明なため、人口流出や定住、交流 人口の減少に拍車がかかることが懸念されております。本事業については、再度、住民ニー ズを的確に捉え事業に取り組むよう強く要請するとともに、本町の将来を見据えた公共交通 施策の実現に取り組むことを求めるため、次の決議を行うものであります。 議案第28号 令和2年度大多喜町一般会計予算に対する附帯決議。 本町では、大多喜町第3次総合計画の公共交通の基本方針に基づく高速バスの利便性と、 若者の定住化を推進することから、新規路線として本町から羽田空港経由の品川駅間を本町 -232- 独自で平成27年度に開設し、都心までの直通便ということで、通勤、通学の利便性の向上と 若者の定住化や人口流出の抑制等に大きな効果をもたらすだけでなく、人口減少が全国的に 問題視される中で、この施策が本町にとって大事な事業の一つだと認識しております。 しかし、令和2年3月末日をもってバス会社との5年間の契約が満期となり、4月からの 運行については新契約によって走行することになるが、これまで1日6往復から半分の3往 復に縮小され議会と十分な議論がされない中での運行になり、10月以降は品川駅周辺の大規 模な再開発により乗り入れすることはできなくなるということから、今後の事業運営が不透 明なため、人口流出や若者の定住、交流人口の減少に大きく拍車がかかることが懸念されて おります。 現在運行されている乗車人員は、利用促進の取組により増加しているものの、バス会社の 人件費や運行経費等の増加により赤字が解消されず、毎年5,000万円超の補助金の交付とな っているわけでございます。 公共交通事業ということから、運行収支に関わる補塡は必要なことと認識しておりますが、 将来に向けた本町の財政に大きな負担になるおそれがあり、少しでも経費の削減を心がけな がら努力する必要があると考えるところです。 よって、本高速バスの運行施策に対して、公共交通事業を担う責任を理解し、少しでも町
    民の負担を軽減し事業に取り組むよう要望するとともに、本町の将来を見据えた公共交通施 策の実現に真剣に取り組まれるよう切望し、下記について決議いたします。 1、住民ニーズを的確に捉え、高速バスの利便性の向上や経費の削減を図ることを含め、 持続可能な計画を立て運行することを求めるのでございます。 令和2年3月17日、大多喜町議会。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) 今日は、5人の方が発議なさいました。この中で、1つ重要な案件が 欠けている。それは、全く期限が書かれていない、いつまでに解消するのか、いつまでに計 画をつくるのか。ただ単なる要望、それはもうまやかしであるということが、先ほど来、分 かっていることであります。 -233- 希望的な観測を言い、そしてそれに対する説明責任も果たさない。そんな状況の中で、議 会議員としてこのような発議のみで、その内容的なものもきちっとした明確な期限も計画も ないものに対していちずに、思いは分かるけれども賛成するわけにはいかない。そのことに 関しましてお答えいただきたい。 ○議長(野村賢一君) ほかにありますか。 今、質疑をやっているんですけれども。 (「答えてもらいたいということだから」の声あり) ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 今、大多喜町が抱える状況、それは過疎、大きな問題として過疎地 域に指定されたことは大きな問題になるんだと私は思います。 そういう中で、この過疎地域を高速バスを運行しない。そういう形になりますと、過疎地 域の解消がなかなか進まなくなるんじゃないかなと、そういう懸念が私はございます。 それと、それに追随して、人口の減少に歯止めをかけることができなくなる。そういう大 きな問題を抱えてくる。やはり今でも他市、他町に移住している若者がこの町にこれから住 まなくなってくる。そういう将来を見据えた中で、この交通政策というものは非常に大切な 事業の一つだと私は認識しております。 皆さん方にも、いろんな考え方があろうかと思いますけれども、私はこの交通政策の高速 バス運行については、非常に大切な事業の一つだと私は考えておりますので、よろしくお願 ○議長(野村賢一君) ほかに質疑ございますか。 いします。 6番麻生剛君。 ○6番(麻生 剛君) マスクを取らせていただきます。6番麻生剛です。 今、発議者の志関議員からのお言葉、私が尊敬する、また交通経済学にもお詳しい方の言 動ですので、それなりに重く受け止めております。 しかし、私の言わんとしていることに対して、はっきりとした回答が得られておりません。 この問題に関しては、先ほど来、もう希望的観測をしてはならないんだと、そしてご存じの ように期限もある、そこの期限も提示されない、具体的な計画もない、これでは納得するわ けにはいかない。なぜならば、町民の皆さんが、この問題について過去5年間じっと耐えま した。それは、皆さん方執行部の皆さんや議員各位を信じたからであります。 しかし、もう既に破綻しているじゃないですか。そのことに対しては、しっかりと真摯に -234- 受け止め、これをこのまま、また認めるようなことをしたら、何のための私たちは行政監視 機能を持っているんでしょうか。町民の皆さんが、この公金返還訴訟を起こされた場合、こ の発議の方々は責任を取れるんですか。それぐらいの覚悟を持ってやっていただかなくては いけない。
    執行部の皆さんはお分かりだと思う。明るい未来を築き上げるために毎日やってきた。で も結果として、失敗した。その説明責任は、執行部も私ども議員各位も町民の皆さんにお伝 えしております。しかしながら、まだ目が覚めないのかと言いたいんです、私は。こういう 具体的なことすら提示されないような発議は、絵に描いた餅であります。そのようなことを 認めることは、政治家としての死を意味します。 以上です。 1番野中眞弓君。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 ○1番(野中眞弓君) 公共交通と言って、品川行きだけが東京をつなぐバスであるかのよう におっしゃっていますけれども、今現実の問題としては、東京とここをつなぐのは民間会社 のバス路線がしっかりとあります。今度3便になって運行を引き受ける品川行きのバス会社 と同じです。 ところが住民にとっては、例えば発車、朝の時間がほぼ重なって無駄だとかそういう使い づらさ、時間をずらしてくれればもっと使いやすくなるのにとかという声も聞かれますが、 そういう意見も反映されていません。私たち町民としては、本当に町としての経費なしで使 いやすいバス路線があるといいなという気持ちを強く持っています。品川行きに限らず、バ ス会社と交渉して、使いやすい、補助金の要らない路線の契約、そういうものを求めさせる 気はないのですか。 提案者にお伺いいたします。 ○議長(野村賢一君) 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 先ほども私、申しましたけれども、麻生議員のほうからも強く指摘 されたこと、これは確かに期限を切っていないということでございますけれども、私は一般 質問の中でも、また附帯決議の中でも申したように、これからの大多喜町にとって必要なも の、それについて皆さんのご理解をいただくためにも、やはりそういう修正するところは修 正して、これからやっていってくださいよということを含めて私は言っていると思うんです。 そういう中で、やはり今の大多喜町にとって、この過疎を脱却するためにどういうことが、 -235- じゃ、できるんですかと、どういうことをやったら過疎地域から脱却することができるんで すかということを私は聞きたい。やっぱりこれは交通網というものがなければ、ここは到底 そういったものから脱却することはできないと私は確信しております。それだけに、この交 通網の整備というものについては、重要な課題であるというふうに私は認識しております。 以上です。 5番吉野僖一君。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 ○5番(吉野僖一君) この5年前ですか、高速品川行きをやる前に、志関さんが班長で、根 本さん、野中さん、私が、森宮地区に出前議会がありました。そのときに、町民からの声、 女性たちの声で、先生方、既存のバス路線の増便をしたほうが利口でしょうとそういう意見 だったんです。 それで、私が初め賛成したんだけれども条件つきだったんです。金田がいっぱいなんだか ら、それならバスターミナルと鶴舞と寄ってお客を乗せなくちゃ維持継続できないんじゃな いですかと私は言ったんです。それを大多喜でゼロなんです。そういう経営努力をしないで ただ5年経過して、これでまた継続するというのはやはりおかしいと思います。それで私は 反対です。 4番根本年生君。 ○議長(野村賢一君) ほかに質疑ございませんか。 ○4番(根本年生君) 志関議員をはじめ、議員の皆様からの附帯決議が公表されました。や っぱり私は、高速バスは本当にすばらしい事業だなと、これを成功させなければならないと 思っています。しかし、今の現状では、なかなか高速バスを走らせることによって結果が出 ていないというのは事実だと思うんです。 だから先ほど私が言いましたように、もっと積極的にこの事業を成功させるために、定住
    化を図ることが目的なんでしょうから、そういったことをこの附帯決議を決議になった後は、 町のほうで真剣に取り組んでいただいて、少しでも将来、本町の財政の負担になるおそれが ある経費の削減を心がけながら、なぜ、この高速バスが走っているのかということを、この 発議がもし可決された折には、行政の皆様には、高速バスを走らせることによって町が活性 化するように、重々努力をしていただければ幸いだと思っております。 よって、私はこれには賛成するつもりですけれども、ぜひとも高速バスを有効に生かして 町の活性化に努めていただきたい。今は、ほとんどそれが行われていないようなふうに、私 -236- は考えておりますので、これを機に努力していただいて町の活性化に高速バスがつながるよ う一生懸命やっていただければと思います。 ○議長(野村賢一君) ほかに発言していない方の質疑はございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) それでは異議なしと認めます。 これから発議第1号を採決します。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 (「幾つですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 同じですよ。 (「同じですか、はい分かりました」の声あり) ○議長(野村賢一君) したがって、発議第1号は原案のとおり可決されました。 ここでしばらく休憩します。 この間に昼食をお願いして、午後は1時20分から再開します。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 零時17分) (午後 1時20分) ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第29号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第2、議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特 別会計予算についての質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 (「なし」の声あり) -237- これから議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算についてを ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 採決します。 お諮りします。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 ては原案のとおり可決されました。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 したがって、議案第29号 令和2年度大多喜町鉄道経営対策事業基金特別会計予算につい ─────────────────────────────────────────────────
    ◎議案第30号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第3、議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予 算についての質疑を行います。 質疑はありませんか。 1番野中眞弓君。 この減額の要因は何でしょうか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ○1番(野中眞弓君) 時々ページが抜けると思いますけれどもご容赦ください。 174ページ、国民健康保険税で前年度と比べると1,150万1,000円の減額になっています。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) ただいまの質問につきましてお答えさせていただきます。 1,150万1,000円の減額の理由はということでありますけれども、減額の理由といたしまし ては税率の引下げ、これにつきましては医療費分の所得割で7.5パーセントから6.8パーセン トに下げたことと被保険者数の減によるものと考えております。 ○1番(野中眞弓君) 今のに関連してですけれども、昨年と比べると1人平均、保険料はど 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかに。 1番野中眞弓君。 うやって変わっているんですか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 -238- ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 国民健康保険税の1人当たりでいきますと、令和元年度の 1人当たりの国民健康保険税は10万113円でございます。また、令和2年度の1人当たりの 国民健康保険税では9万9,598円でございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 関連になるかもしれませんけれども、減額の中に子供の均等割を削っ たということはありませんか。子供の均等割について、もしも削っていないとすれば、削っ ていないのでこれから先、削るとすれば全国的な傾向になってきているんですけれども、そ のことは。どのくらいの経費があれば子供の均等割をなくすことができますか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) ただいまの質問ですけれども、子供の均等割を減免したわ けではございません。それから、子供の均等割を減額した場合の試算ということでご報告を させていただきたいと思います。初めに、これは平成31年4月1日現在の国保加入者、 2,591人のうちなんですけれども、18歳までの国民健康保険加入者数を申し上げますと210名 ございます。年齢ごとの内訳では、就学前のお子さんでは66人、小学生で64人、中学生で40 人、高校生で40人となります。 均等割についてということでございますけれども、試算をいたしましたところ、18歳まで 全員を減免した場合は638万4,000円、15歳までを減免した場合は516万8,000円、中学生を減 免した場合は121万6,000円、小学生を減免した場合は194万6,000円、それから就学前のお子 さんを減免した場合は200万7,000円でございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) 4回目だけれども。 ○1番(野中眞弓君) 関連。だって、1つの事項に対して3回までできるでしょう。 ○議長(野村賢一君) 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 高校生までやるにしても638万円で済みます。品川行きのバスをなく せば何年分になるでしょう、7年分くらい出てくるわけですね。本当に無駄をなくして住民 が暮らしやすい町にする、子供を育てやすいまちづくりにするという点でも必要だと思うん ですが、子供の減免、いつ頃やるか計画はないですか。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。
    -239- ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 子供の均等割を減免する計画という質問でございますので、 これにつきましては子育て支援政策の一つとも考えられますけれども、減免を行うことによ りまして減収となる補塡財源をどうするか、またお子さんのいない世帯へ減収分を転嫁した 場合、その世帯負担の増加することが懸念をされます。 保険税につきましては、国保加入者が医療機関等を受診したときの医療費の支払いなどに 充てるための財源の一つでありますので、そういった意味で加入者が公平に負担するように このようなことから、相互扶助という制度の中で負担の公平などを考慮いたしまして、税 務住民課といたしましては野中議員の言われたことに対しましては減免することは今のとこ なっております。 ろ考えてはおりません。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 ○1番(野中眞弓君) 別件。 ○議長(野村賢一君) もう野中さん勘弁してください。 ほかにありませんか。 ○1番(野中眞弓君) じゃ、これ3項目め。 ○議長(野村賢一君) はいって言っていないよ。何ですかということ。もう5回目ですよ。 ○1番(野中眞弓君) 発言はでしょう。ただ……。 ○議長(野村賢一君) 質疑だよ、今。 ○1番(野中眞弓君) すみません。1項目ずつ3項目だと思っていたんです。 ○議長(野村賢一君) 違うよな。 ○1番(野中眞弓君) 3項目め、やらせてください。 ○議長(野村賢一君) 3項目め。 ○1番(野中眞弓君) 3項目めです。 (「違うページにということ」の声あり) ○議長(野村賢一君) ページはそれぞれ違う。 ○1番(野中眞弓君) ページは保険証、資格証に関わる問題なので。 れども。 ○1番(野中眞弓君) 私も切にお願いします。 -240- ○議長(野村賢一君) 先ほど、今朝、各項目3回までという、切にお願いしたつもりですけ ○議長(野村賢一君) じゃ、後は担当課でやってください。 ○1番(野中眞弓君) 緊急性のある問題ですから。 ○議長(野村賢一君) 緊急系。それは。 ○1番(野中眞弓君) よろしいですか。ありがとうございます。 ○議長(野村賢一君) いや、許可していないですよ、まだ。勝手に自分で決めないでくださ いよ。強引ですよ、少し。ルールはルールですから。 ○1番(野中眞弓君) お願いします。 ○議長(野村賢一君) じゃ、特別に許可します。これからはもう許可しません。どうぞ。 ○1番(野中眞弓君) ありがとうございます。コロナウイルスの関係で資格証の人たちはな かなか医者にかかりづらいと、短期証を発行するようにという通達を厚労省は出すとかと言 っていたんですけれども、その件についてどうなっていますか。特に役場のほうに来ても住 民のところにそれが伝わらないと役に立ちませんので、どのように周知するのか伺いたいと 思います。 (「予算書にないでしょう。そういうことでいいですか」の声あり) ○議長(野村賢一君) 今の質問は予算書には載っていないということで。 ○1番(野中眞弓君) 保険証の関係。どこかにない。 ○議長(野村賢一君) 保険証も載っていないでしょう。保険証も載っていないですよ。 ほかに。野中議員、後で税務住民課長とちょっと。
    ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 簡単に討論させていただきます。国民健康保険は昔は豊かな自営業者 や農業者、漁業者が加入者に多かったのですが、現在は退職者、失業者、あるいは非正規労 働者など、収入に不安な方々が多数加入しています。押しなべて収入は低いのに国保の場合、 ほかの健康保険組合などの保険料に比べてずっと高いものになっています。 この原因は1980年代における国保料に関しての国の負担は45パーセントありましたが、今 ではほぼ25パーセントまで下がっています。この下がった分をほとんど保険料の値上げで国 -241- 民に埋めさせている、そこに問題があります。 赤ん坊や学生など、収入があるはずもない者からも均等割という名で保険料を掛けていま す。赤ん坊が1人生まれれば年3万4,000円保険料が高くなり、滞納者も必然的に増えます。 未加入者も増えます。 全国知事会はこういう状況に対して国保会計に1兆円投入して抜本的に改善するよう要求 を出しました。当然です。国がなかなかまだ動こうとしません。解決の根本的なポイントは 国が握っているのですが、待ってはいられません。町でもできる限り努力をすべきだと思い ます。少子化対策も含め18歳まで、できれば大学卒業までの均等割を免除すべきだと考えま す。 かつて実現不可能かなと思っていたことがあります。それは、一般会計からの保険料軽減 のための繰入れでした。飯島町長になって2年目くらいのときにやりましょうということで、 1世帯当たりにすると1万円くらいになるのでしょうか、そのくらいの繰入れを一般会計か ら出すという英断を町長が下されました。私は本当に天にも昇る思いでした。それもおとと しからでしょうか、県が国保会計に関わるようになってからなくなりました。そのことを考 えれば、均等割の、高校生まで均等割を無償にしても一般会計から六百幾らでしたっけ、 638万……650万あれば十分できるわけです。 ぜひ町民が望んでもいない事業を中止して、高過ぎる国保税、特に子供の国保税の削減を 実現していただきたい。安心してお医者さんにかかれる、滞納者もいないようなそういうま ちづくりにしてほしいということを訴えて、今のままでは住民は困りますので反対討論とい たします。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかに討論ございませんか。 5番吉野僖一君。 ○5番(吉野僖一君) 賛成討論でお願いします。 国民健康保険特別会計、私は賛成の立場で討論いたします。公的医療保険である国民健康 保険は医療技術や進歩や少子高齢化、国保加入者の減少により年々医療費に対する自己財源 の確保は困難な状況になっています。このような中、平成30年度から国民健康保険事業にお いては県も保険者となり広域化が実施されました。令和2年度の予算総額については12億 6,013万7,000円が計上されております。国保制度は広域化され、令和2年度は3年目を迎え ますが歳入におきましては保険税や県からの交付金等は適正に計上されています。 -242- また、歳出についても保険給付費、特定健康診査、特定保健指導に関する経費などが計上 されており、また医療費の抑制を図るための保健事業などの適正な運営が見込まれます。こ れらの社会保障制度を維持していくためにも適切な予算と考えます。以上のことから本予算 これから議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算についてを採決しま については賛成するものです。 以上です。
    ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 す。 お諮りします。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 のとおり可決されました。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 したがって、議案第30号 令和2年度大多喜町国民健康保険特別会計予算については原案 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第31号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第4、議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計 予算についての質疑を行います。 質疑ありませんか。 1番野中眞弓君。 因がどこにあるのかもお願いします。 ○議長(野村賢一君) 税務住民課長。 よろしいでしょうか。 ○1番(野中眞弓君) はい。 ○1番(野中眞弓君) 保険料の去年と今年の平均保険料を教えてください。そして、その原 ○税務住民課長(多賀由紀夫君) 昨年と今年ということでありますけれども、1人当たりで ○税務住民課長(多賀由紀夫君) それでは質問にお答えをさせていただきます。 -243- 後期高齢者医療の1人当たりの保険料についてということでございますので、令和元年度 の1人当たりの保険料につきましては4万3,345円でございます。また、令和2年度の1人 当たりの保険料は5万3,988円でございます。 昨年と今年についての増えた理由ということでございますけれども、令和2年度から令和 3年度にかけまして、2か年におきまして均等割で4万1,000円から4万3,400円に、それか ら所得割で7.89パーセントから8.39パーセントに保険料率が変更されたことが要因と考えら れます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 高齢者の年金、国民年金などはマクロスライド制で物価が上がっても 年金を上げないシステムを今年度採用しました。来年度も2年連続でやるんだそうです。消 費税が去年の10月に上げられました。社会保障にみんな使うということでした。あるいは取 り過ぎた─取り過ぎたじゃなくて上がった分は返しますとか、そういうでたらめなことを 言っています。 後期高齢者、今課長から報告がありましたように、去年と今年で1人当たり約1万5,000 円ほど保険料が値上げになります。年金は減らされる、間接税は上げられる、そして保険料 も上げられる、本当に年寄りと貧乏人は医者にかかるなと言われているのと同じだと思いま す。社会保障として後期高齢者医療制度のこの保険料のかけ方については、全く承服できま せん。
    これをもって私の反対討論といたします。 ○議長(野村賢一君) ほかに討論はございませんか。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 私は、令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算に賛成の立 場から討論を行わせていただきます。 -244- 本当に医療費が、医療費というか保険料が安くて済むということは本当に願うところでご ざいますけれども、皆様もご存じのように昨今の現状では75歳以上の被保険者の数が増えて いること、また1人当たりの医療給付費の増加が考えられているところでございます。この ようなことからも令和2年度、また令和2年度には診療報酬改定が行われ、令和2年度、3 年度との保険料の算出もされたところでございます。 その中で後期高齢者医療としましては保険料調整基金、余剰金を活用し保険料の上昇を抑 制するために令和元年度までの財政運営期間を通じて、約49億4,900万円が見込まれるとい うことで、こちらを令和2年、3年度の保険料率の上昇抑制のために全額繰り入れていると ころでございます。 後期高齢者医療機関としましても、できる限りの軽減措置を取っていると思われますこと から、私は賛成の立場とさせていただきます。 ○議長(野村賢一君) ほかに討論はございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これから議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算についてを採決し 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 ます。 お諮りします。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 案のとおり可決されました。 したがって、議案第31号 令和2年度大多喜町後期高齢者医療特別会計予算については原 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第32号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第5、議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算に ついての質疑を行います。 質疑はありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 介護保険でも保険料が減額されております。その要因は何ですか。 -245- ○議長(野村賢一君) 健康福祉課長。 ○健康福祉課長(長野国裕君) こちらにつきましては、消費増税の対策といたしまして低所 得者への減額が行われたことによるものでございます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) 保険料は減額されています。1段階から3段階までの人たちの減額で す。そのほかの人たちもやはり、先ほど高齢者医療のところでも言いましたけれども、年金
    は減らされ消費税は増やされという中で、今までどおりのお金が年金から天引きされていく わけです。これも初めに制度ができたときには保険料は月2,000円台だったと思います。十 何年たって2倍以上になっています。年金が2倍以上になったかというとそんなことはあり ません。 こういう点で制度の維持のためとか公平な負担とかいう中で、国民いじめの最たるものの 一つだと私は思います。もちろんうちも介護保険のお世話になってありがたいと思うのです が、社会保障として国民負担をもっと減らすべきだと考えます。 介護保険についても町の繰入れが考えられてもいいのではないかということを提案して反 対討論といたします。 7番渡邉泰宣君。 ○議長(野村賢一君) 次に賛成者の発言を許します。 ○7番(渡邉泰宣君) 私は令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算について賛成の立場か ら意見を述べさせていただきます。 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算について、我が国は少子高齢化の進展とともに 要介護高齢者が増加する一方で、それらを支える現役世代が減少傾向にあり、介護サービス の質、量の充実で要請されることは本町も例外でありません。令和2年度の介護保険事業は 第7期介護保険事業計画の最終年を迎えることとなり、予算総額は12億円を超え、前年度と -246- 比較しますと2.7パーセントの伸びとなっています。 歳入を見ますと保険給付及び地域支援事業に要する費用に対して支払われる国・県などの 負担金、交付金等、第2号被保険者保険料は増加しているものの第1号被保険者保険料は被 保険者数が増加しているにもかかわらず前年度比2.2パーセント減となっています。このよ うな厳しい財政状況にある中、滞納者への臨戸徴収を実施するなど収納率を向上に向け引き 続き適切な賦課徴収業務を遂行されるよう強く願います。 また、歳出につきましては高齢者の増加に伴う介護保険サービス利用者の増加に加え、近 隣市町村での介護保険施設の開設や町内の小規模多機能居住介護施設が開設するところによ り、ますます介護給付費等の増加が見込まれます。よって、今後もさらに介護給付費等の抑 制につながるような介護予防施設を十分検討するようお願いし、令和2年度大多喜町介護保 険特別会計予算について賛成討論とさせていただきます。 以上です。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これから議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算についてを採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 おり可決されました。 したがって、議案第32号 令和2年度大多喜町介護保険特別会計予算については原案のと ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第33号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第6、議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算につい ての質疑を行います。 質疑はありませんか。 1番野中眞弓君。 ○1番(野中眞弓君) ページ、35ページ。委託料とあります。今、町が委託を出しているの -247- が水質検査と浄水場警備と汚泥処理等ですが、今全国的に水道事業そのものを民間委託とい
    う、経営の民間委託をしようという動きがかなりあちらこちらで噴出してきています。水道 は命の本当に動脈です。民間のもうけの対象になるべきものではないと思いますが、私、前 に一般質問でやった、数年前にやった気がするんですが、今世界的な流れの中でやっぱり民 営化はそぐわないということで、200を超える自治体が世界的な規模では公営に戻している という、日本はそれと逆行の動きが出ています。 例えば、浜松市だとか、9月議会のときには三島市とか、今は仙台市が大荒れに荒れてい るという話を聞いていますが、本町ではこの水道会計を民間委託をする考えというのはあり ますか。民間委託についてどういう考えを持っているのか伺いたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 予算書はないな。野中議員、これは予算書に載っていないので。 ○1番(野中眞弓君) 一般質問……。 ○議長(野村賢一君) 一般質問、そうだね。討論か一般質問でやってくれればありがたいん ですけれども、今ないものを課長に答えろといってもちょっと無理でしょう。ごめんなさい。 では、ほかに意見ありませんか、質疑。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これから議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算についてを採決します。 お諮りします。 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 可決されました。 したがって、議案第33号 令和2年度大多喜町水道事業会計予算については原案のとおり ───────────────────────────────────────────────── -248- ◎議案第34号の質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 日程第7、議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業 会計予算についての質疑を行います。 質疑はございませんか。 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) ページ、6ページの支出のところで本年度予定の支出が2億8,289万 9,000円となっています。それで、たしかもう、1年ぐらい前になると思いますけれども、 全員協議会か何かのときに、この特別養護老人ホーム収支予想表というのを議会のほうに配 付されました。これを見てみると、令和2年度の支出の予想が2億6,400万の予想になって います。今回2億8,000万だと約2,000万ほど支出が増えているような状況です。 それで、前年度もそうだったんですけれども、当初の赤字が5,000万ぐらいという予想を 立てたところ8,000万近い赤字になっているということです。それでこの予想表を見ると、 令和4年には期末残高が5,500万ぐらいということになっています。これもほとんど予想を 上回るペースで赤字が増えていると思われます。それで、やはりこの毎年決算のときになる と、ここ何年か決算の赤字が膨らんでいるような傾向にあると思います。今、期末残高があ るから赤字をここから補塡しているんですけれども、令和4年度5,500万の仮に期末残高で いくとすると、もう次の年になくなってしまうような状況だと思うので、今回はこれとして ○議長(野村賢一君) 根本議員、令和4年度の今金額を言ったんだけれども、そんな資料こ っちにはないんですけれども。 ○4番(根本年生君) それ前の全員協議会のときに配られた。前に全員協議会のときに配ら
    …… れ…… ○議長(野村賢一君) できれば予算書に沿ってやっていただけませんかね。 ○4番(根本年生君) ですから、予算書、じゃすみません、あまり聞きません。 ○議長(野村賢一君) 申し訳ございません。 ○4番(根本年生君) 要は、いすみ鉄道にしても高速バスにしても、何かやっぱり町の重要 な施策については一般、本会から助成金や補助金を入れて、町にとって非常に大切なものは 安定的に運営していくということは非常に大事なことだと思っていますので、やはり計画的 に毎年1,000万とか1,500万とか分かりませんけれども入れて、安定的に経営ができるように、 もし黒字になればその出した金は返してもらえばいいわけですから、やはりここは安定的に -249- 計画をつくって二、三年後に新しい特別介護老人ホームですか、民間の施設もできるやに聞 いています。今年も福祉の施設もできました。 そういったものの兼ね合いも見ながら今後この計画をつくって計画的にこの予算書を作成 して安定的に運営していくような形を取っていかないと入所している人も不安でしょうし、 働いている人も不安でしょうし、ぜひ計画をつくって安定的に運営できる計画書を作って予 算を執行してもらいたいと思いますけれども、いかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) ちょっと厳しい質問だね。現状で2年度の予算書で予算をやったのが、 これからのを答えられるか。 特別養護老人ホーム所長。 ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) 今のご質問でございますが、今現時点では職員一 同赤字の削減に努力してまいりたいと考えております。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 ○4番(根本年生君) 赤字の削減というのは、本当に私が見ていても一生懸命やっていると 思います。いろんな食費の面とかいろんな面で赤字を減らす努力はしていると思いますけれ ども、やはりこれには限界があると思っているんですよ。ですから、やはり計画、しっかり した計画をつくった、安定的に運営できる計画をつくって、そのためには本会のほうから補 助金も必要かも分かりません。そういったものも含めて予算は組んで執行していくべきだと 思いますけれどもいかがでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 俺はちょっと理解できないな。 特別養護老人ホーム所長。 ○特別養護老人ホーム所長(秋山賢次君) 今、根本議員からご質問がございましたが、まだ 取りあえずなんですが、企業会計のほうに積立てが残っておりますので、こちらのほうで対 処していきたいと考えております。 ○議長(野村賢一君) 精いっぱいの答弁だと思うよ。これ以上はちょっと必要か、これ。 ○4番(根本年生君) 一生懸命やっているのは本当に重々分かっているんです。分かってい ○議長(野村賢一君) 分かっていて質問しちゃまずいよ、それ。それは確信犯だよ、まずい るんですけれども…… よ。 町長。 ○町長(飯島勝美君) 何か一般質問に近いようなことで、でも大変ご心配していただいてい -250- るところでございますので、計画書は計画書として先ほどもお手元にありましたもので作っ てはいます。こういったものをまた見ながら修正をできるところは修正しながら、何よりも まだ期限が十分その4年にはございますが、ですから、その計画書にも令和4年、まあ何と かなるということも出ておりますので、それ以上の先が見えなくなったときのことでいえば 一般財源からの支援というものを考えなければなりませんが、その間に何とかやはりどうい う形で立て直すかというのは今、所長の答弁で全力で努力しながら経営ができるように、安 定できるように進めてまいりたく思っています。 ○議長(野村賢一君) よろしいですか。
    ほかに質疑ありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これから討論を行います。 討論はありませんか。 9番吉野一男君。 ○9番(吉野一男君) 私は賛成の立場から討論をさせていただきます。 特別養護老人ホームの予算につきましては、介護報酬の引下げや施設の老朽化に加え、介 護士の不足などの条件が重なり赤字決算が続く大変厳しい状態であります。運営費に充当で きる資金も徐々に減少傾向にある中で、今後の経営が危惧される状況であります。 そのような状況ではありますが、現在のところ大多喜町には他の特別養護老人ホームが存 在せず、大多喜町特別養護老人ホームは大多喜町に存在する唯一の特別養護老人ホームであ り、町営ということもあり町内の困難事例の方も多く受け入れており、大多喜町の福祉に大 きく貢献しております。 また、公的機関では先進的とも言える外国人技能実習生の受入れも実現しており、今後は 外国人技能実習生の活躍も大いに期待できる状況であることに加え、収入面では報酬の加算 取得を継続しつつ支出については各分野で経費削減に努力が見えており、とりわけ光熱水費 においては令和元年度の実績で前年度比80パーセント台まで削減するなどの経営改善努力が うかがえ、徐々に経営改善の傾向にあると思います。 ただし、施設の関係者におかれましてより一層の経営改善に努力を要望いたします。この ように施設の必要性と経営努力はうかがえることから令和2年度大多喜町特別養護老人ホー -251- ム事業会計の予算について賛成するものでございます。 以上でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これから議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算についてを採 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 決します。 お諮りします。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 は原案のとおり可決されました。 ◎日程の追加 ○議長(野村賢一君) お諮りします。 したがって、議案第34号 令和2年度大多喜町特別養護老人ホーム事業会計予算について ───────────────────────────────────────────────── ただいま町長から議案第35号 大多喜町行政組織条例の一部を改正する条例の制定につい ての議案が提出されました。 この議案を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。 これにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 よって、提出された議案第35号 大多喜町行政組織条例の一部を改正する条例の制定につ いてを日程に追加し、追加日程第2とし議題とすることに決定しました。 事務局職員から議案を配付いたします。 (議案配付)
    ○議長(野村賢一君) 議案の配付漏れはございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 配付漏れなしと認めます。 -252- ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第35号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 追加日程第2、議案第35号 大多喜町行政組織条例の一部を改正する 条例の制定についてを議題とします。 本案について、提案理由の説明を求めます。 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) それでは、議案第35号 大多喜町行政組織条例の一部を改正する 条例の制定について、本文説明の前に提案理由のほうを説明させていただきます。 本条例案は地方自治法第158条第1項の規定により設置しております役場内の組織及びそ の分掌する事務について定めている大多喜町行政組織条例の一部を改正し、令和2年4月1 日から施行しようとするものでございます。 その改正内容は、産業振興課を廃止し農林業振興に関する業務と商工観光振興に関する業 務をそれぞれ独立させ、新たに農林課及び商工観光課を設置しようとするものでございます。 また、分掌事務の移動に伴う改正を行うものでございます。 それでは、本文の説明に入らせていただきます。 大多喜町行政組織条例の一部を改正する条例。 大多喜町行政組織条例(平成16年条例第7号)の一部を次のように改正する。 第1条中「産業振興課」を「農林課 商工観光課」に改める。 第2条、総務課の項第8号を削り、同項第9号を同項8号とし、同条企画課の項に次の1 号を加える。 第4号、統計に関すること。 第2条、産業振興課の項を次のように改める。 農林課。第1号、農林業に関すること。第2号、都市と農村の交流に関すること。第3号、 農地に関すること。第4号、農村環境の保全及び整備に関すること。 商工観光課。第1号、商工業及び観光に関すること。第2号、消費生活に関すること。第 3号、内水面漁業に関すること。 附則、施行期日。 第1項、この条例は令和2年4月1日から施行する。 第2項、大多喜町農林業振興協議会設置条例(平成17年条例第10号)の一部を次のように 改正する。 -253- 第7条中「産業振興課」を「農林業振興事業を担当する課」に改める。 産業振興課の廃止に伴い、大多喜町農林業振興協議会の庶務を産業振興課としていたもの を農林業振興事業を担当する課に改めるものでございます。 以上で説明を終わります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) 今回、1つの課を2つに分けるということでございますけれども、 その2つに分ける理由は大きく言って何なのか、また、それぞれに成果として何か求めたい ものがあるから2つに分けていると思うんですけれども、どの辺を目指しているのかという か求めているのかお伺いできればと思います。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) この機構改革を実施することによりまして、機動性の確保を目指 すものでございます。また、昨年の台風による農業施設の復旧並びにまた面白峡遊歩道事業
    への対応など多くの事業が重なります。また、農林業振興事業、また商工観光事業をそれぞ れ独立させ管理職を置くことにより、今以上の機動性を担保しようとするものでございます。 ○議長(野村賢一君) 11番山田久子君。 ○11番(山田久子君) もう1点だけお伺いさせてください。 商工観光課さんに内水面漁業に関することが盛り込まれております。私なんかの小学校ぐ らいからすると、農林水産業という形で漁業的なものは農林のほうに入るのかなと思ってい たんですが、こちらを商工観光のほうに入れた理由というのはどういった理由でしょうか。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) こちらも内水面でいうと淡水魚の漁業に関しまして、今までも過 去にも商工観光課のほうで所管しておりましたので今回もそのような対応をしたところでご ざいます。 4番根本年生君。 ○議長(野村賢一君) ほかにいかがでしょうか。 ○4番(根本年生君) この今回の改正の条例、本当に農林課と商工観光課を分けたことにつ いては大変うれしく思います。農林業、大多喜町の基幹産業である農業を発展させなければ -254- なりません。商工観光も観光は町の重要な産業であります。この農林業と商業と観光課が二 大、これから大多喜町を発展されるためにはこの2つが伸びていかないといけないというこ とで別々に所管してやっていただけると大変うれしく思います。 ただ、これ別々にしたほうがいいという意見は前からもあったような気がしているんです。 その際、課を小さくすると人数が少なくなって十分機能ができないおそれがあるので2つ一 緒にしているよという答弁があったように記憶しています。 2つに分けることによって人数が少人数になるのを避けて、十分なここに人材を投入して この成果を求めていることが十分できるような体制づくりが必要だと思います。今のまま単 純に2つに分けるんではなくて、十分な人材を投入することによってここの課が充実した課 になると思いますけれども、その辺はどのようになっていますでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 ○総務課長(古茶義明君) 商工観光課につきましては、今、係としてやっておりますが、こ れも今の係を2つに分け、それぞれに係長を置き、課長としての管理職を置いて機能を強化 ○4番(根本年生君) では、職員の数をこの課にもうちょっと増やすとかそういった考え方 ○総務課長(古茶義明君) 当然、係長が1人増えますし課長も増えますので、その辺は増員 する予定でございます。 ○議長(野村賢一君) 4番根本年生君。 はあるんでしょうか。 ○議長(野村賢一君) 総務課長。 になる予定でございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 7番渡邉泰宣君。 もう少し具体的に説明をお願いしたいと思います。 ○議長(野村賢一君) 淡水魚って言ったよな。 総務課長。 ような内容のものでございます。 (「産業振興課に直接」の声あり) ○議長(野村賢一君) 産業振興課長。 -255- ○7番(渡邉泰宣君) 商工観光課の一番下、3番目の内水面漁業に関することということで、 ○総務課長(古茶義明君) 淡水魚の漁業に関することでありまして、川に放流ですとかその ○産業振興課長(西川栄一君) 内水面の関係は、今、総務課長がおっしゃいましたとおり、 夷隅川と養老川のほうの淡水魚組合のほうで稚魚の放流等をやっております。フナですとか アユとかそういう事業に対する業務ということで、商工観光課のほうで以前からやっている
    ものでございます。 ○議長(野村賢一君) ほかにございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第35号を採決します。 お諮りします。 本案については、討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、議案第35号は原案のとおり可決されました。 ここで休憩したいと思います。3時15分から会議を開きたいと……。 (「2時」「1時間で」の声あり) ○議長(野村賢一君) 1時間も休ませちゃまずいよね。申し訳ない、10分ね。2時25分、す みません。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 2時14分) (午後 2時25分) ───────────────────────────────────────────────── ◎日程の追加 ○議長(野村賢一君) お諮りします。 ただいま町長から、議案第36号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号)の議案 -256- が提出されました。 この議案を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。 これにご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 よって、提出された議案第36号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号)を日程 に追加し、追加日程第3として議題とすることに決定しました。 事務局職員から議案を配付いたします。 (議案配付) ○議長(野村賢一君) 議案の配付漏れはございませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 配付漏れなしと認めます。 ───────────────────────────────────────────────── ◎議案第36号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 追加日程第3、議案第36号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算 (第16号)を議題とします。 本案について、提案理由の説明を求めます。 財政課長。 ○財政課長(君塚恭夫君) 議案第36号 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号)の 説明をさせていただきます。 本文の説明に入る前に提案理由について説明をさせていただきます。 この補正予算は、面白峡遊歩道整備に必要な土地の購入と銭治薬局跡地の土地購入につい
    て手続などに時間を要したため、年度内の完了が困難なことによる繰越明許費の追加、養老 渓谷観光センターの指定管理者の切替えによる現在の指定管理者所有の財産等について協議 が調ったため、購入に必要な予算の増額、それと台風の被害など災害復旧事業の実施や低迷 する経済活動などから歳入の減少が懸念されたことにより留保していた普通交付税の増額補 正とそれに伴う基金の積立てでございます。 それでは、本文の説明に入らせていただきます。 令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号)は、次に定めるところによる。 歳入歳出予算の補正。 -257- 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,207万円を追加し、歳入歳出予算の総 額を歳入歳出それぞれ54億2,521万7,000円とする。 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳 出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。 繰越明許費の補正。 第2条、繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。 それでは、第2表、繰越明許費から説明させていただきますので5ページをお開きくださ 第2表、繰越明許費補正。追加は、表内の事業を翌年度に繰り越して実施しようとするも い。 のでございます。 款6商工費、項1商工費、観光施設管理事業782万5,000円は面白峡遊歩道整備と銭治薬局 跡地の用地の購入に係るもので、面白峡遊歩道整備事業は必要な用地の取得において該当す る土地に相続登記が発生したために、その手続に時間を要し、銭治薬局の跡地は境界の確認 や買取り面積などの協議に時間を要したため、共に年度内の完了が困難なことから翌年度に 繰り越すものでございます。合計の2億8,772万7,000円は既に繰越明許費を設定させていた だいた2億7,990万2,000円に今回の追加額782万5,000円を加算した額でございます。 次に、事項別明細書により歳入歳出補正予算の説明をさせていただきますので、2枚めく って8ページ、9ページをお開きください。 2歳入、款10地方交付税、項1地方交付税、目1地方交付税8,207万円の増額補正は実績 による普通交付税の増額でございます。 次のページをお開きください。 3歳出、款2総務費、項1総務管理費、目5財産管理費8,149万5,000円の増額補正は説明 欄記載のとおり、今後の公共施設及び庁舎の整備、管理に必要な財源としてそれぞれの基金 へ積み立てるものでございます。 款5農林水産業費、項1農業費、目3農業振興費57万5,000円の増額補正は養老渓谷観光 センターの現在の指定管理者所有の財産等について今後も施設の運営に活用するために購入 するものでございます。 以上で、令和元年度大多喜町一般会計補正予算(第16号)の説明とさせていただきます。 よろしくご審議くださるようお願いいたします。 ○議長(野村賢一君) 説明が終わりました。 -258- これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 (発言する者なし) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから議案第36号を採決します。 お諮りします。
    本案については、討論を省略し、これから採決したいと思います。 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手多数) ○議長(野村賢一君) 挙手多数です。 したがって、議案第36号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎日程の追加 ○議長(野村賢一君) お諮りします。 ただいま、志関武良夫君外4名から発議第2号 大多喜町議会委員会条例の一部を改正す る条例の制定についてが提出されました。 この発議第2号を日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、直ちに議題と よって、提出された発議第2号を日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、 したいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 直ちに議題とすることに決定しました。 事務局職員から議案を配付いたします。 (議案配付) ○議長(野村賢一君) 議案の配付漏れはありませんか。 -259- (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 配付漏れなしと認めます。 ───────────────────────────────────────────────── ◎発議第2号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(野村賢一君) 追加日程第4、発議第2号 大多喜町議会委員会条例の一部を改正す る条例の制定についてを議題とします。 本案について、提出者の説明を求めます。 2番志関武良夫君。 ○2番(志関武良夫君) 発議第2号の説明を申し上げます。 発議第2号 大多喜町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についての提案理由を 説明いたします。 先ほど、本日の議会定例会3月会議で町長から大多喜町行政組織条例の一部を改正する条 例の制定についての議案が追加上程され可決成立されました。 この改正内容は町の行政組織の機構改革であり、産業振興課を農林課と商工観光課に分け る内容でございます。この改正により本町議会委員会条例についても常任委員会が所管する 事務を規定しているため、本町議会委員会条例第2条第2号中の福祉経済常任委員会の所管 事務の規定について一部を改正する必要が生じたことから議会運営委員会の委員の連名をも って提出するものであります。 改正条文の内容は条例第2条第2号の福祉経済常任委員会が所管している関係課の事務の 規定のうち「産業振興課に関する事務」を「農林課に関する事務」と「オ 商工観光課に関 する事務」に改め、以降の規定を繰り下げる内容です。 以上、提案申し上げますのでよろしくご審議いただき可決されますようお願い申し上げま す。 ○議長(野村賢一君) ご苦労さまでした。 説明が終わりました。 これから質疑を行います。 質疑はありませんか。 (「なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。
    本案については、討論を省略し、これから採決したいと思います。 -260- ご異議ございませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 これから発議第2号を採決します。 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は挙手願います。 (挙手全員) ○議長(野村賢一君) 挙手全員です。 したがって、発議第2号は原案のとおり可決されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎休会について お諮りします。 ○議長(野村賢一君) 以上で本日の日程は全て終了しました。 本定例会は議事の都合により明日18日から本年6月30日まで休会としたいと思います。 ご異議ありませんか。 (「異議なし」の声あり) ○議長(野村賢一君) 異議なしと認めます。 よって、明日18日から本年6月30日まで休会とすることに決定しました。 ───────────────────────────────────────────────── ○議長(野村賢一君) 本日はこれをもって散会とします。 ◎散会の宣告 お疲れさまでした。 (午後 2時38分) -261- 議の経過を記載し、その相違ない事を証するため、ここに署名する。 令和 年 月 日 議 長 野 村 賢 一 署 名 議 員 麻 生 勇 署 名 議 員 吉 野 一 男 -263- 会 ...