九十九里町議会 > 2020-03-04 >
令和2年第1回定例会

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 九十九里町議会 2020-03-04
    令和2年第1回定例会


    取得元: 九十九里町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-21
    令 和 2年 第1 回 定 例 会 九 十 九 里 町 議 会 会 議 録 令 和 2年 3 月 4 日 開 会 令 和 2年 3 月 19 日 閉 会 九 十 九 里 町 議 会 令和2年九十九里町議会第1回定例会会議録 目 次 招集告示………………………………………………………………………………………………1
    第 1 号 (3月4日) ○議事日程………………………………………………………………………………………………3 ○出席議員………………………………………………………………………………………………3 ○欠席議員………………………………………………………………………………………………3 ○地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………3 ○職務のため出席した者の職氏名……………………………………………………………………4 ○開会及び開議の宣告…………………………………………………………………………………5 ○議事日程の報告………………………………………………………………………………………5 ○会議録署名議員の指名………………………………………………………………………………5 ○会期決定の件…………………………………………………………………………………………5 ○諸般の報告……………………………………………………………………………………………5 ○行政報告………………………………………………………………………………………………6 ○一般質問……………………………………………………………………………………………16 古 川 徹 君………………………………………………………………………………16 善 塔 道 代 君………………………………………………………………………………32 谷 川 優 子 君………………………………………………………………………………48 鑓 田 貴 俊 君………………………………………………………………………………60 ○散会の宣告…………………………………………………………………………………………72 ○議事日程……………………………………………………………………………………………73 ○出席議員……………………………………………………………………………………………73 ○欠席議員……………………………………………………………………………………………73 ○地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名………………………73 第 2 号 (3月5日) ○ ○職務のため出席した者の職氏名…………………………………………………………………74 ○開議の宣告…………………………………………………………………………………………75 ○議事日程の報告……………………………………………………………………………………75 ○一般質問……………………………………………………………………………………………75 荒 木 かすみ 君………………………………………………………………………………75 西 村 み ほ 君………………………………………………………………………………88 細 田 一 男 君………………………………………………………………………………95 浅 岡 厚 君……………………………………………………………………………108 ○散会の宣告………………………………………………………………………………………119 第 3 号 (3月6日) ○議事日程…………………………………………………………………………………………121 ○出席議員…………………………………………………………………………………………122 ○欠席議員…………………………………………………………………………………………122 ○地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………122 ○職務のため出席した者の職氏名………………………………………………………………122 ○開議の宣告………………………………………………………………………………………123 ○議事日程の報告…………………………………………………………………………………123 ○議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………123 ・議案第 1号 専決処分の承認を求めることについて ○議案第10号から議案第15号までの上程、説明、質疑、討論、採決…………………124 ・議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第8号) ・議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2号)
    ・議案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算(第2号) ・議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) ・議案第14号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3号) ・議案第15号 令和元年度九十九里町農業集落排水事業特別会計補正予算(第4 号) ○議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………139 ・議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条例の制定について ○議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………145 ・議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理 に関する条例の制定について ○議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………146 ・議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う 関係条例の整備に関する条例の制定について ○議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………146 ・議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する 条例の制定について ○議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………147 ・議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償に関する条例の一部を 改正する条例の制定について ○議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………148 ・議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例の制定について ○議案第22号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………149 ・議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の 制定について ○議案第23号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………150 ・議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について ○議案第24号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………150 ・議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を改正する条 例の制定について ○議案第25号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………151 ・議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の 一部を改正する条例の制定について ○散会の宣告………………………………………………………………………………………152 第 4 号 (3月9日) ○議事日程…………………………………………………………………………………………153 ○出席議員…………………………………………………………………………………………153 ○欠席議員…………………………………………………………………………………………153 ○地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………153 ○職務のため出席した者の職氏名………………………………………………………………154 ○開議の宣告………………………………………………………………………………………155 ○議事日程の報告…………………………………………………………………………………155 ○議案第2号から議案第9号までの上程、説明………………………………………………155 ・議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 ・議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 ・議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 ・議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 ・議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 ・議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 ・議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算
    ・議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 ○休会の件…………………………………………………………………………………………156 ○散会の宣告………………………………………………………………………………………156 ○議事日程…………………………………………………………………………………………159 ○出席議員…………………………………………………………………………………………159 ○欠席議員…………………………………………………………………………………………160 ○地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………160 ○職務のため出席した者の職氏名………………………………………………………………160 ○開議の宣告………………………………………………………………………………………161 ○議事日程の報告…………………………………………………………………………………161 ○諸般の報告………………………………………………………………………………………161 ○議案第2号から議案第9号までの質疑、討論、採決………………………………………161 ・議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 ・議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 ・議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 第 5 号 (3月19日) ・議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 ・議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 ・議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 ・議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算 ・議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 ○九十九里町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について………………………………191 ○請願第1号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………………………………193 ・請願第1号 「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求める請願 ○日程の追加………………………………………………………………………………………196 ○議案第26号及び議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決………………………196 ・議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第9号) ・議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第4号) ○日程の追加………………………………………………………………………………………199 ○議案第28号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………199 ・議案第28号 契約の締結について ○副町長退任の挨拶………………………………………………………………………………201 ○日程の追加………………………………………………………………………………………201 ○議案第29号の上程、説明、質疑、討論、採決……………………………………………202 ・議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めることについて ○閉会の宣告………………………………………………………………………………………204 ○署名議員…………………………………………………………………………………………205 和2年第1回九十九里町議会定例会を次のとおり招集する。 和2年2月17日 九十九里町告示第5号 九十九里町長 大 矢 吉 明 期 日 令和2年3月4日 場 所 九十九里町議会議場 令 令 1 2
    -1- 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録(第1号) 令和2年3月4日(水曜日) 令和2年第1回九十九里町議会定例会 議 事 日 程 (第1号) 令和2年3月4日(水)午前9時47分開会 程第 1 会議録署名議員の指名 日程第 2 会期決定の件 日程第 3 諸般の報告 日程第 4 行政報告 日程第 5 一般質問 出 席 議 員 (14名) ───────────────────────────────────────────────── 1番 西 村 み ほ 君 2番 小 川 浩 安 君 3番 原 田 教 光 君 4番 鑓 田 貴 俊 君 5番 中 村 義 則 君 6番 古 川 徹 君 7番 浅 岡 厚 君 8番 荒 木 かすみ 君 9番 内 山 菊 敏 君 10番 善 塔 道 代 君 11番 細 田 一 男 君 12番 佐久間 一 夫 君 13番 谷 川 優 子 君 14番 古 川 明 君 席 議 員 (なし) ───────────────────────────────────────────────── 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名 町 長 大 矢 吉 明 君 副 町 長 佐々木 悟 君 教 育 長 藤 代 賢 司 君 総 務 課 長 秋 原 充 君 企画財政課長 戸 村 俊 之 君 税 務 課 長 中 川 チエリ 君 住 民 課 長 戸 田 佳 子 君 健康福祉課長 作 田 延 保 君 社会福祉課長 山 口 義 則 君 産業振興課長 篠 﨑 英 行 君 -3- 日 欠
    ま ち づ く り 長 課 農 業 委 員 会 事 務 局 長 古 川 富 康 君 会 計 管 理 者 南 部 雄 一 君 ガ ス 課 長 中 村 吉 徳 君 篠 崎 肇 君 吉 田 洋 一 君 内 山 茂 樹 君 ───────────────────────────────────────────────── 教 育 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 主 幹 本会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 木 原 正 幸 君 書 記 伊 藤 さやか 君 -4- ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎開会及び開議の宣告 開 会 午前 9時47分 ○議 長(内山菊敏君) ただいまの出席議員数は全員です。 ただいまから令和2年第1回九十九里町議会定例会を開会いたします。 直ちに本日の会議を開きます。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎議事日程の報告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎日程第1 会議録署名議員の指名 ○議 長(内山菊敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、 3番 原 田 教 光 君 11番 細 田 一 男 君 を指名いたします。 ◎日程第2 会期決定の件 お諮りします。 か。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○議 長(内山菊敏君) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。 本定例会の会期は、本日から23日までの20日間といたします。これに御異議ございません (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、会期は本日から23日までの20日間と決定いたしました。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎日程第3 諸般の報告
    ○議 長(内山菊敏君) 日程第3、諸般の報告をいたします。 本定例会の議案として、町長より議案第1号から議案第25号の送付があり、これを受理い たしました。 また、本日までに受理した請願は、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、文教 -5- 民生常任委員会に付託します。 本定例会の説明者として、本職から地方自治法第121条の規定により出席を求めた者は、 町長、大矢吉明君であります。また、町長より本定例会の説明者として委任した旨通知のあ った者は、お手元に配付のとおりであります。御了承願います。 次に、令和元年度第3回定期監査が2月7日に実施され、監査委員から定期監査結果の報 告がありました。お手元に配付の印刷物によって御了承願います。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎日程第4 行政報告 ○議 長(内山菊敏君) 日程第4、行政報告を行います。 町長から行政報告の申出がありましたので、これを許します。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) ただいま議長の承認をいただきましたので、令和2年第1回九十九 里町議会定例会の開催に当たり、一言御挨拶を申し述べさせていただきます。 議員の皆様方全員の御出席を賜り、本定例会が開催できますことを厚く御礼申し上げます。 本定例会において、令和2年度九十九里町一般会計及び特別会計予算案、各種条例案、ま た令和元年度各会計の補正予算案について、御審議をお願いするところでございます。 まず、初めに新型コロナウイルス感染症対策について申し上げます。 町では、国や県における感染症の拡大防止対策を受け、2月5日の庁議において町の取る べき対応を協議するとともに、2月25日の臨時庁議では、感染拡大の防止という観点から、 イベント等の自粛等について協議いたしました。 さらに、2月27日には、安倍総理から、ここ一、二週間が極めて重要な時期であるとして、 小・中・高等学校等の臨時休業の要請があったことなどを受けて、翌日の28日に新型コロナ ウイルス感染症対策本部を設置し、万全の態勢で感染症の拡大防止に取り組むことといたし 町または各団体による行事やイベントなどの中止が余儀なくされております。感染の拡大 を防ぐためには今が重要な時期であると認識しておりますので、町民や各団体の皆様方には 何とぞ御理解の上、御協力を賜りますようお願い申し上げます。 それでは、令和元年第4回町議会定例会以降の主な事業について、簡略に御報告申し上げ ました。 ます。 -6- 昨年12月28日から30日にかけまして、消防団による歳末特別警戒を実施いたしました。 新年を迎え、元日には、町商工会駐車場において観光協会主催による元旦祭が開催されま した。初日の出を見ようと訪れた多くの方々に、イワシの丸干しや団子汁などが振る舞われ、 また、西の下獅子舞保存会による演舞や、九十九里黒潮太鼓による演奏が披露され、輝かし い新年の幕開けとなりました。 1月12日には成人式を挙行し、153名の新成人の門出を祝いました。若さを糧に、ふるさ と九十九里町を築いていく原動力となることを期待するところでございます。 1月13日には、消防出初式を挙行いたしました。古川消防団長からの訓示により、団員は 消防活動の使命を再認識するとともに、消防活動に尽力された団員や関係者に表彰状や感謝 状が贈られました。 2月24日には、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を記念し、東金市との共 催による東金・九十九里波乗りハーフマラソンを予定しておりましたが、新型コロナウイル
    スの影響を鑑み、残念ながら中止となりました。開催に当たり、御尽力いただきました関係 者の皆様、参加を予定され楽しみにされていた皆様に、心からおわび申し上げます。 今後でございますが、年度末を迎え、こども園及び小・中学校の卒園、卒業式が予定され ております。また、新年度になりますと入園、入学式が予定されております。議員の皆様に おかれましても、新たな旅立ちを迎える子供たちを温かく見守り、激励していただければと 考えております。 新年度に予定されている各事業の実施に当たりましても、議員の皆様方のより一層の御支 援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。 続きまして、令和2年第1回九十九里町議会定例会に臨むに当たり、町政運営の基本的な 考え方について、私の所信の一端を申し述べさせていただきます。 国の令和2年度予算編成の基本方針は、その基本的な考え方について、アベノミクスの推 進により、デフレではない状況をつくり出す中で、GDPは名目、実質ともに過去最大規模 に達し、雇用・所得環境も改善し、地方における経済は厳しいながらも好循環の前向きな動 きが生まれ始めているが、消費税率引上げ後の経済動向を注視するとともに、台風等の被害 からの復旧・復興の取組をさらに加速し、併せて米中貿易摩擦など海外発の下方リスクによ る悪影響に備える必要があるとしております。 また、引き続き、経済再生なくして財政健全化なしを基本とし、GDP600兆円経済と財 政健全化目標の達成の双方の実現を目指すなどとしております。 -7- さらに、予算編成の考え方については、財政健全化への着実な取組を進める一方、賃上げ の流れと消費拡大の好循環、外需の取込み、設備投資の拡大を含めた需要拡大に向けた取組 や、新たな社会に向けた人材・技術などへの投資やイノベーションの促進、次世代型行政サ ービス等の抜本強化といった生産性の向上に向けた取組など、重要な政策課題への対応に必 要な予算措置を講じ、めり張りの効いた予算編成を目指すとしております。 東日本大震災、熊本地震をはじめ、各地の災害からの復興や防災対応の強化を現場との連 携を密に着実に進めるほか、我が国財政の厳しい状況を踏まえ、引き続き歳出全般にわたり、 聖域なき徹底した見直しを推進することとし、地方においても国の取組と基調を合わせ、徹 底した見直しを進めるとしております。 このような基本方針に基づいて編成された令和2年度予算の規模は102兆6,580億円で、前 年度に比べ1兆2,009億円の増額となり、過去最大となっております。 歳入では、税収は、消費税増税や経済成長が順調に進むとの見通しを踏まえて、1兆180 億円増の63兆5,130億円、新規国債発行額は10年続けての減で1,043億円減の32兆5,562億円、 公債依存度も31.7%と、昨年度から0.5ポイント改善されております。 歳出では、社会保障費が35兆8,608億円で1兆7,302億円の増額となり、歳出総額に占める 割合は34.9%と過去最大規模を示しております。 地方が安定的な財政運営を行うために必要となる一般財源総額について、令和元年度地方 財政計画を上回る額を確保するとして、地方交付税は前年度比2.5%、4,073億円増の16兆 5,882億円となっております。 次に、千葉県の令和2年度一般会計予算でございますが、総合計画「次世代への飛躍 輝 け!ちば元気プラン」の総仕上げとして、これまで着実に積み上げてきた成果を次世代に継 承し、さらなる発展につなげていくための予算とし、激甚化する災害に備える防災・減災対 策や防犯対策の充実などの暮らしの安全・安心の確立、障害者や独り親家庭への医療費助成 の充実、私立高校の授業料負担の軽減などの子ども・子育て世代への支援や福祉・医療の充 実をはじめ、千葉の魅力発信、商工業の振興・雇用、農林水産業の振興、社会基盤づくり、 文化・スポーツ・環境施策の推進など、各分野にわたり、くらし満足度日本一の実現に向け た事業に必要な経費を計上しております。 また、国補正予算を活用した令和元年度2月補正予算と一体の切れ目のない予算として、 特に令和元年の台風等の災害からの復旧・復興を加速化することや、東京オリンピック・パ ラリンピックを円滑に開催するための必要な経費を計上しており、当初予算の規模は、前年
    -8- 度と比較して586億4,000万円増の1兆8,194億8,500万円となっております。 歳入では、収入の柱である県税で、地方消費税が税率の引上げ等の影響により301億4,400 万円の増加を見込み、一方で、法人県民税の税率引下げ等の影響による法人2税の減収や、 自動車取得税の廃止に伴う減収があるため、前年度に比べ148億2,300万円増の8,413億1,100 万円を見込んでおります。地方特例交付金は、令和元年度に限り、幼児教育無償化の財源と して国から交付された子ども・子育て支援臨時交付金がなくなったことから、前年度に比べ 48億5,000万円減の31億5,200万円となっております。また、臨時財政対策債を含む実質的な 地方交付税については、地方財政計画の伸び率を踏まえ、前年度に比べ10億円増の2,790億 借金に当たる県債については、建設地方債が15億800万円の増、臨時財政対策債は新規発 行額が減少していることから100億円の減で、差引き84億9,200万円減の1,800億4,600万円と 円を見込んでおります。 なっております。 歳出では、社会保障費で、令和元年10月から実施された幼児教育無償化の影響が平年度化 されることにより、約74億円の増額が見込まれるとともに、引き続き高齢化の進展等に伴う 介護給付費県負担金の増や、保育所等の増に伴う運営費給付の増加も見込まれるため、141 億9,800万円増の3,113億6,200万円が計上されております。 なお、東千葉メディカルセンターには救命救急センターを併設し、山武長生夷隅保健医療 圏の中核的医療機関として、建物整備に要した費用の助成分7億1,830万円が引き続き支援 このような国、県の動向を受けての本町の令和2年度当初予算でございますが、令和2年 度は、第4次総合計画後期基本計画の総仕上げとして、将来像実現への各施策を展開し、町 民が安心して暮らせるまちづくり、住み続けたくなるまちづくりに、引き続き取り組んでま されます。 いります。 一方、歳入確保について厳しい状況が見込まれておりますが、重点施策の推進と健全な財 政の維持を両立させるため、各施策・事業を徹底して見直し、限りある財源を効果的に活用 することを予算編成方針といたしました。 この基本方針に基づき編成しました令和2年度九十九里町の予算規模は、一般会計と特別 会計を合わせて、総額103億2,178万円と相なります。 町の将来像である「人、自然、風土が活きる海浜文化都市 九十九里」の建設に向けた、 今後の町行政の方向性として特に重要と考えている事項は、町幹部職員はもとより、職員に -9- 1つ目は、「九十九里浜を最大限活用した交流人口の増大」、2つ目は、「地域のたから である子どもたちの教育環境の充実」、3つ目は、「本町に住み続けたいと思う町民を大切 これら重要事項の推進に向けて、私が先頭に立ち、職員一丸となって全力で取り組んでま いりますので、町議会議員の皆様をはじめ、町民の皆様の御支援、御協力を賜りますようお 対して指示しております。 にすること」でございます。 願い申し上げます。 続きまして、本定例会において御審議いただく議案について御説明申し上げます。 議案第1号 専決処分の承認を求めることについてでございますが、いわしの町「九十九 里」応援寄附金の大幅な増加に伴い、ふるさと納税に係る経費の予算に不足が生じたため、 既定の一般会計予算総額に歳入歳出それぞれ4,374万2,000円を追加し、予算の総額を65億 1,797万1,000円とする令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第7号)を、地方自治法第 179条第1項の規定により専決処分したので、その承認をお願いするものでございます。 議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算についてでございますが、予算の総額を 55億2,800万円とし、対前年度と比べて3億4,800万円、6.7%増額の予算といたしました。 増額の主な要因は、国が進めている産地パワーアップ事業と防災施設整備事業及び排水施設
    管理事業の増額によるものでございます。 まず、歳入でございますが、町税は対前年度比1.7%、2,407万3,000円減の14億2,613万 1,000円を見込みました。 個人町民税については、課税者数の減少や営業・農業所得など自然災害の影響を見込み、 1,598万9,000円の減額。また、法人町民税についても、偏在是正措置により税率が引下げと なったことから、1,215万1,000円の減額を見込んでおります。 固定資産税は、太陽光発電設備等の償却資産の増加により424万7,000円の増額となりまし 軽自動車税は、登録車両は減少傾向にありますが、重課税分及び税率改正後の車両が増え ていることにより387万8,000円の増額を見込んでおります。 歳入の根幹をなす地方交付税は、対前年度比2.7%、5,000万円減の18億2,100万円を見込 た。 んでおります。 町の借金に当たります町債は、3,030万円増の2億9,730万円を予定しております。増額の 主な理由は、防災行政無線整備事業を行うことによるものでございます。 -10- 次に、歳出についてでございますが、歳出は、新規事業と重点事業について、第4次九十 九里町総合計画の「6つのまちづくりの目標」に基づき、御説明いたします。 1つ目の「活力ある産業振興と交流・連携のまちづくり」の予算額は5億1,327万2,000円 農業では、新規事業として、環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意を踏まえ、国が進 める農業の国際競争力の強化を緊急に実施するための産地パワーアップ事業を、計画に基づ 継続的な取組としては、新規就農者の支援として、農業次世代人材投資資金675万円を計 でございます。 き計上いたしました。 上いたしました。 また、多面的機能支払交付金3,895万5,000円を計上し、農業・農村の持つ自然環境、景観 形成等の機能の維持・発揮を図り、地域の共同活動を支援することにより、農業従事者の高 齢化や担い手不足などの諸問題に積極的に対処してまいります。 水産業では、片貝漁港の整備及び維持を図るための事業を国、県とともに進めてまいりま す。また、引き続き千葉ブランド水産物促進事業として、九十九里地ハマグリの種苗放流を 県及び漁業協同組合と取り組んでまいります。 観光交流の促進では、九十九里町の情報発信力を強化するため、新たに観光大使を設置い たします。また、いわしの交流センターの改修工事を行い、地域振興と観光の拠点としての 環境整備を進め、九十九里の魅力発信、交流拠点施設としての役割を果たすよう取り組み、 町の持つ観光資源を活用し、地域の連携を図りながら観光振興を推進してまいります。 地域ブランドを振興する取組では、引き続き旧豊海保育所の空き公共施設活用事業者を対 象とした地域ブランド振興事業を実施してまいります。 2つ目の「健やかにともに助け合い、支え合いのまちづくり」の予算額は17億1,649万 保健サービス充実の一環として、各種がん検診の受診率の向上に取り組むとともに、子ど も医療費助成事業では、助成対象を高校生等まで拡充し、子供の保健対策の充実を図ってま 3,000円でございます。 いります。 また、救急医療・急性期医療を核とした地域の中核病院である東千葉メディカルセンター が、開院7年目を迎えます。地域の皆様に安定した医療提供ができるよう、引き続き看護師 の養成を支援してまいります。 子育て支援については、こども園を生かした子供たちの教育・保育の環境の充実に向けた -11- 新たな取組として、体育教室に加え、英語教室を実施いたします。 3つ目の「快適で暮らしの安全・安心のあるまちづくり」の予算額は5億4,433万3,000円
    でございます。 町民の皆様の日常生活に密着した道路補修事業及び排水施設管理事業を進めてまいります。 定住化の促進としましては、移住者の住宅購入等への助成制度について新たに期間を延長 し、人口減少対策を図ってまいります。 防災・危機管理体制の充実では、防災行政無線(移動系)を整備いたします。 消防体制の充実では、第5分団第3部、西野納屋・下貝塚納屋地区の消防自動車の購入費 を計上し、消防施設の整備を図ります。 4つ目の「海が育む豊かな自然を未来につなぐまちづくり」の予算額は3億5,016万1,000 環境への負荷を軽減する取組として、町民の皆様との協働により5R運動を推進し、ごみ 5つ目の「まちを担う人材育成と豊かな心をつくるまちづくり」の予算額は3億4,785万 円でございます。 の発生抑制に努めてまいります。 4,000円でございます。 令和元年5月に締結した千葉工業大学との包括的な連携に関する協定の下、くじゅうくり みらいリーダー育成事業を展開し、様々な体験を通した児童・生徒の教育環境の充実に努め また、各地域に伝わる民俗芸能の保存と継承活動の推進を図るため、3年に一度実施して おります郷土芸能まつりを開催いたします。 6つ目の「計画の推進」の予算額は8億1,429万円で、これら6項目の予算額と職員給与 費や内部管理経費12億4,159万7,000円を合わせまして、予算の総額は55億2,800万円となり てまいります。 ます。 議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算についてでございますが、給食 事業につきましては、子供たちの健やかな成長を願い、安全・安心な学校給食の提供に努め ております。予算の総額は1億3,900万円で、前年度と比べて400万円、2.8%減額の予算と いたしました。減額の主な要因は、調理現場の環境改善経費と、児童・生徒数の減少による 賄材料費の減額によるものでございます。 議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算についてでございますが、 国民健康保険は、平成30年度から県が財政運営の責任主体となる広域化が始まり、3年目を -12- 迎えます。県と町が共に国保制度の運営を担うための予算編成とし、予算の総額は21億 6,800万円で、前年度と比べて2,900万円、1.3%減額の予算といたしました。減額の主な要 因は、被保険者数の減少による保険給付費の減額によるものでございます。 議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算についてでございますが、 後期高齢者医療制度は、県内の全ての市町村が加入する後期高齢者医療広域連合を運営主体 とすることで、広域化による保険財政の安定を図っております。令和2年度の予算の総額は 2億2,500万円で、前年度と比べて2,600万円、13.1%増額の予算といたしました。増額の主 な理由は、被保険者の増加と保険料率の改定による広域連合への納付金の増額によるもので 議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算についてでございますが、本町 の高齢者人口は6,000人を超え、団塊の世代の高齢化が進む中、介護予防と認知症施策の充 実を図る予算編成といたしました。予算の総額は15億7,700万円で、前年度と比べて2,700万 円、1.7%増額の予算といたしました。増額の主な要因は、認定者が増加傾向にあり、介護 サービス利用者の増加が見込まれることなどから、介護サービス給付費の増額によるもので ございます。 ございます。 議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算についてでございますが、東千 葉メディカルセンターでは、増田理事長を中心に、千葉県、千葉大学医学部附属病院、設立 団体である本町と東金市が連携して、経営の健全化に取り組んでいるところでございます。 予算の総額は5億5,678万円で、前年度と比べて5,597万8,000円、9.1%減額の予算といた しました。減額の主な要因は、センターによる新規の医療機器整備の財源として借入れをし
    た病院事業債が全額減額となったこと、また、開院当初に借入れをした病院事業債が償還終 了となったことによるものでございます。 議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算についてでございます が、本町の農業集落排水事業は、真亀丘地区、作田岡地区、豊海丘北部地区の3地区で運営 しており、現在まで順調に稼働し、地域の環境整備に貢献しているところでございます。 予算の総額は1億2,800万円で、前年度と比べて1,300万円、9.2%減額の予算といたしま した。減額の主な理由は、まがめ丘水クリーンセンターの機能強化対策事業の設計業務が完 了したためでございます。なお、同事業の工事の着工は、令和3年度を予定しております。 議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算についてでございますが、第3条に 規定している収益的収入の総額は3億6,631万1,000円で、主なものはガス売上料金3億418 -13- 万3,000円でございます。収益的支出の総額は3億5,950万8,000円で、主なものはガス購入 費1億2,165万4,000円でございます。 次に、第4条に規定している資本的収入につきましては、工事負担金11万円でございます。 資本的支出の総額は9,079万4,000円で、主なものは導管工事6,521万1,000円でございます。 資本的収入に対し不足する額9,068万4,000円につきましては、内部留保資金等を充てること としております。 議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第8号)についてでございますが、 既定の予算総額から歳入歳出それぞれ3億213万円を減額し、予算の総額を62億1,584万 1,000円とするものでございます。 今回の補正は、事業の終了や精算が主なものですが、九十九里町庁舎建設基金に3,000万 1,000円、地域産業活性化基金積立金に549万5,000円を積立ていたします。 また、強い農業・担い手づくり総合支援交付金に伴う農業振興事業など3件の繰越明許費 の設定、及びホームページサーバークラウドシステム改修業務など2件の債務負担行為の補 正、事業費の確定などによる地方債の補正を行うものでございます。 議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2号)についてでござ いますが、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ72万2,000円を減額し、総額を1億4,231万 6,000円とするものでございます。 議案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてで ございますが、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ38万4,000円を減額し、総額を22億 5,648万3,000円とするものでございます。 議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について でございますが、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ166万5,000円を追加し、総額を2億 313万5,000円とするものでございます。 議案第14号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3号)についてでござ いますが、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ417万円を追加し、総額を16億4,235万3,000 円とするものでございます。 議案第15号 令和元年度九十九里町農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)につい てでございますが、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ71万8,000円を減額し、総額を1 億5,100万円とするものでございます。 議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条例の制定についてでございますが、 -14- 町が保有する債権のうち、私法上の債権について、その放棄に関する必要な事項を定めるこ とにより、合理的・効率的な債権管理を実現させるため本条例を制定するものでございます。 議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条 例の制定についてでございますが、地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴い、地方 自治法の引用がある九十九里町監査委員条例及び九十九里町ガス事業の設置等に関する条例 の一部を改正するため、本条例を制定するものでございます。
    議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の 整備に関する条例の制定についてでございますが、地方公務員法及び地方自治法の一部を改 正する法律の施行に伴い、新たに創設される会計年度任用職員の服務の宣誓に関する規定を 定める必要があることから、職員の服務の宣誓に関する条例及び九十九里町学校職員の服務 の宣誓に関する条例の一部を改正するため、本条例を制定するものでございます。 議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例の制定 について及び議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償に関する条例の一部を 改正する条例の制定についてでございますが、特別職の職員の給与に関する法律の一部を改 正する法律の施行に伴い、期末手当支給率などを改定するため、これら条例の一部を改正す るものでございます。 議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、 成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法 律の施行に伴い、国の印鑑登録証明事務処理要領の一部が改正されたことから、九十九里町 印鑑条例の一部を改正するものでございます。 議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定につい てでございますが、行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴 い、同法の引用がある九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正するものでござ います。 議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてでございま すが、令和元年8月の人事院勧告並びに12月の千葉県人事委員会の給与改定勧告を受け、本 町においても千葉県人事委員会に準じた給与改定を行うために、職員の給与に関する条例及 び一般職の任期付職員の採用等に関する条例、職員の旅費に関する条例の一部を改正するも のでございます。 議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を改正する条例の制定に -15- ついてでございますが、放課後児童健全育成事業(学童保育)について、対象児童の引上げ に伴い、クラブの名称を改めるため、九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を 改正するものでございます。 議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正 する条例の制定についてでございますが、令和元年10月に消費税率の引上げに伴い、農業集 落排水処理施設の安定的な経営、並びに受益と負担の適正化を図るため、消費税の負担を転 嫁する必要があることから、九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例 の一部を改正するものでございます。 以上が、議案の概要でございます。詳細につきましては担当者から説明いたさせますので、 何とぞ慎重に御審議いただき、原案のとおり御賛同いただきますようお願い申し上げまして、 御挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は10時50分です。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― (午前10時36分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午前10時48分) ◎日程第5 一般質問 ○議 長(内山菊敏君) 日程第5、一般質問を行います。 順次発言を許します。 通告順により、6番、古川徹君。 (6番 古川 徹君 登壇)
    ○6番(古川 徹君) 6番、古川徹です。 おはようございます。議長の承認をいただきましたので、通告した一般質問を行います。 世界的にも深刻な問題であります新型コロナウイルス、ごあいにくにも感染により尊い命 を亡くされた方々、また感染された方々へ、心から御冥福とお見舞いを申し上げます。一日 も早く終息で、町民はもとより、世界各国の平穏な暮らしと経済の早期回復を御祈念いたし ます。 -16- それでは、質問に入りたいと思います。 1点目、大項目、防災行政無線について。 ①新規整備により情報が聞こえづらいとの問題が出ておりますが、これに対し、町はこの 金額4億3,000万強の費用対効果が出ているのか、その辺をお聞きしたいと思います。 ②室内戸別受信機の受信ができない地域があるようだが、対策は進めているのか。町に相 談をしても、最初は見てくれるものの、この辺は受信ができない、障害物があるのでという 理由でそのまま放置されている可能性も出ていますので、その辺をお聞きしたいと思います。 ③防災行政無線に当たり、施工業者の対応、対策はどうなんでしょうか。9月の決算のと きに質疑で申し上げましたが、課長からは、施工業者にそのような支障は出ないように、こ れからも改善に向けて改良工事を進めていきたいということを聞いておりますので、どのよ うになっているのかお聞きしたいと思います。 ④この整備後に当たり、住民のアンケートの実施について。このような支障が出ている中、 住民一人一人の意見、このようなことはされているんでしょうか。区単位のお願いはしてい るとは聞いておりますけれども、その辺の住民アンケートの実施についてもお伺いいたしま す。 大項目2点目、人口増の施策について。 具体的にお聞きしたいと思います。 ①人口減少が著しく進んでいるが、定住・移住人口に向けた施策をどう進めているのか、 ②空き家バンクの利用状況と効果はどうなのか。28年1月からの取組だと思います。この 辺の利用状況、効果はどのように出ているのか、御答弁を願いたいと思います。 ③結婚活動の取り組み方と進捗状況について。今回、初めて町の取組として婚活、いわゆ る婚活ですね、結婚活動、これを取り組んでくれたわけですけれども、あいにく新型ウイル スの関係で中止になったということで、進捗状況はちょっと難しいのかなと思いますが、今 後の取り組み方を含めて、お伺いしたいと思います。 なお、再質問は自席にて行わせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 古川徹議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 古川徹議員の御質問にお答えいたします。 それでは、初めに防災行政無線についての御質問にお答えいたします。 -17- 1点目の、新規整備により情報が聞こえづらいとの問題があるが、費用対効果があるのか との御質問ですが、防災行政無線の入替えについては、機器の老朽化に加え、電波法の改正 により既存設備の利用はできなくなるため、再整備を実施したところでございます。整備に 当たりましては、電波試験に基づき設計し、限られた財源の中で最適な無線機器を選定し、 住民への迅速な情報伝達を第一に考え、整備に努めたところでございます。 2点目の、屋内戸別受信機の受信ができない地域もあるようだが、対策は進めているのか との御質問ですが、町内全ての地域で受信できるよう、電波の伝達範囲を実測調査した上で 設計を組み、整備しております。戸別受信機から放送が聞こえない、または聞こえづらいな どの問合せがありました場合は、個別に訪問し設置状況を確認し、改善に努めております。 3点目の、施工業者の対応、対策はとの御質問ですが、整備を行った施工業者は、設備の
    機能維持に係る保守点検業務の実施のほか、無線関係の専門知識を有しておりますので、屋 外子局の調整や効率のよい戸別受信機の設置方法について、アドバイスを受けております。 個別対応を行う際、これらの知識を参考として、住民への説明や戸別受信機の設置を行って おります。 4点目の、整備後の住民アンケート実施についての御質問ですが、同報系防災行政無線の 整備は、平成28年度から平成30年度までの3か年計画で実施いたしました。整備後の住民ア ンケートは実施しておりませんが、住民の皆様からの問合せや相談につきましては、内容に 応じ個別に対応しておるところでございます。 次に、人口増の施策についての御質問にお答えいたします。 1点目の、人口減少が著しく進んでいるが、定住・移住人口に向けた施策をお聞きしたい との御質問ですが、本町では平成27年度に九十九里町まち・ひと・しごと創生総合戦略を策 定し、人口減少対策を進めてまいりました。 本計画では3つの基本目標を掲げ、42の事業を展開しているところであり、具体的に住宅 取得奨励金制度や空き家バンク制度など、新たな事業に取り組んでおるところでございます。 今後も引き続き、総合戦略に基づき、事業展開を図ってまいります。 2点目の、空き家バンクの利用状況と効果はとの御質問ですが、平成28年度より事業を開 始し、これまでに審査中の物件を含め8件の物件登録がございました。このうち3件で利用 希望者との契約が成立し、現在は2件の物件について受付しているところでございます。 移住相談会での問合せを含め、空き家バンクに関する相談は年々増加傾向にあり、移住・ 定住対策として一定の効果を上げているものと考えております。今後も引き続き、空き家バ -18- ンク制度の周知を図ってまいります。 3点目の、結婚活動の取り組み方と進捗状況についての御質問ですが、本町ではこれまで 総合戦略に掲げた出会いの支援事業として、長生・山武郡市の商工会女性部が主催する婚活 イベントを支援してまいりました。 これを受け、本年度、総合戦略審議会等からの意見を踏まえ、試験的な取組として町主催 による婚活イベント、スポ婚を、去る2月29日にサンライズ九十九里を会場に開催を予定し ていたところでございますが、開催数日前の相次ぐ参加申込みのキャンセルや、新型コロナ ウイルスの影響を鑑み、中止したところでございます。 しかしながら、申込者が18名あったことからも、婚活イベントに対する一定のニーズを確 認することができましたので、令和2年度に向け、より多くの方々の出会いの場として、有 以上で、古川徹議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。よろしくお願 意義な事業となるよう努めてまいります。 いします。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 それでは、再質問に入りますが、1点目、この新規事業整備には、電波法の改正に伴い、 今、町長も言われたように、平成28年度から30年度、3か年にかけて、総額の整備費として 4億3,147万800円と、大変厳しい財政状況の中でも莫大な費用をかけて、住民に確かなる防 災情報や行政情報を届けるために、法改正のこともありますが、今までのアナログ方式から デジタル方式にすることにより、子局スピーカーを減らしても支障がなく、また景観もすっ きりし、より一層指向性、遠達性が良くなるために整備されたものではないんでしょうか。 今、町長はそのようなことを言われておりましたよね。その効果が十分であるのか。その費 用対効果、町はどう感じているのか、課長から改めて答弁を頂きたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) それでは、防災行政無線、28年度から30年度の3か年にわたり、 本町の旧タイプのアナログ式無線からデジタル無線へ改修したということでございますが、 理由としましては、議員がおっしゃられたとおり、電波法の改正により旧タイプの無線設備 が利用できなくなる。それから、当然のごとく旧設備が整備してから三十何年たっており、
    その部品等の供給もできないということで、財源が厳しい中で、町としても海岸線を持って おることから、無線設備の入替えに取り組んだところでございます。 -19- そういう中で、御質問が、費用対効果の関係でございますが、まずは無線設備として整備 するに当たり、その費用対効果、まず要するお金の話をさせていただきますと、まず考え方 とすれば、特別高度な情報伝達手段ではなく、町内隅々まで電波が到達し、音声放送を行う ことができるシステム、簡単に言えば、現在の技術で申しますと、送信する電波に音声だけ ではなく、映像ですとか写真ですとかいろいろなものを付加して送信することも可能であり ますが、本町では過重な整備予算とならぬよう、無線方式の選定並びに無線機材の選定を行 ったところでございます。 検討した例としてフルスペック、これが一番高機能型でございます、16QAM方式という ことですが、これが同じ規模でやって7億1,200万の予算がかかると。町が採用したのはQ PSKということで、絞り込んだ無線機器を整備したということで、3割強減額された予算 でできると。さらには、無線に対する電波の要求を落としたことで、過剰な機能をそぎ落と すことにより、電波自体が遠方まで届くことが可能になっているという効果も出ております。 あわせて、屋外子局のみの放送設備ではなく、消防庁が推進しております屋外子局と屋内 の戸別受信機のセットで整備することで、総合的な情報伝達システムとして構築するよう努 このような費用からいっても、現存とすれば費用対効果が高いものと考えております。 めたところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 しかしながら、今、隅々まで、また町長からは快適な受信ができるようになったという答 弁がありましたけれども、快適じゃないんですね、これ。聞こえないと言っている人が実際 にいるわけですから、聞こえづらい。たしかアナログ方式のときには、子局が52局あったと 思います。今回は30局。9月の一般会計の決算の質疑でも行いましたが、住民の中からは、 前の防災無線のほうがよく聞こえた、前には近くにスピーカーがあったのに、なくしたから じゃないか、お金がないから減らしたのか、そのような意見を聞きます。今、言ったように、 いわゆる子局スピーカーを減らしたことから聞こえが悪くなったということだと思います。 私も、子局スピーカーを減らした理由を説明はするんですけれども、実際に聞こえにくい 状況であれば、これは仕方がないのかなと思います。4億3,000万強の費用対効果があるの かなと疑問視するところがあります。 私たち議員はそのような、今、町長が述べたような、課長が述べたような説明、設計をお -20- 聞きして承認をしたものですから、実際に効果が出ていないんだったら、疑問視するところ がございます。これはいいです。 次に…… (発言する者あり) ○6番(古川 徹君) やりようがないでしょう。 次に、室内戸別受信機についてですが、受信ができない地域があるとのことで、町に相談 しても、一度は訪問してくれて状況を確認してくれているのですが、電波を遮る障害物があ るので仕方がないとの理由で、あとの対応は何もないとのことです。 一つ例を挙げますと、一日のほとんどを1階の居間で過ごしているので、前までと同じ一 緒の場所の1階に設置したが、全く受信ができなくなった。アンテナの向きや設置位置を変 えても駄目で、さらに町に相談をしたら、この場所は障害物があるから受信ができないと。 そうした中、2階でやってみたら受信が何とかできる状況で、2階での利用を勧められたが、 2階はほとんどいることがないそうで、非常に困るのと、また新規整備によりかえって悪く なったとのクレーム。ほかでは、戸別受信機が受信したり受信しなかったりで、情報が正確
    に伝わらないなど、前の戸別受信機や有線放送のときのほうがよっぽど情報が分かりやすか ったというクレームでございます。 そのような対策として、解決策は進めているのか。先ほど町長からも、何だか知らないけ れども、設置後お伺いして個別に対応している、課長からもありましたけれども、そのよう なことをやられているのか、ちょっと再確認したいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) それでは、戸別受信機の音声の聞きづらい御質問についてお答え をさせていただきます。 戸別受信機の電波の受信に関して、町内の地域において受信できない地域は、現在のとこ ろございません。これは電波で測定すれば、電波の強度は全て確認できておりますので、電 波が到達していない地域というのはございません。 ただ、議員がおっしゃられたとおり、現在は建物の構造、特に木造ではなく鉄骨造、コン クリート造の建物、これらによりますと、昔であれば木造であって電波の通りもよかったん ですが、構造上の問題で電波の通りが悪くなる居宅というのも増えてきております。 それで、御質問の中にございましたとおり、聞こえづらい主な原因としては、戸別受信機 の宅内での設置場所によるものと、戸別受信機の設定上の問題、これは個人の方でいじるこ -21- とができますので、機器の設定の問題と二通りございまして、対応といたしましては、全て 御連絡を頂いた受信難のお宅につきましては、受信感度を測定する機器をお持ちいたしまし て、電界強度の強さを測るとともに、宅内で最も良好に受信できる場所を検索し、受信テス トをした上で設置をお願いしてございます。 ただ、議員がおっしゃられたとおり、そこにお住まいの方がどうしてもここでなくてはい けないということになりますとなかなか難しい点がございますので、なるべく受信できる、 受信可能な場所に設置をお願いしておるところでございます。 また、戸別受信機の個々の取扱いとして、その設定が若干ずれておったり、すぐ近所に電 子レンジや冷蔵庫、あと電波を発信するものがあったりすると、やはりそういうものが原因 となりますので、全て問題があった場合には職員が現地を訪れ、対応しているところでござ います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 でも、課長、今そういうふうに言われますけれども、2階じゃなきゃできないということ ですか、そういう地域は。特に作田方面、ここに多いんです、町内の中でも。そこは鉄骨造 でもコンクリート造でも何でもないです、木造です。そういうようなところでも受信ができ ていないんです。 そのように、さっき言ったように快適に受信ができるようになった、遠達性ができる、通 るようになったと。何も快適じゃないんですね。だから費用対効果も出ていないんじゃない かということなんですよ。そのような対応はしっかりやってもらいたいと思います。同じ位 置で、いるところでちゃんと聞こえるような対策を取ってもらわないと、これは意味がない ので。できないからしようがないと諦めていたらしようがないですよ。 次に、施工業者の対応はどうなっているのか。この質問も9月の質疑で行いましたが、先 ほど壇上でも冒頭に申し上げましたが、今後、施工業者には改良工事の対応、対策を求めて いくとの課長からの答弁を頂きました。その改良工事等は行われているんでしょうか、施工 業者による。答弁を求めます。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) ただいまの質問にお答えいたします。 私が9月に申し上げたときには、施工業者の協力は求めますけれども、電波の到達度、聞 -22-
    こえづらい、直接に関して、今の現存する無線設備を解消する工事を直接行うとは、お話は させていただいていないと思います。 ただ、現存ある施設が、機能は効果的に発揮できるよう、町としても保守管理をお願いす るとともに、いざ故障が起きた場合とかについては速やかに対応し、住民の皆様に防災情報 を流すことが途切れることのないように業者に協力を求め、町としてもお願いをしてまいり たいと、これは考えておるところでございますので、御理解をお願いしたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 防災情報が途切れているんですよ、行政情報も。 施工業者は確かに、設計どおり決められた場所にスピーカーを設置したのでしょうけれど も、先ほど言ったように、従来より指向性、遠達性の向上性があるとの説明の中で調査設計、 またこういった説明の中でしたわけですよね。問題が、また支障があるならば、すぐにでも 駆けつけて対応、対策、解決策をしなければならないんじゃないですか、施工業者として。 今までの対応は、町に対する、電話による指示だけでしょう。違いますか。アドバイスだ けじゃないんですか、こうやれ、ああやれの。何でもそうですけれども、施工業者、販売業 者もそうです、問題があれば、一定の期間はアフターサービスとして対応はすることなんで すよ。 再度お聞きしますが、この防災行政無線には保証期間というものはあると思いますけれど も、いつまであるのかお聞かせください。それと、町ではデジタル化を早めに整備したこと で、通信局から、通常であれば約1Wの出力で切られてしまうところ、5Wくれていると。 なのに、なぜこのような支障が出ているのか答弁を求めます。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) まず、機器の保証期間につきましては、基本的に製品である以上、 電気ということで1年間でございます。子局につきましては1年間でございます。無線設備 についても、瑕疵がない場合については設備上1年でございます。これは設備でございます ので、ルールどおりでございます。 あと、電波法に基づく出力の関係でございますが、これにつきましては従前と同じ周波数 を、周波数というか出力の確保をお願いして、その許可を得たということで、特別頂いたと いうよりも、町内は割かし平たんで本当は下げられる、逆に言うと落とされる要素が高い地 域でございましたけれども、3.11の津波を受けたという被害があったと、その辺を町のほう -23- も主張いたしまして、旧然と同じ出力を得られたということでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 本来ならば1Wのところ、5Wくれているんだったら、うるさいほど聞こえてもいいのか なと思っちゃうんですよ。届き過ぎて困るぐらいなね。その効果も何も出ていないというこ とですよ。 次に、整備後の住民アンケートの実施について。町では、自治区などに聞きづらいなどの 意見の調査をしながら、また改良していきますと。しかしながら、町長も言っていたように、 全ての住民から調査はされていないと思います。 住民の一人でも聞こえない、聞きづらいなどの支障はあってはならないことなので、ぜひ 全世帯へのアンケート調査の実施を再度求めますが、見解をお聞きします。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 御質問の無線設備の整備後の住民アンケートの実施についてとい うことでございますが、町長の答弁どおり、実施後のアンケートは直接は実施してございま せん。 前からお話ししておりますとおり、各自治区の区長様、特に先ほどおっしゃられました作 田地区とかにつきましては、特に自治区長様にその辺の町内の状況を把握いただきながら、
    逆に言うと、私どもとすればそこへ直接、個別全部に当たりませんけれども、聞きづらいと ころは全て対応できるように職員を向けて、作田岡地区には対応させていただいているとこ ろでございます。 また、今後、この整備が終わった後で、一段落しておりますので、この機器の状況等につ いて、やはり住民の意見を聴く必要を重要だと認識した場合については、アンケートの実施 についても、これは考えてはいきたいと思います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 そうなってからじゃ遅いんですよ。災害というものは、いつ起きるか分からないんですね。 防災無線は町民にとって非常に重要なものなんですよ、もちろん行政側も分かっていること だと思いますけれども。特に、自然災害でいえば、本町は津波、台風、またJアラート、町 -24- からの重要な情報と、住民全ての方々に正確な情報が伝えられるような体制を取らなければ ならない。 今、課長は自治区にお任せするようなことを言っていましたけれども、ぜひ迅速に各自治 区の回覧板等を通じて一人一人の意見、このようなものを、防災行政無線の整備後の住民意 見アンケートとして実施を要望いたします。 次に、人口増の施策についてお伺いいたします。 本町では、人口減少が著しく加速傾向に進んでおります。人口減少は、ほかの自治体でも 進んでいると言われるのでしょうけれども、このままでは町が示した年度人口予測をはるか に上回り、人口減に陥り、町税などの収入源も減り、現状以上の厳しい財政運営、財政状況 に陥り、高い税金もさらに上がり、住民はさらに厳しい重荷を背負わされるようになります。 お聞きしますが、地方創生総合戦略の中で3つの事業、また42事業でしたっけ、を取り組 んでいるということですけれども、定住・移住人口、人口減少対策は、今までに様々な提案 をしてまいりましたが、町として人口増につなげるには何が必要で何が足らないのか。定 住・移住人口、交流人口もそうですけれども、どうすれば人口増に向けた可能性が出てくる のか。その施策を具体的にお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 町では総合戦略を策定し、人口減少対策を行ってまいりました。その中においても、新た な九十九里の仲間を受け入れるということを重点課題とし、施策展開を行ってきたところで ございます。具体的には、転入者の費用負担の軽減を目的として、自宅を購入した場合にそ の費用の一部を助成する住宅取得奨励金制度や、移入費用を抑えるため空き家に住居したい といったニーズに応えるため、空き家情報を提供する場として空き家バンク制度、また九十 九里町をPRするために、SNSを活用した宣伝や、人口が集中する東京都内に直接行って、 本町の情報発信として、移住希望者向けの相談会などの参加も積極的に行ってきたところで ございます。 また、昨今では千葉工業大学との包括連携協定により、特色のある学校教育や、新たに町 が主催する結婚支援事業対策等を事業化するなどして、人口減少対策として効果のある事業 を模索してきたところでございます。 しかしながら、現在ではこのビジョンを掲げて歩んできたところですけれども、結果とし て総人口は思うように伸びていないのが現状でございます。 -25- 先ほど、これからの人口減少対策にどう取り組んでいくのかという御質問でございますけ れども、今策定をしている町総合計画の下、様々なアンケート調査を実施しているところで ございます。魅力あるまちづくりが、人口減少対策の大きな要因となると認識しております ので、いろいろ様々な審議会を通して意見を求め、これからの基本計画を策定する上でこう
    いったアンケートを重んじて、次に向かいたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 様々な事業に取り組んでいると、これは前もお聞きしました。一概に何をやればいいとい っても、言い切れないところもあると思います。 例えば、定住にしても移住にしてもそうなんですけれども、住民サービスを向上させる中 で、例えば税金を安くする、支援を厚くする、こういった施策もあるでしょう。しかしなが ら、規模の大きい自治体は既にそのような取組がされているんです。多種多様なサービスの 向上も必要になるのですが、いかにこの九十九里町を住みやすい環境にするのか、いかに便 利に各方面から往来ができ、町の魅力を感じてもらえるようなまちづくりの構築をするのか。 そこで、私から提案というか、再確認も含めますけれども、以前から要望している東金九 十九里有料道路、この辺の整備、高速道路との、千葉東金道路、また圏央道との連結が必要 ではないんでしょうか。人は何事も便利を最優先に選択されると思います。道路網の整備は、 人口増において地方創生の鍵となると言っても過言ではないと思います。 この提案に対し町はどう進められているんでしょうか。また、広域農道を活用した期成同 盟の設置の動向も進めましたけれども、どうされているのか、答弁を求めます。 ○議 長(内山菊敏君) まちづくり課長、古川富康君。 ○まちづくり課長(古川富康君) お答えいたします。 議員のおっしゃったとおり、それぞれの道路が連結されれば、本町にとって観光面や地域 住民の日常生活の向上という観点から、利便性やアクセスの向上が図れると考えますが、接 続には東金市の同意が必要となります。 仮に接続された場合、東金市にとっては通過交通というデメリットが懸念されることから、 現在も進んでいないのが現状でございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 -26- ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 課長、最近、東金市さんとそういう御相談をされましたか。されていないですよね。東金 市さんも前向きに考えてくれているんですよ、はっきり言って。私、個人的には、お伺いす だから、これは町長に申し上げますけれども、町長、この件については首長である町長が 動かなきゃ始まらないんですよ。どんな難題といっても、可能性を求めて動かなければ何も ると。 変わらないんです。 この件について、私たちが、例えば生前中に実現は厳しいものかと思われます。しかしな がら、未来の九十九里のためにも、未来の子供たち、住民のためにも、一日でも早くの実現 に向けて、国、県、近隣自治体への要望活動、明日からでも、町長、始めていただきたいと 思うんです。何も変わらないんです、このままにしていても。 町長に、今、答弁をもらいたいところですけれども、町長は答弁、なかなか難しいと思い ます。できますか。 (「難しくない答弁なら」と言う者あり) ○6番(古川 徹君) 前に積極的に取り組んでまいりますという答弁を頂いておりますので、 それに向けて一日も早く取り組んでいただきたいと思います。 もう時間の関係もあるので、先に進みます。 続きまして、空き家バンクの利用状況とその効果についてですが、空き家バンクの取組は、 私が6年くらい前に空き家問題対策の一環として提案いたしました。空き家になっている物 件を町に情報提供していただき、その情報を自治体から発信することにより、空き家を求め る移住人口が、自治体からの発信だと安心して物件探しができるということで提案いたしま した。その提案に対し、町は、不動産業者にお任せして様子を見たい。また、個人売買のほ
    うでやっていただければと。または、町が情報提供をしてもその効果が見込めるのかな、そ のような答弁でした。 しかし、先ほども言ったように28年1月から空き家バンクの取組が始まりました。今まで の利用状況、効果はどうなのか。先ほど町長から答弁を頂きまして、8件中3件が売れて2 件が残っていると。残りの3件はどうなっているんでしょうか。その辺をお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 本事業につきましては、年々申請件数が増加傾向にありまして、一定の効果はあるものと -27- 認識しているところでございます。先ほど町長の答弁にもございましたとおり、現在8件の 登録がございまして、うち3件が成立しているという結果を生んでいるところであり、今後 もこの事業を育てていきたいと考えているところでございます。 ほかの件についてでございますけれども、問合せ等については多少はありますけれども、 登録までには至っていないのが現状でございます。 今年度につきましては、申込登録申請につきましては2件ございまして、固定資産税の納 付書を発送後、26件の問合せもあるところでございます。そのうち3件が登録をしていただ いたところでございますけれども、今後ともこういった登録がしやすい環境づくりに努めて まいりまして、この事業を育んでいきたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 課長、住民に対して空き家提供の取組、これはどういうふうに周知されているんでしょう か。また、インターネットでのアクセス回数、この辺も分かっていれば教えていただきたい と思います。 残っている物件に対してはどう考えているのか。例えば個人様、持ち主の方々にお願いす るなり、例えば金額を下げるとか、ずっと残っている物件があるわけじゃないですか、2件 に関しては。そういった御相談というか、持ち主の方々、所有者の方々にそういった取組で こういった物件を成立させるようなことはされているんでしょうか。 また、この取組によりどれだけの、この3件の成立が決まったということですけれども、 収入増につながるのか、また人口増となるのか。再度、御答弁ください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) まず、本事業につきましては、ホームページあるいは広報等 で周知をしながら事業展開を図っているところでございます。 アクセス数につきましては、今手元に資料がございませんので、ここでの回答はできませ んが、本事業につきましては物件の売買や賃借を前提として、所有者の方の意思確認が必要 になっているところでございます。そういった条件につきましても、不動産業者の方々とい ろいろ、様々な相談をしながら、うまく成立ができるように努めているところでございます けれども、結果としてなかなか数字として表れていないのが現状でございます。 今後とも、そういった様々な事情はあるかと思いますけれども、この九十九里町に住んで -28- もらえるような取組をこれからも一層努力していきたいと考えております。 あと、空き店舗等のお話もございましたけれども、空き店舗につきましても、相手の方々 のお気持ち、それと考え方、そういったものを模索、お聴きしながら、具体的にその店舗が 有効的に活用できる仕組みをこれからも構築していきたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川徹です。 とにかく、私が思うには、物件に問題があって成立しないのか。また金額がそのまま、高
    く感じられているのか。そのようなところがあると思いますので、やはりそういったところ を交渉というか、事を進めていただきたいと思います。 次に、結婚活動の取り組み方と進捗状況ですけれども、俗に言われる婚活、町としては初 めての試みだったこの結婚活動の取組も、いわゆるスポーツ婚、スポ婚ですかね、新型コロ ナウイルスの影響もあり中止となってしまい残念でした。できればその効果も含め、進捗状 況をお聞きしたかったのですが。 ただ、先ほど町長からも言っていたように、またネットにも載っているように、急な申込 みのキャンセルが発生したと。その急なキャンセルの理由はどういうことなのか。また、今 後の結婚活動をどう進められていくのか、お聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、お答えをさせていただきます。 本事業に当たりまして、町長答弁にもありましたが、男性が10名、そして女性が8名とい う、ある程度の効果は生まれたものと認識をしているところでございます。 キャンセルした事情につきましては、個人的な事情でございますので差し控えさせていた だきたいと考えております。ただ、申込みいただいた方々からは、メールにて本事業を楽し みにしているというようなお声も聞かせていただきました。 本事業は今回中止となったところでございますが、来年度に向けましてこの事業を積極的 に展開することで、こういった方々の気持ちが、本当にこの事業を通して生かせるというよ うな気持ちになってもらえるような事業に育んでいきたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 -29- 個人的なものでありますので理由は申し上げられないということは、ウイルスには関係な いということですよね。ウイルスが原因でキャンセルされたということはないということで すよね、個人的な理由ということは。よろしいんですよね。個人的な理由があるからキャン セルをされたと今、言われましたよね。 私は、そのような理由からキャンセルが相次いだのかなと思いましたけれども、それは致 し方がないのかなと思います。しかしながら、個人的な理由というのは、何か取組にも問題 があったのかということが考えられるんですね。その辺を懸念したところです。 結婚活動の取組も、提案したときは商工会女性部が取り組んでいるとのことで、町での取 組は個人情報の問題があるので、かえって関与しないほうがよいのではないか。場所や募集 をどうやったらいいのかと言われておりました、最初の御提案のときに。 今回のようなコンセプト、これはいいと思います、非常に。ただし、申込みの募集の人数 に達しなかったこと。今回は汗のかかない軽スポーツ、ボッチャを楽しみながらとの取組で したが、実際に申込みの年齢層、平均年齢層はどうだったのかお聞きしたいのと、場所や取 り組み方などはいろいろあると思います。今後の取り組み方の一つとして、一つの参考にし ていただければと思いますが、結婚活動はできれば年3回から4回、これぐらいのスパンで 行っていただき、若い世代から中高年世代もが興味を持っていただけるようなコンセプト、 このような誰でも簡単にできる取組が必要だと思います。 例えば、夏季でいうと、せっかく大資源があるわけです、海。海を活用して、海水浴を楽 しみながら、また花火を楽しみながらとか、また海でドッジボールをしながらとか、ビーチ フラッグをしながらとか、ビーチバレーとか、いろいろあるわけですよ、取り組み方は。ボ ッチャだけじゃないと思うんですよ。魚釣りなんかも幾らでもあるわけです。そのような含 めたビーチ婚とかね。 例えば、町なかの食施設で地元の郷土料理を味わいながらの、食婚です。できれば、冬季 にはイルミネーションでも楽しみながらのイルミ婚とかね。残念ながら、町内にはそのよう なところが見当たらないんですけれども、そのような夢を持てるようなまちづくりで、この ような婚活も進めていただきたいと。若い世代からみんなが参加できるような。
    それと、募集周知の方法もインターネットだけではなく、また広報紙などの周知、今回は 千葉日報に小さく載せたということでしょうけれども、もうちょっと分かりやすくなるよう に大きく載せるなり、また若い世代の女性たちは特に、もう新聞なんかあまり見ません。で すから女性向けの雑誌に掲載するなど、活動を分かりやすくできませんか。町の御見解を求 -30- めます。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 まず、年齢のお話がございました。男女とも20代から40代、幅広くお申込みを頂いたとこ ろでございます。 それと、ボッチャのお話も御質問がございました。これは、まず初めての取組であったわ けでございますけれども、軽スポーツを通して男女がいいコミュニケーションを持って、い い時間を過ごしてもらいたいという思いから、まず取り組んだところでございます。 それと、年4回というようなお話もございましたけれども、今回は残念ながら中止という ことに至ったわけでございますが、まずこの事業に取りかかって、そこから参加していただ いた方々にアンケート調査を行い、この事業がもっと育っていく展開を図れるよう、こうい った意見、声を聴きながら進めていきたいと考えているところでございます。 そして、周知の方法についてもお話がございました。今回、新聞等に掲載をしまして、こ の事業展開を積極的に図っていきたいという思いもございましたけれども、いま一つ、また 研究をさせていただき、多くの方々、今回定員が15名でございましたけれども、男女それぞ れ15名でございましたけれども、多くの方々が参加しやすい、そういった周知方法を模索し ていきたいと考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 アンケート調査等を行いということですけれども、そのような取組はいいと思います。 ただし、言ったように特に若い世代の方々というのは、新聞紙等は見ないというケースも ありますので、雑誌の掲載も含めて、費用がかかることですけれども、こうやって著しく進 んでいる人口減少を何とか解消するには、こういった取組に投資することはいいと思います。 今、人口減の歯止めをかけるには、また人口を増やすには、そのような取組は必要だと思い ますので、費用ばかり惜しまないで、そういった人口増に向けた施策をしていただきたいと 思います。 人口増の取組は非常に難しいこともありますけれども、結婚活動の募集は、商工会女性部 が取り組む婚活は募集人数をオーバーして、募集期間を途中で打ち切られているとも聞いて おりますので、その募集方法を聞いてみるとか、あらゆる手だてをして人口増の施策を考え、 -31- 定住・移住人口増に取り組んでいただきたいと思います。 以上で質問を終わります。ありがとうございました。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は午後1時です。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前11時44分) (午後 零時55分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 通告順により、10番、善塔道代君。
    (10番 善塔道代君 登壇) ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 令和2年3月定例会において質問させていただきます。 質問に入る前に、新型肺炎で亡くなられた方々に御冥福をお祈りいたします。 新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する日々が続いており、先が見えない不安や、不測 の事態への恐怖が生まれる場合もあります。正しい情報を基に、適切な判断や行動を心がけ たいと思います。一日も早く終息することを願うばかりです。 それでは、町民の皆様から頂いた声を基に質問いたしますので、明快な答弁をお願いいた します。 初めに、健康増進についてお伺いいたします。 人生100年時代と言われる昨今では、70歳を超えて働くことを想定している人も少なくあ りません。そのために必要不可決な要素として、健康寿命を延ばすことへの関心が年々高ま っています。 住民の健康づくりを促進する健康ポイント事業は、日々の運動や食事などの生活改善、ま た健康診断の受診や健康講座、スポーツ教室、ボランティアなどの社会参加など、市町村で 決定した健康づくりメニューを行った住民がポイントを集めると、特典を得られるものです。 各地域でも、健康寿命を延ばすための健康増進の取組として実施されています。 そこでお伺いいたします。 -32- 1点目に、本町におきましても、今年度、国民健康保険事業として国民健康保険の加入者 を対象にポイント事業を開始していただきましたが、ポイント事業の実績はどうだったのか 2点目に、国民健康保険加入者のみではなく、全町民に対してポイント事業を実施すべき だと思いますが、当局の見解をお聞かせください。 2項目めに、認知症対策の見当識障害者を保護するための見守り支援についてお伺いいた お伺いいたします。 します。 認知症などで徘回または徘回のおそれがある高齢者等の早期発見、保護のための見守りQ Rコードシールを、つえや靴、衣服などにシールを貼り付けることで、行方不明の高齢者等 であると気づいた方が携帯電話などでQRコードを読み取ると、個人情報を開示することな く、事前に登録した連絡先に配信されます。 外出して家に帰ってこられなかった高齢者を保護するための見守りシールの質問は、平成 30年9月定例会でも質問しております。その後、調査研究を進めていただいたことと思いま すので、見守りシール無料配布の実施について、当局の見解をお願いします。 3項目めに、新総合計画策定についてお伺いします。 本町では、少子高齢化と人口減少が進み、雇用機会が少ないことによる若年層の流出や厳 しい財政状況などの課題から、地域活力の低下が懸念されています。新たなまちづくりのビ ジョンを描き、九十九里町の未来を切り開いていくことが求められていることから、新たな 時代に対応すべく、今後のまちづくりの基本となる第4次九十九里町総合計画が平成22年度 に策定されました。第4次九十九里町総合計画は、平成23年度から平成32年度までの10年間 の計画です。 そこでお伺いいたします。 1点目に、第4次九十九里町総合計画があと1年で終了いたします。今後の新総合計画策 定に向け計画は進んでいると思いますので、進捗状況をお聞かせください。 2点目に、昨年、新たなまちづくりの指針として、第5次九十九里町総合計画を策定する こととなり、九十九里町まちづくりアンケートを実施されました。アンケート用紙の中に、 公費を投入して新しい交通システムを運行することについてどのように思いますかなど、公 共交通に関する項目がありました。交通システムの調査結果がまとまっていましたら、お答 えください。 3点目に、政府のSDGs推進本部作成の持続可能な開発目標実施指針の中の地方自治体
    -33- の項目には、SDGsを全国的に実施するためには、各地方自治体に各種計画や戦略、方針 の策定や改定に当たっては、SDGsの要素を最大限反映することを奨励しつつ、SDGs 達成に向けた取組を促進するとしてあります。 御承知のように、SDGsは、環境だけではなく、環境、経済、社会分野を統合的に推進 していくものであり、全てに関わりがあります。今後、本町でも第5次九十九里町総合計画 に照らし合わせ、一つ一つ、SDGsのどこの目標に該当するかを明記すべきと考えますが、 当局の見解をお聞かせください。 4項目めに、マイナンバーカードを活用した取組についてお伺いします。 国では、消費税引上げに伴う消費活性化策として、令和2年9月より、マイナンバーカー ドを所有している方がキャッシュレスで買物をした場合、マイナポイントと呼ばれるポイン トを付与する制度を実施する予定であります。マイナポイント制度を利用するには、マイナ ンバーカードを住民の方々に取得していただき、マイキーIDを設定していただく必要があ ると聞いていますが、本町はどのように対応しているのかお聞かせください。 以上で1回目の質問を終わります。再質問は自席で行います。 ○議 長(内山菊敏君) 善塔道代議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 善塔道代議員の御質問にお答えいたします。 それでは、初めに健康増進についての御質問にお答えいたします。 1点目の、健康ポイント事業の実績についての御質問ですが、国民健康保険の被保険者の 健康増進と、特定健診の受診など、健康づくりの動機づけや定着化を図ることを目的に、令 和元年5月から事業を始め、参加者は38名でございました。 2点目の、全町民に対して健康チャレンジ・ポイント事業の取組についての御質問ですが、 町民に健康の大切さについて意識を高めていただくことは、医療費の抑制はもとより、今後、 より一層高齢化が進む中で、健康寿命を延ばす介護予防の取組にもつながります。このため、 国民健康保険事業として実施している取組が、被保険者にどのように受け入れられているの か、また実施した結果、どのような効果があったのかを十分に検証した上で、町民全体を対 象とすることについて検討してまいります。 次に、認知症対策についての御質問にお答えいたします。 見当識障害(徘徊)者を保護するための見守りシールの無料配布についての御質問ですが、 -34- 本町の高齢者人口は6,000人を超え、団塊の世代の高齢化が進む中、認知症高齢者を取り巻 く諸問題は大きな課題になっています。 町では、見当識障害者を保護することはもとより、御家族の心配や不安を和らげることを 目的として、地域ぐるみの見守りにより、発見、保護、家族への引渡しが迅速に行える見守 りシールの導入に向け、準備を進めているところでございます。 次に、新総合計画策定についての御質問にお答えいたします。 1点目の新総合計画策定の進捗状況についての御質問ですが、今年度は計画策定の基礎的 なデータとするため、住民の皆様の意向確認手法として、昨年8月にアンケート調査を実施 いたしました。また、新たな試みとして、9月に町内の中高生を対象とした未来ワークショ ップを実施し、12月には公募による20名の町民を対象とした町民ワークショップを開催いた しました。今回は、直接、町民の意向を伺う場を設け、町の将来について話し合っていただ いたところでございます。 現在、これらの意向調査や統計データを基に、総合計画審議会や策定委員会において、次 期総合計画の基本構想案について協議を進めております。 2点目の、アンケート調査の中にある交通システムの調査結果についての御質問ですが、 昨年8月に実施いたしましたアンケート調査において、公共交通に関する事項を3項目設定
    いたしました。 1つ目は、公共交通機関がなく移動に困ったことがあるのかどうかについて、困っている は45.1%、困っていないは51.5%、無回答は3.4%でした。 2つ目は、路線バスの利用目的についてで、バスは利用しないが64%と最も多く、次いで 通院・病院への見舞いが12.9%、買物が12.7%などとなっております。 3つ目は、新しい交通システムを導入した場合の賛否についてで、賛成が68.6%、反対が 6.8%、分からないが21.9%、無回答が2.7%という結果となっております。 3点目の、SDGsの取組についての御質問ですが、次期総合計画においてもこれまでと 同様に、時代環境や社会情勢の変化に対応した施策に取り組むこととしております。国連サ ミットで採択された持続可能な開発目標、いわゆるSDGsは、国においても重要政策課題 の一つに位置づけられております。このため、地方自治体においても、持続可能な地域社会 を築くという観点から、次期総合計画においてもSDGsの理念をどのように反映できるか、 総合計画審議会等の意見を聴きながら検討を進めてまいります。 次に、マイナンバーカードを利用した取組についての御質問にお答えいたします。 -35- マイキーID設定とマイナポイント申込みに対する支援についての御質問ですが、国は令 和2年度に、消費活性化策としてマイナポイント事業を実施します。マイナポイントとは、 キャッシュレス決済を利用した消費者に対して国から付与されるポイントで、マイナンバー カードとキャッシュレス決済の普及が期待されております。 このマイナポイントを利用するためには、マイキーと呼ばれる個人IDを、自宅のパソコ ンやスマートフォンなどからインターネットを利用して取得する必要がございます。町では、 昨年11月からIDの設定などを支援しておりますので、操作に不安のある方などは町に御相 談くださいますようお願いいたします。 以上で善塔道代議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。よろしくお願 いします。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 それでは、再質問をいたします。 最初に健康ポイント事業の実績についてですけれども、このポイント事業はもう何回も質 問や要望をしております。今年度、まずは国民健康保険事業で実施することに対して私も賛 成しましたが、結果、38人なんてとても信じられないぐらい少なくて、本当に残念です。 この事業を被保険者の皆様にどのように呼びかけたのか。また、今後の取組を具体的にお 聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 初年度ということで、5月からの開始ということで、住民の皆様 への周知があまりうまくいかなかったなという反省はございます。近隣の状況等を確認いた しまして、当初100名程度を予算の対象としておりましたが、実際に38名の参加ということ で、大変少なかったなというふうには思っております。 ただし、次年度継続して続けるために、周知方法を検討させていただいて実施していきた いと考えております。広報の早いうちからの周知ですとか、回覧ですとかそういったこと、 あるいは窓口に見えた方に対しても周知していきたいと考えております。 ただし、健診会場等におきましては、今のところまだ国民健康保険に限定しているという ことで、周知方法が難しいという反省点がございます。その点につきましても関係課と協議 いたしまして、できるだけ広く皆さんに知っていただけるように図っていきたいと考えてお ります。 -36- ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。
    今、課長から、初年度ということもあったし、5月から始めたということがあって少なか ったと。ちょっとそれも考えがおかしいのかなと。初年度というか、町全体にやっていると ころは31年度に結構あったんですね。長南町もそうですけれども、これは町全体でやったか らすごい人数、1,000人ぐらいの人数が来ているということがあるんですね。ですので、初 年度だから少ないというのは、ちょっとどうなのかなという思いもあるんです。 私自身、このポイント管理カードと健康ポイント事業の御案内の2枚のA4用紙を持って、 町民さんに説明しながらお知らせに回りました。しかし、お会いする人に、国民健康保険に 加入されていますかと聞かなくてはならないということはおかしいことですよね。やはり年 齢が分からなくて、今、75歳以上の人も若く見えるじゃないですか、若いじゃないですか。 ですので、聞いてしまうんですよね。でも、違いますと言われると説明しにくいんです、こ れって。 お会いする中で、後期高齢者医療保険の方、社会保険の方も多くおり、町民さんからは、 健康増進の取組なのに不公平だと思うという声も聞かれ、複雑な気持ちになっております。 2020年度もこの国民健康保険事業で実施するのなら、もう少し力を入れて周知していただき たいと思っています。 また、この2枚の用紙をそのまま窓口に置いておくのだけではなく、ポイントカードを工 夫し、参加した人から口コミで広がるような取組を考えるべきだと思います。ポイントカー ドというのは普通、カードですよね。女性ってポイントカード好きだと思うんですよね、嫌 いな人もいるかも分かりませんけれども。あの用紙を、A4用紙がポイントカードというの はちょっとおかしいと私は思っています。 ですので、若い人も課の中にいるじゃないですか、職員。発想が、若い発想でできる、若 いというか、新しい発想ができると思うので、そこの工夫が必要だと思いますけれども、今 後どのように取り組んでいくのか、再度詳しく説明をお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) いろいろありがとうございます。 参加していただいた方は大変少なかったんですが、結果を見ますと、特定健診をこのこと によって初めて受診したという未受診者の方がいらっしゃったり、あるいは毎日体重を量る とか、歩くとか、歯磨きをするとか、そういった健康づくりのための動機づけになりました、 -37- 励みになりましたというお答え等もいただいております。 国民健康保険として実施しておりますので、ちょっと保険者努力支援制度の絡みもござい ます。アンケートを取りなさいとか、あるいは毎日継続した健康づくりをしていただくため のスペースですとか。ちょっとカードですと入り切れないのかなというところがあって、A 4の用紙を使わせていただきました。冷蔵庫等に貼っていただいて、毎日見ていただけると いいなというふうに思っております。 今年度につきましては、町全体で行う前の見本になるように周知には力を入れて、もっと もっとたくさんの方に参加をしていただいて成果を上げて、それを評価していただきたいな と考えております。ですので、どうか御理解のほどよろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 来年度も国民健康保険事業として取り組んでいくと課長が言ってい ましたので、本当に38人ということのないように進めていただきたいと思います。 また、これに参加した人は結構喜んでいてくれて、クオカード、ごみ袋を頂いたよと言っ てくださる人もいるんですよ。だけれども、やっぱりこれはほかの人に言えないと。頂いた けれども、国保の人だけしかもらっていないから、後期の人たちも、またほかの社会保険の 人にも言えないと。だから自分だけのもの、自分だけしかという話も聞きます。それは今度、 こっちに、全町民に入るんですけれども、本当に大勢の方が、国民健康保険加入の方が参加 していただきたいと思っています。 それでは、2点目のほうの町民全体に対しての取組についてですけれども、先ほど町長答 弁の中で十分に検討した上でと言われましたが、十分に検討しないと町民全体に実施できな
    いなんて、私にはちょっと理解ができないんですよね。また、現時点での検証状況が分かっ ていたら教えてください。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) 先ほどの検証の御質問でございますが、先ほど町長答弁、そ れから住民課長からの答弁にあったとおり、今年度は試行期間ということもございまして、 38名の方が事業に参加しているというような状況でございます。これは、被保険者数で申し 上げますと0.8%程度ということで、効果を検証するには至ってございません。 今後、対象者の拡充に向けまして、町民全体の健康施策を推進させるためには、まず 4,700人おります被保険者の方々にいかに本事業に参加していただけるのか、それが効果を 検証していく上でも重要であるというふうに考えてございます。 -38- そのため、私ども住民全体の健康を預る部署におきましても、積極的にこの事業の支援を してまいりますので、御理解をお願いいたします。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 先ほどから話があった38名、被保険者4,700人中38人というふうに答弁いただきましたけ れども、これじゃ本当に効果が分からないと思います。先ほど、住民課長のほうからは、健 診を受けていなかった人が受けるようになったとか、そういう話はあると本当にうれしいこ となんですけれども、そういう人たちがたくさん出ることを望むには、全町民に対してやる べきだと私は思っているんですけれども、効果の検証した上でも重要だと、今、課長が言わ れていましたけれども、どのようなことなのか答弁を求めます。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) この健康ポイント事業でございますが、健康に対する個人の 自助努力を奨励するというものでございますが、例えば腹囲であるとか、ヘモグロビンa1 c、それから血糖値、血圧等々、参加者の健康状態に合わせて数値目標を設定することも効 果的であり、またこのデータを基に、個々人に合った保健指導を行うと、そういったことも 可能となることから、非常に高い可能性を秘めた取組であるというふうには理解してござい ます。そのためにも、対象者、対象の範囲を広げるよりも、国保事業の取組をモデルケース といたしまして、住民にまずは定着させるということを優先すべきというふうに考えてござ います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 ありがとうございます。確かに、効果の検証は必要だと思います。でも、何度も言います が、私は、国民健康保険の加入者のみの実施よりも、後期高齢者医療保険、社会保険の加入 者、全ての人が平等に、健康寿命を延ばすため多くの町民が参加し、楽しみながら健康づく りができるよう取り組むべきと思っております。 県でも、2020年度から元気ちば!健康チャレンジ・ポイント事業が予定されており、県民 全員が対象です。本町でも、町民一人一人が健康の大切さを認識し、主体的かつ継続的な健 康づくりに取り組む支援として、住民の誰もが健康増進のために健康ポイント事業を実施し -39- ていただくことを強く望みます。 それでは、2項目めの認知症対策について。見守りシールの導入の件では、今年度の当初 予算に計上していただいてありますが、いまだ実施していませんので、現在の状況と今後の スケジュールをお伺いします。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) 認知症の見守りシールでございますが、今年度、当初予算に
    計上させていただいたところでございます。 まず、この事業を実施する上で気にかけておりますのが、認知症の方々の自尊心を傷つけ ないための配慮が重要であるということから、先進の自治体の先行事例を参考といたしまし てルールづくり、それからシステムの構築を進めているところでございます。 今後の予定でございますが、試行期間を経まして、来年度に本格運用を計画しております。 運用に当たっては、地域の方々、特にスマホ世代である若年層への周知が必要であるという ことから、認知症サポーター養成講座等々を拡充しながら、制度の周知を図っていきたいと いうふうに考えてございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 前向きな答弁、ありがとうございます。 それでは、本町における対象人数と、またどのような仕組みを考えているのか。また、具 体的な周知方法を再度お聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それではお答えいたします。 初めに、本町の対象者数でございます。これは、おおむね140人ということを想定してご ざいます。 また、事業の仕組み、概要でございますが、QRコードを印刷したアイロンタイプのシー ル、それからラベルタイプのシール、これら30枚をセットといたしまして、申請者の方に、 これは当然、審査した後でございますが、無料で配布する予定でございます。 このQRコードを発見者がスマートフォンで読み取ることで、共通の掲示板を通じまして、 介護者など事前に登録された方々へ発見情報を知らせるほか、発見した方には保護時に必要 な情報、つまりは保護した方をどのように対応していくのかといったような情報を共有する -40- といった仕組みを想定してございます。なお、議員が先ほど登壇されておっしゃられたとお り、個人情報の取扱いはございません。 次に、周知方法についてでございますが、広報、ホームページはもとより、地域住民であ るとか小学生を対象に現在実施してございます認知症サポーター養成講座、これを中学生や 高校生まで拡充をいたしまして、この講座の中で制度の周知を図っていきたいというふうに 考えてございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 周知方法にしては、具体的に答弁いただきましてありがとうございます。 本当に若い人ですよね、中学生や高校生の若い世代の人たちに知っていただくということ はありがたいことです。また、多くの人に知っていただけるように、周知をお願いしたいと 思います。シールを貼ってあるから、何だあれはと思うんじゃなくして、貼ってあるからも しかしてと思っていただかなきゃいけないので、知らなかったんじゃなくして、認知症の家 族とかその人だけじゃなくて、その人以外の人たちが知っていなきゃいけないものなので、 分かるように周知していただきたいと思います。 ちょっと、人数のほうは、前回聞いたときもおおむね140人と言っていましたので、同じ ぐらいなのかなと思いました。 前回の質問のときに、予算想定が30万から40万程度ということでした。当初予算には計上 されていますので、あとは早期に実施していただくことを望みます。よろしくお願いいたし ます。 次に、新総合計画策定について、進捗状況ですけれども、第4次総合計画の後期基本計画 に、平成23年度から平成27年度までのまちづくりの進捗状況を踏まえ、基本構想の趣旨を再 確認し、前期基本計画の内容を評価した上で、基本構想で示した本町の将来像「人、自然、
    風土が生きる海浜文化都市 九十九里」の実現と、本町の完全な再生に向けて後期基本計画 を策定するものとあります。 第4次総合計画を検証した上で、新しい九十九里町の再生に向けて、新総合計画策定を進 めていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。答弁をお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 -41- 今現在、実施計画の評価といたしまして、毎年度、総合計画審議会において検証をいただ いているところでございます。また、全体での評価検証につきましては、各課からの検証の 吸い上げを行っておりまして、令和2年度基本計画を策定する段階におきまして、その検証 に基づき事業の見直し等、あるいは新規事業の構成等、選択を行っていきたいと考えている ところでございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 検証、また第3次から第4次になるところの検証もあったと思うんですけれども、また10 年間やった中でしっかりと一つ一つ検証していかなければ、同じことがそのままでいたんじ ゃいけないんですよね、やはり。10年間やってきたことで、できなかったことはどうしてで きなかったのか、これはやってきたけれどもこういうことがよかったというのを、きちんと それをしなければ、つくっても意味がないのかなと思います。でも、つくってもらわなきゃ いけないんですけれどもね。しっかりとそこは、各部署からもしっかりと検証していただい て、お願いしたいと思います。 そして、町長の答弁だったかな、未来ワークショップ、昨年ですかね、未来ワークショッ プや町民のワークショップを開催されたと言われました。直接、町民さんと町が将来につい て話し合ったので、必ずそれを生かしていただきたいと思います、この総合計画に。お願い します。 それでは、2点目の質問でアンケート、交通システムの件ですけれども、第4次九十九里 町総合計画のときも、まちづくりアンケート調査では、九十九里町に都市住民がもっと訪れ て、滞在する機会を増やすにはどうすればよいかと思いますかの中に、交通手段を便利にす るが52.6%、道路交通ネットワークの整備では重要度70.9%で最も高く、その中の取組に対 する不満の理由としては、公共交通の不十分が39.5%でした。あれから10年、交通手段を便 利にすることができたのでしょうか。 また、この新総合計画、第5次九十九里町総合計画アンケートの結果、町長答弁にもあり ましたけれども、公共交通機関がなく、移動に困っているが45.1%。さらに、新しい交通シ ステムを導入した場合の賛成が68.6%という結果で分かるように、多くの住民が交通システ ムを望んでいます。また、昨年12月のワークショップの中でも、一番町に求めているのが交 通機関でした。 -42- ですので、早急に対策を考え、進めていかなくてはならない課題です。今後、どのような 計画を立てているのかお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、お答えをいたします。 アンケート内容についてちょっと触れたいんですが、そのほかの質問で、移住したい理由 についてという設問をさせていただいたところです。ずっと住み続けたい40.5%、当分は住 みたい21.9%、合わせまして、住み続けたいとお答えになった方は62.4%でございました。 その一方で、今回住み続けたいという中で、反対意見としまして、住みづらいという中の 理由でございますけれども、交通が不便であることが85.4%という形で、大変大きな数字と なっているところでございます。また、先ほど善塔議員の御質問の中にもございましたが、
    若い世代の方々が公共交通、交通アクセスについて大変不満に思っているというところも伺 っているところでございます。 今後交通アクセスで、こういった事業につきましては、大変重要な課題と認識していると ころでございますが、現在、地方部を中心として人口減少の本格化、運転者不足の深刻化等 によりまして、公共交通機関においても大変な問題を抱えているところでございます。そう した中におきましても、今、国でもこういった地方における公共交通問題について大変注視 しておりまして、その動向を慎重に今見極めているところでございます。 令和2年度に向けまして、今後の方策でございますが、来年度予算の中に計上させていた だいた公共交通会議を設置し、この中で様々な問題について、九十九里町地域に合った交通 機関、機関というか、交通の問題について議論を重ねながら、いい解決策を見いだしていき たいと考えているところでございますので、御理解をお願いしたいと思います。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 答弁の中で、令和2年度、公共交通会議を設置すると。設置して協議をしていく、当たり 前のことですけれども、この公共交通会議のメンバーがもう決まっていると思いますので、 メンバーとこの会議の回数、さらにどのようなことを話し合っていくのかお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 国、県、そして今、公共交通として支えていただいている業者の方々、そして専門の方々 -43- を招いて、今後の九十九里町の公共交通、そして交通問題に対するいろいろな様々な課題を 解決するべく議論を重ねていきたいと考えております。当初予算において、3回の会議を開 くための予算を計上しているところでございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 3回の会議で決めていただきたいと思います。もう当初予算に乗せてくれていて、3回の 会議と言っているんですから、この公共交通会議を設置して、今答弁いただきました国、県、 本町の業者の方々、そしてまた多分、町職員も入っていることだと思いますが、3回で必ず いい方向で決めていただきたいと思います。先々に延ばさないでお願いしたいと思います。 一つの例なんですけれども、秋田県横手市の過疎化が進む山あいでの交通弱者対策として、 有償旅客運送事業を行っています。トヨタ自動車が開発したミニバンの福祉車両を活用し、 地元の住民組織と連携した移送事業を昨年11月からスタートしました。住民と市が一体にな ってやっています。現在は、200円から700円の乗車料金で週4日運行、ドライバーには1日 4,000円の手当が出ます。 また、大阪府河内長野市の南花台地区、本当に、ちょっと高齢化が進んでいる地区なんで すけれども、や沖縄県うるま市津堅島、ここはガソリンスタンドがないところです、では、 時速20km未満で走行する電気自動車、EVの、今現在、実証実験を開始しました。EVは、 ゴルフカートを改造し、ナンバープレートを取得、1回当たりの充電で30から40kmの距離を 交通弱者対策は大きな問題です。地域住民の移動手段として、各自治体が地域に合った取 走行でき、家庭用電源も利用できます。 組が行われています。 私も、もう以前からデマンドとか、もういろんな話をしました。でも先ほど、課長のほう から、町に合ったこの公共交通会議を開いて、住民の皆様の、交通弱者のために考えていた だけると思いますので、本町も本町に合った交通手段を早急にお願いいたします。 それでは、次に新総合計画策定について。次期総合計画において、ごめんなさい、これ今 やっていたんだよね、ごめんなさい、3番目のSDGsのことです。 次期総合計画においても、SDGsの理念をどのように反映できるか。総合計画審議会等
    の意見を聴きながら検討を進めていただけるそうですので、よろしくお願いいたします。 SDGsは、貧困問題をはじめ、気候変動やエネルギーなど17の目標と169のターゲット -44- から成ります。例えば「飢餓をゼロにする」では、日本では食べられるのに捨てている食品、 推計年643万t、飢えに苦しむ人たちが世界で8億人もいる中で、本当に困っている人に食 料が行き届かない仕組みや、経済発展を優先した過剰な供給と消費の仕方を改善していくこ とが、食品ロスをなくすために必要とされています。 また、「気候変動に具体的な対策を」では、現在、天候の変化や海面水位の上昇、異常気 象に至るまで、気候変動は待ったなしの問題です。燃やすごみを減らすことが大事です。今、 挙げたことはほんの一部ですが、このようなことから、SDGsを推進していかなければな りません。 町の総合計画審議会委員、先ほど、審議会委員といろいろと協議していることを聞きまし たので、総合計画審議会委員は、調べてみると町議会議員、教育委員会、農業委員会、社会 教育団体及び文化団体、農業団体及び漁業団体、商工業及び観光等経済団体、福祉団体及び コミュニティ団体、学識経験者で構成されています。産官学民が連携して、SDGs達成に 向け九十九里町も挑戦すべきだと思いますが、いかがお考えでしょうか。再度、答弁をお願 いします。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 SDGsの取組につきましては、平成31年3月の定例会の中で善塔議員から御質問を頂い たところです。 今回の基本構想案の中で、持続可能な開発目標への取組の中で、SDGsについての考え 方を示していきたいと考えております。町では、基本構想に基づいたこの基本計画で、取り 組むべき多くの課題を抱えているところでございます。これを克服するための新たな取組と して、SDGsを大いに活用していきたいと考えております。よろしくお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 ありがとうございます。 今まさに2020年代が始まり、30年を見据えた行動の10年で、日本がSDGsの力強い担い 手として、国際社会をどうリードしていくかが重要です。SDGsを基軸、底流として、誰 も置き去りにしないとの理念を広げていきたい。昨年12月に改定されたSDGs実施指針に は、議会の役割について、国民の声を拾い上げ、国や地方自治体の政策に反映できることが 期待されると明記されました。町民と一体となった取組で、生活の質や都市ブランド力の向 -45- 上を目指していただきたいと思います。 それでは、最後にマイナンバーカードを活用した取組について。 マイナポイントですけれども、先ほど町長答弁にもありましたように、マイナポイントの 利用方法ですが、利用者がキャッシュレス決済サービスを1つ選択してマイナポイントを申 し込み、当該決済サービスにおいて前払いまた物品等の購入を行った場合に、マイナポイン トプレミアム分を当該決済サービスのポイント等として取得されます。マイナポイントの利 用状況は、2万円分の前払い等でプレミアム分5,000円付与されます。 しかし、事業実施期間が令和2年9月から令和3年3月までの7か月間です。マイナポイ ントを知らない人たちがたくさんいますので、広く周知していただきたいと思います。今後 の周知の方法や、ID設定支援の対応について、答弁をお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 マイナポイント事業につきましては、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイ ナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とし、令和2年に国
    が実施する事業でございます。 ただいま、マイナポイント予約は、必要な環境であれば自宅で行うことができますけれど も、本町でも支援策として、この予約ができるコーナーを昨年11月より企画財政課窓口に設 けまして、努めさせていただいているところでございます。 今後でございますが、マイナポイントの予約により、マイキーIDが設定されることにな ります。申込期限が令和2年7月から令和3年3月までとなっていることから、7月頃から この需要が大変大きくなると見込んでいるところでございまして、この窓口の強化に当たる ため、今、準備を進めているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 分かりました、ありがとうございます。 それでは、現在までにマイナンバーカードを取得されている方の人数を教えてください。 また、今後マイナンバーカードを国民健康保険証として利用することも決まっていることか ら、より円滑にマイナンバーカードを発行する必要があると思いますが、今後の本町の取組 をお聞かせください。 -46- ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 令和2年1月末の九十九里町のマイナンバーカードの交付件数は 2,047件です。1月末の人口に対しまして、交付率は13.08%です。千葉県の今の数字が16% 程度ですので、ちょっと県平均よりも少し低いのかなというところでございます。 もう一点、国民健康保険のマイナンバーカードの利用についてなんですが、国民健康保険 に限らず健康保険証のマイナンバーカードの利用ということで、来年度末に本格運用が始ま ることになってございます。そのために、今、システム改修ですとか、世帯番号だったもの を個人番号化するなどの手続を進めているところです。 では、そのためにマイナンバーカードの普及をどうするのかというところなんですが、こ の国民健康保険だけに限ってお話しするとすれば、来年末に本格運用が始まって、その翌年 の交付のときに初めて個人番号化した保険証が皆さんのお手元に届くというようなスケジュ ールになっておりますので、その前に広報に載せたり、それから本格運用の前にも、マイナ ンバーカードを保険証として利用するためには、マイナンバーカードが必要ですよという広 報をしていきたいと考えております。 また、マイナンバーカードを使った医療機関のほうの受入体制なんですが、このデジタル 化は令和4年度末までというふうなスケジュールになっております。ですので、これから3 年程度をかけて、ほぼ、国民のほとんどがマイナンバーカードを持つというスケジュールで、 いろんな政策が進んでいるところですが、最初にお話ししましたように交付率が大変低迷し ておりますので、これが急激に進んだ場合には、ちょっと窓口の対応が大変なのかなという ふうに考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 国は、マイナンバーカードを健康保険証としての、医療機関等の利用環境整備を進めてお ります。2021年3月末に、今、課長がおっしゃったように、国民健康保険利用の本格運用が 始まる予定です。 また、制度の導入により、各種証明の発行事務、事務経費の削減などが図られるほか、加 入者の健康づくりや重複投薬の減少などが期待されております。 多くの人にマイナンバーカードを取得していただき、マイナポイントの利用や健康保険証 の利用などができるよう、町としても対応や準備を進めていただきたいと思いますので、よ -47-
    ろしくお願いいたします。 以上で質問を終わります。ありがとうございました。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は2時5分です。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 1時49分) (午後 2時02分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 通告順により、13番、谷川優子君。 (13番 谷川優子君 登壇) ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 一般質問の前に、一日も早い新型コロナウイルスによる感染の終息と、また、今そのため に求められているのは、国による財源を伴う具体的な医療体制、検査体制、休業補償です。 国会では野党が共闘して、新型コロナ対策費を計上した予算案の組替えを提案しています。 九十九里町でも、国民健康保険証の短期証明あるいは資格証明の住民が医療にかかることを ちゅうちょして手後れにならないように、しっかりと当局の対応を求めて、令和2年3月定 例議会、住民の福祉と健康を守る立場に立ち、一般質問を行います。 さきに通告いたしました、防災対策について、地域公共交通について、東千葉メディカル センターの運営についての質問を行います。 防災対策についてお伺いいたします。 2月16日日曜日、千葉県銚子漁港事務所による片貝漁港における津波対策の住民説明会が 銚子漁港事務所から、多重防護、減災対策として、A案、B案、C案が示されました。ま た、津波の高さについては、基本的な考え方は、発生頻度の高い津波をL1、甚大な被害を もたらす津波をL2と示され、片貝漁港の津波対策はL1として、A案が採用されるという 開かれました。 ような説明でした。 東日本大震災では、片貝漁港付近で200棟の住民の家屋が、床上・床下浸水など甚大な被 -48- 害を経験しています。こうした小関納屋の住民は本当に納得しているのでしょうか。こうし た経験をした住民だからこそ、その思いを感じました。片貝漁港津波対策の問題だけではな く、町全体の災害、防災問題ではないでしょうか。 その中で、住民から様々な意見が出されました。おかのほうで3m以上あるのなら、到達 するときは5m、6mの波になる。これはもう決まったことなのか。漁業組合だけかよ。漁 業組合だけではなく小関納屋自治区民にも説明してほしい。漁業組合との間で話が終わって いて、役場から何の説明も聞いていない。ちゃんと説明をしてほしい。これは、漁業組合と 銚子漁港事務所と役場が同意している文書じゃないか。もう一度、地元の意見を聴いて検討 していただきたい。 町は、こうした住民の声にどのように応え、また住民の声を聴き、県との話合いの中で、 こうした住民の声をどのように生かすのでしょうか。 災害対策基本法16条の6項では、町長の諮問に応じて、地域の防災に係る重要事項を審議 するための防災会議を開く。当該地域に係る施設の新設や改良は重要事項に含まれるとなっ ています。この津波対策が重要事項ではないのでしょうか、お答えいただきたいと思います。 防災会議の詳細について、お答えください。 また、災害対策基本法5条の1項及び2項では、市町村の義務を規定しています。住民の 生命、身体、財産を災害から保護するため、関係機関が地方公共団体の協力を得て地域の防 災計画を立て、法令に基づき実施する責任があると。つまり、住民の生命、財産、身体を守
    るのは市町村の責任ですよと、このように規定されています。果たして、災害対策基本法に 基づいたこの対策が行われているのでしょうか、お答えください。 また、防災対策の中で、津波対策はどのように審議されてきたのか。津波対策、その他の 災害対策は住民にどのように周知されているのでしょうか。お答えいただきたいと思います。 もちろん、町だけで海岸の多重防護、減災対策を行うことはできません。地域では、しっ かりとしたソフト面の対策が求められていると思います。しかし、ハード対策とソフト対策 がしっかりとできていない。これは、住民の避難に大きな影響があると思いますが、いかが でしょうか。 次は、地域公共交通についてお伺いいたします。 この地域公共交通は、私は平成19年からずっと取り上げてまいりました。もう10年になり ます。全然進んでいません。 生活交通確保について、自治体が本来行うべき責務、核となる行政サービスとして、この -49- 生活交通確保が位置づけられています。住民の足を守っていこうという立場に立てば、実現 できるのではないでしょうか。財政問題が出てきます。しかし、今、住民が困っているため に財源を充てるのは当然のことだと思います。住民の足である公共交通をどうするかは、本 来、町の責務です。行政サービスとしての町の姿勢が問われています。 2013年12月に交通政策基本法が公布され、即日施行されました。この基本法第2条では、 全ての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営むに必要な移動を保障する権利を有する。 また、何人も公共の福祉に反しない限り、移動の自由を有する。生存権、憲法第25条であり、 交通権とは国民の移動する権利です。日本国憲法の第22条では、居住、移転、職業選択の自 由、そして第13条では幸福追求権、これは国民にとって具体的な権利です。地方自治体は、 住民が自由に、安心・安全に移動できるための交通権を基本的人権として保障する責務を担 コミュニティの希薄化、崩壊が進んでいる今だからこそ、高齢者が気軽に外出することで 健康増進につながり、また元気に生き生き、社会参加ができる仕組みづくりができるのでは ないでしょうか。また、商業、観光などの活性化にもつなげることができます。一日も早い デマンド乗合タクシーや循環バスの、住民が安心して暮らせる地域公共交通の実現を要望い お伺いします。交通弱者対策について、町はどのように考えているのでしょうか。今まで の質問に対して、持続可能な交通弱者対策とか回答されていますが、内容が全く具体的では ありません。お答えください。また、公共交通を導入したときの試算や計画具体化をお願い っています。 たします。 いたします。 次は、東千葉メディカルセンターの運営についてお伺いいたします。 地方独立行政法人東金九十九里地域医療センターは、平成22年10月に新設型地方独立行政 法人として設立しました。その後、平成26年4月に開院いたしましたが、当初から医師不足 や看護師不足による病棟の開棟の遅れ、計画どおりにいかず、医業収益が大幅に見込みを下 回りました。そのため、開院当初から資金不足など、大変厳しい病院経営が続いております。 経営改善を掲げて、平成30年4月1日から平成34年3月31日までの4年間を、第3期中期 目標の策定を行いましたが、その計画の中身は、経常収支比率100%以上の達成のための経 営改善、また、診療科目の開設と病棟の開棟計画でした。山武長生夷隅保健医療圏の中核病 院としての機能を定着化させる取組の重点策が書かれていましたが、そのどれも計画達成か ら程遠い状況です。 -50- 開院当初から、未処理損失の累計57億です。千葉県からの補助金により、債務超過が11億 2,700万まで圧縮されました。しかし、医業収益67億1,200万に対して、医業費用が80億 2,000万となっています。高度医療や不採算診療科目を担う病院であるメディカルセンター は、県が経営に参加をしなければ経営は成り立ちません。県の経営参加を強く求めています。
    お伺いします。九十九里町は設立団体として、今後の運営見通しをどのように考えている のでしょうか。県から交付される整備事業基金は、本来積み立てられているはずですが、残 高はどのようになっているのでしょうか。お答えください。 再質問は自席で行います。 ○議 長(内山菊敏君) 谷川優子議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 谷川優子議員の御質問にお答えいたします。 それでは、初めに防災対策についての御質問にお答えいたします。 1点目の、防災会議の詳細についての御質問ですが、本町の防災会議は、災害対策基本法 第16条の規定により、町地域防災計画の策定及び実施を推進することを目的として設置され る組織でございます。会議の委員については、町長である私が会長として、県や警察、消防 などの防災関係機関により構成されております。最近では平成27年度に会議を開催し、東日 本大震災をはじめとする、国内で発生した大規模災害における対応や教訓を基に、国及び県 の防災計画が修正されたことに伴い、町地域防災計画について、国、県の計画と整合を図る とともに、町の実情に即した計画に改定したところでございます。 2点目の、災害対策基本法に基づいた防災対策が行われているのかについての御質問です が、災害対策基本法では、国や地方公共団体などのそれぞれの防災責務や防災計画の作成、 災害に対する予防と、災害が発生した場合の応急対策及び復旧対策について定められており ます。町では、災害対策基本法に基づき、地域防災計画の策定及び地震・津波、風水害など の災害に対しての防災対策に努めております。 3点目の、防災会議の中で津波対策はどのように審議されているのかの御質問ですが、津 波対策は、千葉県東沿岸海岸保全基本計画に基づき、県が実施する事業であることから、本 町の防災会議では審議はなされていません。町地域防災計画において、県が実施する津波対 策として、津波防護施設の整備に関する内容を記載しております。 4点目の、住民への周知についての御質問ですが、防災会議は、防災関係機関による地域 -51- 防災計画の策定及び修正を行うための会議でございます。会議において審議された計画案に ついてはパブリックコメントを実施しており、さらに策定された九十九里町地域防災計画に つきましては町ホームページに掲載するなど、住民に対して周知を図っております。 次に、地域公共交通についての御質問にお答えいたします。 1点目の、交通弱者対策について町の考え方はとの御質問ですが、先ほど善塔議員の答弁 でも申し上げましたとおり、総合計画策定に当たり実施いたしましたアンケート調査やワー クショップにおいても、公共交通の充実を求める要望が多く寄せられております。このため、 町では来年度予算に公共交通関連事業費を計上し、交通弱者対策を検討してまいります。 2点目の、町が計画する持続可能な交通弱者対策とは何かとの御質問ですが、人口減少や 高齢化が加速化する中にあって、地域の公共交通については、長期にわたり維持、継続する ことが求められており、そのためには地域全体で支えていく仕組みづくりが必要不可欠でご ざいます。 地域における民間事業者やNPO団体等、行政、住民が連携して助け合い、支え合いなが ら、住民の困り事を解決していかなければならないと考えております。とりわけ、住民の皆 さんがお互いに助け合う共助の取組が重要であると考えており、ボランティアやNPO団体 等を育成してまいります。 3点目の、デマンド乗合タクシー等を導入した場合の計画や試算はできているのかとの御 質問ですが、他の自治体における公共交通の状況は把握しておりますが、具体的な計画等に ついては、令和2年度より行います公共交通会議の中で、外部の有識者の知見を頂きながら 交通弱者対策を検討してまいります。 次に、東千葉メディカルセンターの運営についての御質問にお答えいたします。 1点目の今後の運営見通しについての御質問ですが、東千葉メディカルセンターの第3四
    半期の運営状況は、入院・外来患者数、救急車による受入患者数はもとより、分娩件数につ いても前年実績を上回っており、地域の中核病院として根づくとともに、役割を果たしてき ていることがうかがえます。 一方で、財務状況を見てまいりますと、収益面においては前年実績を上回っているものの、 計画値を若干下回っており、また費用につきましては、患者数の増加に伴い人件費などの経 費が増加したことにより、前年実績や計画値を上回ったことから、差引損益において、前年 度実績・計画値共に下回り、引き続き厳しい状況にあります。 2点目の、整備事業基金積立残高についての御質問ですが、県から東千葉メディカルセン -52- ターの整備事業交付金として交付されたのは、今年度末時点において61億2,800万円、その うち基金残高は42億9,000万円で、内訳は現金が5億7,300万円、貸付金が37億1,700万円と なっております。本町分で申し上げますと、基金残高11億1,600万円、内訳は現金が1億 5,600万円、貸付金が9億6,000万円でございます。 以上で、谷川優子議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川優子です。 まず、防災対策について再質問を行います。 町長は、ハード事業とソフト事業の区分けを言ったんだとは思います。しかし、災害対策 基本法の16条の6項では、地域の防災に関わる重要事項を審議するための防災会議だという ふうになっていますよね。 例えば、津波対策として多重防護だとか減災対策、これは重要事項ではないんですかね、 町として。これが4m、住民のほうから言われていた漁港のところが4m、4.1m、いや、 その前に5mと言ったじゃないですか。この1m、2mが、住民の命を分ける重要なものだ という認識は、町長、ないんでしょうか。お答えください。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 町の防災会議、それから町の地域防災計画、これに関しては総務 課が所管しておりますので、私のほうから御回答させていただきたいと思います。 それから若干、御質問の内容にございまして、市町村の事業と、都道府県、国の事業との 兼ね合いもございますので、根拠法令でございます災害対策基本法の内容を加えながら、若 干説明をさせていただきたいと思います。 まず、防災会議は、災害対策基本法第16条の規定に基づきまして、国に中央防災会議、都 道府県に都道府県の地方防災会議、市町村に市町村の地方防災会議がそれぞれ設置されると。 これは、なぜ個々にあるかというと、それぞれの機能を分担し、それぞれの立場で当たると いう意味合いでございます。市町村については、まず一番基礎的な自治体として、その地域 の実情に即した行動をすると。 さらに、この防災会議の担任事務でございます。これにつきましては、防災基本計画、国 については国の防災基本計画の作成及びその実務を推進すること。都道府県については、都 道府県の地域防災計画の作成及びその事務の推進、市町村につきましては市町村の地域防災 計画の作成、その事務を推進するということが担任目的でございます。 -53- 先ほど議員がおっしゃいました災対法16条6項、地域の重要事項について審議するとあり ますけれども、これはあくまでも計画策定に当たっての重要事項について審議するというふ うな逐条解説でございます。 それから、町長答弁にございましたけれども、津波対策はあくまでも国、それから都道府 県の事業として位置づけられており、市町村の直接の実施計画ではございませんので、町の 防災会議で、地域防災計画を策定する上で論議されることはございません、県において論議 されるべき事項であって。 それからもう一つ、地域防災計画はあくまでも基本的な理念、基本的な考え方を規定する
    ものであって、実際の実施計画、詳細なハード事業を細かくのせるものではございません。 これは、千葉県の地域防災計画においても津波対策は規定されておりますけれども、その内 容については触れられていないところでございます。 そういう関係で、県事業として町の地域防災計画に掲載をさせていただいておるところで ございますので、御理解をいただきたいと思います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 しかし、住民からこれだけの不安、疑問、反対の声が上がっている。そういう状況の中で 国と県と町、それぞれ分かれていて、町は町の地元の防災、当然、住民を守るということは 確かにあると思います。 しかし、第16条の中で決して、地元住民の重要事項としての審議を、きちっと町として県 に上げてはいけないということではないと思うんですけれども、どうでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 繰り返しの答弁になりますけれども、町の防災会議で論じるのは 町の内容でございまして、県の事業の左右について上げることじゃない。これは単純に言い ますと、国の法令にできたことに関して、市町村の議会で論議できないのと同じように、県 のハード事業について、九十九里町の防災会議で論じることはないということですね。 ただ、津波の重要性とか何かにつきましては、本町の地域防災計画の中でも重要と認識を しておりますことから、県の事業として津波防護の部分を掲載させていただいているところ でございます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 -54- ○13番(谷川優子君) 確かに、災害対策基本法5条の2項及び1項、2項では、市町村の 義務として、住民の生命、身体、財産を災害から保護するための関係機関や地方公共団体の 協力を得て地域の防災計画を立て、法令に基づき実施すると、このようになっていますね。 ただし、設計、施工の責任は県であると。これは、当然ハードの部分で、お金もかかるし時 間もかかるし、県や国が出すのは当然の話だと思います。 しかし、災害対策基本法第5条の1項、2項では、市町村の義務として住民の生命、身体、 財産を災害から保護するための、そのために関係機関や地方公共団体の協力を得て、地域の 防災計画を立てると。確かに、避難道路あるいは避難タワー、そういったものは地域で責任 を持ってやるべきことだと思います。 しかし、ハードの部分が、あるいは防護壁がきちっとしていなくて、ソフトの部分だけで きるということはあり得ないと思うんです。災害、つまり津波からどうやって住民を守り、 そしてどうやって避難するのか。これは別々の問題ではないと思うんですね。 住民がこれだけ疑問や不安や不満、あるいは俺たちには何も説明してくれていないじゃな いかと、こういう声を町としてきちんと取り上げて、上に上げる責任があるんじゃないです かね。町長があの場で、県の説明だから私に振らないでくださいと、こういった発言は乱暴 であって、大変無責任な話だと私は思います。これは、ハードとソフトをきっちり分けると いうわけには私はいかないと思っているので、また住民の説明会、住民の声をよく聴くとい うところでやっていただきたいと思います。 また、津波対策、その他の災害対策、住民にどのように周知するのか。これも、町がもし、 今回津波説明会のときに住民は何も聞いていないと、俺たちは何も説明を受けていないじゃ ないかと、そういった声が出ている。2年前に説明した、あの説明会を開いたままだと。こ ういった状況の中で、町がそのままで本当にいいと思っているのかどうなのか。町長、お答 えください。 ○議 長(内山菊敏君) 3回目になりますので。 (「2回目だ」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 2回目。
    暫時休憩します。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 (午後 2時36分) -55- 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 2時37分) ○議 長(内山菊敏君) 住民への周知について。 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 総務課といたしまして、通告を受けていた内容の住民への周知に ついてお答えをさせていただきます。これは、防災会議における、その内容の住民周知とい うことで伺っておりますので、お答えをさせていただきます。 町防災会議は、町の地域防災計画の作成や修正をすることを目的としております。これは、 本町の地域防災計画の内容が国、県並びに関係公共機関の計画と役割分担の下、整合性の取 れた計画策定が行えるよう、会議において確認を調整することになっておるからでございま す。 このように、計画作成に係る審議が関係機関による連絡調整及び確認を行う会議でありま すので、この内容については住民の周知は行っていないということでございます。あくまで も上部機関、それから公共的関係機関の連絡調整という意味合いでの防災会議でございます ので、その内容については住民周知は行っておりません。 しかしながら、審議した結果についてはパブリックコメントに付すなど、住民の皆様に広 く御意見を聴きながら策定をしておるところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 でも、それじゃ住民の命を守れませんよね。 時間がないので、次、東千葉メディカルセンターにいきます。 (「答弁求めりゃいい」と言う者あり) ○13番(谷川優子君) だってもう時間がないもの、23分だから。 先ほど、東千葉メディカルセンターの今後の運営見通しをお伺いしました。再質問を行い ます。 今、外来患者などが増えていて、医業収益が上がっているけれども、当然医業費用も増え ている。令和7年に黒字になる計画になっていますけれども、本当に計画どおり達成できる のか。また、達成できないときの対策はどのように考えていますか。 -56- ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、お答えをさせていただきます。 東千葉メディカルセンターについてでございますが、中期計画では令和7年度のフルオー プンをいたしまして、この年に単年度収支を黒字化させるといった計画になっておりますが、 現時点におきましては非常に厳しい状況であると考えてございます。 今後も、法人において厳しい経営状況が続き、資金繰りに不安定な状況が発生するようで あれば、設立団体といたしましても負担に限りがございますので、県とともに対応策の協議 をしていく必要があろうかというふうに考えてございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 旭中央病院は、一般病床、精神病床、感染病床など合わせて989床、そして成田日赤は719
    床、亀田病院は989床などの一般病床で運営していますね。じゃ、東千葉メディカルセンタ ーの一般病床の数は今幾つで、今後の計画はどのようになっていますか。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) まず、東千葉メディカルセンターの現在の病床数というとこ ろでございますが、314床のうちの271床を開床したところでございます。 なお、病院の規模につきましては、県の医療構想に基づくものでございまして、そのため に県からの支援も受けてございます。設立団体のみで支援しているわけではございません。 今後も、県から包括的な支援をしていただければ、運営していけると考えてございます。 また、法人では、第3期中期計画で示しましたスケジュールを基に、医師、看護師の充足 状況、それから地域医療の需要を見極めた中で増床しておりまして、結果として計画を上回 るペースで進められているところでございますが、今後も地域の医療事情、それからスタッ フの充足状況等々を考慮しながら、増床を進めていくというふうに聞いてございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 私が、なぜ旭中央病院や、あるいは成田日赤、あるいは亀田病院の 一般病床数を言ったかというと、三次救急、救急救命センターというのは、もう当然高度医 療で、赤字を覚悟で、必要でやっていると。その部分を、一般病床で埋めているというのが 現状だという話も聞いています。 -57- この東千葉メディカルセンターは、三次救急、救急救命センター、三次救急を標榜してい て、なおかつ一般病床が、当初の計画が314床でした。ところが、今、それすら届いていな いと。これがずっと続くと、当然赤字が続いていくと考えざるを得ないと思うんです。 先ほど言ったように、これは県のシミュレーションで、県の責任でやった。できるという 県の事業計画の中でやったので、きちんと県を運営に参加させるようにやっていただきたい と思います。今のままでいくと、もう県から、建設基金として積み立てておけといったお金 も、もうなくなってきている、底をついちゃっていると。そういう状況の中で、明日が見え ない、次が見えない、東千葉メディカルセンターの運営状態はそういう運営状態です。 ですから、県のほうにきちんと運営に参加するように、そういった話はされているんでし ょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 3回目です。最後です。 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) お答えをさせていただきます。 県からは、四半期ごとに私ども県に赴きまして、東千葉メディカルセンターの運営状況に ついて情報の共有を進めているところでございます。まずはその中で、東金市長から提案が ありました3項目の実施について実現できるよう、お願いをしているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 最後、整備事業基金の残高取崩しについて、再質問を行います。 県から東千葉メディカルセンターへの整備事業基金として交付された金額が61億2,000万 円。そして、整備事業基金の交付金の残りが約10億円です。東千葉メディカルセンターへの 貸付けは37億1,700万、そのうち九十九里分として基金残高11億1,600万で、現金が先ほど5 億と言ったかしら、1億ですよね、1億5,600万円で、東千葉メディカルセンターに9億 6,000万貸付けしているということでいいんでしょうか。 千葉県の事業計画で示されていた九十九里町の病院負担金は、10年間で26.5億円で運営で きるという、こういう約束の下で始まった病院計画なんです。もう一度、町としてのお考え をお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) 基金の残高につきましては、先ほど議員がおっしゃっていた
    -58- とおりでございます。 それから、設立団体につきましては、従来から申し上げておりますとおり、10年間26.5億、 これは真水分でございますが、これの負担につきまして東金市と同じ考えでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 最後にしますけれども、第2期中期計画の資料を見ても、前の課長 は同じような、メディカルセンターについての経営改善に向けた取組をという回答、全く同 じ回答をされているんです。今は第3期中期計画。前回の第2期中期計画のときも、資料を 調べると全く同じ答弁をしているんです。 これから先も、住民のために東千葉メディカルセンターを中核病院として存続させるため には、やはり何度も言うように、千葉県が責任を持って運営参加をさせると。町長は、どの ように考えていますか。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) 先ほど答弁したとおりでございます。県に対しては、これか らも包括的な支援を求めていきたいと存じます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) まとめます。 実際、町長がどうしたいのか、これからどうするのかということが大事なことだと思いま す。だから、できればきちんとお答えを頂きたいなと、最後にお願いいたします。 最後にまとめをさせていただきます。 町長は、選挙の公約の中でも、地域公共交通、デマンドタクシーの導入ということを掲げ ていたので、実現をしていただけると私は思います。 やはり町が計画する持続可能な弱者対策、これは当たり前の話ですよね、持続可能という のはこれからずっとやっていかなきゃいけない。だけれども、今、実際、買物難民がいるん です。買物難民が生まれているんです。人と人とが一番多く利用する日常交通が、地域公共 交通なんです。 社会インフラとして、交通をベースとして、その上にあり、そして医療、福祉、教育をは じめとする住民の生活が営まれることが、公共交通が果たす役割、大変大きな責任があるん です、公共交通は。住民がぜいたくを言っているわけじゃない、ぜいたくを望んでいるわけ じゃないんです。これ、まちづくり、社会インフラとしての位置づけをしろと、このように -59- 書いてあります。 地域の公共交通は、社会資本、社会インフラ、あるいはライフラインとして位置づけるべ き地方自治体が、地域交通政策の立案や仕組みの構造を必要と思いますけれども、皆さん、 よく考えてください。住民の一人一人が、今、本当に足がなくて困っているんです。予算を 今度は組んだという話なので、本当に実現に向けてやっていただきたいと思います。 終わります。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は3時5分です。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― (午後 2時51分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 3時02分) ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 通告順により、4番、鑓田貴俊君。
    (4番 鑓田貴俊君 登壇) ○4番(鑓田貴俊君) 4番、鑓田です。 議長の御承認を頂きましたので、令和2年第1回定例会における一般質問を行います。 質問事項は、大きく2つの大項目についてお伺いします。 まず、最初の質問項目は、次期まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定構想についてであ ります。 ちょっと前置きになりますが、私の住む自治区は僅か五十数戸の小さな集落ですが、今年 に入ってから立て続けに3人の方が亡くなられました。そのうちお二人は70代、病気であっ たり突然であったり、御遺族の心中は察して余りあるものがありました。 一方、そのこととは別に私の脳裏をかすめたのは、ごく近くの住民が3人減少したという 現実でした。2年ぐらい前に、本町における年間の出生数と死亡者数を住民課で調べていた だいたことがありますが、出生、死亡だけの比較で見ると、毎年大体200名の減少です。そ して、最近5年間における本町の人口推移を見てみますと、合計で1,700名の減少、年平均 では340名の減少となっております。そうすると、先ほどの200名を差し引いた140名が、ほ -60- かの要因による減少ということになります。それは恐らく、転出、転入の差引きをした場合 における町外への転出超過の人数ということになります。 また、転出超過の大きな要因として考えられることは、成長を遂げた若者が卒業と同時に、 いろいろな事情で町外へ出てしまうケースが多いからではないかと思います。もちろん、こ のような現象は全国的なもので、本町に限ったことではありません。しかし、人口減少への 取組は各自治体共通の課題であっても、地域の持つ特性や環境、住民の気持ちなどは様々で あると考えられます。 そこで、国は平成27年度に、その後の5年間における第1期総合戦略を策定し、その方針 に沿った地方版の総合戦略を全国の自治体に求めました。そして、本町でも5年前に、九十 九里町まち・ひと・しごと創生総合戦略が作成されたことは御承知のとおりです。 そして、今般、その第1期総合戦略が事業の期限を迎えたことから、国は昨年暮れに第2 期総合戦略を決定しました。当然、本町でも次期総合戦略の練り直しが求められるところで ありますので、その対応についてこれから質問してまいりたいと思います。 そこでお伺いします。現在の総合戦略終了を踏まえ、人口減少対策として掲げた3つの基 本目標、つまり「住み続けたくなるまちづくり」「生まれ育ち、地域を育むひとづくり」 「働きたくなる環境づくり」、それらの総体的な検証結果はどうであったのかについてお聞 かせください。 5年前に策定された本町の総合戦略は、庁舎内のワーキングチームを中心に、各世代にわ たる意識調査やアンケートの実施など、事前準備、また重要業績指標と言われる具体的な目 標設定や審議会メンバーによる検証の仕組みなど、かなりの労力を費やして練り上げられた ものと推察できます。 一方、政府が公表したところによると、昨年8月時点の調査において、全自治体の68.7% と、7割近くが今月までに第2期総合戦略も策定すると回答しております。残りの自治体は、 その時点では検討中、または既存の戦略を継続活用するとの回答であったということです。 中には、基本的に第1期総合戦略は今年度中で終了するが、住民と話し合う期間を確保する ため、策定を来年度に延長する自治体も複数出てきているとのことであります。 そこでお聞きします。本町における新たな総合戦略の策定時期はいつか。また、現在の内 容を継続活用するのか。または、新たな目標を組み入れるなど再検討を行うのか。御見解を お聞かせください。 地方自治総合研究所という機関が、平成30年の調査として公表したところによると、当初、 -61- 第1期総合戦略の策定に関して、調査した自治体の77%が都市部のコンサルタント会社に委 託、その結果、有識者からは、地方創生のための戦略でありながら、都市部のコンサルタン
    トにお金が相当流れたという批判も生まれたということです。 それらの反省を踏まえ、新たな地方版総合戦略では、地域が自分たちの力でつくり上げな いと地方創生は成功しないとの思いから、アンケートやワークショップなど、プロセスを重 視した住民主体型への切替えを図る自治体も出てきているとのことであります。 そこで、総合戦略に関する3つ目の質問として、今後の総合戦略に当たり、ワークショッ プなどの住民参加の手法を取り入れる考えがあるかについて御説明ください。 次に、大きな項目の2つ目、役場庁舎の耐震診断結果に係る今後の対応についてお聞きし ます。 この問題に関しましては、一昨年の5月に全員協議会の場において、庁舎の耐震診断結果 について報告がありました。また、その報告を受けた時期の前後においても、同僚議員から 一般質問がなされ、議論されたところであります。しかしながら、その後も耐震診断結果を 受けての改修か建て替えかの議論は、表向きには据え置かれております。 そこで、当時の診断のポイントを整理すると、ほぼ4点に絞られます。 鉄筋コンクリートの公共施設に求められる強度は、Isという強度を示す値で0.6以上と されております。ところが、本庁舎の診断結果はそれを下回る0.45でありまして、これを国 が示す基準に当てはめると、震度6強から7に達する規模の地震が来た場合は、地震の震動 及び衝撃に対して倒壊または崩壊する危険性がある。ただし、震度5強程度までなら損傷ま たは倒壊のおそれはないと。一方、コンクリートそのものについては、圧縮強度試験の結果、 十分な強度があり、中性化試験でも劣化は見られないということでありました。 以上のような診断結果に対し、財源の問題は重くのしかかるにしても、今後いつまでも震 度5強程度の中規模地震に対する備えのままで果たしてよいのかどうか。また、改修または 建て替え、いずれを選択するにしても、計画のための検討委員会の設置や基本設計、実施設 計、建設工事期間などを考えると、基本構想を出してからも膨大な時間が費やされることは 明らかであります。 そこで、まず、今述べたような要件を踏まえた中で、現庁舎の改修または建て替え等の意 思決定はいつまでに行うお考えか御説明ください。 基本構想が決まれば、あとは通常、庁舎内にまず検討委員会なるものが設置され、その後、 町の各団体、有識者、公募した住民等で構成する審議会などで具体的に検討されていくもの -62- と思われます。しかしながら、今、早急に議論されるべきは、その前提として改修か建て替 えかについて、どのような組織により、どのようなプロセスで意思決定していくのかではな いでしょうか。 そこでお伺いします。意思決定のプロセスは、庁内組織など非公開で行うのか。または、 住民参加など共同方式で行うのか。当局の見解をお聞かせください。 4年前に発生した熊本地震では、災害時の司令塔となるべき庁舎の損壊が相次ぎ、救助、 救援や応急的な復旧作業など、初動対応に支障を来したと報じられました。そして、現在の 役場庁舎は昭和43年に建てられたもので、築51年が既に経過しております。したがって、先 ほど述べましたように、大規模地震が発生すれば、間違いなく倒壊または崩壊の危機にさら しかしながら、一方において、計画を進めるための対応をちゅうちょする意見もあります。 それは、改修にある程度の費用を費やしても、一般的に60年と言われるコンクリート建物の 寿命からすると、近い将来、必ず建て替えが必要な時期が訪れ、費用の無駄が発生するとい されます。 うものです。 また、もう一つの考え方としては、大規模地震が発生した場合、職員の生命が危うくなる だけでなく、役場庁舎が災害対策の拠点になることを考えれば、倒壊により対策の要の役割 を果たせず、多くの住民の生命を失うような事態になりかねません。それらのことを避ける 意味でも、早急に耐震工事による改修を計画すべきとの意見もあるでしょう。酷な言い方か もしれませんが、いずれにしても意思決定を急ぐべきとの意見は説得力があります。 いろいろ申し上げましたが、最後の質問としてお聞きします。概算見積額、工事期間、財
    源等を総合的に見て、計画主体としていずれの対応に実効性があると判断するか。当局の考 えをお聞かせください。 以上で1回目の質問を終わります。なお、再質問は自席にて行います。 ○議 長(内山菊敏君) 鑓田貴俊議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 鑓田貴俊議員の御質問にお答えいたします。 それでは、初めに次期まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定構想についての御質問にお 答えいたします。 1点目の、現在の総合戦略終了を踏まえ、人口減少対策として掲げた3つの基本目標の総 -63- 体的な検証結果はどうかとの御質問ですが、本町の人口減少対策の計画である総合戦略は、 令和元年度をもって計画期間が終了となっております。このため、現在、策定を進めており ます第5次総合計画との計画期間の整合性を図ることが必要であると考え、計画期間を1年 間延長する旨を、去る2月19日に開かれた総合戦略審議会においてお諮りした結果、承認を いただいたところでございます。 この総合戦略では、3つの基本目標を掲げ42の事業を展開しており、これらの効果検証に ついては、令和2年度に総合戦略審議会において評価を頂くことを予定しており、評価結果 については、次期総合戦略に反映させてまいります。 2点目の、新たな総合戦略の策定時期はいつか。また、現在の内容を継続活用するのか、 または新たな目標を組み入れるなど、再検討を行うのかとの御質問ですが、新たな総合戦略 は令和2年度に策定を予定しております。また、策定の際には、現在の取組内容の事業評価 を踏まえ、効果があがるものについては継続し、効果が認められない取組については廃止や 新たな取組を検討することを想定しております。 3点目の、今後の総合戦略策定に当たり、ワークショップなど住民参加の手法を取り入れ る考えはあるかとの御質問ですが、次期総合計画策定に当たり、住民の皆様の意向を把握す る新たな取組として開催いたしました町民ワークショップや、若い世代を対象とした未来ワ ークショップにおいて、人口減少問題に対する対策も提起いただいております。これらの住 民の皆様の意向を踏まえて、次期総合戦略を策定してまいります。 次に、役場庁舎の耐震診断結果に係る今後の対応についての御質問にお答えいたします。 1点目の、現庁舎の改修または建て替え等の意思決定はいつまでに行う考えかと、2点目 の、意思決定のプロセスは庁内組織などの非公開で行うのか、または住民参加など協働方式 で行うのかとの御質問ですが、関連いたしますので一括してお答えいたします。 町内部での意思決定については、本年2月、町公共施設等マネジメント推進本部会議にお いて、新庁舎を建設する手法が最適であるとの結論に至りました。 今後は、町民の皆様や有識者等を交えた検討組織を設立し、町内部の方針をたたき台にし て検討していただきたいと考えておりますが、他の自治体では検討には時間を要している事 例もございますので、スピード感を持って進めてまいります。 3点目の、概算見積額、工事期間、財源等総合的に見て、計画主体としていずれの対応に 実効性があると判断するかとの御質問ですが、マネジメント推進本部会議では、可能な限り コストを縮減したコンパクトな庁舎を新たに建設することの結論に至ったところでございま -64- 以上で鑓田貴俊議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。よろしくお願 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) それでは、ただいまいただいた答弁に関連して、再質問させていただ す。 いします。 きます。
    まず、次期まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定構想についてですが、まず先ほど町長 の御答弁では、令和2年度に総合戦略審議会に諮って評価を受けるというお話を頂きました が、現実的にもうこの3月で5年がたっているわけなので、そういった意味では途中になる かもしれませんが、進捗状況等についてお伺いしたいと思います。 総合戦略の進捗管理については、企画財政課と事業を進める担当課において進捗状況の確 認、効果検証と戦略の見直しの必要性等について、これまで何度となく検討を行い、最終的 に総合戦略審議会に諮り、報告、協議を行っておられるというふうに思います。それで、先 ほどの御答弁で、最終的には令和2年度に報告した上で評価を受けるということだと思いま すが、それにしても現時点で、ほぼ今月で終了になっているので、その点についてちょっと お伺いしたいと思います。 最近公表されたものでは、昨年3月にその状況がホームページに掲載されております。そ こで、その際に掲載された進捗状況に関連してお伺いしたいと思います。 総合戦略に掲げられた重要業績指標、いわゆるKPIと言われる具体的な目標のうち、進 捗状況を判定した項目は合計で45項目ありましたが、そのうち15項目についてはもともとK PIの指標の設定がないため、評価は継続実施中となっております。そこで、残りの30項目 について見ますと、3分の2に当たる20項目が目標に達しなかった、または検討中。そして、 3分の1が目標達成となっておりました。このことについて、当局の現時点での見解をお聞 かせください。なお、今申し上げました内容は1年前当時の評価ですので、その後1年間の 進捗により変更があれば、併せてお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 まず、KGIについて、平成30年度末に行った結果についてお答えをさせていただきます。 基本目標の1、住み続けたくなるまちづくりでは、観光入込客数を目標数91万3,043人と しました。平成30年度の時点では72万6,224名ということで、達成率は79.5%となっている -65- 2つ目でございます。「生まれ育ち、地域を育むひとづくり」では、九十九里町の合計特 殊出生率、目標値として1.13が、平成30年度末現在では0.94ということで、達成率は83.2% ところでございます。 となっているところです。 3つ目でございます。「働きたくなる環境づくり」では、新規就農者数、目標値20人に対 しまして13人ということで、65.0%となっているところでございます。 KPIについて御説明をさせていただきます。 まちづくりの分野では、12のKPIのうち3つの目標を達成し、8つが未達成、1つが事 業中止となっております。ひとづくりの分野でございますが、7つのKPIのうち3つで目 標を達成し、2つが未達成、2つが事業中止となっているところでございます。3つ目でご ざいます。仕事づくりの分野でございます。10のKPIのうち5つの目標を達成し、5つが まだ未達成となっているところでございます。達成率は50%ということでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) さらにお聞きします。 先ほど申し上げましたホームページに掲載された進捗状況の中で、その場で同じく公表さ れた資料によると、総合戦略審議会より当局に対し、事業の推進ポイントについて幾つかの 提案がなされております。主なものを挙げますと、出会いの支援事業について、ツーリズム 事業について、人口減少を鈍化するための手法についてなどですが、これらの点に関して、 その後、提案がなされた以降行った具体的な取組があればお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 そういった御指摘を受けた中で、スポ婚、先ほど来、御質問がございましたが、出会いの 場の提供、あるいは千葉工業大学の提携によります新しい教育に基づいた環境づくり、そう
    いったものを基に手がけてきているところでございます。 また、今回、新たに意見書として総合戦略審議会、今年の1月24日に行われたわけでござ いますけれども、町の魅力の発信事業、伊能忠敬出生の地として、観光文化の面から町内外 にPRしていただきたい。そして、浜辺の美化について、ビーチクリーンやトイレの清掃等、 徹底した環境づくりを備え、来遊客が遊びに来たいと思える体制を整えてもらいたい等の提 言をまた頂いたところでございます。 -66- こういったことを踏まえまして、また人口減少が進む中、対策を講じていきたいと考えて おりますので、よろしくお願いいたします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) ありがとうございました。 今、お聞きしましたそれらの項目につきましては、今後とも重要な取組となると思われま すので、ぜひ継続または進展させるよう、引き続き御努力をお願いしたいと思います。 次に、新たな総合戦略の策定、また戦略の中身に関連して再質問させていただきます。 新たな総合戦略は、来年度終了を迎える第4次総合計画との調整を踏まえ、スタートを1 年繰り下げると、先ほど町長から答弁いただきました。それはそれで分かりやすく、いろん な事業が1年ごとにずれていたのではよく進められないと思いますので、それはそれで、計 画期間を合わせる意味でも賢明な御判断というふうには思います。 それに、総合計画はそもそも、まちづくりにおいて最上位に位置づけられる計画であると 同時に、また、まちづくり全般にわたる総合的な計画であると言えますので、総合戦略につ いて地方交付金等を受けることについて影響があれば別ですが、そうでなければ、決して国 の指針にとらわれることはないと思いますので、それはそれで来年度に合わせるということ でいいと思います。 そこでお伺いします。この5年間で進められてきた施策を検証する中で、現在の総合戦略 は、やるべきと思われる事業を全て網羅し取り組んできたのではないかと思われます。 ただし、言葉は悪いんですが、当然やるべきだからそこに掲げたんですけれども、あまり にも範囲が広過ぎて、あるいは項目が多過ぎてという感を持たざるを得ません。その結果、 やることが多過ぎて、先ほどおっしゃったような達成度になってしまったのではないでしょ うか。 したがって、今後取り組む総合戦略については、国の指針だけにとらわれるのではなくて、 これまでの事業の継続性は保ちつつも、やるべきことの優先度をもっと絞り込んで、さらに 本町における地域としての特性、住民の意識等を一層反映させた目標にしたほうがよいと考 えますが、当局のお考えをお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 まず、総合戦略策定の当初、令和2年の人口は1万5,835人と見込んでいたところでござ -67- います。しかしながら、今年2月1日付の地域人口を見ますと1万5,647人と、それを下回 る結果が出てきております。これが全てとは言えませんが、総合戦略で掲げた事業が人口減 少対策に十分な効果を発揮できなかった結果として捉えているところでございます。 人口減少は、すぐに結果が出るものではないと認識はしておりますが、現在取り組んでい る対策の評価、これを踏まえた次の施策の展開について、住民の代表である総合戦略審議会 におきまして、評価、検討を行っていただくことになります。 現時点での次の具体的な取組につきましては、言及することは控えさせていただきますが、 新たな視点で、先ほど来、鑓田議員からも御指摘いただいたとおり、その辺の継続的な改善 を含めまして、より効果的な対策について模索していきたいと考えております。よろしくお 願いします。
    ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 次に、今後取り組む総合戦略策定において、住民参加の手法を取り入 れるかどうかに関して、再質問をさせていただきます。 昨年暮れにおきまして、町内2か所において、現在進められている地域福祉計画に関する 住民参加による懇談会が開催されました。これは先ほど来、言葉としては出ていますが、最 近よく耳にするワークショップと言われる手法で、総合戦略に関して言えば住民がまちづく りに参画し、行政だけでは解決が難しい地域の課題について、町民と行政が共有することな どにより、懇談会の参加者が知恵を出し合い、話し合いつつ、行政と協力しながら課題解決 を図っていく手法と聞いております。 そこでお伺いします。先ほど町長からは、このワークショップについては、総合計画の中 で若い人の未来ワークショップとか、そういうことは検討される、あるいは既にやられてい るというふうに伺ったような気がしますが、実際に地域福祉計画の策定などと同様、今後総 合戦略の策定の段階でも、ワークショップの手法を取り入れることは可能かどうか。再度、 担当課からもお答えいただければ幸いです。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 町長答弁と重なりますが、住民の皆様の意見は、町の上位計画である総合計画策定に向け、 昨年8月に実施しました住民アンケートや、窓口で実施します転入・転出者を対象としたア ンケート、また新たな試みとして実施いたしました、先ほど鑓田議員からおっしゃられた住 民のワークショップ、そして中高生を対象とした未来ワークショップでの意見などを今回心 -68- がけて、大きな声を聴かせていただいたところでございます。 住民の代表で構成されています総合戦略審議会での協議を経て、この計画に向けて準備を しているところでございますが、ただいま鑓田議員から御意見を頂いておりますので、今後 何らかの形で模索をしていきたいと考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 総合戦略は、そもそも現実として避けがたい人口減少をなだらかに、 または減少のスピードを鈍化させるものであるというふうに私は思います。 しかしながら、今後は食い止めるだけの施策だけではなく、将来人口の予測を見据えた上 で、たとえ人口が先々減っても幸せに暮らせるようなまちづくりを、行政と住民で知恵を出 し合っていく必要があると考えますので、その辺、よろしく御検討をお願いしたいというふ うに思います。 次に、役場庁舎の耐震診断結果に係る今後の対応について再質問させていただきます。現 庁舎の改修または建て替え等の意思決定の時期に関連して、再質問させていただきます。 まだ御記憶の方もおられると思いますが、先月20日に千葉県北東部を震源とする震度4の 地震が発生しました。幸い本町は震度3にて、津波の発生もなくほっとしましたが、その揺 れの最中、考えましたことは、この先もっと激しくならないだろうかという心配でした。気 が小さいと言ってしまえばそれまでですが、時間がたつにつれ、頭の中はさらに一つのこと を思い出していました。それは、政府の地震調査委員会が、30年以内にマグニチュード8か ら9規模の地震が、70%から80%の確率で起きると予測していたことでした。また、専門家 も首都直下型地震、南海トラフ地震はいつ発生してもおかしくないと予想しております。 そこでお聞きします。災害発生時には、役場が災害対策の拠点となることは十分承知して いるにもかかわらず、先ほど町長の御答弁では、これから何年か、相当先になるが、もう既 に新庁舎の建設で、内部的にはマネジメント会議によって新庁舎を建てるべきと、それは既 に決定しているというふうに伺いました。 それはそれで、そう決定されたのであればそれでするということでしょうけれども、それ に伴って庁舎の整備検討委員会、または外部団体、有識者等を含めた検討審議会等の設置な ど、検討をスタートさせる組織に関しては具体的な踏み込みはなかったように思います。
    専門的な知識はありませんが、冒頭申しましたとおり、改修、建て替え、いずれにしまし ても、構想から竣工までは基本構想、基本計画、基本設計、実施設計、建設工事など、気の -69- 遠くなるような時期を要すると思われます。 そういう中で、新庁舎の建設に向けて、相当先になるということの、それでも新庁舎をや るんだということについての御見解をちょっとお聞かせいただければと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、お答えをさせていただきます。 まず、住民の皆様からのお声をどういう形で参加させるかということでございますが、今 後、議論を深め、庁舎建設を実現させるためには住民の皆さんの理解を得ることが必須だと 考えているところでございます。このため、ほかの自治体の例を参考に、住民の皆さんを交 え、検討組織を立ち上げることが必要であると考えているところでございます。 現時点では、具体的なメンバー、構成までは構想がございませんので、今後、民間業者の 知見等を活用しながら検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。 先ほど期間のお話がございましたが、これは袖ケ浦市の一つの例でございます。庁舎整備 方針の検討開始から基本計画の策定までの約5年、その後設計に2年から4年、実際の工事 に2年と、約10年間程度の期間を要している実例がございます。こういったことから、少し でも早く防災拠点としての新庁舎の建設に、いろいろな助言、そうしたものを頂きながら、 創意工夫して進めていきたいと考えているところでございます。 そして、まず庁舎の建設に当たりましては、早く建てることが本当に求められています。 しかしながら、これを具現化するためにはやはりお金、財源が必要になってきます。そうい ったこともあり、今回、マネジメント推進本部会議の中では様々な提案がされたわけでござ いますけれども、新庁舎の建設が一番好ましいと。ただ、新庁舎の建設には、今の試算で35 億の見積りが出ております。この金額を積み上げていくには大変な時間を要します。これで は、本来の目的である防災拠点としての庁舎にはなかなか結びつくものではございません。 しかしながら、創意工夫によりまして、コンパクトで使いやすい、強靱な庁舎の建設に向 けて、今、取り組んでいるところでございます。その点を御理解いただきたく、御答弁させ ていただきました。よろしくお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) ありがとうございました。 その結論は出ているというお話。 -70- 実は、私はこの議会の一般質問に臨むに当たっては、改修か建て替えか、その辺の議論を させていただこうと思って準備をしてきたわけですけれども、もう既にマネジメント会議で ただいま課長から、住民参加についても十分理解をいただいているというふうに思いまし たので、住民意見の反映については単なる説明会等にとどまらず、基本構想の段階から実際 に公募等により住民に参加してもらうほうが、本当にコンパクトで利便性の高いあれができ ると思いますので、その辺は十分御配慮いただければと思います。 追加になりますけれども、当然経費は抑えるにしても、エレベーターだとか、バリアフリ ーだとか、トイレだとか、そういうものも当然必要になってくると思いますので、その辺は 私が心配するところじゃないんですが。 最後に、通告としては改修か建て替えか、計画主体としての判断というふうにしています ので、それに関連して、いずれかの選択ということはもう申し上げませんが、私の意見を一 つ申し上げさせていただきます。 私は、単純にどちらかと聞かれれば、耐震に係るリスクが判明した以上、直ちに改修に向 けて準備すべきではないかと実は考えておりました。それは、個人の住宅に当てはめてみて も、家計が苦しい中で、耐震のリフォームをしますか、新築をしますかと言われれば、迷い なくリフォームにするでしょう。将来的な耐用年数等を考えれば、それは賢い選択とは言え
    ないかもしれません。しかし、町民の生命には代えられないのではないでしょうかという見 方もあるということを、十分、頭の隅に入れていただければと思います。 これで最後の質問としますが、計画主体としての総合的判断の範疇として、災害、とりわ け大規模地震発生との関連について再質問します。 長期間計画している中で、仮に庁舎が倒壊した場合、人命に関わるリスクが2つ考えられ ます。1つは、建物内にいる職員関係者の生命です。もう一つは、庁舎が災害対策としての 機能を失い、避難指示等の災害対応が遅れ、広範にわたり住民の生命の危険度が拡大するケ ースです。これらのことは、大規模地震が発生した場合には必ず起こり得る問題であります。 東日本大震災では、当時、東電の経営者が、それまで社内に10mを超す津波を予測する意 見があったにもかかわらず、対応する防護壁を設置しなかったとして、その賠償責任の有無 について裁判の争点となりました。そのことを庁舎の診断結果に置き換えた場合、どうでし ょうか。大規模地震がいつ来るか分からないとする専門家が一方でおります。 そこで、今後、計画が進まないうちに大規模地震に見舞われた場合、多くの住民が生命の 危険にさらされた責任は誰が負うのでしょうか。これらのことを踏まえた上で、地震対策と しての耐震改修についても検討していっていただきたいというふうに思います。 町民の生命に係るリスクを含んでいるということを十分検討の上、計画を進めていただき -71- たいことをお願いしまして、以上で質問を終わります。御協力ありがとうございました。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎散会の宣告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の日程はこれをもって終了いたしました。 明日5日は、定刻より会議を開きます。 本日はこれをもって散会いたします。 御苦労さまでした。 散 会 午後 3時48分 -72- 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録(第2号) 令和2年3月5日(木曜日) 令和2年第1回九十九里町議会定例会 議 事 日 程 (第2号) 令和2年3月5日(木)午前9時35分開議 程第 1 一般質問 出 席 議 員 (14名) ────────────────────────────────────────────―──── 1番 西 村 み ほ 君 2番 小 川 浩 安 君 3番 原 田 教 光 君 4番 鑓 田 貴 俊 君 5番 中 村 義 則 君 6番 古 川 徹 君 7番 浅 岡 厚 君 8番 荒 木 かすみ 君 9番 内 山 菊 敏 君 10番 善 塔 道 代 君 11番 細 田 一 男 君 12番 佐久間 一 夫 君 13番 谷 川 優 子 君 14番 古 川 明 君 席 議 員 (なし) ────────────────────────────────────────────―──── 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名 町
    長 大 矢 吉 明 君 副 町 長 佐々木 悟 君 教 育 長 藤 代 賢 司 君 総 務 課 長 秋 原 充 君 企画財政課長 戸 村 俊 之 君 税 務 課 長 中 川 チエリ 君 住 民 課 長 戸 田 佳 子 君 健康福祉課長 作 田 延 保 君 社会福祉課長 山 口 義 則 君 産業振興課長 篠 﨑 英 行 君 古 川 富 康 君 会 計 管 理 者 南 部 雄 一 君 ガ ス 課 長 中 村 吉 徳 君 篠 崎 肇 君 ま ち づ く り 長 課 農 業 委 員 会 事 務 局 長 吉 田 洋 一 君 内 山 茂 樹 君 ────────────────────────────────────────────―──── 教 育 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 主 幹 -73- 日 欠 本会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 木 原 正 幸 君 書 記 伊 藤 さやか 君 -74-
    ────────────────────────────────────────────―──── ◎開議の宣告 開 議 午前 9時35分 ○議 長(内山菊敏君) ただいまの出席議員数は13名です。 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎議事日程の報告 ◎日程第1 一般質問 ○議 長(内山菊敏君) 日程第1、3月4日に引き続き、一般質問を行います。 順次発言を許します。 通告順により、8番、荒木かすみ君。 (8番 荒木かすみ君 登壇) ○8番(荒木かすみ君) 8番、荒木です。 議長のお許しをいただきましたので、令和2年第1回定例議会におきまして一般質問を行 初めに、今回の新型コロナウイルスにより亡くなられた方への心からのお悔やみを申し上 げます。特に、医療関係者の罹患にはつらいものがありました。一日も早い終息を願うばか います。 りです。 また、政府の方針で、学校における突然の対応にもかかわらず、子供たちのために御尽力 いただきました皆様の御苦労をお察しいたします。 それでは、皆様より寄せられた御意見を基に質問させていただきます。 男女共同参画社会と言われて何年になるでしょうか。男女共同参画社会基本法の制定は、 1999年6月とありました。この男女共同参画の理念は、社会全般に規定されているものです。 この法律をきっかけに女性の社会進出が進み、賃金格差や地位の向上など、大きな進展もあ りました。女性が管理職となる道も開かれました。しかし、家庭にあっては、家事、育児、 介護など、約8割もの女性がこれに携わっております。ますます女性が忙しくなってしまっ たと感じております。 女性が働きながら、家事育児は大変な重労働です。そして自然と子供の数も少なくなりつ つあります。忙しくなってしまった女性には、旦那様の支えが必要であるのに、日本の男性 -75- は家事参加の割合が大変低いと言われております。この時代を経験した者としては、複雑な 思いです。そんな理由から、結婚や子供を持つことへ消極的になってしまうのではないでし ょうか。 本当の意味での男女共同参画社会とは、性差役割を生かした上で、たとえ休職をしても女 性のキャリアが損なわれない社会です。男性の正規雇用の促進、推進と、安定した収入を実 現できなければ、女性の育児休業も十分には取れません。子供を育てることは、体力、知力、 忍耐力の要る大仕事です。何年かその仕事に就いた女性の力に期待をし、経験を積めば、ブ ランクがあったとしても、きっといい仕事をしてくれるでしょう。今の女性の置かれた立場 を理解し、温かく育んでいきたいと思います。 そういった女性の中で、数々の厳しい状況にさらされても、表に出てこない問題がありま す。家庭の崩壊を恐れ、表面化しにくいのが家庭内暴力の問題です。頑張るお母さんの現状 もなかなか理解されず、夫婦間での行き違いも発生をしています。仕事と家庭の両立は、若 い世代にとって、夢見た生活にはほど遠い現実となってしまいます。 そこで今回は、多様な困難に直面する女性の支援についてをお伺いいたします。 昨今、子供の虐待や家庭内暴力など、報道でも多く取り上げられておりますが、言葉の暴 力や育児放棄、ネグレクト、夫婦間の暴力など、本人の自覚のないものもあります。例えば しつけのつもりであったとか、よくある夫婦げんかのつもりであったとか、何となく生きづ らさを抱え、声に出せない女性への深い理解がなければ、誰にも相談しないという事態にな
    ってしまいます。 そこでお伺いをいたします。 こういった女性の相談窓口の充実、安全な居場所の提供、また、そうした場合に、自立に 向けた支援等について、どのように取り組まれているのかをお伺いいたします。 また、こうした問題の解決に、女性の家庭内暴力や生きづらさの中で、子供を持つ女性の 場合、子供への心理的な虐待は、女性の虐待と同時に起こるものと思われます。母子ともに 支援のできるワンストップ支援センターの設置が必要であると思いますが、支援に関わる人 材の育成や、心と体の支援について、どのように取り組んでいけるのかをお伺いいたします。 次に、地域共生社会に向けた包括的支援についてのお伺いです。 人生100年と言われる中で、高齢者を支える介護支援人材の確保についてお伺いをいたし ます。 先日読ませていただきました「介護力日本一」への町づくり-5年間の実証から介護 -76- 「2538」へ提案という本の中で、長柄町の介護人材の取組について教えていただきました。 町なかの介護の指導者に御指導いただき、リタイアをした方に無料で旧ヘルパー2級と言わ れる介護職員初任者研修の資格を取ってもらい、生活支援など元気な高齢者が弱ってしまっ た高齢者の支援をするという取組でした。 支援1から2程度の生活支援であれば、元気な高齢者の仕事として、お手伝いできるとの ことでした。また、「ボランティア活動に対し勉強したことが生かされた」「家族の介護の 際も研修の知識が役に立った」等、成果が報告されておりました。 今後、2025年に38万人の介護人材不足が起きると言われております。実際はもっと多いか もしれません。この事態を乗り切るためにどのように取り組むべきか、当局のお考えをお伺 いいたします。 2番目に、介護人材養成の補助制度の推進についてお伺いいたします。 本町でも今後、介護人材の不足は目に見えているので、急ぎ何かしらの手を打たなければ ならないと考えますが、本町の実態と補助制度の取組についての状況をお聞かせください。 次に、河川側溝の維持管理についてお伺いをいたします。 これについては、災害時に心配のある河川側溝の維持管理ができているのか。また、度々 ほかの議員からも質問があります河川の堆積土のしゅんせつについてです。河川については、 今回、緊急しゅんせつ推進事業の活用をされているかどうかお聞かせください。 また、産業道路など、側溝の維持管理について、観光地でもあり、度々の浸水地域でもあ る産業道路の維持管理の状況と、今後の取組についての当局のお考えをお聞かせください。 最後に、災害時における情報伝達についてお伺いをいたします。 電力会社と自治体の連携についてお伺いします。 昨年の台風被害の折、電力会社の復旧の予想が二転三転したことや、そもそも停電で復旧 の報道などの情報が入りにくい状態であったので、その点の町との連携やその後の伝達方法 について、これからの改善点など予定をお聞かせください。 最後に、被害の差による困難度を埋める情報の交換と助け合いの推進について。町内にあ っても、被害の少ないところと、いつまでも電気が回復せず困難な状況が続いたところとの 格差がございました。情報の伝達にももっとよい方法がなかったか。ここ、当局のお考えを お聞かせください。 1回目の質問を終わります。 再質問は自席にて行います。 -77- ○議 長(内山菊敏君) 荒木かすみ議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 荒木かすみ議員の御質問にお答えいたします。
    それでは、初めに、多様な困難に直面する女性への支援についての御質問にお答えいたし ます。 1点目の相談窓口の充実、安全な居場所の提供、自立に向けた支援についての御質問です が、身近な相談窓口となる町では、地域の配偶者暴力相談支援センターである山武健康福祉 センターや警察署など関係機関と情報を共有するとともに、状況に応じ、安全な居場所の確 保、生活支援など、連携を図りながら対応しているところでございます。 2点目のワンストップ支援センターの設置についての御質問ですが、公益社団法人千葉犯 罪被害者支援センター内に、ワンストップ支援センターが設置されており、医療やカウンセ リング、法律相談などの専門機関と連携し、支援に当たっております。 町といたしましても、引き続き関係各署との連携を密にし、多様な困難に直面する女性へ の支援を続けてまいります。 次に、地域共生社会に向けた包括的支援についての御質問にお答えいたします。 1点目の人生100年と言われる中で高齢者を支える介護支援人材の確保についての御質問 ですが、介護業界の人材不足は深刻な状況にあり、今後も団塊の世代の高齢化が進むにつれ、 深刻の度合いはさらに深まることが懸念されております。 このような状況の中、町では、介護予防や生活支援を中心にボランティアの育成などに取 り組んでいるところですが、今後も引き続き介護支援人材の確保に努めてまいります。 2点目の介護人材養成の補助制度の推進についての御質問ですが、町では、介護人材の養 成に対する補助制度はございませんが、問合せ等があった場合には、千葉県等の補助制度を 御案内しているところでございます。 今後は、先進事例を参考に介護人材の養成に向けた取組を研究してまいります。 次に、河川・側溝の維持管理についての御質問にお答えいたします。 1点目の災害時に心配のある河川・側溝の維持管理計画についてと2点目の河川の堆積土 のしゅんせつについての御質問ですが、関連いたしますので一括してお答えいたします。 国は、昨年の台風19号による河川氾濫等の大規模な浸水被害等が相次いだことから、緊急 しゅんせつ推進事業を創設することとしております。緊急しゅんせつ推進事業は、令和2年 -78- 度から6年度までの間、緊急的に実施する必要がある河川等のしゅんせつ費用に対して、地 方債を発行できるようにする特例措置が講じられるものでございます。 対象となる河川は、一級河川、二級河川、準用河川、普通河川となっており、事業の実施 には、各自治体において、河川維持管理計画等に緊急的に実施する必要がある箇所としての 真亀川及び作田川のしゅんせつについては、千葉県に確認したところ、事業の活用につい 位置づけが必要となります。 て検討しているとのことでございます。 側溝の維持管理につきましては、県に対し産業道路付近の排水路清掃を要望し、昨年度ま でに粟生地先から片貝地先までの900m区間について清掃が実施されております。 しかし、今年度についても、引き続き排水路清掃について県に要望しているところでござ 次に、災害時における電気・通信システムの構築についての御質問にお答えいたします。 1点目の電力会社と自治体の連携についての御質問ですが、台風15号により、長期化した 停電につきましては、その復旧のめどが立たず、町においても、その対応に苦慮したところ います。 でございます。 住民への情報提供をいち早く行うため、東京電力と連携を図り、随時、停電範囲や復旧状 況などの情報収集を行い、逐次、住民周知に努めたところでございます。 2点目の情報伝達や方法についての御質問ですが、台風などの自然災害が多発し、防災情 報の重要性が改めて見直されております。 町では、住民への情報伝達を、より確実に行うため、防災行政無線や町ホームページ、安 全・安心メール、ツイッターなどを活用し、幅広い方法での周知活動に努めたところでござ います。今後とも、適時、適切な住民への情報伝達に努めてまいります。
    以上で、荒木かすみ議員からの御質問に対する答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 8番、荒木です。 では、再質問をさせていただきます。 最初の質問ですけれども、山武健康福祉センターで対応しているということですけれども、 デリケートな部分ですので、具体的に、もう少し詳しくお聞かせいただきたいと思います。 気づいていないというふうに先ほど申し上げましたけれども、心が病んでしまって、虐待 という状態から抜け出せないほど状況が混乱しているというところが本当のところだと思い -79- ます。こういう自分の状態にも鈍感にならざるを得ない困難な状況に追い込まれているとい うときに、誰がどのように手を差し伸べることができるのか。また、教育や指導的な方法、 広報活動など私たちにできることはないのか、当局のお考えをお聞かせ願いたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 社会福祉課長、山口義則君。 ○社会福祉課長(山口義則君) ただいまの質問にお答えさせていただきます。 議員も御承知のとおり、本件については大変デリケートな問題であると同時に、大変認識 しづらい問題であると考えております。 このことから、町といたしましては、困難な状況に追い込まれる前に手を差し伸べる支援 として、母子保健部局との連携により、1歳半や3歳児健診の際、母親と面談することによ り、困難を抱えたケースを把握しております。 また、こども園を初めとした保育、教育の現場の情報などから支援につながるケースもあ ります。支援を必要とする声を待つのではなく、支援を必要としている人を発見できる体制 づくりを、今後も関係各署の協力の下、進めてまいります。御理解いただきますようお願い ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) ぜひ高い意識を持って御対応していただきたいというふうに思いま いたします。 す。 家庭内の問題ですけれども、広域で対応しているということが分かりますけれども、家庭 内の問題を抱えている家庭の子供さんというのは、心的外傷後ストレス障害、PTSDと言 われる心の傷を持ってしまうということが多いわけですね。 それで、母親とともに、両方の支援を同時に行わなければならないということで、大人と 子供と、また担当が違うよということでは難しいと思いますので、どうかこのワンストップ で、またスムーズに対応できるように配慮すべきというふうに考えます。この辺もっと身近 な、町で丁寧にできるような支援、また在り方ということについて、お考えがあればお願い いたします。 ○議 長(内山菊敏君) 社会福祉課長、山口義則君。 ○社会福祉課長(山口義則君) ただいまの質問にお答えします。 本町においては、当課の子育て支援係において、DVと児童虐待の両方を所管しておりま す。大人と子供の支援に当たっております。DVと児童虐待は関連性が非常に高い事案であ り、議員御指摘のとおり、両方の支援を同時に行うことが重要です。まずは、生命の危険か -80- らいち早く守るとともに、関係各署との連携を密にし、今後も必要な支援に当たってまいり たいと考えておりますので、御理解いただきますようお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 8番、荒木です。 この問題を取り上げましたのは、子育てばかりでなく、介護においても、いつでも、加害 者にも、被害者にもなり得るということを感じるからです。また、このことがあまり皆さん によく知られていないということもありまして、取り上げさせていただきました。身近な人 が鬱状態になったり、認知症になったりすることは、今、珍しいことではありません。夫婦
    間、親子間でもきつい状態にあるのに気がつかなかったりとか、また、大きな問題になって 初めて「もっと力になってあげればよかった」というふうに思うものです。 こういったことからも、人材育成を初め、皆さんが意識を高く持って、お互いが気にかけ て、この町で楽しく生きられるように、助け合いたいというふうに思い、質問をさせていた だきました。ありがとうございました。 次に、地域共生社会に向けての介護人材の育成の問題について質問させていただきます。 具体的には、介護人材育成、どのような支援、また補助制度を検討されているのかをお伺 いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、介護業界の人材確保の解消のための取組について、 お答えをさせていただきます。 私どもも介護保険の人材確保につきましては、2025年を迎えるに当たり、非常に重要な問 題であるというふうに認識してございます。 昨年度創設されました介護保険保険者機能強化交付金、このメニューの中にも、介護人材 の確保策といったものが示されておりまして、私どももチャレンジすべき課題であるという ことは認識しているところでございます。今のところ、構想段階ではございますが、新年度 において、学生の企業研修等を企画いたしまして、まずは若者に介護の現場を知っていただ き、将来進路といたしまして選択肢の一つに加えられるよう、視野を広げていただければと いうふうに考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 -81- ○8番(荒木かすみ君) 現在、本町ではあまり取り組まれていないというのが現状だと思い ます。県へつなげるというお話もありましたし、県のみの研修があるような状態であると思 いますので、どうかこの介護人材の育成の件、本町でも進めていただきたいというふうに強 く思います。近隣自治体に比べても遅れているというふうに思われますので、ぜひ御検討い ただきますようお願いいたします。 それから、今、若い人材というお話がありましたが、若い人材ばかりでなく、やはり本町 は高齢者も中高年の方も多くいらっしゃいますので、ぜひそちらのほうでも研修等をしてい ただきたいと思いますけれども、この辺、どのようにお考えであるかをお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) お答えさせていただきます。 初めに県の取組についてでございますが、千葉県では、福祉介護人材の確保、定着が厳し いという、そういった現状にあることを踏まえまして、福祉人材確保定着策に取り組んでい るところでございます。 取組の一つといたしまして、千葉県福祉人材センターにおいて、介護に関する資格がない 50歳以上の方で、介護職として就職を希望している方を対象といたしまして、研修に係る受 講料の一部を助成しているところでございます。本町におきまして問合せがあった際には、 この制度を御案内しているところでございます。 また、市町村が実施する介護人材確保事業の一部を助成する制度というのもございまして、 この制度を活用し、近隣では、山武市、大網白里市、横芝光町が研修費の一部を補助してい るというふうに聞いてございます。 本町において、こういった取組を今後も研究を進めさせていただきたいと考えております ので、御理解をお願いいたします。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) ぜひ先進事例を参考にしながら、また、すぐにでも取り組まなけれ ば大変な事態になるということが予想されます。あと5年のうちに、何としてもというふう にも感じております。この問題はこれからも引き続き検討していただきたいと思いますので、
    よろしくお願いいたします。 介護人材の育成とともに、以前より御提案させていただいております地域の見守り、助け 合い等の制度も構築をしていかなければならないというふうに重ねて要望いたします。 次に、河川・側溝の維持管理についてお伺いいたします。再質問いたします。 -82- 災害時にいつも重点的に御心配いただいております側溝等ですが、根本的な解決には至っ ておりません。産業道路周辺の冠水は、本年も台風が来れば、多くの住民が被災される心配 をはらんでおります。周辺自治体では、蓋かけなどもされていると思いますが、改善の方法 はないのかをお聞きいたします。 ○議 長(内山菊敏君) まちづくり課長、古川富康君。 ○まちづくり課長(古川富康君) お答えさせていただきます。 改善方法ですが、産業道路周辺の冠水対策として、千葉県山武土木事務所と、産業道路排 水について、平成29年に流末検討、平成30年に排水検討を実施しております。排水施設の布 設替え案、これ、排水路をボックスカルバートにする案と、調整池を設けましてポンプで排 水する案、もう一つが、排水機場による強制排水案の3案で比較検討を行い、排水機場によ る強制排水案が最良案であるという結果が出ております。しかしながら、強制排水施設の設 計費用及び建設費、また、建設後の維持管理費が高額になることや、県からの手厚い財政支 援が見込めないことからも、事業を着手することが困難な状況でございます。 まずは、河川断面を確保するための河川の堆積土のしゅんせつや、産業道路排水のしゅん せつが、現状の改善策であると考えておりますので御理解のほどよろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) とても案はすばらしいというふうに思いますけれども、実際のとこ ろは900m掃除がされているだけというような現状であると思います。この辺ぜひ本気で皆 さんで考えていかなければ、本町は観光地でもありますので、度々浸水地域でもある、この 産業道路維持管理については、本当にしっかりと取り組んでいかなければ、町の財産価値の 下落にもつながってしまいますので、これからも引き続き改善策よろしくお願いいたします。 先ほど、緊急しゅんせつ推進事業の活用ということで、活用があるというお話でございま したけれども、この辺ぜひよろしくお願いをいたします。 これからも引き続きこの改善策の要望等、この悪臭対策ですよね。悪臭も同時に起きてい るものですから、改善を求めますけれども、町として、もう一歩、再度御回答いただけない でしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) まちづくり課長、古川富康君。 ○まちづくり課長(古川富康君) お答えさせていただきます。 先ほども答弁させていただいたように、現状の改善策である河川のしゅんせつや産業道路 排水路のしゅんせつについては、毎年、知事との意見交換会や千葉県当初予算編成に関する -83- 要望、また、県単要望などでも行っておるところでございます。 今後においても、引き続き雨水の流末である河川の断面確保のためのしゅんせつや、蓋か けを含めた産業道路排水路のしゅんせつ要望について、県に強く働きかけてまいりますので、 御理解をお願いしたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 8番、荒木です。 現在、町として精いっぱいなんですよということなんでしょうけれども、本当に台風、大 きな台風が起きるようになりまして、住民さんも本当に心配をされているところでございま す。ここのところの課題は今後もしっかりと国、県に強く要望していただいて、また町とし ても、本気で取り組んでいただきたいというふうに感じておりますので、どうかよろしくお 願い申し上げます。 次に、災害時における情報伝達についてお伺いいたします。
    国の改善策について示されている方針、たくさん方針が出ておりました。当局でもお調べ であると思いますけれども、この本町に関わる部分の計画、もう少し詳しく御説明をいただ けないでしょうか。 また、住民に対して周知の方法、いつまで、どのように、どういうふうに対応していくと いうのを、具体的に教えてくださるとありがたいです。 また、電線にかかっている樹木がいまだに取り払われないという状態が見受けられますけ れども、倒木による停電の回避については、どんな方法が取れるのかを詳しくお聞かせくだ さい。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) ただいまの御質問は、昨年の台風時における停電に関しまして、 東京電力の対応についてということで、お答えをさせていただきたいと思います。 昨年の台風被害時の停電にあっては、東京電力とともに得られた情報を逐次住民の皆様に 伝達するよう努めたところでございますが、議員の御質問のとおり、停電エリアが千葉県で は房総半島全域といった広範囲な災害であったことから、東電においても、被害状況の把握 は困難であり、復旧の状況を行政団体に伝えることも不十分であった。 このことから、国及び東京電力では、本災害への対応について検証を行い、改善策として、 自治体との連絡体制の構築というものが示されたところでございます。 この改善策である自治体との連絡体制の構築においては、自治体へ、停電復旧情報などを -84- 常時、自治体へ提供できるような体制づくりを進めるということでございます。 その内容としては、東京電力が自治体へ派遣する、俗に言うリエゾン、調査員、連絡員と いう東京電力職員のことです。これを事前にリスト化、選定しておく、災害が起きてから人 選をするのじゃなく事前に選定しておいて、訓練をしながらそれを逐次派遣する。また、派 遣されているリエゾンが逐次、東京電力内部での復旧情報を、速やかに情報を得、それを市 町村に伝達される仕組みを構築する、そのような体制づくりをして、復旧状況などを市町村 に速やかに提供していく。そういう手段を構築するということでございます。 また、御質問に倒木のお話がありましたけれども、昨年の災害では倒木によって停電復旧 作業が難航したことから、倒木による停電を未然に防ぐことを目的として、計画的に伐採を 行う事前伐採についての協定を自治体と締結する、ということも挙げられております。 また、住民の皆様に最も影響のある停電の復旧見通しなどの情報については、被害を受け た状況を、原則24時間、大規模災害時も48時間以内に状況確認を行い、復旧作業に当たると ともに、各自治体に派遣されているリエゾンを通して、最新の情報を提供する。要は、住民 の周知に当たるというように努めるということでございます。 これに関連して、本年度の予算にも経費を盛り込むとともに、年度内の計画実行に向けて 取り組むということでございました。また、町といたしましても、リエゾンの受入れ体制の 確立など、東京電力や関係機関と連携を取りながら災害対応を図ってまいりたいと考えてお ります。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 今回、経験したことのない台風でございましたので、いろいろ反省 も含めて、新たにこういうことを考えているよということが分かりました。このことは、住 民さんに知らせてあげないと、やはり心配が先に立ってしまいますので、どうかこの辺の周 知も、こういうふうに改善していくんだよということを教えて差し上げられたらなというふ うに思っております。 昨日も、古川議員より、戸別受信機の話がありましたけれども、今回の反省も含めて、戸 別受信機についても的確な使用状況の把握が必要であるというふうに感じました。 今回、電池も買えない状況で、聞こえなかったとか、住民の戸別受信機、ふだん使ってい なかったので、よく聞こえなかったよというような、いろいろな課題も残りましたけれども、 こういった連絡が、情報が届かなかった人たち、連絡ができていなかった人たちに対して、
    -85- 区長さんであるとか区長代理であるとかボランティアであるとか、そういう動ける人が地元 の困難や、地元の難儀している方に手伝うことのできる情報提供ができないのか。その辺、 何か工夫ができないかなというふうに思いました。 この情報提供を持ち寄って災害時の助け合い、そういうことをどこか、公民館であるとか、 どこか決めた場所で、そのときに安全な場所で集まる場所があったら、共助がしやすくなる のではないかというふうに思いました。 こういった集合、情報交換などの工夫がもっとできないだろうかということを思うわけで すけれども、この点についての当局のお考えをお聞かせください。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) お答えをさせていただきます。 御質問の内容が、行政からの情報伝達と、地域での共助の助け合いのお話と、いろいろ含 まれておりましたので、少し整理しながら進めさせていただきたいと思います。 まず行政からの住民の皆様への災害対応の情報伝達につきましては、まず確実な情報をお 届けする、情報のソースのもと、これも必要かと思います。これについては、先ほど東京電 力のリエゾンのお話も差し上げましたけれども、東京電力から確実な情報をまず伝える。今 度は、情報伝達の手段として、防災行政無線、同報系の無線です。それから戸別受信機、こ れが主な伝達手段となりますが、昨日いろいろお話をさせていただいたところですけれども、 町としても、この再整備をした全ての子局が機能をきちんと発揮し、それから、住民の皆様 にお貸ししてございます戸別受信機がきちんと機能できるような、そういう保守とアフター ケアに努めていかなければならないと考えております。 保守に関しましては、現在の子局につきましては停電時でも72時間、これは稼働するよう になっています。昨年の台風時に、これを超える停電地域が出てきた場合については、バッ テリーの積替えをする。さらに充電したバッテリーを加え、入れ替えて3日間さらに延長さ せるという手法を取りました。さらには、東京電力の広報車を使って、停電地域を重点的に 広報して回る。さらには、町としても各種メール、それからインスタグラム、使える範囲の 情報伝達手段は使ったつもりでございます。ただ、議員がおっしゃるとおり、町内全ての地 域間でうまく情報伝達することは難しかった。 そういう中で、御質問の地域における共助としての情報伝達ということですので、この辺 につきましては、行政が直接お願いをするというよりも、地域の活動の中で、町がお願いし ております自主防災組織の活動等の中で、その辺についても御協力をいただければ大変あり -86- がたいことだと思っております。 今後、町としても自主防災組織の育成に向けて取り組んでまいりますので、よろしくお願 いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 今、自主防災組織のお話が出ましたけれども、やはり自主防災組織 がないと、情報伝達が難しいのかなというふうに感じています。 今、課長からお話があったのは、町からの情報がどういうふうに行き渡るかというような お話だと思うんですけれども、住民側からの情報がなかなか伝わらないとか、住民相互であ るとかが、その情報伝達がうまくいっていないなということを感じましたので、やはりこの 辺を手当てしていかなければいけないなというふうに思いました。 そういうことも含めて、自主防災組織、何とか全町で取り組んでいかなければいけないの かなというふうに感じております。また携帯・スマホを使っていない人とか、こちらは一生 懸命、情報発信しているんだよとおっしゃっても、そういうものがない人とか、また今回、 情報とは別ですけれども、車がなくて水の配給が受けられなかったという方、本当に困って いる方に、情報のやり取りですね。こういうものができなかったということがありました。 こういうこと、本当に困る情報の把握を近くの住民につなげたり、それをまた聞いてあげ
    たりということができる状態が好ましいというふうに、私は感じました。 気がついた人から意見を出し合って、動けるような情報交換が必要であると思いましたの で、今回、今後の反省も含めて、皆さんで考えていかなければならないというふうに思いま したので、質問させていただきました。 以上で質問を終わります。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は10時35分です。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前10時20分) (午前10時33分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 -87- 通告順により、1番、西村みほ君。 (1番 西村みほ君 登壇) ○1番(西村みほ君) 1番、西村みほです。 議長のお許しをいただきましたので、通告に従い一般質問をさせていただきます。 まず、質問に入る前に、既に登壇された先輩議員の方々からお話がございましたが、この たびの新型コロナウイルスの感染により亡くなられた方の御冥福をお祈りいたします。また、 罹患されている方々が一日も早く回復されますよう、心よりお祈り申し上げます。 町長を初め、執行部の皆様、教育委員会、給食センターの職員の方は、小・中一斉休校と いう急な御対応に当たられ、本当に大変かと思いますが、一刻も早く終息することを願いな がら、町民の健康を守るため、また不安を抱える住民に対しては心に寄り添った御対応を引 き続きよろしくお願い申し上げます。 それでは、一般質問に入らせていただきます。 大項目としては2つございます。1点目は、前回に引き続き、子供たちの教育環境の充実 について、そして2点目が、ふるさと納税制度についてです。 初めに、子供たちの教育環境の充実について、お伺いをいたします。 前回お話したことと同様ですが、令和2年度予算編成を行う上で、町長が、3つの理念を 最重要項目として、事業展開を行う旨、各課に御通達をされております。その中の一つに、 地域の宝である子供たちの教育環境の充実というものがございます。 そこでお伺いいたします。 1点目、新年度を迎え、町長から御通達にございました教育環境の充実を図るため、本町 がどのような取組を考えられているか、教えてください。前回の12月の一般質問の中で、翌 月4月から小学校で始まる新学習指導要領の全面実施に向けて、主なものですと、前回、善 塔議員の質問にございましたプログラミング教育については、本町は既に環境整備が整って いると御回答がございました。また、私の質問にありました外国語教育についても、完全実 施の形を取っていると伺っておりましたので、今年度は、文部科学省の指針に合わせた環境 整備という観点から取組をされたことに大変感謝をしておりますが、新年度のさらなる教育 環境の充実とは、どのような取組を予定され、それがどのような形で予算に反映されたのか、 教えていただければと思います。 2点目、こちらも過去何度も質問があったかと思いますが、少子化に伴い数年後の望まし い学校運営の在り方について、現在、町は御検討されているのか、教えてください。 -88- 昨年6月の定例会の議事録を拝見しましたが、この問題に対して、教育委員会からは、非 常に重要な案件であると考えておりますので、慎重に進めていくとともに、早期策定に向け
    て努力していきたいと書かれております。あれから9か月がたちました。令和2年度、町内 の小学生は532名となっており、単純に6学年で割りますと、小学校3校合わせても、1学 年90名以下となります。児童数の一番多い豊海小学校でも、新年度の入学児童は34名で1ク ラスと伺っており、町内3小学校の1年生は全て1クラスとなります。よほどの児童の増加 策や子育て世代の移住策がない限り、児童数は今後も減少傾向となることが予想されます。 今から5年前の2015年に、文部科学省は各学年1学級以下でクラス替えのできない6学級 以下の小学校と3学級以下の中学校については、統合の適否を速やかに検討する必要がある と示されており、それぞれの自治体に手引を出されているかと思います。 町内の出生数を見れば、令和2年度の新1年生が出生した6年前に、各小学校が1クラス になることが予想されていたのではないでしょうか。本件について、過去何度も質問があっ たと思いますが、その後、検討会議などは行われているのか、現状の進捗と数年後の望まし い学校運営の在り方について検討されているのか。住民の疑問の声に応えていただければと 思います。 大項目の2点目としまして、ふるさと納税制度について、こちらの使い道を積極的に公表 してはいかがかという質問になります。 ふるさと納税は、総務省の発表によりますと、平成26年度、全国合計金額388億円から毎 年大幅な右肩上がりを続け、平成30年度の全国合計金額は5,127億円にも上っております。 九十九里町のふるさと納税の金額を企画財政課にお聞きしましたところ、平成30年度は593 件、905万円の寄附金でしたが、令和元年度の1月31日現在の速報値で、寄附件数1,065件、 金額は4,814万5,300円とのことでした。こちらは、台風15号の災害に対する寄附321件、387 万円を含みますが、多額の御寄附をくださった皆様に感謝の意を述べるとともに、町長を初 め企画財政課や、返礼品を御提供してくださっている町内の生産者の方の御尽力のたまもの だと思っております。 そこで、さらなる推進を目指して、使い道を積極的に公表していただきたいと思います。 実際に、ふるさと納税を利用された方からの御意見で、「九十九里町のふるさと納税に寄附 したけれども、簡単なお礼状のみで何に使われたのか分からない」「使い道が不明なので、 リピートしたくない」と、残念な声があるのも事実です。今年度の頂いたふるさと納税は、 どのような使い道で、どのように公表されるのか。これから、町ホームページに記載される -89- ことと思いますが、平成30年度の使い道を見ると、「新かたかいこども園に砂場を設置しま した」のみで、これに905万円も使われたかと誤解を生みかねません。 現在ふるさと納税の進化型であるガバメントクラウドファンディング、こちらは、事業内 容を前面に出しており、自分の寄附金の使い道が自治体でどのように使われるのか明確とな るものですが、このガバメントクラウドファンディングのプロジェクト数も、寄附額も年々 増加傾向にあります。 例えば、費用がなくてできないような高齢者の交通手段の確保に向けた事業といった具体 的な事業を提示することで、応援してくださる方を募るのも利用促進につながります。何よ りも大切な御寄附をしてくださった方に、精いっぱいのお礼の意味で使い道を公表してみて はいかがでしょうか。 以上で1回目の質問を終わります。 なお、再質問は自席にて行います。 ○議 長(内山菊敏君) 西村みほ議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 西村みほ議員の御質問にお答えします。 なお、子供たちの教育環境の充実についての御質問は、後ほど教育長から答弁いたさせま すので、よろしくお願いいたします。 それでは、ふるさと納税制度についての御質問にお答えします。 1点目のふるさと納税の使い道を積極的に公表してはいかがかとの御質問ですが、現在、
    町ホームページ及びふるさと納税ポータルサイトにおいて、ふるさと納税を活用した事業内 容について公表しております。自らの寄附が有益な事業に活用されていることが認知されれ ば、これからも九十九里町に対する思いを深めていただくことにつながることと考えており ますので、今後も、ふるさと納税の使途について広く周知してまいります。 以上で、西村みほ議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 教育長、藤代賢司君。 (教育長 藤代賢司君 登壇) ○教育長(藤代賢司君) 西村みほ議員からの御質問のうち、私からは、子供たちの教育環境 の充実についての御質問にお答えいたします。 1点目の「新年度を迎え、教育環境の充実を図るための本町の取組は」との御質問ですが、 -90- 現在、国では「GIGAスクール構想の実現」を掲げ、令和元年度補正予算で学校における 高速大容量のネットワーク環境と、義務教育段階における1人1台端末の整備について国庫 補助の予算が計上されました。 このことから、町では従来の補助金を上回る財源確保が見込まれるため、初段として校内 の高速大容量ネットワーク環境整備を計画しております。 併せて、ICTを効果的に授業で使えるための教職員の研修にも取り組みます。膨大な知 識や情報の中から必要なものを主体的に選び取り、活用できる情報活用能力や創造力の育成 2点目の「少子化に伴い、数年後の望ましい学校運営の在り方について検討はされている のか」との御質問ですが、本町の令和2年度から令和6年度までの児童数は、片貝小学校で 175名から122名、豊海小学校で229名から176名、九十九里小学校で130名から118名と減少し に努めます。 ていく予想です。 このような状況を鑑み、教育効果を踏まえた適正規模や学校施設の老朽化などの問題も加 えながら、学校施設の個別計画の策定に向けての検討や、議員がおっしゃっている望ましい 学校運営の在り方について、具体的に検討を進めていく必要性があると考えております。 町教育委員会としましては、令和2年度早々に、有識者や地域住民代表、学校関係者など を委員として、「九十九里町学校のあり方検討委員会」を設置し、今後の方向性を検討して いきたいと考えておりますので、御理解をお願いいたします。 以上で、西村みほ議員の御質問に対する答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 1番、西村みほ君。 ○1番(西村みほ君) 1番、西村です。 町長、教育長からの御答弁、ありがとうございました。 まず大項目の1点目の子供たちの教育環境の充実について、①について再質問させていた だきます。 国は、「GIGAスクール構想の実現」を掲げ、今年度の補正予算として、ネットワーク 環境を整備するという面では理解できました。 来年度の予算に関連して、もう一度再質問させていただきます。 2023年度までに、端末及びネットワーク環境を整備するという意味で、本町は早い段階で 御対応されているということに対しては高く評価いたしますが、これは制度対応になります。 町長の目指す教育環境の充実とは、制度対応なのでしょうか。昨今の目まぐるしい教育環境 -91- の変化について、教育現場も教育委員会も御対応に追われて大変なのは承知ですが、町長の 目指す教育環境の充実には、本町の特色ある他市町村より特化した取組は、次年度は行われ ないのか、もう一度御質問させてください。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局主幹、内山茂樹君。 ○教育委員会事務局主幹(内山茂樹君) ただいまの西村議員の御質問にお答えいたします。 九十九里町においては、町の子供の生きる力の育成、学力の向上を大きな柱と考えており
    ます。そのための一つの方策として、先ほどから上がってはおりますが、小学校の外国語活 動と外国語科について御説明いたします。 令和2年度の小学校の学習指導要領完全実施に向け、移行期間である令和元年度では、小 学校3・4年生の外国語活動、それから小学校5・6年生の外国語科に当たり、全ての授業 に、ALT、アシスタントランゲージティーチャーを派遣し、学級担任とともに、ティーム ティーチングで児童を指導しております。 また、学級担任の指導力向上のために、職員向けの外国語指導の研修を実施してきました。 令和2年度では、さらに県教育委員会に対して外国語指導の専科教員の配置について要請を しております。配置となった場合には、この専科教員にはALTとともに、全小学校の外国 語活動と外国語科の授業で指導に当たってもらいます。近隣市町の様子を見ますと、ALT と担任、もしくは外国語指導の専科と担任というような形で、いろいろと数が、学校の数が 多くて、なかなか対応がしていないところなんですが、全ての授業にALT、それから外国 語専科、これが実施できる、この授業形態が実施できるというふうに予想しております。 近隣市町の小学校児童より、外国語の授業に関する教育条件はとてもよくなると考えてお りますので、御理解をお願いいたします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 1番、西村みほ君。 ○1番(西村みほ君) 1番、西村です。 再質問の件については、外国語教育の専門教員の採用を目指すということで、当局のお考 えは理解できました。これまで以上に外国語教育に力を入れられるよう、一層強く県のほう には要請を出していただきたいと思っております。 また、教育現場の先生たちも、専門的な職員が、先生が身近にいるというのは大変心強い と思います。引き続き早期に英語専科の教員に来ていただけるよう要請をお願いいたします。 続きまして、大項目1番目の2番目、数年後の望ましい学校運営の在り方について、こち -92- らについては、検討委員会を早急に立ち上げるということで、御答弁ありがとうございまし た。 こちらについては再質問いたしませんが、既に、5年前の2015年に統廃合の基準が文部科 学省より出ていて、これから具体的な検討を進めていくというのは、スローペースな気がし ます。平成30年度の出生数は53名、町内53名と伺いましたので、出生数などを鑑みながら、 小学校を統廃合するのか、または、国が推進する小中一貫校を進めるのか。それとも、九十 九里町は全く統合せず、少人数制の教育を進めるのか、早急に検討委員会を開催していただ き、設備投資や学校運営費に無駄のないよう方向性を示していただければと思います。 続きまして、大項目2番目の①ふるさと納税についてですが、こちらは、事業内容を今後 公表していただけるという回答で、承知いたしました。 再質問させていただきます。 この公表方法についてですが、町ホームページはもちろん、お礼状などで画像などを添付 し、実績について公表されるのもいかがでしょうか。議員は、寄附という観点から、ふるさ と納税ができませんので、お礼状のサンプルを担当課から頂きましたが、返礼品がある場合 は、最低1万円以上の御寄附になりますが、この御寄附を頂いた方のお礼状が大変簡素で、 A4のページに、白黒で6行のみの業務連絡文書と思われるような内容でした。九十九里町 のふるさと納税については、まだまだ伸び代があり、このような文書に関しては努力義務か と思いますが、使い道の公表とともに、お礼状の内容を充実されるよう御検討を進めていた だけないでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) ただいまの御質問にお答えをさせていただきます。 まず、ふるさと納税につきましては、九十九里町に生まれた方、またお住まいであった方、 そして九十九里町に訪れた方、九十九里町を知った方々からの九十九里町を応援したいとい う気持ちから生まれたものと認識をしているところでございます。この気持ちに感謝する気
    持ちを持って、いただいたことに対するお礼文を送付しているとともに、町ホームページ、 広報等で交付金により生かされた事業について、画像を添えて公表しているところでござい ます。 西村議員より提案された方法は、そういった方々へのお礼の気持ちを含めて、相手に伝え る貴重な御意見だと理解しております。 今後も、こうした方法も含めまして、お礼の気持ちの伝え方について、継続した改善を行 -93- っていきたいと考えております。御理解をお願いします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 1番、西村みほ君。 ○1番(西村みほ君) 1番、西村です。 企画財政課長、御答弁ありがとうございました。さらに内容を充実させるよう改善すると いうことで、前向きに御検討していただけるということで、よろしくお願いいたします。 今、いただきました御回答で、町長執行部の考えを理解することができましたので、最後 にまとめますが、ふるさと納税は、お礼状をきっかけにその町に訪れたいと思う方もいらっ しゃいます。また、先進的な事例では、御寄附してくださった方を対象に交流会を開催し、 交流人口の拡大につながっている自治体もあります。交流人口の増加は、町長のビジョンと 一致いたします。 また、大項目1点目の子供たちの教育環境の充実も、一見、子育て世代のみの政策と思わ れがちですが、子育て支援、教育をまちづくりの核にして、見事に子育て世代を町に集めて 若年層の流出を防ぎ、人口を右肩上がりに増加させている兵庫県明石市が例に挙げられます。 2011年に市長の就任以降、子育て・教育環境の充実に力を入れた結果、待機児童問題が発生 するほど子供が増え、働く世代の人口増により、結果的に税収増加を実現しております。ま た、シニア層や大学生に学習支援ボランティアを募り、町ぐるみで教育に参加しています。 こちらの自治体のホームページでは、子育て・教育に対する具体策を公表し、教育に関して 言えば、小学校1年生で1クラス30人以下の少人数制を打ち出し、また、全国と比較した学 力学習状況の結果を公表し、弱い部分については、学力が平均値を超えるための対応をホー ムページできちんと提示しています。子育てに関しても、数多くの政策がきちんと掲示され、 子育て世代が興味を引く内容です。 九十九里町は、温暖な気候で過ごしやすく、豊かな自然に恵まれた教育環境は、全国に誇 れるものです。町長が、最重要項目に教育を入れてくださったのは大変うれしく、多くの幅 広い世代の住民の方も共感しております。 再三のお願いになりますが、町長や教育委員会におかれましては、本町に合った教育環境 の充実とは何をどのようにするのか、具体的なアイデアを出していただき、千葉県、さらに は全国に誇れる教育の町をつくっていただけるよう強く望みます。 小さいことからで結構ですので、九十九里町のさらなる発展に向けて御尽力いただくこと をお願いいたしまして、私の一般質問を終わりにいたします。ありがとうございました。 -94- ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は午後1時です。 ────────────────────────────────────────────―──── (午前11時01分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 零時54分) ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 通告順により、11番、細田一男君。
    (11番 細田一男君 登壇) ○11番(細田一男君) 11番、細田。 令和2年第1回定例会において、通告してあります5項目、6点について、一般質問を行 います。 今、国内、いや、世界中で新型肺炎コロナウイルスの集団感染が発生しており、世界中に 感染が拡大しております。3月2日午後10時現在において、国内では、感染者980人、その うち亡くなられた方は12人、世界的に見ると、中国本土では8万26人、そのうち亡くなった 方は2,912名、それ以外の国では、統計的に全体で感染者9,461人、そのうち死亡者は142人 となっております。亡くなられた方の御冥福をお祈りいたしますとともに、感染された皆様 方が、一日も早く回復されて健康を取り戻していただけるよう願っております。 それでは、質問に入らせていただきます。 1点目の県道飯岡一宮線に架かる作田川架橋の建設計画についてでありますが、その後の 進捗状況はどのようになっておるのか、答弁を求めます。 2点目に、防災会議の運営協議についてでありますが、前回の定例会でもお聞きしており、 昨日も谷川議員から質問があり、答弁をお聞きしておりますが、開催回数と審議の内容につ いて、どのようになっておるのか、答弁を求めます。 3点目に、防災(津波)対策に対する防潮堤の建設計画についてお尋ねをいたします。 片貝漁港付近に建設計画がされている防潮堤の建設計画について、去る2月16日に、県銚 子漁港事務所による住民説明会が町中央公民館で開催され、私も一町民として参加をさせて いただきました。町長、副町長、担当課長にも同席をいただき、地域住民、漁業協同組合、 -95- 関係者、西の下付近に住んでおられる町民、多くの町民の皆様方に出席いただきました。長 時間にわたり、意見発言、質疑応答があり、町長、副町長、担当課長、出席された多くの議 員さんも現場状況や、町民・住民の気持ちや意見が確認できたと思います。町の責任者、決 裁権をお持ちの町長はどのように捉えておるのか、答弁を求めます。 4点目に、防災対策についてであります。午前中にも荒木議員から同じような質問が出て おりました。台風や大雨などの河川の洪水対策、二級河川である真亀川・作田川の洪水対策 をどのように捉えておるのか、答弁を求めます。 5点目に、東千葉メディカルセンターの運営状況についてでありますが、1点目として、 厳しい財政状況の中で、千葉県から30億円の追加支援が受けられましたが、その後の運営状 2点目に、山武・長生・夷隅の医療圏における地域医療連携について、どのように取り組 況はどのようになっておるのか。 んでおるのか、答弁を求めます。 以上、るる質問をいたしました。町長、執行部、議員各位におかれましては、また、同じ ような質問をしていると受け止めておると思います。同じ答弁の繰り返しではなく、少しで も前向きな答弁をいただけますよう切望するものであります。 なお、再質問については自席にて行います。 ○議 長(内山菊敏君) 細田一男議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 細田一男議員の御質問にお答えいたします。 それでは、初めに、県道飯岡一宮線に架かる作田川架橋の建設計画についての御質問にお その後の進捗状況についての御質問ですが、県では、漁船の航行や周辺環境への配慮を求 める地元住民等からの意見を踏まえ、これまで橋の構造など、橋梁計画の検討を進めており、 今後についても、橋梁計画について、地元住民等との調整が図れるよう努めていくと伺って 答えいたします。 おります。 町といたしましても、引き続き県と連携を図りながら、地元住民の皆様の御理解と御協力 が得られるよう努めてまいります。
    次に、防災会議の設置、運営についての御質問にお答えいたします。 1点目の開催された回数と協議内容についての御質問ですが、本町の防災会議は、災害対 -96- 策基本法第16条の規定により、九十九里町地域防災計画の策定及び実施の推進のために設置 されております。現行の町地域防災計画を策定するに当たり、平成23年度から平成27年度ま でに合計4回開催したところでございます。 これら4回の会議では、町地域防災計画について、東日本大震災以降、国内で発生した大 規模災害における対応や教訓を基に修正された国及び県の防災計画との整合を図るとともに、 本町の実情に即した計画に改定することについて、審議したところでございます。 次に、防災(津波)対策に対する防潮堤の建設計画についての御質問にお答えいたします。 漁港付近の防潮提の建設計画の進捗についての御質問ですが、千葉県銚子漁港事務所に確 認したところ、漁港区域内の作田川左岸側につきましては、現在、施工中のコンクリート被 覆堤防の工事が年度内で完了し、作田川との接点部分を残すのみとの回答がございました。 また、右岸側片貝海岸隣接部につきましても、漁港内との接点部分を除いて完了予定と伺 っております。 なお、漁港内につきましては、2月16日に開催された銚子漁港事務所による地域住民及び 漁業関係者に対する説明会では、県の計画案に対して合意が得られなかったことから、県で は、再度、説明会を行い、合意形成を図っていくとのことでございます。 次に、防災対策についての御質問にお答えいたします。 台風や大雨などによる、河川(真亀川・作田川)の洪水対策はどのようになっておるのか についての御質問ですが、二級河川を管理している千葉県山武土木事務所では、今年度にお いて、真亀川の龍宮橋上流部付近、北幸谷川合流部付近の堆積土の掘削を実施中であり、河 口部付近、真亀堰付近についても堆積土の掘削を予定し、護岸の補修などの維持管理も含め、 洪水対策を実施しております。 今後においても、県に対して、緊急しゅんせつ推進事業を活用した堆積土の掘削や護岸の 補修など、洪水対策に必要な措置を講じていただけるよう、引き続き要望してまいります。 次に、東千葉メディカルセンターの運営状況についての御質問にお答えいたします。 1点目の厳しい財政状況の中で千葉県の追加財政支援は受けられたが、その後の運営状況 はどのようになっておるのかとの御質問ですが、昨日、谷川議員にもお答えいたしましたが、 東千葉メディカルセンターの第3四半期の運営状況では、入院・外来患者数、救急車による 受入れ患者数はもとより、分娩件数についても前年度実績を上回っており、地域の中核病院 として役割を果たしていることがうかがえます。 一方、財務状況については、収益面においては前年実績を上回っているものの計画値を若 -97- 干下回っており、また費用につきましては、人件費などの経費が増加したことにより前年度 実績や計画値を上回ったことから、差引損益において前年実績・計画値ともに下回っている 状況にあります。 2点目の山武・長生・夷隅の地域医療圏における医療連携についての御質問ですが、救急 に関する周辺自治体からの支援につきましては、病院設立段階から、保健医療圏の団体や山 武郡市の首長レベルへの要請を県が主体となって行うことになっています。 また、県が構成メンバーとなっている病院運営検討会議においても周辺自治体の理解を得 るための働きかけの実施が検討結果として出されておりますことから、追加財政支援の協議 の際にも、改めて県へ要請したところでございます。 今後も、引き続き県とともに検討し、様々な角度から周辺自治体に対して働きかけを行っ てまいりたいと考えております。 以上で、細田一男議員の御質問に対する私からの答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田です。
    ただいま町長より、るる御答弁をいただきました。ありがとうございました。 質問に入る前に、先ほども申し上げましたが、同じような質問で同じような答弁だと。 1項目め、2項目めは若干違っている、3項目めも同じ答弁。一番最後も同じような答弁。 町長、議事録を確認してもらえば分かるんだけれども、私、定例会のたびに、同じ質問して いるように見受けられているんですよ。でも同じような質問で同じような答弁だったら、進 展性がないと当初にお願いしてあったんだけれども、期待したとおり、予想したとおりの答 弁しかいただけなかった。非常に残念です。 一問一答でいきますので、よろしくお願いいたします。 最初に、県道飯岡一宮線、平成15年12月定例会から本日まで、中ほどでは、副議長、議長 で質問はしておりませんが、延べ日数、延べ年数で16年間にわたり質問してまいりました。 先ほどの答弁、県と一緒に地元の意向を捉え、地元の理解を得て、これから進めていくと、 これずっと同じ答弁じゃないですか。地元との調整を取られる。一昨年かな、昨年かな、県 と地元に13軒ある隣接者に接触をして、7軒ぐらいの方たちとお会いできて意見を聞かれた。 そのときに、県がやる、国がやるのであれば、我々も、協力じゃないけれども理解しますよ ということで、いい答弁をいただいた。そういったいい答弁をいただいても、1年近く、1 年以上同じような答弁をしている。これでは何も進展していないでしょう。 -98- 課長に言ったってしょうがないね。課長は盛んに首を振って、こうやっているんだけれど も、町長は決裁権を持っているんだから、町長が歩いてくれなきゃ。そうでなきゃ、前に進 みませんよ、町長。次の質問とも兼ね合うんだけれども、町長、もう少し腹を決めて、計画 を推し進めていただきたいと思います。 再質問ですけれども、答弁はもう同じだから、答弁はいただきません。 2点目に防災会議の運営、昨日も質疑応答があって、答弁を聞いております。防災会議の 在り方、災害対策基本法、昭和36年法律施行、第16条第6項に規定としてうたわれている。 そういった規定に基づいて、昨日の課長答弁じゃないですけれども、それぞれの都道府県、 それぞれの市町村に合った、地域に合った、地域に合わせた防災会議をつくりなさいという 国からの指針の通知があった。昭和37年9月30日、条例として第23号として、九十九里町防 災会議条例が制定されております。その中で、ただいま町長答弁の中にあったんだけれども、 九十九里地域防災計画を作成し及びその実施を推進すること。次の2項目めが重要じゃない かと。町長の諮問に応じて町の地域に係る防災に関する重要事項を審議すること。先ほどで は、地域防災計画は審議をしたけれども、地域に係る防災に関する重要事項は審議していな いように聞こえたんですけれども、その点は間違いありませんか。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) お答えをさせていただきます。 まず御質問の災害対策基本法第16条で規定しております市町村防災会議の設置についての お話でございます。 これは16条6項の規定により、市町村の防災会議の組織、所掌事務については、千葉県の 例に準じ、市町村の条例で定めるという基本法の中での定めを受けまして、町条例で制定し ているものでございます。つまり県の条例規定を基に市町村条例で定めるということで、今、 会議条例の条文第2条第2号、町長の諮問に応じて町の地域に係る防災に関する重要事項を 審議することというお話でございますが、この規定は、そもそもの基本法であります災害対 策基本法第16条第1項で規定する市町村防災会議の設置規定を、改めて町条例で引用規定し たくだりでございます。 市町村条例の内容は、国の法令に反したり抵触することはできません。このことからも、 防災対策基本法で、国、都道府県及び市町村が、それぞれの立場での役割分担が規定されて いる以上、市町村の防災会議で県が行うハード事業の詳細な実施計画までは議論することは できない。町の計画について議論することは、これは構いません。 -99-
    九十九里町防災会議でございますけれども、これは議員おっしゃるとおり、千葉県の津波 対策事業の実施内容を、この防災会議で論じる場ではない、土俵がちょっと異なっていると いうことで、私は昨日から、防災会議での事務ではないというお話をさせていただいている ところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 ただいま御答弁いただきました。これ、職権というか執行者は町長なんだけれども、県が 計画設計した津波対策の防災施設は、町の防災に関する重要事項に該当しないという判断で よろしいでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 先ほど防災会議が策定をする地域防災計画、これは国、県の計画 を受けて定めるということで、本町にとっても昨日も申し上げましたけれども、津波への脅 威は大変大きなものでございます。このことから、地域防災計画の中にも、津波に対する規 定として、国、県が既に決定している津波事業を重要事項として、県事業として、掲載させ ていただいているところでございます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 昨日の答弁もお聞きしました。ただいまの答弁もお聞きしました。同じような答弁であり、 県、国がやることに対して、町は意見も言えないという判断でよろしいかと思います。それ しかないと思いますので、質問は終わりますけれども、次にそれは関係しているので、私は あえてここに通告をして、質問をいたしました。 次に、今定例会において、一番重要として取り入れた3点目の、防災(津波)対策に対す る防潮堤の建設計画について、先ほど答弁をいただきました。 銚子漁港事務所に確認をしたところ、作田地区、左岸側と言っていいのかな、左岸側は、 川に隣接する付近を除いて建設計画が進んでいる。右岸側である片貝漁港付近も、作田川付 近に隣接というか、接続する部分を除いて、今進んでいる。 これも先般の12月定例会でも、同じような質問で同じような答弁だったと私は記憶してお るんですが、町長、副町長、担当課長、先ほど2月16日に、本町中央公民館において、千葉 県銚子漁港事務所の地元説明会がありました。そのとき町長、副町長、担当課長、議員さん -100- たちも出てくれましたけれども、その中で、確認は取れているでしょうよ。今現在のことを、 これは持っているけれども、何で銚子漁港事務所に今さら確認するなんて答弁するんですか。 それは終わっているじゃないですか、12月、その前に。同じ質問で同じ答弁じゃ前に進まな いと私もお願いしているんだけれども、町長、先ほど防災会議についても質問しましたが、 災害対策基本法第6条第1項で、市町村は基本理念にのっとり、基礎的な地方公共団体とし て、当該市町村の地域並びに当該市町村の住民の生命、身体及び財産を災害から保護するこ と。これを法令に基づき、これを実施することを責務とすると、災害対策基本法第5条第1 項にうたわれているんですよ。 先ほど申し上げた防災会議は、災害対策基本法の下にある会議なんです。頭に災害対策基 本というお頭があるんですよ。そういう基本法にのっとって、町民、生命、財産、身体を守 れという基本法が出ている。それに対して、片貝漁港に構築しようとする防潮堤は、町民の 生命、財産、身体、併せて漁業関係者の財産を守れると思っているんですか、町長。 先ほど、防災会議において、町は町の問題だけしか審議、議論できない、県のやることだ と、昨日もあったんだけれども、県のやることだったら町長が責任者で、これを判断しなき ゃいけない。担当課長はその判断の権限を持っていないんだから。町長が常におっしゃって いるでしょ。3年ぐらい前かな。今、議員さんおやめになった先輩議員が、職員を少し強く 時間を束縛したということで、町長は本会議の冒頭に、職員に何かを確認するときには、職 員は私の管理にあるので、私の許可を得てから、職員に問合せしてくださいというふうな発
    言もあった。 今回のこの防災、防潮堤、県がやっているんだから、県がやっているんだったら、その判 断は町長の判断しかないですよ。どうですか、町長。 ○議 長(内山菊敏君) 町長、大矢吉明君。 ○町 長(大矢吉明君) ただいま細田議員の再質疑に対して答弁いたします。 津波は、いつ、どこで、どのぐらいの規模で押し寄せてくるか予想がつきません。このた め防護施設等のハード面と、避難計画等のソフト面の両面を組み合わせ、津波に備えること が重要だと考えております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 -101- 町長、それ、違うでしょう。ハード、ソフト、それは九十九里町だけの防災対策、防災計 画に対しての答弁、考え方ですよ。先ほど来、昨日来、防潮堤に対して質問して、県でやっ ていることだから、私たちは答弁できませんよ、できないんですよ、御理解くださいという 答弁があった。違うでしょう。ハード、ソフトというのは九十九里町の問題しか考えられな いでしょう。 今、私、質問しているのは県のやっている、銚子漁港事務所が所管している防潮堤につい て、私、質問しているんですよ。押し問答なんだけれども、ずっと同じ答弁、ずっと同じ答 弁と、私は申し上げているんだけれども、先ほども申し上げましたが、ここに2月16日の説 明会の詳細資料があるんですよ。その中で、先ほど申し上げました災害対策基本法、あるい は農林水産大臣並びに国土交通大臣省令による海岸法、併せて平成23年度施行されていた津 波防災地域づくりに関する法律、あるいは海づくり会議等々、国から県に通達があり、県か ら市町村に通達があり、その通達に応じて先ほど防災会議について、課長答弁にはありまし たが、それぞれの都道府県に防災会議を設置、それぞれの市町村に防災会議を設置し、防災 計画を立てたり、重要事項について審議しなさいというのが、防災会議の趣旨でしょう。 言っていることとあれしていることが違うんだけれども、時間は十二分にあるから議論し ましょうよ。 県がやることが事業なので、町は何も言えないんだったら、説明会を開いたり、我々に意 見を求めたりする必要性は、先般の説明会でも、私、発言させてもらったんだけれども、繰 り返しじゃないですか。県は、宿題をお持ち帰り、3年ぐらい前になるのかな、第1回目、 3月18日か何かで。それは第1回目の説明会。その間、県は、平成二十何年だっけ、震災は。 8年前、9年前、今年9年目だよね。その間、5年、6年、7年間は何もしていたのか、や っていたのか分からないんだけれども、3年前にたって初めて説明会を開いて、A案という 案を提示し説明した。 それに対して我々は、そこは少しおかしいんじゃないですか、訂正してください、直せま すかと言ったら、お持ち帰りになって、上層部というか、上と、本省だと思うんだけれども、 上層部と協議しますよと1回目に帰った。また2回目に同じもの、A案を持ってきて、これ どうですか。えっ、それじゃ同じじゃないですか。こうじゃないですかって我々は、C案と して案を出した。それに対して、それじゃ、私たちはそれではできないですよと言わないで、 またお持ち帰りになった。今回もそうです。 先ほど町長答弁ありましたけれども、県と町と協議をして、また回答しますと。県がやる ことに我々意見が言えないと言いつつ、何で県と協議するんですか。おかしいでしょう。違 -102- うかな、私の言っていること。町長、課長たちは答えられないですよ。職権持っていないん だから。現場には行けるけれども、判断、裁決、決裁は、本町の社長であり、おやじであり、 旦那である町長しか判断できないんですよ。町長、そうやって言っているでしょう、だって。 職員は私の管理の下に働いてもらっているんだと。一国一城のあるじ、九十九里町という、
    家は小さいけれども、人口1万5,600から800ぐらいの町の住民の負託を得て行政運営をして いる町長は責任者ですよ。権利も持っているだろうけれども、義務も持っている。 ずっと私はお願いしているんだけれども、それぞれの組織の長、おさは、その組織、例え ば家族、自治区、町、市、県、国、その親分はその家族を守らなければおやじじゃないんで すよ。 先般の説明会でも、うちの地元の先輩の方から、町長は選挙公約で、町民の安全・安心を 守る、5つくらい公約があったのかな。中に町民の安心・安全を守ってまちづくりをしてい くということでうたってたじゃないかと。これは我々議員もそうだけれども、私、こういう 質問して担当課、職員、あるいは町長、執行部、強いて言えば議員の皆さんに、あんな憎ま れ口利いているんだよというふうなイメージで捉えていますよ。 しかしながら、私は地域住民、町民の意見を町に上げるために、私は議員にさせてもらっ ているんです。町民の負託を得た責任を担っていますので、それぐらいの権利は持っていま すので、発言をさせてもらっているんですけれども、町長どうですか。判断をできないとか できるとか、やるとかやらないとか、イエスかノーか。限られた時間なので、質問している のに答弁をいただけないので、町長。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 1時34分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 1時35分) ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 何度も申し上げているように、防災対策の一環として、片貝漁港に防潮堤を県が作製して くれる、構築してくれるという中で、ずっと議論させていただいているんですけれども、そ -103- れに対して町長はどのように判断をしているんですかというのをお聞きしているんだよ。町 長答えてくれないので、るる私が詳細について申し上げているんだけど。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 1時36分) (午後 1時37分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 町長、大矢吉明君。 ○町 長(大矢吉明君) ただいまの細田議員の再質問に対してお答えします。 津波対策に関して、住民の皆様の安全・安心な暮らしを守るために、津波対策を早急に進 めるべきだと考えております。そのためには、県による防護施設等の整備などのハード面と 町による避難計画等のソフト面の両面を進めてまいります。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) やっと答弁をいただきました。回数はいいのか。3回済んだろう。 町長、質問です。再質じゃないので。先般説明会で漁業協同組合長は発言しているんだけれ ども、このA案に対して、反対の意向を出しているので、多分この案は廃案ですよ。そこは 十分考えてください。漁協は賛成している。どこで。議長、暫時休憩してください。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ────────────────────────────────────────────―────
    (午後 1時39分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 質問が限られておりますので、次の質問に移ります。 次の質問は、防災対策について。河川(真亀川・作田川)の二級河川の土砂の堆積と洪水 (午後 1時40分) -104- に対しての対策についてでありますが、これは先ほど、午前中の荒木議員の中で質問と答弁 があったので、その項目については理解しておりますので、再質問はありません。 次に、東千葉メディカルセンターの運営状況について。これも、メディカルが開始して7 年だけれども、3年前からずっと言われて、質問されている中での答弁と同じなので、先日 の全員協議会で、東千葉メディカルセンターから、理事長初め執行部の皆さんが来て説明を 受けているので、ある程度の収支並びに経営状況は確認できておりますが、その中で、4分 の3半期、要するに9か月で、単年度9億円、残り4分の1半期、3か月で3億か4億ぐら いの赤字が出るだろうということで、本年度で年間、12か月で十二、三億前後の赤字になる。 月1億ぐらいの赤字が出てくる。 スタートしたときには、5年、あるいは6年、7年たってくると黒字に転換できるような 計画でスタートしたんだけれども、7年たっても、月1億、年間十二、三億の赤字が累積し ている、発生している。 町長、追加支援を受けられた、30億を受けられたんだけれども、30億を今、12億ぐらいの 赤字があって、一度に30億全部使うわけではないので、例えばそのうちの10億を使っても、 3年で30億使われちゃうと、このまま7年、8年、9年に月1億ずつ、年間12億ずつ、赤字 が累積されていくと、2年後あるいは3年後、強いて言えば4年後にはショートしますよ。 そういう考え方で、病院運営に携わっていただかなければ困るんだけれども、東千葉メディ カルセンターは、独立行政法人方式を取っているので、私がずっと言っているように、お金、 経費は捻出しているんだけれども、出しているんだけれども、意見は言えないよと。先ほど 防災についても同じ。県がやっているから、国がやっているから、逆でしょ。 それを自分たちの事情、予算事情、財政事情をきちんと持って、メディカル、あるいは県 に支援、あるいは予算要求、そういったものをお願いしないで、ただ、お兄ちゃん、お姉ち ゃん、お父さん、お母さん、うち、俺、金がないんだよ、金くれよ、金出してくれよと言っ たって、兄ちゃん、姉ちゃん、お父さん、お母さんは、うんと言いませんよ。へ理屈になる けれども、町長。 あともう1点、山武・長生・夷隅の医療圏の問題。先ほども答弁にあったんだけれども、 これ、最初から言われていること。スタートするときに、第三次救急については、山武・長 生・夷隅の医療圏の自治体に応援、支援をいただくということでスタートしている。7年た っても、そういう支援や参画がいただけないんだったら、先ほど申し上げた、お金が底をつ く、ショートする。医療圏の自治体からも支援をいただかなければ、東千葉メディカルセン -105- ターはどうなりますか。安易な行動、安易な考え方で、行政運営や県や国へのお願いはでき ないんですよ、町長。全てがそうでしょう、私が今回出した5項目全て、県がやっているか ら我々は意見言えないんだよ。もっと自分たちがしっかりして、意見を持って、県や国にお 願いに行けるような考え方、体制づくりに励んでくださいよ。どうですか、町長。病院につ いても、一例ですけど。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、私からお答えをさせていただきます。 東千葉メディカルセンターの経営状況につきましては、昨日、谷川議員の御質問にもお答
    えしたとおりでございますが、四半期ごとに県との情報の共有を図っているところでござい ます。 今のところ、県のスタンスといたしましては、現行の計画に基づいて、フルオープンの予 定でございます令和7年度の黒字化に向けて、県からの追加財政支援を活用しながら、経営 の改善の取組を進めていただきたいということもありまして、二次保健医療圏内における関 係自治体との連携に向けた取組につきましては、現状では具体的な段階には至っていないと いうことが実情でございます。 しかしながらでございますが、東千葉メディカルセンターは、東金病院を引き継ぐ病院と いたしまして、県の地域医療構想に基づいて設立した病院でございます。 これまでにも、人的、あるいは財政的な支援を受けておりまして、今後も、関係自治体へ の働きかけ等も含めまして、包括的な支援を求めてまいるということでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 町長答弁を願ったんだけれども、担当課長が。 ○議 長(内山菊敏君) 町長、大矢吉明君。 ○町 長(大矢吉明君) それでは、細田議員の再質問に対してお答えします。 県は包括的な支援を行うとしております次期中期目標、中期計画等を予定している中で、 これは東金市と一緒にともにしっかりと県と協議していくということにします。それでよろ しいでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 -106- 町長、いちいち、いちいち、そうやって私に確認を取るような答弁だったら、最初から答 弁してくださいよ。町長、私はお願いしているのよ、別に町長を責めているわけじゃないの。 今、町長、答弁いただいたんだけれども、中期計画、中期計画って、年度内に必ず中期計 画立てなきゃいけないとなっているんだけれども、7年間やってきて実績が出ちゃっている んだから、赤字の実績が出ちゃっているのに、どんな中期計画を立てるんですか。ずっと聞 いているんだけれども、私だって事業をやっているので、時には借入れを起こすときに金融 機関に赤字で持っていくと、これで社長、いつ、どうやって返すんですかと融資してもらえ ませんよ。 赤字だという計画で、中期計画を立てたって、赤字が解消できていないのは7年間で立証 されているでしょうよ。そういうものもきちんと答弁しないで、赤字にはなってしまってい るんだけれども、東千葉メディカルセンターはつぶすわけにはいかない。だから、一生懸命 県にお願いして、今言われたように、財政的にも、人材的にも、包括的に支援をいただける ようなお願いを県に力強く働きかけるような、失礼かもしれないけれども、行動とか、行政 運営に取り組んでいただきたいと私はお願いしているんですよ。 今、答弁いただいたので、これ以上言っても、私の気持ちは、半分ぐらい伝わったのかな。 時間があるような、ないような。 町長、最後申し上げますけれども、防潮堤問題をもうちょっと真剣に取り組んでもらわな いと。せっかくつくっていただける、いいものをつくっていただける、県や国のお金でつく っていただけるんだから、もうちょっと住民町民の安全・安心を守れるようなものをつくっ ていただけるように、お願いできないよな、だけども反対の意見が出ちゃっている。先ほど 答弁であったんだけれども、県土木事務所と十二分に協議して、前向きな事業を進めてくだ さい。よろしくお願いします。 以上で質問を終わります。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は2時5分です。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 1時51分)
    ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── (午後 2時03分) -107- ○議 長(内山菊敏君) 順次発言を許します。 通告順により、7番、浅岡厚君。 (7番 浅岡 厚君 登壇) ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 議長の御了承をいただきましたので、一般質問をいたします。 さきの質問と重複するところもあると思いますが、御承知いただき、通告どおり行わせて 未曽有の災害をもたらした東日本大震災発生から、間もなく9年を迎えようとしています。 改めて犠牲になり亡くなられた方の御冥福と、いまだ避難生活を余儀なくされている被災者 の皆様にお見舞い申し上げるとともに、一日でも早く元の生活に戻れることを祈念申し上げ いただきます。 ます。 震災後、国民は地震の恐ろしさ、津波の恐ろしさを経験し、または画像を通じて知りまし た。その被害の再建などの復興並びに震災に備えた国づくり、特に津波への対策に、政府は 復興の3つの柱である災害に強い地域づくり、地域における暮らしの再生、地域経済活動の 再生と大震災の教訓を踏まえた国づくり、及び原子力災害からの復興を基本方針に、復興施 策を盛り込んだ東日本大震災復興基本法を平成23年6月24日に制定し、東日本大震災からの 復興の基本方針、平成23年8月11日改定により、復興期間を平成32年度までの10年間と定め、 災害地の一刻も早い復旧復興を目指す観点から、復興需要が高まる平成27年度までの5年間 を集中復興期間と位置づけた上、未曽の大災害により被災した地域の復興復旧に向けて、総 力を挙げて取り組んできました。現在は、平成27年6月に、平成28年度以降の復旧復興事業 についてを決定し、復興期間の後期5年間である平成28年度から平成32年度を復興創生期間 と位置づけ、その中で、当該期間における復旧復興事業の考え方を示すとともに、復興期間 の復旧復興事業の財源として、10年間の総額で32兆円程度を確保することとしています。 この復興計画の中で、津波災害に対しては、たとえ被災したとしても、人命が失われない ことを重要視し、災害を最小化する減災の考え方に基づき、逃げることを前提とした地域づ くりを基本に、地域ごとの特性を踏まえ、ハード、ソフトの施策を組み合わせた多重防御に よる津波防災まちづくりを推進するとあります。 そこで、本町における津波対策事業はどのように推し進められているのか。経過と進捗な ど、5項目についてお聞かせ願いたいと思います。 1項目め、この津波対策事業の目的や各津波対策施設の工法及び予算措置など、概要につ -108- いて教えてください。 2項目め、町内における海岸部及び河川部の津波対策事業の進捗状況を教えてください。 3項目め、事業計画も終盤を迎える中、漁港区域内の事業が大分遅れているように思われ ますが、漁港区域の事業計画状況及び完成時期を含めた展望を教えてください。 4項目め、去る2月16日に、千葉県による漁港部の津波対策事業の説明会が開催され、傍 聴させていただきましたが、一部の住民と県との意見が合致せず、計画自体が先送りになっ ているように感じました。事業主体は千葉県が行うものでしょうが、本事業により利害が生 じるのは、漁港利用関係者及び町民と考えられます。 事業計画または事業実施に当たり、事業者と利害関係者との協議並びに調整における町の 関わり方はどのようになっているのか、これからどのようにしていくのかお答えください。 5項目め、町として、今後、この津波対策事業を推進していくのか、いかないのか。推進 していくのであれば、どのように対応していくのか。また、どのような対策を考えているの
    か教えてください。 以上、御回答よろしくお願いいたします。 なお、再質問につきましては自席で行います。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○議 長(内山菊敏君) 浅岡厚議員の質問に対する町当局の答弁を求めます。 ○町 長(大矢吉明君) 浅岡厚議員の御質問にお答えいたします。 それでは、津波対策事業の進捗状況についての御質問にお答えいたします。 1点目の事業の目的及び概要(工法、予算等)は、との御質問ですが、現在、千葉県が実 施している河川及び海岸における津波対策事業は、平成23年3月に東日本大震災により発生 した津波による被害を契機に、河川及び海岸において発生頻度が高く大きな被害をもたらす 津波に対して災害から人命や財産を守ることを目的としておるところでございます。 本事業の計画策定に当たり、河川では、学識経験者や河川利用者、本町を含む流域市町の 首長などで構成する各河川の流域懇談会において対策を検討し、作田川では、河口から若潮 橋下流の1.72km区間で、真亀川では、真亀橋から龍宮橋上流の1.4km区間で堤防かさ上げや 護岸工事などを実施しております。 海岸につきましても学識経験者や海岸利用者、銚子市から館山市までの沿岸市町村の首長 で構成する千葉東沿岸海岸保全基本計画検討委員会において対策を検討し、本町区間につい -109- ては、堤防高TP6.0mを確保することとし、築堤や陸閘の整備などを実施しております。 本事業については、事業完了年度を令和2年度とし、国の社会資本整備総合交付金を活用 して整備を進めていると伺っております。 また、漁港区域内における津波対策事業につきましても、実施主体は千葉県であり、漁港 区域における人命保護に加え、住民財産の保護、地域経済活動の安定化、効率的な生産拠点 の確保の観点から、比較的発生頻度の高い一定程度の津波高に対して海岸保全施設等の整備 を進めていくことを目的としておるところでございます。 千葉県銚子漁港事務所に確認したところ、計画事業が約43億円で、防潮堤は総延長842m、 コンクリート被覆堤防は総延長873m、水門1門及び陸閘4基の整備が計画されております。 なお、防護施設の高さにつきましては、海岸部ではTP6.0m、漁港内及び周辺において は、TP4.1mで整備するとされております。 2点目の町内における海岸部及び河川部の事業進捗状況は、との御質問ですが、海岸部の 本町区間の築堤については、全体延長約4.5kmのうち約4.1km完成しております。 また、九十九里有料道路下の開口部対策については、本町内12か所のうち、8か所で工事 中であり、残り4か所についても、今後、工事を実施する予定とのことでございます。 河川部については、平成30年度までに堤防のかさ上げ及び陸閘の設置が完了し、今後、陸 閘の監視制御設備工事を実施する予定と伺っております。 3点目の漁港区域の事業計画状況及び完成時期を含めた展望は、との御質問ですが、漁港 区域内の作田川左岸側につきましては、現在施工中のコンクリート被覆堤防の工事が年度内 で完了し、作田川との接点部分を残すのみと伺っております。 残りのコンクリート被覆堤防と作田川接点部分の防潮堤については、令和3年度末の工事 完了予定と伺っております。 っております。 定と伺っております。 また、右岸側片貝海岸隣接部につきましても、漁港内との接点部分を除いて完了予定と伺 残りのコンクリート被覆堤防につきましては、令和2年度から令和3年度末の工事完成予 なお、地元住民との合意に至っていない漁港内につきましては、早期に工事着工ができる よう、引き続き住民への説明を行っていくと伺っております。 4点目の事業計画または事業実施に当たり事業者と利害関係者との協議並びに調整におけ る町の関わり方はとの御質問ですが、河川及び海岸並びに漁港区域内の津波対策事業につき
    -110- ましては、事業主体である千葉県と連携して事業を実施してまいりましたが、今後も引き続 き県と協力しながら、海岸利用者や利害関係者との合意形成を図り、事業の促進に取り組ん でまいります。 5点目の町としての今後の対応及び対策は、との御質問ですが、漁港区域内の津波対策事 業につきましては、住民の安全・安心な暮らしを守るために、引き続き県に協力し、早期の 事業着手に向け、地域住民の皆様との合意が得られるよう努めてまいります。 以上で、浅岡厚議員からの御質問に対する答弁とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 御答弁ありがとうございました。 それでは、各項目について個別に再質問いたします。 最初に、事業の目的及び概要についてですけれども、この復興予算は、時限立法と認識し ておりますけれども、時限立法でありますから期限が決まっていると思います。これについ て猶予等があるのか、御質問いたします。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、お答えをさせていただきます。 本事業の予算でありますが、正式名は農山漁村地域整備交付金の海岸保全施設整備事業で ございまして、平成24年度から新たに設置された東日本大震災復興特別会計となっておりま す。よりまして、令和2年度までとされており、国からは、期限の延長はないという情報を 得ていることから、来年度、つまり令和2年度までとなるというところでございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 ありがとうございました。令和2年度までの事業だということですね。 続きまして、2番の町内における海岸部及び河川部の事業進捗状況について再質問させて いただきます。 漁港部以外の海岸部は、令和3年度中には完成すると考えてよろしいのか。また、河川部 はほぼ完成済みということですけれども、それにかかった費用が分かれば教えてください。 それと、事業の経過について、海岸部の工法については、説明会を何度か開催していただ いたというところですけれども、河川部についての開催、これがどのように進められたか。 -111- また、河川部の津波対策の実施に当たり、住民等の意見を聞いていたのか。その辺をお答え ください。 ○議 長(内山菊敏君) まちづくり課長、古川富康君。 ○まちづくり課長(古川富康君) お答えいたします。 まず1点目の海岸部の進捗状況につきましてですけれども、海岸部の津波対策は、現在実 施しておりますふるさと自然公園センター前の工事と、片貝海岸町営駐車場南側の工事用車 両進入路箇所の工事が残っております。先ほども、町長答弁がありましたように、有料道路 下の開口部対策である囲み堤については、本町内12か所のうち8か所で工事実施中であり、 残り4か所の工事においても、事業完了年度は令和2年度と伺っております。 河川部につきましては、真亀橋に設置された陸閘の監視制御設備工事を除いて、完成済み でございます。それと、河口部の予算につきましてですけれども、九十九里沿岸の河川の津 波対策事業の総額は約216億と伺っております。これは7河川です。しかし、本町の作田川、 真亀川、個々の事業費については、伺っておりません。 それと、海岸部の工法については説明会を行ったが、河川部については、その説明会があ ったのかという御質問だったと思いますけれども、作田川、真亀川の津波対策事業の説明会 は、平成25年2月24日に開催しております。
    進め方としまして、河川の津波防御方法を、堤防方式と津波水門方式で比較し、津波水門 方式は、地震時に確実に閉鎖できる施設であること、津波発生時における操作員の安全性の 確保、さらに定期的なメンテナンスなど、多くの課題があることから、河川津波対策には、 堤防方式を採用し整備を行ったと伺っております。 また、津波対策に当たり住民の意見を聞いたのかという御質問だったと思いますけれども、 河川津波対策事業説明会では、意見などを聞いた中で、事業に対する要望等は特になかった と、県のほうから伺っております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 ありがとうございます。 ような事例を教えていただきたい。 それでは、河川の津波対策を実施して、不利益を被った人がいるのか。もしもいればその それと、県の管理する施設内の改良工事において、多分県のほうでは、利用者に不利益が -112- 当たらない限りは推進していくとして今完成したというふうに思っておりますけれども、そ の辺についても、教えてください。 ○議 長(内山菊敏君) まちづくり課長、古川富康君。 ○まちづくり課長(古川富康君) お答えさせていただきます。 両河川において、先ほども御説明したように、平成25年から順次、堤防のかさ上げ工事が 実施され、平成30年度に真亀橋の陸閘が完成し、陸閘の監視制御設備工事を除く工事が完了 しておりますが、誰か不利益を被ったのかというような御質問だったんですけれども、その ような認識はないと伺っております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) ありがとうございます。 続きまして、3問目です。漁港区域の事業計画状況及び完成時期を含めた展望について再 質問いたします。 県は、A案、B案、C案と3つの計画案を比較して事業を進めているようですが、まず、 皆知っていると思いますけれども、御存じないかもしれないので、簡単に説明していただき たいと思います。県は、A案で計画を進めたいとのことですが、この計画で不利益、使い勝 手が悪くなるとか、そういう方がいますか。いれば教えていただきたい。また、さきに答弁 いただいた復興予算で進められている事業等を考えておりますけれども、これについても、 予算措置の制限は、猶予等はないのか、あるのか教えてください。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、お答えをさせていただきます。 口頭での説明となりますので御理解いただけるか、ちょっと不安でございますけれども、 まずA案でございますが、片貝海岸隣接部から、臨港道路を利用いたしまして、海の駅九十 九里の前に防潮堤を施工いたしまして、その第1泊地の船舶の出入口に水門を設置するもの でございます。 続きまして、B案でございますが、防護壁のラインが九十九里漁協協同組合の冷凍冷蔵庫 の前に施工し、やはりA案と同じ第1泊地の船舶の出入口に水門を設置する案でございます。 最後のC案でございますが、第2泊地の堤防、防波堤を活用し、そのまま作田川2か所に 水門を設置し、作田川左岸側に防潮堤を設置するものでございます。 続きまして、不利益を被る方がいますかという御質問でございますけれども、A案につき -113- ましては、数十年から百数十年に一度来襲する津波から、背後地を防護することが可能であ り、かつ漁業活動への影響も抑えられるとともに、周辺住宅への影響にも考慮された計画で
    あると認識をしております。 続いて、予算措置も期限つきではないかという御質問でございますけれども、先ほども御 答弁をさせていただきましたが、本事業予算は、令和2年度までとなっております。ただし、 令和2年度内に契約等に至ることが可能であれば、令和3年度まで繰越しをすることができ るというところでございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) ありがとうございます。 そうしますと、例外的に令和3年度までは延ばせるというようなことでしょうか。 C案なんですけれども、先ほど私、河川の説明会等でやったときの答弁された津波水門方 式ということを取り入れている案なんでしょうか。多分そのようなことに思われますけれど も、河川の中では、この方式は取らないというように決定して、準備が進められるというふ うに私は思っておりますけれども、A案で進めた場合、漁業施設の中ですので、やはり漁業 関係者、またはその漁港利用者にどうしても不便をかける、不利益をかけてしまうのではな いかというふうに、思います。 また、これができることによって、地域の住民の方に、例えば日陰になるとか、土地が使 いづらくなるとか、そういう不利益はあるんでしょうか。 それと、この事業がストップしていることで不利益を被るのは、地域だけではなくて、町 全体に及ぶというふうにも考えられますけれども、町としては、これをどのように考えてい るのか。また、この状況が続いて着工できなかった場合、どのようなことが考えられるか、 答弁願います。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、お答えをさせていただきます。 まず本事業で不利益を被る漁港利用者の意見というところですけれども、本町において漁 業は重要な基盤産業であり、また、漁港及びその周辺地域は生活の場でもあることから、本 事業の実施に当たっては、漁業活動及び日常生活に大きな影響を及ぼさない配慮が必要であ ると考えております。 続いて、町全体への関わりということでよろしいですか。 -114- (発言する者あり) ○産業振興課長(篠﨑英行君) 影響。2月16日に銚子漁港事務所主催によりまして説明会が 開催されております。その説明会の中で出席者のほうから出されている意見、要望等につき ましては、町としても、地域住民の意見要望として理解をしております。 今後も銚子漁港事務所との調整を密にし、早期に、次回の説明会が開催できるように協議 を進めてまいりたいと思います。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 この状況が続いて着工できなかった場合に、どのようなことが考えられるかというふうな んですけれども、多分私の考えで話したいと思いますけれども、このまま続いた場合に、予 算がつかなければこの事業自体が進められなくなるような状況も考えられます。 それで、そういった4番の事業計画または実施に当たり、町の関わり方について再質問し ます。 期限切れ等最悪のシナリオを想定した場合、これ、誰が責任を取りますか。それと町とし て何を優先してこの事業をすべきと考えていますか。本事業で、最も不利益を被る漁港利用 者の意見を、やはり最優先に私はすべきじゃないか。説明会の中で、住民を代表して、また 発言するという人がいましたけれども、町は、このような立場の方々をどのように考え対応 しているのか。また、A案で進めた場合、その方たちのどこか不利益になるところがあると 考えられますか。
    それと、先ほど説明会の話がありましたけれども、計画に当たって、町は次の説明会を早 期に開催するということですけれども、説明会で議員の発言を禁止したのはどういう理由か を含めて答弁願います。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、初めに復興予算が切れた後の対応ということだと 思いますが、復興予算、先ほどから説明しているように令和2年度をもって終了となります。 その後につきましては、農山漁村地域整備交付金がそのまま継続されております。しかしな がら、県に配分されてくる予算に基づいて、今後、一般会計の中からということになります ので、工事着工が遅れますと、完成までにかなりの年数を要するというところになってくる かと思います。 -115- しかしながら、町民の安全・安心な暮らしを守るためにも、この事業は継続して県のほう で行っていただくように要望していきます。 それから、工事ができないときの責任はということでございますけれども、工事責任者は 千葉県でありますので、町としては千葉県に強く要望していき、町民の安全・安心を確保す るように、要望を引き続き行っていきます。 A案についての不利益でございますが、先ほども御説明をさせていただきましたが、漁業 関係者、それから周辺地域の生活の場というところを考慮していますので、不利益を与える ものはないと考えております。 2月16日のときに、議員の皆様から発言ができなかったという御質問でございますが、千 葉県主催によりまして開催され、地域住民の声、漁業関係者の方々の声をお聴きしたいとい うところから、今回は、傍聴ということを取らせていただきました。次回の説明会のときに は、その辺も検討し、改めて説明会を開催させていきたいと思いますので、御理解をよろし くお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) ありがとうございます。 この施設のA案なんですけれども、漁協の方たちは、先ほど反対とかという言葉があった んですけれども、私の聞いた限りだと賛成をしているという話を聞いております。 その中で、漁港内施設を利用している方が不便を被りながらも、了解しているのであれば、 その辺で進めていただかないと、予算の関係もありますので、さらに強く推進していただき たい。それと、議員は、多くの住民から信任を受け支持されて、真の住民の代表であると私 は自負しております。その代表を部外者扱いし発言させないということにはちょっと問題が あると思いますので、これからの会議の開き方をもう一度見直してください。 それでは、5番目、町として今後の対応及び対策は、ですけれども、国の津波対策は冒頭 申し上げたとおり、たとえ被災したとしても、人命が失われないことを最重視し、災害時の 災害を最小化する減災の考えに基づき、逃げることを前提とした地域づくりを基本に、地域 ごとの特性を踏まえ、ハード、ソフトの施策を組み合わせた多重防御による津波防災まちづ くりを推進するとしています。 本事業では最低限の対策であり不十分だと考える人もいますけれども、私も十分とは考え ていません。しかしながら、完璧で、最高の対策を要望し続けて、何もせずに不安な日々を 過ごすより、一日でも早く計画を進め完成することを推進するのが、町としての役目ではな -116- いでしょうか。また、多くの住民が望んでいることではないでしょうか。 県の事業だから、質問を町に振らないでくれというような無責任な発言は控えていただき まして、そのことを踏まえまして、町として今後どのように対応していくのか、お答え願い ます。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、お答えをさせていただきます。
    先ほどA案で賛成はというところであったんですけれども、A案につきましての防護ライ ンにつきましては、漁協並びに漁業関係者からは、理解を得られて同意いただいております。 ただし、2月16日の説明会の中では、第1泊地の入り口に水門をつけることは考え直してい ただきたいというところの意見を伺ったところでございますので、その旨の御理解をよろし くお願いいたします。 それから、議員の発言につきましても、次回の説明会にはそういったことを設けるように 進めていきたいと思いますので、御理解をお願いいたします。 それでは、町は、今後の対応をどのようにしていくかというところでございますけれども、 片貝漁港の津波対策につきましては、千葉県銚子漁港事務所において工事が進められており、 2月16日、小関納屋区民と漁業関係者を対象に説明会も開催されましたが、漁港内の整備に つきましては、合意に至りませんでした。 町といたしましては、住民の皆様の安全・安心な暮らしを守るためにも、早期に事業着手 ができるよう、引き続き銚子漁港事務所に説明会の開催をお願いするとともに、計画に対す る意見、要望を取りまとめ、銚子漁港事務所と協議をしながら、津波対策の推進を図ってま いりたいと考えております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 ありがとうございます。 第1泊地の入り口の件につきましては、説明会でもという発言がありましたけれども、そ のほかの部分については、合意を得ているということであれば、そこの部分は率先して進め ていただいて、その間に第1泊地の問題については議論できるような感じですけれども、そ のような扱いをしていくのか。それと、また、町として要望するというだけでなくて、ハー ドの部分は国、県がやるんでしょうけれども、町が率先してやらなきゃいけない部分という -117- ものもあると思います。ソフトの部分ですけれども、例えば、地域住民の方が、大分津波に 対して心配しているように思われます。この地域の方たちが、例えば自主防災組織を持って、 そういう防災に努めるとか、そういうことを進めさせることも必要ではないかと思います。 特に聞いたところによりますと、関係する地域ではまだ自主防災組織が組まれていないと いうことですので、いろいろとやってもらいたいことはたくさんあると思いますけれども、 自分たちでできることもやはり少しずつやっていくことが必要じゃないかというふうに思っ ております。 これから、町長として、この件をどういうふうにしていくべきと思っているか。また、A 案で進めていって、C案、これも十分だと思います。それは、A案が終わった後、引き続き それをやるというような継続の仕方もあると思います。その辺も含めて、これから先どのよ うにしていくつもりなのか。これは町長が答えていただければありがたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 町長、大矢吉明君。 ○町 長(大矢吉明君) それでは、浅岡議員の再質問に対して答弁させていただきます。 よろしいですか。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 2時44分) (午後 2時45分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 町長、大矢吉明君。 ○町 長(大矢吉明君) ただいま浅岡議員の再質問に対してお答えいたします。 津波対策に関しては、住民の皆様の安全・安心な暮らしを守るために、津波対策を早急に
    進めるべきだと考えております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) ありがとうございます。 たいと思います。 -118- 国がせっかくこれをやろうとしているものですから、これは町を挙げて推進していただき 例を挙げますと、インドネシア・スマトラ沖地震、2004年に発生して、22万人からの犠牲 者が出ております。しかしながら、インドネシアはお金がないために、ハードの部分は一切 対策できない、ソフトの部分だけでもって津波対策をするというようなことであります。 幸いにして、日本は裕福であります。国のほうでもって、率先してこの事業を進めようと してくれているわけですから、その意に沿わないように、一刻も早い完成を望みます。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 本日の日程はこれをもって終了いたしました。 以上です。 ◎散会の宣告 明日6日は定刻より会議を開きます。 本日はこれをもって散会いたします。 御苦労さまでした。 散 会 午後 2時47分 -119- 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録(第3号) 令和2年3月6日(金曜日) 令和2年第1回九十九里町議会定例会 議 事 日 程 (第3号) 令和2年3月6日(金)午前9時35分開議 程第 1 議案第 1号 専決処分の承認を求めることについて 日程第 2 議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第8号) 議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2号) 議案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算(第2号) 議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2 号) 議案第14号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3号) 議案第15号 令和元年度九十九里町農業集落排水事業特別会計補正予算(第4 号) 日程第 3 議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条例の制定について 日程第 4 議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理 に関する条例の制定について 日程第 5 議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う 関係条例の整備に関する条例の制定について 日程第 6 議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する 条例の制定について 日程第 7 議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償に関する条例の一部を 改正する条例の制定について 日程第 8 議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例の制定について
    日程第 9 議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の 制定について 日程第10 議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について 日程第11 議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を改正する条 例の制定について -121- 日 日程第12 議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の 一部を改正する条例の制定について ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 出 席 議 員 (14名) 1番 西 村 み ほ 君 2番 小 川 浩 安 君 3番 原 田 教 光 君 4番 鑓 田 貴 俊 君 5番 中 村 義 則 君 6番 古 川 徹 君 7番 浅 岡 厚 君 8番 荒 木 かすみ 君 9番 内 山 菊 敏 君 10番 善 塔 道 代 君 11番 細 田 一 男 君 12番 佐久間 一 夫 君 13番 谷 川 優 子 君 14番 古 川 明 君 席 議 員 (なし) 欠 ────────────────────────────────────────────―──── 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名 町 長 大 矢 吉 明 君 副 町 長 佐々木 悟 君 教 育 長 藤 代 賢 司 君 総 務 課 長 秋 原 充 君 企画財政課長 戸 村 俊 之 君 税 務 課 長 中 川 チエリ 君 住 民 課 長 戸 田 佳 子 君 健康福祉課長 作 田 延 保 君 社会福祉課長 山 口 義 則 君 産業振興課長 篠 﨑 英 行 君 古 川 富 康 君 会 計 管 理 者 南 部 雄 一 君 ガ ス 課 長 中 村 吉 徳 君
    篠 崎 肇 君 吉 田 洋 一 君 内 山 茂 樹 君 ま ち づ く り 長 課 農 業 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 主 幹 ────────────────────────────────────────────―──── 本会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 木 原 正 幸 君 書 記 伊 藤 さやか 君 -122- ────────────────────────────────────────────―──── ◎開議の宣告 開 議 午前 9時35分 ○議 長(内山菊敏君) ただいまの出席議員数は全員です。 これより本日の会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎議事日程の報告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第1 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて ○議 長(内山菊敏君) 日程第1、議案第1号 専決処分の承認を求めることについてを議 題といたします。 議案第1号について、提案理由の説明を求めます。 企画財政課長、戸村俊之君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 ふるさと納税の寄附金なんですけども、大分額が多いんですけれども、件数と、多分大口 があったと思うんですけれども、目的を持った寄附があったのかどうか、それだけ教えてく ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、まず納税の寄附額について御説明をさせていただ ださい。 きます。 1月末現在の寄附件数は1,605件、寄附額は4,814万円となっているところでございます。 そのうち災害分として321件、387万5,821円の寄附を頂いたところでございます。 そして、このたび12月に大口の寄附金がございました。個人様から、「漁業・遊漁船の発 展に役立ててほしい」ということで1,500万という心温まる寄付を頂いたところでございま す。 以上でございます。 -123- ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。
    ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。ありがとうございます。 そうすると、使用目的が決まっているんですけども、その辺どういう計画になっているか、 今分かれば教えていただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) 今後、産業振興課長、そして漁業会の方々と相談しながら方 向性を決めていきたいと考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これより採決いたします。 議案第1号 専決処分の承認を求めることについてを原案のとおり承認することに賛成の 諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第1号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第2 議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第8号) 議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2 議案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算 議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算 号) (第2号) (第2号) -124- 議案第14号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3 号) 議案第15号 令和元年度九十九里町農業集落排水事業特別会計補正予 算(第4号) ○議 長(内山菊敏君) 日程第2、議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算 (第8号)、議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2号)、議 案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第14号 令和元年 度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3号)、議案第15号 令和元年度九十九里町農 業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)。 議案第10号から議案第15号までについて、順次、提案理由の説明を求めます。 企画財政課長、戸村俊之君。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。
    ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩いたします。 再開は10時50分です。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前10時35分) (午前10時48分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 -125- 質疑は分割して行います。初めに、一般会計補正予算について質疑を行います。次に、特 別会計補正予算について質疑を行います。ただし、質疑の内容が各議案に関連する場合はこ これより一般会計補正予算について質疑を行います。 れを許します。 質疑ありませんか。 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 4番、鑓田です。 一般会計の歳出についてお伺いします。 歳出の20ページ、2款総務費、1項総務管理費、5目25節の庁舎建設基金積立金3,000万 1,000円ということですけども、先ほどの御説明で庁舎建設基金条例に基づきということで 伺いました。たしかこの条例は29年12月に制定されて、ただし具体的な目標額とか積立期間 とかは当然うたわれていないんですけども、先般、マネジメント会議で庁舎建設が決まった ということで、そうなってきますと、今積立金は確かなところ分かりませんが、大体この 3,000万合わせて6,000万ぐらいじゃないかとは思いますが、そういった中で、あと見積りも 35億というお話もありました。ですから、そうなってくると、じゃあいつ頃まで、あるいは 幾らぐらいまで、それが分からなければいつ頃までにめどを立てるというか、その辺のとこ ろが分かりましたらお聞かせいただきたい。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、ただいまの鑓田議員の御質問にお答えをさせてい ただきたいと思います。 現在の制度では、庁舎の耐震化あるいは建設に際し、繰入れ起債に対する一定の交付税措 置や社会資本整備総合交付金による支援はあるものの、相当の部分は町が一般財源を投じて 整備することが現実的でございます。この町の負担分につきましては、基金と自治体として 借金である起債を活用して賄うことが現実的であると認識しているところでございまして、 このうち起債の金額につきましては、償還に充てられる金額を年額、マネジメント推進本部 の中では事業の見直し、あるいは経費の削減、そういった努力をしながら5,000万円を目標 にこれを基金等に積み上げ、あるいは借金に充てる財源としてこの額を充てた場合に、借金 として、起債として最長30年を見ているところでございまして、これを5,000万円で掛けま すと合計で15億円という数字が出てきます。その足らず前を基金でどれだけ積めるか、そし て具体的な事業費がまだ定まっておりませんけども、先般の鑓田議員の御質問の中でもお話 -126- しさせてもらいましたけども、創意工夫により捻出し、できるだけ早い時期に防災対策を柱 とするこの本庁舎について、計画を策定し進めていきたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) ありがとうございます。今の御答弁の中で、できるだけ早くという御 回答があったんですが、ただ見方を、角度を変えますと、庁舎建設となれば基本計画、基本 設計、実施設計、それぞれ2年だとか1年だとか、建設期間が2年だとか、最短だと5年だ とか、あるいはいろんな事情であるからもう2年加えて7年だとか、少なくとも10年以内に
    はこの積立てをそれまでするとか、その辺のことが出てくるんじゃないかと思うんですが、 予定は未定なんですけど、失礼な言い方になりますけど、ただできるだけということで、当 てもなく半永久的に積み立てるということでもないと思うので、その辺の予想というんです か。 それから、この積立金は基本的には建設の際の、先ほど起債と自己資金、自己資金の部分 というのは通常でいけば大体建設費の3割と。35億の3割というと10億なり11億。じゃあこ の積立金は、一つの仮定として10億まで積み立てていくんだとか、そういったことについて ある程度言及したお話はないんでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 これから総事業費を求める作業に移るわけでございますけれども、基本計画の策定に向け まして、令和2年度について、できるだけ早くこの作業に移れるよう努力してまいります。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 ちょっとお伺いしたいんですけれども、23ページ、老人福祉費の中の13節委託料、今回緊 急通報システムの事業委託料が178万5,000円の減額補正になっていますけれども、努力をさ れたというような先ほど説明だったと思うんですけど、同じ事業者で引き続きやっているの か。また、これだけ減額というのはちょっと金額が大きいなと思うので、ちょっと詳しく説 明お願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 -127- ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、緊急通報システムについての御質問でございます ので、お答えさせていただきます。 まず、この緊急通報システム、ちょっとおさらいになりますけれども、平成30年3月の定 例会の中で拡充に向けてのお話がございました。まず、老人のみの世帯であるとか、日中独 居となる世帯、そういったところまで拡充を広げていて、拡充によって増加する経費につい ては利用者の負担を考えているんだという御答弁をさせていただいたところでございます。 具体的には、介護保険の負担割合に倣って、今までであれば月額3,456円の1割に当たる 300円を基準といたしまして、課税世帯にあっては2割の500円、日中独居の方は3割の 1,000円の負担を予定していると、そういった答弁の内容であったかと思います。しかしな がら、まず拡充に必要な財源の確保につきましては、歳入を増額させる以外にも歳出を抑制 するといった方法も考えられるということから、昨年、30年度にまずは歳出の見直しの検討 を進めることといたしました。 具体的に申し上げますと、長年、事業者の見直しが困難な要因となっておりました機器の 撤去費用、これにつきまして職員が自ら行うということで、おおむね100万円程度の費用を 抑制することが可能となりました。一方で仕様の見直しを行いまして、最低限必要な24時間 365日、専門のオペレーターが対応可能なこと、それから月に1回、オペレーターからの安 否確認を行うこと、3点目といたしまして、固定電話が設置されていない方向けに携帯端末 の選択が可能であること、それから他の自治体等々で導入実績があることと。この4項目を 最低条件といたしまして、私ども近隣はもとより県内外の市町村を調査し、その中から本町 に入札参加資格申請がある6社を抽出し、業者の選定をしてきたところでございます。 こういった取組によりまして、事業者の変更に伴う撤去費用を支出することなく事業者の 見直しを行いまして、平成30年度の決算では570万円であった事業費を、今年度の決算見込 みで314万円程度まで抑制するということが可能になったものでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 分かりました。一生懸命努力していただいたということで、住民負 担、いつまでもないように、緊急通報システムの事業をやっていただきたいと思います。
    終わります。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにございませんか。 8番、荒木かすみ君。 -128- ○8番(荒木かすみ君) すみません、8番、荒木です。 2点お伺いいたします。 一般会計、いわしの交流センター床改修工事、8ページの件なんですけれども、この金額 でどういった素材のどれぐらいのものができるのか、お聞かせ願いたいと思います。 それから、給食会計で…… (発言する者あり) ○8番(荒木かすみ君) ああ、まだか。 ○議 長(内山菊敏君) ページ数。 ○8番(荒木かすみ君) すみません。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、いわしの交流センターの床改修という御質問だと 思います。 ております。 素材については汚れが目立たないようにということで、そういった素材を選んで設計をし この工事ですけども、先ほど企画財政課長からも説明ありましたとおり、海の駅の指定管 理者と相談等々をさせていただいて、集客が一番少なくなる6月というところをめどに工事 発注をし完了させたい。床の改修ですが、1階、2階ともに改修する予定でございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 17ページと28ページなんですけれども、17款6目1節の寄附金、商工会から商工振興に対 する指定寄附金が549万5,000円寄附されております。その同額を基金のほうに積み立てると いうことになっておりますけれども、この使い道等、何か案があれば教えていただきたいと 思います。 それともう一つ、20ページ、7目18節で、ちょっと金額ちっちゃいんですけども、備品購 入費でコンピュータハードウェアの購入費16万円、これは増設なのか、買換えなのか、故障 なのか。それと、あんまり金額張らないですけども、これは情報管理費の中でもって、流用 でもってやれることはできなかったのか、ちょっと聞きたい。 -129- ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、私のほうからは、商工振興に対する指定寄附金の 使い道、使途ということでの御質問ですが、令和2年度以降、この基金を元に農業、商業、 産業等々含めました産業まつり等、そこで使用していきたいと考えております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 情報管理費の18節コンピュータハードウェア購入費16万円の内容 でございますが、職員用のコンピュータにつきましては来年度の予算で入替えを想定してご ざいます。ただ、予備として機器を用意してございますけれども、今その予備費がなくなっ ておるということで、この予算16万円は来年までつなぐための再生PCを5台購入する予算 でございます。要はつなぎのため5台用意して、場合によっては職員の5台を増しにする、 それから部品の入替えに使うと、そういう形で金額的にはこのような安い金額になっており ます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。
    ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 い、分かりました。 そうすると、コンピュータ、今支障が出ているということではないということですね。は 先ほどの指定寄附金の件なんですけれども、前回の一般質問の中でもちょっとやったと思 うんですけども、今商工会が手続して補助金によって設置された街灯が大分老朽化している ということで、その辺の対応に使えるのか。それと今、令和2年度以降という言葉だったん ですが、令和2年度以降というのはいつのことを言うか、ちょっと教えてください。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、お答えをさせていただきます。 令和2年からということで御理解いただきたいと思います。 それから、商工会の街灯という御意見がございましたが、寄附金の指定ということで、商 工業、農業、水産、漁業含めた活性化の活用ということで御意見をいただいていますので、 そういったところでの活用を現在考えております。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 -130- ほかにございませんか。 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川徹です。 まず、歳入のほうからちょっとお聞きします。 2款地方譲与税、3項森林環境譲与税、節で言いますと1節森林環境譲与税、これが68万 と。歳出のほうへ行きますと、27ページになりますけども、5款農林水産業費、2項林業費、 1目林業振興費の25節積立金、森林環境整備基金積立金60万5,000円ということでございま すけども、これはどういったものが対象になって使えるものなのか。災害なんかのときに倒 木なんかある可能性も出てきますけども、それは値しないと。あくまでも環境保全のための ものでございますかね。それをちょっと確認したいと思います。 それと、16ページ、15款県支出金、2項県補助金、5目消防費県補助金、1節消防費補助 金の中の地域防災力向上総合支援補助金9万9,000円、これはどういったものに使えるのか、 ちょっと教えていただきたいと思います。 それと、18ページになります。21款町債、1項町債、5目教育債の中の1節学校施設等整 備事業債、災害復旧事業として260万、小・中学校の件と聞きましたけども、どういったも のなのか教えていただきたいと思います。 あともう一点、今度は歳出のほうに当たりますけども、25ページ、3款民生費、2項児童 福祉費、2目児童福祉施設費、15節工事請負費の中の砂場設置工事39万5,000円。この下に あるかたかいこども園の除却は分かったんですけども、この砂場設置工事の終了ということ だと思いますけども、どこのものなのか、ちょっと確認したいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 ○産業振興課長(篠﨑英行君) それでは、森林環境譲与税ということで御説明をさせていた 以上です。 だきます。 この譲与税でございますが、12月の議会におきまして条例等制定させていただきました。 それに伴ったものでございまして、森林の環境保全というところでございます。 歳入で68万見ておりまして歳出で60万7,000円というところでございますが、この差額に つきましては森林クラウドシステムというシステムがございますので、そちらへ不足分は使 用させていただいて残りを積み立てるというところでございますので、御理解をお願いいた します。 -131- ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 16ページの5目消防費県補助金、地域防災力向上総合支援補助金 9万9,000円でございます。この補助金は県単独の補助金でございまして、千葉県知事が自
    助共助の取組を促進し地域防災力の向上を図るため、市町村及び一部事務組合が実施する事 業に要する経費について補助金を交付するというもので、窓口的には広く取られております けれども、実際の内容としますと、昨年の台風時において、市町村が防災活動において防災 力を向上するために資した部分について与えるということで、本町においては停電時の災害 情報伝達手段の強化を図るため、防災行政無線屋外子局の予備電源用バッテリーの予備とい うことで用意をしてございました。この購入費が後から県のほうの補助助成になったという ことで、バッテリーの金額が2セットで19万8,000円、これの2分の1、9万9,000円が県の 助成となったということでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 社会福祉課長、山口義則君。 ○社会福祉課長(山口義則君) 私のほうからは、3款2項2目児童福祉施設費、15節の工事 請負費の中の砂場の設置工事についての説明をさせていただきます。 こちらにつきましては、整備が終わりましたかたかいこども園、こちらのほうに3歳以上 児用の屋根つきの砂場を新たに設けたものでございます。当初予算98万9,000円に対して契 約額が59万4,000円ということで、その差額について今回落とさせていただいております。 構造につきましては鋼材製のもので、3m掛ける5.4の大きさとなっております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 (「議長」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) まだありますか。 (「暫時休憩」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 -132- ────────────────────────────────────────────―──── (午前11時12分) (午前11時14分) ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) 大変申し訳ございません。お答えさせていただきます。 台風15号、19号で被害に遭ったものでございます小・中学校で受けた事業でございますが、 補正組んだ中の足らず前の部分は補助されるんですが、細かい内容につきましては今ちょっ と手元に資料ございませんので、後ほど示させていただければと思います。申し訳ございま せん。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 森林環境整備基金積立金、これにつきましては、今のところ、現在目的もないということ ですよね。使いどころも、一応積立てはするんですけども、今現在使う予定はないと。前に 引き続きということですよね。積み立てておくと。これは分かりました。 それと、あと地域防災向上総合支援補助金につきましても、バッテリー購入費類補助とい こども園のほうも、新こども園のほうの3歳児に向けた砂場の設置ということで、これも うことで分かりました。 理解ができました。 ただ、今言ったように災害復旧事業費260万につきましては、このような町債を起こして いるわけですから、すぐに御答弁いただけたらと思いましたけども、ちょっと詳しくは資料 見なければ確認ができないということなので、後ほど教えていただきたいと思います。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。
    (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで一般会計補正予算の質疑を終わります。 続いて、特別会計補正予算の質疑を行います。 質疑ありませんか。 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 -133- それこそ給食会計、5ページの2款給食施設費の中の賄材料費ですけれども、先ほど答弁 があったように、児童の減少とまたお休みのためという話がちょっとあったんですけれども、 この予算提出が3月4日となっていますけれども、新型コロナウイルス感染拡大のために 小・中学校が3月2日から臨時休校となったわけですので、この給食もかなり大変な思いし ているんだと思いますけれども、今ここで分かれば、どのくらい金額とか賄い費が減ってい るのかというか、分かれば教えていただきたいと思います。 また、今度は介護の8ページですね、介護保険特別会計8ページの1款総務費、認定調査 等費のところですけれども、金額的にそんなでもないですけど、先ほど認定者が増えたとい うことがあって、また遠方での調査のためにということで出ていました。今、認定者どのく らいいるのか教えてください。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) それでは、私のほうから、給食会計の部分について御 説明させていただきます。 議員おっしゃいましたように、このたびのコロナウイルスを受けまして、3月2日より臨 時休業という形を取らせていただいております。その間の給食費については徴収しないとい うことで対応させていただいておりますが、今回の補正予算のこの金額につきましては、そ の内容については計上されておりません。3月2日以降につきましては、現在、これまでの 支出等、今計算しているところでございますので、申し訳ございませんがまだ数字的には出 ておりませんので、御了承願いたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) 介護保険の認定者数の状況ということで、今手元にある資料 で申し上げますと、令和元年度の当初予算を編成した当時の認定者数の状況になりますが、 ですので昨年11月だということで御承知おきください。 全体で926件、内訳を申し上げますと、要支援1・2の方、合計で153件、要介護1から5 までの方で773件といった状況でございます。以前、九十九里町の高齢者の方、比較的お元 気な方が多く、要介護よりも要支援のほうが多いんだというお話をさせていただいたところ でございますが、今年度にあってはどちらかというと要介護の方がぐっと増えてきたと。さ らに細かく申し上げますと、要介護5の方が増加傾向にあって、特に80歳以上の方がここに 来て、秋以降ぎゅっと増えてきたというような現象が、つい先日考察させていただいたとこ ろでございます。詳細につきましては、後日、全員協議会で改めて御報告をさせていただき ますので、よろしくお願いいたします。 -134- 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 確かにこの補正予算には入らないのは分かっていましたけれども、今現在の状況がちょっ とどうなのかなというのがありまして、今本当にどこの自治体も給食のことでは結構いろい ろと計算されている中だと思うんですけれども、業者のほうからは何か言っていったことっ てあるんでしょうかね。今、ごめんなさい、予算とは違うんですけど、聞くところがないの でここでちょっと聞かせていただきたいと思いますので、すみません、お願いします。 それと介護のほう、秋以降ということで、まさか介護5の人がこんなに増えたというのも 私も信じられないなと思いました。今まで、今課長がおっしゃったように、介護予防に力を
    入れていただいて、介護支援の方がいらっしゃるのは分かっていたんですけれども、ちょっ と残念かなと思って、でも全協でまた詳しいことを教えていただけることですので、これは いいです。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) お答えさせていただきます。 業者からの話ということでございます。3月分の食材費につきましては、ほぼほぼキャン セルが済んだところでございます。業者からのほうにつきましては、特に何か言われたとい うことは報告受けてございません。こういう事態ですので、業者の皆様もやむなしというと ころで御理解いただいているものと思います。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 まず、国民健康保険と後期高齢でちょっと質問いたします。 国民健康保険、6ページ、保険基盤安定繰入金361万4,000円の減額補正が出ていますけれ ども、30年から広域化になって、基盤安定がどのように、基盤安定というのは保険料の収納 不足分を補うという、不足を生じたときに繰入れするというものだと思うんですけれども、 どうもいろいろ調べると国は保険基盤安定負担金、低所得者対策を除き都道府県に費用を交 付ということになっているようなんです。定率負担分、今まで100分の32、あと調整交付金、 負担金といろいろ100分の9とかという負担割合があったと思うんですけど、その割合がど -135- ういうふうになったのか。それから、この広域化によってどういう変化があるのかというこ とをお答えいただきたいと思います。 それから、後期高齢で、5ページ、歳入、款1のところで、特別徴収保険料9,332万5,000 円と普通徴収3,700万というふうに出ています。補正額が295万2,000円、504万8,000円とそ れぞれ出ていますけれども、この特別徴収と後期高齢も広域化でやっているんですけれども、 要するに普通徴収の方が年金から差し引かれない方、いつも聞いていると思うんですけど、 どのくらいの割合で今人数がいて、そして例えばこれ見ると現年度分が295万2,000円という ことで、滞納分も特に普通徴収は滞納分があるのかなというところで、保険証の交付はどの ようにされているのか。保険証、後期高齢のね。というのは、一般質問の冒頭に私も言った んですけれども、やはり高齢者の今回の新型インフルエンザ、高齢者、特に今直接命に関わ ることなので、保険証の交付がきちっとされているかどうか。それ、お願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) まず、国民健康保険の基盤安定繰入金の減額についてですが、基 盤安定繰入金につきましては、均等割部分の低所得者に該当する方の均等割部分を法定軽減 しておりますので、その部分について県が4分の3、町が4分の1を補塡しているものでご ざいます。 ですので、国の補助がないということなんですが、国民健康保険において減った理由と申 しますのは、九十九里町のほうは標準保険料率を参考に算定する平成30年以降の保険料にお きまして、積立金や繰越金などを考慮して、それよりも少し低い金額を設定しているところ でございます。また、平成元年度におきましては、医療・介護・後期分をそれぞれ1,000円 ずつ引下げをいたしましたので、減額すべき均等割の総額が減りましたので、基盤安定のほ うも減っているということでございます。 それと、交付金のほうの32%、9%の定率交付については、特に変更はございません。 国保のほうは以上の2点でよろしいでしたでしょうか。 普通徴収と特別徴収の被保険者の関係なんですが、後期高齢者医療制度におきましても75 歳に到達をして、すぐにはちょっと特別徴収にはなりませんので、普通徴収と特別徴収が混 在している状況でございます。ですので、単純に普通徴収が何人、特別徴収が何人という被 保険者の区分けは実は厳密にはできないところでございますが、今現在、年金の受給者、年 金を受給できない方の人数というのはだんだん減ってきておりますので、特別徴収の該当者
    のほうが増えているかなというところでございます。普通徴収は、ごめんなさい、ちょっと -136- 数字が間違っていたら申し訳ないんですが、500とかそのぐらいが固定の人数かなというふ うに思っております。 それと、保険証の件なんですが、後期高齢者医療制度におきましても短期証の交付は実は 一応行ってはいるんですが、一旦はお呼出しをいたしますが、事情を聞きまして1か月の短 期とか3か月の短期とかいう保険証は発行しておりません。半年単位で、事情を聞いて交付 しているような状況でございます。住所不定の方とか、どうしても届かない方が数名、もし かしたらまだあるかもしれませんが、そのほかの方については全て保険証は交付済みでござ います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 後期高齢の保険料のまた再質問なんですけれども、500人ぐらいの人がいわゆる無年金者 か、あるいは年金があっても18万以下というふうな判断でいいんでしょうか。もし半年半年 の、例えば滞納していても半年半年の保険証を交付しているというのは、例えばその間に納 付されなくても半年が来たら自然とその方に送付するという、そういうやり方をされている のかどうなのか。保険証の交付の仕方。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 後期高齢者医療制度につきましては、介護保険の次にできた制度 でございます。ですので、介護保険のほうが実は優先されておりますので、受給する年金額 の2分の1以上が特別徴収に該当する場合には特別徴収は行いません。また、御本人が希望 して普通徴収のほうを選択されている方も数名はいらっしゃいます。 それと、後期高齢者医療で短期証のほうの該当になる方は毎年5名とか、その辺の人数な んですが、必ずよくお話を聞きまして納付についての相談をさせていただきまして、納付で きる状況をつくっていただいて保険証を必ず交付するような状態でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) すると、その納付相談がうまくいかない高齢者、いわゆる75歳以上 の後期高齢の対象者には保険証は交付されないということなんでしょうかね。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 九十九里町におきましては、幸いにも保険証を交付できないよう な状況の被保険者の方は今のところいらっしゃらないところでございます。 -137- これより一般会計補正予算及び特別会計補正予算について討論を行います。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 分かりました。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) ほかに質疑なしと認めます。 以上、特別会計補正予算質疑を終わります。 討論はありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 採決は議案ごとに行います。 議案第10号の採決をいたします。 とに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。
    よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。 議案第11号の採決をいたします。 決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。 議案第12号の採決をいたします。 おり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 -138- 議案第10号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第8号)を原案のとおり決するこ 議案第11号 令和元年度九十九里町給食事業特別会計補正予算(第2号)を原案のとおり 議案第12号 令和元年度九十九里町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を原案のと 議案第13号 令和元年度九十九里町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を原案の 議案第14号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第3号)を原案のとおり よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。 議案第13号の採決をいたします。 とおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。 議案第14号の採決をいたします。 決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。 議案第15号の採決をいたします。 のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。 暫時休憩いたします。 再開は午後1時です。 議案第15号 令和元年度九十九里町農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)を原案 ────────────────────────────────────────────―──── (午前11時36分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第3 議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条例の制定につ いて ○議 長(内山菊敏君) 日程第3、議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条 (午後 零時56分) -139- 例の制定についてを議題といたします。 議案第16号について、提案理由の説明を求めます。 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。
    質疑ありませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 議案第16号に今提案されている債権の放棄に関する条例なんですけれども、自治体の有す る債権は住民にサービスを提供する中で当然起きる債権だと思うんです。調べると、公法上 の債権と私法上の債権、何か両方あるということで、ところが実はこの区別は非常に難しい、 区別するのは大変難しいと。行政処分より発生する債権も税金のように強制徴収権のある債 権と強制徴収権のない債権、この2つに分かれているということなんだそうですけれども、 法律の規定に基づいて発生している債権以外の債権が私法上の債権になると。 この私法上の債権と公法上の債権を区別する明確な根拠はないというふうに、ちょっと私 が調べたところではそういうふうに書いてあるんですけれども、これに関して特徴を全ての 債権に厳格に当てはめて考えるのは大変難しいというふうになっていますけれども、この区 別はどうなんでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 御質問にお答えいたします。 議員がおっしゃられた公法上の債権、私法上の債権については、関係法令の裏づけにより 大まかな例で申し上げますと、本町における公債権、公共上の債権ですね、これは町税、 後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育所保育料、農業集落排水施設使用料、老人保護費 区別ができます。 負担金等でございます。 これに比べて私債権、私債権というのは逆に言うと公法、それぞれの税法等の法律の裏づ けがなく、その処分が民法上の契約において行われるというもので、町の収入からすれば、 大きなもので言えば町営住宅使用料、学校給食費、ガス料金でございます。この分につきま して、私債権についてこの条例を制定し、適正な管理に努めたいというところでございます。 以上でございます。 -140- ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 公債権と私債権の大きな違いとして、時効の援用の必要があるか否 かということになるというふうになっていって、公債権と私債権を区別する必要がある1点 目として、消滅時効の期間が違うと。私債権であれば民法の適用を受け時効期間は原則とし て10年なのですが、短期消滅時効という、こういったまた別な面倒な制度があるというふう になっているんですね。 それから、もう一つ注意が必要なのは、商事債権、これ時効期間は5年。特に自治体によ っては商事債権が発する余地がないと考えているかもしれないけれども、相手方が株式会社 であれば当然商事債権になるので、こういった大変難しい問題も発生するということになっ ていて、これをよく見ると決して簡単な管理ではない、管理も大変難しいということで、相 手方がいろいろ時効の問題も出てくると。自治法上の債権、つまり自治体が持っている債権 は督促をすることによって、一度、時効は絶対的に中断すると。一方、民法上の債権になる と請求差押えの手続を取らないと時効は中断しない。つまり催告を、払ってくださいという ことを伝えた後、6か月以内に裁判所の手続を取ることによって時効が中断すると。民法の 第153条というのは、自治法上の債権にも使えるけれども大変面倒くさいというようなこと が書いてあるんですよね。 実際、何かこれを訴えることによって裁判で負けた前例もあるということで、それは水道 料金の消滅時効期間を5年のつもりで管理していたけれども、これを2年とする最高判決が 出て行政側が負けたとか、そういった大変厄介な問題があるようなんです。 債権管理をまた積極的に行う上で問題となるのは、訴えを提起するときに議会の議決が必 要であるという規定、住民により構成される自治体が住民を訴えるのは重要なことでという ことで、大変これは住民にとっても、あんまり行政にとってもいい議案ではないんじゃない かなと。住んでいる自治体のやっぱり平均所得や何かによっても大分違うようなので、自治 体が自分たちの地域の特性をよく考えて、自治体に合った債権管理をしたほうがいいという
    ふうになっているんですけれども、どうなんでしょう。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) 繰り返し御説明いたします。 町が持つ債権は、先ほど申し上げたのがほぼでございます。議員がおっしゃられているの は、国内にある個人等に係る全ての債権をひっくるめたお話に今なっております。公法上の 債権というような債権は、今議員が民法がどうのこうのとおっしゃられましたけれども、法 -141- 律によりその処分ができることになっております。裁判に訴えなくても処分ができます。た だ、私債権については、議員がおっしゃられたとおり、期間が今マックスで言うと10年間あ ったり、時効の援用が必要であったり、納税者と言いましたけど、負担者が死亡しておって もその債権を落とせないとか、そういう規定がある。これが私法上の債権の取扱いの難しい ところであって、この債権を適正な管理をしたいというのがこの条例ですね。 今、細かい御質問については、それぞれうちのほうの債権を管理する課がございますので、 その債権の処理の関係についてそれぞれ答えをさせたほうが話は早いのかなと思いますので、 続けて答えていただきたいと思います。 私からは以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) そこで、この債権管理条例の4番目には債権管理台帳の整備という のをしなければいけないというふうになっていて、日常の債権管理ではこれが一番大変だと。 債権管理台帳にあっても常にその台帳の管理をしなきゃいけないということで、職員は異動 するたびに体裁の異なる債権管理台帳を扱わなければならなくなるので、逆に職員にとって も管理そのものが難しくなるんじゃないかと、共通のフォーマットを持った債権管理台帳が 必要だと。そういうふうに、今ばらばらないろいろ総務課長お答えいただいているんですけ れども、ちょっと内容が違うと思うんですね。ですから、やはり今までのように議会にあっ て不納欠損や何かで私は管理したほうがいいと思いますから。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 (「分かりました。はい」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 4番、鑓田です。 今の質問と重複するかどうかちょっと私も分からないんですが、私の観点から2点ほど、 債権管理の観点とそれから議会報告の2つの点からちょっとお伺いしたいと思います。 この第1条の2行目に地方自治法第231条の3第3項に規定する歳入に係る町の債権、こ れを除くと。この町の債権というのは、先ほども出たかもしれませんが、町の強制徴収公債 権ということだと思います。 そこで、ここで言う私債権が滞納していれば、通常、強制徴収公債権も当然滞納されてい ると思われます。しかし、私債権が滞納していても、公債権がたまたま何かの事情で納付さ -142- れていることはないのかどうか。 例えば、台帳を見たら資産があったと。だけども、ケースとしてはあまりないと思います が、あながち全くないとも言えないんじゃないか。今までは、それは個人情報だとか、いろ んなことからそういうのを確認すること、私債権で強制徴収公債権のほうを債務者情報とし て調べることはできなかったわけですね。恐らく今もできないと思うんですけども、ただ私 債権と同じ状況であるというのを確認する必要はないのかどうか。 例えば、分かりやすく言うと、給食費のほうは日夜日参しても誰もいない、もう行方不明 だ。だけども、税金のほうは台帳には資産があったということが全くないとも言えないんじ ゃないかと。その場合に、もしも公益性が認められるということであれば、強制徴収債権あ るいは税金、そういう債務者情報を利用できるということがあるというふうに認識している んですけど、ただそのためには、いわゆるこの条文に、その場合は公債権のほうも確認でき るというのをうたえば、逆にその債務者情報を得られるんじゃないかと。
    例えば、実際に隣接している各市では、債権管理条例として設定しています。今回、そこ まで踏み込まないのは、先般おおよその金額は伺ったんですけども、想定される金額がそれ らの隣接する市に比べて小さいからなのかどうか。その辺のことをお伺いしたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 副町長、佐々木悟君。 ○副町長(佐々木 悟君) 鑓田議員の御質問にお答えいたします。 なぜ私がお答えするかといいますと、町では債権連絡会議というのを立ち上げまして、町 が保有しております債権について全庁的に取り組んでいこうということでこの会議を立ち上 げたわけでございます。 この会議の中で、議員がおっしゃられた情報の共有というのも話し合われまして、当初こ の条例案の中に税情報の共有と、私債権と税情報で情報を共有しようと、条例に規定すれば 情報が共有できるんじゃないかということでたたき台の段階では載せたんですけども、その 後に地方公務員法上の守秘義務と、あと御承知のとおり税法上の守秘義務というのがありま して、それを調べていくと、単に条例に定めたからといって税法上の守秘義務が突破できる と、そういうものではないというのが分かりましたので、もう少し検討を進めて税情報の共 有ができるかどうかというのをこの債権連絡会議の中で深めていこうと。そういう経緯の中 で、今回、当面の課題として給食費など、所在不明や死亡されたのに時効が引用されずにど んどん滞納額が残っていくと、そういう会計上の適正化を図ろうと、そういう趣旨でこの条 例を上程したわけでございます。 -143- 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 4番、鑓田です。 ありがとうございました。債務者情報の共有ということについては、今副町長からも御答 弁ありましたように、法律の専門家によってその辺の理解とか解釈があると思いますので、 もう一点なんですが、議会報告、この条例に関しての議会報告に関してちょっと質問した それはそれで分かりました。 いと思います。 第2条の(2)に、債務者が死亡、行方不明、その他、これに準ずる事情による弁済がな いとき議会に報告するという、放棄する場合は議会に報告するということなんですが、その 際、議会の議決の判断材料としてどの程度の資料の御提示がいただけるのか。金額のみなの か、あるいは死亡何件、行方不明何件とか、あるいはもう少し踏み込んだ資料の御提示をい ただけるのか。議会の議決の判断、資料のことについて御答弁いただければと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 副町長、佐々木悟君。 ○副町長(佐々木 悟君) それでは、お答えいたします。 議会への報告につきましては、申し訳ありませんが、まだそこまで詰め切れておりません で、今後、議会の皆様と相談しながら、どういう形で報告していこうかというのは詰めさせ ていただきたいと思っております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 -144-
    議案第16号 九十九里町私法上の債権の放棄に関する条例の制定についてを原案のとおり 承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第16号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第4 議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条 例の整理に関する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第4、議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行 に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題といたします。 議案第17号について、提案理由の説明を求めます。 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論はありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第17号 地方自治法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条 例の制定についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第17号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── -145- ◎日程第5 議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施 行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第5、議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正 する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。 議案第18号について、提案理由の説明を求めます。 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論はありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第18号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の
    整備に関する条例の制定についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めま す。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第18号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第6 議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を 改正する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第6、議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する 条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。 議案第19号について、提案理由の説明を求めます。 -146- 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第19号 九十九里町議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例の制定 についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第19号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第7 議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償に関する条例 の一部を改正する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第7、議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償 に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。 議案第20号について、提案理由の説明を求めます。 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 -147- これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。
    議案第20号 特別職の職員等の給与、旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条 例の制定についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第20号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第8 議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例の制定につい て ○議 長(内山菊敏君) 日程第8、議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例 の制定についてを議題といたします。 議案第21号について、提案理由の説明を求めます。 住民課長、戸田佳子君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 -148- これより採決いたします。 議案第21号 九十九里町印鑑条例の一部を改正する条例の制定についてを原案のとおり承 認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第21号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第9 議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正す る条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第9、議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の 一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。 議案第22号について、提案理由の説明を求めます。 税務課長、中川チエリ君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第22号 九十九里町固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定につい
    てを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第22号は原案のとおり承認されました。 -149- ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第10 議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制 定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第10、議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正す る条例の制定についてを議題といたします。 議案第23号について、提案理由の説明を求めます。 総務課長、秋原充君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 おり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第23号は原案のとおり承認されました。 議案第23号 職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを原案のと ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第11 議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を 改正する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第11、議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条 例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。 議案第24号について、提案理由の説明を求めます。 -150- 社会福祉課長、山口義則君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第24号 九十九里町放課後児童健全育成事業実施条例の一部を改正する条例の制定に
    ついてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第24号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第12 議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関 する条例の一部を改正する条例の制定について ○議 長(内山菊敏君) 日程第12、議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及 び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。 議案第25号について、提案理由の説明を求めます。 産業振興課長、篠﨑英行君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 -151- これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 議案第25号 九十九里町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正 する条例の制定についてを原案のとおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第25号は原案のとおり承認されました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎散会の宣告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の日程はこれをもって終了しました。 3月9日定刻より会議を開きます。 本日はこれをもって散会といたします。 御苦労さまでした。 散 会 午後 1時47分 -152- 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録(第4号) 令和2年3月9日(月曜日) 令和2年3月9日(月)午前9時33分開議 程第 1 議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算
    議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 日程第 2 休会の件 出 席 議 員 (14名) ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 1番 西 村 み ほ 君 2番 小 川 浩 安 君 3番 原 田 教 光 君 4番 鑓 田 貴 俊 君 5番 中 村 義 則 君 6番 古 川 徹 君 7番 浅 岡 厚 君 8番 荒 木 かすみ 君 9番 内 山 菊 敏 君 10番 善 塔 道 代 君 11番 細 田 一 男 君 12番 佐久間 一 夫 君 13番 谷 川 優 子 君 14番 古 川 明 君 席 議 員 (なし) 欠 ────────────────────────────────────────────―──── 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名 町 長 大 矢 吉 明 君 副 町 長 佐々木 悟 君 令和2年第1回九十九里町議会定例会 議 事 日 程 (第4号) 日 -153- 教 育 長 藤 代 賢 司 君 総 務 課 長 秋 原 充 君 企画財政課長 戸 村 俊 之 君 税 務 課 長 中 川 チエリ 君 住 民 課 長 戸 田 佳 子 君 健康福祉課長 作 田 延 保 君 社会福祉課長 山 口 義 則 君 産業振興課長 篠 﨑 英 行 君 古 川 富 康 君 会 計 管 理 者 南 部 雄 一 君 ガ ス 課 長 中 村 吉 徳 君 篠 崎 肇 君 吉 田 洋 一 君 内 山 茂 樹 君
    ま ち づ く り 長 課 農 業 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 主 幹 ────────────────────────────────────────────―──── 本会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 木 原 正 幸 君 書 記 伊 藤 さやか 君 -154- ────────────────────────────────────────────―──── ◎開議の宣告 開 議 午前 9時33分 ○議 長(内山菊敏君) ただいまの出席議員数は全員です。 これより本日の会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎議事日程の報告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第1 議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算 議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 ○議 長(内山菊敏君) 日程第1、議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算、議案 第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算、議案第4号 令和2年度九十九里町 国民健康保険特別会計予算、議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予 算、議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算、議案第7号 令和2年度九 十九里町病院事業特別会計予算、議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別 会計予算、議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算を一括議題とし、本日は予 算説明といたします。 議案第2号から議案第9号までについて、順次、提案理由の説明を求めます。 企画財政課長、戸村俊之君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 再開は11時です。 ────────────────────────────────────────────―──── (午前10時41分) -155- ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。
    (午前10時56分) ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○議 長(内山菊敏君) 産業振興課長、篠﨑英行君。 (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) ガス課長、中村吉徳君。 ○議 長(内山菊敏君) 各会計予算の説明が終了いたしました。 各会計予算の審議は、後日の本会議で行います。 ────────────────────────────────────────────―──── ○議 長(内山菊敏君) 日程第2、休会の件を議題といたします。 ◎日程第2 休会の件 お諮りします。 3月10日から3月18日まで各常任委員会の開催及び議案調査のため休会としたいと思いま す。これに御異議ございませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、3月10日から3月18日まで休会とすることに決定いたしました。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎散会の宣告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の日程はこれをもって終了いたしました。 3月19日は定刻より会議を開きます。 本日はこれをもって散会といたします。 -156- 御苦労さまでした。 散 会 午前11時53分 -157- 令和2年第1回九十九里町議会定例会会議録(第5号) 令和2年3月19日(木曜日) 令和2年第1回九十九里町議会定例会 議 事 日 程 (第5号) 令和2年3月19日(木)午前9時47分開議 程第 1 諸般の報告 日程第 2 議案第 2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 議案第 3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 議案第 4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 議案第 5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 議案第 6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 議案第 7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 議案第 8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算 議案第 9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 日程第 3 九十九里町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙 日程第 4 請願第 1号 「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求める請願 追加日程第1 議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第9号) 議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第4号) 追加日程第2 議案第28号 契約の締結について 追加日程第3 議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めることについて
    ───────────────────────────────────────────────── 出 席 議 員 (14名) 1番 西 村 み ほ 君 2番 小 川 浩 安 君 3番 原 田 教 光 君 4番 鑓 田 貴 俊 君 5番 中 村 義 則 君 6番 古 川 徹 君 7番 浅 岡 厚 君 8番 荒 木 かすみ 君 9番 内 山 菊 敏 君 10番 善 塔 道 代 君 11番 細 田 一 男 君 12番 佐久間 一 夫 君 13番 谷 川 優 子 君 14番 古 川 明 君 -159- 日 ───────────────────────────────────────────────── 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名 町 長 大 矢 吉 明 君 副 町 長 佐々木 悟 君 教 育 長 藤 代 賢 司 君 総 務 課 長 秋 原 充 君 企画財政課長 戸 村 俊 之 君 税 務 課 長 中 川 チエリ 君 住 民 課 長 戸 田 佳 子 君 健康福祉課長 作 田 延 保 君 社会福祉課長 山 口 義 則 君 産業振興課長 篠 﨑 英 行 君 古 川 富 康 君 会 計 管 理 者 南 部 雄 一 君 ガ ス 課 長 中 村 吉 徳 君 篠 崎 肇 君 吉 田 洋 一 君 内 山 茂 樹 君 ま ち づ く り 長 課 農 業 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 長 教 育 委 員 会 事 務 局 主 幹
    ───────────────────────────────────────────────── 本会議に職務のため出席した者の職氏名 事 務 局 長 木 原 正 幸 君 書 記 伊 藤 さやか 君 席 議 員 (なし) 欠 -160- ────────────────────────────────────────────―──── ◎開議の宣告 開 議 午前 9時47分 ○議 長(内山菊敏君) ただいまの出席議員数は全員です。 これより本日の会議を開きます。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎議事日程の報告 ○議 長(内山菊敏君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。 ────────────────────────────────────────────―──── ◎日程第1 諸般の報告 ○議 長(内山菊敏君) 日程第1、諸般の報告をいたします。 文教民生常任委員会委員長から、委員会審査報告があり、これを受理いたしました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎日程第2 議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算 議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算 議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算 議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算 議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算 議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算 議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別会計予算 議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算 ○議 長(内山菊敏君) 日程第2、議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算、議案 第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算、議案第4号 令和2年度九十九里町 国民健康保険特別会計予算、議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予 算、議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算、議案第7号 令和2年度九 十九里町病院事業特別会計予算、議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落排水事業特別 会計予算、議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算を一括議題といたします。 各会計とも既に内容の説明が終わっておりますので、これより質疑を行います。質疑は分 割して行います。 初めに、一般会計予算について質疑を行います。次に、特別会計予算及び事業会計予算に ついて質疑を行います。ただし、質疑の内容が各議案に関係する場合は、これを許します。 -161- これより一般会計予算について質疑を行います。 質疑ありませんか。 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田です。 一般会計予算、款8の消防費の中で、先般の予算説明の中でもお聞きしたんですが、報償 費の中で消防審議会が設立されているんだけれども、27年、28年、29年、30年かな、4年間 ぐらい一度も開いていないと。その中で、我々の、私が言った分お願いしたと思うんだけれ ども、今、若い人たちがいない、団員の集まりも少ないという中で、機構改革ということで
    議会でお願いしてあったんだけれども、その間4年間、そういった機構改革問題等も審議も しない、開催もしないという中なんだけれども、それはどういうことなのか。 もう一点は、8款消防費の中の4目災害対策費、この中に報償費1万7,000円、金額はそ んなに大きいものじゃないですけれども、防災会議委員報償金が計上されているんだけれど も、今、本町を取り巻く防災対策についていろんな問題が発生している中で、その防災会議 は27年かな、これ4回ほど開催したという報告を受けているんだけれども、その内容、審議 の内容をもう一度お願いしたいと思います。 その2点です。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) ただいまの御質問にお答えいたします。 まず1点目、予算書で申し上げますと本冊79ページ、8款消防費、1項消防費、2目非常 備消防費、1節報酬の消防審議会委員報酬、11名分3万2,000円。これについての御質問で ございますが、常任委員会でも御説明いたしましたとおり、本予算は、消防審議会に町長が 案件があって諮問して、消防審議会のほうから答申を頂いて、消防行政の振興に努めていく と、そのための委員会を開いた場合の委員報酬でございます。 議員がおっしゃられているとおり、昨今消防団員が減少している中で、消防組織の機構改 革というのが、これはやはり必要であるということは団のほうも確認をしておるところでご ざいます。町も、消防の事務局を受け持っている以上、団幹部の会議等におきましても、そ ういうお話をさせていただいておる状況でございます。 その辺で、団のほうの意見の取りまとめが済んで、それから、町としても町内の広域的な 消防団としての位置づけも踏まえて、今後の在り方について検討を続けていくということで ございますが、議員がおっしゃられるとおり、平成27年か6年に最後やっておるんですが、 -162- これは諮問というわけじゃなくて、当時の機庫の整備計画が終了することに伴っての確認の ための会議であったというふうに聞いてございます。 先ほど申しましたけれども、団員の減少は、これはどうしても抑えられないところがあり ます。これについて、やはり団と協力を取りながら、これに対する対応について必要であれ ば消防審議会にかけていかなければならないと考えております。引き続き、その辺は相談を しながら進めていきたいと思います。 それからもう一点、80ページの防災会議報償金、これは昨今の一般質問でもお答えをさせ ていただきましたが、平成27年3月に改定を加えました九十九里町地域防災計画、この改定 を行うのに、26年から27年にかけて4回、防災会議を開催してございます。内容につきまし ては、計画の内容について、国、県との計画との整合性を取るということで開催をしており ます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 1点目の消防運営審議会、団員が少ないということは各団の運営がおぼつかないと、そう いった中で、今、課長答弁にもあったんだけれども、消防団部数によって、高額なポンプ自 動車等を整備しているんですけれども、大きな金額の機庫の整備や消防車の整備、団員がい ないのにそういうところに消防車を整備しても、実際有事があった場合には活動、運用はで きないでしょう。そういうのはもう前々から分かっているところを、我々はそういうのをお 願いしていたんだから、早速にはすぐできないので、前もってそういうものに取り組んでい けるような方向性を示してもらいたいと思います。 予算云々じゃなくてその内容が伴わないと、せっかく予算編成しても、1万7,000円前後 のお金だと思うんだけれども、1万7,000円がどうのこうのじゃない。その内容が非常に大 事じゃないかと。2,000万、3,000万、4,000万の予算を組むのに、皆さん一生懸命努力して いるんだからね。その点は十二分、十二分というか前向きに、早急に、そういうふうに取り 組んでいただけるようお願いしたいと思います。 それから、防災会議は、今、本町を取り巻く防災対策でいろいろな案件が出ていますけれ
    ども、先般もあったんだけれども、片貝中央海岸の防潮堤並びに片貝漁港の防潮堤、この建 設に対して、県、国が主導してやっていただける中で、いろいろな要望は出ているんだけれ ども、それは県でやること、国でやることだということで答弁いただいているんだけれども、 -163- また、説明会を開催するようなことに、片貝漁港の防潮堤については、また説明会をやると いうんだけれども、幾ら質疑応答をやっても、決定権のある、決裁権のある町長、防災会議 で取り上げないで、町長決裁で多分回答していると思うんだけれども、その点どうですか。 片貝中央海岸の防砂堤並びに片貝漁港の防潮堤に関して、防災会議に諮ったのかどうか。 ○議 長(内山菊敏君) 細田一男君にお伝えいたします。 予算審議なので、予算に関係あることを質問してください。 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 私の質問していることが分からないのかなと思うんだけれども、防 災会議で、そういうものを審議しているんですか、するんですかという話を聞いているんだ よ、今。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) お答えをさせていただきます。 防災会議の会議内容につきましても、前の一般質問でもお答えをさせていただきましたが、 国、県が行う防災事業に対して、市町村が議論するのは、これは大いに結構なことだと思い ます。ただ、私が申しているのは、その場所が防災会議ではないということだけなんです。 防災会議は法律で規定されている会議でありまして、規定どおり、地域防災計画の策定に関 し重要な案件をもむと。ただ、そこで加えたのは国、県事業の話として、市町村の防災会議 で、防災会議の中でその事業をもむことはないというだけであって、議論するのは大いに結 構なことだと思います。ただ、場所がちょっと違うということだけなんです。それだけは御 理解いただきたいと思います。 防災会議じゃなく別の場所、例えばこういう本議会で質問、一般質問で出て、それに答え たりとか、そういうことは大いに結構だと思います。それだけ御理解いただければありがた いと思います。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 11番、細田一男君。 ○11番(細田一男君) 11番、細田。 課長の言わんとしていること、私の聞いていることを、言わんとしていることは十分理解 できるんだけれども、これまた6月にやりますけれども、防災会議は各市町村でやると言っ ているんだけれども、防災会議を設定、運営する必要性ないでしょう。重要案件が来ている のに防災会議に諮らないで進んでいるということは、防災会議要らないですから。防災会議 -164- の第2号には載っていますよ。 ○議 長(内山菊敏君) 答弁よろしいですか。 (発言する者あり) ○議 長(内山菊敏君) よろしいですね。 ほかに質疑ありませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 37ページ、款2総務費、目6節7の報償費、37ページの6企画費の中段なんですけれども、 節7の報償費の中で報償金7万5,000円と、またその下に総合戦略審議会委員報償金22万 7,000円について、詳しくお聞きしたいと思います。上の7万5,000円は公共交通だと思うん ですけれども、その関連についてお答えください。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ょう」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) はい。 (「ごめんなさい、ほかもあったんだ。全部言わなきゃいけないんでし
    (「ちょっとごめんなさい。いいですか、まだある」と言う者あり) ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 一般会計のほうから、あと2点、追加ですみません、質問させていただきます。 59ページで衛生費、節19扶助費、高校生等医療費扶助208万8,000円ということが予算化さ れております。高校生まで医療費の拡充ということは説明いただきましたけれども、大変こ れはこれでありがたいんですけれども、現在窓口負担がどのようになっているのか、所得に 応じて窓口負担があるのか。自治体によっては窓口負担ゼロのところもあるので、その窓口 負担はどのようになっているのかお答えいただきたいと思います。 じゃ、その2点お願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それではお答えをさせていただきます。 37ページ、6目企画費の7節報償費、まず報償費の7万5,000円についてでございますが、 新たな地域の公共交通の在り方につきまして検討するため、令和2年度公共交通会議を設置 するための予算でございます。この予算につきましては、バス事業者、あるいはタクシー事 業者、そして町職員、そして国、県からの職員を招きまして、九十九里町の公共交通の在り -165- 方について意見交換をし、方向性を見いだすための会議を開くための報償費を計上させてい ただいたところでございます。 人口減少対策における定住・移住の課題としまして、今、第5期の町総合計画を策定準備 を進めているところでございますが、アンケート調査におきましても、地域の公共交通の充 実の必要性について多くの回答を頂いており、この会議を通しまして、その人口対策、そし て一方で、今重要な提案事項でございます、高齢者の交通環境の整備、そういったことに直 視しまして協議をし、方向性を見いだしていきたいというものの予算でございますので、御 理解をお願いしたいと思います。 それと、もう一方の総合戦略審議会委員報償金22万7,000円でございますが、これは人口 減少対策におきます町総合戦略ということで、目標値を定めながら歩んできたところでござ います。それを1年延長しまして、引き続き人口減少対策に町として取り組むための審議会 の報償金でございますので、よろしくお願いをしたいと思います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 1問ずつ答えていただかないと。 (発言する者あり) ○13番(谷川優子君) いえ……、3回、答弁……。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、私のほうからは、59ページ説明欄上から3個目に ございます、高校生等医療費扶助についての自己負担率の御質問にお答えをさせていただき ます。 まず、この高校生等医療費扶助の制度の概要でございますが、町内に在住の15歳から18歳 までの高校生などを対象といたしまして、自己負担につきましては入院・通院を300円、調 剤について無料とするものでございます。子ども医療の切替えに合わせて8月からの実施を 予定しておりまして、助成の方法につきましては償還払いを予定しているところでございま す。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 -166- 地域公共交通会議、それから、今説明いただきました各事業所関係と、あと県とのそうい った会議だと、具体的に話をすると。それをもって総合戦略審議会にかける、別という考え 方なんですかね。もう一度そこをお答えいただきたい。その中に、要するに総合戦略審議会 の中には公共交通の問題は全然入っていないということで、全然別だということなんですか。
    ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) まず、総合戦略会議につきましては、平成28年2月にまち・ ひと・しごと創生人口ビジョン総合戦略ということで、町の人口減少に係る課題を解決する ための審議する機会を設けて、今日まで歩んできたものでございます。 一方で、公共交通会議につきましては、先ほど御説明をさせていただきましたが、今、町 が置かれている公共交通の在り方、そして高齢者が抱える交通の不便さ、そういったものの 解決に向けて、町としてどういった施策が有効なのかというところを議論するところでござ います。 議員おっしゃる、もう一つの、今、町が第5期の総合計画を令和3年度に向けて準備をし ているところでございますが、その中で先ほど触れましたアンケート調査を今年度実施した ところ、公共交通の在り方について、非常に充実したまちづくりを求めているというような 意見が多かったという結果から、そういった公共交通会議の中で、事前にそういった問題を いろいろな有識者から情報を得ながら、施策を、方向性を見いだしていきたいと考えている ところでございます。よろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 回答の内容は分かりました。 ただ、今後こういった公共交通の審議会や何かを持つときには、一般住民も入れて話し合 うときには、できるだけ必要としている住民の意見を、その中に取り入れることができるよ うに、そういった住民を委員の中にぜひ入れてやっていただきたいと思います。 それから、先ほど窓口負担300円と、これは所得に関係なく全員、窓口負担がかかってく るのかどうなのか、それはちょっとお答えいただいていなかったので、所得に応じてという ことなのかどうなのか。 ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 ○健康福祉課長(作田延保君) それでは、お答えをさせていただきます。 先ほど私が申し上げましたのが、窓口負担ということではなく自己負担、これにつきまし て、一律入院通院300円と、調剤については無料と。制度上、窓口負担を300円というような -167- 形にいたしますと、これは現物給付という形になりますが、我々が今考えておりますのが、 償還払いと、後日精算ということで自己負担を300円とするものでございます。所得に応じ ての金額の差というのは設けてございません。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにありませんか。 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川徹です。 37ページ、2款総務費、1項総務管理費、6目企画費、10節需用費の中の食糧費5万 4,000円。あと、次ページ、38ページ、節で申し上げますと13節使用料及び賃借料、この中 の会場借上料5万9,000円。これは婚活に関わるものだと思うんですけれども、どのような ことを考えられているのか、ちょっとお聞きしたいと思います。 それと、40ページ、2款総務費、1項総務管理費、9目諸費の中の14節工事請負費の防犯 灯設置工事79万1,000円。これは60か所ということでお聞きしたと思うんですが、これは常 任委員会のときに時間がなかったもので、あえてお聞きします。どういうものなのかお聞き したいと思います。 それと、79ページ、8款消防費、1項消防費、2目非常備消防費の中の10節の需用費の中 の消耗品費で、これは備蓄用の飲料水や非常食ということでお話があったと思うんですが、 これに関連して、次の80ページの4目災害対策費の中の10節の需用費の中で消耗品費という 形であるんですけれども、たしかこれ土のう袋とかなんとかという話をお聞きしたと思うん ですが、昨年度から比べると、この消耗品費の中で75万2,000円減額という形になっている んですけれども、前に御提案したんですけれども、段ボールベッド、そういったものも備蓄 して管理できているのかどうか、この中に含まれているのかお聞きしたいと思います。
    以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、お答えをさせていただきます。 37ページ失礼します、6目の企画費、10節の需用費の中から、食糧費5万4,000円につい てのお答えをさせていただきます。 これにつきましては、出会いの場を設けるための婚活事業ということでの食糧費を充てて いる予算でございますので、よろしくお願いいたします。 次ページ、38ページの13節会場借上料でございます。これにつきましては、今年度事情に -168- より中止となったわけでございますけれども、サンライズ九十九里さんの協力を得ながら会 場をお借りして、今年度については4時間のいろいろなコミュニケーションの場を設定しな がら、その事業を進めということで計画をしておったわけでございますが、それは不十分と いうか、もう少し充実した時間を過ごしていただくために7時間に拡充しまして、また、軽 スポーツを取り入れながら、いいコミュニケーションの時間を創出したいなということで計 上させていただいたところでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) それでは、総務課のほうから、まず予算書本冊40ページ、14節防 犯灯設置工事79万1,000円。議員がおっしゃられましたとおり、防犯灯のLED工事の新設 工事でございます。中身としますと、東電柱取付分ですね。東電の電柱に取り付ける分が56 か所、それから鋼管ポールで取り付ける分が4か所の計60か所、合わせて77万6,000円と。 LEDの防犯灯新設工事でございます。 それから、次の79ページの10節消耗品費283万9,000円、こちらも、議員がおっしゃられた とおり備蓄食糧関係がございますが、まず283万9,000円のうち100万円が、これは毎年消防 団の新入団員の活動服ですとか操法用のホース、消防の消耗品の関係を購入する費用として、 例年100万円頂いております。 それから、備蓄関係で今年は合計183万9,000円でございます。まず、備蓄の食糧といたし まして、アレルゲンフリーカレー、それからハヤシライス、これが1,260食、それからレト ルトの御飯が500食、これは高齢者用の軟らかい御飯という形になりますが500食、あと非常 用飲料水500㎖のペットボトルが約9,000本、以上ひっくるめて183万9,000円で、合計283万 9,000円でございます。 それから、80ページの同じく消耗品費26万1,000円、こっちは3目の消防施設費の消耗品 ということで、消防施設に係る消耗品でございます。主な内容としましては、消防水利等の 表示看板の交換、消防水利の表示看板の交換、予算では13組分を予定してございます。 それから、議員の御質問にございました段ボールベッド、これにつきましては、昨年来か ら継続して導入に向けた働きかけをしておりまして、地元の段ボール関係の企業さんとも御 相談いただきながら、やっと、多分今年の年明けだったと思いますけれども、試作品なるも のの提供というか、見せていただきまして、今後それについて、利用の頻度だとか利用の使 い方等を踏まえた中で、必要であれば予算化をし購入をしていきたいと考えております。 -169- 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 まず婚活のほうから、食糧費が5万4,000円かかると見込んでいると。借上げの会場分が 5万9,000円と見ていると。これは、今回できなかった分を今年やっていきたいという形じ ゃなくて、違うんですか。会場借上げということは、会場を借り上げるからこの金額を盛っ たわけですよね、そうですよね。 いずれにしても、これ1回分ぐらいの回数の金額で盛ってあるのかなと思うんですよ。前 にも質問で言ったんですけれども、幾らでも場所を借り上げなくてもできる場所はいっぱい あると思うんです。会費を頂いた中で、その中でやれる婚活もありだと思いますので、その
    ような機会をどんどん増やしてもらう、そういうようなことを考えていっていただきたいと 思います。 それと、防犯灯ですけれども、60か所、東電の56のあとは4か所で60と、もう設置場所も 決まっているということでよろしいでしょうかね。 私が言いたいのは、きどうみち、これは管轄がまちづくり課になると思うんですけれども、 あそこはあくまでも通学路になっております。本来なら町で管理して、総務のほうで管理す るのが普通なんじゃないかなと思うんですが、その辺はどう考えられているのか。できれば、 あそこは避難道としても使うわけですから、総務課のほうでこの防犯灯設置工事の中に含ん で整備をしていくべきだと思うんですが、その辺はどう考えられているのかお聞きしたいと 思います。 それと、段ボールベッドの件ですけれども、企業との今相談をして進めていかれていると いうことで、各自治区のほかの自治区でも、こういう企業との締結を結んで、災害協定、こ ういうことも結んでおりますので、ぜひそういう形で結んでいただければいいなと考えてお りますので、よろしくお願いいたします。 じゃもう一回、その件につきまして。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) ただいまの御質問にお答えさせていただきます。 通学路の防犯灯を含めてLED化に関しまして、きどうみちの街灯のLEDということで お話でございます。 あそこは、確かに議員おっしゃられたとおり、きどうみちとして整備して、それから通学 -170- 路の認定を受けておるということで、両方相まっております。ただ、議員がおっしゃられた とおり、整備したのがまちづくり課であったことから、いまだに街灯の管理について、電気 料についてはまちづくり課が負担しておるということになっておりますので、その辺は庁内 の中で、協議の中で考えていくことができると思いますので、役場の中でまちづくり課と連 携を取りながら当たっていきたいと思います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 まず13ページ、1款1項の町民税なんですけれども、前年度に比べて2,814万、前年度比 4.1%の減ということなんですけれども、これの中でふるさと納税によって、町民が他の自 治体にふるさと納税したときに減額される税金ですけれども、それが含まれているのか。ま たもしもそれが、今年は分からないと思いますけれども、今までどのようになっているのか、 教えていただきたいと思います。 続きまして26ページ、18款1項2目いわしの町「九十九里」応援寄附金3,000万円、前年 度に比べまして2,451万円の増ということですけれども、この辺の根拠、何か変わったこと があったのか、また変わったこと、また今までと違ったことをやろうと考えられているのか、 教えていただきたいと思います。 続きまして38ページ、2款1項6目企画費、この中の24節積立金、いわしの町「九十九里」 応援基金積立金3,000万2,000円。前年度の予算ですと549万2,000円だったので大幅に増えて います。これは、入りの部分でもって寄附金を増やした部分だと思うんですけれども、それ に伴いまして、この基金自体がふるさと納税、各寄附者の目的があったと思うんですけれど も、その目的別にどのぐらいの金額が今積み立てられているのかということと、これに対す る経費、多分12の委託費に入ると思うんですけれども、これに対する町の負担、その辺を金 額的に教えていただきたいと思います。 それと、続きまして84ページ、9款2項小学校の学校管理費の中で、10節需用費に消耗品 というのがあるんですけれども、1,279万4,000円、この中に、先日伺った中では、新入生の 黄色い帽子のプレゼントということも含まれているというようなことなんですけれども、こ
    れの概要、大体内容を教えていただきたい。それで、新入生にはあるということだったが、 -171- 卒業生に何かそういうような町からのプレゼントみたいなものがあるのか教えてください。 それと87ページ、中学校費、学校管理費、この10節需用費の消耗品、これも小学校と同じ ような考えの消耗品だと思うんですけれども、小学校と比べまして大分少ないように感じま すけれども、この中身について教えてください。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 税務課長、中川チエリ君。 ○税務課長(中川チエリ君) では私からは、町税、個人の住民税についてのふるさと納税の 控除分についてお答えさせていただきます。 ふるさと納税分の控除ですけれども、前年の控除額は、住民税全体で855万円程度、町民 税分としましては513万円程度ございました。2年度の住民税に反映されるふるさと納税に 対する控除額についてはまだ出ていないところでございますけれども、同程度あろうと見込 んでいるところでございます。 私からは以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 まず26ページの歳入、18款1項2目総務費寄附金の中の、いわしの町「九十九里」応援基 金寄附金3,000万でございますけれども、昨年度と比較しまして2,450万ほど増額をしている ところでございます。これにつきましては、昨年6月総務省のほうで厳しく基準を設けまし て、千葉産品等に限られたものと、非常に九十九里町にとっては有利に働いた改正だと認識 をしているところでございまして、その産品の中でやはり九十九里町として今回新しく取り 入れた返礼品が、大変人気があるものがだんだん増えてきまして、そういった状況を見込み ながら、今後、令和2年度へ向けた新予算に向け、3,000万という予算を計上したところで 今後も九十九里町の地場産品、様々な魅力ある返礼品に充てることが好ましい有利なもの が多々あるかと思います。今後も事業者さん、あるいは住民の方々に御協力いただきながら、 本事業の活性化を図りながら、九十九里町のPRをしていきたいと考えているところでござ ございます。 います。 それと、38ページの12節委託料、ふるさと納税業務委託料1,740万3,000円のところで、ど ういった内容で、今現状寄附金が集まっているのかというような御質問でよろしかったと思 いますけれども、まず、全体で災害を含めて7項目、寄附金が令和元年度におきまして集め -172- られたところでございます。 1つ目として、歴史、文化等の保全及び活用に関する事業に対する寄附でございますが、 324万円。いわしを始めとする特産品の育成及び地場産業の振興に関する事業についてが 1,928万円。安心かつ安全なまちづくりに関する事業に充ててもらいたいという寄附金が385 万5,000円。福祉及び健康の増進に関する事業についてが351万1,000円。教育、文化及びス ポーツの振興に関する事業にということで468万4,000円。その他条例の目的を達成するため に町長が必要と認める事業に充ててくださいという寄附金が984万8,000円。今年度新たに、 昨年の台風被害による寄附金を募ったところ、520万7,500円が寄附されたところであり、こ れは2月29日現在、直近のものでございまして、締めて4,962万5,500円、1,671件の方々よ り、ありがたい寄附を頂いたところでございます。 それと、先ほど、今回この事業に当たる寄附金ということで、1,704万3,000円の委託料を 計上しております。この内容につきましてですが、事業者さんにこの事業を仲介役としてお 願いしているところであり、ホームページの掲載料、業務一括の代行の手数料、返礼品の代 金、送料、礼状等をお願いしているところであり、その含めた経費となっているところでご ざいます。 以上で答弁を終わらせていただきます。よろしくお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。
    ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) それでは、お答えさせていただきます。 小学校費と中学校費の消耗品の関係かと思いますが、まず議員の御質問の黄色い帽子の件 ですが、こちらにつきましては84ページの消耗品ではなく、9款1項2目、82ページの需用 費のうち消耗品費、そちらのほうに黄色い帽子の購入については含まれております。 新入生にあって卒業生にはないのかという御質問でございますが、議員、今御質問ありま したように新入生には黄色い帽子を無料配布で配っておりますが、卒業生に対するそういっ た品物はございません。 あと小学校費と中学校費、消耗品の金額と、あと内容ということでございますが、内容に つきましては、小学校費につきましては、3小学校分の一般消耗品、あるいはクラブ消耗品、 トイレットペーパー、学力テスト等々の消耗品という形になっております。中学校費につい ても内容はほぼ同じようなものになっております。 金額の違いにつきましては、来年度の予算につきましては、小学校の教科書の改正により まして、教師用教科書あるいは教師用指導書、指導用教材が増えておりますので、トータル -173- で664万9,524円ほど教科書等が増えておるところが違いでございます。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。御答弁ありがとうございます。 そうしますと、まず最初に町税のほうですけれども、この予算の中には、ふるさと納税に よって、町民の方からの減税による、他の自治体への寄附による減額の分は見込んではいな いということですよね。見込んだ数字でもってやっているのか、ちょっと答えられなかった んですけれども。 そうしましたら38ページのふるさと納税の経費ですけれども、経費におかれまして1,704 万3,000円のほかにも何かあったような気がするんですけれども、いずれにしましても、約 60%の経費がかかっているというふうに思われるんですけれども、この経費の部分に関して はどこからお金が出ているのか。今、この中で見ますと、一般会計からこの経費分が出てい るように思われるんですけれども、そうしますと、この一般会計でもって寄附していただい た方の返礼品を払っているというようなことですけれども、そういう考え方でよろしいのか どうか。 それと、小学校費なんですけれども、黄色い帽子をプレゼントされると、卒業生にはない と。中学校においては何かプレゼント、町から入学生に対してプレゼントとか、そういうも のがあるのか、また卒業生に対するそういうものがあるのか、お願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 税務課長、中川チエリ君。 ○税務課長(中川チエリ君) ただいまのふるさと納税を見込んでの住民税の計上かというと ころですけれども、ふるさと納税につきまして、先ほど企画財政課長からもありましたが、 制度が変わっていることもありまして、読みづらいところはあるわけでございますけれども、 同程度の寄附控除が出るであろうというところを見込んでの計上ということになっておりま すので、見込んでいるというところでお答えさせていただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 ふるさと納税業務委託料につきましては、これは一般財源として支出を予定しているとこ ろでございます。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) お答えさせていただきます。 -174- 中学生の新入生または卒業生に対する、小学生のような黄色い帽子のプレゼントというこ とだと思いますが、中学生についてはございません。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 そうしましたら、ふるさと納税なんですけれども、今お伺いした基金の中身なんですけれ
    ども、これはこの目的以外には使えないということだと思うんですけれども、大変ありがた く3,000万、来年度ですか、もらえる予定を立てているんですけれども、当然それの中に 60%に近い1,700万強の一般会計からの繰出しが必要だということですけれども、この基金 自体が目的がありますから、逆に言えば、町がやりたいことが、この目的になかった場合に やれないことが出てきてしまうような可能性も考えられます。 また、これが偏って、極端な話を言うと1つに固まっちゃって、ほかの事業ができないと いう可能性があるんですけれども、これからこのふるさと納税が増えていく中で、一般会計 から経費を出すという物の考え方が、一般財源が少ない中でもって足かせになる可能性があ ると思うんですけれども、その辺これから先、委託料等の取扱いを一般財源から盛っていく ことをずっとやっていくのか、その辺もちょっと検討しないと、極論からいいますと、20億 の寄附があった場合は、12億ぐらいの一般財源から基金に充てなきゃいけないということに なりますと、行政自体、この予算書自体もできなくなる可能性もありますので、去年までは 300万ちょっとだったので、そんな大した金額ではないんですけれども、これからどんどん 増えると思いますが、その辺の整備も必要じゃないかと思います。その辺の御回答もお願い それと、小学校では町から新入生にプレゼントができると。中学生ではやっていないと。 やはり何かしらの形で中学生に、ヘルメットの補助をなくしてヘルメットをプレゼントする とか、そういうことを考えていっていただきたいと思います。その辺の御回答をお願いいた します。 します。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、お答えをさせていただきます。 まず、町ふるさと納税事業につきましては、御存じのとおり、九十九里町に思いを寄せ、 応援しようとする個人または団体から広く寄附金を募り、これを財源として寄附者の思いを 具現化することにより、個性豊かな活力あるまちづくりに資することを目的として始められ た事業でございます。また、寄附金の管理運用に当たりましては、地方自治法の規定に基づ -175- き、いわしの町「九十九里」応援基金を設置し、寄附を頂いた方々の気持ちに沿う事業の財 源に充てるために設置しまして、本事業を展開してきているわけでございます。 おかげをもって、この事業が今育ってきているわけでございますが、議員御質問の本事業 の運営に係る経費についてだと思います。確かに、今後事業拡大により予算の確保が難しく なることは、これは想定されるものでございます。その対応につきまして、速やかに調査研 究しまして、この事業を永続的につなげていきたいと考えておりますので、よろしくお願い いたします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) それでは、お答えさせていただきます。 中学生につきましてもヘルメット補助ではなく、小学生と同様なプレゼントができないか ということでございますが、今後、プレゼントできないか検討を進めてまいりたいと思いま す。 ○議 長(内山菊敏君) 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 このふるさと納税については条例等があると思いますので、その辺の整備をしていただい て、なるべく一般会計に負担のないようにしていただきたいと思います。 続いて、中学校ですけれども、早い時期に町から新入生に対してプレゼントというような 形が取れるようにお願いいたします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにございませんか。 4番、鑓田貴俊君。 ○4番(鑓田貴俊君) 4番、鑓田です。 1点だけお伺いします。39ページ、2款総務費、1項総務管理費、このページの一番下の
    9目諸費なんですが、この7節で報償費、表彰者記念品55万。これは町制施行65周年の記念 式典で表彰をされるというふうに伺ったと思いますけれども、詳細はこれからかもしれませ んが、表彰の対象分野というか、あるいは表彰対象は何人ぐらい見込まれて予算を組まれた のか。 それと併せて、現時点でお話しいただけることであれば、その式典の、今分かっている範 囲の概要、それと町制が施行した時期から見ると、多分式典というのは5月か6月頃になる -176- かと思うんですが、現在、新型コロナウイルスの関係で、これから詰められるかもしれませ んが、この表彰品は、仮に式典が行われなくなっても表彰者に個別に渡すのかとか、その辺 がもしもお答えいただけるんであればお願いしたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) それでは、御質問にお答えいたします。 7節の表彰者記念品55万円、議員がおっしゃるとおり、令和2年度に予定しております、 町制施行65周年の式典における表彰者の記念品代ということでございます。見積りの内容は、 対象者を100名と想定し、5,000円の消費税を入れて55万円という数値でございます。 それから、表彰の選考の内容につきましては、九十九里町功績者表彰規程という表彰規程 がございまして、行政に係る各部門ごとに功労があった方々を選考し表彰するという扱いに なっておりまして、昨日実際に言うと、表彰の候補者の確定はほぼできておるところなんで すが、これも御質問にあったとおり、5月末の日曜日に開催を予定しておるところでござい ます。しかしながら、コロナウイルスの関係が今後どうなるか分かりません。ただ、5月末 開催となると、4月末にはもう御案内をしなければいけないということで、町サイドとして は、まだはっきりは決めておりませんけれども、4月の上旬をめどにその式典の開催、それ から内容についての協議をし、煮詰めていきたいと考えてございます。 また、それが決まり次第、御報告はさせていただきたいと思います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにございませんか。 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 2点ほどお伺いいたします。当初予算案の概要で一緒にやらせていただきたいと思います。 まずは33ページ、一番上の休止施設管理費のところで、休止中の作田保育所施設の維持管 理に関する事業47万6,000円。金額は少ないんですけれども、ここ、3款2目のどこに当て はまるのか。ページだと、当初予算で55ページになると思います。 それと、この概要、27年、28年頃から新しくこの概要をつくっていただいて、事業別にや っていただいて、本当に細かい作業を担当職員が一生懸命やっていただいて、本当にありが たいことなんですけれども、私にとっては分かりにくいところがすごくあって、この当初予 算の9ページの地方債、金額云々じゃなくて申し訳ないんですけれども、ここの地方債に各 -177- 事業、起債の目的の各事業がこのように載っていまして、今回はすごく多いので、この概要 を全部いろいろと見て、中で事業名が違うのがほとんどあるんですけれども、どうしてここ の事業名が違うのか。上の当初予算の9ページのこども園改修事業というのは、ここの概要 だと、32ページのとようみこども園施設管理費とあって、合計当初予算が載っている、 1,310万7,000円、これはいろいろなここに関わるものが載っているから、地方債はこれで 650万、これは多分設計の関係だと思うので、ここの事業はちょっと、名前はこれでしよう がないのかなと思うんですけれども、当初予算の9ページの下のほうの、片貝幼稚園除去事 業、またいわし博物館除去事業、でもこの概要には、ごめんなさい、いろいろページが行っ ちゃいますけれども、44ページの一番下、旧片貝幼稚園施設管理費という事業名がそうなっ ていますよね。そしてまた次のページの、46ページに博物館施設管理費という事業名になっ ているんですけれども、ここの事業名の名前とこの地方債の事業名の名前はどうして違うの か、一緒にはならないのかどうか、ちょっとすみません、文言で申し訳ないんですけれども、
    教えていただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ───────────────────────────────────────────────── (午前10時52分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午前10時53分) ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) 社会福祉課長、山口義則君。 ○社会福祉課長(山口義則君) ただいまの作田保育所の休園施設の関係について御説明をさ せていただきます。 まず休園施設の予算が入っているところなんですが、55ページ、3款民生費、2項児童福 祉費、2目の児童福祉施設費、この中に含まれております。これにつきましては、かたかい こども園、とようみこども園についての費用も含まれておりまして、このうち休園施設であ る作田保育所に係る経費でございますが、まず需用費のうちの光熱水費、こちらに3万 6,000円、それと役務費の中に通信費、これ警備関係です。警備関係で6万6,000円、それと 火災保険料で3万5,000円、それから委託料の中で、火災報知機の委託料で2万8,000円、警 備委託料で24万5,000円、それから昨年度の台風で園舎の上に水がたまってしまったという -178- ところで、ドレン清掃の関係で、今回6万6,000円の予算を持たせていただきます。 作田保育所の経費については以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) お答えをさせていただきます。 予算書の9ページの地方債に係る起債の目的の事業の名前と、附属資料である概要の説明 書の資料の事業名が違うということで、見づらいというところだと思います。 これにつきましては、内部的な手続によって事業名がそれぞれ一致しない場合があるわけ でございますけれども、できるだけこの資料を、議員おっしゃるとおり、見やすいものにし ていくことは日々努力をしているところでございますけれども、今後その辺の意見を踏まえ まして、分かりやすい表記ができるよう努めていきたいと考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 初めに、休園中の作田保育所の件ですけれども、これは私も、私は何回も予算、決算また 一般質問でもさせていただいています。9月の決算のときに質問したときに、企画財政課長 のほうから、補助事業を受けている施設ということで話がありました。たしか今年度でその 補助事業が終わりますよね。そのとき、また9月のときにも、終わりなわけだから来年度か らどうするのかはよく考えていただいてほしいという話をさせてもらったんですけれども、 やはりもう終わりになった、来年度どのようにしていくのか、検討していただいていると思 うんですけれども、そのまままた空き状態にしていくのか。 衛生上、またこのように社会福祉課長からるる施設管理の答弁を頂きました。警備が入っ ていただいたり、それぞれ入っていますけれども、警備ってずっと入っているわけじゃない ですものね。ごみが置いてあったり、草が出ていたり、そのままになっていたりする状況に なっているので、あまりにもよくないかなという思いもあります。そのままにしておくとい うのをしないで、旧豊海保育所みたいに、空き公共施設利活用ということを考えているのか、 または無料で貸すのか。そういうこともどのように考えているのか、答弁お願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) 社会福祉課長、山口義則君。 ○社会福祉課長(山口義則君) ただいまの質問にお答えさせていただきます。 作田保育所の利活用ということで、数年前にこの件については内部でも一度協議をさせて いただいていますが、補助金の制約という中で10年という縛りがありまして、これが明ける -179-
    のが今年度いっぱいになっております。4月以降、その縛りがなくなりますので、空き公共 の利用ということが、活用が可能になってきます。 今、私どものほうで管理しているわけですが、私どものほうで考えておりますのが、今現 在もう一度、行政関係の施設利用の確認を各部署に取らせていただいて、これについては3 月中に公共施設の推進本部会議がありますので、この中でちょっと提言させていただこうか なというふうに思っていたんですが、再度、公共事業への利活用の希望があるかどうかを確 認させていただいた上で、なければ空き公共という形の中の展開を新年度で図っていきたい というふうに考えておりますので、御理解いただけますようお願いします。 ○議 長(内山菊敏君) 10番、善塔道代君。 ○10番(善塔道代君) 10番、善塔です。 そうですね、あのままになって多分5年ぐらいたったと思います。作田においては、1つ の公共施設があのままになっているというのはやっぱりよくないので、せっかく土地も町の 土地でありますので、早めに検討というか協議していただいて、活用していただくことを望 みますので、お願いします。 事業名の関係はありがとうございます。本当にきちんと細かく、担当の職員がこんなに一 つ一つやってくださって、すごく感謝しております。私も当初予算と比べながら、どれが何 だかすごく分かるようで分からないというところがあって、ぱっと見たときに、やはり地方 債はこれだというのが分かれば、一番金額的にぴったりなのが、この旧片貝幼稚園の管理費、 金額的に210万とかというぴったりになっていたので、それなら同じ項目にしていただけた ほうが見やすいのかなと思いましたので、ぜひ、大変だと思いますが、どうぞよろしくお願 いいたします。 以上です。 ○議 長(内山菊敏君) ほかに質疑ありませんか。 2番、小川浩安君。 ○2番(小川浩安君) 2番、小川です。 私からは1点お伺いします。 本冊の80ページ、災害対策費の中には地域防災計画の精査に係る予算額が記載されており ませんが、地域防災計画に関する予算額はゼロ円ということでよろしいのでしょうか。 ○議 長(内山菊敏君) 総務課長、秋原充君。 ○総務課長(秋原 充君) ただいまの御質問にお答えいたします。 -180- 地域防災計画、これは日本全国のそれぞれの市町村が町、市として、災害に対応していく 全ての計画として法律的に義務づけられた計画であります。この改正につきましては、国の 中央防災会議における計画、それから県の地域防災計画における計画の改正等を行われたも のを踏まえて、市町村の地域防災計画の改定をしなければならないという形になっておりま す。 総務課といたしましても、改定に向けて取りかかろうと準備はしております。しかしなが ら、昨年のやはり台風による災害、これが起きたために、県の計画ですとか国の方向性とか 大分動きが変わってきておりまして、今、今年ここで変えるというよりも、もう一年県の動 向を踏まえた中で、来年必要とあれば予算にお願いをしてまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにございませんか。 (発言する者なし) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで一般会計の質疑を終わります。 暫時休憩します。再開は11時15分です。 ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。
    (午前11時02分) (午前11時14分) ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) 次に、特別会計予算及び事業会計予算について質疑を行います。 質疑ありませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 特別会計から国民健康保険の質問と、あと後期高齢の質問をいたします。 国民健康保険、8ページ、目1、令和2年度の予算として3億4,777万5,000円、現年度分 で3億879万4,000円、滞納繰越分で3,898万1,000円という数字が出て、お伺いしたいのはこ の滞納をされている方たちの状況をお伺いいたします。 -181- まず被保険者数と、あと短期保険者数、それから資格保険者数の数をお答えいただきたい と思います。 それから、後期高齢なんですけれども、5ページ、歳入として、特別徴収保険料、目1に 特別徴収保険料、普通徴収保険料を今回、前回に比べて各2,526万5,000円というふうに数字 が上がっていますけれども、この中で、今回後期高齢、6%以上の保険料が今回改定になっ たわけなんですけれども、その影響について、この数字でお答えいただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 初めに、国民健康保険のほうでございます。 これは2月末の実数でございますが、国民健康保険の世帯数が2,954世帯、被保険者数が 4,670人でございます。そのうち、短期証を交付しております世帯が223世帯、資格証につい ては68世帯でございます。 それから、後期高齢者医療保険のほうなんですが、令和2年度につきましては、1人当た りの医療費見込みが上がったことや、負担率が上がったことから、保険料の改定がされてご ざいます。そのために保険料のほうが上がっているというところでございます。 数字でというところなんですが、均等割が4万1,000円から4万3,400円、所得割のほうが 7.89%から8.39%に上りましたので、その分が増えているということでございます。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 滞納者、今、短期保険証、資格保険証、つまり資格保険証の方は保険証が交付されていな いと。無保険者状態だということで、今回、厚生労働省のほうから28日付で、資格証明書を 被保険者とみなすとする通知を各自治体に発出したと思うんです。具体的に町として、資格 証明者に対して資格証明でも通常の医療にかかれますよという、今回の新型コロナウイルス の関係で、そういった厚生労働省から通達が出たと思いますけれども、町としてどのような、 今対応をしているのか、お答えいただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 今回の新型コロナウイルス感染症に係る対応につきましては、3 月3日付で千葉県より、議員のおっしゃいました2月28日付の厚労省の通知が送付されてご ざいます。内容といたしましては、発熱症状等新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合 には、帰国者・接触者相談センターに相談の上、帰国者・接触者外来を受診するというもの -182- なんですが、その際に資格証を提示して受診した場合も、資格証を被保険者証とみなして取 り扱うということで、各保険者とそれから保険医療機関に通知されてございます。 これを受けまして、町ではまずホームページに掲載をいたしました。また、広報のほうに も掲載を予定してございます。また、先ほど御案内したとおり、資格証のほうは68世帯でご ざいますので、広報やホームページを御覧にならない方のために、資格証の世帯に戸別に通 知することを、ただいま検討しているところでございます。 以上でございます。
    ○議 長(内山菊敏君) 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 検討じゃなくて、もう至急に厚生労働省のほうから通知しなさいと いう通達があるわけなので、いろいろお聞きすると、資格証明書の住民には弁明書という通 知を住民課としては送ると。その弁明書の中で、住民が資格証の、無保険者の方がどうやっ て、町とすれば納付するのかという、そういう弁明書なんだと思いますけれども、そういっ た弁明書を送れるんだから、そういう資格証の住民にも通常の、せめて短期保険証を、今年 度予算化してやっていただきたいと思うんです。 というのは、いつも国保基金がため込んでいるということで、私はいつも言うんですけれ ども、そういうときに住民課の回答、行政の回答は、こういった思いもかけない、インフル エンザだとか、今回なんかまさにその対象だと思うんですね。ですから、ちゅうちょするこ とのないように、急いでその通達は出していただきたいと思います。 それと、後期高齢なんですけれども、全体的に後期高齢は、先ほど課長がお答えいただき ましたように、今回6.8%か、平均に6.85%で、平均5,091円の大幅な値上げ、今回、後期高 齢は値上げがされていると。年平均7万9,440円とすると。今まで、2019年度までの保険料 は均等割が4万1,000円、所得割が7.89%で1人当たり平均保険料が7万4,350円だったと。 これが、2020年から21年の保険料率は均等割額4万3,400円と、かなり後期高齢の加入者の 方の負担が増えると思うんですね。 今後考えられることは、支払いができなくなって短期証明や何かが、あるいは資格証明が 増えるんじゃないかと、今後の予想はそのように予想されるんですけれども、短期証明、資 格証明、高齢者の方対象ですから、ぜひ、短期証明はともかく、資格証明の発行はしないよ うにしてほしいと思うんですけれども、住民課長のお答えを。 ○議 長(内山菊敏君) 住民課長、戸田佳子君。 ○住民課長(戸田佳子君) 後期高齢者医療制度につきましては、今現在、九十九里町で資格 -183- 証を交付しております被保険者の方はいらっしゃいません。 今回ちょっと上げ幅が大きいというところで、議員御心配をしてくださっているようなん ですが、丁寧な説明をいたしまして、保険税をたくさんためないうちに早めの対応をさせて いただきまして、資格証につながらないような対応をしたいと考えております。 ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 ───────────────────────────────────────────────── (午前11時24分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── (午前11時26分) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 以上で特別会計予算及び事業会計予算の質疑を終わります。 暫時休憩します。再開は午後1時です。 ───────────────────────────────────────────────── (午前11時26分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) これより、一般会計予算、特別会計予算及び事業会計予算について (午後 零時55分) 討論を行います。 討論ございませんか。
    (発言する者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論ありませんか。 まず、原案に反対者の発言を許します。 13番、谷川優子君。 -184- ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 令和2年九十九里町歳入歳出予算について反対討論を行います。国民健康保険特別会計歳 入歳出予算、後期高齢者医療特別会計歳入歳出予算、介護保険特別会計歳入歳出予算につい て反対討論を行います。 まず第1に、国民健康保険について反対討論を行います。 昨年1月の国民健康保険の加入者は約3,200万人でした。中小企業の労働者が加入する協 会けんぽ約3,700万人に次ぐ規模で、国保は全国民が公的医療保険に加入できる国民皆保険 体制を支える大切な重要な制度です。九十九里町の国保加入世帯は約2,950世帯、そのうち 国民健康保険を滞納して、無保険状態の資格証明交付世帯が223世帯です。 2016年の厚生労働省の国民健康保険実態調査報告によると、国保加入者のうち65歳から74 歳の高齢者が40.5%を占め、20年前の1.7倍に急増しています。九十九里町の国民健康保険 加入世帯約2,954世帯です。そのうち短期保険証223世帯、また無保険の資格証明世帯68世帯 となっています。 こうした保険証の色分けで、収納対策の名で滞納者への徴収の強化と、給付費抑制を推進 させることであり、まさに弱者いじめです。国保税と協会けんぽの保険料負担の比較、国保 に加入する子育て世帯や一人世帯の生活実態、収入が生活保護基準前後の境界層世帯、貧困 世帯の負担額の試算などを具体的に示し、また、子供の均等割の減免や多子世帯の国保税の 減免に踏み出す自治体が各地で今出てきています。 国民健康保険法77条は、被保険者に被災、病気、事業の休廃止などの特別の事情がある場 合、市町村の判断で国保税減免ができることが規定されています。この規定を活用し、多子 家庭への支援策として特別な事情と認定することで、子育て支援の負担軽減を行っています。 子供の均等割の軽減はもちろん、独り親家庭、障害者、障害児のいる世帯、また、収入が生 活保護基準前後の世帯など、負担軽減を適用することを求めます。 国保税の負担軽減と無保険状態の資格証明書の発行をやめ、せめて短期保険証に切り替え るように強く求めます。 次は、後期高齢者医療特別会計歳入歳出予算について反対討論を行います。 後期高齢者医療制度は、2006年に法が改正され、2008年に制度がスタートされました。財 政内容、内訳は、保険料と公費と現役世代からの支援金を入れて運営していますが、収入が 少ない一方で、医療費がかさむ後期高齢者の独立保険制度などというのは、基盤が極めて脆 弱な仕組みです。 -185- 2月17日の千葉県後期高齢者医療広域連合議会では、20年度と21年度の保険料改定を審議 し、6.85%、平均5,091円の大幅な引上げで、年平均7万9,441円とすることを賛成多数で決 めてしまいました。2019年度までの保険料は均等割が4万1,000円、所得割が7.89%で、1 人当たり平均保険料年額7万4,350円でした。これが2020年から21年の保険料率は、均等割 額が4万3,400円、所得割額8.39%になり、1人当たり平均保険料年額7万9,441円に値上げ されます。 軽減対象になるのは、単身世帯で年収196万円以下、現行2割軽減から5割軽減になって 9,000円。年収220万円以下、現行軽減なしが2,900円。複数世帯で年収225万円以下、現行2 割軽減が5割軽減になり、夫が7,500円、妻が1万1,000円。年収が272万円以下、2割軽減、 現行軽減なし、夫が300円、妻が6,300円と軽減されます。しかし、対象のみが軽減の対象で あり、ほかは値上げとなります。 財政安定化基金66億円の活用については、保険料率の上昇抑制には活用しないと言われて います。年金が減らされ、年額5,100円もの値上げでは、高齢者にとって支払いが困難にな っています。国の負担を増やすことを強く望みます。
    また、75歳以上の医療窓口負担2割化など、高齢者いじめを行おうとしている、弱い者い じめではありませんか。後期高齢者医療制度を住民のために使えるような、そういう制度に してください。 介護保険特別会計歳入歳出予算について反対討論を行います。 介護保険制度は2000年4月に制度化されました。厚生労働省が公表した介護保険事務調査 の集計結果によると、2017年に介護保険料の滞納を理由に預貯金を押さえる滞納処分を受け た人が1万5,998人と過去最多を更新しました。さらに、滞納のペナルティーとして介護保 険給付の制限を受けた人は1万3,981人でした。滞納処分を実施したのは、市町村など全国 1,571保険者のうち、4割を超える650保険者でした。滞納処分で保険料を充当できたとする 人は1万1,193人です。 介護保険は、災害や失業などの特別な事情以外で保険料を滞納した場合は、滞納期間に応 じて給付を制限する大変厳しい罰則が科されています。給付制限を受けた約1万4,000人の うち、サービス利用料を一旦全額負担し、後から払戻しを受ける償還払いとなった人が 2,696人、払戻しの一部または全部差止めとなる、原則1割負担が3割負担に引き上げられ、 高額介護のサービス支給が停止される減額の処分の人は全国でも1万1,253人になりました。 65歳以上の人の介護保険料は年金から強制的に天引きされ、特別徴収が9割を占め、特別 -186- 徴収の人は滞納は発生しませんが、また一方で無年金の人や年金が年18万円以下の人などが 普通徴収となり、口座振込など自分で納める必要があります。普通徴収の多くが無年金者あ るいは低年金者、あるいは独居や夫婦のみの世帯です。給付制限を受ければ、重過ぎる利用 負担で介護を利用できなくなっています。 こういう状態の中で、まず町が、一番身近な行政である町が、住民の立場に立った、住民 の命を守る立場に立った行政を強く望みます。 反対討論を終わります。 ○議 長(内山菊敏君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。 8番、荒木かすみ君。 ○8番(荒木かすみ君) 8番、荒木です。 それでは、議案第2号から議案第9号までの、九十九里町各会計予算につきまして、賛成 の立場で討論をいたします。 我が国の経済は、自然災害からの復旧・復興を加速させるとともに、民需中心の持続的な 経済成長を実現させる総合経済対策を、円滑かつ着実に実施するなどの政策効果も相まって、 雇用・所得環境の改善が続き、経済の好循環が進展する中で、内需を中心とした景気回復が 見込まれるとされております。本町においては、景気回復の波及効果はまだまだ薄く、引き 続き一般財源の確保は非常に厳しい状況であることが予想されます。 しかしながら、令和2年度は第4次総合計画後期基本計画が計画期間の最終年であり、計 画に掲げた目的を着実に達成するためには、行政と議会、さらに町民が一丸となって行政運 営に取り組まなければなりません。 このような状況の中、編成された令和2年度一般会計予算は、予算総額55億2,800万円で、 対前年度比6.7%、3億4,800万円の増額予算となっております。これは、産地パワーアップ 事業及び防災行政無線整備事業などにより増額しております。 歳入については、町税が14億2,613万1,000円と、前年度と比較して2,407万3,000円の減と なっております。臨時財政対策債を含む実質的な地方交付税は、前年度と比較して6,140万 円減の19億7,660万円となっております。また、借金に当たる町債については、臨時財政対 策債を除いた建設地方債分が1億4,170万円で、前年度と比較して4,170万円の増となってお ります。 歳出については、まちづくりの目標ごとに見てみますと、1つ目の「活力ある産業振興と 交流・連携のまちづくり」では、農業振興では、新たな事業である農業の国際競争力の強化 -187- を緊急に実施するための産地パワーアップ事業や、農業従事者の高齢化や担い手不足などの 解決に向けた、新規就農者や農業・農村地域の共同活動を支援する施策が盛り込まれており
    商工振興として、引き続き、旧豊海保育所を活用した地域ブランド振興事業費が計上され ております。また、観光振興では、新たな観光大使を設置するとしており、九十九里町の魅 力を全国に広くPRしていただき、町の観光振興やイメージアップにつながることを期待い ます。 たします。 2つ目の、「健やかにともに助け合い、支え合いのまちづくり」では、子ども医療費助成 の対象を高校生等までに拡充し、子供の保健対策が図られております。また、東千葉メディ カルセンターは開院7年目となりますが、引き続き看護師養成の支援をするとしております。 また、こども園では、令和元年度から実施した体操教室に加え、令和2年度からは英語教室 が新たに計画されており、子育て支援のさらなる充実を期待いたします。高齢者に対する施 策として、高齢者の困り事を解決する協議体が実践する、通いの場への移動手段のため庁用 車が整備されます。 3つ目の、「快適で暮らしの安全・安心のあるまちづくり」では、住民生活に密着した道 路や排水路整備、橋梁補修等のインフラ補修整備に対して、予算の重点的な配分が見られま す。防災・消防体制の充実では、防災行政無線(移動系)を整備するとともに、第5分団第 3部西野納屋、下貝塚納屋地区に消防自動車を配備するとしております。 4つ目の、「海が育む豊かな自然を未来につなぐまちづくり」では、ごみの問題は大きな 社会問題であります。環境への負荷を軽減するため、町民とともに5R運動に取り組むとさ れております。 5つ目の「町を担う人材育成と豊かな心をつくるまちづくり」では、地域の宝である児 童・生徒の教育環境の充実を図るための予算が計上されております。くじゅうくりみらいリ ーダー育成事業では、千葉工業大学のロボットやAI技術に触れ、科学に興味を持つことで、 子供たちの学習意欲の向上を図るとされております。 また、3年に一度の郷土芸能まつりの実施が予定されており、地域に伝わる民俗芸能の保 存と継承が図られることを期待いたします。 以上、一般会計は、町民福祉の向上のため、限られた財源の中で最大限の効果が上がるよ う、細部にまで配慮された予算となっております。 議案第3号、給食事業特別会計においては、子供たちの健やかな成長のため、安全・安心 -188- な学校給食の提供に努めるとしております。引き続き食の安全確保を徹底していただき、児 童・生徒の心身の健全な発達を図る給食の提供をお願いいたします。 議案第4号、国民健康保険特別会計においては、県が財政運営の責任主体となる広域化に 対応した予算編成であるとしておりますが、町民が安心して医療を受けられるよう、医療の 適正化や保険税収納対策の徹底に努めるようお願いいたします。 議案第5号、後期高齢者医療特別会計においては、高齢化が進む中、高齢者が安心して医 療を受けられるとともに、持続可能な制度として安定的に運営できるように、最大限の努力 をお願いいたします。 議案第6号、介護保険特別会計においては、本町の高齢者人口は6,000人を超え、今後の 増加も見込まれます。引き続き、第7期事業計画に基づき、介護予防の拡充と認知症施策の 充実をさせながら、適正な事業運営を図るようお願いいたします。 議会第7号、病院事業特別会計においては、東千葉メディカルセンターが開院7年目を迎 え、高度で安全な医療を提供しながら、地域の中核病院としての使命を果たすとともに、健 全な経営基盤の確立を着実に進めるよう強く望みます。 議案第8号、農業集落排水事業特別会計においては、供用している3地区の施設の適正な 維持管理と新規加入を促進し、今後も水環境の保全に努めるようお願いいたします。 議案第9号、ガス事業会計においては、ガス事業の目的である安価で安定したガスの供給 と、ガス施設の保全が図られるよう、最善の努力をお願いいたします。 以上、議案第3号から第9号までの特別会計、企業会計においても、その目的に沿った予 算編成がなされております。 よって、議案第2号から第9号までの新年度予算については、限りある財源を有効に活用
    し、町民が求めているサービスを提供するために、創意工夫された予算であると評価し賛成 いたします。 「人、自然、風土が活きる海浜文化都市 九十九里」の実現に向けて、町長が進める九十 九里浜を最大限活用した交流人口の増大、地域のたからである子どもたちの教育環境の充実、 本町に住み続けたいと思う町民を大切にすることの3つの施策について、町長のリーダーシ ップの下、全力で取り組んでいただくことを切にお願いいたします。 なお、予算の執行に際しては、効率的な執行を徹底しながら、経費の節減に努めていただ くことを併せてお願いいたします。 最後に、新年度予算を審査するに当たり、資料提供や質疑に真摯に対応してくださった職 -189- 員の皆様にお礼を申し上げますとともに、議員各位の新年度予算案に対する御賛同をお願い し、賛成の討論といたします。御清聴ありがとうございました。 議案第3号 令和2年度九十九里町給食事業特別会計予算を原案のとおり決することに賛 議案第2号 令和2年度九十九里町一般会計予算を原案のとおり決することに賛成の諸君 ○議 長(内山菊敏君) ほかに討論ございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 採決は議案ごとに行います。 議案第2号の採決を行います。 の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。 議案第3号の採決をいたします。 成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。 議案第4号の採決を行います。 に賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。 議案第5号の採決を行います。 とに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) -190- 議案第4号 令和2年度九十九里町国民健康保険特別会計予算を原案のとおり決すること 議案第5号 令和2年度九十九里町後期高齢者医療特別会計予算を原案のとおり決するこ 議案第8号 令和2年度九十九里町農業集落事業排水事業特別会計予算を原案のとおり決 議案第6号 令和2年度九十九里町介護保険特別会計予算を原案のとおり決することに賛 議案第7号 令和2年度九十九里町病院事業特別会計予算を原案のとおり決することに賛 ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。 議案第6号の採決を行います。 成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。
    よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。 議案第7号の採決をいたします。 成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。 議案第8号の採決をいたします。 することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。 議案第9号の採決をいたします。 諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。 議案第9号 令和2年度九十九里町ガス事業会計予算を原案のとおり決することに賛成の ───────────────────────────────────────────────── ◎日程第3 九十九里町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について ○議 長(内山菊敏君) 日程第3、九十九里町選挙管理委員会委員及び補充員の選挙につい てを議題といたします。 -191- お諮りします。 選挙の方法については地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によって行いた いと思います。これに御異議ございませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、これに御異議ござい (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、議長が指名することに決定いたしました。 九十九里町選挙管理委員会委員に、作田828番地、石田司君、片貝6737番地、戸村義子君、 真亀1962番地、櫻井保夫君、片貝4429番地、鈴木智君を指名いたします。 お諮りします。 ませんか。 お諮りします。 か。 ただいま指名した方を、選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ございません (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、ただいま指名いたしました石田司君、戸村義子君、櫻井保夫君、鈴木智君が九十 九里町選挙管理委員会委員に当選されました。 次に、九十九里町選挙管理委員会委員補充員には、第1順位、田中荒生1393番地、髙 德 兵衛君、第2順位、西野263番地、斉藤益胖君、第3順位、片貝343番地1、清水マサ子君、 第4順位、下貝塚355番地、秋葉富士子君を指名いたします。 ただいま指名した方を、選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに御異議ござい お諮りします。 ませんか。 (「異議なし」と言う者あり)
    ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、ただいま指名されました髙 德兵衛君、斉藤益胖君、清水マサ子君、秋葉富士子 -192- 君が九十九里町選挙管理委員会委員補充員に当選されました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎日程第4 請願第1号 「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求める請願 ○議 長(内山菊敏君) 日程第4、請願第1号 「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運 行を求める請願を議題といたします。 文教民生常任委員会の審査の結果について、文教民生常任委員会委員長から報告を求めま す。 文教民生常任委員会委員長、中村義則君。 (文教民生常任委員会委員長 中村義則君 登壇) ○文教民生常任委員会委員長(中村義則君) 中村です。 報告いたします。 文教民生常任委員会に付託されました「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求め る請願について、請願の趣旨及び内容について本委員会で慎重審議した結果、本町に合った 地域公共交通の充実を図ることが重要であると認め、採択と決定いたしましたので、会議規 則第94条第1項の規定により報告いたします。 ○議 長(内山菊敏君) 文教民生常任委員会委員長の報告が終わりました。 ただいまの委員長報告に対し質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ございませんか。 まず、原案に反対者の発言を許します。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) なしと認めます。 次に、原案に賛成の発言を許します。 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川です。 -193- 今回の「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求める請願に対し、賛成の立場から 本町の高齢者及び免許証を返納された方々からは、以前から、町内全域からこの問題は長 年にわたり要望を出されております。この件につきましては同僚の議員、そして私も含め、 この件については喫緊の課題、重要な課題として、町に今まで質問と早期の取組をお願いし 討論をいたします。 てきたところです。 今回は、デマンド乗合タクシー、そして循環バスを求める請願が出されましたが、私の基 本的な考え方は、やはりデマンドタクシー、デマンド乗合タクシーの取組での交通弱者対応 が一番よいと思いますが、現在調査している高齢者の住民アンケートの結果に基づき、また これからも、今回出されているような学生や障害者、妊婦等も含めた要望があるということ であれば、そのような住民アンケートの結果などにより、どのような交通手段を求めている のかよく見極めた上で、実情に合った地域公共交通の実現を求め、賛成の討論といたします。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにございませんか。 13番、谷川優子君。 ○議 長(内山菊敏君) 反対の討論ございませんか。 (発言する者あり) (発言する者あり)
    ○議 長(内山菊敏君) 賛成の討論ございませんか。 13番、谷川優子君。 ○13番(谷川優子君) 13番、谷川です。 賛成の立場で討論をさせていただきます。 「デマンド乗合タクシー、循環バス」の運行を求める請願について賛成討論をいたします。 九十九里町の多くの地域では、自動車を運転できない学生や、免許返納後の高齢者、障害 者、妊婦などの交通手段の確保が大変切実な問題となっています。地域公共交通の問題はま ちづくりの基本であり、九十九里町の発展に地域公共交通問題は欠かすことはできません。 山武郡市の自治体では、既にデマンド乗合タクシー、あるいは巡回バスを走らせ、多くの住 民が大変便利に利用しています。 今、コミュニティの希薄化、崩壊が進んでいる今だからこそ、高齢者が気軽に外出するこ とで、健康増進につながり、元気に生き生きと社会参加ができる仕組みづくりが、大変強く 求められています。また、商業、観光等などの活性化にもつなげることができるのではない でしょうか。 -194- かつて九十九里町も身近に商店街があり、高齢者も歩いて買物ができ、店先で店主とおし ゃべりをしている、そんなほっとする場面も多く見られました。今は買物に行くにも、病院 に行くにも、交通手段の確保が大変です。 2013年12月に交通政策基本法が公布されました。基本法第2条では、全ての国民は健康で 文化的な最低限度の生活を営むために、必要な移動を保障される権利があると書かれていま す。また、何人も公共の福祉に反しない限り移動の自由があり、またその権利を保障するた めに、生活交通確保については、自治体が、つまり行政が責任を持って行うべき、これは行 政サービスとして位置づけてあります。 よく、デマンド乗合タクシー、地域公共交通の話をすると財源のことが言われます。しか し、近隣の自治体では既にもう実施しています。例えば、東金市では市内循環バス、乗合タ クシー。あと、山武市では市内循環バスと空港シャトルバス、そして乗合タクシー。大網白 里市は増穂地区コミュニティはまバス、あるいは乗合タクシー。そして、横芝光町では町内 循環バス、横芝光号成田便、あるいはのりあいよこぴータクシー。そして芝山町では芝山ふ れあいバス、空港シャトルバス。このように、もう既に始まっております。 子供からお年寄りまで、住民が安心して暮らせるように、一日も早いデマンド乗合タクシ ー、あるいは循環バスの運行を強く要望し、賛成討論といたします。議員各位の皆様には、 賛同をよろしくお願いいたします。 ○議 長(内山菊敏君) ほかに討論ございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 文教民生常任委員会委員長の報告は採択です。 委員長報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、委員長報告のとおり採択と決定することに決定いたしました。 暫時休憩します。 ───────────────────────────────────────────────── (午後 1時32分) -195- ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── (午後 1時33分)
    ◎日程の追加 ○議 長(内山菊敏君) 日程の追加をお諮りします。 ただいま町長、大矢吉明君から、議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算 (第9号)及び議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第4号)が 提出されました。 議案を配付いたします。 (議案配付) ○議 長(内山菊敏君) 議案の配付漏れはございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 配付漏れなしと認めます。 ざいませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 これを日程に追加し、追加日程第1とし、一括議題としたいと思います。これに御異議ご よって、議案第26号及び議案第27号を一括議題とすることに決定いたしました。 ───────────────────────────────────────────────── ◎追加日程第1 議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第9号) 議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算 (第4号) ○議 長(内山菊敏君) 追加日程第1、議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予 算(第9号)及び議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第4号) を一括議題といたします。 議案第26号及び議案第27号について、順次提案理由の説明を求めます。 企画財政課長、戸村俊之君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) 健康福祉課長、作田延保君。 -196- (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑は分割して行います。 初めに、一般会計補正予算について質疑を行います。次に、特別会計補正予算について質 疑を行います。ただし、質疑の内容が各議案に関連する場合は、これを許します。 これより一般会計補正予算について質疑を行います。 質疑ありませんか。 6番、古川徹君。 ○6番(古川 徹君) 6番、古川徹です。 まず、子供たちに整備するこのICTの関係なんですけれども、繰越明許費、4ページに なりますけれども、豊海小が1,670万9,000円、片貝小が1,512万5,000円、九十九里小学校区 が1,525万6,000円ということで、私が聞きたいのは、九十九里小学校区につきましては、児 童数が少ない割には、片貝小学校のほうよりも予算を多く盛られていると。その内訳をちょ っと教えていただきたいと思います。たしか九十九里小学校区は130名、児童数が。片貝小 学校区は173名、豊海小学校区につきましては228名ということで分かるんですけれども、そ こをちょっと、その内訳を教えていただきたいと思います。 ○議 長(内山菊敏君) 教育委員会事務局長、篠崎肇君。 ○教育委員会事務局長(篠崎 肇君) お答えさせていただきます。 今回の工事はLAN工事となりますので、生徒数でなく、その建物の構造等によりまして 工事内容が違ってきますので、その辺で児童・生徒の少ないところも、金額的には大きくな っているところであります。 端末の整備じゃなくて、LANの整備という形になりますので、ちょっと建物の構造上、 工事内容が変わってくるところで金額が変わってきております。
    ○議 長(内山菊敏君) よろしいですか。 ほかにございませんか。 7番、浅岡厚君。 ○7番(浅岡 厚君) 7番、浅岡です。 先ほどの5ページなんですけれども、地方債、これ企画財政課長のほうから、有利なとい うお話があったけれども、どういう点が有利なのか、ちょっとその辺を説明していただきた い。 -197- ○議 長(内山菊敏君) 企画財政課長、戸村俊之君。 ○企画財政課長(戸村俊之君) それでは、今回の地方債について御説明させていただきます。 名称は、学校教育施設等整備事業債、補正予算債という形になります。うち、補助裏とい います、その補助金の対象外のものにつきましても、充当率が100%、交付税措置が60%と いうことで高い数字を示しておるものでございます。そういったことから、今回この事業に ついて事業債を選択させていただいたところでございます。 これより、一般会計補正予算及び特別会計補正予算について討論を行います。 以上でございます。 ○議 長(内山菊敏君) ほかにございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで一般会計補正予算の質疑を終わります。 続いて、特別会計補正予算の質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 以上で特別会計補正予算の質疑を終わります。 討論ございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 採決は議案ごとに行います。 議案第26号の採決をいたします。 とに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第26号は原案のとおり可決されました。 議案第27号の採決をいたします。 -198- 議案第26号 令和元年度九十九里町一般会計補正予算(第9号)を原案のとおり決するこ 議案第27号 令和元年度九十九里町介護保険特別会計補正予算(第4号)を原案のとおり 決することに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 全 員) ○議 長(内山菊敏君) 起立全員であります。 よって、議案第27号は原案のとおり可決されました。 暫時休憩します。 再開は2時5分です。 ───────────────────────────────────────────────── (午後 1時51分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。
    ───────────────────────────────────────────────── (午後 2時03分) ただいま町長、大矢吉明君から、議案第28号の契約の締結についてが提出されました。 ◎日程の追加 ○議 長(内山菊敏君) お諮りします。 議案を配付いたします。 (議案配付) ○議 長(内山菊敏君) 配付漏れはございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 配付漏れなしと認めます。 いませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 これを日程に追加し、追加日程第2とし議題といたしたいと思います。これに御異議ござ よって、議案第28号を日程に追加し、追加日程第2として議題とすることに決定いたしま した。 ───────────────────────────────────────────────── ◎追加日程第2 議案第28号 契約の締結について ○議 長(内山菊敏君) 追加日程第2、議案第28号 契約の締結についてを議題といたしま -199- す。 地方自治法第117条の規定により、浅岡厚君の退席を求めます。 (7番 浅岡 厚君 退席) ○議 長(内山菊敏君) 議案第28号について提案理由の説明を求めます。 企画財政課長、戸村俊之君。 (提案理由説明) ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決いたします。 す。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 よって、議案第28号は原案のとおり可決されました。 退席中の浅岡厚君の着席を求めます。 (7番 浅岡 厚君 着席) ○議 長(内山菊敏君) 暫時休憩します。 議案第28号 契約の締結についてを原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めま ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 (午後 2時10分) (午後 2時10分)
    -200- ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) ただいま副町長、佐々木悟君より発言を求められておりますので、 ◎副町長退任の挨拶 これを許します。 副町長、佐々木悟君。 ていただきます。 (副町長 佐々木 悟君 登壇) ○副町長(佐々木 悟君) 議長のお許しをいただきましたので、一言御挨拶を申し述べさせ 私は、この3月末日で任期満了となりますので退任させていただきます。 平成28年4月に着任以来、4年間にわたり、議員の皆様に多大なる御指導、御鞭撻をいた だきまして心から感謝申し上げます。この4年間、至らぬ点も多く、御心配をおかけしたこ ともあろうかと思いますけれども、議員の皆様はもとより、大矢町長を初め、職員の皆さん、 また、多くの町民の皆さんと交流を持つことができまして、また、つながりを持つことがで きました。そのつながりは、私にとってかけがえのない財産であり、宝物になりました。 今後につきましては、この交流、つながりを大切にしながら、自分の置かれた立場で、九 十九里町のために何ができるのか、それを常に考え、実践してまいる所存でございますので、 議員の皆様には、変わらぬ御指導をお願い申し上げます。 最後になりますが、九十九里町議会並びに九十九里町のますますの発展を御祈念申し上げ まして、私からの挨拶とさせていただきます。4年間本当にありがとうございました。(拍 ○議 長(内山菊敏君) 佐々木副町長、長い間御苦労さまでございました。 手) 暫時休憩します。 ───────────────────────────────────────────────── (午後 2時13分) ○議 長(内山菊敏君) これより再開いたします。 休憩前に引き続き会議を開きます。 ───────────────────────────────────────────────── (午後 2時13分) ◎日程の追加 ○議 長(内山菊敏君) お諮りします。 -201- ただいま町長、大矢吉明君から、議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めるこ とについてが提出されました。 議案を配付いたします。 (議案配付) ○議 長(内山菊敏君) 配付漏れございませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 配付漏れなしと認めます。 ざいませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 これを日程に追加し、追加日程第3とし、議題といたしたいと思います。これに御異議ご よって、議案第29号を日程に追加し、追加日程第3とし、議題とすることに決定いたしま した。 ───────────────────────────────────────────────── ◎追加日程第3 議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めることについ て ○議 長(内山菊敏君) 追加日程第3、議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求め ることについてを議題といたします。
    提案理由の説明を求めます。 町長、大矢吉明君。 (町長 大矢吉明君 登壇) ○町 長(大矢吉明君) 議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めることについて の提案理由でございますが、副町長の佐々木悟氏が、令和2年3月31日をもって任期満了と なりますので、同氏の後任に、鈴木浩光氏を副町長として選任するに当たり、地方自治法第 162条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。 鈴木氏は、現在、山武市富田にお住まいでございます。平成3年に千葉県に奉職され、人 事委員会事務局任用課総務企画班長、県土整備部県土整備政策課主幹、県土整備部都市整備 局住宅課主幹、防災危機管理部危機管理課主幹兼情報通信管理室室長を務め、行政に対する 高い識見と豊かな実務経験を備えております。 本町が抱える様々な課題に取り組むとともに、町の将来像「人、自然、風土が活きる海浜 -202- 文化都市 九十九里」の実現に向け、今後、さらなる発展と飛躍を目指す本町にとりまして は、鈴木氏が培ってきた経験は必要であり、副町長として適任であると考えております。 何とぞ、満場の御賛同をいただきまして、御同意くださいますようお願い申し上げまして、 提案理由とさせていただきます。 ○議 長(内山菊敏君) これより質疑を行います。 質疑ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 質疑なしと認めます。 これで質疑を終わります。 これより討論を行います。 討論ありませんか。 (「なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 討論なしと認めます。 これで討論を終わります。 これより採決をいたします。 ることに賛成の諸君の起立を求めます。 (起 立 多 数) ○議 長(内山菊敏君) 起立多数であります。 議案第29号 副町長の選任につき議会の同意を求めることについてを原案のとおり同意す よって、議案第29号は原案のとおり同意することに決定いたしました。 ただいま、副町長に同意されました鈴木浩光君がお越しでございますので、ここで御挨拶 をいただきたいと思います。 (鈴木浩光君 登壇) ○鈴木浩光君 議長のお許しをいただきましたので、御挨拶を申し述べさせていただきます。 ただいま議会の御同意をいただきまして副町長という大任を仰せつかります、鈴木浩光と 申します。副町長という任は大変身に余る光栄でありますと同時に、その職責の重さに身の 引き締まる思いでございます。もとより微力ではございますが、県職員として行政に携わっ てきた経験を生かし、大矢町長を補佐し、九十九里町政の発展並びに住民福祉の向上のため、 誠心誠意全力を尽くしてまいりたいと考えております。 議員の皆様方には御指導、御鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、御挨拶 -203- といたします。 本日は誠にありがとうございました。(拍手) ○議 長(内山菊敏君) 鈴木浩光君は、4月1日付で副町長に着任いただくことになります。 ───────────────────────────────────────────────── ○議 長(内山菊敏君) 以上で今期定例会に付議された案件は全て議了いたしました。 よろしくお願いいたします。
    ◎閉会の宣告 お諮りします。 会議規則第7条の規定により、これをもって今期定例会を閉会としたいと思います。これ に御異議ございませんか。 (「異議なし」と言う者あり) ○議 長(内山菊敏君) 異議なしと認めます。 よって、今期定例会は本日で閉会することに決定いたしました。 これで本日の会議を閉じます。 これをもって令和2年第1回九十九里町議会定例会を閉会といたします。 御苦労さまでございました。 閉 会 午後 2時21分 -204- この会議録は、会議の顛末を録したものでその真正なるを証するためここに署名する。 十 九 里 町 議 会 議 長 内 山 菊 敏 署 名 人 原 田 教 光 署 名 人 細 田 一 男 -205- 九 ...